FC2ブログ

戦争を欲しているのは誰だ?2

we are God's eyes (私達は神の目である)

http://www.youtube.com/watch?v=1xlImx9akIM&eurl
=


And we WILL bear witness against you, Israel


そして、私達は証人をあなた、ユダヤ人にいだく。


Stop the war


イスラエルよ、ユダヤの神は人殺しか?









「No deal on truce at Rome meeting

U.S. opposes immediate ceasefire」


Canada, Britain back Rice's position

Jul. 27, 2006. 01:00 AM

LES WHITTINGTON

OTTAWA BUREAU




ROME?The United States, which has the backing of Britain and Canada on how to end the current Middle East crisis, frustrated attempts by other leading countries here yesterday to craft a plan for an immediate ceasefire in Lebanon.


No end is in sight to the bloodshed and destruction in Lebanon and Israel after more than a dozen leaders failed to reach agreement on the timing and conditions for a quick truce in the Arab-Israeli conflict.


Despite an emotional plea by Lebanese Prime Minister Fuad Saniora to save his country, European and Arab leaders were unable to persuade U.S. Secretary of State Condoleezza Rice to modify her stance on achieving a ceasefire.


The U.S., backed by Britain and Canada, takes the position that a truce would be futile as long as Hezbollah guerrillas in southern Lebanon can pose a military threat to Israel.


"We talked about how to move forward ? and not just to talk about it ? but indeed to take action to move forward," Rice told a news conference after the four-hour meeting.


Any truce must be sustainable, she said, because "this is a region that has had too many broken ceasefires."


Canada holds the same view on the need for change in the political and security situation in southern Lebanon as a precondition to a workable end to the fighting.


After the closed-door meeting, Foreign Affairs Minister Peter MacKay said the main issue was "how do we ensure that this will be not just a ceasefire that will erupt in violence again but that it will be a lasting peace?"


The approach adopted by the U.S., Britain and Canada is widely seen as a green light for the Israeli army to continue with the offensive meant to root out Hezbollah's military presence above the northern Israeli border.


In contrast, most of the countries and international groups at the meeting at the Italian foreign ministry have been pushing for action to end the fighting immediately as a prelude to resolving the political and security issues behind the war.


The 15 countries at the meeting, supplemented by leaders from the United Nations, the European Union and the World Bank, agreed on the need to create a large UN-mandated stabilization force to move into the Lebanon-Israeli border region once fighting stops. UN Secretary General Kofi Annan said his organization would begin work immediately on the composition and rules of engagement for the peacekeepers.


Such plans, however, raise many tricky questions, partly because neither Israel nor Hezbollah had a seat at yesterday's talks. Neither did Syria and Iran, Hezbollah's backers.


There was also agreement on the need for a donors' conference to provide humanitarian aid in the region affected by the fighting. And participants repeated concerns over the rising number of civilian casualties in Lebanon and Israel.


Efforts to resolve the crisis continue today in Malayasia where Rice, European Union foreign policy chief Javier Solana and Russian Foreign Minister Sergei Lavrov discuss the crisis with Asian foreign ministers.




ローマミーティングでの停戦における取り引きがない

米国は即時の停戦に反対する。


カナダ、英国の後ろ米のポジション

2006年7月27日。

午前01:00

レス・ホイッティントン

オタワ局

どのように現在の中東危機を終えるかについて英国とカナダのバックを持っているローマ? 米国は、レバノンで即時の停戦についての計画を精密につくるために、昨日ここで他の先進国による試みを挫折させた。

流血への視界および1ダースを超えるリーダーが、アラブ・イスラエル紛争において迅速な停戦のためのタイミングと条件において協定に達することに失敗した後に、終わりはレバノンとイスラエルとの間で全然見えない。

彼の国を救うレバノンの総理大臣ファードSanioraによる感情の嘆願にもかかわらず、ヨーロッパとアラブのリーダーは、米国の国務長官コンドリーザ・ライスを説得して、停戦を達成することにおける彼女のスタンスを修正させることができなかった。

英国とカナダによって支えられた米国は、停戦が、南のレバノンのヒズボラゲリラ兵が軍事的脅威をイスラエルに提出することができる限り無益であろうという見解を取る。

4時間のミーティングの後で記者会見に、「私達はどのように前に?を動かすかについて話しに話した、それについて?を論じるためだけではなく実に、前進するために行動をとるため」と米は言った。

「これは、あまりにも多くの壊れた停戦を持っていた地域である」のため、どのような停戦でも持続可能にちがいないと彼女は言った。

カナダは戦いへの使用可能な終わりまでの前提条件と政治的なものの変化と南のレバノンのセキュリティ状況の必要についての同じ見方を保持する。

非公開のミーティングの後で、外務大臣ピーター・マッケイは、主要な問題が、「どのように私達は、これが、再び暴力において噴き出るであろう停戦になるであろうだけでなくそれが永遠の平和になるであろうと保証するか?」であると言った。

米国、英国、およびカナダによって採用されたアプローチは、イスラエルの軍隊が、北のイスラエルの境界上のヒズボラの軍事的存在を根絶することを意図されている攻勢を続行するのを広く青信号として見られる。

対照的に、イタリア外務省のミーティングの国と国際的なグループのほとんどは、すぐ、政治的なものを解決することへの前触れと戦争の後方のセキュリティ問題として戦いを終えるために行動を要求していた。

一度停止と戦っていたレバノンのイスラエル人境界地域の中に引っ越すために大きな委任されなかった安定力を作成する必要について、国連、欧州連合、および世界銀行からリーダーによって補われたミーティングの15か国は合意した。

UN事務局長コフィ・アナンは、彼の組織が和平監視者のための停止条件の構成と規則のすぐ上の仕事を開始するであろうと言った。

しかし、一つには、イスラエルやヒズボラのどちらも昨日の話に座席を持っていなかったという理由で、そのような計画は多くの扱いにくい問題を提起する。

シリアとイラン、ヒズボラの後援者もしなかった。

戦いによって影響された地域でドナーの会議が人道的援助に提供する必要上に、また、協定があった。

そして、参加者はレバノンとイスラエルで民間人の犠牲者の上がる数の上の懸念を繰り返した。

米、欧州連合外交方針チーフ ハビエル・ソラーナ、およびロシア外務大臣セルゲイ・ラブロフが危機をアジア外務大臣と議論する所で、危機を解決する努力は今日Malayasiaに留まる。






BBC News


US 'outrage' over Israeli claims



Israel's forceful campaign has caused fury in some countries

The US state department has dismissed as "outrageous" a suggestion by Israel that it has been authorised by the world to continue bombing Lebanon.

"The US is sparing no efforts to bring a durable and lasting end to this conflict," said spokesman Adam Ereli.


Israeli Justice Minister Haim Ramon made the suggestion after powers meeting in Rome refrained from demanding an immediate ceasefire.


UK PM Tony Blair has arrived in Washington for talks on the crisis.


His meeting with US President George W Bush comes amid growing pressure for the UK and US to join calls for an immediate ceasefire between Israel and Hezbollah.




Damage in maps

Arab press anger at US




Hezbollah's missiles


Israel has carried out dozens of fresh strikes on Lebanon. Lebanese officials said at least 12 people had been killed.


Meanwhile at least 50 Hezbollah rockets have landed on northern Israel, hitting towns including Nazareth, Kiryat Shemona and Safed. Seven people have been injured.


Hezbollah said it had fired a new long-range rocket, called the Khaibar-1, into northern Israel.


The militant group said the rocket landed south of the city of Haifa, the deepest strike inside Israel so far.


Israeli police have confirmed that a previously unknown rocket carrying up to 100kg of explosives had struck an area near the town of Afula.


Convoy hit


Elsewhere, two mortar rounds hit a convoy of vehicles carrying civilians escaping the violence in southern Lebanon.


The BBC's Jim Muir, who was with the convoy, said two people in a German TV vehicle were wounded when the rounds exploded next to their car.


The convoy, organised by the Australian embassy, was returning to the port city of Tyre from the border village of Rmeish, where hundreds of people have been trapped by the Israeli offensive.


Our correspondent says the cars were clearly marked as a press and civilian convoy, and that individual journalists had been in contact with the Israelis who knew about the journey.





Mid-East crisis map

Strategy debate grows

In pictures: Lebanon crisis


A BBC security adviser travelling in a car behind the German car said he believed the mortar rounds had been fired from the Israeli side.


The Israeli Defence Forces say they do not believe it was one of their mortars but say they are still checking.


At talks in Rome on Wednesday, the US, UK and regional powers urged peace be sought with the "utmost urgency", but stopped short of calling for an immediate truce. That prompted Mr Ramon to declare Israel had received "permission from the world... to continue the operation".


But questioned by reporters on the sidelines of a summit in Kuala Lumpur, Mr Ereli said: "Any such statement is outrageous."


The US has said a ceasefire is only worth it if it can be made to last. Mr Bush reiterated the US's rejection of a "false peace" on Thursday evening.


The BBC's world affairs correspondent, Nick Childs, points out that Mr Bush also emphasised how troubled he was by the mounting casualties, a suggestion - perhaps - that he is increasingly conscious of the price Washington is paying for its closeness to Israel.


According to Mr Blair's official spokesman, the UK leader wants to step up a gear in securing a UN agreement for an international stabilisation force in southern Lebanon.


But the BBC's James Coomersamy in Washington says that for the moment, there has been no sign that either leader is wavering in his much-criticised opposition to the idea of an immediate ceasefire.


Air strikes


Some 425 Lebanese, the vast majority civilians, are confirmed killed in the 17 days of the conflict - but a Lebanese minister has suggested scores more bodies lie under the rubble.


HAVE YOUR SAY

Surely the lives of the innocent should take precedent


Nikki, Warwickshire




Send us your views


Fifty-one Israelis, including at least 18 civilians, have been killed, mostly by Hezbollah rockets.


The Israeli assault began after Hezbollah captured two Israeli soldiers and killed eight in a cross-border raid on 12 July.


In the latest developments:




A Jordanian man was killed and at least three other people wounded in one of several strikes in Kfar Joz, close to the southern Lebanese market town of Natabiyeh


There were multiple strikes on the Bekaa Valley to the east, on villages around Tyre, and roads in the south-east


Sporadic clashes were reported in Bint Jbeil, where Israel suffered its worst single losses on Wednesday


Unarmed UN observers have been temporarily relocated from border positions in southern Lebanon after the deaths of four UN observers in an Israeli strike on Tuesday

In Israel, few people still speak of being able to neutralise Hezbollah, our correspondent in Jerusalem Katya Adler says.


Instead Israel speaks of trying to establish a "secure zone" empty of Hezbollah fighters north of the border with Israel.


The Israeli government's announcement that it is calling up three divisions of reservists - said to number between 15,000 to 40,000 - suggests it is preparing for the possibility of a protracted war, our correspondent says.




イスラエルの主張の上の米国‘乱暴’

イスラエルの力強いキャンペーンはいくつかの国で憤怒を起こした。

米国国務省は、それが、レバノンを爆撃し続けるために世界によって許可されているイスラエルによる提案を「法外である」として退けた。

「米国は、丈夫で、続いている端をこの衝突に持って来る努力を全然節約していない」とアダムEreliスポークスマンは言った。

ローマで合っているが、即時の停戦を要求することを控えた後に、イスラエルの法務大臣ハイム・レーモンは提案をした。

UK PMトニー・ブレアは危機についての話のためにワシントンに到着した。

UKと米国がイスラエルとヒズボラの間で即時の停戦のための呼び出しに参加するように、米国大統領ジョージWブッシュとの彼のミーティングは大きくなるプレッシャーの中央で集まる。

マップの中の損害

アラブプレスは米国を怒る。

ヒズボラのミサイル

イスラエルはレバノン上の数十の新たな攻撃を実行した。

レバノンの政府役員は、少なくとも12人の人々が殺されたと言った。

その間、少なくとも50機のヒズボラロケットが、ナザレ、Kiryat Shemona、およびSafedを含む町に当たって北のイスラエルに着弾した。

7人の人々が傷ついている。

ヒズボラは、それがKhaibar-1と呼ばれる新しい長距離ロケットを北のイスラエルの中に発射したと言った。

武装グループは、ロケットがこれまでイスラエルの中でハイファ、最も深いストという都市の南に着陸したと伝えていた。

イスラエルの警察は、最高100kgまでの爆発物を運んでくる、これまで知られていなかったロケットがAfulaの町の近くのエリアに行き当たったことを確認した。

護衛ヒット

他の場所で、2つの迫撃砲弾が南のレバノンで暴力を免れている民間人を運んでいる乗り物の護衛隊に打った。

護衛とともにあったBBCのジム・ミューアは、ラウンドが彼らの車の隣で爆発した時に、ドイツテレビ車の中の2人の人々が傷つけられると言った。

オーストラリア大使館によって組織された護衛はRmeishの境界の村からチールの港湾都市に戻っていた(そこで、数百人の人々はイスラエルの攻勢によって閉じ込められている)。

私達の通信員は、車がはっきりとプレスと民間の護衛としてマークされて、個々のジャーナリストが、ツアーを知っていたイスラエル人との接触にいたと言う。

中東危機マップ

戦略討論は成長する。



レバノン危機

ドイツ車の後ろの車の中で旅行しているBBC警備顧問は、彼が、迫撃砲弾がイスラエルの側から点火されたと信じると言った。

イスラエルの防衛軍は、彼らが、それがそれらのモルタルの1つであったと信じないと言うけれども、彼らがまだチェックしていると言う。

水曜日のローマの話で、米国、UK、および地域の能力は、平和が、「最大限の緊急性」によって求められるけれども即時の停戦を要求することの短く停止すると主張した。

それは、イスラエルが、「その操作を続ける世界…からの許可」を受け取ったのを宣言するようにレーモンさんを促した。

しかし、クアラルンプールでのサミットのサイドラインの上のレポーターによって質問されて、Ereliさんは言った:

「そのようなステートメントは法外である」。

米国は、それが、続かせられることができるならば、停戦がそれに値しているだけであると言った。

ブッシュは木曜日の夕方の「間違いの平和」の米国の拒絶を繰り返した

BBCの世界情勢通信員、ニック チャイルズは、登る死傷者(彼が、ワシントンがその近さに対してイスラエルに支払っている価格にますます気づいているという提案)--たぶん--によって、ブッシュがまた、彼がどれほど心配していたかを強調したことを指摘する。

ブレアの公式なスポークスマンによると、UKリーダーは、南のレバノンの国際的な安定力のためにUN協定を確保することにおいてギアを増したいと思っている。

しかし、ワシントンのBBCのジェームズCoomersamyは、さしあたり、どちらのリーダーも即時の停戦のアイデアへの彼の多く批判された反対についてぐらついているという合図が全然なかったと言う。

空襲

約425人のレバノン人、大部分民間人が、衝突の17日で殺されて、確認される - 大臣が、瓦礫の下で多くのレバノン人が殺されていることへの提案。

あなたの意見

きっと、無邪気な子供のライフは先例を取るべきである。

ニッキ、ウォリックシア

あなたの見解を私達に送りなさい。

少なくとも18人の民間人を含む51人のイスラエル人がたいていヒズボラロケットによって殺されている。

ヒズボラが2人のイスラエルの兵士を捕らえて、7月12日に国境を越える急襲において8人を殺した後に、イスラエルの猛攻撃は始まった。

最新の開発において:

ヨルダンの人は殺されて、少なくとも3人の他の人々がNatabiyehの南のレバノンの市場町の近くでKfar Jozにおけるいくつかのストの1回において傷つけた。

チールのまわりの村と南の東の道路の上に東へのBekaa谷の上に複数のストがあった。

イスラエルが水曜日にその単独で最も悪い損失を被っていた所で、散発性の衝突はJbeil女の中で報告された。

イスラエル人の中の4人のUNオブザーバーの死がイスラエルで火曜日に打った後に、オブザーバーがあった非武装のUNは一時的に南のレバノンの境界ポジションから再配置し、ヒズボラを中立化することができることについて、ほとんどの人々はまだ話さないとエルサレムのカチャ・アドラーの中の私達の通信員は言う。

代わりに、イスラエルとの境界の北でヒズボラ戦闘機なしで「安全なゾーン」を設立しようとすることについて、イスラエルは話す。

それが、予備兵--15,000から40,000まで数に言われる--の3つの部門に電話しているというイスラエルの政府の発表は、それが長期戦の可能性の準備をしていることを示唆すると私達の通信員は言う。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■憐れな国

だと思います。戦争を起こしているのは一部の人間だけでしょうが、憎しみは絶える事がない。宗教以前の問題ですね。

2 ■ユダヤ人は嫌われる・。

ホロコーストを経験した人種が、逆の立場に立つとは皮肉か、学習効果はゼロなのだろうか??
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR