FC2ブログ

イスラエルに対する米国の支援

May 24, 2005



Remarks by Senator Hillary Rodham Clinton to the 2005 American Israel Public Affairs Committee Policy Conference


As Delivered


"Thank you. Thank you. Thank you very much. Thank you. Thank you, Lonny.


Welcome to Washington for this extraordinary AIPAC conference. I'm told that the attendance far surpasses any other conference, and it's always been one of the biggest gatherings that Washington hosts every year. So I congratulate you for being here in these numbers with this energy and enthusiasm.


I also thank my friend Bernice, who has served so well on behalf of AIPAC, and congratulate Howard Friedman, the incoming president. I thank Howard Kohr, your executive director; Amy Friedkin; and everyone who works so hard for AIPAC not just when there is a great gathering, like this conference, but every single day, working with us in the Congress working here in Washington.


I want to take just a few minutes to discuss some of the significant challenges facing the United States, Israel and our world today. As you know better than most, events in the Middle East are absolutely critical to our hope for a safer, more secure world, a world in which every nation is free from the threat of global terrorism. And a strong, lasting relationship between the United States and Israel is essential to our efforts to build that world of peace and security.


As all of us know, our future here in this country is intertwined with the future of Israel and the Middle East. Now there is a lot that we could talk about, and obviously much has been discussed. But in the short period that I have been given the honor of addressing you, I want to start by focusing on our deep and lasting bond between the United States and Israel.


Now, these are bonds that are more than shared interests. These are bonds forged in a common struggle for human rights, for democracy, for freedom. These are bonds that predate the creation of the state of Israel, that really predate the creation of the United States because they are rooted in fundamental beliefs and values about the dignity and rights of men and women to live in freedom, free from fear, free from oppression. And there is no doubt that these incredibly strong bonds and values will remain as the lodestar of our relationship with our democratic friend and ally, Israel.


Now, Israel is not only, however, a friend and ally for us, it is a beacon of what democracy can and should mean. It is, after all, a pluralistic democracy. It is, as many of us know from personal experiences, a very dynamic democracy with many points of view, and those are expressed with great frequency and vigor. So if people in the Middle East are not sure what democracy means, let them look to Israel, which has been and remains a true, faithful democracy.


But we know that the goal, the important, essential goal of a democratizing Middle East is complex, and it is not without risks. A few months ago, I went for the second time to Iraq and Kuwait and Afghanistan and Pakistan, and I returned home with hopefulness about what I had seen and learned, but also with a sense of caution about how we should proceed. In Iraq I saw firsthand the daily challenges confronting the Iraqi people. I met with a number of our troops, the brave young men and women who are on freedom's frontlines in Iraq. I met with our civilian representatives in the embassy and other agencies who are also risking their lives to help the Iraqi people.


And I met with representatives of the former interim Iraqi government and the newly elected Iraqi government, as well as private Iraqi citizens.


Now I came away with several overwhelming impressions. First, no matter what one thinks about events that have unfolded in Iraq, there is no doubt that the American military has performed admirably, with professionalism, and that every young man and woman who wears the uniform of our country deserves our support, whether they be active duty, guard, or reserve troop.


You know, it is on trips like that -- despite the often dangerous circumstances, I wish I could bring every one of my constituents -- all 19 million of them and any others who could come -- to see firsthand. I flew from Baghdad to Fallujah in a Blackhawk helicopter; met with the Marines who had liberated Fallujah from the insurgents and terrorists.


I met with many others of our Marines and soldiers who are committed to their mission to try to bring freedom to the people of Iraq. They, as well as the troops I saw in Kuwait and in Afghanistan, are committed to this fundamental belief that people deserve the right to be free, deserve the right to select their own government, deserve the right to plot and plan for a better future for themselves and their children.


I hope that each of you, as you travel through your states and communities, will make it a point to thank these young people, because they're paying a very high price: 1,600-plus lost their lives; thousands and thousands have returned home grievously injured. Because of the advances in battlefield medicine and the new body armor that our troops wear, many are surviving injuries that would have left previous generations of young men and women dead.


So there is no doubt that America has started down a path, with blood and treasure, to try to create the condition for democracy and freedom in the Middle East -- which has consequences for the entire region, for our security, and certainly for Israel's.


At this critical time in this complicated situation we find ourselves in, I think it's important to recognize the extraordinary stand that Prime Minister Sharon and the democratically elected government of Israel have taken as they face the risks and challenges of disengagement and as they try to deal with the newly elected Palestinian leadership.


The prime minister -- whom I am pleased to note will follow me to this stage -- and the state of Israel that he has devoted his entire life to serving are taking a tremendous risk.


I believe it is our obligation as friends and supporters and allies of Israel to support Israel's efforts for peace, stability and security. Now, this means doing more than providing Israel with economic aid so that it can remain strong in the face of ongoing threats. We must also demand that President Abbas dismantle the structures of terror that the Palestinian leadership has employed for so long.


You know, in a democracy, even a fledgling democracy, leaders must be held accountable. And President Abbas must be held accountable for the actions taking place under his leadership. I know that you are asking your senators and representatives to sign on to a letter to President Bush about this, and I'm proud to support these efforts because there can be no doubt that as Israel and its democratic government take these steps and we support them, there has to be reciprocity on the other side as well.


And making progress toward peace and security also requires the end of the barrage of hate and incitement that is still officially sanctioned by the Palestinian Authority. Now, I was relieved to learn this week that the Palestinian Authority removed the Protocols of the Elders of Zion from its website. Reportedly, it had been included on the website under the heading "history of Zionism," but what was it doing there in the first place even though we are relieved that it is no longer there?


We must continue to be vigilant about monitoring hate and incitement and anti-Semitism, not only by the Palestinian Authority but throughout the Arab world. Saudi textbooks characterize Jews as wicked. Iranian news reports, obviously representing the opinion of their government, have lent credence to Holocaust deniers. This is an issue that all of us need to be concerned about.


And five years ago, I stood with my friend, Elie Wiesel, to denounce this incitement, this violence, this anti-Semitism in Palestinian textbooks. And I've been working on this issue because to me it is one of those basic issues that -- how do we expect to have a democratically elected Palestinian government if their textbooks are still preaching such hatred, and if we allow this if we allow this dehumanizing rhetoric to go unchallenged. Because what is happening is young minds are being infected with this anti-Semitism, and that is going to run counter to what we hope can happen over the next years as we do work for peace and stability.


So we must continue to shine a bright spotlight on these messages of hatred and these enticements for martyrdom in these textbooks and on the media that take young minds and twist and pervert them and create a new generation of terrorists and insurgents.


About a year and a half ago, I held a hearing with Senator Specter on the Palestinian media, and I confronted the Palestinian Authority representative about this issue, whom we had invited to come and address the Senate committee. I urged him to acknowledge that when it comes to children, whoever those children are, shielding them from hate and violence should be the number one priority of their families and their governments and the entire global community to prevent this hatred from festering.


Using children as pawns in a political process is tantamount to child abuse, and we must say it has to end now!


And, of course, that infection is contagious, and it can spread beyond the Palestinian territories. It can spread into other parts of the Arab world, and it can impact what goes on there.


And of course, one of the areas I am deeply concerned about is Iran, and its pursuit of nuclear weapons, because a nuclear-armed Iran would shake the foundation of global security to its very core. Israel would be most immediately and profoundly threatened by this development, but Israel would not be alone. Knowing of Iran's historic and present ties to terrorist networks, how would we feel, here in America, if the Iranians could start producing nuclear weapons at will? How would the Europeans feel if Iran could start nuclear weapons at will?


So let us be unequivocally clear. A nuclear-armed Iran is unacceptable, but it is not just unacceptable to Israel and to the United States. It must be unacceptable to the entire world, starting with the European governments and people.


I know that during your conference and in the lobbying that you will be doing on Capitol Hill, you're trying to draw attention to the threat that is posed by a nuclear Iran. And I commend you for these efforts; this is one of our most serious security and foreign policy priorities. And we need to make working with our allies to prevent an Iranian nuclear weapon a top priority.


Now one of the terrorist groups that Iran supports is Hezbollah. And we know that Hezbollah poses a direct and dire risk to the stability of the Middle East. Syria's withdrawal from Lebanon -- which is very good news for the Lebanese people -- also creates an opportunity for Hezbollah to wreak havoc.


So we need to remain vigilant about the terrorist threat and work to stop the flow of support to Hezbollah from Syria and Iran. And we need to convince our European allies of Hezbollah's threat to order in the region and to the civilized world, and convince them to designate Hezbollah as a terrorist organization.


And the Europeans must do more to cut off the funding and the fund-raising that goes on in Europe for Hezbollah, Hamas, and Islamic Jihad as soon as possible.


Now, there are many other important and pressing issues that must be on our agenda, but I know that as you travel to the Hill to meet with your representatives and senators, you will be presenting a very thoughtful and compelling analysis of these and other challenges we face. I thank you for not only being willing to stand up for our values and our relationship with Israel, but also to take your responsibilities as citizens seriously, to lobby and to advocate, to persuade and to dissuade, to discuss these critical issues with all who will listen.


We are living at an extraordinary moment in history. There are some days when I am very optimistic, and there are other days, I have to confess, when I'm pessimistic. I guess that just goes with the territory. But what I am absolutely convinced of is that our common values, values shared and exemplified by our country and by Israel, are the right values, the values that everyone should have an opportunity to be exposed to and to understand and, hopefully, to emulate.


There is no other option in the world that, as Tom Friedman said, has been flattened. We can communicate with each other, we can be transported over long distances quickly, we can follow events in other places far away. And therefore, we need to recognize that our struggle, our ongoing struggle for freedom and democracy is the only way that we can ensure that in this shrinking, flattened world, our children will have a chance for peace and security.


We cannot shrink from the duty that this time has imposed upon us. We can have great -- and we should -- great debates and discussions about what are the best ways to proceed and to pursue these common objectives. We need that. We need that debate and discussion because we are in uncharted territory. No one has all the answers, and we need the combined intelligence and good ideas of as many people as possible.


So what you are doing today is not only on behalf of AIPAC, not only on behalf of Israel, not only on behalf of the strong and enduring relationship between the United States and Israel; it is truly on behalf of the kind of world we want for our children and, for those lucky enough, grandchildren.


And we cannot grow weary. This is a long, arduous path. Israel, Israelis, the American Jewish community and the broader diaspora know about this struggle and this path better than most.


So if we resolve not to grow weary, but to pursue these values together, I am ultimately not only optimistic, but confident that the world will see a better and brighter day, and our children will thank us for making it possible.


Thank you all very much. God bless you."


2005年5月24日

2005年の米国イスラエル公共問題委員会方針会議へのヒラリー・ロダム・クリントン上院議員による意見

「ありがとう。」

ありがとう。

どうもありがとう。

ありがとう。

ありがとう、ロニー。

この並みはずれたAIPAC会議のためにワシントンへようこそ。

私は、出席が遠くどのような他の会議でもしのいでいると言われて、ワシントンが毎年主催するのはいつも最も大きな集まりの1つであった。

従って、私はこのエネルギーと熱狂によってこれらの数においてここにいるためにあなたを祝う。

私はまた、AIPACのためにそんなによく勤務していた私の友人Berniceに感謝し、ハワード・フリードマン、新しい大統領を祝う。

私はハワード・コール、あなたの常勤役員の仕事に感謝する;

エイミー フリードキン;

そして、まさにそこの時にAIPACのためにそんなに熱心に働かない誰もが、ワシントンでここで働いている議会で私達とともに働いて、すべての日を除いてこの会議のような大きな集まりである。

私は、今日米国、イスラエル、および私達の世界に直面している重要な挑戦のいくつかを議論するためにほんの数議事録を取りたい。

あなたが最も多くよりよく知っているように、中東のイベントは、より安全で、より安全な世界、すべての国家がグローバルなテロの脅威がない世界のための私達の希望に完全に重大である。

そして、米国とイスラエルの間の強く、続いている関係は、平和とセキュリティのその世界を築く私達の努力に必須である。

私達のすべてが知っているように、この国のここの私達の将来はイスラエルと中東の未来とからみ合わせられる。

さて、私達が話すことができたたくさんがあり、明らかに、多くは議論されている。

しかし、私があなたにアドレスしている名誉を与えられている短期に、私は、米国とイスラエルの間で私達の深く、続いている束縛に集中することによって出発したい。

さて、これらは、共有された興味より多くである債券である。

これらは人権への、民主主義のための、自由のための共通の苦闘において鍛造された束縛である。

これらは、イスラエルの状態の作成に先行していて、本当に、それらが、恐怖なしで、抑圧なしに自由の中で生きる男性と女性の威厳と権利について根本的な信念と価値において定着するので、米国の作成に先行している束縛である。

そして、これらの信じられないほど強い束縛と価値が私達の民主主義の友人と同盟国、ユダヤ人との私達の関係の道しるべの星として残るであろうということにちがいない。

さて、ユダヤ人は私達のためにしかしただの友人と味方ではなく、それは、民主主義が意味することができて、べきであるものの指針である。

それは結局複数性の民主主義国である。

それは、私達の多くが個人的な経験から知っているので、多くの観点を持つ非常に動的な民主主義国であり、それらは高い頻度と活力によって表現される。

従って、中東の人々が、民主主義が何を言おうとしているかを確信していないならば、彼らをイスラエルに目を向けさせなさい(それはそうであり、真の、忠実な民主主義国であり続ける)。

しかし、私達は、ゴール、民主化する中東の重要で、必須のゴールが複雑であると知っていて、それはリスクがないわけではない。

数ヶ月前、私は2度目にイラクとクウェートとアフガニスタンとパキスタンに行き、どのように私達が進むべきであるかについて、私が見て、学んだものについての希望によってであるが警戒感によっても、私は帰宅した。

イラクで、私は直接に毎日の挑戦がイラクの人々に立ち向かうのを見た。

私は、多くの我々の軍、イラクの自由の最前線の上にいる勇敢な若者、および女性と出会った。

私は、イラクの人々を助けるためにまた彼らの人生を賭けている大使館と他のエージェンシーの私達の民間の担当者と出会った。

そして、私はイラクの民間人と同様に前の暫定的なイラクの政府と新しく選挙で選ばれたイラクの政府の代表と出会った。

さて、私はいくつかの圧倒的な印象とともに離れた。

たとえ何のものが、イラクで展開したイベントについて考えても、 1番目 プロフェッショナリズム、およびすべての若い人、および私達の国のユニフォームを着ている女性が私達のサポートに値していることによってアメリカの軍人が見事に働いたこと かどうかにかかわらず それらであるアクティブな義務、ガード、または準備軍 の疑念が全然ない。

ほら、それは、来ることができたそれらとすべての他の、その--しばしば危険な状況にもかかわらず、私は、私が私の構成要素のすべての人を連れて来ることができたらと思う--すべての1900万のような旅行にある--直接に見るには。

私はバグダッドからBlackhawkヘリコプターの中のFallujahに飛んで行った;

Fallujahを反乱者とテロリストから解放した海兵隊員に合う。

私は、自由をイラクの人々に持って来ようとすることを彼らの任務に約束する私達の海兵隊員と兵士の多くの他と出会った。

私がクウェートで、そしてアフガニスタンで見た軍だけでなくそれらは、人々が、自由な権利に値していて、彼ら自身の政府を選ぶ権利に値していて、図る権利に値していて、自身と彼らの子供のためによりよい未来の計画を立てるというこの根本的な確信を約束する。

私は、彼らが非常に高価を支払っているので、あなたたちのそれぞれが、あなたがあなたの州とコミュニティを通るので、これらの若者に感謝することをポイントにするであろうということを望む:

1,600プラスが命を失った;

1000と数千は、傷つけられてひどく帰宅した。

戦場医学と我々の軍が着ている新しい防護衣における進歩のため、多くは、若者と女性の前の世代を死ぬままにしておいたであろう損傷に耐えている。

従って、中東でアメリカが、パスの下に血と宝物によって、民主主義のために条件を引き起こそうとし始めたことにちがいと自由ない--地域全体のために、私達のセキュリティのために、そして確かにイスラエルののために結果を持っている。

私達が居るこの複雑な状況におけるこの重大な時間に、私は、それらが解放のリスクと挑戦に直面している時と彼らが、新しく選ばれたパレスチナの指導者とやりとりしようとする時に、シャロン総理大臣とイスラエルの民主的に選挙で選ばれた政府が取った並みはずれたスタンドを認めることが重要であると思う。

彼が彼のすべての人生で人前に捧げたイスラエルの総理大臣--私が、誰に注目することに満足であるかはこの段階に私について来るであろう--と状態はすさまじい危険を冒している。

私は、それが、平和、安定性、およびセキュリティのためにイスラエルの努力をサポートするイスラエルの友人とサポーターと同盟国としての私達の義務であると信じる。

さて、それが進行中の脅威の面前に強くあり続けることができるように、これは、イスラエルに経済援助を提供するよりもっとするのを意味している。

私達は、また、アッバス大統領が、パレスチナのリーダーシップがそう長い間使用した恐怖を構造から取り除くことを要求しなければならない。

ほら、民主主義国、未熟な民主主義国の中で、リーダーは責任があることと考えられていなければならない。

そして、アッバス大統領は彼のリーダーシップの下で起こっている行動について責任があることと考えられていなければならない。

そして、平和とセキュリティへの作る進歩はまた、憎悪のダムとまだ、パレスチナ自治政府によって公式に是認される刺激の終わりを必要としている。

さて、私は、パレスチナ自治政府がシオンの年長者のプロトコルをそのウェブサイトから取り除いたことを今週知るために救われた。

伝えられるところでは、それは先導「シオニズムの歴史」下にウェブサイト上に含まれたけれども、私達が、それがもうそこにないことに安心しても、それはまず第一にそこで何をしていたか?

私達は、パレスチナ自治政府によるだけでなくアラブ世界じゅうの憎悪と刺激と反ユダヤ主義を監視することについて用心深くあり続けなければならない。

サウジアラビアの教科書はユダヤ人を悪いと見なす。

イランのニュースレポートは、明らかにそれらの政府の意見を表していて、ホロコースト否認者に対して信憑性を増した。

これは、私達のすべてが、心配している必要がある問題である。

そして、5年前、この刺激(パレスチナの教科書の中のこの暴力、この反ユダヤ主義)を弾劾するために、私は私の友人、エリー・ウィーゼルと立った。

そして、私に、それが、基本的なそれらの1つがそれを出すことであるので、私はこの問題について取り組んでいた--それらの教科書がまだそのような憎悪を説いているならば、そして私達がこの人間性を失わせる修辞学に、挑戦されなくなることを許すならば、私達がこれを許すならば、どのように私達は、民主的に選挙で選ばれたパレスチナの政府を持つことを予定しているか。

起こっていることが若いので、精神はこの反ユダヤ主義に感染していて、それは、私達が、私達が平和と安定性のために働く時に、次の年の間に起こりうることを望むことに反しようとしている。

従って、私達は、憎悪のこれらのメッセージとこれらの教科書の中の殉教のためのこれらの誘惑の上と若い精神を取り、彼らをねじり、ゆがめて、新世代のテロリストと反乱者を引き起こすメディアの上の明るいスポットライトを照らし続けなければならない。

約1年半前、私はパレスチナのメディアの上でスペクター上院議員とヒアリングを実施し、私は、私達が、来て、上院委員会にアドレスするように請うたこの問題について代表しているパレスチナ自治政府に立ち向かった。

私は、たとえ、それらの子供が誰であっても、それが子供に来る時に、憎悪と暴力から彼らを保護することが、彼らの家族と彼らの政府のナンバー・ワン・プライオリティとこの憎悪がただれることを防止するグローバルなコミュニティ全体であるべきであると認めることを彼に勧めた。

政治的なプロセスにおいて質入れとしての子供を使うことは幼児虐待に等しく、私達は、それが、現在終わる必要があると言わなければならない!

そして、もちろん、その伝染は伝染性で、それはパレスチナの領域を越えて広がることができる。

それはアラブ世界の他の部分に広がることができて、それは、そこに進むものに衝突することができる。

そして、もちろん、核を装備したイランがそのまさしくそのコアにグローバルなセキュリティの土台を揺るがすであろうので、私が深く心配しているエリアの1つはイランと核兵器のその追跡である。

イスラエルは直ちに、深くこの開発によって最も脅かされているであろうけれども、イスラエルは一人でないであろう。

テロリストネットワークへのイランの歴史的で、現在のつながりを知って、イラン人が思いのままに核兵器を生産し始めることができたならば、どのように私達は、アメリカのここで感じるであろうか?

イランが思いのままに核兵器を始動させることができたならば、どのようにヨーロッパ人は感じるであろうか?

従って、私達に明白にクリアであらせなさい。

核を装備したイランは受け入れ不可能であるけれども、それはまさにイスラエルに、そして米国に受け入れ不可能でない。

それは、ヨーロッパの各国政府と人々で始まって全世界に受け入れ不可能にちがいない。

私は、あなたの会議の間に、そしてあなたが米国連邦議会の上でしているであろう陳情において、あなたが、核のイランによって提出される脅威に注意を集めようとしていると知っている。

そして、私はこれらの努力に関してあなたを賞賛する;

これは私達の最も重大なセキュリティと外交方針優先事項のそれである。

そして、私達は、イランの核兵器を防止する私達の同盟者とともに働きをトッププライオリティにする必要がある。

さて、イランがサポートするテロリストグループの1つはヒズボラである。

そして、私達は、ヒズボラが中東の安定性への直接的で、恐ろしいリスクを提出すると知っている。

レバノン--レバノンの人々にとっての非常によいニュースである--からのシリアの撤退はまた、ヒズボラが大破壊をもたらすように機会を生み出す。

従って、私達は、テロリストの脅迫について用心深くあり続ける必要があり、シリアとイランからヒズボラへのサポートの流れを止めるために働く。

そして、私達は、地域の注文への、そして文明世界へのヒズボラの脅威を私達のヨーロッパ同盟者に納得させて、ヒズボラをテロ集団に指名することを彼らに納得させる必要がある。

そして、ヨーロッパ人は、できるだけ早くヒズボラ、ハマス、およびイスラム聖戦のためにヨーロッパで続く出資と資金集めを切り離すためにもっとしなければならない。

さて、私達の課題になければならない多くの他の重要で、切迫した問題があるけれども、私は、あなたの担当者と上院議員と出会うために、あなたが議会に旅行する時に、あなたが、これらの非常に思慮深く、注目せずにはいられない分析と私達が直面している他の挑戦を見せているであろうと知っている。

私達の価値とイスラエルとの私達の関係を快く守ることだけでなく運動をするためと主張するため、説得するため、およびこれらの重要問題を、聞くであろうすべてと議論するために説得するために重大に市民としてあなたの責任を取るためもに対して、私はあなたに感謝する。

私達は歴史における並みはずれた瞬間に住む。

私が非常に楽観的ないくつかの日があり、他の日があり、私が悲観している時に、私は、白状する必要がある。

私は、それがただ領域と一緒に行くのを推察する。

しかし、私が完全に確信することは、私達の共通の価値(私達の国によって、そしてイスラエルによって共有されて、例証された価値)が、右の価値、誰もが、さらされて、理解する機会を持つべきであり、希望的なエミュレートする価値であることである。

トム・フリードマンが言ったので、ならされている世界に、他の選択の余地が全然ない。

私達は互いと通信することができて、私達は迅速に長距離の間に輸送されることができて、私達はずっと離れて他の場所でイベントに続くことができる。

および、私達は、私達の苦闘、自由への私達の進行中の苦闘、および民主主義が、私達が、この縮小し、ならされた世界で、私達の子供にチャンスが平和とセキュリティのためにあるであろうと保証することができる唯一の方法であると認める必要がある。

私達は、今回が私達に課した義務にひるむことができない。

私達は、偉大な--および、私達はするべきである--偉大な討論と、進み、これらの共通の目的を追跡する最もよい方法であるものについて話し合うことができる。

私達はそれが必要である。

私達が未知の領域にいるので、私達はその討論と議論が必要である。

誰もすべての答えを持っていなく、私達は可能な限り多くの人々の結合された知能とよいアイデアが必要である。

あなたが今日そう何をしているかはAIPACのため、イスラエルのためにだけではなく米国とイスラエルの間の強く、持ちこたえる関係のためにではない;

それは本当に、私達が私達の子供と十分にラッキーなそれらのための孫のために望んでいる種類の世界のためである。

そして、私達は疲労することができない。

これは長く、困難なパスである。

イスラエル、イスラエル人、アメリカユダヤ人のコミュニティ、およびより広い離散は最も多くよりよくこの苦闘とこのパスを知っている。

従って、私達が、疲労しないけれども一緒にこれらの価値を追跡すると決めるならば、私は、最終的に楽観的なだけでなく世界がよりよく、より明るい日を見るであろうということを確信していて、私達の子供は、それを可能にすることに対して私達に感謝するであろう。

どうもすべてのありがとう。

「神はあなたを祝福する」。


Kidman condemns Hamas, HezbollahFrom correspondents in Los Angeles


August 17, 2006 08:51am

Article from: AAPFont size: + -

Send this article: Print Email

NICOLE Kidman has made a public stand against terrorism.


The actress, joined by 84 other high-profile Hollywood stars, directors, studio bosses and media moguls, has taken out a powerfully-worded full page advertisement in today's Los Angeles Times newspaper.


It specifically targets "terrorist organisations" such as Hezbollah in Lebanon and Hamas in Palestine.


"We the undersigned are pained and devastated by the civilian casualties in Israel and Lebanon caused by terrorist actions initiated by terrorist organisations such as Hezbollah and Hamas," the ad reads.


"If we do not succeed in stopping terrorism around the world, chaos will rule and innocent people will continue to die.


"We need to support democratic societies and stop terrorism at all costs."


A who's who of Hollywood heavyweights joined Kidman on the ad.


The actors listed included: Michael Douglas, Dennis Hopper, Sylvester Stallone, Bruce Willis, Danny De Vito, Don Johnson, James Woods, Kelly Preston, Patricia Heaton and William Hurt.


Directors Ridley Scott, Tony Scott, Michael Mann, Dick Donner and Sam Raimi also signed their names.


Other Hollywood powerplayers supporting the ad included Sumner Redstone, the chairman and majority owner of Paramount Pictures, and billionaire mogul, Haim Saban.


キッドマンはロサンゼルスでハマス、ヒズボラを非難する。

2006年8月17日08:51am

次からの記事:

ニコール・キッドマンは大衆をテロに反対させた。

84人の他の目立つハリウッドスター、ディレクター、スタジオボス、およびマスメディアの権力者が参加した女優は今日のロサンジェルス・タイムズ新聞の中で強力に言い表されたページ全体広告を取り出した。

それは特にパレスチナでレバノンとハマスのヒズボラなどの「テロリスト組織」を目標とする。

「下に署名する者が、苦痛を与えたことであり、ヒズボラとハマスなどのテロリスト組織によって開始されたテロリストの行動によって起こされたイスラエルとレバノンの民間人の犠牲者によって打ちのめされる私達」と広告は書いてある。

「私達が、世界中でテロを止めることに成功しないならば、カオスは支配するであろうし、無実の人々は、死に続けるであろう」。

「私達は、民主的社会をサポートし、ぜひともテロを止める必要がある」。

ハリウッド平均体重以上の人の紳士録は広告の上でキッドマンに参加した。

リストされた俳優は以下を含んだ:

マイケル・ダグラス、デニス・ホッパー、シルヴェスター・スタローン、ブルース・ウィリス、ダニーDeビトー、ドン・ジョンソン、ジェームズ・ウッズ、ケリー・プレストン、パトリシア・ヒートン、およびウィリアム・ハート。

リドリー・スコット・ディレクター、トニー・スコット、マイケル・マン、ディック・ドナー、およびサム・ライミは署名した。

広告をサポートしている他のハリウッドpowerplayersはサムナーレッドストン、パラマウント・ピクチャーズの会長と大多数のオーナー、および億万長者モーグル、ハイム・サバンを含んだ。


蛇足


もともとは、レバノン領内でスパイ活動をしていたイスラエル兵がヒズボラに捕まった事から始まった・・。ダブルスタンダードの米国やイスラエル政府ですが、それを民主党や共和党ともども支援をしている。当然、米国マスコミ各界はイスラエル側である。民主主義国などと、人道の欠片もないようなイルミナティ寡占独裁政権のいう事ですから、茶番としか言いようが無い・。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR