FC2ブログ

9/11テロ共謀が遠ざからない理由





FBIのエージェント、消防士、救助隊員、および技術者は2001年9月14日に米国国防総省事故現場で働いています、ハイジャックされたアメリカン航空のフライトが9月11日にビルに激突した後に。

News Magazine Current Events


FBI agents, firefighters, rescue workers and engineers work at the Pentagon crash site on September 14, 2001, after a hijacked American Airlines flight slammed into the building on September 11.


From the Magazine | Cover

Why The 9/11 Conspiracies Won't Go Away


Turns out, we need grand theories to make sense of grand events, or the world just seems too random

By LEV GROSSMAN

9/11テロ共謀が遠ざからない理由

回転アウト、私たちが大理論が壮大な出来事を理解できる必要があるか、または世界はただ無作為過ぎるBy LEVグロースマンに思えます。

Posted Sunday, Sep. 3, 2006

Take a look, if you can stand it, at video footage ofツ?the World Trade Center collapsing. Your eye will naturally jump to the top of the screen, where huge fountains of dark debris erupt out of the falling towers. But fight your natural instincts. Look farther down, at the stories that haven't collapsed yet.


In almost every clip you'll see little puffs of dust spurting out from the sides of the towers. There are two competing explanations for these puffs of dust: 1) the force of the collapsing upper floors raised the air pressure in the lower ones so dramatically that it actually blew out the windows. And 2) the towers did not collapse from the impact of two Boeing 767s and the ensuing fires. They were destroyed in a planned, controlled demolition. The dust puffs you see on film are the detonations of explosives planted there before the attacks.


People who believe the second explanation live in a very different world from those who believe the first. In world No. 2, al-Qaeda is not responsible for the destruction of the World Trade Center. The U.S. government is. The Pentagon was not hit by a commercial jet; it was hit by a cruise missile. United Flight 93 did not crash after its occupants rushed the cockpit; it was deliberately taken down by a U.S. Air Force fighter. The entire catastrophe was planned and executed by federal officials in order to provide the U.S. with a pretext for going to war in the Middle East and, by extension, as a means of consolidating and extending the power of the Bush Administration.


The population of world No. 2 is larger than you might think. A Scripps-Howard poll of 1,010 adults last month found that 36% of Americans consider it "very likely" or "somewhat likely" that government officials either allowed the attacks to be carried out or carried out the attacks themselves. Thirty-six percent adds up to a lot of people. This is not a fringe phenomenon. It is a mainstream political reality.


Although the 9/11 Truth Movement, as many conspiracy believers refer to their passion, has been largely ignored by the mainstream media, it is flourishing on the Internet. One of the most popular conspiracy videos online is Loose Change, a 90-min. blizzard of statistics, photographs, documents, eyewitness accounts and expert testimony set to a trippy hip-hop backbeat. It's designed to pick apart, point by point, the conventional narrative of what happened on Sept. 11, 2001.


For all its amateur production values--it was created by a pair of industrious twentysomethings using a laptop, pizza money and footage scavenged from the Internet--Loose Change is a compelling experience. Take the section about the attack on the Pentagon. As the film points out--and this is a tent-pole issue among 9/11 conspiracists--the crash site doesn't look right. There's not enough damage. The hole smashed in the Pentagon's outer wall was 75 ft. wide, but a Boeing 757 has a 124-ft. wingspan. Why wasn't the hole wider? Why does it look so neat?


Page 1 of 3 1 | 2
| 3
Next
>>


From the Sep. 11, 2006 issue of TIME magazine


2006年9月3日日曜日に掲示されます。

あなたがビデオフィルムでそれに耐えることができるなら、ちょっと見ますか?世界貿易センター微片。 あなたの目は自然にスクリーンの先端までジャンプするでしょう。(そこでは、暗い残骸の巨大な噴水が降下している塔から噴火します)。 しかし、生まれながらの本能と戦ってください。 まだ崩れていない話における、より遠い下であるのに見えてください。


ほとんどあらゆるクリップでは、あなたは、ほこりの小さい一吹きが塔の側面からの外にほとばしっているのを見るでしょう。 ほこりのこれらの一吹きのための2つの競争している説明があります: 1) 崩れている上階の力が非常に劇的に下側のものにおける空気圧を上げたので、それは実際に窓を吹き消しました。 そして、塔がした2は)2の衝撃からボーイング767と続く炎を潰しません。 それらは計画されて、制御された破壊で破壊されました。 あなたがフィルムで見る埃のひと塊は攻撃の前にそこに植わっている爆薬の爆発です。


2番目の説明を信じている人々が1番目を信じている人々からの非常に異なった世界に住んでいます。 世界No.2では、アルカイダが世界貿易センターの破壊に責任がありません。 米国政府はそうです。 米国国防総省は民間営業用ジェット機によって行かれませんでした; それは巡航ミサイルによって打たれました。 占有者がコックピットを急いで運んだ後に第93結合した便はクラッシュしませんでした; それは故意に米空軍のファイターによって降ろされました。 全体のカタストロフィーは、中東と拡大によるブッシュ政権のパワーを統合して、広げる手段として戦争するために口実を米国に提供するために連邦政府の役人によって計画されて、実行されました。


世界No.2の人口はあなたが思うかもしれないより大きいです。 先月の1,010人の大人達のスクリップス-ハワード投票によって、36%のアメリカ人が、役人が攻撃が実行されるのを許容したか、または攻撃自体を実行したのが、「非常にありそうである」か「いくらかありそうである」と考えるのがわかりました。 36パーセントは多くの人々を意味します。 これはフリンジ現象ではありません。 それは主流の政治情勢です。


多くの共謀信者が彼らの情熱について言及するとき、9/11テロTruth Movementは主流のメディアによって主に無視されましたが、それはインターネットに栄えています。 オンライン最もポピュラーな共謀ビデオの1つがLoose Changeである、統計、写真、ドキュメント、目撃者の証言、および鑑定の90分のブリザードはトリッピーなヒップホップbackbeatにセットしました。 それは、ばらばらにして、ポイント、従来の物語で何が2001年9月11日に起こったかを指すように設計されます。


それがインターネットから清掃されたラップトップ、ピザのお金、および場面を使用することで1組の勤勉なtwentysomethingsによって作成されたというすべてのアマチュア生産値のために、ゆるいChangeは無視できない経験です。 米国国防総省への攻撃に関するセクションを取ってください。 フィルムが外に向けられるとき(そして、これは9/11テロ陰謀者の中のテントの支柱問題です)、事故現場は右を見ません。 十分な損害がありません。 米国国防総省の外側の壁でつぶされた穴は幅75フィートでしたが、ボーイング757には、124フィートの翼幅があります。 ホールはなぜより広くはありませんでしたか? それはなぜとてもきちんとしているように見えますか?


1/3ページ1| 2 | 3 次に>


タイム誌の2006年9月11日号から


Experts will tell you that the hole was punched by the plane's fuselage, not its wings, which sheared off on impact. But then what happened to the wings? And the tail and the engines? Images of the crash site show hardly any of the wreckage you would expect from a building that's been rammed by a commercial jet. The lawn, where the plane supposedly dragged a wing on approach, is practically pristine. The plane supposedly clipped five lampposts on its way in, but the lampposts in question show surprisingly little damage. And could Hani Hanjour, the man supposedly at the controls, have executed the maneuvers that the plane performed? He failed a flight test just weeks before the attack. And Pentagon employees reported smelling cordite after the hit, the kind of high explosive a cruise missile carries.


There's something empowering about just exploring such questions. Loose Change appeals to the viewer's common sense: it tells you to forget the official explanations and the expert testimony, and trust your eyes and your brain instead. It implies that the world can be grasped by laymen without any help or interference from the talking heads. Watching Loose Change, you feel as if you are participating in the great American tradition of self-reliance and nonconformist, antiauthoritarian dissent. You're fighting the power. You're thinking different. (Conspiracists call people who follow the government line "sheeple.") "The goal of the movie was just really to get out there and show that there are alternate stories to what the mainstream media and the government will tell you," says Korey Rowe, 23, who produced the movie. "That 19 hijackers are going to completely bypass security and crash four commercial airliners in a span of two hours, with no interruption from the military forces, in the most guarded airspace in the United States and the world? That to me is a conspiracy theory."


It's also not much of a story line. As a narrative, the official story that the government--echoed by the media--is trying to sell shows an almost embarrassing lack of novelistic flair, whereas the story the conspiracy theorists tell about what happened on Sept. 11 is positively Dan Brownesque in its rich, exciting complexity. Rowe and his collaborator, Dylan Avery, 22, actually started writing Loose Change as a fictional screenplay--"loosely based around us discovering that 9/11 was an inside job," Rowe says--before they became convinced that the evidence of conspiracy was overwhelming. The Administration is certainly playing its part in the drama with admirable zeal. If we went to war to root out fictional weapons of mass destruction, is staging a fictional terrorist attack such a stretch?




専門家は、穴が翼ではなく、衝撃で離れて剪断された機機体によってパンチされたとあなたに言うでしょう。 しかし、そして、何が翼に起こりましたか? テールとエンジン? 事故現場のイメージは、あなたが、ビルからそれが民間営業用ジェット機によって激突されたと予想するのをほとんど残骸のいずれにも示します。 芝生は飛行機が接近のときに推定上翼を引きずったところで実際に初期です。 問題の街灯柱だけが、飛行機が推定上中への途中で5個の街灯柱を切り取ったのを驚いたことに小破を示します。 そして、Hani Hanjour、推定上コントロールの男性は飛行機が実行した操縦を実行することができましたか? 彼は攻撃のちょうど何週間も前に飛翔試験に失敗しました。 そして、米国国防総省の従業員は、ヒット、巡航ミサイルが乗せる高性能爆薬の種類の後にコルダイト爆薬のにおいをかぐと報告しました。


ただそのような質問を探ることに関して何か権限を与えているものがあります。 ゆるいChangeはビューアーの常識に訴えます: それは公式の説明と鑑定を忘れて、代わりにあなたの目とあなたの脳を信じるようにあなたに言います。 それは、俗人が話し手から少しも助けか干渉なしで世界を握ることができるのを含意します。 Loose Changeを見て、あなたは、独立独歩、および非国教徒の、そして、「反-権威主義的」な異議のすばらしいアメリカの伝統に参加している気がします。 あなたはパワーと戦っています。 あなたは考え異なっています。 (陰謀者は、政府線に従う人々を"sheeple"と呼びます。) 「映画の目標は、主流のメディアと政府があなたに言うことへの交互の話があるのをまさしく本当にむこうに到着して、示すことでした。」と、映画を製作した23歳のKoreyローは言います。 「19人のハイジャック犯が2時間の期間でセキュリティを完全に迂回させて、4台の民間航空機を墜落させるだろうというのが大部分で軍事力からの中断なしで合衆国と世界の領空を警備しましたか?」 「私へのそれは陰謀説です。」


また、それは大した筋ではありません。 物語として、能力をnovelisticのほとんど恥ずかしい不足に示しますが、政府(メディアによって反響される)が販売しようとしている公式の話は豊かで、おもしろい複雑さでダンBrownesqueを陰謀説を唱える人が明確に何が9月11日に起こったかに関するそうであることをする話に示します。 ローと彼の共同制作者(22歳のディラン・エーブリー)は実際に作り事の映画脚本としてLoose Changeに書き始めました--「9/11テロが内面の仕事であったと発見しながら、私たちの周りに緩く基づいています」、共謀の証拠が圧倒的であると確信するようになる前にローは言います。 確かに、政権はドラマで賞賛に値する熱意をもって本分を尽くしています。 私たちが作り事の大量破壊兵器を捜すために戦争したなら、作り事のテロ攻撃を上演するのは、そのような伸びですか?


But there's a big problem with Loose Change and with most other conspiracy theories. The more you think about them, the more you realize how much they depend on circumstantial evidence, facts without analysis or documentation, quotes taken out of context and the scattered testimony of traumatized eyewitnesses. (For what it's worth, the National Institute of Standards and Technology has published a fact sheet responding to some of the conspiracy theorists' ideas on its website, www.nist.gov.
The theories prompt small, reasonable questions that demand answers that are just too large and unreasonable to swallow. Granted, the Pentagon crash site looks odd in photographs. But if the Pentagon was hit by a cruise missile, then what happened to American Airlines Flight 77? Where did all the real, documented people on it go? Assassinated? Relocated? What about eyewitnesses who saw a plane, not a missile? And what are the chances that an operation of such size--it would surely have involved hundreds of military and civilian personnel--could be carried out without a single leak? Without leaving behind a single piece of evidence hard enough to stand up to scrutiny in a court? People, the feds just aren't that slick. Nobody is.


There are psychological explanations for why conspiracy theories are so seductive. Academics who study them argue that they meet a basic human need: to have the magnitude of any given effect be balanced by the magnitude of the cause behind it. A world in which tiny causes can have huge consequences feels scary and unreliable. Therefore a grand disaster like Sept. 11 needs a grand conspiracy behind it. "We tend to associate major events--a President or princess dying--with major causes," says Patrick Leman, a lecturer in psychology at Royal Holloway University of London, who has conducted studies on conspiracy belief. "If we think big events like a President being assassinated can happen at the hands of a minor individual, that points to the unpredictability and randomness of life and unsettles us." In that sense, the idea that there is a malevolent controlling force orchestrating global events is, in a perverse way, comforting.


You would have thought the age of conspiracy theories might have declined with the rise of digital media. The assassination of President John F. Kennedy was a private, intimate affair compared with the attack on the World Trade Center, which was witnessed by millions of bystanders and television viewers and documented by hundreds of Zapruders. You would think there was enough footage and enough forensics to get us past the grassy knoll and the magic bullet, to create a consensus reality, a single version of the truth, a single world we can all live in together.


But there is no event so plain and clear that a determined human being can't find ambiguity in it. And as divisive as they are, conspiracy theories are part of the process by which Americans deal with traumatic public events like Sept. 11. Conspiracy theories form around them like scar tissue. In a curious way, they're an American form of national mourning. They'll be with us as long as we fear lone gunmen, and feel the pain of losses like the one we suffered on Sept. 11, and as long as the past, even the immediate past, is ultimately unknowable. That is to say, forever.


しかし、Loose Changeと他のほとんどの陰謀説がある重要な問題があります。 さらにそれらについて考えれば考えるほど、あなたは、彼らが情況証拠、分析もドキュメンテーションのない事実、状況を離れて取られた見積り、および傷つけられた目撃証人の点在している証言にどれほど依存するかをさらにわかります。 それは何の価値があるかに関しては、標準・技術院が理論が、ちょうど大き過ぎて、無理な答えを要求する小さくて、妥当な質問が飲み込むようにうながすウェブサイト(www.nist.gov
)で陰謀説を唱える人の考えのいくつかに応じるデータ表を発行しました。与えて、米国国防総省事故現場は写真で変に見えます。(しかし、米国国防総省がそうであったなら、巡航ミサイルのそばで当たってください; だれもそうではありません。次に、第77アメリカン航空便はどうなりましたか?碁?Assassinated?Relocated?Whereはすべての本物をして、それの記録された人々はaがa法廷?Peopleに精査まで立つほど一生懸命、連邦政府の役人がただそんなになめらかでないという証拠のただ一つの断片を後に残しながらaミサイル?Andでないa単一の漏出?Withoutなしで確実に何百人もの軍事の、そして、民間である人員にかかわっただろうというそのようなサイズの操作を実行することができたという可能性であるものを平らにするのを見た目撃証人の周りのWhatです;


陰謀説がとても色っぽい理由の心理学的な説明があります。 彼らを研究するアカデミー会員は、彼らが基本的な人間の需要を満たすと主張します: 効果をいずれの大きさに与えさせるには、原因の大きさで、それの後ろでバランスをとってください。 小さい原因が巨大な結果を持つことができる世界は怖く頼り無く感じられます。 したがって、9月11日のような壮大な災害はそれの後ろで壮大な共謀を必要とします。 「私たちは、主要な出来事を関連づける傾向があります--主要な原因で死ぬ社長か姫」と、パトリックLeman、講師は共謀信念に関する研究を行ったロンドンのロイヤルホロウェイ大学の心理学で言います。 「暗殺されている社長が未成年の個人の手で起こることができるように私たちが大きい出来事を考えるなら、それは、人生の予測不可能性と偶発性を示して、私たちを乱します。」 その意味で、グローバルな出来事を調整する意地の悪い制御力があるという考えはへそ曲がりな方法で慰めています。


あなたは、デジタルメディアの上昇に応じて陰謀説の時代が低下したかもしれないと思ったでしょう。 ジョン F. ケネディ大統領の暗殺は何百万人もの傍観者とテレビ視聴者によって目撃された世界貿易センターへの攻撃と比較されて、何百Zaprudersによって記録された個人的で、親密な事でした。 あなたは、私たちを草深い小山と特効薬に通り抜けさせることができるくらいの場面と弁論術がコンセンサス現実のものを作成することができるくらいあったと思うでしょう、真実のただ一つのバージョン、私たちが皆、一緒に住むことができるただ一つの世界。


しかし、断固とした人間がそれであいまいさを見つけることができないくらい明瞭で明確などんな出来事もありません。 そして、それらは分析的ですが、陰謀説はアメリカ人が9月11日のような外傷性の公共の出来事に対処する過程の一部です。 陰謀説は瘢痕組織のようにそれらの周りで形成されます。 好奇心の強い方法で、それらはアメリカの形式の国家の悲しみです。 私たちがひとりのガンマンを恐れて、損失の痛みが私たちが受けたのが9月11日に好きであり、過去(即座の過去さえ)が結局不可知であるときに同じくらい長い間好きであると感じる限り、彼らは私たちと共にいるでしょう。 すなわち、いつまでも。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR