FC2ブログ

ところで、ヒズボラって何や??

UN-Compromising Hizb'allah












'Arguably, the best guerrilla force in the world'



Intelligence experts attribute Hizballah's resilience to zeal, secrecy and assymetrical organization. Israel has never been able to get the upper hand in the intelligence war with Hizballah. Hizballah's military wing, al-Moqawama al-Islamia (Islamic Resistance), is not easily penetrated by outsiders, but has had great success in intelligence operations against Israel. Nearly the entire Shiite population of south Lebanon acts as eyes and ears for the fighters, so it is little surprise that Israel initially concentrated on eliminating regional communications systems and forcing the local population from their homes in the border region.











The Home Base

Shiites comprise about 40% of Lebanon's 4 million inhabitants. Because Hizballah was entrenched in friendly Shiite-inhabited villages and underground bunkers constructed in secret over several years, a withering Israeli air campaign and a tank-led ground assault were unable to establish full control over a border strip and maintain it clear of Hizballah guerrillas. Note that Sunni, Shia from the Amal movement, PLO operatives and leftist groups also, faced the Iraelis in the southern region under the leadership of Hizballah.







The Means

Most of the antitank missiles, Israeli officers noted, could be dragged out of caches and quickly fired with two or three-man launching teams at distances of 3,200 yards or more from their targets. One of the most effective was the Russian-designed Sagger 2, a wire-guided missile with a range of 550 to 3,200 yards. Some antitank missiles also can be used to attack helicopters, which has limited the military's use of choppers in rescues and other operations.



In one hidden bunker, Israeli soldiers discovered night-vision camera equipment connected to computers that fed coordinates of targets to the Sagger 2 missile, according to Israeli military officials who described the details from photographs they said soldiers took inside the bunker.







In a recent statement, Hizballah's armed wing, al-Moqawama al-Islamia, described Israel's main battle-tank, the Merkava-4, as "a toy for the rockets of the resistance," (al-Manar TV, August 11.) Hizballah's anti-tank weapons consist of a variety of wire-guided missiles (usually of Russian design and manufactured and/or supplied by Iran and Syria) and rocket-propelled grenade launchers, (RPGs.) -- most strikingly, destructive against the Israeli advanced armor plated Merkava-4 battle tanks was an improved version of the RPG-29.



The weapon used in an attack against an Israeli warship that killed four commandos was identified by the Israeli military as an Iranian-made C-802 Noor radar-guided land-to-sea missile (range 95 km). [Hizballah claims to have hit 3 Israeli ships during the war] Most other missiles used by Hizballah are Iranian-made, including the Raad 2 and 3 models (used against Haifa), the Fajr-3 and 5 and, allegedly, the Zelzal-2, with a range of 200 km.

http://www.jamestown.org/terrorism/news/article.php?search=1&articleid=2370089







The Israeli Intelligence Failure

Israel invaded Lebanon in 1978 and in 1982 in order to liquidate the Palestine Liberation Organization during the 1980s. In that war, Israeli forces punched straight northward and reached Beirut in a few days with only minor resistance. Israeli officers thought they could duplicate that performance against Hizballah with similar impunity.



This overestimation of Israeli capabilities and underestimation of Hizballah resources are marked failures of Israeli intelligence and bring into question the veracity of the claim that Hizballah has been infiltrated.



One reason for the sharp difference from previous Israeli invasions is that Israeli intelligence had much less detail on Hizballah forces, tactics and equipment than it had on the PLO, which was infiltrated by a network of spies, said Trabulsi, a political science professor at Lebanese American University. "Hizballah is not penetrated at all," he said.



A military analyst notes throughout the sweep of fighting over the last month -- when Israel on several occasions said it controlled the terrain, only to continue fighting in the same border villages -- suggested intelligence had not provided an adequate appreciation of the battlefield.


"I think it's no secret that the Israeli military didn't have the intelligence on this," said Richard Straus, who publishes the Middle East Policy Survey newsletter in Washington. "They didn't know what Hizballah had, how it had built up, what it was capable of."



Hizballah's resistance to penetration by Israeli intelligence was part of a culture of secrecy extreme even by the standards of underground guerrilla forces. The code fit with a tendency toward secrecy in the Shiite stream of Islam, called faqih. It also fit with a sense of solidarity against others that Lebanese Shiites have been imbued with since the beginning of their emergence as a political force in the mid-1970s, when their first organization was called the Movement of the Deprived.



One young Lebanese doctor learned that her brother had been a Hizballah fighter for several years only when the movement notified her he had been killed, colleagues said. Similarly, a Lebanese man found out his brother was a senior Hizballah militia officer only when informed of his death; the brother had cloaked occasional trips to Tehran by saying he was trying to start an import-export business.



Even the movement's political leadership was kept in the dark about many military and intelligence activities. Ghaleb Abu-Zeinab, a member of Hizballah's political bureau, said in an interview, for instance, that he was not informed about operations on "the field," Hizballah shorthand for the villages and hillsides across southern Lebanon where the battles raged.


They have a military and intelligence organization totally separated from the political organization.

Hizballah's command structure is decentralized, which makes it difficult to eliminate. The military operations are carried out in small cadres, but are often coordinated. Hizballah's choice of communication was the walkie-talkie, because they feared breaches would occur if they used sattelite based or fixed systems of communications.



A dramatic example of the secrecy and careful preparations for conflict with Israel was Hizballah's al-Manar television. The station has kept broadcasting its mix of news and programs from hidden studios throughout the fighting, despite repeated Israeli airstrikes against its buildings, relay towers and antennas across the country. Some Lebanese opined that the broadcasts seemed to include coded messages to Hizballah fighters in southern Lebanon. But as with most things about Hizballah, they were not really sure.







Sayyed Hassan Nasrallah, the Secretary General of Hizballah, used al-Manar to make a number of speeches rallying his followers and explaining his strategy to Lebanon and the world at large. With his cleric's turban and student's mien, appearing on the screen in pre-taped broadcasts, he was perhaps the biggest secret of all, hunted by Israeli warplanes and spy drones safely, planning in a location about which Lebanese and Israelis alike could only guess.






Israeli warplanes attacked Secretary General of Hizballah, Sayyed Hassan Nasrallah's residence and Hizballah's main headquarters in an apparent assassination attempt, and Israel vowed to press its offensive in Lebanon until the Shiite Muslim militant group was destroyed and disarmed. A number of IDF special forces operations into the towns of Balbaek and Tyre, described by some media sources as "daring," only resulted in lackluster kidnappings of a grocer named Hassan Dib Nasrallah and other civilians.



It is expected that Israel would attempt to establish intelligence assets inside Lebanon and Hizballah in particular. The depth or effectiveness of which however, is not substantiated by the operational situation that unfolded during and before the war.



For instance, according to JPost.com, Lebanese security and Hizballah intelligence units uncovered what they claimed was a "prominent" Israeli spy ring that had been active in Lebanon since 1990, the Lebanese As-Safir newspaper reported before the war on Wednesday, June 14, 2006. The Lebanese intelligence sources said it had dismantled a network used by the Israeli spy agency Mossad, to carry out attacks in Lebanon, mainly against Hizballah and pro-Syrian Palestinian groups. The ensuing arrests amounted to over 80 Israeli operatives being jailed and interrrogated, which significantly, degraded Israeli intelligence in Lebanon. Subsequently, confesssions made by the saboteurs informed Hizballah of an impending attack by Israel early in the fall.


sources:http://www.lebaneselobby.org/News__index/news%202006/06%2013%2006%20Lebanon%20says%20Israeli%20spy%20cell%20exposed.html


http://www.middle-east-online.com/english/?id=16721



The Mossad and Israeli military intelligence, previously stellar organizations in the Middle East and elsewhere, were caught completely offguard and with their pants down regarding Hizballah's latest capabilities. Why was this a guessing game? Why wasn't the intelligence "in" on Hizballah? You mean to tell us that no such intelligence agents have been able to infiltrate Hizballah and sit in on their strategy meetings? No Mossad agent or any other IDF military agent has been able to penetrate them and really, have a definitive analysis as to their motives, their short and long term goals? You mean to tell us that it was down to bloggers' brigades and posters to analyze and propagate Hizballah tactics? These ostensibly, are some of the poignant questions being asked by citizens and the defense establishment of Israel in the aftermath of Hizballah's valiance.




This is why they fight and must continue to resist to guard against an encroaching Israeli State ever more thirsty for land, resources and power! Hizballah and such grassroots movements certainly, have to wedge a niche for themselves in the face of the hegemons. More power to them and may justice and peace reign in the age old confrontation with oppression.



Crux of the matter is, Mossad and IDF intelligence were unable to infiltrate, analyze and subdue Hizballah and Lebanese resilience. These deficiencies along with operational failures on the battlefield (to locate and assassinate Sheikh Nasrallah and other Hizballah leaders after repeated attempts and dissuade the resolve of the polutation) eventhough, razing Lebanese civil infrastucture, wounding many thousands, killing over a thousand civilians and turning over a million into refugees ultimately, lead Israel to realize the futility of the adventure, leaving Hizballah mostly, intact and UN-compromising.





妥協しないHizb'allah

‘世界で間違いなく最もよいゲリラ部隊’

情報活動の専門家はヘズボラの弾性を熱心、秘密、およびassymetricalな組織に帰している。

イスラエルは、一度も、ヘズボラとの知能戦争において優位を得ることができたことがない。

ヘズボラの軍事組織、al-Moqawama al-Islamia(イスラム抵抗)は部外者によって容易に侵入されないけれども、イスラエルに対して情報収集活動についての大成功をした。

ほとんど、南のレバノンの全シーア派信徒人口が戦闘員よる目と耳として作動するので、イスラエルが最初、地域の通信システムを取り除き、境界地域で彼らの家からの地元の住民を強制することに集中したのはほとんど驚きではない。

ホームベース

シーア派信徒はレバノンの400万人の住民の約40%から成っている。

いくつかの年の秘密において建設された友好的なシーア派信徒住んだ村および地下の燃料庫でヘズボラが確立されたので、しぼんでいるイスラエルの空気キャンペーンおよび戦車に導かれた地上戦猛攻撃は、境界ストリップの上の完全なコントロールを設立することができず、それを維持する ヘズボラゲリラ兵はいない場所 。

スンニ派、アマール動きからのシーア派、PLOスパイ、および左翼がまたグループにする注はヘズボラのリーダーシップの下に南の地域にIraelisに直面していた。

方法

イスラエルの幹部は、対戦車ミサイルのほとんどはキャッシュから引きずり出されて、彼らの目標からの3,200ヤード以上の距離で2つまたは3人のスタートチームと迅速に発射されることができたと注意した。

最も効果的なものの1つはロシア人でデザインされたサガー2(550から3,200ヤードの範囲を持つ有線誘導のミサイル)であった。

いくつかの対戦車ミサイルはまた、ヘリコプターを攻撃するために使われることができる(それが救助と他の操作においてチョッパーの軍隊の使用を制限した)。

1つの隠れた燃料庫で、彼ら兵士が燃料庫の中でとったと言われる写真から、詳細を説明したイスラエルの軍幹部によると、イスラエルの兵士は、目標の座標をサガー2ミサイルに入れたコンピュータと接続された暗視のカメラ機器を発見した。

(al- Manarテレビ、8月11日。)

ヘズボラの対戦車武器は、各種の有線誘導のミサイル(ロシアのデザインと製造されて、および/または、通常イランとシリアから供給される間の)およびロケット推進式の手榴弾カタパルトから成る、(RPGs。)

--とても著しく、イスラエルの高度な鎧に対して破壊的に、メッキがはがれたメルカヴァ4戦闘戦車はRPG-29の改善されたバージョンでやられた。

4つの特別奇襲部隊を殺したイスラエルの軍艦への攻撃において使われた武器は、イラン人で作られたC-802ノアのレーダーで誘導された陸対海ミサイル(95kmを射程)としてイスラエルの軍隊によって識別された。

[ヘズボラは、戦争中に3隻のイスラエルの船に当たったと主張する]ヘズボラによって使われたほとんどミサイルは、Raad 2と3つのモデル(ハイファを背景として使われる)(Fajr-3と5と申し立てによるとZelzal-2)を200kmの範囲に含めて、イラン製である。

http://www.jamestown.org/terrorism/news/article.php?search=1&articleid=2370089


イスラエルのインテリジェンス故障

1980年代の間パレスチナ解放機構を清算するために、イスラエルは1978年に、そして1982年にレバノンを侵略した。

その戦争において、イスラエルの軍は小さな抵抗だけ数日間でまっすぐに北へ向かい、そしてベイルートに達して、ベイルートに占領した。

イスラエルの幹部は、彼らが同様に抵抗なしにヘズボラに対してその性能を見せ付けることができたと思った。

イスラエルの機能のこの過大評価とヘズボラ資源の過少評価はイスラエルのインテリジェンスの故障とマークを付けられて、ヘズボラが浸透しているという主張の正直さを問題に至らせる。

前のイスラエルの侵略からの鋭い違いの1つの理由は、イスラエルの諜報が、スパイ網によって浸透させられたPLOの中に、それが持っていたよりずっと少ない詳細な記述をヘズボラ軍、戦術、および機器の中に持っていたことであるとTrabulsi(レバノンのアメリカ大学の政治学教授)は言った。

「ヘズボラは全く侵入されていない」と彼は言った。

軍事アナリストは、先月--何度ものイスラエルが言った時に、同じ境界の村で戦い続けるためだけに、それは地形をコントロールした--について戦う掃討作戦にわたって、提案された諜報が戦場の適正な理解を提供しなかったことに注意する。

「私は、イスラエルの軍隊がこれに諜報活動を抱かなかったことが全く秘密でないと思う」と、ワシントンで中東方針調査ニューズレターを出版するリチャード・シュトラウスは言った。

「彼らは、ヘズボラが何を持っていたか、どのようにそれが増進したか、それが何が可能であったかを知らなかった」。

イスラエルの諜報による貫通力は、ヘズボラの抵抗として地下のゲリラ部隊の標準による秘密の一部でしかない。

コードはファキーフと呼ばれるイスラム教のシーア派信徒ストリームの中の秘密への傾向に適合していた。

レバノンのシーア派信徒が、彼らの最初の組織がDeprivedの動きと呼ばれた1970年代の中頃の政治的な力としての彼らの出現の最初以来吹き込まれている他に対して、それはまた連帯感に適合していた。

1人の若いレバノンの医師は、彼が殺されたのを彼女に通知した時だけに、彼女の兄弟が数年の間ヘズボラ戦闘員であったことを知ったと同僚は言った。

同様に、レバノンの人は、彼の兄弟が彼の死を知らせられる時だけにシニアのヘズボラ民兵組織幹部であったとわかった;

兄弟は、彼が、輸入輸出業を始めようとしていたと言うことによってテヘランへの時々する旅行を覆い隠した。

政治的な動きのリーダーシップさえ多くの軍隊と情報活動について秘密にしておかれた。

例えば、Ghaleb Abu-Zeinab(ヘズボラの政治局のメンバー)は、彼が、「フィールド」、村のためのヘズボラ速記、および戦いが激しく続いた南レバノンを横切る山腹の上の行動を知らせられないとインタビューにおいて言った。

彼らは政治団体からすっかり分離した軍隊と情報組織を持っている。

ヘズボラのコマンド構造は分権化される(それが、取り除くことを難しくする)。

軍事行動は小さな骨子で実行されるけれども、しばしば調整される。

彼らが通信の軌道上衛星チェックアウト手順書で基づいたか、固定されたシステムを使ったならば、違反が起こるであろうということを恐れていたので、通信のヘズボラの選択はその携帯用無線電話機であった。

イスラエルとの衝突のための秘密と慎重な準備のドラマチックな例はヘズボラのal-Manarテレビであった。

ステーションはニュースのその混合を放送し続けて、国中いたるところのその建物、リレータワー、およびアンテナを背景とした再三のイスラエルの空爆にもかかわらず戦いにわたって隠れたスタジオからプログラムする。

何人かのレバノン人は、放送が、ヘズボラ戦闘機へのコード化されたメッセージを南のレバノンに含めるようであったと考えた。

しかし、ヘズボラについてのほとんどの物と同様に、彼らは本当は確信していなかった。

彼の追従者を結集していて、全体として彼の戦略をレバノンと世界に説明している多くのスピーチをするために、SayyedハッサンNasrallah、ヘズボラの事務局長はal-Manarを使った。

彼の牧師のターバンと学生の物腰によって、前テープに録音された放送におけるスクリーンに現れて、レバノン人とイスラエル人が同様に推察することができただけの位置で計画を立ててイスラエルの軍用機とスパイ無人機によって安全に探し回られて、彼はたぶん最も大きな秘密であった。

イスラエルの軍用機は明白な暗殺の企てにおいてヘズボラ、SayyedハッサンNasrallahのレジデンスとヘズボラの主要な本部の事務局長を攻撃し、イスラム教シーア派武装グループが破壊されて、解除されるまで、イスラエルは、その攻勢をレバノンに押し込むことを誓約した。

Balbaekとチールの町の中への多くのIDF特殊部隊操作は「あえて」として何人かのメディア関係筋によって説明し、ただ、ハッサン・ディブNasrallahと他の民間人という名の食料雑貨商のさえない誘拐を結果として生じていた。

イスラエルが、特にレバノンとヘズボラの中で知能財産を設定することを試みるであろうということは予期されている。

しかし、どれが、戦争の間と前に展開した操作上の状況によって深さまたは有効性実体化されないか。

例えば、JPost.comによると、レバノンのセキュリティとヘズボラの情報部隊は、彼らが、1990年以来ずっとレバノンでアクティブであった「突出した」イスラエルのスパイ組織であったと主張したものをむきだしにしたとレバノンのSafirとしての新聞は2006年6月14日水曜日に戦前報告した。

レバノンの情報筋は、それが、主にヘズボラと親シリア人のパレスチナのグループに対してレバノンで攻撃を実行するためにイスラエルのスパイエージェンシー モサドによって使われたネットワークを分解したと伝えていた。

続き逮捕は、80人を超えるイスラエルのスパイ〈拘留されて、interrrogatedされた which かなり 〉に相当していた レバノンの低下したイスラエルのインテリジェンス 。

その後、計画的妨害者によって作られたconfesssionsは秋に早くイスラエルによる差し迫った攻撃をヘズボラに知らせた。

モサドとイスラエルの軍事情報(中東の以前に星の組織と他の場所)は完全にoffguardをつかまえられて、ヘズボラの最新の機能を考慮に入れる下でそれらのズボンに使われていた。

なぜこれは推察ゲームであったか?

なぜ「中」知能はヘズボラの上になかったか?

あなたは、私達に、どのそのようなスパイも、ヘズボラを浸透させて、彼らの作戦会議の上に座り込むことができなかったと言うつもりである?

どのモサドエージェントまたはすべての他のIDF軍隊エージェントも、それらに侵入することができなく、本当に、それらの動機についての最終的な分析、それらの要点、および長期の目標はしたか?

あなたは、私達に、それが、ヘズボラ戦術を分析し、伝達する書き込む人の旅団とポスターにダウンしていたと言うつもりである?

表面上はこれらは、市民と防衛体制によりヘズボラの勇敢の余波のイスラエルにされている痛烈な問題のうちのいくつかである。

そんなわけで、彼らは戦い、さらに土地、資源、およびパワーを熱望している浸食イスラエル人Stateを警戒するために抵抗し続けなければならないか!

ヘズボラとそのような原点ムーブメントは確かに、自身のためのニッチを覇権者の面前に押し込む必要がある。

それらへのより多くのパワーおよび年古い対決において抑圧によってすることができる 公正と平和治世 。

問題の核心はそうであり、モサドとIDF知能は、ヘズボラとレバノンの弾性を浸透させて、分析し、征服することができなかった。

レバノンの文民のインフラを破壊していて、多くの人を傷つけていて、千人を超える民間人を殺していて、最終的に避難民の中に百万を引っくり返している、戦場(Nasrallah家長と再三の試みの後の他のヘズボラリーダーを突き止めて、暗殺し、polutationの決意を説得する)eventhoughの上の操作上の故障とともにこれらの不足のために、イスラエルは、そのままで、妥協しないでたいていヘズボラを残して、冒険の空しさを実現する気になる。








蛇足


敵を知らず、己を知らぬは百戦して百敗する。イスラエルのモサドはヒズボラの情報を掴んでいなかった。また、イスラエル軍の戦略、戦術は昔のままであることがバレてしまった。圧倒的な火器と物量にはどのように対処すればいいのか?の見本のような行動である。


テロなどと勝手に烙印されるが、民族解放、レジスタンスなのだろう・


メルカバ4戦車の雄姿:http://www.youtube.com/watch?v=PlPKnMBRTKM&mode=related&search
=


鉄の棺桶になったメルカバ4戦車(イスラエル最新鋭戦車):http://www.youtube.com/watch?v=ltCxHIWj658
  


                                     http://www.youtube.com/watch?v=Bc0aDqnszc0




日本の忍者のイメージがあるな・。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR