FC2ブログ

啓蒙主義者起源

ILLUMINATI ORIGINS

FINAL WARNING: A HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER?

?by David Allen Rivera???

?


When you talk about tracing the origin of an organization that is controlling the destiny of the world, it's obvious that you have to start at a period which would allow a movement of this magnitude time to ferment. Changes like the ones which have and are occurring do not take place overnight. We are dealing with a group which must have been growing for a long period of time, in order to obtain the power and influence necessary to achieve the global control now being exercised. When you think of it, in that context, there is such a group.


The leader of this group was a man named, Dr. Adam Weishaupt, who was born on February 6, 1748, the son of a Jewish rabbi. When his father died in 1753, he was converted to Catholicism by Baron Johann Adam Ickstatt, who turned the early training of the boy over to the Jesuits. Ickstatt, in 1742, had been appointed by the Jesuits to be the curator of the University in order to reorganize it. He? retired in 1765, but still controlled its policies.


Although Weishaupt later became a priest, he developed a distinct hatred for the Jesuits, and became an atheist. Given access to the private library of Ickstatt, his Godfather, the young man became interested in the works of the French philosophers, and studied law, economics, politics, and history. One such philosopher, Voltaire (1694-1778), a revolutionary who held liberal religious views, had written in a letter to King Frederick II ("the Great", a Mason):


?"Lastly, when the whole body of the Church should be sufficiently weakened and infidelity strong enough, the final blow (is) to be dealt by the sword of open, relentless persecution. A reign of terror (is) to be spread over the whole earth, and...continue while a Christian should be found obstinate enough to adhere to Christianity."


It is believed that Weishaupt got his ideas concerning the destruction of the Church from Voltaire's writings. He studied in France, where he met Robespierre (who later led the French Revolution), and became friends with a few people in the French Royal Court. It is believed, that through these contacts, he was introduced to Satanism.


He graduated from the Bavarian University in Ingolstadt, Germany in 1768. He served four years as a tutor until he was promoted to Assistant Instructor. In 1770, he was chosen by Mayer Amschel Rothschild to develop an organization that Rothschild could use. In 1772, Weishaupt was made Professor of Civil Law. In 1773, he was made Professor of Canon Law, a post which had been held by the Jesuits for 90 years. They had founded most of the Universities, and kept strict control of them in order to eliminate Protestant influence.


In 1773, Weishaupt got married, against the wishes of Ickstatt, who denounced him. Two years later, at the age of 27, he was made Dean of the Faculty of Law. The Jesuits, worried about his quick progression and his liberal thinking, tried to thwart his influence by secretly plotting against him . Not wanting to become a martyr for his free-thinking ideas, he began focusing on establishing his organization. To confuse his detractors, he based the organizational structure on the one used by the Jesuits, however, his intention was to have a secret coalition of liberalism.


He studied the anti-Christian doctrines of the Manicheans, whose teachings revolved around astrology, medicine, and magic. He had been indoctrinated into Egyptian occult practices by an unknown merchant named Kolmer, from Jutland (in the area around the border of Denmark and West Germany), who had been traveling around Europe since 1771. He studied the power of the Eleusinian mysteries and the influence exerted by the secret cult of the Pythagoreans. Pythagoras was a sixth century, B.C., philosopher who taught that men and women should combine their belongings - which became the basic philosophy behind Communism. Weishaupt also studied the teachings of the Essenes, and acquired copies of the 'Kabala', 'The Major Key of Solomon' and 'The Lesser Key of Solomon', which revealed how to conjure up demons and perform occult rituals.


He studied the various Masonic writings after meeting a Protestant Freemason from Hannover. At first he thought about creating a superior Masonic-like organization, that would be made up of men possessing superior abilities in all fields, but concluded that Masonry was too open.


Weishaupt was instructed by the Rothschilds (who were also said to be Satanists), to leave the Catholic Church, and unite all the different occult groups. He created the coven called the 'Golden Dawn' which, till this day, is allegedly the Rothschilds' private coven.


Weishaupt spent five years working out a plan through which all of his ideas could be reduced to a single system which would be used to fight the oppression of religion, thereby loosening social ties. He wanted to replace Christianity with a religion of reason. An initial idea was to form an organization comprised of "Schools of Wisdom", whose goal was to "make of the human race, one good and happy family." They were to strive for the perfection of morals, so he thought about naming the group the 'Perfectibilists', but it lacked the air of mystery and intrigue that he sought.


In 1774,?he published a fictitious article called Sidonii Apollinarus Fragment, which he said, was to prepare the people for the doctrine of reason. Weishaupt wrote: "Princes and nations will disappear without violence from the earth. The human race will then become one family, and the world will be the dwelling of rational men." He wrote of their aims: "To make the perfecting of reasoning powers interesting to mankind, to spread the knowledge of sentiments, both humane and social, to check wicked inclinations, to stand up for suffering and oppressed virtue...to facilitate the acquirement of knowledge and science."


On May 1, 1776, under the direction of the newly formed House of Rothschild (and Wessely, Moses, Mendelssohn; and the Bankers, Itzig, Friedlander, and Meyer), who instigated the American Revolution to weaken Great Britain, Weishaupt founded the Ancient Illuminated Seers of Bavaria, which became known as the Order of the Illuminati. Weishaupt said that the name was derived from Luciferian teachings, and means, 'Holders of the Light.' In Latin, it means, 'the enlightened ones.' In layman's terms, it means 'to illuminate', or 'to give light.' It refers to someone who is enlightened, spiritually and intellectually. Satan, when he was an angel, was known as Lucifer, the 'Bearer of Light', and being that the group's name evolved from this, we can see the underlying nature of its goals. In addition, May 1st was a great day for all communist nations, where it was known as May Day; and it is also known as a special day to witches.


There are some earlier groups, with similar names, such as a group known as the "Illuminated Ones" which was founded by Joachim of Floris in the 11th century, who taught a primitive, supposedly Christian doctrine of "poverty and equality." The Rosheniah, or "Illuminated Ones," was a group in Afghanistan during the 16th century, who sought the 'illumination' from the Supreme Being, who wanted a class of perfect men and women. After reaching the fourth degree, "Enlightened One," the initiate would receive mystical powers, and when the eighth and final degree was reached, they were told they had achieved perfection. An Afghan scholar said that their purpose was to influence people of importance to establish harmony in the world, and were devoted to fight the tyranny of the Moguls, who were the rulers of India. The group survived until the 1700's, and gave birth to a couple offshoots, the Alumbrados of Spain, and the Illuminated Guerinets in France in 1654.


The Alumbrados (Spanish for "enlightened" or "illuminated"), was made up of reformed Franciscans and the Jesuits. They claimed that once perfection had been achieved, they would experience a vision of God, and would enter into direct communication with the Holy Spirit. Once they had received the "light," they would possess superior human intelligence. Their unusual claims resulted in the Inquisition issuing Edicts against them in 1568, 1574, and 1623. Ignatius de Loyola, the founder of the Jesuits, was put in jail for being a member. This condemnation forced them to flee to France.


The "Illuminati" was a name used by a German sect that existed in the 15th century. They practiced the occult, and professed to possess the 'light' received from Satan. The name was also used by another group in 1760 at Avignon, which was influenced by the writings of philosopher Emanuel Swedenborg, which led to the Illuminated Theosophists in 1766 at Paris, then later in London.


There is no evidence to suggest that Weishaupt's Order of the Illuminati is a continuation of any of these groups, however, whether their teachings and philosophy had an influence on him, is another question.


Starting with only five members (Weishaupt, and his inner circle- his friend Kollmer, Francis Dashwood of the Satanic Hellfire Club, Alphonse Donatien DeSade from whose name we get the word "sadism," and Meyer Amschel Rothschild), the Illuminati wasn't fully operational until 1778.


Weishaupt wrote: "The great strength of our Order lies in its concealment, let it never appear, in any place in its own name, but always covered by another name, and another occupation. None is fitter than the three lower degrees of Freemasonry; the public is accustomed to it, expects little from it, and therefore takes little notice of it." He also wrote: "For the Order wishes to be secret, and to work in silence, for thus it is better secured from the oppression of the ruling powers, and because this secrecy gives a greater zest to the whole."


The Order was made up of three degrees: Novice, Minerval, and Illuminated Minerval; and organized in a manner similar to Freemasonry and the Jesuits. Even though he admired the structure of the Jesuit hierarchy, he wrote that no ex-Jesuits were to be admitted, except by special permission. He wrote that they "must be avoided as the plague." Their rites and ceremonies were similar to that of the Masons. Their aim, he said, was to have a one-world government, to allow the elite to govern the world, thus preventing future wars. One of their early programs, was to distribute anti-religious material to criticize clerical leaders, who they saw as obstacles to social progress, and to oppose the "enemies of the human race and of society."


Weishaupt wrote: "How can the weak obtain protection? Only by union, but this is rare. Nothing can bring this about but hidden societies. Hidden schools of wisdom are the means which we will one day free men from their bonds..."


All members were required to adopt classical names. Weishaupt was called "Spartacus" (who had been the leader of the slave insurrection in ancient Rome). His right-hand man, Xavier von Zwack, a lawyer to Prince von Salm, was known as "Cato"; Nicolai, the bookseller, was "Lucian"; Professor Westenreider was "Pythagoras"; Canon Hertel was "Marius"; Marquis di Constanza was "Diomedes"; Massenhausen was "Ajar"; Baron von Schroeckenstein was "Mohomed"; and Baron von Mengenhofen was "Sylla."


Their headquarters was in Munich, Germany, and known as the Grand Lodge of the Illuminati (or Lodge of the Grand Orient), code-named "Athens." Among their other four lodges: Ingolstadt was known as "Ephesus," Heidelberg as "Utica," Bavaria as "Achaia," and Frankfurt was known as "Thebes."


The calendar was reconstructed, and the months known by names reminiscent of the Hebrew language: January was known as "Dimeh," and February as "Benmeh," etc. They dated their letters according to the Persian Era, named after the king who began to rule in Persia in 632 B.C., Jezdegerd. Their new year began on March 21st, which some sources say is New Years Day for witches.


In 1777, Weishaupt joined the Eclectic Masonic lodge "Theodore of Good Counsel" in Munich, and towards the end of 1778, he came up with the idea of merging the Illuminati and the Masons. Zwack became a Mason on November 27, 1778, and working with a brother Mason, Abbe' Marotti, he divulged the secret of the Order. By the middle of 1779, the Munich Masonic lodge was under the complete influence of the Illuminati.


During the first four years, about sixty active members had been recruited by a committee known as the "Insinuators," and close to 1,000 had become indirectly affiliated with the Order. Soon, three more lodges were established.


Few knew the supreme direction of the Order. Only those within the inner circle, known as the "Areopagite" (meaning "Tribunal"), were aware of their true purpose. To all others, Weishaupt said that he wanted a one-world government to prevent all future wars.


The book World Revolution (by Nesta Webster) stated: "The art of Illuminism lay in enlisting dupes as well as adepts, and by encouraging the dreams of honest visionaries or the schemes of fanatics, by flattering the vanity of ambitious egotists, by working on unbalanced brains, or by playing on such passions as greed and power, to make men of totally divergent aims serve the secret purpose of the sect."


Foolish people, with money to burn, were especially welcomed. Weishaupt wrote: "These good people swell our numbers and fill our money box; set yourselves to work; these gentlemen must be made to nibble at the bait...But let us beware of telling them our secrets, this sort of people must always be made to believe that the grade they have reached is the last." Weishaupt explained: "One must speak sometimes in one way, sometimes in another, so that our real purpose should remain impenetrable to our inferiors." And what was that purpose? It was "nothing less than to win power and riches, to undermine secular or religious government, and to obtain the mastery of the world."


Initiates were told that the Order represented the highest ideals of the Church, that Christ was the first advocator of Illuminism, and his secret mission was to restore to men the original liberty and equality they had lost in the Garden of Eden. Weishaupt said that Christ exhorted his disciples to despise riches in order to prepare the world for the community of goods that would do away with property ownership.


Weishaupt wrote to Zwack: "The most admirable thing of all is that great Protestant and reformed theologians (Lutherans and Calvinists) who belong to our Order really believe they see in it the true and genuine mind of the Christian religion." However, when one of Weishaupt's followers would reach the higher degrees, their secret was revealed: "Behold our secret...in order to destroy all Christianity, all religion, we have pretended to have the sole true religion...to deliver one day the human race from all religion."


Women were also enlisted. He wrote: "There is no way of influencing men so powerful, as by means of women. These should therefore be our chief study; we should insinuate ourselves into their good opinion, give them hints of emancipation from the tyranny of public opinion, and of standing up for themselves..." He also wrote: "This sex has a large part of the world in their hands." Female members were divided into two groups: one group of society women, to give the organization an air of respectability; and the other group "who would help to satisfy those brothers who have a penchant for pleasure." The Illuminati also used monetary and sex bribery to gain control of men in high places, then blackmailed them with the threat of financial ruin, public exposure, and fear of death.


Internal fighting soon developed because of Weishaupt's thirst for power. Besides that, because only nominal dues were collected, the Order suffered financially.


世界の運命をコントロールしている組織の起源を追跡することについて、あなたが話す時に、あなたが、このマグニチュード時間のムーブメントを、興奮させるであろう期間に出発する必要があることは明らかである。

持っていても、起こっているもののような変化は一夜で起こらない。

私達は、現在行われているグローバルなコントロールを達成することに必要なパワーと影響を得るために長い期間にわたって成長していたにちがいないグループを扱っている。

あなたがその文脈の中でそれについて考える時に、そのようなグループがある。

このグループのリーダーは、名付けられた人(2月6日、1748、ユダヤ人のユダヤ教牧師の息子に誕生したアダム・ワイスハウプト博士)であった。

彼の父が1753において死んだ時に、彼は、イエズス会士に少年の早いトレーニングを譲ったヨハン・アダムIckstatt男爵によってカトリック教に改宗された。

Ickstattは、1742において、それを再編成するためにイエズス会士によって、大学のキューレーターであるように命じられた。

彼は1765において退去したけれども、それでも、その方針をコントロールした。

ワイスハウプトが後で聖職者になったけれども、彼はイエズス会士への別個の憎悪を発展させて、無神論者になった。

Ickstatt、彼のゴッドファーザーの私的なライブラリへのアクセスを与えられて、若者はフランス哲学者の作品に興味をもっていて、法律、経済学、政治学、および歴史を勉強した。

1人のそのような哲学者(ボルテール(1694-1778)(偏見にとらわれず自由な宗教の意見を抱いていた革命家))がキング・フレデリックII(「大きなもの」、石工)に手紙を書き込んだ:

「最後の時に教会の全体のボディが十分に弱められるべきであることおよび十分に強い不倫 開き、無情な迫害の剣により分配される最終的な送風(である) 。

「地球全体にまかれて、キリスト教徒が、キリスト教に付くのに十分に頑固であるのを発見されるべきである間続く恐怖時代」。

ワイスハウプトがボルテールの文書から教会の破壊についての彼のアイデアを理解したことは信じられる。

彼はフランスで勉強した(そこで、彼は、ロベスピエール(後で、フランス革命を導いた)とフランス宮中で数人の人々と会い、友人になった)。

これらのコンタクトを通して、彼が悪魔主義に導入されたことは信じられる。

彼はインゴルシュタット、1768におけるドイツのババリアな大学を卒業した。

彼が補助指導員に昇進するまで、彼は家庭教師として4年勤務していた。

1770において、彼は、ロスチャイルドが使うことができた組織化を発展させるためにマイヤー・ロスチャイルドによって選ばれた。

1772において、ワイスハウプトは民法の教授にされた。

1773において、彼は、教会法(90年の間イエズス会士によって持たれていたポスト)の教授にされた。

彼らは、大学のほとんどを設立し、プロテスタント影響を取り除くために彼らの厳密なコントロールを保持した。

1773において、彼を弾劾したIckstattの希望に対して、ワイスハウプトは結婚した。

2年後、27歳で、彼は法学部のディーンにされた。

熟慮し、彼の迅速な前進と彼の自由主義者について心配したイエズス会士は、彼に対してひそかに陰謀を企てることによって彼の影響を妨げようとした。

彼の自由に考えるアイデアのために殉教者になりたくない、彼は、彼の組織を設立することに集中しはじめた。

彼の中傷する人を混乱させるために、彼はイエズス会士によって使われたものに組織的な構造の基礎を置き、しかし、彼の意図は、自由主義の秘密の連立を持つことであった。

彼はマニ教のキリスト教反対者主義を勉強した(その教えは占星術、医学、および魔法のまわりで回転した)。

彼は、1771以来ずっとヨーロッパのまわりで旅行していたユトランド半島(デンマークと西ドイツの境界のまわりのエリアの)からKolmerと名付けられた未知のマーチャントによってエジプトオカルト習慣の中に教え込まれた。

彼はエレウシスの密儀のパワーとPythagoreansの秘密のカルトによって及ぼされた影響を勉強した。

ピタゴラスは、6番目の世紀の紀元前(男性と女性が彼らの家財を結合するべきであることを教えた哲学者)であった - 共産主義の後ろの基本的な哲学になった。

ワイスハウプトはまたエッセネ派の教えを勉強し、‘Kabala’、‘ソロモンの主要なキー’、および‘ソロモンのより小さなキー’(それはどのように悪魔を呼び起こすか、そしてオカルト儀式を執行するかを明らかにした)のコピーを取得した。

ハノーバーからプロテスタント フリーメーソン会員と会った後に、彼は様々なフリーメーソン文書を調べた。

最初は、彼は、優れたフリーメーソン風の組織を作成することを考えて、それは全域に優れた才能を備えている人からなるであろうけれども、石造建築が開きすぎていたと断定した。

ワイスハウプトは、カトリック教会に残し、すべての違うオカルトグループを結合するロスチャイルド家(また、悪魔主義者であるそうであった)によって指示された。

彼は、この日まで、申し立てによると、ロスチャイルド家の私的な集会である‘ゴールデンの夜明け’と呼ばれる集会を作成した。

ワイスハウプトは、彼のアイデアのすべてが、宗教の抑圧と戦い、従って社会的なつながりを緩めるために使われるであろう単一システムに減らされることができた計画を考え出すことに5年を費やした。

彼は、キリスト教を理由の宗派と取り替えたかった。

初期のアイデアは、ゴールが「人類、1つのよく、幸福なファミリーで作りなさい。」にであった「知恵の学校」から成っている組織を結成することであった。

彼らは、モラルの完璧さのために努力することになっていたので、彼は、グループを‘完全主義者’と名付けることを考えたけれども、それは、彼が捜したミステリーと陰謀の空気を欠いた。

1774年に、彼は、彼が言ったSidonii Apollinarus破片と呼ばれる架空の記事を出版した 人々に理由の主義の準備をさせることになっていた 。

ワイスハウプトは書いた:「王子と国家は暴力なしで地球から姿を消すであろう」。

「人類はその時1つのファミリーになるであろうし、世界は理性的な人の住居になるであろう」。

彼はそれらの目的について書いた:

「作るために、知識と科学の取得を容易にする…ために苦しみと圧迫された美徳を守るために悪い傾向をチェックするために、人道的で、社会的に意見に関する知識を広めるために、推論の完成は人類に興味をもち、動かす」。

5月1日、1776に、ロスチャイルド(そしてウェッセリ、モーゼス、メンデルスゾーン;そして銀行家、Itzig、フリードランダー、およびマイヤー)(英国を弱めるために、それはアメリカ革命を扇動した)の新しく成形された家の指導のもとで、ワイスハウプトは、ババリア(それは啓蒙主義者のオーダーとして知られた)の古代の照明された予言者を設立した。

ワイスハウプトは、名前がルシファーの教えに由来していると言い、‘ライトのホルダー’を意味している。

ラテン語で、それは‘啓発されたもの’を意味している。

俗人の用語で、‘照明するため’または‘ライトを与えるため’、それは意味している。

それは、精神的で、知的に啓発される誰かと関連している。

彼が天使であった時のサタンは明けの明星(‘ライトの運搬人’)として知られていて、グループの名前がこれから発展したことであって、私達はそのゴールの潜在的な性質を見ることができる。

さらに、それがメーデーとして知られていた所で、5月1日はすべての共産主義の国家のための大きな日であった;そして、それは魔女に特別な日としてまた知られている。

プリミティブ(「貧乏と平等」のたぶんキリスト教主義)を教えた11世紀のフロリスのヨアヒムによって設立された「照明されたもの」として知られているグループなどの同様な名前によって、いくつかのより早いグループがある。

完全な男性と女性のクラスを望んでいた絶対者から、‘照明’を捜した16世紀の間のアフガニスタンで、Rosheniahまたは「照明されたもの」はグループであった。

「啓発されたもの」を4級のために取って来た後に、新入会者は神秘主義的な能力を受け取るであろうし、8と最終的な級に達した時に、それらは、彼らが完璧さを達成したと言われた。

アフガニスタンの学者は、それらの目的が、世界で調和を設立するために重要性をもつ人々に影響することであると言い、インドのルーラーであった権力者の専制政治と戦うために捧げられた。

グループは1700年代まで残存し、1654において2、3個の枝、スペインのアルンブラドス派、およびフランスの照明されたGuerinetsを生み出した。

アルンブラドス派(「啓発される」または「照明される」のためのスペイン語)は、改良されたフランシス修道会会員とイエズス会士により構成されていた。

彼らは、完璧さが達成されたら、彼らが神のビジョンを経験するであろうと主張し、聖霊との直接的な通信に着手するであろう。

彼らが「軽い」を受け取ったら、彼らは優れた人の知能を所有するであろう。

それらの異常な主張は1568、1574、および1623においてそれらに対する布告を出している審理を結果として生じていた。イグナチウスdeロヨラ(イエズス会士の創立者)はメンバーであるために刑務所に入れられた。

この非難は、フランスに逃げることを彼らに強制した。

「啓蒙主義者」は、15世紀に存在していたドイツセクトによって使われた名前であった。

彼らはオカルトを行い、サタンから受け取られた‘軽い’を所有すると公言した。

名前はアビニョンでまた1760における別のグループによって使われた(それはエマヌエル・スウェーデンボリ哲学者の文書によって影響された(それはそしてロンドンでより遅いパリで1766における照明された接神論者をもたらしていた))。

それらの教えと哲学が彼に影響力をもっていたかどうかにかかわらず、しかしワイスハウプトの啓蒙主義者の注文がこれらのグループのどれのでも連続であることを提案する証拠が全然なく、別の問題がある。

ほんの5つのメンバー(ワイスハウプトと彼の内側の円彼のもの友人Kollmer(悪魔地獄の業火クラブ、名前から、私達が言葉「サディズム」を得るアルフォンスDonatien DeSade、およびマイヤーAmschelロスチャイルドのフランシスダッシュウッド))で始めて、啓蒙主義者は1778まで完全に運転中でなかった。

ワイスハウプトは書いた:

「私達のオーダーの大きな力はその隠蔽にあり、それ自身の名前におけるどのような場所ででもそれを決して出現しないようにさせたけれども、いつも、別名と別の職業によってカバーした」。

どれもフリーメーソンの3つの下の程度より適当でない;

「一般大衆はそれに慣れていて、それからほとんど予期していなく、従って、それに少しに注意する」。

彼はまた書いた:

「オーダーが、秘密で、沈黙において働くことを望むので、従ってそれが統治権の抑圧からより安全に守られるので、そしてこの秘密がより大きな強い興味を全体に与えるので」。

オーダーは3度からなった:

初心者、Minerval、および照明されたMinerval;

そして、フリーメーソンとイエズス会士に類似している方法で団結した。

彼がイエズス会士ヒエラルキーの構造を賞賛していても、彼は、どの前イエズス会士も、入れられることになっていなかったと特別な許可を除いて書いた。

彼は、それらが「疫病として避けられなければならない」と書いた。

それらの儀礼と式典は石工のそれに類似していた。

彼は、それらの目的は、エリートが世界、従って防止する未来の戦争を管理することを可能にするために1世界政府を持つことであったと言った。

それらの早いプログラムのうちの1つは、彼らが社会的な進歩への障害を考えたこと、および「人類と社会の敵。」に反対するために事務のリーダーを批判するために、反宗教の素材を配布する必要があった。

ワイスハウプトは書いた:

「どのように弱いものは保護を得ることができるか?」

組合けれどもこれだけのためまれである。

何も隠れた社会を除いてこれを引き起こすことができない。

「知恵の隠れた学校は、私達が、人を彼らの束縛から解放するのをいつか望んでいる方法である…」

すべてのメンバーは、伝統的な名前を採用することを要求された。

ワイスハウプトは、「スパルタクス」(古代ローマでスレーブ暴動のリーダーであった)と呼ばれた。

彼の腹心、ザヴィエルのフォンZwack(プリンスフォンSalmへの弁護士)は「カトー」として知られていた;ニコライ、本屋は「ルシアン」であった;Westenreider教授は「ピタゴラス」であった;キヤノンヘルテルは「マリウス」であった;侯爵di Constanzaは「ダイオミーディーズ」であった;Massenhausenは「半開きである」;男爵フォンSchroeckensteinは「Mohomed」であった;そして、男爵フォンMengenhofenは「Sylla」であった。

それらの本部はミュンヘン、ドイツにあり、「アテネ」とコード名を付けられて、啓蒙主義者(または雄大な東洋のロッジ)のグランド・ロッジとして知られていた。

それらの他の4つのロッジの間:インゴルシュタットは「エフェソス」として知られていて、「ウチカ」としてのハイデルベルク、「アカイア」としてのババリア、およびフランクフルトは「テーベ」として知られていた。

カレンダーは再建されて、過ぎて知られているヶ月はヘブライ人言語を思い出させていて名付ける:1月は「Benmeh」などとして「Dimeh」と2月として知られていた。

紀元前632年にペルシャで支配しはじめた王にちなんで命名されて、彼らはペルシャの時代に従ってそれらの手紙に日付を書いた、Jezdegerd。

それらの新年は3月21日に始まった(何人かの関係筋が、魔女のための新年日であると言う)。

1777において、ワイスハウプトはミュンヘンで多彩なフリーメーソンの支部「よい相談のセオドア」に参加し、1778の終わりごろに、彼は、啓蒙主義者と石工を合併するアイデアを思い付いた。

Zwackは11月27日の石工、1778になり、兄弟メーソン、アビー'Marottiとともに働いて、彼はオーダーの秘密を漏らした。1779の中間によって、ミュンヘンフリーメーソンの支部は啓蒙主義者の完全な影響の下にあった。

最初の4年の間に、約60人のアクティブなメンバーが「ほのめかす人」として知られている委員会によって募集されて、およそ1,000は注文と間接的に提携した。

すぐ、あと3つのロッジが設立された。

ほとんどは注文の最高の方向を知っていなかった。

「アレオパゴス会議員」(意味「裁判所」)として知られている側近グループの中のそれらだけがそれらの真実の目的に気づいていた。

すべての他に、ワイスハウプトは、彼が一方の世界政府に、すべての未来の戦争を防止してほしいと言った。

世界革命(ネスタ ウェブスターによる)が述べた本:

「野心的な自己本位者の虚栄心に迎合することによる、不安定な脳で働くことによってまたはすっかり分岐した目的の人をセクトの秘密の目的にかなわせるために貪欲さとパワーのような情熱の上で遊ぶことによって、イルミニズムのアートは、名人と同様に、そして正直な空想家または狂信者の計画の夢を促進することによる入隊お人よしにあった」。

愚かな人々は、燃やすお金によって、特に歓迎された。

ワイスハウプトは書いた:

「これらのよい人々は私達の番号を増し、私達の貯金箱に充填する;」

自身で、仕事に着手しなさい;

「これらの紳士は、餌をかじらせられなければならない...けれども、私達を、私達の秘密を彼らに話すことのうちの、この種類の人々が、いつも、彼らが達したグレードが最後であると信じさせられなければならないように気を付けさせなさい」。

説明されたワイスハウプト:

「私達の現実の目的が私達の目下の者を受け付けなくあり続けるように、一方は時々一方の方法で、時々別のものの中で話さなければならない」。

そして、その目的は何であったか?

それは、「パワーと富を勝ち取ること、現世または宗教の政府を徐々に蝕むこと、および世界の支配を得ることより少なくないもの何も」であった。

新入会者は、オーダーが教会の最も高い理想を表していて、キリストがイルミニズムの最初の主唱者であったと言われて、彼の秘密の任務は、彼らがエデンの園で失ったオリジナルの自由と平等を人に回復することであった。

ワイスハウプトは、キリストが、財産所有権を廃止するであろう物品の共有のために世界を準備するために富を軽べつすることを彼の弟子に勧めると言った。

ワイスハウプトはZwackに手紙を書いた:

「最も見事な物はその偉大なプロテスタントであり、本当に私達の注文に所属している更生された神学者(ルター派信者とカルビン主義者)は、彼らがそれの中でキリスト教の真実で、本物の精神を見ると信じる」。

しかし、ワイスハウプトの追従者の1人がより高い程度に達するであろう時に、彼らの秘密は明らかにされた:

「すべてのキリスト教、すべての宗教を破壊するために、私達の秘密…を注視しなさい、私達は、ある日人類をすべての宗教から救う…ために唯一の真実の宗教を持つふりをした」。

女性はまた徴募された。

彼は書いた:

「女性によってと同じくらい強力な男性に影響する方法が全然ない」。

これらは従って私達の主要な研究であるべきである;

「私達はそれらのよい意見の中に自身をほのめかすべきであり、世論の、そして自立することの専制政治から、それらに解放のヒントを与える…」

彼はまた書いた:

「この性はそれらの手に世界の大部分を持っている」。

女性のメンバーは2グループに分けられた:

組織に立派さの外観を与える社交家の1グループ;

そして他のグループ「喜びが大好きなそれらの兄弟を満足させることに役立つであろう」。

高い場所で人のコントロールを得るために、啓蒙主義者はまた貨幣と性の賄賂を使い、それから、破産、公的な露出、および死に対する恐怖の脅威によって彼らを恐喝した。

すぐ戦っている内臓はパワーへのワイスハウプトの渇望のため発育した。

その上、名目の会費だけが収集されたので、注文は財政的に損害を被った。

1780において、新しいメンバー(フランツ・フリードリヒ・クニッゲ(1752-1796)男爵)は募集されて、「フィロン」の偽名を与えられた。

クニッゲは10月16日、1752に誕生した。

彼はゲッティンゲンで法律を勉強し、ヘッセ・カッセルとワイマールの法廷で勤務していて、ロマンス、詩、および哲学の有名な作家であった。

彼は厳密な厳守のフリーメーソンの支部に参加した(それはオカルト科学の除去が専門で、広く行われた)。

それをすることができないで、彼らは、それを受け入れることを強制された。

クニッゲはCommander兄弟のランクを達成し、白鳥のナイトというタイトルを持っていた。

彼はハーナウで新しいフリーメーソンの支部の設立を補助した。

彼の発展露出とオカルト、魔法、および錬金術への興味のため、彼は、ばら十字会員(14世紀に遡り、伝えられるところでは、人の犠牲儀式に関与したオカルトグループであった秘密の組織)に参加した。

彼は後で錬金術を放棄し、彼の書斎を、人が、それらが一度アダムとイブの落下の前に持っていた完璧さを取り戻すことを可能にするであろう石造建築のフォームの開発にあてた。

彼のアイデアは、石造建築を改良することであり、彼は、Wilhelmsbadの議会でこれらの提案をしようとしていた。

しかし、Constanza(「最も啓蒙主義者の中で有名なものの1つ」として知られている)の侯爵は、啓蒙主義者がすでにそれをしたことを彼に知らせた。

彼をおびき出すために、科学において最も大きな高度化を表し、哲学の進歩に専念することとして、ワイスハウプトは注文を描いた。

クニッゲが考えることに沿って、これが落ちたので、彼は注文に引き入れられた。

彼が組織についての才能を持っていて、すぐ、ベストファーレン円の頭になったので、クニッゲは明確に捕獲物であった。

彼は、石工と啓蒙主義者の間で合併を要求することについて手段となっていた。

ワイスハウプトは彼について書いた:

「フィロンはマスタ(それからレッスンを受ける)である;」

「私に彼の切手の6人の人を与えなさい。そうすれば、彼らとともに、私は宇宙の面を変える...私達すべてが予期していたよりもっと、フィロンはし、彼は、一人で、すべてそれを達成させるであろう人である」。

クニッゲは、ワイスハウプトの最高の権威が他に委任されるべきであると思ったアレオパゴス会議員のメンバーによって堅くサポートされて、彼らは組織のためにクニッゲの提案された部分修正に合意した。

それらは7月9日、1781に採用された。

クニッゲは、最も効果的な宣伝者を募集することができて、オンの1780から、その拡張がフリーメーソンの支部とのその入会を通して容易にされたので、注文の成長は非常に急速であった。

それらのゴールは現在、人類を、イデオロギーを自身の間の戦い(従って弱まる政府と組織された宗教)と対比することに分割することによってそれらの目的を達成することであった。

理解に石工と啓蒙主義者と12月20日の1781の間で最終的に達し、抱き合わせオーダーは提案された(それが啓蒙主義者組織(最初の3度の石造建築)に追加するであろう)。

同盟が公式であったのは、7月16日から8月29日までのWilhelmsbad(1781(石工、Martinistes、および担当者がヨーロッパ、アメリカ、およびアジアから他の秘密の組織から出席した))の議会の後であった。

ミーティングのそれらは、何も明らかにしない誓いの下に置かれた。

コントde Virieu(彼の帰宅におけるライオンズのMartinisteロッジからの石工)は議会について質問される時に言った:

「私はそれらをあなたに委託しない」。

私は、あなたに、すべてのこれが、あなたが考えるよりずっと重大であると言うことができるだけである。

「織られている共謀はとてもよく考え抜かれるので、それを免れることはいわば君主政治と教会に不可能になるであろう」。

彼は後で啓蒙主義者を弾劾し、信心深いカトリック教徒になった。

1781におけるユダヤ人の条件とロンドンのミラボーの本の文民改善のドームの本によって開始されたムーブメントのため、決議案は、ロッジの中にユダヤ人を許すために議会で通過されて、啓蒙主義者が彼らの本部をフランクフルト(ドイツ(ユダヤ人財政の要塞))に移動させたので、それが財政上の理由のためにされたことは明らかであった。

オーダーがドイツ中で広がった時に、お金はOppenheimers、Wertheimers、Schusters、Speyers、スターンズ、およびもちろんRothschildsのような主要なユダヤ人の家族から寄付された。

ジェラルドB.Winrodは彼の本の中でアダム・ワイスハウプトを書いた:

人は、そのが「ワイスハウプトの39人の主要なサブリーダーで、17人はユダヤ人であった」を指摘する。

啓蒙主義者がユダヤ人起源だけの議論は完全に根拠がない。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR