FC2ブログ

グローバルな浄化2000

Bin Laden Brothers Tip-Off Two NASA Research Scientists In 1987 About U.S. Government Plans To Cause 9/11; Now Third Person Comes Forward To Verify Scientists' Incredible Story


Greg Szymanski | July 27, 2005


Besides the tip-off about 9/11, one of the researchers involved in a government-funded advanced brain development program says she uncovered a secret study called "Global Cleanse 2000" outlining U.S. Government strategies for intitiating global war and population reduction.


Rene Welch cut “a deal with the devil,” a deal she recently broke when she went public about her two 1987 encounters with Saudi royals, including two of the bin Laden brothers who claimed the U.S. government was actively involved in pre-arranging 9/11.


Welch’s incredible story, first made public in May, has already been verified by one other former NASA scientist. But this week another person present at the meeting also came forward to verify Welch’s story.


The meetings with the Saudis took place in Sedona and Pleasant Valley, Arizona, and lasted more than eight hours each time, the bin Ladens revealing in 1987 detailed plans how the U.S. government was planning to attack the World Trade Center, kicking off a global catastrophe, including a massive war in the Middle East.


Besides being verified by Ronald Logsdon, 49, of Philadelphia, a scientist who worked in a NASA program with Welch and also present at the bin Laden meetings, this week long time Sedona resident, Naomi Niles, also verified the Sedona meeting took place.


“Yes, I was there at one of the meetings back in 1987,” said Niles this week from her Sedona home, adding the details of the story should be left for Logsdon and Welch to describe since she was not a part of the NASA program.


And Welch not only learned about the U.S. government’s pre-planning of 9/11 from the bin Ladens back in 1987, but this week from her Albuquerque home Welch added more, saying when working for NASA as a scientist on brain development research in Phoenix, she obtained a secret computer code and was able to uncover the findings of a government-funded project titled “Global Cleanse 2000,” a study outlining strategies for global war and population reduction.


After learning of the government’s evil intentions almost 20 years ago and being a government target ever since, Welch talked about “the deal she made with the devil,” adding she always had a tacit understanding with FBI and CIA operatives, that if she’d “shut up and lay low,” they’d leave her alone.


But two months ago Welch broke the deal, deciding to tell America what she learned about the U.S. government’s pre-planning of 9/11, saying although the story’s a hard pill to swallow and “may sound unbelievable,” she felt the need to risk public humiliation, government harassment and warn Americans anyway.


“Just like before, they’ll be after me again now that I went public,” said Welch who has been drugged and beaten on several occasions by government operatives.


And since she went public in May the harassment stated again, starting in the similar subtle manner it did after she was unexpectedly approached by the Saudis, including the bin Ladens.


But Welch, instead or running and hiding, is now prepared to fight back hard, making public a 200 page document detailing information obtained about the staging of 9/11, Global Cleanse 2000 and about FBI and CIA civil rights violations.


“I’m naming names and want justice,” added Welch.


She also said she wants to document her story in a book, starting from the time she was a ‘military brat,’ her father being an Air Force B-52 pilot, when at the age of three she displayed exceptional ESP abilities and channeling powers, powers that eventually led her into the NASA program as an adult.


Concerning the 200 page diaries documenting her FBI troubles and knowledge of 9/11, copies of the documents have previously been sent to several members of the former Clinton White House, including Hillary Clinton, as well as to Taos, NM. former district attorney John Paternoster, who Welch approached in 1995 about government death threats.


Paternoster, now in private practice in Taos, recently said he couldn’t remember ever meeting Welch or hearing about the bin Laden story.


“He knows me and an investigator named Martinez was even assigned to my case,” said Welch this week in a telephone conversation from her New Mexico home. “I saw him several times and even have kept receipts from his office, given to me regarding the 200 page document I gave him. He just wants the whole thing to go away and is probably afraid to tell the truth.


Regarding possible FBI and CIA further retaliation, she added:


“What’s the difference if they’re planning global war and mass population reduction,” said Welch. “When I worked for NASA Application Technical Center In Phoenix, involved in brain development and mind control projects, I accessed the code for the computers and read a secret project they were working on called “Global Cleanse 2000,” outlining certain strategies like 9/11 to start a global war and how other strategies regarding how to reduce the world’s population.


“Now, again, after I went public, the harassment has started, my phone is tapped and they are starting to mess with my life. This time I am really frightened since they are very serious about keeping people like me, who know too much, quiet since they are getting closer to their objective of destroying this country.


“In the past I noticed when I stayed quiet, they left me alone. But when I started talking, the harassment then followed. That’s how I know they are still watching me and have always been watching me.”


Welch’s claim that two of the outspoken bin Laden brothers, not Osama, told her about the U.S. government’s plans to stage 9/11in 1987 is not an idle fantasy or a story made up by a hyper-sensitive person’s imagination.


Logsdon, the other NASA employed scientist who worked along side Welch, verified her story this way:


"Two of the bin Laden brothers came some 90 miles from Phoenix, Arizona, and stopped at our doorstep unannounced. Their bodyguards set up a surveillance parameter around our property and others came into our house, taped up the windows and set up a film projector. The people in this motorcade seemed very scared, and presented this as a matter of life and death," recalled Logsdon, who said at the time in 1987 the couple had no idea about the eventual 9/11 implications.


"These men told us to be very cautious and to assume that we were under surveillance by our government. For several hours they showed us films of meetings of key Arabs and U.S. government officials discussing the oil issues. The bottom line was that if the Arabs did not do it their way, the U.S. would simply take their oil by force. They also explained that they have been manipulated into setting up bank accounts where oil profits were siphoned off and were no longer under their control.


"They then explained why the World Trade Centers were the ideal target for this purpose. The two bin Ladens showed us this film because they made it very clear how they did not want to be involved with any U.S. plot to manipulate the Arab governments or start a war."


Regarding the ongoing government harassment to keep her quiet, Welch said a two year period in the mid 1990s was most troubling when an agent infiltrated her life, finally using drugs and other types of physical harassment to get information after gaining her trust.


“I wouldn’t be honest if I didn’t tell you I was scared again and I know some people have a hard time believing this story, but it’s true,” said Welch, recalling the years when she said the agent who used the name Alfred Hermendorf injected her with several types of different drugs.


“But I am going to release the information and tell my story in a book because these people are evil and want to destroy America. There is a global catastrophe right around the corner and they may even make it look like a natural disaster. But I saw the plans back in the 1980s and after 9/11. I know it is going to happen unless we quickly get Bush out of power.”


Welch and Logsdon became aware of this radical element in our government, trying to create this new world order, when they worked together as scientists at NASA’s Application Technical Center Institute in Phoenix.


Together with over 100 "think tank" participants, Logsdon, an engineer, and Welch, a licensed hypnotism -therapist and head of the Global Elite Scientist’s Club, were developing technology to better understand the brain’s memory and psychic ability capacities.


The pair came up with they called the "light and sound" machine, receiving much praise during the 80s for what was thought then to be ground breaking work. It was this project that eventually brought them in contact with the bin Ladens, creating the backdrop for why they both know 9/11 was a staged U.S. government event.


"They (at NASA) ended up stealing our work and then after the bin Laden incident denied knowing that Rene and I even existed," said Logsdon.


?


9/11を起こす米国政府計画についての1987年におけるビンラディン兄弟情報2人のNASA研究科学者;

さて、科学者の信じられない話を確認するために、第三の人物は志願する。

グレッグSzymanski|2005年7月27日

9/11についての情報のほかに、政府資金による高度な脳開発計画に関係している研究者の1人は、彼女が、グローバルな戦争と人口縮小を手解きするために米国政府戦略を概説している「グローバルな浄化2000」と呼ばれる秘密の研究をむきだしにしたと言う。

レネイ・ウェルチは「悪魔との取引」を切りました、最近サウジアラビアの王族との1987年の彼女の2回の遭遇に関して公共になったとき彼女が破った取引、米国政府が活発に9/11テロについて根回しするのにかかわったと主張した2人のビン・ラディン兄弟を含んでいて。

5月に最初に公表されたウェルチの嘘のような話は他の1人の元NASAの科学者によって既に確かめられました。 しかし、また、今週、ミーティングに出席している別人は、ウェルチの話について確かめるために進み出ました。


サウジアラビア人とのミーティングは、セドナ、およびPleasantバレー(アリゾナ)で行われて、その都度8時間以上続いて、グローバルなカタストロフィーを開始して、米国政府が、世界貿易センターを攻撃するのをどう計画していたかを1987年にビンラディン兄弟が詳述したように計画しています、中東の大規模な戦争を含んでいて。


フィラデルフィアの49歳のロナルド・ログスドン、また、長い時間のセドナの居住者(ナオミ・ナイルズ)がセドナミーティングについて確かめたこの週にビン・ラディンミーティングでウェルチとプレゼントをもってもNASAプログラムで働いていた科学者によってさらに確かめられるのは行われました。


「そこ、1987年のミーティングの1つではい、そうでした」と、ナイルズは今週彼女のセドナの家から言いました、話の詳細が彼女がNASAプログラムの一部でなかったのでログスドンとウェルチが説明するのが残されるべきであると言い足して。

ウェルチはただ、ビンラディン兄弟からの9/11の米国政府の前計画について、1987年であるが家庭のウェルチが、もっと、脳開発における科学者としてのNASAのために働くことわざがフェニックスで秘密のコンピュータコードを研究し、彼女が得て、「グローバルな浄化2000」というタイトルを付けられた政府資金によるプロジェクト、グローバルな戦争のために戦略を概説している研究、および人口縮小の結果をむきだしにすることができたと付け加えた彼女のアルバカーキからの今週に、ビンラディン兄弟がバックするのを知らなかった。

およそ20年前の政府の不吉な意志と政府が以来ずっと対象とする存在を知った後に、ウェルチは「彼女が悪魔と共にした取引」に関して話しました、彼女には彼女が「黙って、低く横たえる」なら、彼らが彼女を放っておくだろうというFBIとCIAの工員との暗黙の協定がいつもあったと言い足して。


彼女は、しかし、ウェルチが2カ月前に話が飲み込む固い錠剤ですが、言って、彼女が米国政府の9/11テロのプレ計画に関して何を学んだかをアメリカに言うと決めて、取引を破って、「信じられなく聞こえるかもしれないこと」を公共の屈辱、政府ハラスメントを危険にさらして、とにかくアメリカ人に警告する必要性を感じました。


「私が公共になったので、私の後に、ちょうど前と同じように、彼らは再びいるでしょう。」と、時折政府の工員によって薬品を混ぜられて、負かされたウェルチは言いました。


そして、彼女が5月に再び述べられたハラスメントの株式を公開したので、彼女が不意に始めになった後にそれがした同様の微妙な方法で始まるのにサウジアラビア人でアプローチしました、ビンラディン兄弟を含んでいて。

しかし、代わりにウェルチ、または、走って、強く抵抗するように準備された現在であり、9/11テロの演出に関して得られた情報を詳しく述べる200ページのドキュメントを公表して、Global Cleanse2000とFBIとCIA人権侵害に関して隠れること。


「私は、名前を命名していて、正義が欲しいと思います。」と、ウェルチは言い足しました。


また、彼女は、彼女の話を本に記録したいと言いました、彼女が‘軍事のがき'と、彼女が3歳のときに例外的な超能力を示したとき、空軍のB-52パイロットである父と精神を集中力であった時から始めて、結局大人として彼女をNASAプログラムに導いた能力。


200ページに関して、以前に彼女のFBI問題を記録する日誌と9/11テロに関する知識、ドキュメントのコピーを前のクリントンホワイトハウスの数人のメンバーに送りました、ヒラリー・クリントンを含んでいて、ニューメキシコよくタオス族、元検察官ジョンPaternosterのように。(ウェルチは1995年に政府殺人予告に関してPaternosterにアプローチしました)。


個人で開業して現在、タオス族では、主の祈りは、最近、彼が、ミーティングウェルチだったかビン・ラディン小説について聞いたのを覚えていることができないと言いました。


「彼は、マルチネスという私と捜査官が私のケースに選任されさえしたのを知っています。」と、ウェルチは今週、電話での会話で彼女のニューメキシコの家から言いました。 「私は、何度か彼を見て、彼のオフィスから領収書を妨げさえしました、私が与えた200ページのドキュメントに関して彼を私に考えて。」 彼は、ただ遠ざかる全体のものが欲しく、たぶん本当のことを言うのを恐れています。

可能なFBIとCIAの、より遠い報復に関して、彼女は加えました:


「彼らが全世界戦争と一般大衆減少を計画しているなら、違いは何ですか?。」と、ウェルチは言いました。 「脳の開発とマインドコントロールプロジェクトにかかわるNASA Application TechnicalセンターInフェニックスに勤めたとき、私がコンピュータのためにコードにアクセスして、呼ばれた状態でそれらが扱っていた秘密のプロジェクトを読み続けた、「グローバルである全世界戦争を始める9/11テロと世界の人口をどう減少させるかに関する他の戦略によるグローバルな浄化2000戦略について概説した」


「私が公共になった後にハラスメントが一方始まったので、私の電話は盗聴されます、そして、身を捨てて散らかり始めています。」 彼らが彼らのこの国を破壊する目的により近くなっているのでそれらが私のような人々(知り過ぎます)が落ち着けるキープに関して非常に重大であって、今回、私は本当に怯えています。


「私がいつ静かなままであったかに気付いた過去に、彼らは私を放っておきました。」 しかし、そして、私が話し始めたとき、ハラスメントは続きました。 「それは私が、彼らがまだ私を見ていて、いつも私を見ているのをどう知っているかということです。」


9/11in1987を上演する米国政府の計画に関して彼女に話されているのは、過敏な人の想像で作られたウェールズ人のものがオサマではなく、その2人の率直なビン・ラディン兄弟を要求するか、無駄な幻想または話です。


ログスドン(サイドウェールズ人に沿って働いていたもう片方のNASAの採用している科学者)はこのように彼女の

話について確かめました:

「2人のビン・ラディン兄弟が、フェニックス(アリゾナ)からおよそ90マイル来て、私たちの踏段で公言なしで止まりました。」 彼らの護衛が私たちの所有地の周りで監視パラメタをセットアップして、他のものは、私たちの家に入って、窓にテープに録音して、映写機にセットしました。 ログスドン(1987年にカップルが最後の9/11テロ含意に関して分からなかったと当時、言った)は、「この自動車パレードにおける人々は、死活問題として非常におびえるように見えて、これを提示しました。」と思い出しました。


「これらの男性は非常に用心深く、私たちが私たちの政府による監視でいると仮定するように私たちに言いました。」 数時間、彼らは私たちに石油株について議論する主要なアラブ人と米国の役人のミーティングのフィルムを見せました。 結論はアラブ人が彼らの方法でそれをしないなら、米国が単に彼らの無理矢理の油を取るだろうということでした。 また、彼らは、それらが油の利益は吸収されて、もう彼らのコントロールの下ではなくあった銀行口座をセットアップするのに操られたと説明しました。


「そして、彼らは、世界貿易センターがなぜこのために理想的な目標であるかを説明しました。」 「アラブの政府を操るか、または戦争を始めるのが彼らで彼らがどのように何か米国陰謀にかかわって欲しくないかが非常に明確になったので、ビンラディン兄弟は私たちにこのフィルムを見せました。」

彼女を静かにさせるために進行中の政府ハラスメントを見なして、ウェルチは、エージェントが彼女の人生に浸透したとき、1990年代の半ば2年の期間が最も厄介であったと言いました、彼女の信用を獲得した後に情報を得るのに最終的にドラッグと他のタイプの物理的なハラスメントを使用して。


「私が私が再びおびえていて、何人かの人々が苦労するのを知っているとあなたに言わないなら、この話を信じながら、正直でないでしょうにが、それは本当です」と、ウェルチは言いました、彼女が、名前アルフレッドHermendorfを使用したエージェントが彼女にいくつかのタイプの異なったドラッグを注射したと言った数年を思い出して。


「しかし、情報を発表して、これらの人々が不吉であるので本で私の話をして、アメリカを破壊したいと思うでしょう。」 角の周りにグローバルなカタストロフィー権利があります、そして、彼らはそれに天災のように見えさせさえするかもしれません。 しかし、私は1980年代と9/11テロの後にプランを見ました。 「私は、私たちがすばやくブッシュを政権を握るようにしないとそれが起こるのを知っています。」


ウェルチとログスドンは私たちの政府でこの基本的な要素を意識するようになりました、この新世界秩序を作成しようとして、彼らが科学者としてフェニックスのNASAのApplication TechnicalセンターInstituteで一緒に働いていたとき。


脳のメモリと精神の能力能力をより理解するGlobal Elite ScientistのClubの関係者、ログスドン、技術者、ウェルチ、認可された催眠術セラピスト、およびヘッドが開発していた100以上「シンクタンク」技術と共に。


それらが「軽く健全な」マシンと呼ばれている状態で、組は来ました、壊れている仕事を地面に置くそして、ことであると考えられたことのために80年代の間、多くの称賛を受けて。 それは結局ビンラディン兄弟に接触してそれらをもたらしたこのプロジェクトでした、彼らの両方が9/11テロが上演された米国政府イベントであったのを知っている理由のための背景を作成して。


「彼ら(NASAの)は、結局、私たちの仕事を盗んで、ビン・ラディン事件のそして、後にレネイと私が存在しさえするのを知っているのを否定しました。」と、ログスドンは言いました。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR