FC2ブログ

イスラエルの侵略失敗と敗北の後は・・。



Hezbollah’s Victory and the Coming Shock and Awe of Iran


Kurt Nimmo | August 15 2006


It is said the United States has “scaled-back” its “expectations” now that the United Nations has declared a “ceasefire” in Lebanon. “The U.N. agreement is only the most recent example in which Bush’s second-term doctrine of spreading freedom has run into the realities of international and domestic politics,” notes the Baltimore Sun.


Actually, Bush’s doctrine, which has nothing to do with democracy as most people understand the word, ran into the reality of Hezbollah, the most effective resistance movement in the world. Israel’s defeat at the hands of the Shia resistance group, forged and tempered into steel hard resolve over many years by the experience of a brutal Israeli occupation, has dashed the “expectations” of the neocons, who are cut from the same cloth as the Jabotinksyite fascists in Israel. Consumed with racist hubris, both the Israelis and the American neocons expected a decisive victory over Hezbollah. But it didn’t work out that way.


As the Baltimore Sun writes, “many analysts said the U.N. resolution is vague about how Hezbollah would be tamed. The agreement also is vague, they said, about how Iran and Syria would be prevented from continuing to send weapons, including rockets, to Hezbollah. And though the pact calls for Hezbollah to leave southern Lebanon, it remains unclear how the group would be stopped from operating north of the Litani River, about 20 miles from the Israeli border.”


Flip this around. How will the United States be prevented from sending high-tech armaments to Israel, including cluster bombs and DU-tipped bunkerbusters? Does the U.N. “pact” call for Olmert and his gang of war criminals to leave Israel? Hezbollah will not leave southern Lebanon?or as the above seems to indicate, leave Lebanon, period?because the people of southern Lebanon, primarily Shia Muslims, are Hezbollah. The U.N. “agreement” is vague because it is sincerely absurd to believe Hezbollah will leave their country.


“Some analysts said the truce, with its lack of clarity on key points, could turn out to be exactly what Bush said he did not want. And many said Israel’s failure to gain an outright victory has strengthened the political clout of Hezbollah leader Sheik Hassan Nasrallah…. As it became clear that the Israelis were not going to wipe out Hezbollah, support in the White House shifted from the hard-liners, typically led by Vice President Dick Cheney, to the advocates for more diplomacy.”


Of course, this was to be expected, as it is impossible to defeat a resistance movement short of killing every last one of its members and those who support it, that is to say just about everybody in southern Lebanon and a good deal of people in the rest of the country. Israel would like to finish the job of killing large numbers of Lebanese, all considered members of Hezbollah, but for the moment the “hard-liners” (Israel First fanatics in the Pentagon and White House) have lost out to “the advocates for more diplomacy,” that is to say the neolib faction more accustomed to subverting national resistance and liberation movements in less dramatic ways.


In reality, the neocons have a few tricks up their sleeves.


In essence, the U.N.-brokered “ceasefire” is little more than a public relations stunt, as Israel fully intends to continue targeting Hezbollah, that is to say the Shia of Lebanon. “We will continue to pursue the leaders of Hezbollah everywhere and at all times,” Ehud Olmert told a special Knesset session. “This is our moral duty to ourselves, and we have no intention of apologizing or asking anyone’s permission.” Likudite Benjamin Netanyahu threw in his two cents. “There is a danger that threatens our people. Not only us, our soldiers and our economy…. Since Hitler, there has not been an enemy like Ahmedinejad…. He has Hamas in the south, and Hezbollah in the north. This is an existential peril.”


In the world of Jabotinsky fanaticism, up is down and black is white. Ahmedinejad is no Hitler, although the ancestors of Olmert and Netanyahu attempted to snuggle up to the Nazis. In 1941, Avraham Stern, the founder of the Zionist terrorist group Lohamei Herut Israel, proposed intervening in the Second World War on the side of Nazi Germany. Lehi’s partner in terrorism, Irgun, eventually became Herut, and Herut Likud, and now Likud has mutated into Olmert’s Kadima.


It is said, in the wake of the shock and awe invasion of Lebanon, Olmert will soon be history. However, the failure of Olmert will not lead to a reassessment, but rather renewed fanaticism and warmongering, echoed on the “civilian,” that is to say neocon, side of the Pentagon. “A new Israeli regime will not withdraw from any more land, nor shut down any more settlements, nor vacate any part of Jerusalem, nor negotiate with a Palestinian Authority led by Hamas, or by a PLO that is unable to disarm Hamas,” writes Patrick Buchanan.


Where does this leave us? With Israel’s failure to achieve its strategic objectives in Lebanon and America having failed to attain its strategic objectives in Iraq, Nasrallah emerges triumphant, and Syria and Iran emerge unscathed and gloating.


What comes next? That is obvious.


With our War Party discredited by the failed policies it cheered on in Lebanon and Iraq, there will come a clamor that Bush must “go to the source” of all our difficulty?Iran. Only thus can the War Party redeem itself for having pushed us and Israel into two unnecessary and ruinous wars. And the drumbeat for war on Iran has already begun.


“[T]he dangers continue to mount abroad,” wails The Weekly Standard in its lead editorial. “How Bush deals with Ahmadinejad’s terror-supporting and nuclear-weapons pursuing Iran will be the test” of his administration. Yes, the supreme test.


Bush is on notice from the neocons and War Party that have all but destroyed his presidency: Either you take down Iran, Mr. Bush, or you are a failed president.


For a psychological basket case such as Bush, this taunting may be too much to endure. Regardless of the “realities of international and domestic politics,” Bush may heed his neocon taskmasters and push for a shock and awe invasion of Iran.


At this point, the question is: will the neocon free side of the Pentagon be able hold off Bush’s ruinous push for an invasion against Iran?


Probably not.


ヒズボラの勝利とイランの次のショックと畏敬

カート・ニモー|2006年8月15日

国連がレバノンで「停戦」と宣言したので、米国が「期待」を「縮小させます」。と言われる。

「国連協定は、ただの、ブッシュの、自由を広める2番目の期間主義が、国際と国内政治の現実と衝突した最も最近の例である」とボルチモア・サンは注意する。

実際、ほとんどの人々が言葉を理解している時に、民主主義と関係がないブッシュ主義はヒズボラ(世界で最も効果的な抵抗運動)の現実と衝突した。

野蛮なイスラエルの占領の経験によって多く年の間にスチールのかたい決意に鍛えて作られて、調整されたシーア派抵抗グループの手でのイスラエルの敗北は、イスラエルのヤボチンスキーファシストと同じ布地から切られる新保守主義者の「予想」を粉砕した。

人種差別主義者傲慢によって、イスラエル人とアメリカ新保守主義者の両方はヒズボラに対する決定的な勝利を予期していた。

しかし、それはその方法でうまくいかなかった。

ボルチモア・サンが、「多くのアナリストは、国連決議が、どのようにヒズボラがならされるであろうかについて漠然としていると言った」を書く時。

どのようにイランとシリアが、ロケットを含む武器をヒズボラに送り続けることを妨げられるであろうかについて、協定はまた漠然としていると彼らは言った。

「そして、協定が、ヒズボラが南レバノンを去ることを要求するけれども、どのようにグループが、リタニ川の北で動作することを、約20マイル、イスラエル境界から妨げられるであろうかは不明瞭であり続ける」。


どのように米国は、集束爆弾とDUで先端をつけられたバンカーバスターを含めて、ハイテクな軍備をイスラエルに送ることを妨げられるであろうか?

国連「協定」は、オルメルトと彼の戦犯の群れがイスラエルを去ることを要求するか?

ヒズボラは?南レバノンに残さないであろうか、上記が、示すような時に、南レバノンの人々、第一のシーア派イスラム教徒がヒズボラであるので、レバノンに長く残るであろう。

ヒズボラがそれらの国を去るであろうと信じることが心から不合理なので、国連「協定」は漠然としている。

「何人かのアナリストは、停戦が、キーポイントにおける明晰さの不足によって、正確に、ブッシュが、彼が望んでいないものであると判明することができたと言った」。

そして、圧倒的勝利を得ることにおけるユダヤ人の失敗はヒズボラリーダー シーク・ハッサンNasrallah…の政治的影響力を強化した。

「イスラエル人が、ヒズボラを一掃しようとしていなかったことがクリアになるにつれて、一般にディック・チェイニー副大統領によって導かれた強硬派からより多くの外交のための支持者に移ったホワイトハウスでサポートしなさい」。

もちろんこれは、そのメンバーとそれをサポートする人々のすべての最後の1人、すなわち国の他の地域の人々の南レバノンと多くの誰でも殺すことで、抵抗運動を無効にすることが不可能なので予期されていることになっていた。

イスラエルは、ヒズボラの多くのレバノンの、考慮されたすべてのメンバーを殺す仕事を終えたいけれども、さしあたり、「強硬派」(国防総省とホワイトハウスのイスラエルの最初の狂信者)は、「より多くの外交のための支持者」、すなわち、よりドラマチックでない方法で全国的な抵抗と解放運動を破壊することにもっと慣れているneolib派閥に敗北した。

現実において、新保守主義者は少しの計略をこっそり用意している。

本質において、イスラエルが完全に、ヒズボラ、すなわちレバノンのシーア派を目標とし続ける時に、国連で仲介業を行われた「停戦」は広報スタントより多くである。

「私達はヒズボラのリーダーをどこでも、いつも追跡し続ける」と、エフード・オルメルトは特別なイスラエル国会セッションに言った。

「これは自身への私達の道徳的な義務であり、私達は、謝ることも、誰の許可でも要求するつもりは全然ない」.Likuditeベンヤミン・ネタニヤフは彼の2セントにおいて投げた。

「私達の人々を脅かしている危険がある」。

私達だけではなく私達の兵士と私達のeconomy…。

ヒトラー以来、Ahmedinejad…のような敵がなかった。

彼は南のハマスと北のヒズボラを持っている。

「これは実存主義の危険である」。

ヤボティンスキー狂信の上の世界に下りがあり、黒は白い。

オルメルトとネタニヤフの祖先が、ナチに寄り添うことを試みたけれども、Ahmedinejadは全然ヒトラーではない。

1941年に、Avrahamスターン(シオニズムテロリストグループ、Lohamei Herutイスラエルの創立者)は、ナチスドイツ側で第二次世界大戦に介入するのを提案した。

テロについてのリーハイのパートナー、イルグーン団は結局HerutとHerutリクードになり、今、リクードはオルメルトのKadimaの中に変異した。

レバノンのショックと畏敬侵略の後で、オルメルトがすぐ歴史になるであろうということは言われる。

しかし、オルメルトの故障は再評価をもたらさないであろうけれども、むしろ、国防総省の「民間の」、すなわち新保守主義者の側で反復されて、狂信と戦争挑発を更新した。

「新しいイスラエルの政権は、より以上の土地から引っ込んでより以上の決着を閉鎖してエルサレムのどのような部分でも引き払ってハマスによってまたはハマスの武装を解除することができないPLOによって導かれたパレスチナ自治政府と協議しないであろう」とパトリック・ブキャナンは書く。

これはどこで私達と別れるか?

イラクでその戦略的な目的を達成することに失敗して、レバノンとアメリカでその戦略的な目的を達成することにおけるユダヤ人の失敗によって、ナスララは勝利を得て出現し、無傷で、ほくそ笑んで、シリアとイランは出現する。

何が次に来るか?

それは明らかである。

ブッシュはすべての私達の困難?イランの「ソースに行かなければならない」喧騒が、レバノンとイラクにおいて元気づけられた失敗した方針、それにより疑われた私達の戦争パーティーとそこで会う。

従って、主戦派は私達とイスラエルを2つの不要で、破滅的な戦争に駆り立てたために自身を救うことができる。

そして、イラン上の戦争のための太鼓の音はすでに始まった。

「危険は外国に登り続ける」は、そのリード論説において毎週標準を嘆き悲しむ。

彼の政権の、「どのようにブッシュがAhmadinejadの恐怖サポートと核兵器追跡のイランと取り引きするかはそのテストになるであろう」。

はい最高のテスト。

ブッシュは、新保守主義者からの通知とほぼ彼の大統領任期を破壊した主戦派の上にいる:

あなたはイラン、ブッシュさんを落とすか、あなたは失敗した大統領である。

ブッシュなどの心理学的な手足を全部失った人のために、このあざけりは、耐えるにはあまりにも多くであるかもしれない。

「国際と国内政治の現実」を問わず、ブッシュは彼の新保守主義者の工事監督に注意を払い、イランのショックと畏敬侵略を要求することができる。

この時点で、問題は以下の通りである:

国防総省の新保守主義者の自由な側はイランに対する侵略のためにブッシュの破滅的な押しから有能な支配力になるであろうか?

たぶん違う。


蛇足


イスラエルの敗北で、アメリカのネオコンの戦略は、挫折してしまったのか?しかし、イランに難癖をつけて介入する段取りが、ハマスやヒズボラが強固になりイラクまで波及するだろう・。イスラエルは自慢の空軍や陸軍がヒズボラのロケット攻撃に沈黙してしまった。侵略する方は電撃的に蹴散らして行けばできると、高をくくっていたが、簡単に標的にされ、頓挫してしまった。イスラエル製の武器やアメリカ製の武器が、イランやシリアの後進国の武器にやられるとは思わなかったろう。無人飛行機による虐殺も、標的による恐怖が、ただの玩具で無人なので妨害しやすいのだ・。イスラエルのオルメルトも面子丸つぶれで、戦略を見直して再度攻撃を仕掛けるにも、弱点がバレたので、無謀な判断だ・。イルミナティもそこかしこで、頓挫しているように思われる・。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR