FC2ブログ

ロスチャイルド家

THE HOUSE OF ROTHSCHILD

FINAL WARNING: A HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER


No other name has become more synonymous with the Illuminati than the Rothschilds. It is believed that the Rothschild family used the Illuminati as a means to achieving their goal of world-wide financial dominance. Mayer Amschel Rothschild (1743-1812) was born in Frankfurt-on-the-Main in Germany, the son of Moses Amschel Bauer, a banker and goldsmith. Their name was derived from the ‘red shield’ (‘rotschildt’) that hung over the door of their shop, and had been the emblem of revolutionary Jews in Eastern Europe. A few years after his father’s death, he worked as a clerk in a Hanover bank, which was owned by the Oppenheimers. He became a junior partner, and soon left to take over the business started by his father in 1750. He bought and sold rare coins, and later succeeded in buying out several other coin dealers.?


In 1769, he became a court agent for Prince William IX of Hesse-Kassel, who was the grandson of George II of England, a cousin to George III, a nephew of the King of Denmark, and a brother-in-law to the King of Sweden. Soon Rothschild became the middleman for big Frankfurt bankers like the Bethmann Brothers, and Rueppell & Harnier. After expanding his business to antiques, wineries, and the importing of manufactured materials from England, the Rothschild family began to amass a sizable fortune.


Prince William inherited his father’s fortune upon his death in 1785, which was the largest private fortune in Europe. Some of this money had come from Great Britain paying for the use of 16,800 Hessian soldiers to stop the revolution in America, because the money was never given to the troops. In 1804, the Rothschilds secretly made loans to the Denmark government, on behalf of Prince William.


In June, 1806, when Napoleon’s troops pushed their way into Germany, Prince William fled to Denmark, leaving his money with Mayer Rothschild. History tells us that Rothschild secretly buried William’s ledgers, which revealed the full extent of his wealth, a list of debtors and the interest required from them, and 600,000 pounds ($3,000,000), to keep Napoleon from confiscating it. Buderus von Carlhausen (Carl Buderus), the Treasury official who handled William’s finances, was given ‘power of attorney,’ and he in turn made Rothschild his chief banker, responsible for collecting the interest on the royal loans. Napoleon announced that all debts being paid to Prince William, were to go to the French Treasury, and offered a 25% commission on any debts that he would collect. Rothschild refused.


Developing circumstances soon allowed the Rothschilds to formulate a plan which would guarantee them the financial control of Europe, and soon the world. It began with taking advantage of the outcome of the Battle of Waterloo, which was fought at La-Belle-Alliance, seven miles south of Waterloo, which is a suburb of Brussels, Belgium. Early in the battle, Napoleon appeared to be winning, and the first secret military report to London communicated that fact. However, upon reinforcements from the Prussians, under Gebhard Blucher, the tide turned in favor of Wellington. On Sunday, June 18, 1815, Rothworth, a courier of Nathan Rothschild, head of the London branch of the family, was on the battlefield, and upon seeing that Napoleon was being beaten, went by horse to Brussels, then to Ostende, and for 2,000 francs, got a sailor to get him to England across stormy seas. When Nathan Rothschild received the news on June 20th, he informed the government, who did not believe him. So, with everyone believing Wellington to be defeated, Rothschild immediately began to sell all of his stock on the English Stock Market. Everyone else followed his lead, and also began selling, causing stocks to plummet to practically nothing. At the last minute, his agents secretly began buying up the stocks at rock-bottom prices. On June 21, at 11 PM, Wellington’s envoy, Major Henry Percy showed up at the War Office with his report that Napoleon had been crushed in a bitter eight hour battle, losing a third of his men. This gave the Rothschild family complete control of the British economy, and forced England to set up a new Bank of England, which Nathan Rothschild controlled.


However, that wasn’t the only angle he used to profit from the Battle of Waterloo. Mayer Amschel Rothschild sent some of William’s money to his son Nathan in London, and according to the Jewish Encyclopedia: “Nathan invested it in 800,000 pounds of gold from the East India Company, knowing it would be needed for Wellington’s peninsula campaign. He made no less than four profits: (1) on the sale of Wellington’s paper (which he bought at 50¢ on the dollar); (2) on the sale of gold to Wellington; (3) on its repurchase; and (4) on forwarding it to Portugal. This was the beginning of the great fortune.”


After Napoleon’s defeat, Prince William returned to resume his rule. Buderus was made a Baron, and the Rothschilds were the richest bankers in Europe.


In 1817, France, in order to get back on their feet again, secured loans from a French banking house in Ouvrard, and from the Baring Brothers in London. The Rothschilds saw their chance to get a firm grip on the French economy, and on October, 1818, Rothschild agents began buying huge amounts of French government bonds, which caused their value to increase. On November 5th, they were dumped on the open market, creating a financial panic as their value declined. Thus, the Rothschilds gained control of France.


Mayer Rothschild had established banks in England, France, and Germany. His sons, who were made Barons of the Austrian Empire, were set up to continue and expand his banking empire. Amschel Mayer Rothschild (1773-1855, who in 1838 said: “Permit me to issue and control the money of a nation, and I care not who makes its laws.”) was in charge of the bank in Frankfurt, Germany, which was known as M. A. Rothschild and Sons (which closed in 1901, after the deaths of Mayer Karl and his brother, Wilhelm Karl, the sons of Karl Mayer Rothschild). Salomon Mayer Rothschild (1774-1855) was the head of the bank in Vienna, Austria, known as S. M. Rothschild and Sons (which was closed during World War II after the Nazi occupation). Nathan Mayer Rothschild (1777-1836, who once said: “I care not what puppet is placed upon the throne of England to rule the Empire on which the sun never sets. The man who controls Britain’s money supply controls the British Empire, and I control the British money supply.”) was the head of the bank in London, England, which was known as N. M. Rothschild and Sons (and has occupied the same premises since 1809, at 2 New Court, St. Swithin’s Lane in London, near the Bank of England and Stock Exchange). Karl Mayer Rothschild (1788-1868) was the head of the bank in Naples, Italy (closed in 1861). James Mayer Rothschild (1792-1868) was in charge of the bank in Paris, France, which was known as Messieurs de Rothschild Freres (whose name was changed to La Banque Rothschild in 1967).


This was the beginning of the House of Rothschild, which controlled a fortune estimated to be well over $300,000,000. Soon the Rothschilds spanned Europe with railroads, invested in coal and ironworks, financed England’s purchase of the Suez Canal, paid for oil exploration in Russia and the Sahara Desert, financed the czars of Russia, supported Cecil Rhodes’ diamond operations, aided France in creating an empire in Africa, financed the Hapsburg monarchs, and saved the Vatican from bankruptcy. In this country, through their American and European agents, they helped finance Rockefeller’s Standard Oil, Carnegie Steel, and Harriman’s Railroad. Werner Sombart, in his book The Jews and Modern Capitalism, said that from 1820 on, it was the “age of the Rothschild” and concluded that there was “only one power in Europe, and that is Rothschild.” In 1913, the family fortune was estimated to be over two billion dollars.


After Mayer Rothschild died on September 19, 1812, his will spelled out specific guidelines that were to be maintained by his descendants:


1) All important posts were to be held by only family members, and only male members were to be involved on the business end. The oldest son of the oldest son was to be the head of the family, unless otherwise agreed upon by the rest of the family, as was the case in 1812, when Nathan was appointed as the patriarch.


?


2) The family was to intermarry with their own first and second cousins, so their fortune could be kept in the family, and to maintain the appearance of a united financial empire. For example, his son James (Jacob) Mayer married the daughter of another son, Salomon Mayer. This rule became less important in later generations as they refocused family goals and married into other fortunes.


?


3) Rothschild ordered that there was never to be “any public inventory made by the courts, or otherwise, of my estate ... Also I forbid any legal action and any publication of the value of the inheritance.”


American and British Intelligence have documented evidence that the House of Rothschild, and other International Bankers, have financed both sides of every war, since the American Revolution. Financier Haym Salomon, who supported the patriots during the American Revolution, then later made loans to James Madison, Thomas Jefferson, and James Monroe, was a Rothschild agent. As explained earlier, during the Napoleonic Wars, one branch of the family funded Napoleon, while another financed Great Britain, Germany, and other nations. Their boldest maneuver came prior to the Civil War.?


The Rothschilds operate out of an area in the heart of London, England, the financial district, which is known as ‘The City,’ or the ‘Square Mile.’ All major British banks have their main offices here, along with branch offices for 385 foreign banks, including 70 from the United States. It is here that you will find the Bank of England, the Stock Exchange, Lloyd’s of London, the Baltic Exchange (shipping contracts), Fleet Street (home of publishing and newspaper interests), the London Commodity Exchange (to trade coffee, rubber, sugar and wool), and the London Metal Exchange. It is virtually the financial hub of the world.


Positioned on the north bank of the Thames River, covering an area of 677 acres or one square mile (known as the “wealthiest square mile on earth”), it has enjoyed special rights and privileges that enabled them to achieve a certain level of independence since 1191. In 1215, its citizens received a Charter from King John, granting them the right to annually elect a mayor (known as the Lord Mayor), a tradition that continues today.


Both E. C. Knuth, in his book Empire of the City, and Des Griffin, in his book Descent into Slavery, stated their belief that ‘The City’ is actually a sovereign state (much like the Vatican), and that since the establishment of the privately owned Bank of England in 1694, ‘The City’ has actually become the last word in the country’s national affairs, with Prime Minister, Cabinet, and Parliament becoming only a front for the real power. According to Knuth, when the queen enters ‘The City,’ she is subservient to the Lord Mayor (under him, is a committee of 12-14 men, known as ‘The Crown’), because this privately-owned corporation is not subject to the Queen, or the Parliament.?


There seems to be little doubt that the Rothschilds continue to influence the world economy, and it is known that they are squarely behind the movement to unite all the western European nations into a single political entity, which is just another step towards one-world government.


どの他の名前もRothschildsより啓蒙主義者と同義にならなかった。

世界的な金融の優越のそれらの目標を達成するための方法として、ロスチャイルド家が啓蒙主義者を使ったことは信じられる。

マイヤー・ロスチャイルド(1743-1812)はドイツ(モーゼスAmschelバウアー、銀行家、および金細工師の息子)のメインの上のフランクフルトで誕生した。

それらの名前は、それらの店のドアに張り出していて、東ヨーロッパでユダヤ人革命家の象徴であった‘赤いシールド’(`rotschildt')に由来していた。

彼の父の死の数年後で、彼はハノーバー銀行の事務員として働いた(それはOppenheimersによって所有されていた)。

彼は後輩になり、すぐ、1750における彼の父によって始められたビジネスを引き継ぐために去った。

彼はまれなコインを買い、売り、後で、何人かの他のコインディーラーを買収することに成功した。

1769において、彼は、イギリス、ジョージ3世のいとこ、デンマークのキングの甥、およびスウェーデン国王への義理の兄弟のジョージ2世の孫であったヘッセカッセルのウィリアム王子IXのための法廷エージェントになった。

すぐ、ロスチャイルドはBethmann兄弟とRueppell&Harnierのような大きなフランクフルト銀行家のためにその中間業者になった。

イギリスから骨董品、ブドウ酒醸造所、および製造された素材の輸入に彼のビジネスを拡張した後に、ロスチャイルド家は、かなりの財産を貯蔵しはじめた。

ウィリアム王子は1785における彼の死後の彼の父の財産を相続した(それはヨーロッパで最も大きな私的な財産であった)。

このお金のいくらかが、お金が決して軍に与えられなかったので16,800人のヘッセン兵士の使用がアメリカで革命を止めるように支払っている英国から来た。

1804において、ひそかに作られたRothschildsはウィリアム王子のためにデンマーク政府に金貸しする。

ナポレオンの軍がドイツに押し分けて入った6月、1806に、メイヤー・ロスチャイルドに彼のお金を残して、ウィリアム王子はデンマークに逃げた。

歴史は私達に、ロスチャイルドがひそかにウィリアムの原簿を埋めたと言う(それは、彼の富、債務者のリスト、およびナポレオンがそれを没収することを妨げるために彼らと600,000ポンド($3、000、000)に要求された興味の完全な範囲を明らかにした)。

BuderusフォンCarlhausen(カールBuderus)(ウィリアムの財政を管理した宝庫役員)は‘委任状’を与えられて、彼は次々ロスチャイルドを、王室の貸付金について所有権を収集することについて責任がある彼の主要な銀行家にした。

ナポレオンは、すべての借金がウィリアム王子に支払われるのを発表し、フランス財務省に行くことになっていて、彼が収集するどのような借金の25%委員会でも提供した。

ロスチャイルドは断った。

すぐ状況を開発することは、Rothschildsが、それらにヨーロッパとすぐ、世界の財務管理を保証するであろう計画を公式化することを可能にした。

それは、ワーテルローの会戦の結果を利用することから始まった(それはワーテルローの7マイル南のLaの美人同盟で争われた(それはブリュッセル、ベルギーの郊外である))。

戦いにおいて早く、ナポレオンは、勝っているようで、ロンドンへの最初の秘密の軍隊のリポートはその事実を伝達した。

しかし、ゲープハートBlucherの下のプロシア人からの強化材の上で、潮はウェリントンに有利に向きを変えた。

6月18日日曜日に、1815のRothworth(ネイサン ロスチャイルド(のロンドンの本家)の急使)が、戦場の上に、そしてナポレオンが打ち負かされていて、ブリュッセルに、そしてOstendeに馬で行き、2,000フランで、船員に、嵐の海を横切ってイギリスに彼を連れて行かせたとわかることにおいてあった。

ネイサン ロスチャイルドが6月20日にニュースを聞いた時に、彼は、彼を信じなかった政府に知らせた。

従って、ウェリントンを、敗れると信じているみんなとともに、ロスチャイルドは直ちに、イギリス株式市場の上の彼の株のすべてを売りはじめた。

他のみんなが彼のリードに続き、売りはじめて、株を実用的に 何も 落ちて に させた。

最後の瞬間に、彼のエージェントはひそかに底値で株を買い占めはじめた。

6月21日に、午後11時、ウェリントンの特使で、ナポレオンが、彼の人の3分の1を失って、苦い8時間の戦いにおいて押しつぶされたという彼の報告によって、ヘンリー・パーシー少佐は陸軍省に現れた。

これはロスチャイルド家に英国の経済の完全なコントロールを与えて、新しいイングランド銀行を設立することをイギリスに強制した(ネイサン ロスチャイルドはそれをコントロールした)。

しかし、それは、彼がワーテルローの会戦から、かつて利益になった唯一の角度ではなかった。

マイヤー・ロスチャイルドはウィリアムのお金のいくらかをロンドンの彼の息子ネイサンに、そしてユダヤ人百科辞典に従って送った:

「それがウェリントンの半島キャンペーンのために必要であろうと知って、ネイサンは東インド会社からそれを800,000ポンドの金に投資した」。

彼は4つもの利益を得た:

(1) ウェリントンの紙(彼はドルの上の50¢で買った)の販売の上;

(2) ウェリントンへの金の販売の上;

(3) その買い戻しにおいて;

それをポルトガルに転送することにおいてそして(4)。

「これは大きな運の最初であった」。

ナポレオンの敗北の後に、彼の規則を再開するために、ウィリアム王子は戻った。

Buderusは男爵にされて、Rothschildsはヨーロッパで最も金持ちの銀行家であった。

1817において、フランスは、再び回復するためにロンドンでウブラールの中のフランス金融会社からの、そしてベアリング兄弟からの貸付金を確保した。

Rothschildsは、フランス経済の、そして10月、1818(エージェントが莫大な量のフランス国債を買いはじめたロスチャイルド)の堅い把握を得るそれらのチャンスを見た(それは彼らの価値を、増大させた)。

11月5日に、それらは、それらの価値が下落した時に金融恐慌を作成して、公開市場であけられた。

従って、Rothschildsはフランスのコントロールを得た。

メイヤー・ロスチャイルドはイギリス、フランス、およびドイツで銀行を設立した。

オーストリア帝国の男爵にされた彼の息子は、彼のバンキング帝国を続けて、拡張するために設定された。

Amschelメイヤー・ロスチャイルド(1838において、言った1773-1855:「私が国家のお金を出し、コントロールすることを許しなさい。そうすれば、私は、誰がその法律を作らないかを気にしている」。)は、M. A.ロスチャイルドと息子(メイヤー・カールと彼の兄弟(ウィルヘルム・カール(カール・メイヤー・ロスチャイルドの息子))の死の後で1901年に閉まった)として知られていたフランクフルト、ドイツの銀行を担当していた。

S. M.ロスチャイルドと息子(ナチス職業の後で第二次世界大戦中に閉まった)として知られているウィーン、オーストリアで、サロモン メイヤー・ロスチャイルド(1774-1855)は銀行の頭であった。

一度、"私が、決して太陽が沈まない帝国を支配するために、どんな操り人形がイギリスの王位に置かれるかをnotで気にしていると言ったネイサンマイヤーロスチャイルド(1777-1836。

英国のマネーサプライをコントロールする人は、大英帝国をコントロールし、私は英国のmoney supply.”)をコントロールする ロンドン、イギリス〈N. M.ロスチャイルドと息子として知られていた〉の銀行の頭であった (そして、1809年以来同じ前提を2人の新規裁判官にロンドンにイングランド銀行と証券取引所の近くに占める セント・スウィジンレーン )。

ナポリ、イタリア(1861において閉じられる)で、カール・メイヤー・ロスチャイルド(1788-1868)は銀行の頭であった。

ジェームズ・メイヤー・ロスチャイルド(1792-1868)は、deロスチャイルドFreres(名前は1967年にLaの銀行ロスチャイルドに変更された)諸君として知られていたパリ、フランスの銀行を担当していた。

これはロスチャイルドの家の最初であった(それは、よいと見積もられた財産を300,000,000ドルのより上でコントロールした)。

すぐ、Rothschildsは鉄道を持つヨーロッパをまたぎ、石炭と製鉄所に投資し、スエズ運河のイギリスの購入に資金提供し、ロシアとサハラ砂漠での石油探査の代金を払い、ロシアの皇帝に資金提供し、セシル・ローズのダイヤの操作をサポートし、フランスがアフリカで帝国を作成することを助力し、ハプスブルク君主に資金提供し、バチカン宮殿を破産から救った。

それらのアメリカとヨーロッパのエージェントを通してのこの国で、彼らはロックフェラーのスタンダードオイル、カーネギーSteel、およびハリマンの鉄道に資金提供するのを手伝った。

ワーナー・ゾンバルトは、彼の本Theユダヤ人と近代資本主義の中で、1820からそれを言い、それは「ロスチャイルドの時代」であり、1913において「ヨーロッパとそれの1つの能力だけがロスチャイルドである」.があり、ファミリーの運が、20億ドル以上であると見積もられたと断定した。

メイヤー・ロスチャイルドが9月19日に死んだ後に、1812の彼の意志が、彼の子孫によって維持されていることになっていた具体的なガイドラインを明確にした:

1) すべての重要なポストは、ファミリーメンバーだけによって保持されることであり、男性のメンバーだけが、先端の上で関係していることになっていた。

ネイサンが家長として任命された時に、1812におけるケースがそうであったように、ファミリーの残りによって違った形で合意されない限り、長男の長男は、ファミリーの頭であることになっていた。

2) ファミリーは彼ら自身の1番目および2番目のいとこと異民族間結婚することになっていた。従って、それらの運がファミリーに保持できて、結合された金融の帝国の外観を維持するために。

例えば、彼の息子ジェームズ・(ジェイコブ)メイヤーは別の息子、サロモン メイヤーの娘と結婚した。

彼らがファミリーのゴールを再集中し、他の財産に嫁いだ時に、この規則は後の世代の中でより重要でなくなった。

3) ロスチャイルドは、決して「法廷によってまたはさもなければ私の地所のされたどのような公的な在庫調べ…」でもないことになっていたように命じた。

「また、私は継承の価値のどのような訴訟とすべての出版でも禁じる」。

アメリカ人と英国知能は、ロスチャイルドと他の国際銀行家の家がアメリカ革命以来すべての戦争の両側に資金提供するという証拠を文書化した。

それから、アメリカ革命の間に愛国者をサポートしたハイム・サロモン財政家は後でジェイムズ・マディソン、トーマス・ジェファーソン、およびジェイムズ・モンローに貸付金を作り、ロスチャイルドエージェントであった。

ナポレオン戦争の間により早く説明されるように、ファミリーの一方の分家がナポレオンに出資した一方、別のものは英国、ドイツ、および他の国家に資金提供した。

それらの最も豪快な工作は南北戦争に先がけて来た。

ロンドン(‘都市’として知られているイギリス、金融の地区)の中心の中のエリアの外で、Rothschildsは動作するか、主要な英国人が貯金する‘平方マイル’.Allは、米国から70を含めて、385の外国銀行のための支店とともにここに彼らの本社を持っている。

あなたが、イングランド銀行、証券取引所、ロイド保険協会、バルト海の交換(出荷契約)、フリート街(出版と新聞の興味の家)、ロンドン商品取引所(コーヒー、ゴム、砂糖、および羊毛を売買する)、およびロンドン金属取引所を見つけるであろうのはここである。

それは事実上世界の金融の中心地である。

677エーカーまたは1平方マイル(「地球の上の最も裕福な平方マイル」として知られている)のエリアをカバーしてテームズ川の北の堤防の上で置かれて、それは、彼らが1191以来独立の一定のレベルを達成することを可能にした特別な権利と特権を享受した。

1215において、毎年、市長(市長として知られている)(今日続いている伝統)を選ぶ権利を彼らに与えて、その市民はキング・ジョンからチャーターを受け取った。

両方ともE. C.クヌースは彼の都市とDesグリフィンの本帝国で、奴隷制度の中への彼の本下降の中で、‘都市’というそれらの確信が実際主権国家(バチカン宮殿のような)であり、1694の‘都市’における私的に所有されているイングランド銀行の設立以来のそれが実際現実のパワーのために正面だけになっている総理大臣、内閣、および議会と国の国事の中で最後の言葉になったのを述べた。

クヌースによると、女王が‘都市’を入力する時に、この非公開の企業が女王または議会に左右されないので、彼女は、市長(彼の下で、委員会は‘クラウン’として知られている12-14人の人をもっている)に盲従している。

Rothschildsが、世界経済に影響し続けるという疑念がほとんどないように思われて、それらが、四角に1つの政治的実体の中にすべての西のヨーロッパ諸国を団結させる動きの後ろにあることは知られている(それは一方の世界政府へのありふれたステップである)。

スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

microezheg02

a_Ya__a_ォ訐・a__a_Ta_ra_ァa,^a,_a_-a__a_S鬘~a_,a_-a__a_Ta_,

velochiropka24

a_Ya__a_ォ訐・a__a_Ta_ra_ァa,^a,_a_-a__a_S鬘~a_,a_-a__a_Ta_,

alikmurtazaev20

a_Ya__a_ォ訐・a__a_Ta_ra_ァa,^a,_a_-a__a_S鬘~a_,a_-a__a_Ta_,

garguliatimes22

a_Ya__a_ォ訐・a__a_Ta_ra_ァa,^a,_a_-a__a_S鬘~a_,a_-a__a_Ta_,

prevedkollegam10

a_Ya__a_ォ訐・a__a_Ta_ra_ァa,^a,_a_-a__a_S鬘~a_,a_-a__a_Ta_,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR