FC2ブログ

権力とオカルト

The Secret of Eurasia - The Key to Hidden History

2005 11 28


By Mehmet Sabeheddin | rinf.com








"The Path to Shambala" by Gilbert Williams




Beneath the broad tide of human history there flow the stealthy undercurrents of the secret societies, which frequently determine in the depths the changes that take place upon the surface.

・A.E. Waite?

Have secret societies and occult brotherhoods been active behind the scenes of world events for thousands of years? Do these guardians of secret wisdom shape the growth of human consciousness and influence the destiny of nations? Are hidden masters of occult knowledge empowering and infiltrating certain political, cultural, spiritual and economic movements, in fulfillment of an ancient plan? Could it be that man's great upheavals, wars, and revolutions, as well as his pioneering discoveries in science, literature, philosophy and the arts, are the result of a hidden hand'? Can we decode history and find the mysterious interface between politics and occultism, thereby uncovering the real movers and shakers in our modern world?


The German philosopher Oswald Spengler warned of a "mighty contest" between groups of men of "immense intellect" who the "simple citizen neither observes nor comprehends." Back in 1930 Ralph Shirley, the editor of the London Occult Review, Britain's leading journal of esoteric sciences, endorsed "the suspicion that the ranks of occultism are secretly working for disintegration and revolution. Positive proof in the shape of a group of occultists working with this objective in view recently came under the notice of the present writer."


Major-General Fuller, a former disciple of Aleister Crowley, who had links to British military intelligence, wrote about an insidious force using "Magic and Gold" striving "to gain world domination under an avenging Messiah as foretold by Talmud and Qabalah." Fuller's former chief Crowley worked as a secret agent for both Britain and Germany, although his British handlers noted his nreliability' warning he should only be used in espionage operations with the utmost care. During the First World War the German Foreign Office secretly requested the occultist Gustav Meyrink to write a novel blaming the Freemasons of France and Italy for the outbreak of war.


Madame Blavatsky believed the Catholic society of Jesuits had transferred their headquarters from the continent to England where they plotted to plunge man into passive ignorance and institute "Universal Despotism". The founder of the Theosophical Society, a woman of immense intellect and first hand experience of secret societies, warned:


Students of Occultism should know that while the Jesuits have by their devices contrived to make the world in general, and Englishmen in particular think there is no such thing as Magic and laugh at Black Magic, these astute and wily schemers themselves hold magnetic circles and form magnetic chains by the concentration of their collective WILL, and when they have any special object to effect or any particular and important person to influence.?

The French Revolution, one of Europe's most important political upheavals, was largely the work of Masonic lodges dedicated to the overturning of the monarchy and an end of the established Catholic religion. In Proofs of a Conspiracy (179, John Robison showed that the political clubs and correspondence committees during the revolution, including the famous Jacobin Club, sprang from these Masonic lodges.


The influence on history of mysticism, the occult and secret societies is generally dismissed by Western academics. Mainstream historians choose to ignore this aspect because they believe it has no real significance to world politics. In fact it is only through acknowledging the role and influence of the Occult underground' that important world events can be fully understood and placed in their real historical perspective.


ユーラシアの秘密--隠された歴史のキー


メーメトSabeheddin| rinf.com




Gilbertウィリアムズが「シャンバラへの経路」


人間の歴史の広い潮の下では、秘密結社の秘密の底流は流れます。(秘密結社は深層で表面に起こる変化を頻繁に決定します)。

・A.E.ウェイトとsup1;

秘密結社とオカルトの兄弟愛は何千年間世界的なイベントの場面の後ろで活動的ですか? 秘密の知恵のこれらの保護者は、人間の意識の成長を形成して、国の運命に影響を及ぼしますか? オカルトの知識の隠されたマスターは、古代のプランの遂行で、ある政治上の、そして、文化的で、霊的で経済の運動に権限を与えて、浸透していますか? '男性のかなりの隆起(彼が科学、文学、哲学、および芸術で発見を開拓することと同様に戦争、および革命)が隠された手の結果であるということであるかもしれません'? 私たちは政治と神秘信仰の間で歴史を解読して、神秘的なインタフェースを見つけて、その結果、私たちの現代の世界で本当の有力者を覆いを取ることができますか?


オスワルドシュペングラーが「強力なコンテスト」について警告したドイツ人の哲学者はだれを「莫大な知性」の男性に分類するか。「どちらも観察して、理解しない純真な市民。」 ラルフ・シャーリー、1930年に、ロンドンOccult Reviewのエディタ(イギリスの難解な科学の主なジャーナル)は「神秘信仰のランクが崩壊と革命のために秘かに働いているという容疑」を是認しました。 「最近視点におけるこの目的で働いているoccultistsのグループの形の確証は現在の作家の通知に該当しました。」


少将のフラー(Aleisterクローリーの元信者)は、油断のならない力に関して「タルムードとQabalahによって予言されるように世界征服をかたきを討っている救世主の下に獲得します」ように努力しながら「魔法と金」を使用することで書きました。クローリーは、イギリスの軍情報部にリンクを持っていました。 クローリーがイギリスとドイツの両方のための諜報部員として働かせた'フラー'の元チーフ、彼のイギリス人の操作者は彼の'警告に注意しましたが、彼はスパイ活動に慎重の上にも慎重に使用されるだけであるべきです。 第一次世界大戦の間、ドイツ人の外務省は、戦争の突発をフランスとイタリアのフリーメーソンのせいにしながら小説を書くように秘かに「オカルト-者」グスタフマイリンクに要求しました。


Blavatsky夫人は、イエズス会士のカトリック教徒の交際が大陸からそれらが男性を受け身の無知に突入させて、「普遍的な専制政治」を設けると企んだイギリスまで彼らの本部を移したと信じていました。 Theosophical Societyの創設者(莫大な知性と秘密結社の直の経験の女性)は警告しました:


Occultismの学生は、イエズス会士が、彼らの装置で世間一般を作るのを案出して、特に英国人がマジックなんてものがないと考えて、Blackマジックを笑っている間、これらの抜け目のなくて陰険な策士自身が磁気円を保って、彼らの集合的なウィルとそれらがいつ効果か何か特定の、そして、重要な人に何か特別な物を持つかに関する集中による磁気チェーンを影響sup2に形成するのを知るべきです;

フランス革命(ヨーロッパの最も重要な政治動乱の1つ)は、主に君主制をひっくり返すのに捧げられたフリーメーソンの支部の仕事と設立されたカトリック教徒の宗教の終わりでした。 ConspiracyのProofs、(179、ジョン・ロビソンは有名なジャコバン党員Clubを含む革命の間の政治上のクラブと通信委員会がこれらのフリーメーソンの支部から生じたのを示しました。


一般に、神秘説の歴史、オカルト、および秘密結社への影響は西洋のアカデミー会員によって捨てられます。 主流の歴史家は、彼らが、国際政治にどんな本当の意味も持っていないと信じているのでこの局面を無視するのを選びます。 '事実上、'重要な世界的なイベントをそれらの本当の歴史観に完全に理解して、置くことができるのが、オカルト地下の役割と影響を承諾しながら、突き抜けているだけです。


Atlantism Verses Eurasianism

Secret societies and the teachers of occult wisdom consistently trace their origins back to the very dawn of civilisation. Within Judeo-Christian culture, the secret schools speak of Adam, Seth, Moses and the Patriarchs as initiates of a divine wisdom carefully passed from one generation to the next. Other occult groups look back beyond ancient Egypt and the Mystery schools of Greece, to the lost continent of Atlantis. Still others trace their lineage to Sumeria or Babylon and the mysterious plains of Tartary.


Examining mankind's myths, legends and arcane stories we encounter countless references to a vanished primordial civilisation. The brilliant French metaphysician Rene Guenon wrote of a great Hyperborean culture that flourished around the Arctic Circle and of its outposts Shambhala in the East and Atlantis in the West. Plato wrote of Atlantis, describing it as the heart of a great and powerful empire which, due to the indiscriminate mixing of "the sons of God" with "the children of men," suffered "violent earthquakes and floods" and "disappeared beneath the sea". According to occult tradition, Atlantis came to an end after a lengthy period of chaos and disaster brought about, in the words of Madame Blavatsky, because the "Atlantis-race became a nation of wicked magicians." Atlantis was destroyed by a conspiracy of evil magicians who had seized control of the mighty continent.


Long before the final end of Atlantis, great migrations took place to different centres of the earth. In one legend we are told of a righteous remnant journeying from the Arctic Circle to Shambhala, in the remote fastness of Central Asia. Other legends suggest Atlantean survivors established the ancient Egyptian civilisation.


Victoria LePage, the author of one of the most comprehensive studies of Shambhala explains how Atlantis and Shambhala are more than mere geographic locations:


In folklore Atlantis and Shambhala are implicitly linked together as charismatic images of heart's desire, two shining mirages that lie on the farthest horizon of human longing, unattainable, always receding as we reach for them; at best no more than ideal states of consciousness never realized. But their association seems to have a far more real and historically concrete basis than that. Initiatic tradition affirms they have both genuinely existed, one in the western sea, the other in the eastern mountains, as lynchpins of what was once a network of Wisdom centers located on a great power-grid extending around the globe. Further, Shambhala still exists within a framework that awaits reactivation.?


In order to identify the historical activities of secret societies we need to appreciate the origin of a most powerful idea. Occult lore speaks of Shambhala as the positive centre of the Brotherhood of Light, and Atlantis the negative centre of the evil magicians, the Brothers of the Shadow. Wherever we look we see the division of secret societies and occult endeavours into these two opposing 前rders'. All occult movements and teachings inevitably serve either the "Order of Eurasia" or the "Order of Atlantism", with their respective symbolic centres of Shambhala and Atlantis. Concealed behind a multitude of different forms and represented by an array of unsuspecting agents of influence, these two centres ・Shambhala and Atlantis ・represent two different impulses in human evolution.


Viewed from the perspective of sacred geography, in our present historical cycle, Atlantism is the triumph of the most destructive and diabolical elements in the civilisation of the West. One modern authority on sacred geography and geopolitics observes:


Sacred geography on the basis of "space symbolism" traditionally considers the East as "the land of Spirit", the paradise land, the land of a completeness, abundance, the Sacred "native land" in its fullest and most perfect kind. In particular, this idea is mirrored in the Bible text, where the eastern disposition of "Eden" is treated.


Precisely such understanding is peculiar also to other Abrahamic traditions (Islam and Judaism), and also to many non-Abrahamic traditions ・Chinese, Hindu and Iranian. "East is the mansion of the gods", states the sacred formula of the ancient Egyptians, and the same word "east" ("neter" in Egyptian) meant at the same time "god". From the point of view of natural symbolism, East is the place where the sun rises, Light of the World, material symbol of Divinity and Spirit.


The West has the opposite symbolical meaning. It is the "country of death", the "lifeless world", the "green country" (as the ancient Egyptians called it). West is "the empire of exile", "the pit of the rejected", according to the expression of Islamic mystics. West is "anti-East", the country of decay, degradation transition from the manifest to the non-manifest, from life to death, from completeness to need, etc. West is the place where the sun goes, where it "sinks down"4.




Atlantismは「ユーラシア人-主義」の作詩をします。

オカルトの知恵の秘密結社と教師はかなりの文明の曙光まで一貫して彼らの起源をたどります。 ユダヤ教とキリスト教の文化の中では、神の知恵で開始が1世代から次まで慎重に通ったので、秘密の学校はアダム、セス、モーセ、およびPatriarchsについて話します。 他のオカルトのグループはギリシアの古代のエジプトとMystery学校を超えてアトランティス失われた大陸を見返します。 それでも、他のものはSumeriaかバビロンとTartaryの神秘的な平野への彼らの家系をたどります。


人類の神話、伝説、および秘密の話を調べて、私たちは消えている根本的な文明の無数の参照に遭遇します。 才気あふれているフランス人の形而上学者レネイGuenonは西洋の東洋とアトランティスで北極圏の周りに栄えた重要なHyperborean文化とその前哨Shambhalaを書きました。 プラトンはアトランティスを主題にして書きました、「男性の子供」への「神の息子」の無差別の混入のために「激しい地震と洪水」を受けて、「海の下で見えなくなった」すばらしくて強力な帝国の心臓としてそれを記述して。 オカルトの伝統によると、アトランティスは引き起こされた長い期間のカオスと災害の後に終わりました、Blavatsky夫人の単語で「アトランティスレースは意地の悪い魔術師の国になりました」。 アトランティスは強力な大陸のコントロールを捕らえた不吉な魔術師の共謀で破壊されました。


アトランティスの最後の端のずっと前に、大移動は地球の異なったセンターに行われました。 1つの伝説では、公正な残りが北極圏からShambhalaまで旅行するのについて私たちは言われます、中央アジアのリモート要塞で。 他の伝説は、Atlantean生存者が古代のエジプトの文明を確立したと示唆します。


ビクトリアLePage、Shambhalaの最も包括的な研究の1つの作者はアトランティスとShambhalaが単なる地理的な位置どう以上かについて説明します:


民俗学では、アトランティスとShambhalaは心願のカリスマ的なイメージとしてそれとなく結びつけられます、人間の切望の最も遠い地平線に横たわる2回の輝きの蜃気楼、達成不能です、私たちがそれらに触れるのでいつも後退して; せいぜい、意識の理想的な州より多くのノーは決して換金されませんでした。 しかし、それらの協会はそれよりはるかに現実的で歴史的に具体的な基礎を持っているように思えます。 Initiatic伝統が確言する、それらはともに本当に存在しました、西海の中の1、東山のもう片方、かつてWisdomセンターのネットワークであったことに関する要が地球の周りで広がりながらすばらしい送電網で場所を見つけられたので。 さらに、Shambhalaは再起動sup3を待つ枠組みの中にまだ存在しています;


秘密結社の歴史的な活動を特定するために、私たちは、最も強力な考えの起源に感謝する必要があります。 オカルトの口碑はLight、およびアトランティスの「修道士-時代」の積極的なセンターとしてShambhalaについて不吉な魔術師(ShadowのBrothers)の否定的センターを話します。 '私たちが見るどこで、これらの2への秘密結社とオカルトの努力の分割が要求に反対しているのを見るか'。 すべてのオカルトの運動と教えは必然的にそれらのShambhalaとアトランティスのそれぞれのシンボリックなセンターがある「ユーラシアの秩序」か「Atlantismの秩序」のどちらかに役立ちます。 これらの2つのセンター・ Shambhalaとアトランティス・ 異なったフォームの多数の後ろで隠されて影響の疑わないエージェントのアレイによって表されます、人間の発展で2回の異なった衝動を表してください。


私たちの現在の歴史的なサイクルに神聖な地理学の見解から見られます、Atlantismは西洋の文明で、最も破壊的で悪魔的な要素の勝利です。 神聖な地理学と地政学に関する1つの現代の権威が見ます:


「宇宙シンボリズム」に基づいた神聖な地理学は、最もふくよかで最も完全な種類で東洋が「聖霊の陸」、天国陸、完全性、豊富、Sacred「故国」の陸であると伝統的にみなします。 特に、この考えは聖書テキストで反映されます。そこでは、「エデン」の東気質が扱われます。


正確にそのような理解は他のAbrahamic伝統(イスラム教とユダヤ教)と、そして、多くの非Abrahamic伝統にも独特です・ 中国語、ヒンズー教徒、およびイラン語。 「東に、神の大邸宅がある」州は同じくらいで「神」を調節します古代のエジプト人の神聖な公式、および「東」(エジプト人の"neter")という同じ言葉が、意味した。 自然なシンボリズムの観点から、東洋は太陽が昇る場所、WorldのLight、神と聖霊の物質的なシンボルです。


西洋には、反対の象徴的な意味があります。 それは「死の国」、「生気のない世界」、「緑色の国」(古代のエジプト人がそれを呼んだように)です。 イスラム教の神秘主義者の表現に従って、西洋は「追放の帝国」、「拒絶の穴」です。 西洋は「反東です」、腐敗の国、顕現から非顕現までの退行変遷、人生から死まで、必要とする完全性などから 西洋は4を「沈めるところ」に太陽が行く場所です。


Russia & the Magical Universe

Russia, geographically the largest country on earth, occupies a unique position in the study of human history furnishing us with a window into the world of secret societies, occult teachers, and subterranean political currents.


Ideas and practices drawn from magic and the occult have always been a part of Russian life. In the sixteenth century Tsar Ivan IV consulted magicians and was aware of the occult significance of the precious stones set in his staff. His reign was the culmination of the dream of building a prophetic, religious civilisation in the Eastern Christian tradition of Byzantium. Surrounded by secret orders of apocalyptical monks, Ivan saw himself as heir to the Israelite kings and attempted to transform Russian life in accord with his magical view of reality. Ivan was convinced the Russian nation had a special mission to accomplish, nothing short of the redemption of the world.


In 1586, Tsar Boris Godunov offered the huge salary of 2000 English pounds a year, with a house and all provisions free, to John Dee, the English magus and spy master, to enter his service. Dee's son Dr. Arthur Dee, who like his father was an alchemist and Rosicrucian, went to Moscow to work as a physician. Mikhail Romanov, the first Tsar of the Romanov dynasty, allegedly ascended the throne with the help of Dr. Arthur Dee and the British Secret Service. Before their rise to power the Romanovs were accused by their enemies of practising magic and possessing occult powers.


The legendary Count of Saint Germain, described as an alchemist, spy, industrialist, diplomat and Rosicrucian, became involved in several political intrigues in Russia and was, according Nicholas Roerich, "a member of the Himalayan brotherhood." In 1755 he traveled throughout Eurasia to study occult teachings, and may even have visited Tibet. It is said that while studying occultism in Central Asia the Count was introduced to the secret rites of Tantric sex magic which provided him with a technique to prolong his youth. He also engaged in spying operations against the notorious British India Company. Saint Germain founded two secret societies called the Asiatic Brethren and the Knights of Light. As early as 1780 he warned Marie Antoinette that the French throne was in danger from an international conspiracy of 腺rothers of the Shadow'. Rumours continued to circulate for many years after his alleged death that Saint Germain was still alive working behind the scenes in European politics or studying occult doctrines in Central Asia.





ロシアと不思議な宇宙

地理的なロシア、世界一大きい国、私たちに秘密結社(オカルトの教師の、そして、地下の政治上の電流)の世界への窓を備えながら、人間の歴史の研究でaユニークな位置を占めます。


いつも魔法とオカルトから得られた考えと習慣はロシアの人生の一部です。 16世紀Tsarイワンでは、IVは魔術師に相談して、彼のスタッフで宝石セットのオカルトの意味を意識していました。 彼の治世はビザンティウムのイースタンのクリスチャンの伝統における予言的で、宗教の文明を築き上げるという夢の頂点でした。 黙示録の僧の秘密の注文で囲まれて、イワンは、自分をイスラエルの王の相続人であるとみなして、彼の現実の不思議な視点に合っているロシアの人生を変えるのを試みました。 イワンはロシアの国には達成する特別任務、世界の償却が不足しているものは何もなかったと確信していました。


1586年に、Tsarボリスゴドゥノフは、彼のサービスに入るために1年間の家があるポンドとジョン・ディー、イギリス人の祭司、およびスパイマスターにおける、無料のすべての条項を2000人のイギリス人の巨大な給料に提供しました。 ディーの息子アーサー・ディー博士(彼の父のように、錬金術師とRosicrucianであった)は、医師として働きにモスクワに行きました。 ミハイール・ロマーノフ(ロマーノフ王朝の最初のTsar)はアーサー・ディー博士とイギリスの財務省検察局の助けで王位に就いたとされています。 以前、Romanovsを動かすそれらの上昇は、魔法を練習して、オカルトの強国を所有しているので、彼らの敵によって起訴されました。 ニコラス・レーリッヒ、錬金術師、スパイ、産業経営者、外交官、およびRosicrucianとして記述されたセイントジェルマンの伝説的なCountはロシアのいくつかの政治的陰謀にかかわるようになって、「ヒマラヤン兄弟愛のメンバー」でした。 1755年に、彼は、オカルトの教えを研究するためにユーラシア中を旅行して、チベットを訪問しさえしたかもしれません。 Countが中央アジアで神秘信仰を研究している間彼の青春を長引かせるためにテクニックを彼に提供したTantricセックス魔法の秘密の儀礼に取り入れられたと言われています。 また、彼は悪名高い英領インド会社に対して操作を探るのに従事しました。 聖者ジェルマンはアジア人BrethrenとLightのKnightsと呼ばれる2つの秘密結社を設立しました。 '1780年には、彼は、フランスの王座がShadowのrothersの国際的な陰謀で危険にあるともうマリー・アントワネットに警告しました'。 噂は、その彼の申し立てられた死亡セイントジェルマンが場面の後ろでヨーロッパの政治で働いているか、または中央アジアでオカルトの主義を研究するのにおいてまだ生きていた後に何年間も循環し続けました。




West Meets East


Occult powers seem to be a matter of national temperament・Russia tends to produce mages ・men or women who impress by their spiritual authority; no other nation has a spiritual equivalent of Tolstoy and Dostoevsky, or even of Rozanov, Merezhkovsky, Soloviev, Fedorov, Berdaev, Shestov. Certainly no other nation has come near to producing anyone like Madame Blavatsky, Gregory Rasputin or George Gurdjieff. Each is completely unique.

・Colin Wilson, The Occult







Helena Petrovna Blavatsky

The process of synthesis of the occult traditions of East and West is seen in the work of Helena Petrovna Blavatsky, founder of the Theosophical Society and the author of the magnus opus The Secret Doctrine. Born Helena von Hahn, the daughter of a Russian military family and cousin to the future Russian Prime Minister Count Witte, she is a true emissary of the Eurasian Order. Nevill Drury says of the Russian occultist:


Her main contribution to mystical thought was the manner in which she sought to synthesise Eastern and Western philosophy and religion, thereby providing a framework for understanding universal occult teaching.5


Madame Blavatsky traveled throughout Asia and Europe, joined Garibaldi's national revolutionary militia, fighting in the battle of Mentana, in which she was severely wounded. In the late 1870s, shortly after the publication of her first book Isis Unveiled, a compelling indictment of contemporary Western religion as spiritually bankrupt, she moved from the United States to India where the headquarters of the Theosophical Society remains until this day.


In 1891 the future Tsar Nicholas II, in the company of the mystic Eurasian scholar Prince Ukhtomsky, visited the headquarters of the Theosophical headquarters at Adyar. Prince Ukhtomsky's description of the society is revealing:


At the insistence of H.P. Blavatsky, a Russian lady who knew and had seen much, the idea sprang up of the possibility, and even the necessity, of founding a society of theosophists, of searchers for the truth in the broadest sense of the word, for the purpose of enlisting adepts of all creeds and races, of penetrating deeper into the most secret doctrines of oriental religions, of drawing Asiatics into true spiritual communion with educated foreigners in the West, of keeping up secret relations with different high priests, ascetics, magicians, and so on.6


Madame Blavatsky wanted to unite Central Asia, India, Mongolia, Tibet and China, in order ・with the involvement of Russia ・to create a grand Eurasian power able to oppose British ambitions. Traveling across India Blavatsky agitated against British rule and found herself accused by the colonial authorities of being a Russian spy. Prince Ukhtomsky saw support for Eurasia in the "readiness of the Indians to group themselves under the banner of the strange northern woman." He believed Madame Blavatsky had been forced to leave India by "the suspiciousness of the English."


As early as 1887 H.P. Blavatsky had become a topic of debate in "mystic Petersburg" and received the prestigious support of Ukhtomsky's friend the mysterious Tibetan Dr. Badmaev, soon to become notorious for the favour he received at the Russian imperial court and his relationship with Rasputin. Madame Blavatsky's sister insisted that the Russian Orthodox Metropolitan of Kiev had recognised the young Helena's psychic gift, and admonished her to use her powers with discretion, as he felt sure they were given her for some higher purpose.


Dr. Stephan A. Hoeller, a scholar of comparative religion and a Gnostic Bishop, reminds us that Blavatsky, was a true daughter of Mother Russia. Some feel that her life and character correspond strongly to the archetype of the traditional Russian wandering holy person, known as the staretz (literally 双ld one'),







Annie Besant

denoting a wandering, non-clerical ascetic, or pilgrim, who travels about the countryside, exhorting people concerning spiritual matters, sometimes in a decidedly unorthodox manner.7


After H.P. Blavatsky's death in London in 1891, the Theosophical Society came under the firm control of the English occultists Annie Besant and C.W. Leadbeater, a confirmed British imperialist. The Eurasian orientation given to early Theosophy by H.P. Blavatsky was compromised by the influence of British Masonry and Leadbeater's esoteric High Anglicanism. In the great struggle of the magicians the Eurasian impulse found new historical agents in the West, among them the celebrated French magus Papus.




西洋は東で会います。




オカルトの強国は国家のテンペラメントの問題であるように思えます・ ロシアは、magesを生産する傾向があります・ 彼女らの霊的な権威に感銘を与える男性か女性 他のどんな国にも、トルストイとドストエフスキー、またはローザノフ、メレジコフスキー、ソルビエフ、Fedorov、Berdaev、シェストフさえの霊的な同等物がありません。 確かに他の国は全くBlavatsky夫人、グレゴリー・ラスプーチンまたはジョージ・グルジェフのようにだれでも生産するのに近づいていません。 それぞれが完全にユニークです。

・コリン・ウィルソン、オカルト


聖ヘレナPetrovna Blavatsky

東洋と西洋のオカルトの伝統の統合の過程は聖ヘレナPetrovna Blavatskyの仕事で見られます、Theosophical Societyの創設者、magnus作品の作者はSecret Doctrineを創設者です。 生まれる聖ヘレナ・フォン・ハーン、Witte将来のロシアのCount首相へのロシア人の軍事の家族といとこの娘であり、彼女はユーラシアのOrderの本当の密偵です。 Nevillドゥルリーはロシアの「オカルト-者」について言います:


神秘主義的な考えへの彼女の主な貢献は彼女が東の、そして、西洋の哲学と宗教を総合しようとした方法でした、その結果、普遍的なオカルトが.5を教えるのを理解しているのに枠組みを提供します。


Blavatsky夫人はアジアとヨーロッパ中を旅行しました、接合ガリバルディの国家の革命の民兵、彼女が厳しく負傷していたメンタナの戦いで戦って。 1870年代に、現代の西洋の宗教の無視できない告発が彼女の最初の本のイシスUnveiledの公表のすぐ後に同じくらい霊的に潰す後半彼女は合衆国からTheosophical Societyの本部がこの日まで残っているインドまで移りました。


1891年に、神秘主義のユーラシア人の学者Ukhtomsky王子の会社では、将来のTsarニコラスIIはAdyarでTheosophical本部の本部を訪問しました。 Ukhtomsky王子の社会の記述は顕です:


H.Pの主張のときに; Blavatsky、知って、非常に見たロシア人の女性、考えは単語の最も広い意味における真実のために神智論者の交際を設立するという可能性、さらにおよび必要性さえ、捜索者に発生しました、すべての教義とレースのadeptsの協力を得る目的のために; 東洋の宗教の最も秘密の主義により深く浸み込む教育を授けられた外国人と共に西洋で本当の霊的交感にアジア人を引く異なった高僧、行者、魔術師などで秘密の関係を続けるのについて; 6


Blavatsky夫人は中央アジア、インド、モンゴリア、チベット、および中国を結合させたがっていました、整然とします・ ロシアのかかわり合いで・ できた状態で壮大なユーラシアのパワーを作成するには、イギリスの野心に反対してください。 インドBlavatskyの向こう側に旅行するのは、イギリスの規則に対して扇動して、ロシア人のスパイであるので気付くと植民地の当局によって起訴されていました。 Ukhtomsky王子は「インディアンが奇妙な北女性のバナーの下で自分たちを分類する準備」におけるユーラシアのサポートを見ました。 彼は、Blavatsky夫人が「イギリス人の嫌疑」でやむを得ずインドを去ったと信じていました。


同じくらい早く、1887H.P.Blavatskyが「神秘主義のピーターズバーグ」の議論の的になって、名門を受けたように、すぐ彼がラスプーチンとのロシアの帝国の法廷と関係で受けた好意に悪名高くなるようにUkhtomskyの友人に神秘的なチベットのBadmaev博士を支持してください。 Blavatsky夫人の姉妹は、キエフのロシアの東方正教会のMetropolitanが若い聖ヘレナの精神の贈り物を認識したと主張して、思慮深さで彼女の権限を使用するように彼女に訓戒しました、それらが何らかのより高い目的のために彼女に与えられているのを確信していると彼が感じたように。


シュテファンA.Hoeller博士(比較宗教の学者とGnostic司教)は、母ロシアについてBlavatskyが本当の娘であったのを私たちに思い出させます。 '或るものが、彼女の人生と性格が強くstaretzとして知られている伝統的なロシアの放浪している聖なる人の原型に文通すると感じる、(双文字通りld1、'、)、霊歌に関して人々を勧めて、田舎の周りを旅行する歩き回ること、非事務員の行者、または巡礼者を指示するアニー・ベザントが重要です、時々明らかに正統でない方法.7で


1891年のロンドンのH.P.Blavatskyの死の後に、Theosophical Societyはイギリス人のoccultistsアニー・ベザントとC.W.リードビーター、確認されたイギリス人の帝国主義者の安定したコントロールに該当しました。 H.P.Blavatskyによって前のTheosophyに与えられたユーラシアのオリエンテーションはイギリスのMasonryとリードビーターの難解なHigh英国国教会主義の影響で妥協しました。 魔術師のかなりの戦いでは、ユーラシアの衝動は、彼らの中の西洋の新しい歴史的なエージェントが名高いフランス人の祭司Papusであることがわかりました。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR