FC2ブログ

権力とオカルトつづき・。

Grand Battle of the Magicians




When the 19th century will have come to an end, one of the Brothers of Hermes will come from Asia to unite humanity again.

・Nostradamus

Papus, together with Oswald Wirth and De Guaita, dreamed of uniting occultists everywhere into a revived Rosicrucian brotherhood, an international occult order in which they hoped the Russian Empire would play a leading role as the bridge between East and West.


.


省略


When the news of his death reached Alexandra in 1916, she sent a note to her husband (at the time commanding the Russian armies at the front in World War I) containing the words 善apus is dead, we are doomed!'8 Papus promoted his Martinist Order as a counter to the Masonic lodges which, he believed, were in the service of British imperialism and the international financial syndicates. From his papers it is known that he furnished documentation to the Russian authorities about Masonic activities in Russia and Europe. Papus condemned Freemasonry as atheistic in contrast to the esoteric Christianity of the Martinist Order.


省略


The Mysterious Tibetan




St. Petersburg・in 1905 was probably the mystical centre of the world.

・Colin Wilson,



Pyotr Badmaev

The Occult Shamzaran (Pyotr) Badmaev was a Buriat Mongol who had grown up in Siberia and converted to Russian Orthodoxy with Alexander III acting as his godfather. He gained considerable influence at the Ministry of Foreign Affairs and the Tsar granted him the title of Privy Councillor. Badmaev was renowned as a doctor of Tibetan medicine, herbalist, and healer, who treated high society patients at his fashionable 前riental Medicine' clinic in St. Petersburg. Described by a Russian historian as "one of the most mysteries personalities of the day," and a "master of intrigue", Badmaev enjoyed a close association with the mystic healer Rasputin.


Known as 奏he Tibetan', Badmaev dreamed of the unification of Russia with Mongolia and Tibet. He involved himself in endless projects aimed at the creation of a great Eurasian empire. Russia's historic mission, he believed, lay in the East, where she was destined to unite the Buddhist and Muslim peoples, as a counter to Western colonialism. Badmaev outlined his vision in a 1893 report to Tsar Alexander III entitled 禅he Tasks of Russia in the Asiatic East'. His considerable political expertise secured the support of the Mongol tribes in the Russo-Japanese War.


In a letter of 19 December 1896, Badmaev wrote to Tsar Nicholas II: "・y activities have the aim that Russia should have greater influence than other powers upon the Mongolian-Tibetan-Chinese East." Badmaev expressed particular concern over the influence of England in the East, stating in a special memorandum:


Tibet, which ・as the highest plateau of Asia ・rules over the Asiatic continent, must without doubt be in the hands of Russia. By commanding this point, Russia will surely be able to make England more compliant.

Badmaev knew of the legend, popular in Mongolia, China and Tibet, about the 糎hite Tsar' who would come from the North (from 鮮orthern Shambhala') and restore the now decadent traditions of true Buddhism. He reported to Tsar Nicholas II how "Buryats, Mongols and especially lamas・were always repeating that the time had come to extend the frontiers of the White Tsar in the east・"


Badmaev had a close association with a highly placed Tibetan, the lama Agvan Dordzhiyev, the tutor and confidant of the 13th Dalai Lama. Dordzhiyev equated Russia with the coming Kingdom of Shambhala anticipated in the Kalachakra texts of Tibetan Buddhism. The lama opened the first Buddhist temple in Europe, in St. Petersburg, significantly dedicated to the Kalachakra teaching. One of the Russian artists who worked on the St. Petersburg temple was Nicholas Roerich, who had been introduced to the legend of Shambhala and Eastern thought by lama Dordzhiyev. George Gurdjieff, another man of mystery who had a tremendous impact on Western esotericism, knew Prince Ukhtomsky, Badmaev, and lama Dordzhiyev. Was Gurdjieff, accused by the British of being a Russian spy in Central Asia, a pupil of the mysterious Tibetans?


"I am training young men in two capitals ・Peking and Petersburg ・for further activities," Dr. Badmaev had written to Tsar Nicholas II.


Mystical Anarchism

The sway of the Tibetan' reached beyond the Imperial court into the Russian intelligentsia and further still to the subterranean world of espionage and revolutionary politics. One of the intellectual movements at the time of the 1905 political upheavals was called "Mystical Anarchism". Two of its leading exponents were the poet and writer Viacheslav Ivanov and George Chulkov, both associates of Dr. Badmaev. Chulkov, like the Tibetan', is described as an unconscious medium transmitting mysterious forces.


A radical political doctrine aimed at reconciling individual freedom and social harmony, Mystical Anarchism drew on the ideas of Friedrick Nietzsche. This is not surprising when we consider Nietzsche's positive view of Russia as the antithesis of the decadent West, and the German philosopher's appreciation of Buddhism and Oriental culture.


According to the historian Bernice Glatzer Rosenthal, Mystical Anarchists, convinced "that unseen forces are guiding events here on earth, believed that political revolution reflected realignments in the cosmic sphere, and that a new world of freedom, beauty, and love was imminent."


Advocating the abolition of all external authorities and all constraints on the individual ・government, law, morality, social custom ・they were indifferent to legal rights as merely "formal freedoms" and opposed constitutions and parliaments in favor of sobornost'. By sobornost' they meant a free community united by love and faith whose members retain their individuality (as distinct from individualism, self-affirmation apart from or against the community)・


They grounded this ideal in their notion of the "mystical person," the soul or the psyche, which seeks union with others and recognizes itself as a microcosm of the macrocosm, as distinct from the "empirical person," the I or the ego, which asserts itself apart from or against others. Evoking and developing this "mystical person" would make feasible a "new organic society" united by invisible inner ties of love (eros, not agape), "mystical experience," and sacrifice ・the very opposite of liberal society, based on the social contract and mutual self-interest and characterized by rational discourse.9


Mystical Anarchism is a thoroughly Eurasian sociopolitical idea. Here we have a most arcane motif in a modern form: The great struggle of the empirical, plutocratic Western civilisation, against the mystical, sacrificial culture of Eurasia. In occult terms it is the conflict of the impulse of 全hambhala' with the renegades of 羨tlantean civilisation'. The Brotherhood of the Northern Light battling it out with the Brothers of the Shadow, external manifestation of the long war between the agents of Being and Non-Being.


省略


The poet Nikolai Kliuev and his young friend Sergei Esenin featured occult images and Eurasian themes in their work. At the end of 1917 Kliuev (1887-1937), a prophet and emissary of Eurasia, wrote:


We are the host of sunbearers.

On the hub of the universe

we will erect a hundred-story, fiery house.

China and Europe, the North and the South

Will come to the chamber in a round-dance of playmates

to match together Abyss and Zenith.

Their godfather is God Himself and their Mother is Russia.

Kliuev's protege, Esenin (1895-1925), longed for the end of the old world and its replacement by a new one, and even proclaimed a new religious trend called "Aggelism," with clear roots in Russian Gnosticism. He hailed both Christ and Gautama the Buddha as geniuses because they were men of "word and deed". In a letter to a friend, Esenin wrote:


People, look at yourselves, did not Christs emerge from you, and can you not be Christs? Can I with will-power not be a Christ・ How absurd all our life is. It distorts us from the cradle, and instead of truly real people some kind of monster emerges.

He warned the United States, to him the symbol of all non-Russian and rationalist sources, not to commit the mistake of "unbelief" and ignore the new "message" from Russia, as the way to the new life is only through Russia. A friend wrote how Esenin and his fellow 全cythian' poets wanted a "deepening of the political revolution to the social" and came to regard Russian Marxism as "coarse". Before his death Esenin became convinced 粗vil forces' had usurped the Revolution and the Bolshevics betrayed Russia's mission.


省略


Every day I go into the grove ・and sit there by a little chapel ・and the age-old pine tree, but an inch to the sky, I think about you・I kiss your eyes and your dear heart・O, mother wilderness! Paradise of the spirit・How hateful and black seems all the so-called civilised world and what I would give, what Golgotha I would bear ・so that America should not encroach upon the blue-feathered dawn・upon the fairy tale hut.

The Russian philosopher Nicholas Berdyaev articulated the vision shared by pre-revolution Russian thinkers as well as the cultural elite, when he wrote of the end of Western rationalism and the birth of a new era of the spirit which would witness the struggle of Christ and Antichrist. He saw the popularity of mystical and occult doctrines as proof of the approach of this New Era, and called for a "new knighthood". "Man is not a unit in the universe, forming part of an unrational machine, but a living member of an organic hierarchy, belonging to a real and living whole." Berdyaev's attacks on Western materialist values only reflected a view widely held by Russian society. Writing in exile in the early 1930s he observed:


Individualism, the 疎tomisation' of society, the inordinate acquisitiveness of the world, indefinite over-population and the endlessness of people's needs, the lack of faith, the weakening of the spiritual life, these and other are the causes which have contributed to build up that industrial capitalist system which has changed the face of human life and broken its rhythm with nature.

Journey to Shambhala




Nicholas Roerich was a man who brought glory to our [Russian] people; he is a representative of our civilisation and of its culture, one of its pillars.

・Mikhail Gorbachev



Nikolai Roerich

Nikolai Konstantinovitch Roerich (1874-1947) had been introduced to the idea of Shambhala while working on the construction of the first Buddhist temple ever to be built in Europe. Personally acquainted with Russia's pre-revolution intelligentsia, Roerich became a highly respected and prolific artist. A student of Madame Blavatsky's works, Roerich believed in the transcendent unity of religions ・in the notion that one day the Buddhist, the Muslim, and the Christian would realise their separate dogmas were husks concealing the truth within. Between 1925 and 1928, Roerich undertook five remarkable expeditions through Central Asia, focusing on the mysterious region between the Urals and the Himalayas, the area regarded as the heart of Eurasia. The traditions and legends encountered by Roerich in his travels are described in the books Altai-Himalaya, Heart of Asia and Shambhala.


In the tradition of Tibetan Buddhism, Shambhala is the hidden land in which the teachings of the Kalachakra (糎heel of Time') Tantric school are kept in their purest form. Roerich discovered that the Shambhala of Tibetan Buddhism is not too different from the legend of Belovodia preserved by Russian Christian mystics. An elder of the Old Believer sect confided to Roerich:


In distant lands, beyond the great lakes, beyond the highest mountains, is a sacred place where all truth flourishes. There one may find the supreme knowledge and the future salvation of mankind. And this place is called Belovodia, meaning the white waters. (10) Nicholas Roerich wrote how on a visit to the Mongolian capital Ulan-Bator in the 1920s, he heard soldier-revolutionaries singing:




The war of Northern Shambhala.

Let us die in this war

To be reborn again


省略


The Russian people have piled together great stones. To the admiration of everyone they have built no tower of Babel but a Russian tower. A Kremlin of Sun-bearers with a hundred towers!・Listen ・that is the future, and how radiant it is!"

A year later in 1941 he commented:


The whole world is rushing towards Armageddon. Everyone is confused. Everyone is unsure about the future. But the Russian people have found their course and with a mighty flood are streaming towards their radiant future.

塑ou Must Pay Attention to Me, In Order to See Me'

Humanity's radiant future, like Shambhala, stands at the threshold. An invisible college of men and women in every age and nation have glimpsed it and responded to the impulse. Living in the first years of a new millennium we are witnessing the unfolding of an ancient plan. Just as there is no day without night, so too there is no authentic New Era without its counterfeit. And as the darkness must give way to the new dawn, so our present Dark Era will pass away in the great light of 鮮orthern Shambhala'.


Freemasonic Atlantism


省略


奇術師の雄大な戦い

19世紀が終わっているであろう時に、ヘルメスの兄弟の1人は、再び人類を団結させるためにアジアから来るであろう。

ノストラダムス

Papusは、オズワルド・ウィルトとDeガイタとともに、復興したばら十字会員組合(彼らが、ロシア帝国が東洋と西洋の間の橋としての導き役割を果たすであろうということを望んだ国際的なオカルト順番)中にどこでもオカルト主義者を団結させることを夢見た。

PapusはジェラードEncausse(1865-1916)博士、ジョセフイブ聖人d'Alveydre(1842-1910)の弟子、フランスグノーシス主義者教会の新入会者、およびしばしば、彼の時間のオカルトグループの多くのアジテーターの偽名であった。

最も有名な世紀のオカルト主義者、彼のうちの1人は、パリの気密学校の創立者であり、多くのロシアの学生を引き付けて、導きフランスオカルトレビュー、L'開始を導いた。

Papusはまた2つの秘密結社(L'Ordre du MartinismeとL'Ordre Kabbalistique de laローズクロワ)のトップであった。

ロシア皇帝とTsaritsaが1896においてフランスを訪問した時に、皇帝が「天の配剤によってその完全な組合による彼の帝国を不滅にする」であろうということを望んで、「フランス唯心論者」のために挨拶をそれらに送ったのはPapusであった。

この挨拶は、私が神聖同盟である皇帝アレキサンダーの時に、神秘家の希望を思い出させた。

Papusは1901年にロシアへの彼の最初の訪問をし、皇帝に導入された。

それをコントロールした「未知の上役」の社長としての皇帝と、彼は迅速にサンクト・ペテルブルクで彼のルター信奉者Orderのロッジを設立した。

歴史家ジェームズ・ウェッブは、Papusが、「単に、18番目の回転で、そして抑制される19世紀前にロシアで茂った人生観への愛着を復活させていた」と言う。

‘イブ聖人d'Alveydreの最初の学生として、Papusは、終わりの帝国(northern Shambhalaの不可解なパワーの外の明示)としてユーラシアと彼女のオカルト運命を統合することにおけるロシアによって果たされる重要な役割を知っていた’。

Papusを通して、皇族は彼の友人とスピリチュアルな師Masterフィリップ(Nizier Anthelme フィリップ)を知った。

誠実なキリスト教神秘家、彼はロシア皇帝によってランクと光栄を与えられて、1905年に彼の死まで帝国の法廷との接触を維持していた。

それが天皇、皇后両陛下の面前で噂された彼であった所で1905年にサンクト・ペテルブルクに返されたPapusは、政治的な危機を処理することについて、提供された実技試験がアドバイスする皇帝の父、アレクサンドル三世の霊魂を呼び出した。

フィリップマスタとPapus両方はロシア法廷で重要な政治的な役割を果たした。

彼らは国政について皇帝にアドバイスしただけでなく、ルター信奉者注文、皇帝のおじの彼らの間の2人、およびたくさんの親族の有力なロシア新入会者との接触を維持していた。

ドイツ一般会員の間に彼自身の弟子を持っていたドイツオカルト主義者ルドルフ・スタイナーは、Papusの「ロシアの広い影響」によって妨害されて、2人のフランス人という任務に続いていた。

フランスとロシアの間の同盟の強い支持者、Papusは皇帝に世界征服に向けられた国際的な陰謀を警告した。

‘彼は、広大なロシア帝国が、全hadow兄弟の共謀を妨げることが可能な唯一のパワーであったと信じた’。

彼はまた、ドイツとの次の戦争の準備をし、それからベルリンの不吉な軍隊によって設計されることを皇帝に勧めた。

1つのアカウントによると、彼は皇族にそれを約束し、ロマノフ王朝君主政治は、彼、Papusが生きていた限り保護されるであろう。

彼の書類から、彼がロシアとヨーロッパでのフリーメーソン活動についてドキュメンテーションをロシア当局に供給したことは知られている。

Papusはルター信奉者秩序の難解なキリスト教と対比すると無神論としてフリーメーソンを非難した。

彼は「私達の懐疑(すべての聖職から独立な率直なキリスト教反応を必要として致命的にそうな物質的なフォームの崇拝)の時代」を懲戒した。

1901年にロシアへの彼の最初の訪問から返った少し後に、Papusが主として責任があったフレンチプレスの中で、一連の品物は出現した。

彼らは「隠れた共謀」を存在に警告した(一般大衆はそれにすっかり気づかず、フランコ・ロシア人同盟を分裂させようとしている不吉な金融団の陰謀のであった)。

一般大衆は歴史の現実の力に盲目的である:

それは見ず that すべての衝突 whether 発生 中 または国家 、そこは、明白な俳優、隠された移転者 それらの利己主義の計算によるwho の側にあり、これらの衝突inevitable・を作る

国家の混乱した発展において起こるすべては、従って、数人の人の優位を確保するゴールによって秘密に準備される;

そして、すべての公的なイベントの後ろで捜されなければならないのは、時々未知に時々有名なこれらの少数の人である。

さて、今日、優位は金の所有によって保証される。

この瞬間にヨーロッパの政治の秘密のスレッドを保持するのは、金融のシンジケートである

そこの数年前少しは、従って、今日全能に、会計報告がシンジケート化するヨーロッパで設立されて(最高の目的が、世界のすべての市場を独占することである)、政治的な影響を取得するために、その活動は、容易にするためのどれを持っているか。

ロシアを分離し、弱めるために、エコーdeパリにおけるPapus御用記事は、英国フリーメーソンの後ろにあることとして露出した英国シークレットサービスの役割を明らかにした。

反ロシア宣伝に集中されたフランスの英国エージェントの中で、ロシアにいる間、社会のすべてのレベルを浸透させるために、彼らは「金融のぺてん」を使った。

すべての努力は、必要な「誠実で、ロシア皇帝のため寛大な保存 プレゼントの時の金融家のシンジケートがヨーロッパと世界の運命をコントロールする悪魔」であった。

チベットのMysterious

St. Petersburg・in1905年はたぶん、世界の神秘主義的なセンターであった。

・ コリン・ウィルソン


ピョートルBadmaev

オカルトShamzaran(ピョートル)Badmaevは、シベリアで成長し、彼のゴッドファーザーとして行動しているアレクサンドル三世とロシア正統性に変換したブリヤート語モンゴル人であった。

彼は外務省でかなりの影響を得て、皇帝は枢密顧問官というタイトルを彼に与えた。

Badmaevは、サンクト・ペテルブルクの彼のファッショナブルな東洋医学'クリニックで上流社会患者を治療したチベット医学、植物学者、および治療者の医師として有名であった。

「日の最も多くのミステリー有名人の1人」としてのロシア歴史家と「陰謀のマスタ」によって説明されて、Badmaevは神秘的な治療者ラスプーチンとの緊密な連想を楽しんだ。

チベット'、Badmaevはモンゴルとチベットとロシアのユニフィケーションを夢見た。

彼は大きなユーラシア帝国の作成に向けられた無限のプロジェクトに没頭した。

彼は、ロシアの歴史的な任務は、彼女が、仏教とイスラム教の民族を団結させるように運命づけられていた東に西洋の植民地主義にカウンターとしてあったと信じた。

‘アジア東でロシアの仕事という表題を付けられたアレクサンドル三世皇帝への1893リポートの中でBadmaevは彼のビジョンを概説した’。

彼のかなりの政治の手腕は日露戦争においてモンゴルの種族のサポートを守った。

12月19日1896の手紙の中で、BadmaevはニコラスII皇帝に手紙を書いた:

「ロシアが持っているべき目的を持っている モンゴル人チベット中国語東の他の能力よりより大きい影響 。」

特別な覚書において述べて、Badmaevは東でイギリスの影響の上の特定の懸念を表現した:

チベット 、アジアの大陸の上のアジアとして・ルールの最も高い高原 は、ロシアの手において疑いはなしでしなければならない。

このポイントを命じることによって、ロシアは、きっと、イギリスをより従順にすることができるであろう。

ホワイト皇帝、‘Northern Shambhalaから北(から来るであろう’)について、Badmaevはモンゴル、中国、およびチベットでポピュラーな伝説を知っていて、真実の仏教の現在退廃的な伝統を復元する。

彼は、皇帝ニコラスIIに どのように 「ブリヤート族、モンゴル人と特にいつも、東のホワイト皇帝のフロンティアを拡張するために時間が来たことを繰り返している」 に報告した

Badmaevは高く置かれたものチベットの状態で緊密な協会、13番目のダライラマのラマ僧Agvan Dordzhiyev、家庭教師、および親友を持っていた。

Dordzhiyevはロシアをチベット仏教のKalachakraテキストの中で予期されているShambhalaの次の王国と同等視した。

ラマ僧はヨーロッパで、Kalachakra教育がかなり専門のサンクト・ペテルブルクで最初の仏教寺院を開いた。

サンクト・ペテルブルク寺院で働いたロシアアーティストの1人は、Dordzhiyevラマ僧によってShambhalaと東の考えの伝説的人物に紹介されたニコラス・レーリヒであった。

ジョージ・グルジェフ(西洋の秘伝へのすさまじい影響を持っていたミステリーの別の人)はプリンスUkhtomsky、Badmaev、およびDordzhiyevラマ僧を知っていた。

中央アジアでロシアスパイである英国人によって告発されたグルジェフは神秘的なTibetansの生徒であったか?

Badmaev博士は、「私は2つの首都・北京とピーターズバーグを・さらなる活動のために若者に訓練している」とニコラスII皇帝に書いた。

神秘主義的なアナーキズム

チベットであるその振動は、帝国の法廷を越えてまだロシアの知識階級とさらににスパイ活動および革命の政治の地下の世界に達していた。

1905年の政治的な隆起の時の知的なムーブメントの1つは「神秘主義的なアナーキズム」と呼ばれた。

その主要な指数の2つは詩人と作家ViacheslavイワノフとジョージChulkov(Badmaev博士のどちらも仲間)であった。

Chulkov、のように、チベット'は神秘的な力を送っている無意識なメディアと評される。

根本的な政治上の主義は、個々の自由と社会的な調和を調和させることをめざしていて、神秘主義的なアナーキズムはFriedrickニーチェのアイデアを活用した。

私達がニーチェのロシアのポジティブな見解を退廃的な西欧のアンチテーゼとドイツ哲学者の仏教と東洋の文化の理解と考える時に、これは驚くべきでない。

歴史家コカイングラツァーローゼンソールによると、神秘主義的な無政府主義者、確信した「その非可視の力はイベントをここに地球に誘導し、信じられて、政治的な革命は宇宙の球の再調整を反映し、自由、美、および愛情の新しい世界は差し迫っていた。」。

‘個人・政府へのすべての外部の当局とすべての制約の廃止を主張して、法律、道徳、社会慣習・それらは単に「フォーマルな自由」として法的な権利に無関心で、ソボールノスチのために構成と議会に反対した’。

ソボールノスチ'によって、それらは、愛情のため団結した自由なコミュニティ、およびメンバーがそれらの個体(個性と別個である コミュニティの、またはコミュニティを背景とした自我確認 )・を保有する信頼を意味していた

彼らは、「経験の人、」と別個にこの理想を、「神秘主義的な人、」魂、または精神のそれらの観念に基づかせて the 私 、または自我〈他で、または他に対して自身を主張する〉 、他によって組合を捜し、自身を大宇宙の小宇宙と認める。

この「神秘主義的な人」を呼び起し、開発することは、社会契約と相互の利己主義に基づいて、愛情(隣人愛ではなくエロス)「神秘的な経験」と犠牲・寛大な社会のまさしくその反対物の見えない内側のつながりによって団結させられて、理性的なdiscourse.9によって特徴付けられていた「新しい有機的社会」を実現可能にするであろう。

神秘主義的なアナーキズムは完全なユーラシアの社会政治的なアイデアである。

ここに、私達は現代のフォームにおいてとても不可解な主題を持っている:

ユーラシアの神秘主義的で、犠牲の文化に対する経験、金権政治の西欧の文明の偉大な苦闘。

オカルト用語で、それは‘Atlantean文明の背教者とともに’shambhalaのインパルスの衝突である。

影(そうであるエージェントとNon-Beingの間の長い戦争の外部の明示)の兄弟と徹底的に戦っているノーザン・ライトの兄弟関係。

ニコラス・ベルジャエフ、ディミートリ メレジコフスキー、シマハジロバトHippius、Valerri Briusov、ミハイル・クズミン、アレクサンドル・ブローク、Vasiliローザノフ、他のホストとともに、ロシア詩人、作家、およびアーティストは神秘主義的なアナーキズムとユーラシアビジョンの違う面を送った。

「国家に自然な弟子の身分の東のタイプ」において賞賛するために、革命の前の年の時に、スーフィ教マスタInayatカーンはロシアを訪問したと彼は多く気付いた。

メレジコフスキーは、「新しい宗教の意識」をトルストイとDostoievskyによって説明された2種類の特にロシアタイプから導き出す可能性を見た。

トルストイはより禁欲主義の精神的価値のために肉とDostoievskyの汎神論の神秘主義に賛成した。

「このロシアに、神は西の世界に明示されて、東へのはじめてのための人および思考のためすでに2の両方の半球前を調和させているそれらのためであろう。'」

Bolshevic革命の後で、ブロークは新しいロシアを西欧と対比した。

彼はロシアを、「スキタイ人」(すなわち、運命で、それが、腐敗西欧と競合することになっていた若く、新鮮な国家)と呼んだ:

私達はスキタイ人であり、私達はアジア人である・、あなたの日の世紀は私達、従順なスレーブのようなほんの1時間であり、私達は、2敵意ある人の間のシールドが競争して・時間がある間向こうの古い剣を置きに、ヨーロッパとモンゴルの大群から戦争と恐怖が私達のオープンな腕、親族の抱擁に来ると考えていて、あなたが滅びる前に、兄弟は旧世界として私達を迎えて、私達の兄弟の宴会に参加する。

詩人ニコライKliuevと彼の若い友人セルゲイ・エセーニンはそれらの仕事によってオカルトイメージとユーラシアテーマを特集した。

1917年の終わりに、Kliuev(1887-1937)(ユーラシアの予言者、および使者)は書いた:

私達はsunbearersのホストである。

宇宙の中心の上

私達は百階建て、火の家を建てる。

中国とヨーロッパ(北と南)

一緒に深海と天頂とマッチするためにプレイメイトの丸いダンスにおける部屋に来るであろう。

それらのゴッドファーザーは自身で神であり、それらの母はロシアである。

Kliuevの被保護者、エセーニン(1895-1925)は古い世界の終わりと新しいものによるその置換を待ち望んでいて、ロシアグノーシス主義の中のクリアな根によって「Aggelism」と呼ばれる新しい宗教の傾向を宣言しさえした。

彼らが「言葉と行為」の人であったので、彼は天才として仏としてキリストとゴータマの両方を迎えた。

友人への手紙の中で、エセーニンは書いた:

植民し、自身を見なさい、Christsはあなたから出現しなかったか?そして、あなたはChristsではないかもしれないか?

意志パワーを持つ私がnotでChrist・のどれほどであることができるか すべての私達の人生は不合理であるか。

それは揺りかごから私達をゆがめて、本当に現実の人々の代わりに、ある種類の怪物は出現する。

彼は、「疑惑」の誤りを委任しなく、新しいライフへの道がロシアを通り抜けているだけである時にロシアから新しい「メッセージ」を無視することをすべての非ロシアと理性主義者のソースの米国、彼への、シンボルに警告した。

エセーニンと彼の仲間の'詩人が政治的な革命の深まっている"を社会的である"に望んでいて、ロシアマルクス主義を"粗い"とみなすようになった方法で、友人は書いた。

彼の死の前で、エセーニンは、悪魔力が革命を強奪したのを確信し、Bolshevicsはロシアの任務を裏切った。

有名な詩人ニコライKliuevはBadmaev博士とグレゴリー・ラスプーチン両方を知っていて、後者のように、チベットタントラとインドシバ崇拝への類似点によってキリスト教の性的な神秘主義の秘密の学校に加入した。

「彼らは私をラスプーチンと呼んだ」とKliuevは1918年の詩の中で書いた。

Kliuevの精神性は、民衆の間で真実の地下の川を成形した高齢の信者、Khlysty、およびスコプツィのようなロシア宗教の反対者の伝統において深く定着した。

認められたKliuevはどんなに、「キリストになること」にフリスト派の人年長者によって挑んだのか、彼は「鳩同業者」の秘密のコミュニティに紹介された。

「秘密のアイデンティティの様々な人々」の助けによって、秘密の儀式に参加していて、ロシア東のオカルト伝統を吸収しているロシアの至る所でKliuevは旅行した。

彼の詩の中で、Kliuevは、ユーラシアの神秘的な心を伝えることに努めた。

彼はBelovodia(Shambhalaに類似している待たれた地上の楽園にロシアの高齢の信者によって与えられた名前)の予言者であった。

Kliuevは、小作農文化が産業主義、資本主義、およびライフの総合機械化に勝利するであろう階級のない社会を引き起こすであろうロシアの根本的な変化を想像した。

彼は友人に1914年の手紙の中の魂のない西欧の文明の危険についての彼の懸念を表現した:

毎日、私は木立ちに入り そこに、年を経ている松木を小さい礼拝堂の近くに座らせる けれども、空へのインチ、私はあなたとキスについて考える あなたの目およびあなたの親愛なる心、母なる荒野 !

心の天国・憎らしく、黒い、すべてのいわゆる文明化した世界のようで、私が何を与えるであろうか、私がどんなゴルゴタに耐えるであろうか・そう、そのアメリカは青でフェザリングされた夜明けを・おとぎ話小屋を浸食するべきでない。

西洋の合理主義の終わりとキリストと反キリストの苦闘に立ち会うであろう心の新しい時代の誕生について、彼が書いた時に、ロシア哲学者ニコラス・ベルジャエフは文化的なエリートだけでなく前革命ロシア人思想家によって共有されたビジョンを明瞭に発音した。

彼は神秘主義的で、オカルトの主義の人気をこの新しい時代のアプローチの証拠と考えて、「新しい騎士道」を要求していた。

「現実で、残る完全体に所属して、人は宇宙、理性的でないマシンの形を成すパーツではなく有機のヒエラルキーの住むメンバーでユニットである」。

西洋の唯物論者価値へのベルジャエフの攻撃はただロシア社会によって広く保持された眺めを反映した。

彼が観察したと追放において1930年代の初期に書く:

Shambhalaへの旅

ニコラス・レーリヒは、栄光を私達の[ロシア人]の人々にもたらした人であった;

彼は私達の文明社会の、そしてその文化(その柱の1つ)の代表である。

・ ミハイル・ゴルバチョフ

ニコライ・レーリヒ

ヨーロッパに組み込まれるためにずっと最初の仏教寺院の建築に取り組む間に、ニコライKonstantinovitchレーリヒ(1874-1947)はShambhalaのアイデアに導入された。

個人的にロシアの前革命知識階級を知っていて、レーリヒは高く尊敬されて、多産なアーティストになった。

ブラヴァツキー様の作品の学生、レーリヒは、宗派の超越した単一性を・ある日、仏教徒、イスラム教徒、およびクリスチャンが、それらの別個の教義が中の真実を隠している殻であったことに気がつくであろうという理解を信じていた。

1925年と1928年の間で、ウラル山脈とヒマラヤ山脈(ユーラシアの中心とみなされているエリア)の間で神秘的な地域に集中して、レーリヒは中央アジアを通して5回の顕著な遠征を引き受けた。

彼の旅行においてレーリヒによって遭遇された伝統と伝説は本アルタイヒマラヤ、アジアの中心、およびShambhalaで説明される。

チベット仏教の伝統において、Shambhalaは、Kalachakra(‘時間の糎heel’)タントラ学校の教えがそれらの最も純粋なフォームにおいて保持される隠れた土地である。

レーリヒは、チベット仏教のShambhalaがロシアキリスト教神秘家によって保存されたBelovodiaの伝説と違いすぎないと気づいた。

レーリヒに委託された古い信者セクトの年長者:

大きな湖を越えて、最も高い山を越えて、すべての真実が茂る神聖な場所は遠い領土にある。

そこで、人は人類に関する最高の知識と未来の信仰によって救いを見出すことができる。

そして、この場所は、白い水域を意味して、Belovodiaと呼ばれる。

(10) 1920年代のモンゴルの首都ウランバートルへの訪問において、彼が兵士革命家が歌うのを聞いた方法で、ニコラス・レーリヒは書いた:

北Shambhalaの戦争。

私達をこの戦争で死なせなさい。

再び生まれ変わっているには

Shambhalaのルーラーのナイトとして。

鮮orthern Shambhalaによって、'は意味されているロシア-ユーラシアである。

彼のアジアの本中心の中で、来る王国であるがどのShambhalaとBelovodiaが永遠のシンボルであるかの人間性のためのイベント・新しい時代と同じくらい多く、レーリヒはShambhalaを定義しなかった:

あなたは、Shambhalaの概念が私達の最も重大な西洋の科学的研究の熱望と一致していて・彼らが戦うことにおいて、着古された方法を越えて見ることを恐れないShambhalaの東の学科と西欧の最もよい精神が結合していることに注意した。

レーリヒは決して、重要な役割ロシアが、東と西欧の両方の最も高貴な学問をまとめることにおいて遊ぶであろうということを疑っていなかった。

ロシアで、新しい統合は明らかになるであろうし、新しい日は独占的に西とまったく東ではなく本当のユーラシアの人間性のために明ける。

1940年に、世界が自身が戦争に陥れられていることに気付いた時に、レーリヒは新しい時代の最初の一見を認識し、書いた:

ロシア人々は一緒に大きな石を積み上げた。

みんなの賞賛に、彼らはロシアタワーを除いたバベルのタワーを全然建てなかった。

「百のタワー!・聞き・それを持つSun運搬人の城塞はその未来であり、それはなんと輝いている!」

1年後、1941年に、彼はコメントした:

全世界はハルマゲドンに急いで行っている。

誰もが混乱している。

誰もが未来について確信がない。

しかし、ロシア人々は彼らのコースを見つけて、強力な洪水によって、彼らの輝いた将来ごろに流れている。

‘あなたは、私に会うために私に注意を払わなければならない’

人類の輝いた将来は、Shambhalaのように、入り口で立っている。

あらゆる時代での男性と女性の見えざる大学と国家はそれをひと目見て、インパルスに反応した。

新しいミレニアムの最初の年に生きて、私達は古代の計画の広がりに立ち会っている。

夜なしでちょうど同じくらい日が全然ないので、その模造品なしであまりにも本物の新しい時代が全然ない。

‘そして、暗闇が新しい夜明けに譲歩しなければならない時に、そう、私達の現在の暗い時代は鮮orthern Shambhalaの大きなライトにおいて亡くなるであろう’。

フリーメーソンのAtlantism

今日のイベントの混乱の後ろで、古代の戦いは終わっている。

「戦時に、真実はとても貴重なので、彼女はいつも嘘のボディガードによって奉仕されるべきである」とAtlantismウィンストン・チャーチルの使者は言った。

アトランティスの悪い奇術師によってエンパワーメントされて、西洋の秘密結社はユーラシアの秩序とのオカルト戦闘の状態にある。

私達はShambhala(地球の政治と金融の中心とアトランティスの暗闇から引き継がれた悪い業の終わりからの影の兄弟からの放り出し)の新しい時代の到来を待つ。

真実の新しい時代をもたらすことにおいて、Shambhalaを「惑星の意識における生命中枢」と評し、それをキリストのキリストの再臨と関係づけたアリス・ベイリーはまたロシアの特別な役割を予言した:

Russia・will出現の外で そんなにしばしば私があなたに話したその新しく、不思議な宗教 。

それは、人間性とヒエラルキーの間で起こるであろう大きく、差し迫ったアプローチの製品になるであろう。

ライト 一体どの 中のshineth のについて東からの、および東のスピリチュアルな力のこれらの2つのセンターから、西欧に光をあてる;

全世界に正義の太陽の輝きが殺到するであろう。

ロシアに関連した、どのような政治的なイデオロギーのではなく大きく、スピリチュアルな宗派の外観への賦課にでも関して、私はここにいる(それは大きな国家のはりつけを正当化するであろうし、自身を示し、真実の宗教の生命のロシア解説者・多くのロシア人が捜していて、とても古代の予言の位置合せになるであろうその人によって高く持たれるであろう大きく、スピリチュアルなライトの中で焦点が合うであろう)。

11 脚注:

1. アーサー・ウエイト(ばら十字会員の現実の歴史)

2. オカルト設立においてジェームズ・ウェッブによって引用されるようなH.P.ブラヴァツキーの手紙

3. ビクトリアLeのページ、Shambhala:

地上の楽園の神話の後ろの魅力的な真実

4. アレキサンダーDugin

5. ネヴィル・ドゥルーリー(神秘主義と1992年の難解な伝統の辞書)

6. 調和した円の中でジェームズ・ウェッブによって引用されるように

7. シュテファンA.Hoeller(「H.P.ブラヴァツキー:」)

「ミステリーの女性と意識のヒーロー」、探求、秋1991

8. シュテファンA.Hoeller、「難解なロシア」、霊知雑誌、No.31、春1994

9. コカイン グラツァー・ローゼンソールによって編集されたロシアとソビエト連邦の文化におけるオカルト

10. ニコラス・レーリヒ、アジアの中心

アリス・ベイリー、D.Kによる予言。

上記の記事は新しい夜明けNo.68(2001年9月-10月)中で出現した。


蛇足


何の関係も無いように思われる・が。フリーメーソンなどの秘密結社とユダヤ・キリスト教とチベット仏教・ヒンズー教がつながり、世界の時の権力者がシャンバラへと憧れを持ち、霊能者に惹かれて行く・。すべてはこn理想郷へと誘っているのだろうか?



スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

_●幻のワイン、来月東京で競売=ロシア皇帝が収集、1870年ものも

19世紀後半にロシア皇帝が収集を始め、ロマノフ王朝崩壊後も近年まで門外不出とされてきた幻の「マサンドラ・コレクション」を含む貴重なワインを集めたオークションが11月2日、東京で行われる。皇帝の紋章の入った同コレクションの1870年ものサンデマンは150万円からのスタ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR