FC2ブログ

CRF

Council on Foreign Relations (CFR)



Let’s start with the smoke and mirrors furnished by the CFR in several of their Annual Reports. Then we will provide the other-side-of-the-coin, as observed by quite a number of independent researchers, and writers.



The CFR’s Annual Report for July 1, 1993-June 30, 1994, page 4, states:



"The Council on Foreign Relations is a nonprofit, and nonpartisan membership organization dedicated to improving the understanding of US foreign policy, and international affairs through the exchange of ideas.


The Council was founded in 1921 shortly after the end of World War I. Several of the American participants in the Paris Peace Conference decided that it was time for more private American citizens to become familiar with the increasing international responsibilities, and obligations of the United States. This decision led to the creation of an organization dedicated to the continuous study of US foreign policy for the benefit of both its members, and a wider audience of interested Americans."


Now, the other side of the coin.




The New World Order, by Pat Robertson, Copyright 1991, by Word, Inc., Dallas, Texas. All rights reserved, page 66-67, states:


"This august body of ‘wise men’ has effectively dominated the making of foreign policy by the United States government since before World War II. The CFR has included virtually every key national security, and foreign policy adviser of this nation for the past seventy years."

Page 96:
"In government policy, the most visible expression of the Establishment is the Council on Foreign Relations, and its publication, Foreign Affairs. Out of some twenty-nine hundred members, at least five hundred are very powerful, another five hundred are from centers of influence, and the rest are influential in academia, the media, business, and finance, the military, or government. A few are token conservatives."


Page 97: "According to a man who had been a member for fifteen years, Rear Admiral Chester Ward, former judge advocate general of the navy from 1956 to 1960.

‘This purpose of promoting disarmament, and submergence of US sovereignty, and national independence into an all-powerful one-world government is the only objective revealed to about 95 percent of 1,551 members [in 1975]. There are two other ulterior purposes the CFR influence is being used to promote; but it is improbable that they are known to more than 75 members, or that these purposes ever have even been identified in writing.’


The goals of the Establishment are somewhat strange, and we will discuss them in detail. At the central core is a belief in the superiority of their own skill to form a world system in which enlightened monopolistic capitalism can bring all of the diverse currencies, banking systems, credit, manufacturing, and raw materials into one government-supervised whole, policed of course by their own world army." (Could this be the army of the United Nations?)



CFR membership is made up of present, and past Presidents, Ambassadors, Secretaries of State, Wall Street investors, international bankers, foundation executives, Think Tank executives, lobbyist lawyers, NATO, and Pentagon military leaders, wealthy industrialist, media owners, and executives, university presidents, and key professors, select Senators, and Congressmen, Supreme Court Justices, Federal Judges, and wealthy entrepreneurs.



They hold regular secret meetings including members, and very select guests. Occasionally they will hold a public meeting, and invite the open press (including C-SPAN), in order to give the impression that they are a harmless group engaged only in social activities.



A number of people, when hearing about the CFR ask, "If you say that the CFR is such a secret organization, why is it that we can get a copy of their annual report, which contains a list of their members? Why should I believe you when you say that they are a secret organization?"



Webster’s New Collegiate Dictionary, states that the definition of attribute is "To ascribe by way of cause, inherent quality, interpretation, authorship, or classification..." The literal translation is "You had better not tell the outsiders what we do, or say".

The answer then comes from their own document, the Council on Foreign Relation’s 1992 Annual Report, where they emphatically state, in 20 different places, and in varying terms, that members better not tell:



Page 21:
"At all meetings, the Council’s rule of non-attribution applies. This assures participants that they may speak openly without others later attributing their statements to them in public media or forums, or knowingly transmitting them to persons who will."


Page 122: "Like the Council, the Committees encourage candid discourse by holding their meetings on a not-for-attribution basis".


Page 169: Article II of the by-laws states: "It is an express condition of membership in the Council, to which condition every member accedes by virtue of his or her membership, that members will observe such rules, and regulations as may be prescribed from time to time by the Board of Directors concerning the conduct of Council meetings or the attribution of statements made therein, and that any disclosure, public, or other action by a member in contravention thereof may be regarded by the Board of Directors in its sole discretion as grounds for termination or suspension of membership pursuant to Article I of the by-laws."


Page 174: "Full freedom of expression is encouraged at Council meetings. Participants are assured that they may speak openly, as it is the tradition of the Council that others will not attribute or characterize their statements in public media or forums or knowingly transmit them to persons who will. All participants are expected to honor that commitment."


Page 175: "It would not be in compliance with the reformulated Rule, however, for any meeting participant (i) to publish a speaker’s statement in attributed form in a newspaper; (ii) to repeat it on television or radio, or on a speaker’s platform, or in a classroom; or (iii) to go beyond a memo of limited circulation, by distributing the attributed statement in a company or government agency newspaper. The language of the Rule also goes out of its way to make it clear that a meeting participant is forbidden knowingly to transmit the attributed statement to a newspaper reporter or other such person who is likely to publish it in a public medium. The essence of the Rule as reformulated is simple enough: participants in Council meetings should not pass along an attributed statement in circumstances where there is substantial risk that it will promptly be widely circulated or published."


... "In order to encourage to the fullest a free, frank, and open exchange of ideas in Council meetings, the Board of Directors has prescribed, in addition to the Non-Attribution Rule, the following guidelines. All participants in Council meetings are expected to be familiar with, and adhere to these Guidelines. ..."


Page 176: "Members bringing guests should complete a "guest notice card", and acquaint their guests with the Council’s Non-Attribution Rule governing what is said at meetings."



Later on page 176:
"As a condition of use, the officers of the Council shall require each user of Council records to execute a prior written commitment that he will not directly or indirectly attribute to any living person any assertion of fact or opinion based upon any Council record without first obtaining from such person his written consent thereto."



In "A letter from the Chairman" in the 1994 Annual Report for the CFR, Peter G. Peterson states on page 7, that:


"... Members had occasion to meet in intensive off-the-record sessions with Secretary of State [Warren] Christopher, National Security Advisor [Anthony] Lake, Secretary [of State emeritus, George Pratt] Shultz, Ambassador [Mickey] Kantor, Under Secretary of the Treasury [Lawrence H.] Summers, the Joint Chiefs of Staff, and other ranking officials. Next on our agenda are plans for reaching out to congressional leaders as well, an opportunity we will fashion as one component of an enhanced Washington Program."



The CFR’s 1999 Annual Report, page 5, states their three goals:


1. Add value by improving understanding of world affairs and by providing new ideas for US foreign policy.


2. Transform the Council into a truly national organization to benefit from the expertise and experience of leaders nationwide.


3. Find and nurture the next generation of foreign policy leaders and thinkers.



These are "THEIR" words, not mine. I am simply reporting these facts to you. If this is not a secret organization, then why would they be so emphatic, and state in 20 different ways that non-attribution (or you better not tell) was so important, in their very own annual report? In addition, if you are proud of what you say, and do, then you don’t care whether it becomes public knowledge, or not. The other side of this coin is: if you are doing something illegal, immoral, unethical, unpopular, and/or unconstitutional, you will do whatever is necessary to see that it is kept secret.


In his book, "The ANGLO-AMERICAN ESTABLISHMENT", Dr. Carroll Quigley writes,



"One wintry afternoon in February 1891, three men were engaged in earnest conversation in London. From that conversation were to flow consequences of the greatest importance to the British Empire, and to the world as a whole. For these men were organizing a secret society that was, for more than fifty years, to be one of the most important forces in the formulation, and execution of British imperial and foreign policy.



The three men who were thus engaged were already well known in England. The leader was Cecil Rhodes, fabulously wealthy empire builder, and the most important person in South Africa. The second was William T. Stead, the famous, and probably also the most sensational, journalist of the day. The third was Reginald Baliol Brett, later known as Lord Esher, friend, and confidant of Queen Victoria, and later to be the most influential advisor of King Edward VII, and King George V.



The details of this important conversation will be examined later. At present we need only point out that the three drew up a plan of organization for their secret society, and a list of original members. The plan for organization provided for an inner circle, to be known as "The Society of the Elect", and an outer circle, to be known as "The Association of Helpers". Within The Society of the Elect, the real power was to be exercised by the leader, and a "Junta of Three". The leader was to be Rhodes, and the Junta was to be Stead, Brett, and Alfred Milner. In accordance with this decision, Milner was added to the society by Stead shortly after the meeting we have described."


- Quigley, Carroll (1910-1977), The Anglo-American Establishment, From Rhodes to Cliveden, 1981, Books In Focus, NY, NY pg. 3



Of the Secret Societies goals, and methods of operation Quigley writes, "The goals which Rhodes, and Milner sought, and the methods by which they hoped to achieve them were so similar by 1902 that the two are almost indistinguishable. Both sought to unite the world, and above all the English-speaking world, in a federal structure around Britain. Both felt that this goal could best be achieved by a secret band of men united to one another by devotion to the common cause, and by personal loyalty to one another. Both felt that this band should pursue its goal by secret political, and economic influence behind the scenes, and by the control of journalistic, educational, and propaganda agencies... - " Quigley, Carroll (1910-1977), The Anglo-American Establishment, From Rhodes to Cliveden, 1981, Books In Focus, NY, NY pg. 49



Between 1910-1915 the Secret Society evolved into an international group of coconspirators called Round Table Groups that were established in seven nations: Britain, South Africa, Canada, New Zealand, Australia, India, and the United States. (The British Round Table was actually created in England in Feb. 5, 1891. In the US it is called the Council on foreign Relations, in England it is the Royal Institute for International Affairs, in Canada the Canadian Institute of International Affairs, in Chile it is the Chilean Council on Foreign Relations, and so on.)



In 1920 the Secret Society evolved into the Institutes for International Affairs, and the Council on Foreign Relations. Many of the founding fathers belonged to America's first intelligence agency the INQUIRY.



Note - The above quotes were furnished by "Round Table", who has a web site at: http://www.geocities.com/CapitolHill/2807



The CFR could not accomplish their goals without complicity of the mainstream news media, which they absolutely control with an iron fist. They do this using psychological operations (PSYOPS). The RAND Corp. is one of the chief users of this technique. This is clearly explained by the following Internet message:



"Not many people have heard of the Council on Foreign Relations (CFR) or know how they operate. This is not an accident, the group has purposely maintained a low profile. The CFR is a branch of an international group of coconspirators called the Round Table Group. This group has been controlling public opinion throughout the world for over 100 years.



The Joint Chiefs of Staff have defined psychological operations (PSYOPS) as those that: "include psychological warfare, and, in addition, encompass those political, military, economic, and ideological actions planned, and conducted to create in neutral or friendly foreign groups the emotions, attitudes, or behavior to support achievement of national objectives." Another proposal "develops the concept of 'strategic psychological operations' as aimed at influencing, and shaping decision-makers' power to govern, or control their followers." The American people, are among the groups being targeted, and controlled.



"Tactics of Deception" are formalized psychological warfare techniques. "Tactics of Deception" build a psychological environment that differs from the material environment. "Tactics of deception" are used to create false reality worlds. In terms of perceptual psychology, "Tactics of Deception" provoke illusory precepts. To influence behavior the deception must follow three basic rules. First, the deception must be "reasonable"; second there must be no simple way of checking the facts in the case; and third the use of deception should not discredit a source which may have valuable future potential.



One way to stop this group is to expose them, and their techniques to the people they are manipulating. One "Tactic of Deception" used to achieve Council on Foreign Relations aims, is to place Council members on both sides of an issue. Another "Tactic of Deception" is to use CFR control of the legal, legislative, and court systems to create the perception that laws are being followed when in fact, Lawyers, Legislators, and Justices are committing blatant illegalities to further CFR aims. A third "Tactic of Deception" is simply to lie."



Source: roundtable’s Web Page: http://www.geocities.com/CapitolHill/2807



Another excellent example of deception and cover up is the book, "The Kennedy Tapes". Two CFR members, Ernest R. May and Philip D. Zelikow, supposedly listened to all of President John F. Kennedy audio tapes and wrote this book quoting all of the interesting facts so as to assure the public that there were no other important statements made on these tapes that the public would care to know about. There were to motives involved here: (1) to print only what the Elite wanted printed about the JFK assassination, and (2) to throw any other potential researchers off the trail. This was a very grueling task of listening to hundreds of hours of taped conversations. Therefore, other researchers should just "take their word" that they had printed all of the interesting facts from these tapes. I suspect that two non-CFR researchers would have written an entirely different book.


Historian Michael Beschloss listened to the White House tapes transcribed by Lyndon Johnson during his time in office, and wrote a book, "Taking Charge: The Johnson White House Tapes, 1963-1964". Is it not strange that this author is also a member of the Council on Foreign Relations?




As Peter Grose stated in his Council on Foreign Relations Book, Continuing the Inquiry (1996) on page 5:

"They (the British) proposed a permanent Anglo-American Institute of International Affairs, with one branch in London, the other in New York."



The headquarters for the CFR is The Harold Pratt House located at 58 East 68th Street in New York City, New York 10021. Oddly enough, this building is located just across the street from the Russian (former Soviet) Embassy.

外交問題評議会(CFR)

それらの年次報告書のいくらかにおけるCFRによって供給された煙と鏡によって始めよう。

そして、独立な研究者と作家のなかなかの多くによって観察されるように、私達は別の一面を提供する。

1993年7月1日-1994年の6月30日のCFRの年次報告書、4ページは述べる:

「外交問題評議会は、意見の交換を通して米国外交方針と国際関係についての理解を改善することに専念した非営利的で、無所属の会員組織である」。

パリ講和会議のアメリカ参加者のWorld War I.Severalの終わりが、それが、よりアメリカ民間人が米国の増大する国際的な責任と義務に精通する時間であったと決めた少し後に、協議会は1921年に設立された。

「この決定は両方のそのメンバーのための米国外交方針の継続的な研究と興味があるアメリカ人のより広い聴衆に尽力している団体の作成を引き起こしていた」。

現在別の一面。

パット・ロバートソン、著作権1991による、Word社、ダラス、テキサスによる新世界秩序。

版権所有、ページ66-67は述べる:

「‘賢人’のこの威厳のあるボディは第二次世界大戦の前に以来ずっと効果的に米国政府による外交方針の作りを支配している」。

「CFRはこの70年の間この国家の事実上すべての重要な国家安全保障と外交方針アドバイザーを含む」。

96ページ:

「政府の政策の中で、設立の最も可視の表現は外交問題評議会とその出版、外務である」。

約2900人のメンバーのうち、少なくとも500は非常に強力で、別の500は影響の中心からであり、残りは学界、メディア、ビジネス、および財政、軍隊、または政府の中で有力である。

「少しはトークン保守主義者である」。

97ページ:

「15年の間のメンバー(チェスター・ウォード少将(1956年から1960年までの海軍の前の法務総監))であった人によると」。

全能の1-世界政府の中に米国主権と国の独立の武装解除と水没を促進する'This目的は1975年]において1,551のメンバー[の約95パーセントまで明らかにされた唯一の目的である。

CFR影響が、促進するために使われている2つの他の隠れた目的がある;

‘しかし、それらが75人を超えるメンバーまで知られているか、これらの目的がこれまでライティングにおいて識別されていさえすることはありそうにない’。

設立のゴールは多少奇妙で、私達は詳細にそれらを議論する。

「中心的なコアに、啓発された独占資本主義が、もちろん彼ら自身の世界軍隊によって取り締まられて、多様な通貨、銀行制度、クレジット、製造、および原料のすべてを1つの政府で監督された完全体に至らせることができる世界システムを作る彼ら自身の手腕の優越における信念がある」。

(これは国連の軍隊であるかもしれないか?)

CFRメンバーシップは現在と過去の大統領、大使、国務長官、ウォール街の投資者、国際銀行家、基礎エグゼクティブ、シンクタンクエグゼクティブ、ロビイスト弁護士、NATO、および国防総省軍隊リーダー、裕福な産業経営者、メディア所有者、およびエグゼクティブ、大学学長、および重要な教授、えり抜きの上院議員、および下院議員、最高裁判所裁判官、連邦判事、および裕福な起業家からなる。

彼らはメンバーとまさしくそのえり抜きの客を含む通常の秘密の会合を催す。

時々、彼らは、公開の会合を催し、彼らが社会活動にだけ従事している無害なグループであるという感じを与えるためにオープンなプレス(含むC-SPAN)を招待するであろう。

CFRを耳にすることが、「あなたが、CFRがそのような秘密の組織であると言うならば、私達が彼らの年次報告書のコピーを得ることができることはなぜであるか(それは彼らのメンバーのリストを含んでいる)?」と要求する多くの人々

「あなたが、彼らが秘密の組織であると言う時に、なぜ私はあなたを信じるべきであるか?」

ウェブスターの新規大学辞書、属性の定義がである 「原因、固有の品質、翻訳、出所、または分類を経た起因…」 州

直訳は、「あなたは、私達が何をするかまたは言うかを部外者に言ってはならない」である。

それらが、20の違う場所で、そして用語を変えることにおいて、メンバーが話さないほうがよいことを著しく述べる所で、答えはその時彼ら自身の文書(外交関係の1992年の年次報告書の上の協議会)から来る:

21ページ:

「すべてのミーティングで、非帰しの協議会の規則はあてはまる」。

「これは、彼らが、公的なメディアまたはフォーラムの中で彼らのステートメントを彼らに帰するか、彼らを、するであろう人に故意に送ることがより遅い他なしで公然と話すことができることを参加者に保証する」。

122ページ:

「協議会のように、帰しのためにベースででなくそれらのミーティングを催すことによって、委員会は率直な会話を促進する」。

169ページ:

職制の記事IIは述べる:

「協議会の指導またはその中でされて、どのようなディスクロージャー、大衆、またはそれの違反におけるメンバーによる他の行動でもグラウンドとしてその唯一の裁量の中の取締役会によって考慮に入れられているかもしれないステートメントの帰しについて、すべてのメンバーが各自のメンバーシップのため条件に同意し、メンバーがそのような規則と認めるであろう協議会とそうであるかもしれない時の規則のメンバーシップの条件が取締役会によって時々規定したことは急行である」

「職制の記事Iに従っているメンバーシップの終了またはサスペンション」。

174ページ:

「表現の完全な自由は協議会で促進される」。

参加者は、他が帰さないであろうか、公的なメディアまたはフォーラムの中で彼らのステートメントを特徴付けているか、故意に、彼らを、するであろう人に送ることが協議会の伝統である時に、彼らが公然と話すことができると確信している。

「すべての参加者は、その約束を守ることを期待されている」。

175ページ:

「それは、どのようなミーティング参加者(i)も新聞の中で起因しているフォームにおけるスピーカーのステートメントを出版するようにしかし再び定められた規則に従っていないであろう;」

(ii) テレビまたはラジオでまたはスピーカーのプラットフォームの上でまたは教室でそれを繰り返すには;

制限された流通、帰されているものを配布することによる、会社のステートメント、または政府機関新聞のメモを越えるためまたは(iii)。

規則の言語はまた、ミーティング参加者が、起因しているステートメントを、新聞記者または公的なメディアの中でそれを出版しそうな他のそのような人に送ることを故意に禁じられることをクリアにするその方法から出て行く。

再公式化されるような規則の本質は十分に簡単である:

「それが即座に広く循環するか、出版されるであろうというかなりのリスクがある所で、協議会における参加者は状況における起因しているステートメントに沿って通過するべきでない」。



「最大限に協議会について意見の自由で、率直で、オープンな交換を激励するために、取締役会は非帰し規則に加えて以下のガイドラインを規定した」。

協議会におけるすべての参加者は、親友であり、これらのガイドラインに付くことを期待されている。

"..."

176ページ:

「客を連れて来ているメンバーはaを完成するべきである」は、注目カード「および、ミーティングで言われることを制御して、協議会の非帰し規則を彼らの客に知らせなさい」をもてなす。

176ページにより遅い:

「使用条件として、協議会の役員は、彼が直接しないであろう事前の書かれた関与を実行するか、間接的に、そこで最初に彼の文書による同意をそのような人から得ずにどのような会議用のレコードにでも基づいた事実または意見のどのような主張でもどのような生きている人にでも帰する協議会レコードの各ユーザーを必要とすることとする」。

CFRのための1994年の年次報告書の中の「会長からの手紙」において、ピーターG.ピーターソンは7ページに述べる:

"..."

メンバーは、集中的なオフレコのセッションに国務長官[ウォレン]クリストファー、国家安全保障アドバイザー[アンソニー]レイク、秘書[状態名誉、ジョージプラット]シュルツ、大使[ミッキー]カンター、財務省の次官[の]と[ローレンスH]と会うための機会を持っていた[。]

サマーズ、統合参謀本部、および他のランキング役員。

「私達の課題における次は、その上議会のリーダーに手を差し出すことについての計画(私達が強化されたワシントンプログラムの1つのコンポーネントとして作るであろう機会)である」。

CFRの1999年の年次報告書、5ページはそれらの3つのゴールを述べる:

1. 世界情勢についての理解を改善することによって、そして米国外交方針のために新しいアイデアを提供することによって、付加価値を加えなさい。

2. 全国的にリーダーの専門知識と経験から利益を得るために、協議会を本当に全国的な組織に変換しなさい。

3. 外交方針リーダーと思想家の次世代を見つけて、保育しなさい。

これらは私のものではなくTHEIR言葉である。

私はこれらの事実をあなたに単に報告している。

これが秘密の組織ではないならば、なぜ彼らは、そんなに著しく、非帰し(または、あなたは話さないほうがよい)がそれらのまさしくその所有物年次報告書の中でそんなに重要であったことを20の違う方法で述べるであろうか?

さらに、あなたが、あなたが言い、することを誇っているならば、あなたは、それが一般大衆に知られることになるかどうかを気にしていない。

このコインの他の側は以下の通りである:

あなたが何か違法で、不道徳で、非倫理的で、不人気で、および/または憲法違反のことをしているならば、あなたは、それが秘密にされるとわかることに必要な何でもするであろう。

彼の本の中で、「ANGLO-AMERICAN ESTABLISHMENT」とキャロル・キグリー博士は書く。

「2月1891のある冬の午後、3人の人がロンドンでの真剣な会話に引き入れられた」。

それから、会話は全体として大英帝国のための、そして世界への最も大きな重要性のフロー結果にであった。

これらのために、人は、50年以上の間、英国の皇帝と外交方針の公式化と実行において最も重要な力の1つであることになっていた秘密結社を設立していた。

従って採用された3人の人はイギリスですでによく知られていた。

リーダーは南アフリカでセシル・ローズ、法外に裕福な帝国建設者、および最も重要な人であった。

2番目は、ウィリアムT.ステッド(日の有名で、たぶん最ももセンセーショナルなジャーナリスト)であった。

3番目は、ビクトリア女王のイーシャー卿、友人、および親友として後で知られていて、キングエドワードVIIとキングジョージVの最も有力なアドバイザーであるためにより遅れているレジナルド・ベーリオル・ブレットであった。

この重要な会話の詳細は後で試験されるであろう。

現在、私達は、3がそれらの秘密結社についての組織の計画とオリジナルのメンバーのリストを作成したことを指摘しさえすればよい。

「ヘルパーの協会」として知られるために「選ばれた者の社会」と外の円として知られるために、組織についての計画は側近グループに備えた。

選ばれた者の社会の中で、現実のパワーは、リーダーと「3の臨時政府」によって行使されることであった。

リーダーは、ロードス島であることであり、臨時政府は、ステッド、ブレット、およびアルフレッド・ミルナーであることになっていた。

「この決定に従って、ミルナーは、私達が説明したミーティングの少し後でステッドによって社会に追加された」。

- キグリー(キャロル(1910年-1977年)(ロードス島からクリヴデンまでの英米の設立))は1981年フォーカス、NY NY pgを記入する。

3

キグリーが書く操作の秘密結社のゴールと方法のうちの、「ロードス島とミルナーが捜し、彼らを達成するために、彼らが方法を望んでいたゴールは1902によってとても同様であったので、2はほとんど区別がつかない」。

両方は、英国のまわりの連邦の構造で世界ととりわけ英語圏の世界を結合することに努めた。

両方は、この目標が最もうまく共通の原因への愛着によって、そして互いへの個人的な忠実によって互いと結合された人の秘密の集団によって達成されることができたと思った。

両方は、このバンドが舞台裏で秘密の政治的で、経済の影響による、そしてジャーナリズムの、教育的で、宣伝のエージェンシーのコントロールによるそのゴールを追跡するべきであると思った… - 「キグリー(キャロル(1910年-1977年)(ロードス島からクリヴデンまでの英米の設立))は1981年フォーカス、NY NY pgを記入する」。

49

1910年-1915年の間で、秘密結社は、7つの国家の中で設立された円卓グループと呼ばれる謀議仲間の国際的なグループに発展した:

英国、南アフリカ、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、インド、および米国。

(英国円卓は実際2月5日のイギリス、1891で作成された。)

(米国で、それは外交関係の上の協議会と呼ばれる、イギリスで、それは国際関係のための王室の研究所である、カナダ、カナダ国際問題研究所の、チリで、それはチリ人外交問題評議会であるなど。)

1920年に、秘密結社は国際関係と外交問題評議会のために研究所に発展した。

創始者の多くはアメリカの最初の諜報機関 INQUIRY に所属していた。

注 - 上記の引用文は、次にウェブサイトを持っている「円卓」によって供給された:

http://www.geocities.com/CapitolHill/2807


CFRは主流報道機関の共犯なしでそれらのゴールを達成することができなかった(それらは鉄のこぶしによってそれを完全にコントロールする)。

心理作戦(PSYOPS)を使って、彼らはこれをする。

ランド社はこのテクニックの主要なユーザーの1人である。

これははっきりと以下のインターネットメッセージによって説明される:

「多くの人々は外交問題評議会(CFR)を耳にしなかったか、どのように彼らが働くかを知らない」。

これは事故ではなく、グループはわざと控え目な姿勢を運営した。

CFRは円卓グループと呼ばれる謀議仲間の国際的なグループの枝である。

このグループは100年以上にわたって世界じゅうで世論をコントロールしていた。

統合参謀本部は心理学的な操作(心理操作)をそれら それ と定義した:

「心理戦を含み、さらに、ニュートラルな、または好都合な外国のグループで、国家目標の達成をサポートするために感情、態度、または行動を作成するために計画されて、実施されたそれらの政治的で、軍隊、経済の、そしてイデオロギーの行動を取り巻きなさい」。

「彼らの追従者を制御するか、コントロールする意志決定者のパワーに影響し、具体化することに向けられるように、」別の提案は「‘戦略的な心理作戦」’「の概念を展開する」。

アメリカ人は植民し、目標とされていて、コントロールされているグループの間にいる。

「詐欺の戦術」は形式化した心理戦テクニックである。

「詐欺の戦術」は、物質的な環境と異なる心理学的な環境を築く。

「詐欺の戦術」は、間違いの現実世界を作成するために使われる。

知覚の心理学で、「詐欺の戦術」は架空の指針を引き起こす。

行動に影響するために、詐欺は3つの基本的な規則に従わなければならない。

第一に、詐欺は「妥当」にちがいない;

第二に、ケースにおいて事実をチェックする簡単な方法が全然あってはならない;

そして、3番目で、詐欺の使用は、貴重な将来性があるかもしれないソースの評判を悪くするべきでない。

このグループを止める1つの方法は、それらとそれらのテクニックを、彼らがあやつっている人々にさらすことである。

外交問題評議会を達成するために使われた1つの「詐欺の戦術」がねらい、委員を問題の両側に置くことになっている。

別の「詐欺の戦術」は、実のところ、弁護士、立法者、および裁判官があからさまな不法行為をさらなるCFR目的に任せている時に、法律が従われているという知覚を作成するために法律、立法上で、法廷制度のCFRコントロールを使うことになっている。

3番目の「詐欺の戦術」は単に嘘インチにである。

ソース:

ラウンドテーブルのWebページ:

http://www.geocities.com/CapitolHill/2807


詐欺と上のカバーの別の素晴らしい例は本、「ケネディテープ」である。

2人のCFRメンバー(アーネストR.May、およびフィリップD.Zelikow)がたぶんジョン・F・ケネディ大統領オーディオテープのすべてを聞き、一般大衆が、知りたいと思うであろうこれらのテープの上に、出された他の重要な声明が全然なかったことを一般大衆に保証するように興味深い事実のすべてを引用しているこの本を書いた。

ここに関係している動機にあった:

(1) エリートのJFK暗殺についてプリントされるものの望みだけをプリントするためと跡からどのような他の潜在的な研究者でも投げるため(2)。

これは、数百時間のテープに録音された会話を聞く非常に厳しい仕事であった。

従って、他の研究者は、まさに、彼らがこれらのテープから興味深い事実のすべてをプリントしたという「彼らの知らせを取る」べきである。

私は、2人のnon-CFR研究者がまったく違う本を書いたであろうと疑っている。

マイケルBeschloss歴史家はオフィスの彼の時間の間にリンドン・ジョンソンによって書き写されたホワイトハウステープを聞き、「取るチャージ:」を本に手紙で知らせた。

「1963年-1964年のジョンソンホワイトハウステープ」。

この作者がまた外交問題評議会のメンバーであることは奇妙でないか?

5ページの問い合わせ(1996年)を続けて、彼の外交問題評議会本の中で述べられたピーター・グロースとして:

「彼ら(英国人)はロンドン、ニューヨークの他の一方の枝によって永久的なアングロサクソン系米国人国際問題研究所を提案した」。

CFRのための本部はニューヨーク市、ニューヨーク10021の58の東の68番目の通りに置かれたハロルドプラット家である。

不思議にも、この建物はロシア(前のソビエト)大使館からまさに通りを横切って位置する。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR