FC2ブログ

続き・。

I ask people to put themselves in the position of the Palestinians for a moment. They had their country stolen from them by force and terrorism soon after the Second World War and they have been subjected ever since to grotesque and horrific suppression, constant violence and domination. The Israeli government and military can do virtually whatever they like to them while the pathetic 'World Community' looks the other way.


The first prime minister of Israel, David Ben-Gurion, summed up their aims in 1937 when he said: 'We must expel Arabs and take their places.' Imagine if another people invaded your land and did this to you, refusing even to acknowledge the injustice. What would we do?


The Palestinians believe they are without hope and they feel understandable fury at what is happening to their land, their homes, their families and themselves. Why wouldn't they? And, given the scale of provocation, it is a wonder that their own violent response comes only from a small minority, not the vast majority of decent and intelligent Palestinian and Arabic people who just want peace and justice.


It is an old, old truth. Ignore injustice for long enough and violence will surely follow. The way to stop violence is to remove the injustice, not respond with even greater violence.


私は人々に、ちょっと自身をパレスチナ人のポジションに置くように頼む。

彼らはそれらの国を彼らから第二次世界大戦のすぐ後に力とテロによって盗まれて、彼らはそれ以来グロテスクで、恐ろしい抑圧、一定の暴力、および支配を受けている。

哀れな‘国際社会’が目をそらす間、イスラエルの政府と軍隊は、事実上、彼らが彼らに好きな何でもすることができる。

彼が言った時に、イスラエル、ダヴィド・ベン-グリオンの最初の総理大臣は1937年にそれらの目的を合計した:

‘私達はアラブ人を吐き出し、彼らの場所を占めなければならない’。

別の人々があなたの土地を侵略し、不正を認めることさえ断って、あなたにこれをしたかどうかを想像しなさい。

私達は何をするであろうか?

パレスチナ人は、彼らが希望なしでであり、彼らの土地、彼らの家、彼らの家族、および自身に起こっていることで、彼らが理解できる憤怒を感じると信じる。

なぜ、それらはしないであろうか?

そして、挑発のスケールを与えられて、ただ、平和と公正を望んでいるきちんとし、聡明なパレスチナのおよびアラブ人の人々の大部分ではなく少ない少数からだけ、彼ら自身の暴力的な反応が来ることは驚異である。

それは古い、古い真理である。

十分に長い間不正を無視しなさい。そうすれば、暴力はきっと続くであろう。

暴力を止める方法は、いっそうより大きな激しさによって応じることではなく不正を取り除くことである。

Israel and the United States government - of both parties - are one and the same, controlled by the Illuminati network, and that is why Israel can basically do what it likes while the Palestinians are condemned at every turn.


So when we look at the events of this week they seem less foreign policy 'problems' and more foreign policy goals. The Project for the New American Century, just one of the voice pieces for the agenda of racist hatred, called in 2000 for the conquest of Iraq, Iran, North Korea, Syria and so on.


With the nightmare unfolding by the day in Iraq, the public in America and Britain have no stomach for invading anyone else. Bush and Blair have also had their credibility shot by the blatant lies they told to justify the Iraq invasion. Thus, if the conquest agenda is to roll on in the Middle and Near East, another trigger is necessary to keep it moving.


Enter Israel, stage right and left, with the invasions of the Gaza Strip and Lebanon and the blame pointed at both Syria and Iran for supporting those who kidnapped three soldiers - acts which have unleashed Israeli firepower (paid for by U.S. 'aid') on civilian populations.


It was all planned long before any soldiers were taken hostage.


啓蒙主義者ネットワークによってコントロールされて、イスラエルと米国政府--両当事者の--は同一であり、そんなわけで、パレスチナ人がいつも非難される間、イスラエルは、基本的に、それが好きなことをすることができる。

従って、私達が今週のイベントを見る時に、それらはそれほど外交方針‘問題’とより多くの外交方針のゴールのようでない。

新しいアメリカの世紀のためのプロジェクト(人種差別主義者憎悪の課題のための声断片のほんの1つ)はイラク、イラン、北朝鮮、シリアなどの征服のために2000年に呼びかけた。

イラクで日ごとで展開している悪夢によって、アメリカと英国の一般大衆は他の誰かを侵略することを好まない。

ブッシュとブレアは、また、イラク侵略を正当化するために、彼らが言ったみえすいた嘘によって撃たれたそれらの信頼性を持っていた。

従って、征服課題が、中間と近東で転がって行くことであるならば、別のトリガーは、それを動かせ続けることに必要である。

ガザ地区とレバノンへの侵略と3人の兵士を誘拐した人々をサポートするためにシリアとイランの両方に向けられた非難によって、イスラエル、下手、および左に入りなさい - 民間の人口の上のイスラエルの火力(米国‘援助’によって代金を払われる)を解放した行為。

兵士が人質に取られるずっと前に、それはすべて計画された。


A family of ten, including eight children, died in this Israeli air strike in Lebanon in retaliation for two soldiers being kidnapped (but not by the family of ten, including eight children).


And have you noticed something? The Illuminati target the Palestinians, Lebanon, Syria, Iran and North Korea and events happen at just the right time to support the agenda. Soldiers are kidnapped that lead to the invasion of Gaza and Lebanon, with blame for the kidnaps handed to Syria and Iran; an Iran 'election' is 'won' by a man who then says all the right things for the neo-con propaganda to exploit; and North Korea starts launching missiles.


This story, and the global conspiracy, is far, far bigger than almost anyone imagines.


To be continued ....


Continued to Part 2: What is this Carnage Really all About...?




--------誘拐されている(しかし8人の子供を含む10人家族によってでない)2人の兵士に対する報復として8人の子供を含む10人家族はレバノンでのこのイスラエルの空襲で死んだ。

そして、あなたは何かに気づいたか?啓蒙主義者はパレスチナ人、レバノン、シリア、イラン、および北朝鮮を目標とし、まさに、課題をサポートするその適切な時間に、イベントは起こる。

兵士は誘拐される(誘拐による非難をシリアとイランに手渡す状態で、それがガザとレバノンへの侵略を引き起こしている);

イラン‘選挙’は、その時、新保守主義宣伝が利用するように、すべての正しい事を言う人による‘ウォン’である;

そして、北朝鮮はミサイルを発進し始める。

この話とグローバルな共謀は、ほとんど誰でも想像しているよりずっと、遠く大きい。

続けられるには…。

2と離別するために続けられる:

まわりで本当のすべてこの大虐殺であるもの…?


------------------------------------------------------------------------


Zionism In Their Own Words


'If I knew that it was possible to save all the children of Germany by transporting them to England, and only half by transferring them to the Land of Israel, I would choose the latter, for before us lies not only the numbers of these children but the historical reckoning of the people of Israel.'

-- David Ben-Gurion (Quoted on pp 855-56 in Shabtai Teveth's Ben-Gurion in a slightly different translation).


'This country exists as the fulfillment of a promise made by God Himself. It would be ridiculous to ask it to account for its legitimacy.'

-- Golda Meir, Le Monde, 15 October 1971


'We walked outside, Ben-Gurion accompanying us. Allon repeated his question, What is to be done with the Palestinian population?' Ben-Gurion waved his hand in a gesture which said 'Drive them out!'

-- Yitzhak Rabin, leaked censored version of Rabin memoirs, published in the New York Times, 23 October 1979.


'[The Palestinians] are beasts walking on two legs.'

-- Israeli Prime Minister Menachem Begin, speech to the Knesset, quoted in Amnon Kapeliouk, "Begin and the 'Beasts,"' New Statesman, June 25, 1982.


'(The Palestinians) would be crushed like grasshoppers ... heads smashed against the boulders and walls.'

-- Israeli Prime Minister (at the time) Yitzhak Shamir in a speech to Jewish settlers, New York Times April 1, 1988


'If we thought that instead of 200 Palestinian fatalities, 2,000 dead would put an end to the fighting at a stroke, we would use much more force....'

-- Israeli Prime Minister Ehud Barak, quoted in Associated Press, November 16, 2000.


'It is the duty of Israeli leaders to explain to public opinion, clearly and courageously, a certain number of facts that are forgotten with time. The first of these is that there is no Zionism, colonialization, or Jewish State without the eviction of the Arabs and the expropriation of their lands.'

-- Ariel Sharon, Israeli Foreign Minister, addressing a meeting of militants from the extreme right-wing Tsomet Party, Agence France Presse, November 15, 1998.


'Everybody has to move, run and grab as many (Palestinian) hilltops as they can to enlarge the (Jewish) settlements because everything we take now will stay ours...Everything we don't grab will go to them.'

-- Ariel Sharon, Israeli Foreign Minister, addressing a meeting of the Tsomet Party, Agence France Presse, Nov. 15, 1998.


'Israel may have the right to put others on trial, but certainly no one has the right to put the Jewish people and the State of Israel on trial.'

-- Israeli Prime Minister Ariel Sharon, 25 March, 2001 quoted in BBC News Online


Read more ...


Check out David's site for more links and references: http://www.davidicke.com/content/view/2321/47/


Subscribe to David Icke's Newsletter


Article from: http://www.davidicke.com/content/view/2321/47/


彼ら自身の言葉におけるシオニズム

『もし私が、それらをイスラエルの土地に転送してそれらをイギリス、およびほんの半分に輸送してドイツのすべての子供を救うことが可能であったと知っているならば、私は後者 それゆえ 私達 これらの子供の嘘数けれどもイスラエルの人々の歴史の計算 を選ぶであろう。』


--ダヴィド・ベン-グリオン(少し違う翻訳の中でシャブタイTevethのベングリオの中のpp855-56上で引用される)。



‘神によって自身でされた約束の履行としてこの国は存在している’。

‘それに、その合法性を説明するように頼むことはこっけいであろう’。

--ゴルダ・メイア、ル・モンド、1971年10月15日


‘私達は外、私達に同伴しているベングリオを移動した’。

‘Allonは、彼の質問、パレスチナの人口によってされることになっていることを繰り返した?’

‘それらを追放しなさい!’と言った身振りにおいて、ベングリオは彼の手を振った。

--1979年10月23日ニューヨーク・タイムズで出版されたイツハク・ラビン(ラビン回想録の漏洩した検閲版)。


‘[パレスチナ人]は2つの足を歩いている動物である’。

--イスラエルの総理大臣メナヘム・ベギン、イスラエル国会へのスピーチは、「始めなさいおよび‘動物’」’をAmnon Kapelioukにおいて1982年6月25日引用した、ニューステイツマン。


‘(パレスチナ人)はバッタ(石と壁に対して打ち壊された…頭)のように押しつぶされるであろう’。

--ユダヤ人の移住者、ニューヨーク・タイムズ1988年4月1日へのスピーチにおけるイスラエルの総理大臣(その時)イツハーク・シャミール


私達が、200のパレスチナの事故死の代わりに、2,000人の死者が一挙に戦いを終らせるであろうと思ったならば、私達はずっとより多くの力を使うであろう…’。

--2000年11月16日AP通信で引用されたイスラエルのエフード・バラク首相。


‘時がたつにつれて忘れられるのは、はっきりと、勇敢に事実の一定の数を世論に説明するイスラエルのリーダーの義務である’。

‘これらの一番目は、アラブ人の立ちのきと彼らの領土の収用なしでシオニズム、植民地化、またはユダヤ人の国家が全然ないことである’。

--極端な右翼のTsometパーティー、アジャンス・フランス・プレス、1998年11月15日から武装勢力のミーティングで話をしているアリエル・シャロン、イスラエルの外務大臣。

‘誰もが、私達が現在取るすべてが私達のものを止めるであろうので、(ユダヤ人)決着を拡大するために、それらができる限り多くの(パレスチナ人)頂上を動かし、走り、つかむ必要がある...私達がつかまないすべてはそれらに行くであろう’。

--1998年11月15日Tsometパーティー、アジャンス・フランス・プレスのミーティングで話をしているアリエル・シャロン、イスラエルの外務大臣。

‘イスラエルは、他をトライアルに置く権利を持つことができるけれども、確かに、誰も、ユダヤ人の人々とイスラエル国をトライアルに置く権利を持っていない’

--イスラエルの総理大臣アリエル・シャロン、2001年3月25日はBBCニュース・オンラインにおいて引用した。

もっと読みなさい…

より多くのリンクと参照のためにデイビッドのサイトをチェックしなさい:

http://www.davidicke.com/content/view/2321/47/


デイビッドIckeのニューズレターに申し込みなさい。

次からの記事:

http://www.davidicke.com/content/view/2321/47/

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR