FC2ブログ

Deep遺伝子



Deep DNA memory theories: Can we remember our ancestors’ lives?

2006 07 28


By Steve Hammons | ufodigest.com







Research into the nature of DNA has revealed that this material within each cell of our bodies has important implications for who each one of us is, on many levels.


In addition to determining our physical characteristics, our vulnerabilities to certain diseases, and maybe even our personality, is it possible that the DNA helix holds some of the important memories of our ancestors?


Theories that suggest that we can tap into the deep nature of DNA to uncover ancient memories are not new. In the 1960s, some psychological researchers claimed that there may be keys that unlock our DNA, revealing experiences of generations of our relatives who lived long before our present time.


In the 1988 movie ALTERED STATES starring William Hurt, the main character, a research scientist (Hurt) dives deep into his consciousness and genetic roots. In the film, he not only relives ancient experiences of his ancestors, he actually changes on the biological level.


This film was reportedly based on the real-life research of prominent psychologists and medical researchers of the 1960s and ‘70s who used isolation tanks and pharmacological triggers to access deep DNA memories and experiences, which they claimed were real.


These ideas are similar in a way to the concepts of past lives and reincarnation. However, this DNA-related line of thinking focuses on the previous lives within us that are based on genetic memories, encoded on the DNA helix within us.


Blueprint, Memory Bank, Inner space


The DNA within all living things is the blueprint for what each organism becomes, subject to the environmental influences that can also have significant effects.


For humans, recent discoveries about DNA are rapidly changing our views about the importance of this material. DNA may affect us much more significantly than we imagined. And, it may hold keys to further discoveries.


It has long been known that our physical appearance is determined by the combination of DNA from our mother and father. Now, researchers are confirming that certain diseases and disorders have direct links to our DNA. Our health may be programmed to some degree by our genetic history.


Our IQ and aptitudes, musical skills, athletic ability, even our psychological and emotional traits may be significantly affected by the DNA within us.


It has been demonstrated that experiences necessary for survival of a species are learned and that this knowledge is passed on to subsequent generations. In some cases this is mostly likely at least partially through DNA and the unconscious “instinct” that results. Even tiny and simple organisms learn crucial survival skills and pass these on.


For humans, with our relatively complex brain, feelings and memories, what other kinds of experiences might be saved in our DNA over the many thousands of years when our ancestors were born, lived and died? And, can they be accessed by us here and now?


Our Ancestors Within Us


Because learning about situations that are necessary for survival of a species are probably saved as a kind of unconscious genetic memory, those fundamental human experiences could be deep down in our DNA somewhere.


Let’s say you have always had a significant fear of bears since you were a child. Even Smokey the Bear and other friendly Hollywood bears could not convince you to regard bears with anything but anxiety and fearful feelings.


Maybe it is possible that deep, deep within your DNA memory banks, your great-great-great-great-grandmother or great-great-great-great-grandfather had a very bad experience with a bear two hundred years ago. Maybe they saw someone be killed by a bear. Maybe they had to climb a tree to save themselves from being eaten by a bear.


Would a life-changing experience like this, resulting in knowledge very useful for survival, possibly be encoded in the DNA and passed on to future generations and you?


If there were a way to go deep down into your mind and consciousness, and into your genetic history, maybe through some kind of altered state like a dream or through some kind of trigger, could you recall and experience that event?


Could you relive and re-experience in some way great-great-great-great grandma’s or grandpa’s harrowing and hair-raising close encounter with a hungry bear two hundred years ago?


What about some similar “peak experience” or life-changing event of an ancient relative five hundred years ago? What about five thousand years ago? After all, we know that at least some part of that history is inside all of us, right in the DNA in every cell of our body, right now.


What we Know and don’t Know


Scientific researchers are gradually uncovering the secrets of our DNA. They have identified the functions of and relationships between some of this material. Many genes remain a mystery and their purpose is unknown.


Sometimes, these mystery genes are called “junk DNA.” According to some researchers, this may be an inaccurate label. Because the purpose and nature of this DNA material is not understood, it certainly does not mean it is useless junk.


As is often the case in scientific discovery, the more we know, the more we realize how little we know. Each question answered can raise many new questions.


For some, our human overconfidence and even arrogance can sometimes trick us into believing that we know all of the answers.


However, in the field of genetics research, there seems to be so much that is not known, that for an open-minded person, these kinds of theories about deep DNA memories cannot be ruled-out.


To conduct our own personal research and to find out for ourselves, maybe all we need to do is listen to our inner DNA.


Listen to the voices, feelings, sights and experiences of our ancestors. Their lives, joys and fears are





深いDNAメモリー理論:

私達は私達の祖先のライフを思い出すことができるか?

2006 07 28

スティーブHammonsによって|ufodigest.com

DNAの性質についての研究は、多くのレベルの上に、私達の各1人が誰であるかのために、私達の体の各細胞の中のこの素材が重要な意味を持っていると明らかにした。

私達の物理的特性、特定の病気への私達の弱点、およびたぶん私達の個性さえ決定することに加えて、DNA螺旋が私達の祖先の重要なメモリーのいくつかを保つのは可能であるか?

私達が、古代のメモリーをむきだしにするためにDNAの深い性質を活用することができることを示唆する理論は新しくない。

1960年代に、何人かの心理学的な研究者は、私達の現在の時間のずっと前に住んでいた何世代もの私達の親族の経験を明らかにして、私達のDNAを開けるキーがあるかもしれないと主張した。

ウィリアム・ハート、主要な登場人物を主演させている1988年の映画ALTERED STATESにおいて、研究科学者(傷)は彼の意識と遺伝の根に深く飛び込む。

フィルムの中で、彼はただ彼の祖先の古代の経験を追体験するのでなく、彼は実際生物学のレベルの上で変わる。

このフィルムは、伝えられるところでは、彼らが、現実であったと主張した深いDNAメモリーと経験にアクセスするために、隔離タンクと薬学のトリガーを使った1960年代と'70年代の突出した心理学者と医学の研究者の現実の研究に基づいた。

これらのアイデアは過去の生活と再生の概念への方法の中で同様である。

しかし、このDNAに関連した考えるラインは、私達の中でDNA螺旋の上でエンコードされて、遺伝のメモリーに基づく私達の中の前のライフに集中する。

青写真、記憶装置、インナー・スペース

すべての生物の中のDNAは、重要な効果があることもできる環境の影響に左右されて、各有機体が適しているもののための青写真である。

人のために、DNAについての最近の発見物はこの素材の重要性についての私達の見解を急速に変更している。

DNAは、私達が想像していたよりずっと深刻に私達に影響するかもしれない。

そして、それはさらなる発見物への鍵を握っているかもしれない。

私達の外見が私達の母と父からDNAの組み合わせによって決定されることはずっと知られている。

さて、研究者は、特定の病気と不法行為が私達のDNAとの直接的なつながりを持っていることを確認している。

私達の健康はある程度まで私達の遺伝の履歴によってプログラムを作られるかもしれない。

私達のIQと才能、音楽的技能、運動能力、私達の心理学的で、感情の特色さえ私達の中でDNAによってかなり影響されるかもしれない。

種の生き残りに必要な経験が学ばれて、この知識がその後の世代に手渡されることは示されている。

場合によっては、DNAと結果として生じている無意識な「本能」を通して、これは少なくとも部分的にたいていありそうである。

小さく、簡単な有機体さえ重要なサバイバルスキルを学び、これらを手渡す。

私達の相対的に複雑な脳、感情、およびメモリーの人のために、他の種類の経験は、私達の祖先が誕生し、住んでいて、死んだ多くの数千年の間に私達のDNAにおいて何を省かれるかもしれないか?

そして、それらは私達によって今この場でアクセスされることができるか?

私達の中の私達の祖先

種の生き残りに必要な状況について学ぶことがたぶん一種の無意識な遺伝のメモリーとして保存されるので、それらの根本的な人間としての経験はどこかで私達のDNAにおいて深くダウンしているかもしれない。

あなたが子供であった時からずっと、あなたがいつも熊に対する重要な恐怖を持っていると言おう。

熊と他の友好的なハリウッド熊が、考慮に入れることをあなたに納得させることができなかったスモーキーさえ心配と心配した感情を除いた何でも我慢する。

たぶん、深く、あなたのDNA記憶装置、あなたの大きな大きな高祖母、または大大大曾祖父の中の深みが200年前熊との非常に悪い経験をしたことは可能である。

たぶん、彼らは誰かが熊によって殺されるのを見た。

たぶん、彼らは、自身を熊によって食べられることから救うために木に登る必要があった。

生き残りに非常に有益な知識を結果として生じているこのような人生を変える経験は何とかしてDNAにおいてエンコードされて、未来の世代とあなたに手渡されるであろうか?

そこならば、あなたの精神と意識の中に深いことに行く方法はそうであったか?そして、あなたの遺伝の歴史の中に、たぶん夢のようなある種類の変更した状態を通して、またはある種類のトリガーを通して、あなたはそのイベントを思い出し、経験してくれるか?

どうか、大きく大きく大きく大きなおばあちゃんまたはおじいちゃんの悩ましとぞっとした終わりが200年前空腹の熊と出会ういくらかの方法で、生き返り、再経験しなさい。

相対的な古代人のいくつかの同様な「至高体験」または人生を変える出来事は500年前どうであるか?

5000年前どうであるか?

結局、私達は、その歴史の少なくともいくらかの部分がちょうど今まさに私達の体のすべての細胞の中のDNAにおいて私達のすべての中にあると知っている。

私達が知っているものと知らない

科学の研究者は私達のDNAの秘密を徐々に暴露している。

彼らは機能とこの素材のいくらかの間の関係を識別した。

多くの遺伝子はミステリーであり続けて、それらの目的は未知である。

時々、これらのミステリー遺伝子は何人かの研究者に従って「がらくたDNA」と呼ばれて、これは不正確なラベルであるかもしれない。

このDNA素材の目的と自然が理解されていないので、それは確かに、それが無駄ながらくたであるのを意味していない。

よくあることだが科学上の発見の中で、私達が多くを知っているほど、もっと、私達は、どれほどほとんど私達が知っていないかを理解する。

答えられた各質問は多くの新しい問題を提起することができる。

いくつかのために、私達の人の自信過剰と傲慢ささえ、私達が答えのすべてを知っていると信じるように時々私達をだますことができる。

しかし、遺伝学の研究のフィールドで、知られていないとても多くがあるように思われるので、心の広い人のために、深いDNAメモリーについてのこれらの種類の理論は除外されることができない。

私達自身の個人的な研究を実施するためと自身のために見つけ出すために、たぶん、私達が、する必要があるすべては、私達の内側のDNAを聞くことである。

声、私達の祖先の感情、風景、および経験を聞きなさい。

それらの人生、喜び、および恐怖は私達の中にある。

そんなふうに、彼らはいつも私達と一緒にいる。

within us. In that way, they are with us always.






蛇足


人間はどうして生まれたか・。未だに良くわかっていない。ダーウィンなど適者生存ならばすでに人類は滅んでいただろう。


最近は、飽食の時代で、糖尿病などの生活習慣病が取りざたされるが・。過去の人類には創造もできない厳しい現実が、遺伝子に残されている。その一つが、インスリンである。インスリンの様に血糖を下げる作用は、他に無いと言われ、各ホルモンや酵素は、血糖を上げる方向の作用だけである。


それほど、自然界では、人類は食べられず、彷徨い歩いていたのであろうか?弱い存在であったのだろうか?。食べることに事欠き、必要性に迫られ、血糖を上げざるを得ない現実。


最近の医学で、インスリン以外の血糖降下させるホルモン(小腸由来GLP-1)があることがわかっているが、しかし、自分の酵素で分解を促進し、すぐに消失する・。それほどの過酷な運命があった記憶である・。


その人類を助けたのが異星人?


人類は異星人のバイオ技術でできたハイブリッドなのかもしれない?遺伝子の中のミトコンドリアRNA遺伝には40万年前の1人の母から、今の人類は生まれている。それが、アイクの言う「レプティリアン」で爬虫類型の人間なのかも知れず、脳の断層撮影では、人類は爬虫類の脳幹を持つ・。爬虫類人型の母から生まれたのが人類なのか?

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR