FC2ブログ

始まりは泥沼・?。


The End of the Beginning

US forces ready to destroy 10,000 targets in the Middle East in a few hours.




by Dan Plesch



August 9, 2006

The Guardian - 2006-08-08




Email this article to a friend

Print this article




Regardless of any impending ceasefire, the removal of Hizbullah and the Iranian nuclear position sets up the prospect of an US war against Iran


US forces are ready today to destroy 10,000 targets in the Middle East in a few hours. US readiness for more war is just one indicator that the present war is likely to spread and intensify in the coming months.


Unnoticed amidst coverage of the war, Iran has rejected a UN resolution demanding it halt uranium enrichment. Condoleezza Rice anticipates that on the nuclear issue: "when the Iranians get past this August 31 deadline, I think they're going to see sanctions from the international system that are going to start to make life pretty miserable." Ehud Olmert, the Israeli prime minister, stated back in April that the decisive point in Iran's development of nuclear arms would come in months.


Both the Iranian and US governments regard the fighting in Lebanon and Israel as related to their own conflict. President Bush made the end of Iranian and Syrian support of Hizbullah a condition of any ceasefire, though he has since softened his stance at the UN. Condoleezza Rice remarked that "we do know that this is more than just Hizbullah in Lebanon. This is an extension of Iranian power through a proxy war."


US Intelligence Chief, John Negroponte, told the US Senate Intelligence Committee earlier this year that Iran regarded Hizbullah as "a critical regime safeguard by deterring US and Israeli attacks". With Hezbollah already at war, this "safeguard" is in the process of being removed.


Iran has threatened a world oil price crisis in response to UN sanctions. We do not now know if China, France and Russia will support sanctions or if US will once more regard the UN's failure as a license to act militarily. These "ifs" require a close look at the US, Israeli and Iranian political intentions and military capabilities.


American intentions towards Iran are fairly clear. If diplomacy and sanctions fail to halt Iran's nuclear ambitions then military force must be used. No one should be shocked that William Kristol, the neoconservative leader, has already called for a military strike on Iran in response to Hizbullah's attack on Israel.


Seymour Hersh's articles claim that President Bush ordered war against Iran shortly after the President's re-election in 2004. His claim that Bush is determined not to leave Iran to a future president and that he has support from leading Democrats is born out by numerous conversations I have had with colleagues in Washington. As a senior staffer to Senator Kerry put it: "why should people object if we carry out disarmament militarily?"


There are plenty more reports that war with Iran is either underway or in preparation. Special forces "prepare for Iran attack" wrote Robert Fox back in 2003. Pat Buchanan's American Conservative argues along with Hersh that vice-president Cheney has prepared a war plan for Iran including the use of nuclear weapons by summer 2005. Scott Ritter has claimed that President Bush ordered that the US be ready to attack Iran at any point after June 2005 and Newsweek reported that the administration was considering options for regime change. The Atlantic Monthly concluded after conducting a wargame that attacking Iran was too risky. The powerpoint slides from that game provide a glimpse into the world of war planning. Their analysis assumes a large ground invasion, clearly not a favoured option of either Don Rumsfeld or the American public. Most recently, the eminent investigative writer, James Bamford, has described a neoconservative push for regime change.


Speculation aside, we do know that Don Rumsfeld has placed US forces on alert. "We're now at the point where we are essentially on alert," lieutenant-colonel Bruce Carlson, commander of the 8th Air Force, said. "We have the capacity to plan and execute global strikes in half a day or less."


Under the command of marine-general James Cartwright, US Global Strike planning has the potential to destroy over 10,000 targets in Iran in one mission with "smart" conventional weapons. US government documents obtained by Hans Kristensen and analysed by William Arkin has described the development of this Global Strike capability.


Awaiting his orders, George Bush has more than 200 strategic bombers (B52-B1-B2-F117A) and US Navy Tomahawk cruise missiles. One B2 bomber dropped 80,500lb bombs on separate targets in 22 seconds in a test flight. Using just half the available force, 10,000 targets could be attacked almost simultaneously. This strike power alone is sufficient to destroy all major Iranian political, military, economic and transport capabilities.


Such a strike would take "shock and awe" to a new level and leave Iran with few if any conventional military capabilities to block the straights of Hormuz or provide conventional military support to insurgents in Iraq. If this was not enough, the latest generation of smart bombs now being delivered to the US air force quadruples the number of weapons all US warplanes can carry.


Placing forces on high alert, no more means that the US will actually use them. However, in combination with an increasing crisis, high alert levels mean we should be extra careful how we move forward. We should heed Tony Blair. When Mike Gapes MP, chair of the Foreign Affairs Committee, queried the prime minister's equivocation over pre-emptive war on Iran, asking: "Does that mean, then, we are just left with sanctions? Mr Blair replied: "It means that you take this a step at a time."



始まりの終わり

数時間で中東で10,000の目標を破壊する用意ができている米国力。

ダンPleschによって

2006年8月9日

2006年-08年-08年

友人にこの記事にメールしなさい。

この記事をプリントしなさい。

どのような差し迫った停戦を問わずでも、Hizbullahとイランの核のポジションの除去はイランに対する米国戦争の見込みを設定する。

数時間で中東で10,000の目標を破壊するために、米国力は今日用意できている。

より多くの戦争のための米国準備は、現在の戦争が、次の数ヶ月に広げて、強めそうなほんの1つのインジケータである。

戦争の記事の最中に気づかれず、イランは、それが、ウラニウムの濃縮を停止させるのを要求しているUN決議案を拒絶した。

コンドリーザ・ライスは核の問題についてのそれを予期している:

「イラン人がこの8月31日の締め切りを通り過ぎる時に、私は、彼らが、ライフをかなりみじめにし始めようとしている国際的なシステムからの制裁を見ようとしていると思う」。

エフードOlmert、イスラエルの総理大臣は、核兵器のイランの開発における重大な局面が数ヶ月で来るであろうということを昔4月に述べた。

彼ら自身の衝突と関連するように、イランのおよび米国の政府の両方はレバノンとイスラエルでの戦いを考慮に入れている。

彼が以来国連で彼のスタンスを軟化したけれども、ブッシュ大統領はHizbullahのイランのおよびシリアのサポートの終わりをどのような停戦の条件にでもした。

コンドリーザ・ライスは、「私達は、これがレバノンで単なるHizbullah以上のものであると知っている」を述べた。

「これは代理戦争を通してイランのパワーの拡張である」。

米国知能チーフ、ジョン・ネグロポンテは米国上院諜報特別委員会に、イランがHizbullahを、「米国とイスラエル人の攻撃を阻止することによる重大な政権予防手段」とみなしていたと今年早く言った。

すでに戦争中にあるヒズボラとともに、この「予防手段」は除去されるところである。

イランはUN制裁に呼応して世界オイル価格危機を脅かしていた。

私達は、現在、中国、フランス、およびロシアが制裁をサポートするかどうかや米国が、再び国連の故障を、軍事的に演じるライセンスとみなすかどうかを知らない。

これら 「もしも」 は、米国、イスラエル人およびイランの政治的意図、および軍隊の機能で、綿密な注視を必要とする。

イランへのアメリカ意図はかなりクリアである。

外交と制裁が、イランの核の野心を停止させることに失敗するならば、軍事力は使われなければならない。

誰も、ウィリアム・クリストル、新保守主義派リーダーがイスラエルへのHizbullahの攻撃に呼応してすでにイランの上の軍隊の攻撃を要求していたことにショックをうけているべきでない。

シーモア・ヘルシュの記事は、ブッシュ大統領が2004年の大統領の再選挙の少し後にイランに対する戦争を注文したと主張する。

ブッシュが、イランを未来の大統領に残さないことを決心しているという、そして彼が主要な民主主義者からのサポートを持っているという彼の主張は、私がワシントンの同僚としたたくさんの会話によって外で誕生する。

ケリー上院議員への上級スタッフが言ったように:

「私達が軍事的に武装解除を実行するならば、なぜ人々は反対するべきであるか?」

イランとの戦争が航行中であるか、準備にあるというより多くの報告が十分にある。

「イラン攻撃」が2003年にロバート・フォックスに返事を書いた「ので、」特殊部隊は「準備する」。

パット・ブキャナンのアメリカ保守主義者は、チェイニー副大統領が2005年夏までに核兵器の使用を含むイランのために戦争計画を準備したとヘルシュとともに主張する。

スコット・リッターは、ブッシュ大統領が、米国が、2005年6月の後にどのようなポイントででもイランを攻撃する用意ができているように命じて、ニューズウィークが、政権が政権交代のためにオプションを考慮していたことを報告したと主張した。

アトランティックマンスリーは、wargameを実施した後に、攻撃イランが危険すぎたと断定した。

そのゲームからのpowerpointスライドは戦争計画の世界の中に一見を提供する。

それらの分析は大きなグラウンド侵略(はっきりとドン・ラムズフェルドまたはアメリカの一般大衆のどちらかの1つの賛成されているオプションでない)も仮定する。

最も最近、高名な調査の作家、ジェームズ・バンフォードは政権交代に新保守主義派押しを記述した。

憶測は別にして、私達は、ドン・ラムズフェルドが米国力を警告に置いたと知っている。

「私達は現在、私達が本質的に警戒体制にいるポイントである」と副官大佐ブルース・カールソン(8番目の空軍の司令官)は言った。

「私達は、半日またはより少しにグローバルなストを計画し、実行する能力を持っている」。

海の一般ジェームズ・カートライトの指揮の下に、米国のグローバルなスト計画は、「スマートな」通常兵器によって1つの任務においてイランの10,000を超える目標を破壊する可能性を持っている。

政府が、ハンス・クリステンセンによって通用していて、ウィリアム・アーキンによって分析したと記述する米国はこのグローバルな攻撃能力の開発を説明した。

彼の注文を待って、ジョージ・ブッシュは200機を超える戦略爆撃機(B52-B1-B2-F117A)とアメリカ海軍トマホーク巡航ミサイルを持っている。

1つのB2爆撃機がテスト飛行における22秒で80,500lbの爆弾を別個の目標に落とした。

ちょうど0.5の入手可能な力を使って、10,000の目標が同時にほとんど攻撃されることができた。

このストパワーだけで、すべての主要なイランの政治的で、軍隊、経済、および輸送の機能を破壊することについてが十分である。

そのようなストは、「ショックと畏敬」を新しいレベルに持って行き、オルムズのstraightsを塞ぐか、イラクの反乱者に従来の軍隊のサポートを提供するあったとしてもほとんどない従来の軍隊の機能によってイランを残すであろう。

これが十分でなかったならば、現在米国空軍に配達されているスマート爆弾の最新世代は、すべての米国軍用機が運ぶことができる武器の数を4倍にする。

警戒態勢で力を置いて、より以上は、米国が実際それらを使うであろうということを意味していない。

しかし、増大する危機との組み合わせにおいて、厳戒態勢レベルは、私達が、特別に、どのように私達が前進するかに注意しているべきであるのを意味している。

私達はトニー・ブレアに注意を払うべきである。

尋ねて、マイク裂け目MP、下院外交委員会の椅子がイランの上の先制攻撃の上で総理大臣のあいまい量を質問した時:

「それは、そして、私達がまさに制裁によって別れられることを意味しているか?」

答えられたブレアさん:

「それは、1度に処置あなたにこれにかかることを意味している」。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR