FC2ブログ

騙し討ちを演じられる・。

Is Israel Allowing Hezbollah to Kill Its Citizens?

2006 08 08


By Kurt Nimmo | kurtnimmo.com











For the honest historian, it comes as no surprise government either kills its own citizens or allows enemies to do the same in an effort to score propaganda points or as an excuse to commence hostilities.


Examples are numerous, from FDR denying Americans passport and travel documents to let them flee the Japanese onslaught of the Philippines in the lead up to the Second World War (see US prisoners claim Roosevelt left them in Philippines deliberately
) to Operation Northwoods
, a plan drawn up by the Joint Chiefs of Staff to stage fake terror attacks in America (including assassination, airplane hijacking, and sinking of boats) in order to devise a pretext to invade Cuba.


Indeed, some of us, routinely dismissed as tinfoil hatters, believe elements within the United States government engineered and executed the terrorist events of September 11, 2001, as a way to get the ball rolling on the “war against terrorism,” that is to say the war against Islam, currently heating up big time in the Middle East.


Considering the above, and other examples, including the sinking of the Lusitania, a passenger ship loaded up with a secret cargo of munitions (a fact admitted by the decidedly less than conspiratorial Encyclopedia Britannica
), which contributed indirectly to the entry of the United States into World War I, and the suspicious sinking of the Maine in the Havana harbor, used as a pretext for the United States to declare war on Spain in 1898, the allegation “Israel has deliberately allowed Hezbollah to retain some of it’s fire power, essentially for PR purposes, because having Israeli civilians killed helps them in the public relations war” should not be a startling or especially mind-boggling revelation.


According to Tom Ricks
, a reporter for the Washington Post, during an appearance on CNN’s Reliable Sources, citing “military analysts,” Israel “purposely has left pockets of Hezbollah rockets in Lebanon, because as long as they’re being rocketed, they can continue to have a sort of moral equivalency in their operations in Lebanon.”


Or, put differently, if Hezbollah continues to rocket northern Israel, the IOF may claim “moral equivalency” and continue its push into Lebanon, once again to the Litani River, a plentiful source of fresh water that long ago figured into Israel’s calculations of its endangered water resources (see Angela Joy Moss, ICE Case Studies, Litani River and Israel-Lebanon
), in fact a resource long coveted by the Zionists, going as far back as Chaim Weizmann in 1919 and, a few decades later, Ben-Gurion and Moshe Dayan, who advocated Israeli occupation of Lebanon up to the Litani River (see Stephen C. Lonergan and David B. Brooks, Watershed: the Role of Fresh Water in the Israeli-Palestinian Conflict).


Ronald Bleier
wrote for the Middle East Labor Bulletin, Spring 1994:


Zionist interest in the waters of Lebanon goes back as least as far as the Paris Peace Conference of 1919 when Chaim Wietzman wrote to the British Prime Minister explaining that because of its water requirements, a Jewish homeland in Palestine must include the Litani River.


In the 50’s, Israeli Prime Minister Moshe Sharett recorded in his diaries that Moshe Dayan’s plan for the control of the Litani River was to “‘enter Lebanon, occupy the relevant territory’ then the ‘territory south of the Litani will be annexed to Israel and everything will fall into place.’”


(Quoted in Amery, pp. 18-19)

In addition to establishing a “security zone,” or maybe we should call it a “fresh water for Israel” zone, allowing Hezbollah to fire rockets more or less unhampered into Israel, and thus killing a token number of Israelis, addresses the “moral high ground problem,” that is to say it neutralizes, at least for supporters of Israel, the troublesome fact the IOF has killed around a thousand Lebanese to date (no doubt this number is much higher), the vast majority civilians, a third to half children. In addition, it allows them to reduce Lebanon to ruins and impoverish its people, part of a well-documented Zionist goal in its own right (see Oded Yinon).


If indeed Tom Ricks is correct?and the fact he works for the Washington Post should, at minimum, send up a red flag, as the Post was long ago co-opted by the CIA under Operation Mockingbird
? it represents another example of government shamelessly using mostly gullible and unassuming citizens as little more than expendable pawns, as Hitler, Stalin, FDR, Mao, and any number of other cold-blooded leaders have done since time immemorial.




イスラエルはヒズボラに国民を殺させますか?




2006 08 08


カート・ニモー| kurtnimmo.com






正直な歴史家に関しては、どんな驚きの政府も、それ自身の市民を殺すか、または敵が同じようにするのを許容しないとき、それはプロパガンダポイントを得るための努力か戦端を開く口実として行います。


こう言う例は非常に多いです、アメリカ人パスポートと旅券でリードにおける、フィリピンの日本の猛攻撃から第二次世界大戦( 米国の囚人が、ルーズベルトが故意にフィリピンに彼らを残したと主張
するのを見る)まで逃れるのを否定するFDRから Operation Northwoods
まで、キューバに侵入するために口実について工夫するためにアメリカ(ボートの暗殺、飛行機ハイジャック、および沈没を含んでいる)で、にせのテロ事件を上演するために統合参謀本部によって作成されたプラン。


本当に、アルミホイル帽子屋としてきまりきって解雇された私たちの何人かが、合衆国政府の中の要素が2001年9月11日のテロリスト出来事を設計して、実行したと信じています、ボールの努力でテロに対する、すなわち、イスラム教との戦争を回転させる方法として、現在中東で大いに暖まっています。


Lusitaniaの沈没を含んでいて、上の、そして、他の例が軍需(明らかに陰謀でないあまりEncyclopediaブリタニカによって認められた事実)の秘密の貨物にロードされた旅客船であると考える場合、どれが間接的に第一次世界大戦への合衆国のエントリー、およびハバナ港の中のメインの疑わしげな沈没に貢献したか; 合衆国が1898、「イスラエルの民間人を殺させると彼らが広報戦争で助けるので、イスラエルは本質的にはPR目的のためのそれの炎のパワーのいくつかを保有するために故意にヒズボラを許容した」主張でスペインに宣戦布告をする口実として使用されているのが、驚異的であるか特に度肝をぬくような暴露であるべきではありません;


トム・リックス、CNNのReliable Sources、引用における外観の間のワシントンポストの記者によると、イスラエルに「軍事アナリスト」と「それらが急騰しています、レバノンに彼らの操作における一種の精神的な同等を持ち続けることができるということであるので、同じくらい長いので、レバノンにわざわざヒズボラロケットのポケットに残させます」。


または、ヒズボラがロケットの北イスラエルに続くなら異なって置かれて、IOFは「精神的な同等」を要求して、レバノンにプッシュを続けるかもしれません; そんなに昔の淡水の豊富な源は、だれがもう一度リタニ川にレバノンのイスラエルの占領をリタニ川まで支持したかをイスラエルの危険にさらされた水資源(アンジェラジョイモス、ICE Case研究、リタニ川、およびイスラエル-レバノンを見る)、事実上数10年後の1919年のカイム・ワイズマン、ベンーグリオン、およびモシェ・ダヤンのように続いて、長い間シオニストによって切望されたリソースの計算に計算しました;(スティーブンC.Lonerganとデヴィッド・B.ブルックス、Watershedを見てください: イスラエル人-パレスチナ人の闘争における淡水の役割).


ロナルドBleierは中東Labor Bulletin、Spring1994年のために書きました:


パレスチナのユダヤ人の故国がハイムWietzmanが水分要求量のためにそれについて説明する英首相に書いた1919年のパリ講和会議と同じくらい最も遠くにリタニ川を含まなければならないとき、レバノンの水域へのシオン主義者の関心は戻ります。


50年代では、イスラエル首相モシェSharettがリタニ川のコントロールのためのモシェ・ダヤンのプランがあった彼の日誌に記録した、「‘レバノンに入って、関連領土を占領してください、'そして、‘リタニの南の領土はイスラエルに併合されるでしょう、そして、すべてが場所に落下'でしょう」。

?


(アメリー、ppでは、引用されます。 18-19)

多分「セキュリティーゾーン」を設立することに加えて、私たちは、それを「イスラエルへの淡水」ゾーンと呼ぶべきです、ヒズボラが多少ロケットを撃つのを許容するのがイスラエルに非束縛されて、その結果イスラエル人の象徴番号を殺す「道徳的な高地問題」を記述します、すなわち、それは少なくともイスラエルの支持者のために、3分の1に、半分子供にIOFがデートする(この数がはるかに大きいという疑問がありません)およそ1,000人のレバノン人、広大な大多数民間人を殺したという厄介な事実を中和します。 さらに、彼らは、それで、レバノンを跡に減少させて、人々(それ自身の権利(オーデッドYinonを見る)におけるよく記録されたシオン主義者の目標の一部)を貧困にします。


本当にトムであるなら、リックスは正しい、そして、#8212です; 最小限で、そして、彼がワシントンポストで働いているという事実は赤旗を送るべきです、ポストが昔にOperation Mockingbirdと#8212の下でCIAによって選出されたとき; それは、ただスターリン、FDR、毛沢東、およびいろいろな他の冷血のリーダーがヒットラーとして神代の昔からした消費してよい歩として恥ずかし気もなくほとんどだまされやすくて気どらない市民を使用することで政府に関する別の例を表します。




蛇足


自身の国民を犠牲にしてまで、侵略に近い形をとるのは、人間性を失ったイルミティの指令だからか。しかし、ヒズボラのロケットは中々の性能である。オルメルトはそれも織り込み済みなのか??真珠湾攻撃も日本海軍首脳とアメリカ政府の狂言だったのだから・。国民でなく、悪魔主義に忠実な僕なのであろう。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR