FC2ブログ

頭に詰め込む情報量・・。

In 2021, You'll Enjoy Total Recall


By Michael Myser


posted: 06 August 2006

08:38 am ET






Humans naturally have the power to remember almost two bits of information per second, or a few hundred megabytes over a lifetime. Compared with a DVD movie, which holds up to 17 gigabytes, that's nothing. Worse, you might easily recall the 40-year-old dialogue from Hogan's Heroes yet forget your mom's birthday. Or memorize reams of sports stats while spacing out on work you completed just last week.

It's a problem that's been bothering Gordon Bell for almost as long as he can remember. In 1998 Bell, a senior researcher at Microsoft, began digitally capturing his entire life for a project he calls MyLifeBits. First, he scanned his old photographs, research documents and notes. He began recording his meetings and phone calls and cataloguing his new photos and movies he saw. Every e-mail exchange he had was digitally archived, and he started using the company's prototype SenseCam, which he wears around his neck, to automatically snap photos throughout the day.


Bell now documents about one gigabyte of information every month, all of which is stored in a searchable database on his PC. His is a highly manual process, but he expects that in as few as 15 years it will be common to carry nearly all our "memories" around with us in a single device that will automatically record the sound and video of our daily activities, creating an inventory of the conversations we have, the faces we see and the articles we read. That data would be tied to communications that are already tracked electronically, like e-mail and event calendars, as well as TV shows, movies and other media we take in. The end result: on-demand total recall.


The biggest challenge to Bell's vision is developing the software required to search your memory database effectively. So far, MyLifeBits pulls together more than 20 data types to link various memories to one another. Using a full-text search, Bell tracks down what he's looking for in no more than 30 seconds. Soon, when searching through meeting notes, for instance, photos of people attending those meetings and their contact information will appear side by side. The effort could be pushed along by Columbia University researchers who are using statistical-analysis programs to automatically sort hours of recorded audio by time and location (office, café, etcetera). Next, they'll tackle speaker recognition, which would allow for categorizing and searching conversation by who's talking.


Meanwhile, miniaturization and the falling cost of image sensors and data storage will soon allow for unobtrusive recording, as well as on-person storage, of several terabytes?which means a vast upgrade in personal processing power. "Having a surrogate memory creates a freeing and secure feeling," Bell says of his self-experiment. "It's similar to having an assistant with perfect memory."








2021年に、あなたはトータル・リコールを楽しむであろう。

マイケルMyserによって

送られる:

2006年8月6日

午前08:38ET

人は当然、1秒あたりほぼ2ビットの情報または生涯の上の数百メガバイトを覚えるパワーを持っている。

DVD映画(それは17ギガバイトまで持ち上げる)に比べて、それは何でもない。

より悪く、あなたは、ホーガンのヒーローからの40歳のダイアログがまだあなたのママの誕生日を忘れるのを容易に思い出すかもしれない。

または、あなたがまさに先週完遂した仕事において一定の間隔を置く間に、大量のスポーツデータを記憶していなさい。

ほとんど、彼が思い出すことができる限りの長い間ゴードン・ベルを煩わしていたのは問題である。

1998年に、ベル(マイクロソフトの主任研究員)は、彼がMyLifeBitsと呼ぶプロジェクトのために彼のすべての人生をデジタルに捕らえはじめた。

第一に、彼は彼の古い写真、研究文書、および注を詳しく調べた。

彼は、彼のミーティングと電話を記録し、彼が見た彼の新しい写真と映画をカタログに載せはじめた。

彼がしたすべての電子メール交換はデジタルにアーカイブされて、彼は、一日じゅう自動的にスナップ写真を撮るために、彼が彼の首につけている会社のプロトタイプSenseCamを使い始めた。

ベルは現在毎月約1ギガバイトの情報を文書化する(すべてが彼のPCの上の検索可能なデータベースに蓄えられる)。

そのデータは、TV番組、映画、および私達が取り入れる他のメディアと同様に電子メールとイベントのカレンダーのように電子的にすでに追跡されている通信に縛られるであろう。

最終的な結果:

要求に応じた完全記憶能力。

ベルのビジョンへの最も大きな挑戦は、あなたのメモリーデータベースを効果的に検索するために必要とされているソフトウェアを開発している。

これまで、様々なメモリーを互いと結び付けるために、MyLifeBitsは20を超えるデータ型をまとめる。

全文検索を使って、ベルは、彼がたった30秒で捜しているものを突きとめる。

例えば、すぐ、ミーティング注を捜す時に、それらのミーティングと彼らの連絡先に出席している人々の写真は並んで出現するであろう。

努力は、時間と位置(オフィス、カフェ、雑品)によって記録されたオーディオの時間を自動的に分類するために統計の分析プログラムを使っているコロンビア大学研究者によって一緒に推進されることができた。

次に、彼らは話者認識に取り組むであろう(それは、誰が話しているかによって会話を分類し、検索することを可能にするであろう)。

その間、小型化とイメージセンサーとデータストレージの低下コストは、すぐ、個人的な処理パワーにおいて広大なアップグレードを意味しているいくつかテラバイト?の、人へのストレージだけでなく、目立たないレコーディングを考慮するであろう。

「代理メモリーを持つことは解放と安全な感覚を作成する」とベルは彼のセルフ実験に関して言う。

「それは、完全なメモリーによってアシスタントを持つことに類似している」。





蛇足


TOTAL RECALL て「完全記憶能力」という意味 だそうだが・・消去の意味もある。...


なんと人の生涯で使う記憶容量は数百メガバイトてか??


中古のメモリーなら1000円で売っている・。単位が違うのかな?


ノーベル賞の博士も八百屋のおっさんもそんなに差がないのでしょう・。


畜生にも劣る人間など、1メガバイトくらいかいな・・。


やはり、ギガバイトやテラバイトの悪い宇宙人には太刀打ちできんのだろう。


イルミナティのお歴々(畜生にも劣る類なのか?)は中古のメモリーを頭に入れてるかも知れんな>??書き込みができない、刷り込みだけの故障しているメモリかも知れんな??

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR