FC2ブログ

イスラエルから始まる、宇宙的改革・。

Who Will Stop The Countdown?


2006 08 11


By Jim Kirwan | rense.com


The people of Lebanon have five days left to consider how they want to die. One week after this war began, Israel demanded "just one more week" to finish off Hezbollah and create conditions on the ground that would include the Litani River, as a permanent part of Greater Israel. Israel has decided to triple its invasion forces on the ground in Lebanon. But the actions of those that control the governments of Israel and the United States do not represent the populations of their countries. This outrage is only the latest and most blatant, in a series of crimes that were designed by the criminal elites to crush and control evermore of those lands still in Arab hands. This barbaric response from The US and Israel is collective punishment for resisting the New Crusades that are masquerading as "The New Middle East."


The First World War was billed as "The War to End All Wars." That war introduced planes, machine guns and tanks, along with lethal germs and gases that pervaded the fighting fronts in Europe then. The conclusion of that war included the redrawing of many national borders, in order to make the acquisition of resources easier for the then colonial powers to steal. What arose from the carnage of WWI also included the foundations of Zionist designs that are only just now becoming crystal clear. A Second World War was necessary to advance these global designs, of that cadre of elites, into positions that were required for the introduction of The New World Order.


At this point the name of the War Department was changed to The Department of Defense. That might seem like a miniscule point, but it makes all the difference whenever the US or Israel chooses to define their actions as purely defensive ? even though they are continually giving new meanings to the savagery of "war-in-the-twenty-first-century! The Cold War that followed the two "Great Wars" provided the necessary cover to tear apart the formerly self-sufficient nations and replace them with subservient subscribers to the New World Order. In country after country nations were held hostage to the largest criminal corporations and their own corrupted governments. With that task largely in place, the remains of our threadbare "velvet gloves" were stripped away, so that all can now see the blood-stained iron of those fists that had been initially extended as the open handed glove of peace and democracy. With the theft of the presidency in the United States, this entirely new agenda for absolute power began to rapidly unfold. Throughout - the government of Israel has been acting as the rabid-savage enforcer for The New World Order.


Power and money is what is being sought, to the total exclusion of all else. This clique of the elites is similar to a global and secret fraternity, not a family, and not confined to any one group of people. These super-wealthy renegades subscribe only to the dictates of global supremacy. Their members are drawn from circles of power around the world, in virtually every major profession, and in all aspects of the economy, of communication, of education and the arts, along with government positions at all levels ? and of course the most brutal military people on the planet. No facet of this takeover escaped the scrutiny or the planning of the NWO. Now it's up to the people not affiliated with these outlaw regimes to rein-in and prosecute the criminals that are bringing the world to the edge of a nuclear war. This struggle between humanity and those who claim the right of total control must determine what really belongs to all people, and not just to a chosen few.


The task might seem daunting at first: But there are many holes in the myth of invincibility. Militarily, these 'super-forces' of the US-Israeli-British cabal are stuck in twentieth-century concepts and policies that are better suited to fighting the First World War, than they are in creating the first major series of wars in the twenty-first century. The armaments may be awesome by the standards in place at the end of WWII, but they are of little value in meeting the resistance-fighters and the millions who are willing to die to the last person, in defense of their lives and their lands! American and Israeli brigades of Crusading bandits are dumping the treasury of the United States into hopelessly one-sided wars in which we are losing at every turn. Tens-of-thousands killed in Iraq just since the beginning of the year. Afghanistan is coming apart all over again, even as NATO tries to takeover from our hopelessly short-sighted polices, and these are the only two wars that we claim to be involved in.


Then there's the unfinished business of the rights of the Palestinian people who have been abused, tortured and murdered now for half a century by the evermore barbaric policies of Israel. This is the third war we are funding and are complicit in right down to the last drop of Palestinian blood. This has been followed by the State of Israel's attack upon Lebanon which is supposedly in reply to an attack upon an Israeli patrol, operating inside Lebanon: this is our fourth war against the people in the Middle-East, because the weapons and the money comes from the USA and Britain. These last two openly American-involved- wars are only the prologue for the next two we seem determined to soon begin: Syria and Iran. The crimes of these two states are that they are furnishing weapons and support to Hamas and the Palestinians and to Hezbollah and the Lebanese. So it's okay that we supply the aggressor in all of the wars from Iraq to wherever this shall end; but it is not okay that the other side has its sponsors as well.


The United Nations has become a rubber-stamp for these crimes against humanity, and the arbiter by default when it comes to trying to stop all that continues to explode anywhere in the Middle-East. For all the self-righteous anger and hate espoused by Israel, over the protection of their rights to unchecked national expansion, the state of Israel has not adhered to any UN resolutions since they planted their flag on foreign soil and began to claim evermore land for themselves. Yet, now they are insisting that Lebanon, a virtually defenseless state, must disarm Hezbollah (something that Israel has not been able to do) for the last 30 years. Israel asked for a week to dispatch Hezbollah, at the beginning of this, and 30 days have passed. Now they are demanding another 30 days to "improve their military position on the ground." The rockets of Hezbollah continue to fly, and Israeli's continue to die. Does this make the liquidation of the civilian population of Lebanon an acceptable course of action? No ? this unbalanced approach to genocide by the governments of Israel and the USA, can never be justified, unless Israel has a right to rein supreme over every other person on the planet.


In modern times even the Nazi's would never have dared to so brazenly liquidate an entire country. The only parallel that comes to mind is the barbarity of Genghis Kahn, in the late 1100's, when his Mongol hordes laid waste to every city they encountered. Turning place after place into rubble so diminished that their horses could easily move over the smoldering rubble without having to even raise their hooves. This goes well beyond a war crime; this is savagery beyond human comprehension, beyond Holocausts! This is something unspeakable in the annuals of human history: because what is happening is the outright murder of an entire state, along with all its inhabitants: and virtually the entire world has yet to even react, with the possible exception of the Arab Street - that is finally beginning to mobilize!


Today the panderingly propagandistic film "World Trade Center" opens nationwide in the USA. This sophistry of blood and tinsel patriotism was five years in the making - how coincidently interesting that it just happens to be released on the day that the Brits announce yet another "Terror Plot" (from the air - all bombast - no facts, no evidence, and no pictures) nothing but more supposed threats! The "news conference" held to explain it all did not give the reporters microphones, so the questions asked about this whole affair could not be heard by the nationwide television audience: While the five official panel members behaved as if they were receiving academy awards, thanking everyone - repeatedly - for the "opportunity" that this "crisis' has presented!


Yesterday Israel announced a three fold increase in their invasion plans for Lebanon: This while they continue to hold the entire planet hostage to their threats of nuclear blackmail. - if they are not given free rein to do whatever they want to do, to anyone or any state that threatens their long term goals. The New Middle East for Israel shall consist of Israel - and only Israel - where so many nations once flourished!


The world must come together to stop the insanity of Israel's countdown to termination. They have already destroyed the viability of Lebanon as a state. Gone is the electricity, the water supply, access to food or medicine, the infrastructure of the country has been totally destroyed, and no relief supplies can enter the country by any means. Israel created an environmental disaster by blowing up a power plant and creating an oil slick greater than the Exxon-Valdez oil spill. The damage has now reached Turkey and Syria. The 15 ton slick continues to grow because the Israeli military will vaporize anyone that tries to contain it, or clean it up. But the true crime is the displacement of a million people, and the soon to transpire deaths of those who remain trapped in their homes, from thirst or famine-because if they try to escape they will be targeted, and if they stay they will be bombed. And all of this is being treated as just business as usual by the completely-corrupted-powers that be, who are too cowardly or too invested in the outcome - to demand a stop to this continuing nightmare!


The vaunted IDF, (claiming to be a defensive force only) is losing this action, despite their missiles, their complete air superiority, and massive weapons systems. As long as Hezbollah's missiles continue to hit their targets, inside Israel: the governments of the USA and Israel shall continue to demand the right to bomb Syria and Iran, as "the only way to end this resistance." Of course that course is hideously misguided because if that is done then the Russian Bear and the Chinese Dragon will awaken ? as both these nations have more than a little at stake in the Middle-East as well. But since Olmert and Cheney-Bush have no military expertise, and even less ability when it comes to strategic thinking ? this eventuality was never part of their short-sighted power-play that both the USA and Israel are guilty of financing, designing, and prosecuting.


One bizarre footnote in all of this is that while the state of Israel hides behind anti-Semitism as their justification against everyone that opposes them: Israel for its part continues to make war on the real Semites, the Palestinians and the Arabs communities they truly have come to hate. When Israeli's comprised only about 5 % of Palestine, they were welcomed by the Palestinians with open arms. But after they murdered their way into approaching statehood, they thanked their hosts the same way that the early-Americans thanked the native population here ? by massacring them!


If uniting the Arab world in rage and anger wasn't enough for us, just imagine what will happen if Russia and China begin to enter into this one-sided war over who shall live and who will die in the Middle-East? Maybe this will have to reach that point, before sanity can again have some say in the world. But if it goes that far, then all this horror that has already occurred will only serve as prologue for the next global nuclear war: All because too few people actually valued the real principles involved in true leadership, anywhere in the world today!





誰が秒読みを中止するであろうか?

2006 08 11

ジム・カーワンによって|rense.com

レバノンの人々は、どのように彼らが、死にたいかを考慮するために残された5日を持っている。

この戦争が始まった1週間後に、ヒズボラを始末し、より大きなイスラエルの永久的な一部としてLitani川を含むであろうという理由での条件を引き起こすために、イスラエルは「ほんのあと1週間」を要求した。

イスラエルは、レバノンでグラウンドの上のその侵略力を三倍にすると決めている。

しかし、イスラエルと米国の政府をコントロールするそれらの行動はそれらの国の集団を代表しない。

犯罪のエリートによって、破砕するようにデザインされて、それらの常にコントロールが、まだアラブ手に陥らせる一連の犯罪において、この乱暴は最新で、とてもあからさまであるだけである。

米国とイスラエルからのこの野蛮な反応は、「新しい中東」に見せかけている新しい改革運動に抵抗することに対する集合的な処罰である。

第一次世界大戦は、「すべての戦争を終える戦争」として請求された。

当時ヨーロッパで戦い正面に行きわたった致命的な細菌とガスとともに、その戦争は飛行機、機関銃、および戦車を導入した。

その戦争の結論は、資源の獲得を、その時の植民地の能力がより盗みやすくするための多くの国境の再描画を含んだ。

WWIの大虐殺から生じたものはまた、今透明になっているだけのシオニズムデザインの基礎を含んだ。

第二次世界大戦は、エリートのその骨子のこれらのグローバルなデザインを、新世界秩序の導入のために必要とされていたポジションの中に進めることに必要であった。

この時点で、戦争省の名前は国防総省に変更された。

それは非常に小さいポイントのように思われるかもしれないけれども、米国またはイスラエルが、それらの行動をまったく防御用であると定義することに決める時はいつでも、それは大違いである - それらが新しい意味を「21世紀の戦争!」の野蛮さに継続的に与えていても。

2つの「大きな戦争」に続いていた冷戦は、ばらばらに以前自給自足の国家を引き裂き、それらを卑屈な加入者と取り替える必要なカバーを新世界秩序に提供した。

相次ぐ国で、国家は最も大きな犯罪の企業と彼ら自身の堕落した政府に人質と考えられていた。

主として適所のその仕事によって、すべてが、現在、平和と民主主義のオープンな手渡されたグラブとして最初拡張されたそれらのこぶしの血がついた鉄を見ることができるように、私達のすり切れた「ビロード製のグラブ」の残りは剥ぎ取られた。

米国の大統領任期の窃盗によって、絶対の権力のためのこのまったく新しい課題は、急速に展開しはじめた。

最後まで - イスラエルの政府は新世界秩序のために猛烈な野蛮人の執行者として行動していた。

パワーとお金は、他のすべての完全な除外に捜されているものである。

エリートのこの徒党はファミリーではなくグローバルで、秘密の団体に類似していて、人々のどのような1グループにも制限されない。

これらのスーパー裕福な背教者はグローバルな優位の命令にだけ申し込む。

それらのメンバーはすべてのレベルの政府ポジションとともに事実上すべての主要な職業において、そして経済の、通信の、教育とアートのすべての面において世界中でパワーの円から引かれる - もちろんおよび惑星の上の最も野蛮な軍隊の人々。

この乗っ取りのどの面もNWOの精査または計画を免れなかった。

それがこれらと提携しなかった人々の責任なので、抑制に政権を禁止し、世界を核戦争のエッジにもたらしている犯罪者を起訴しなさい。

人間性と全体のコントロールの右を主張する人々の間のこの苦闘は、何が本当に選ばれた少数にではなくすべての人々に属しているかを決定しなければならない。

仕事は最初に威圧のようであるかもしれない:

しかし、無敵さの神話において多くの穴がある。

軍事的に、米国イスラエル人英国人徒党のこれらの‘スーパー力’は、彼らが、21世紀に戦争の最初の主要なシリーズを作成することにいるよりよく、第一次世界大戦と戦うことに適する20世紀の概念と方針に貼り付けられる。

軍備はWWIIの終わりに適所の標準によって荘厳であるかもしれないけれども、それらは、彼らの生命と彼らの領土の防護のために最後の人に快く死ぬ抵抗闘士と百万と会うことにおける価値をほとんど持っていない!

改革運動を山賊のアメリカの、そしてイスラエルの旅団は、米国の宝庫を、私達がいつも負けている絶望的に不公平な戦争に放り出している。

万はまさに年の初め以来イラクで殺した。

まさに、NATOが私達の絶望的に近視眼的な警察から乗っ取りにトライするにつれて、アフガニスタンはもう一度ばらばらになり、これらは、私達が、関係していると主張するただ2つの戦争である。

そして、イスラエルの常に野蛮な方針によって半世紀の間今や虐待されていて、拷問されて、殺されるパレスチナの人々の権利の未完成のビジネスがある。

これは、私達が出資していて、まさにパレスチナの血の最後の落下まで共謀している3番目の戦争である。

これに、たぶん、レバノンの中で動作して、イスラエルの巡視人への攻撃への返答にあるレバノンへのイスラエル国の攻撃が続いている:

武器とお金が米国と英国から来るので、これは中東で人々に対する私達の4番目の戦争である。

あからさまなアメリカ関係するこれらの最後の2 -戦争は 私達が思われる次の2のためのプロローグであるだけである すぐ始めると決めた :

シリアとイラン。

これらの2つの状態の犯罪は、それらが武器を供給していて、ハマスとパレスチナ人に、そしてヒズボラとレバノン人にサポートすることである。

従って、たとえ、これがどこで終わることとしても、私達がイラクから戦争のすべてにおいて攻撃者を供給するのはOKである;

しかし、他の側がその上そのスポンサーを持っていることはOKではない。

どこででも中東で爆発し続けるすべてを止めようとするとなると、国連はこれらの非人道的犯罪のためのゴム印とデフォルトでの仲裁人になった。

未チェックの全国的な拡張へのそれらの権利の保護の上でイスラエルによって支持されたすべての独善的な怒りと憎悪のために、彼らがそれらの旗を外国の土に設置し、常に土地を自身に要求しはじめて以来ずっと、イスラエルの状態はどのようなUN決意にも固執しているわけではない。

それでも、現在、彼らは、レバノン、事実上無防備な州が、ヒズボラ(イスラエルが、することができなかったこと)の武装を最近の30年の間解除しなければならないことを強く主張している。

ヒズボラをこれの最初に派遣するために、イスラエルは1週間を要求し、30日が過ぎた。

さて、彼らは、「グラウンドの上のそれらの軍事の拠点を改善すること」をあと30日要求している。

ヒズボラのロケットは、飛び続けて、イスラエル人のは、死に続ける。

これはレバノンの民間の人口の清算を容認できる行動方針にするか?

いいえ - イスラエルが惑星の上のすべての他の人の上で最高の手綱への権利を持っていない限り、イスラエルと米国の政府による大量虐殺へのこの不安定なアプローチは決して正当であることができない。

現代に、ナチのさえ、決してそんなに厚かましくも1つの国全体をあえて清算しなかったであろう。

彼らが遭遇したすべての都市に、彼のモンゴルの大群が浪費を置いた時に、心に浮かぶ唯一の平行線は遅い1100年代にGenghisカーンの蛮行である。

それらの馬が容易に、それらの足を持ち上げさえする必要があらずにくすぶる瓦礫の上に動くことができたほど場所を減少した瓦礫に次々に変える。

これははるかに戦争犯罪を越える;

これはホロコーストを越えて人の理解を越えて野蛮さである!

これは人の歴史の年鑑の中で言いようもないものである:

起こっていることがすべてのその住民とともに1つの国家全体の徹底的な殺人であるので:

そして、事実上、全世界がアラブの通りの可能な例外はあるが、まだこれから反応しさえする必要がある - それは、最終的に駆り集められはじめている!

今日、迎合的に宣伝の映画「ワールドトレードセンター」は米国で全国的に公開される。

すべてそれを説明するために保持された「記者会見」はレポーターにマイクロフォンを与えなかったので、この事柄全体についてされた質問は全国のテレビ視聴者によって聞かれることができなかった:

まるでそれらがアカデミー賞を受け取るかのように5人の公式なパネルメンバーがふるまった間 誰もに感謝する -繰り返し-「機会」 that のために、これ"危機は提出した!

昨日イスラエルはレバノンについてのそれらの侵略計画の3つの折りたたみ増加を発表した:

彼らが、核の恐喝のそれらの脅威に惑星人質全体を押さえ続ける間これ。

- それらが、彼らが、したい何でもするために行動の自由を与えられないならば、誰またはすべての状態にでも、それはそれらの長期の目標を脅かしている。

そんなに多くの国家が一度茂った所で、イスラエルのための新しい中東はイスラエル--およびイスラエル--だけから成ることとする!

世界は、終了へのイスラエルのカウントダウンの精神異常を止めるために一緒に来なければならない。

彼らは状態としてすでにレバノンの生存能力を破壊した。

電気、給水、食物へのアクセス、または医学はなくなり、国のインフラストラクチャーはすっかり破壊されていて、どの救援物資もどうにかして国に入ることができない。

発電所を爆破し、エクソンバルディーズ石油流出より大きい油膜を作成することによって、イスラエルは環境の災害を作成した。

損害は今やトルコとシリアに到着した。

イスラエルの軍隊が、それを含むか、それを清潔にしようとする誰でも蒸発させるであろうので、15トンの滑らかな部分は、成長し続ける。

しかし、真実の犯罪は、100万人の人々の置換、およびそれらの家に閉じ込められ続ける人々の死を発散しすぐであり、渇きの間、または飢饉もし脱出することの彼らによる努めそれらへの目標とともしそれらが滞在するならば、それらは爆撃される。

そして、これのすべては、臆病すぎるか、結果に投資されすぎる完全に堕落した当局によってまさにビジネスとしていつものように扱われている - この継続する悪夢に停止を要求するとは!

TheはIDFを自慢していて、それらのミサイル、それらの完全な制空権、および大規模な武器体系にもかかわらずこの行動を失っている(守備陣だけである主張)。

ヒズボラのミサイルが、イスラエルの中でそれらの標的に命中し続ける限り:

米国とイスラエルの政府は、「この抵抗を終える唯一の方法」としてシリアとイランを爆撃する権利を要求し続けることとする。

それがされるならば、ロシア熊と中国ドラゴンが起こすであろうので、もちろんそのコースは恐ろしく指導を誤る - 両方のこれらの国家がその上中東に賭け金の少量より多くを持っている時。

しかし、以来、Olmertとチェイニー・ブッシュは戦略的な考察となると軍隊の専門知識といっそうより少ない能力を全然持っていない - この不慮の事件は決して、米国とイスラエルの両方が、資金調達するという罪を犯していて、デザインしていて、遂行しているそれらの近視眼的なパワー遊びの一部ではなかった。

それらに反対するみんなに対して、イスラエルの状態がそれらの位置合せとして反ユダヤ主義の後ろで隠れる間、これのすべてにおける1つの奇妙な脚注はそれである:

その部分のためのイスラエルは、彼らが本当に、憎悪することになった現実のセム人、パレスチナ人、およびアラブ人コミュニティと戦争し続ける。

イスラエル人がパレスチナからわずか約5%成っている時に、彼らはパレスチナ人によって心から歓迎された。

しかし、国家の地位に近づく中に、彼らがそれらの方法を殺した後に、早いアメリカ人がここで先住民に感謝したのと同じ方法で、彼らは彼らのホストに感謝した - 彼らを虐殺することによって!

激怒と怒りにおいてアラブ世界を結合することが私達に十分でなかったならば、ただ、ロシアと中国が、誰が住むであろうか、そして誰が中東で死ぬであろうかに関してこの不公平な戦争に着手しはじめるならば、何が起こるであろうかを想像する?

たぶん、これは、正気が世界に再びいくらかの言い分を持つことができる前にそのポイントに到着する必要があるであろう。

しかし、それがそんなに遠くまで行くならば、すでに起こったすべてのこの恐怖は次のグローバルな核戦争のためにプロローグとして役立つだけであろう:

あまりにもほとんどの人々が実際真実のリーダーシップに、どこでも今日の世界に関係している現実の原則を見積もらなかったことによるすべて!




蛇足


悪魔主義は15世紀から活発化してきた。西欧の帝国主義だの、大航海時代だの、ルネッサンスなどと言い回しを変えても、その本質は人間の奴隷化(東ヨーロッパ、アメリカ大陸、アフリカ大陸、アジア、日本も例外でなかった。)であった。現在も形を変えて、人類を搾取する一団が仕切る形だが、どうも彼らは、追い詰められているようだ・。その詳細はいずれまた・。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR