FC2ブログ

イルミナティ世界政府のための一つの法律・・他を洗脳する宣伝・。

One Law for One...

...Propaganda Against the Other...

2006 07 31


By David Icke | davidicke.com/headlines


David Icke Newsletter, July 16th 2006

Subscribe to David Icke's Newsletter


What Is Really Happening in the Middle East


Due to overwhelming requests we are making David's two recent newsletter specials detailing the background to the Middle East war available to everyone, such is the importance of the information.


We only ask that people do all they can to circulate the articles to every person and website they think would benefit from the content.


Thank-you.


デイビッドIckeニューズレター、2006年7月16日

中東で本当に起こっていること

私達が中東戦争に背景を詳説するデイビッドの2つの最近のニューズレタースペシャルをみんなに利用可能にしているという圧倒的な要求のため、そのようなものは情報の重要性である。

私達はただ、人々が、彼らが、内容から利益を得るであろうと思うすべての人とウェブサイトに記事を循環させるために、彼らが缶詰めにするすべてをするように頼む。

感謝。



Part 1


I was watching CNN the other night and a report on the foreign policy 'crisis' faced by the Bush-puppet administration. They listed all the trouble-spots - Israel-Gaza, Israel-Lebanon, North Korea, Iraq, Afghanistan, Iran, etc. - and claimed that rarely had a U.S. government faced so many major problems around the world.


Well, it depends on what you mean by 'problems'.


We are back to my old friend 'coordinates' here. If you don't have the right coordinates you don't have perspective. If you believe that the goal of American 'foreign policy' is to bring peace and freedom to the world - if that is your coordinate - then it does indeed seem like the United States is faced with enormous challenges.


But if you know that the U.S. government is merely a tool of a global secret society network - the Illuminati - and the idea is to create as much war and suffering as possible to destroy peace and freedom, you will understand that the chaos and conflict is anything but a 'problem'. Quite the opposite, it's all going according to plan.




Without the coordinates - knowledge of the Illuminati agenda and the techniques used to advance it - people have no chance of understanding world events

So let us go through some key coordinates here:


パート1

私は先日の夜のCNNとブッシュ操り人形政権が直面している外交方針‘危機’についてのリポートを見ていた。

彼らは--イスラエルガザ、イスラエルレバノン、北朝鮮、イラク、アフガニスタン、イランなどの--すべてのトラブルスポットをリストし、めったに催されないで、米国政府が世界中でそんなに多くの主要な問題に直面していたと主張した。

さて、それは、あなたが‘問題’によって言おうとしているものに依存する。

私達はここで私の古い友人‘座標’に引き返している。

あなたが右の座標を持っていないならば、あなたはパースペクティブを持っていない。

あなたが、アメリカ‘外交方針’のゴールが、平和と自由を、世界--それがあなたの座標であるならば--にもたらすことであると信じるならば、米国が巨大な挑戦に直面しているように、それは実に思われる。

しかし、あなたが、米国政府がグローバルな秘密結社ネットワーク--啓蒙主義者--の単にツールであり、アイデアが、平和と自由を破壊するために可能な限り多くの戦争と苦しみを作成することであると知っているならば、あなたは、カオスと衝突が全く‘問題’ではないと理解するであろう。

正反対、それはすべて計画に従って行く。

座標--イルミナティ主義者の課題とテクニックに関する知識は、それを早めたものであった--なしで、人々に、世界の出来事がそう私達にここでいくつかの重要な座標を通り抜けさせたと理解するチャンスは全然ない:




1.) The Illuminati use the technique I have dubbed problem-reaction-solution to 'justify' actions that would otherwise be widely opposed. For instance, without the lie about 'weapons of mass destruction' (an invented problem), they would never have been able to sell the 'solution' - the invasion of Iraq.


2.) The Illuminati want to seize control of the planet and crucial to that is to control the Middle and Near Eastern oil fields - Iraq, Iran, Saudi Arabia and so on, plus the massive oil and gas reserves around the Caspian Sea.


3.) To do the above they need excuses to invade those countries if they will not, like Libya, come quietly with their hands up.


4.) Israel is an Illuminati-created and controlled state through its manufactured political movement called 'Zionism', which is not the same as Judaism nor being Jewish. Large numbers of Jewish people oppose Zionism (see below), which is a political claim for a Jewish homeland in Israel.


5.) The state of Israel was bombed and terrorised into existence by invaders coordinated and manipulated by the Illuminati House of Rothschild. The incumbent population, the Palestinians, were removed from power in their own country and forced into little more than slavery by their invading masters.


6.) The Illuminati want to bring the United States and allies into a war with China to create a massive global problem in need of a global solution - the creation of a world government and world army to stop it ever happening again (hence the focus on China's associate state, North Korea).


7.) Chaos = control; Harmony = freedom


.1.

啓蒙主義者は、私が、違った形で広く反対されるであろう、‘正当化しなさい’行動の問題反応ソリューションを命名したテクニックを使う。

例えば、‘大量破壊兵器’(発明された問題)についての嘘がなければ、彼らは、決して、‘解決’を売ることができなかったであろう - イラクへの侵略。

2.

啓蒙主義者は、惑星のコントロールをつかみたいと思っていて、それに決定的に、中間と近東の油田をコントロールすることになっている - イラク、イラン、サウジアラビアなど足す大規模なオイルとガスはカスピ海のまわりに確保する。

3.

上記をするために、彼らがリビアのようにそれらの手と一緒に上に静かに来ないならば、彼らは、それらの国を侵略する口実が必要である。

4.

‘シオニズム’(それはユダヤ教と同じでなくユダヤ人ではない)とも呼ばれるその製造された政治的な動きを通して、イスラエルは啓蒙主義者で作成されて、コントロールされた状態である。

多くのユダヤ人の人々は、シオニズム(下で見なさい)に反対する(それはイスラエルのユダヤ人母国についての政治的な主張である)。

5.

イスラエルの状態は調整された侵略者によって存在の中に爆撃されて、テロを用いられて、ロスチャイルドの啓蒙主義者家によって処理された。

現職の人口、パレスチナ人は、彼ら自身の国の権力の座から外されて、彼らがマスタを侵略することによって奴隷制度より少し多くに押し込まれた。

6.

グローバルな解決策を必要として大規模なグローバルな問題を生むために米国と同盟国を中国との戦争に至らせる啓蒙主義者欠乏 - ずっとそれが再び(中国の仲間状態、北朝鮮上のそれゆえフォーカス)起こるのをやめさせる世界政府と世界軍隊の作成。

7.

Chaos = control;

Harmony = freedom.



8.) The goal is for a planet controlled by a world government and army that would impose its will on a micro-chipped, constantly watched and controlled population, described brilliantly by George Orwell in his book, 1984.







Now we can look again at current events and see foreign policy 'problems' in a different light to the brain-dead at CNN.


I have highlighted in detail in my books the so-called neo-con organization, the Project for the New American Century (PNAC), and the plan for global conquest that it produced in September 2000 called Rebuilding America's Defenses: Strategies, Forces, And Resources For A New Century (pdf). This document called for:




U.S. military control of the Gulf region whether or not Saddam Hussein is in power: 'While the unresolved conflict with Iraq provides the immediate justification, the need for a substantial American force presence in the Gulf transcends the issue of the regime of Saddam Hussein.'




The U.S. to 'fight and decisively win multiple, simultaneous major theatre wars' as a 'core mission'.




U.S. forces to be 'the cavalry on the new American frontier'.




Action to discourage advanced industrial nations from challenging U.S. leadership or aspiring to a larger regional or global role.




Permanent U.S. bases in Saudi Arabia and Kuwait.




Increased military pressure on China: 'It is time to increase the presence of American forces in South East Asia' which will lead to 'American and allied power providing the spur to the process of democratisation in China'.




The 'creation of "U.S. Space Forces", to dominate space, and the total control of cyberspace to prevent "enemies" using the Internet against the U.S.'.




'New methods of attack - electronic, "non-lethal", biological. These, it says, will be more widely available and combat is likely to take place in new dimensions, in space, cyberspace, and perhaps the world of microbes ... advanced forms of biological warfare that can "target" specific genotypes may transform biological warfare from the realm of terror to a politically useful tool.'




The development of a 'world-wide command-and-control system' to contain the 'dangerous' regimes of North Korea, Libya, Syria, and Iran.


8.

ゴールは、1984年彼の本の中でジョージ・オーウェルによってきらきらと説明されて、マイクロ刻まれて、常に注意されて、コントロールされた人口にその意志を課すであろう世界政府と軍隊によってコントロールされた惑星のためである。

さて、私達は再び最新イベントを見て、CNNで脳死したものに違うライトの中で外交方針‘問題’を見ることができる。

私は詳細に私の本の中でいわゆる新保守主義組織、新しいアメリカの世紀のためのプロジェクト(PNAC)を強調し、それが2000年9月に生み出したグローバルな征服についての計画は改造をアメリカの防御と呼んだ:

新しい世紀(pdf)の間の戦略、力、および資源。

この文書は次を要求していた:

サダム・フセインが権力を握っているかどうかにかかわらず湾地域の米国軍隊コントロール:

‘イラクとの未解決の衝突が即時の位置合せを提供する間、湾のしっかりしたアメリカ力存在の必要はサダム・フセインの政権の問題を超越している’。

‘中心的な任務’として、‘戦い、決定的に、複数で、同時の主要な劇場戦争に勝ちなさい’への米国。

‘新しいアメリカフロンティアの上の騎兵’である米軍。

米国リーダーシップと競合するか、より大きな地域のまたはグローバルな役割を切望することから、妨害する行動は産業国を進めた。

永久的な米国はサウジアラビアとクウェートでの基礎に相当している。

中国への増大した軍事的圧力:

‘中国の民主化のプロセスに拍車を提供しているアメリカの、そして同盟したパワー’をもたらすであろう、‘東南アジアでアメリカ軍の存在を増大させる時間である’。

‘「敵」が米国に対してインターネットを使うことができないためにスペースとサイバースペースの全体のコントロールを支配する「米国スペース力」の作成’。

‘攻撃の新方式 - 電子、「致命的でなく」、生物学’。

‘それは、これらはより広く入手可能になるであろうし、戦闘は、スペース、サイバースペースで、新しい次元の中で起こりそうで、たぶん、具体的な遺伝子型を「目標とする」ことができる細菌戦のフォームを前払いされた微生物…の世界は恐怖の領域から政治的に有益なツールまで細菌戦を変換するかもしれないと言う’。

北朝鮮、リビア、シリア、およびイランの‘危険な’政権を含む‘世界的なコマンドと制御系’の開発。




September 11th, the 'new Pearl Harbor' the neo-cons needed to implement their plans. Coincidence? No way.


9月11日、それらの計画を実施するために、新保守主義に必要であった‘新しい真珠湾’。偶然の一致?

とんでもない。





David Frum ... coined the phrase 'Axis of Evil' - Iraq, Iran and North Korea - for his neo-con masters and the George Bush speech

The document highlighted the need for a 'New Pearl Harbor' without which the 'process of transformation' was likely to be 'a long one'. 9/11 came one year to the month after this document was published and nine months after those behind it came to power with Bush. Since then it has been used to justify the imposition of their agenda. Coincidence? Oh, please.


Bush's State of the Union speech in January 2002, in which he dubbed Iraq, Iran and North Korea 'the Axis of Evil', was written by David Frum, one of the neo-cons closely connected with the Project for the New American Century and its interlocking organisations like the American Enterprise Institute. All of these groups are arms of the Illuminati.


The neo-con godfather is Leo Strauss, a German-born Jewish 'philosopher', who believed that people must be governed by a 'pious elite'. He must have missed the fact that they already were. This Internet article summaries the world according to Strauss and, therefore, the neo-cons:


'Strauss thought that the best way for ordinary human beings to raise themselves above the beasts is to be utterly devoted to their nation and willing to sacrifice their lives for it. He recommended a rabid nationalism and a militant society modelled on Sparta. He thought that this was the best hope for a nation to be secure against her external enemies as well as the internal threat of decadence, sloth, and pleasure. A policy of perpetual war against a threatening enemy is the best way to ward off political decay. And if the enemy cannot be found, then it must be invented.'





デイビッドFrum…は彼の新保守主義マスタのためのフレーズ‘悪の軸’--イラク、イラン、および北朝鮮--とジョージ・ブッシュ・スピーチを鋳造した。

文書は、‘変化のプロセス’が、‘長いもの’でありそうであった‘新しい真珠湾’の必要を強調した。

この文書が出版された後とそれの後ろのそれらがブッシュと一緒に政権を握った9ヶ月後に、9/11は月に1年来た。

それ以来、それは、それらの課題の賦課を正当化するために使われている。

偶然の一致?

おお、お願いする。

彼がイラク、イラン、および北朝鮮を‘悪の軸’と命名した2002年1月のブッシュの一般教書演説はデイビッドFrum(新しいアメリカの世紀のためのプロジェクトとアメリカ企業研究所のようなその連動組織と密接に関係している新保守主義の人)によって書かれた。

これらのグループのすべては啓蒙主義者のアームである。

新保守主義ゴッドファーザーは、人々が‘信心深いエリート’によって制御されなければならないと信じたレオ・シュトラウス(ドイツ語で誕生したユダヤ人‘哲学者’)である。

彼は、それらがすでにそうであったという事実を逃したにちがいない。

シュトラウスに応じたこのインターネット記事要約世界と従って新保守主義:

‘シュトラウスは、普通の人間が動物の上で自身を育てる最もよい方法が、彼らの国家に完全に捧げられて、それのために彼らの人生を快く犠牲にすることであると思った’。

彼はスパルタにならって作られた猛烈なナショナリズムと戦闘的な社会を推奨した。

彼は、これが、衰微、怠惰、および喜びの内部の脅威と同様に彼女の外部の敵に安全な国家のための最もよい希望であったと思った。

威嚇的な敵に対する永久の戦争の方針は、政治腐敗を防ぐ最もよい方法である。

‘そして、敵が見つかることができないならば、それは発明されなければならない’。



Leo Strauss


Exactly - for the full article see: http://www.secularhumanism.org/


index.phpsection=library&page=drury_24_4


The Project for the New American Century personnel are highly significant to past and current events. It was established in 1997 by William Kristol and Robert Kagan. Kristol is editor of the Murdoch-owned Weekly Standard that campaigns for the neo-con agenda. He is a regular contributor to the Murdoch-owned Fox News, the most blatantly biased television channel anywhere in the 'Western' world. Robert Kagan is an American neoconservative 'scholar' and 'political commentator'. He graduated from Yale University in 1980, where he joined the infamous Illuminati Skull and Bones Society and he is a member of the Illuminati Council on Foreign Relations.


レオ・シュトラウス

正確に - 完全な記事のために、見なさい:

http://www.secularhumanism.org/
index.phpsection=library&page=drury_24_4

新しいアメリカの世紀のためのプロジェクト人員は過去の、そして最新イベントに非常に重要である。

それは1997年にウィリアム・クリストルとロバート・カガンによって設立された。

クリストルは、新保守主義課題のためにキャンペーンをするマードックで所有されている毎週の標準のエディタである。

彼はマードックで所有されているフォックスニュース(‘ウエスタン’世界のどこの最も騒々しく偏っているテレビチャンネル)への定期的な貢献者ででもある。

ロバート・カガンはアメリカ新保守主義派‘学者’と‘政治評論家’である。

彼が不名誉な啓蒙主義者頭蓋骨と骨格の社会に参加し、彼が啓蒙主義者外交問題評議会のメンバーである所で、彼は1980年にエール大学を卒業した。







Kristol & Kagan


Both of these founders are Jewish with close ties to Israel and they are pushing an agenda for 'American' control of the Middle and Near East (and further) which is precisely what Israel wants to happen. Yet to highlight this crucial fact is to be called 'anti-Semitic' - the constant slur used by Illuminati fronts like the Anti Defamation League (ADL) to discredit those who point out the obvious unfairness and bias of this situation.


Well, bollocks to the ADL and anyone else in the same category. It is a fact and it needs saying to get some perspective on what is happening here.


And it goes further. These are some of the other members of the Project for the New American Century:


クリストル&カガン

これらの創立者の両方はイスラエルへの近いつながりによるユダヤ人であり、彼らは、正確に、イスラエルが、起こってほしいことである中間と近東(そしてさらに)の‘アメリカ人’コントロールのために課題を推進している。

それでも、この重要な事実を強調することは、‘反ユダヤ主義’と呼ばれることである - この状況の明らかな不公平とバイアスを指摘する人々の評判を悪くするためにAnti中傷リーグ(ADL)のような啓蒙主義者正面によって使われた一定のスラー。

ああ、同じカテゴリーにおけるADLと他の誰かに混乱させる。

それは事実であり、それは、ここで起こっていることについていくらかの見方をするために言う必要がある。

そして、それはより遠くまで行く。

これらは新しいアメリカの世紀のためのプロジェクトの他のメンバーの何人かである:


Abrams, Elliot: A member of the National Security Council and top advisor on the Middle East. As Assistant Secretary of State for Human Rights and Humanitarian Affairs under Reagan, he was responsible for covering up war crimes committed by the U.S.-backed Contras. He was charged in connection with the Iran-Contra affair and pleaded guilty to lesser charges. Abrams was later pardoned by father Bush. The British media reported that Abrams was behind the attempted Chavez coup in Venezuela.



Armitage, Richard: Former Deputy Secretary of State and former board member of CACI, the private military contractor whose employees were responsible for torturing prisoners at Abu Ghraib prison. Assistant Secretary of Defense for International Security Affairs during the Reagan Administration and Deputy Secretary of State to Colin Powell at the time of the Iraq invasion.


Bernstein, Robert L.: Professor at the National Defense University (a government facility). Worked at the Naval War College (government facility), and in the Defense Department.


エイブラムズ、エリオット:

国家安全保障会議のメンバーと中東の上の一番上のアドバイザー。

レーガンの下の人権と人道主義仕事のための国務次官補として、彼は、米国で支えられたContrasによって犯された戦争犯罪を隠すことについて責任があった。

彼はイランコントラ事件に関連してチャージされて、より小さなチャージに有罪を認めた。

エイブラムズは後でブッシュ父によって許された。

英国のメディアは、エイブラムズがベネズエラの試みられたシャベスクーデターの後ろにいたことを報告した。

アーミテージ、リチャード:

前の国務副長官とCACI(従業員が、アブグレイブ刑務所で囚人を拷問することについて責任があった私的な軍事契約企業)の前の役員。

イラク侵略の時のコリン・パウエルへのレーガン政権と国務副長官の間の国際的な保証業務のための防御の次官補。

バーンスタイン、ロバートのL.:

国防大学(政府施設)の教授。

海軍大学校(政府施設)で、そして国防省で作動させられる。




Bolton, John R.: Senior Vice President of the American Enterprise Institute. Major player at the Pentagon at the time of 9/11 and the invasion of Iraq and now U.S. ambassador to the United Nations calling for action against neo-con target countries, like Iran.


Boschwitz, Rudy: Presidential appointee to the Holocaust Memorial Council. One of the top fund-raisers for boy Bush in 2000.


ボルトン、ジョンのR.:

アメリカ企業研究所の上席副社長。

9/11の時間とイラクとイランのような新保守主義目標国を背景とした行動のための国連呼出しへの今米国の大使への侵略の国防総省の主要なプレーヤー。


Boschwitz、ルディ:

ホロコースト記念協議会への大統領の被指定人。

2000年のブッシュ少年のための一番上の資金集め担当者の1人。





Bush, Jeb: Governor of Florida who banned convicted felons from voting in the 2000 presidential election, using an extremely inaccurate system to remove voting rights and allowed ineligible absentee ballots to be counted. The vote was rigged, in other words, to get his brother 'elected'.


Carlucci, Frank: Chairman of the father Bush Carlyle Group at the time of 9/11. He was Secretary of Defense during the Reagan administration, Deputy Director in the CIA and CIA agent and was accused of plotting the assassination of two African leaders.


ブッシュ、Jeb:

カウントされる投票権と許された不適任な不在者投票を取り除くために極めて不正確なシステムを使って、有罪宣告された重罪人が2000年の大統領選挙の中で投票することを禁止したフロリダの知事。

票は、‘選ばれる’を彼の兄弟のために取ってくるためにすなわち装着された。

カールーチ、フランク:

9/11の時の父ブッシュ・カーライル・グループの会長。

彼はレーガン政権、CIAの副ディレクター、およびCIAエージェントの間国防長官であり、2人のアフリカリーダーの暗殺をプロットしたことで告発された。



Cheney, Dick: Secretary of Defense for father Bush and now Vice President to his son. Cheney was behind the appointments of Donald Rumsfeld, Paul Wolfowitz, John Bolton, and Elliot Abrams to government. All are PNAC members. His wife Lynne is a senior fellow with the neo-con American Enterprise Institute and daughter Elizabeth became Deputy Assistant Secretary of State for Near East Affairs. He was Halliburton CEO from 1995 to 2000, the company that has received billions in Iraq contracts not tendered to other companies.


Cohen, Eliot A.: Professor at Johns Hopkins University, member of the Council on Foreign Relations and formerly worked for Rumsfeld.


チェイニー、ディック:

ブッシュ父のための国防長官と彼の息子への今副大統領。

チェイニーは政府にドナルド・ラムズフェルト、ポール・ウルフォウィッツ、ジョン・ボルトン、およびエリオット・エイブラムズの約束の後ろにいた。

すべてはPNACメンバーである。

彼の妻リンは新保守主義アメリカ人企業研究所とのシニアの人であり、エリザベス娘は近東仕事のために副国務次官補になった。

彼は、1995年から2000年までのハリバートンCEO(他の会社に差し出されなかったイラク契約の中で数十億を受け取った会社)であった。

コーエン、エリオットのA.:

ジョンズホプキンズ大学、外交問題評議会のメンバーの、そして以前の教授はラムズフェルドのために働いた。



Khalilzad, Zalmay: Ambassador to Afghanistan and now Iraq. Accused by candidates in the Afghan elections of arranging President Hamid Karzai's victory. Worked for Paul Wolfowitz at the State Department from 1984 to1985. Advisor to oil giant Unocal for their proposed gas pipeline project through Afghanistan.


Libby, I. Lewis: Assistant to the President and Chief of Staff to the Vice President. Worked for Paul WolfoKhalilzad、 Zalmay:

アフガニスタンと今イラクへの大使。

ハミド・カルザイ大統領の勝利を手配するアフガニスタンの選挙における候補者によって告発される。

1984年のto1985から国務省でポール・ウルフォウィッツのために作動させられる。

アフガニスタンを通してそれらの提案されたガスパイプラインプロジェクトのために巨大なUnocalに油を差すアドバイザー。

Libby、 I. ルイス:

副大統領への大統領補佐官と陸参謀総長。

国務省と国防総省でポール・ウルフォウィッツのために作動させられる。

司法妨害のための調査の現在下。

witz at the State Department and the Pentagon. Now under investigation for obstruction of justice.





Perle, Richard N.: Pentagon Policy Advisor (resigned February 2004) and member of the Defense Policy Board. On the advisory board of the Jewish Institute for National Security Affairs (JINSA). Assistant Secretary of Defense under Reagan/Bush. FBI suspected Perle of spying for Israel in 1970 but he was not prosecuted. Extremely close to former Israel Prime Minister, Benjamin Netanyahu, for whom he worked as an 'advisor'.


N.パール、リチャード

国防総省の方針アドバイザー(2004年2月を辞任した)と防衛政策協議会のメンバー。

国家安全保障仕事(JINSA)のためのユダヤ人の研究所の諮問委員会の上。

レーガン/ブッシュの下の防御の次官補。

FBIは1970年にイスラエルのためにパールにスパイ活動の疑いをかけていたけれども、彼は起訴されなかった。

彼が‘アドバイザー’として働いた前のイスラエル総理大臣、ベンヤミン・ネタニヤフに極めて近い。



Rumsfeld, Donald: Secretary of Defense and a key player in the 'War on Terror', the invasions of Afghanistan and Iraq, and the targeting of other nations. He was on the board of the European engineering giant, ABB, when it sold nuclear technology to North Korea and visited Saddam Hussein in Baghdad in 1983 to arrange for chemical and biological weapons shipments from the U.S. to Iraq.


Weinberger, Caspar W.: Secretary of Defense under Reagan. Indicted on felony charges for his role in supplying missiles to Iran, but pardoned by President Bush Sr, who was also involved!


ラムズフェルド、ドナルド:

国防長官と‘テロに対する戦争’、アフガニスタンとイラクへの侵略、および他の国家の目標とにおける重要人物。

それが核技術を北朝鮮に売り、米国からイラクまでの化学・生物兵器出荷を手配するために、1983年にバグダッドでサダム・フセインを訪問した時に、彼はヨーロッパエンジニアリング巨人、ABBのボードの上にいた。

ワインバーガー、カスパルのW.:

レーガンの下の国防長官。

ミサイルをイランに供給することにおける彼の役割のために重罪で告発されるけれどもまた関係していたブッシュSr大統領によって許される!



Wolfowitz, Paul: Deputy Secretary of Defense at time of 9/11 and the invasions of Afghanistan and Iraq. He was the real power in the Pentagon, not Rumsfeld. Now head of the World Bank.


ウルフォウィッツ、ポール:

9/11とアフガニスタンとイラクへの侵略の時間の国防副長官。

彼はラムズフェルドではなく国防総省で現実のパワーであった。

世界銀行の現在頭。






Zakheim, Dov S.: Member of the advisory board for the American Jewish Committee, member of the Council on Foreign Relations, and Adjunct Scholar for the [Illuminati] Heritage Foundation. He was Under Secretary and Chief Financial Officer for the Department of Defense until 2004.


Zoellick, Robert B.: U.S. Trade Representative and member of President's Cabinet. Under Secretary of State for Economic and Agricultural Affairs, then White House Deputy Chief of Staff in the Bush Sr. administration.


All of the above are either Jewish with fundamental ties to Israel or vehement supporters of Israel, often through membership of the Jewish Institute for National Security Affairs (JINSA). This calls itself a 'non-partisan' organisation, which is a sick joke after even a cursory glance at its website - http://www.jinsa.org/home/home.html
.


For more PNAC names, see http://www.reasoned.org/e_PNAC2.htm
, but the same theme applies.


Zakheim、 Dov S.:

アメリカユダヤ人の委員会のための諮問委員会のメンバー、外交問題評議会のメンバー、および[啓蒙主義者]ヘリテージ財団のための付属した学者。

彼は2004年まで国防総省のために次官と最高財務責任者であった。

ゼーリック、ロバートのB.:

米国通商代表と大統領のキャビネットのメンバー。

経済と農業の仕事、そしてブッシュSr.政権におけるホワイトハウス幕僚副長のための状態の次官。

上記のすべてはしばしば国家安全保障仕事(JINSA)のためのユダヤ人の研究所のメンバーシップを通してのイスラエルのイスラエルまたは熱烈なサポーターへの根本的なつながりによるユダヤ人である。

これは自身を‘非別動兵’組織と呼ぶ(それはそのウェブサイトで急ぎの一見のさえ後に悪趣味な冗談である) - http://www.jinsa.org/home/home.html


より多くのPNAC名のために、http://www.reasoned.org/e_PNAC2.htm
を見なさい、けれども、同じテーマはあてはまる。



So, in summary: The neo-con groups like the Project for the New American Century and the American Enterprise Institute are awash - utterly dominated - by supporters of Israel and they have orchestrated a U.S. government policy of invasion and threats to countries in the Middle and Near East that suits the agenda of Israel.


Can you imagine what would be said - and done - if it was found that a U.S. administration controlled by fundamentalist supporters of Islamic countries had orchestrated an American invasion of Israel??


But because it is Israel doing the manipulating - silence. Don't speak out and state the clear facts or you will be called an 'anti-Semite'. Well, they can call me what they like, I don't give a shit, because unless these issues are faced these sick people will set the world ablaze.


そう要約において:

新しいアメリカの世紀のためのプロジェクトとアメリカ企業研究所のような新保守主義グループは、イスラエルのサポーターによって水面すれすれで--完全に支配される--、彼らは、イスラエルの課題に適する中間と近東の国への侵略と脅威の米国政府方針を統合した。

イスラム国の根本主義者のサポーターによってコントロールされた米国政府がイスラエルへのアメリカ侵略を統合したことが見つかったならば、あなたは、何が、言われる--およびされる--であろうかを想像することができる??

しかし、それが処理をしているイスラエルであるので - 沈黙。

はっきり話して、クリアな事実を述べないでください。さもないと、あなたは‘反ユダヤ主義者’と呼ばれるであろう。

さて、彼らは、彼らが好きなものを私に呼ぶことができて、これらの問題に直面していない限り、これらの病人が世界を燃やすであろうので、私はクソを与えない。





Now perhaps we can understand why, when an atrocity is commited against Israel, the media calls it Islamic terrorism, but when staggering numbers of Palestinian or other Arab civilians are killed it is reported as Israel 'defending itself from' or 'retaliating to' terrorism. Why? Because the mainstream media is controlled by the same forces - like Murdoch - and so gives the neo-con line.


What chance do the Palestinian people have of fairness and justice when the major governments of the world and the major media sources are dictated to by the very force that is dropping bombs on them and killing their children? What chance have they ever had since their country was invaded and their nation turned into slaves?


None.


And it is about time someone said so without fearing the consequences in slurs and attacks from the purveyors of hate like the ADL.


たぶん、残虐行為がイスラエルに対してcommitedされる時に、私達がなぜかを理解することができるので、メディアはそれをイスラムテロと呼ぶけれども、圧倒的に多くのパレスチナ人または他のアラブ民間人が殺される時に、それは、イスラエル‘弁護することの自身から’または‘に報復する’テロとして報告される。

なぜ?

主流メディアが同じ力--同様なマードック--によってコントロールされて、従って、新保守主義ラインを与えるので。

世界の主要な政府と主要媒体ソースが、爆弾を彼らに落としていて、彼らの子供を殺しているまさしくその軍隊が口述する時に、パレスチナの人々にどんなチャンスが公正さと公正についてあるか?

それらの国が侵略されて、それらの国家が奴隷になって以来、彼らはどんなチャンスがこれまでにあったことがあるか?

どれもない。

そして、スラーとADLのような憎悪の調達者からの攻撃の中の結果を恐れずに、誰かがそう言うころである。







蛇足


揃いも揃って、悪い顔してますな・(レプティリアンが憑依しているからか??)。男は40にして自分の顔に責任を持て・・。


そんな顔では、NWO実現は無理ですぜえ・。。

スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

秘密結社の手帖 澁澤龍彦 文春文庫

渋沢 龍彦 秘密結社の手帖 あの澁澤龍彦著の秘密結社の本。 研究書というより秘密結社にまつわるエッセイをまとめた本が 昭和59年に文庫として出版され、 2004年に文春文庫から 新たに文庫本として出版されたものを読みました。 もともと早川書房の推理小説

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR