FC2ブログ

啓蒙主義者は成長する。

THE ILLUMINATI GROWS

FINAL WARNING: A HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER


From Bavaria, the Order of the Illuminati spread into the Upper and Lower Rhenish provinces, Swabia, Franconia, Westphalia, Upper and Lower Saxony; and outside Germany into Austria and Switzerland. Soon they had over 300 members from all walks of life, including students, merchants, doctors, lawyers, judges, professors, civil officers, bankers, and ministers. Some of their more notable members were: the Duke of Orleans, Duke Ernst Augustus of Saxe-Weimar-Coburg-Gotha, Prince Charles of Hesse-Cassel, Johann Gottfried von Herder(a philosopher), Count Klemens von Metternich, Catherine II of Russia, Count Gabriel de Mirabeau, Marquis of Constanza ("Diomedes"), Duke Ferdinand of Brunswick ("Aaron"), Duke Karl August of Saxe-Weimar, Johann Wolfgang von Goethe (a poet), Joseph II of Russia, Christian VII of Denmark, Gustave III of Sweden, and King Poniatowski of Poland.


By 1783, there were over 600 members; and by 1784, their membership reached nearly 3,000. By 1786 they had numerous lodges across the various German provinces, Austria, Hungary, England, Scotland, Poland, France, Belgium, Switzerland, Italy, Holland, Spain, Sweden, Russia, Ireland, Africa, and America.


By the time of the 3rd Masonic Congress in Frankfurt in 1786, the Illuminati virtually controlled all the Masonic lodges, and at this meeting their goals were stated as: "1) Pantheism for the higher degrees, atheism for the lower degrees and the populace; 2) Communism of goods, women, and general concerns; 3) The destruction of the Church, and all forms of Christianity, and the removal of all existing human governments to make way for a universal republic in which the utopian ideas of complete liberty from existing social, moral, and religious restraint, absolute equality, and social fraternity, should reign."


Students who were members of wealthy families, with international leanings, were recommended for special training in internationalism. Those selected by the Illuminati were given scholarships to attend special schools. Weishaupt wrote: "I propose academies under the direction of the Order. This will secure us the adherence of the Literati. Science shall here be the lure." He also wrote: "We must acquire the direction of education, of church, management of the professorial chair, and of the pulpit." Today, there are many such schools. Prince Philip, husband of Queen Elizabeth, was educated at an Illuminati school in Gordonstown, Scotland, at the insistence of Lord Louis Mountbatten (whose uncle was a Rothschild relative and who became an admiral after the end of World War II). Those trained at such schools were placed behind the scenes as experts and advisors to perpetuate Illuminati goals.


Weishaupt, worried that his control of the Order was diminishing, argued repeatedly with Knigge. While he preferred to work in secrecy, Knigge wanted to move on to more substantial things. In January, 1783, Knigge wrote in a letter to Zwack: "It is the Jesuitry of Weishaupt that causes all our divisions, it is the despotism that he exercises over men perhaps less rich than himself in imagination, in ruses, in cunning...I declare that nothing can put me on the same footing with Spartacus as that on which I was a first." He also wrote: "I abhor treachery and profligacy, and I leave him to blow himself and his Order into the air." On April 20, 1784, Knigge quit, followed by Baron Bassus ("Hannibal"), Count Torring, Prince Kreitmaier, and others. In July, Knigge signed an agreement promising to return all documents in his possession, and to keep quiet on what he knew about their plans and activities. Some researchers believe that Knigge had also discovered that Weishaupt was a Satanist. He resumed his work as a writer, later becoming an inspector of schools at Bremen, where he died on May 6, 1796.


To insure that the activities of the Order would remain a secret, a warning as to the consequences of betraying the Order was included in the ceremony of initiation. They would point a sword at the initiate and say: "If you are a traitor and a perjurer, learn that all our Brothers are called upon to arm themselves against you. Do not hope to escape or find a place of safety. Wherever you are, shame, remorse, and the rage of our Brothers will pursue you, and torment you to the innermost recesses of your entrails."


In October, 1783, Joseph Utzschneider, a lawyer, who had dropped out of the Order in August, presented to the Duchess Maria Anna, a document which detailed the activities of the Illuminati. He was upset because he had been promoted too slow, and was constantly prodded to prove his loyalty. The Duchess gave the information to the Duke. On June 22, 1784, Duke Karl Theodore Dalberg, the Elector Palatinate of Bavaria, after discovering from the information that the goals of the Illuminati were to "in time rule the world," by overthrowing all civil government, criticized all secret societies, and groups established without government sanction. On March 2, 1785, he issued a proclamation identifying the Illuminati as a branch of the Masons, and ordered that their Lodges be shut down. The government began a war against the Order by initiating judicial inquiries at Ingolstadt. In an attempt to preserve the secrecy of their motives, the Areopagite burned many of their documents, however, the government was able to seize many of their papers when they raided the Lodges.


After being replaced at the University in February, Weishaupt fled across the border into Regensburg, finally settling in Gotha, where he found refuge with another Illuminati member, the Duke of Saxe-Gotha.


In April, 1785, Utzschneider was able to convince three other members to come forward. They were fellow professors at the Marienburg (Marianen) Academy who had doubts about the validity of the organization's principles when they discovered that they would receive no mystical powers. They were also disgruntled over Weishaupt's tyranny. Cossandey, Grunberger, and Renner went before the Court of Inquiry on September 9, 1785, where they supplied valuable information, such as membership lists, and revealed their aims and goals, which they consolidated into the following six points:

1) Abolition of the Monarchy and all ordered government.


2) Abolition of private property.


3) Abolition of inheritance.


4) Abolition of patriotism.


5) Abolition of the family, through the abolition of marriage, all morality, and the institution of communal education for children.


6) Abolition of all religion.


The purposes of these six points were to divide the people politically, socially, and economically; to weaken countries and create a one-world government. They testified that "all religion, all love of country and loyalty to sovereigns, were to be annihilated..."


The government pardoned all public officials and military leaders who publicly admitted membership. Those who didn't, and were discovered to be members, lost their rank and standing, were removed from office, and openly disgraced and humiliated.


Weishaupt was preparing to set his plans into motion for the French Revolution, which was slated to begin in 1789. In July, 1785, he instructed Zwack to put their plans in book form. This book contained a history of the Illuminati, and many of their ideas for expansion and future endeavors. A copy was sent by courier (identified as Jacob Lanze) to Illuminati members in Paris and Silesia. However, after leaving Frankfurt, as the courier rode through Regensburg (another source says it was Ratisbon) on horseback, he was struck by lightning and killed. The authorities found the document and turned it over to the government. Another source indicates the possibility that he may have been murdered, and the documents planted on him.


Xavier Zwack ("Cato"), a government lawyer, and one of the Order's most prominent leaders, whose name was on Renner's list, had his house in Landshut illegally searched by the police in October, 1785, and his papers seized. He was dismissed from his position. Many books, documents, papers and correspondence were discovered, including over 200 letters written between Weishaupt and the members of the Areopagite, which dealt with matters of the highest secrecy. The following year, more information was taken from the houses of Baron Bassus and Count Massenhausen ("Ajar"). Among the confiscated documents, were tables which contained their secret codes and symbols, secret calendar, geographical locations, insignias, ceremonies of initiation, recruiting instructions, statutes, a partial roster of members, and nearly 130 official seals from the government, which were used to counterfeit state documents.


Needless to say, all of this information shed more light on the Order, and the danger first realized by the government, had now become a national emergency. In 1786, the government gathered all of the confiscated documents, and published them in a book called Original Writings of the Order and Sect of the Illuminati, which was circulated to every government and crowned head in Europe, including France, to warn them of the impending danger.


The leaders of the Order who appeared before the government's Court of Inquiry, testified that the organization was dedicated to the overthrow of church and state. However, these revelations, and the publication of their documents did little to alert the public, because of their unbelievable claims. New measures were taken by government officials. The leaders of the Order were arrested and formally interrogated, then forced to renounce the Illuminati. The final blow came on August 16, 1787, when Dalberg issued his final proclamation against the Illuminati. Anyone found guilty of recruiting members was to be executed, while those who were recruited, would have their property confiscated and then be deported.


Zwack, who was banished, sought sanctuary in the Court of Zweibrucken, where he was later appointed to an official position in the principality of Salm-Kyburg. He contributed to the Illuminati movement in Holland. He was later summoned by Dalberg, as the government tried to deal with the problem of fugitives who might attempt to reorganize the Order. Zwack fled to England.


On November 15, 1790, another Edict was announced against the members of the organization. Anyone found to be an active member, was to be put to death. The following year, a list of 91 names of alleged members was compiled. They were hunted down, and banished. This harassment didn't end until 1799, when Dalberg died.


The apparent demise of the Order was taken into stride by its highest members, who continued to operate underground. Weishaupt wrote: "The great care of the Illuminati after the publication of their secret writings was to persuade the whole of Germany that their Order no longer existed, that their adepts had all renounced, not only their mysteries, but as members of a secret society." Weishaupt had a contingency plan ready, and wrote: "By this plan we shall direct all mankind. In this manner, and by the simplest means, we shall set in motion and in flames. The occupations must be allotted and contrived, that we may in secret, influence all political transactions...I have considered everything and so prepared it, that if the Order should this day go to ruin, I shall in a year re-establish it more brilliant than ever."


To hide their subversive activities, the highest members of the Order began to masquerade as humanitarians and philanthropists. Weishaupt fled to Switzerland, later returning to Germany, where the Duke of Saxe-Gotha gave him sanctuary. The Order moved their headquarters to London, where it began to grow again. Weishaupt told his followers to infiltrate the lodges of Blue Masonry, and to form secret circles within them. Only Masons who proved themselves as Internationalists, and were atheists, were initiated into the Illuminati.


啓蒙主義者は成長する。


ババリアから、啓蒙主義者のオーダーは上部で、そしてより低くライン川の地方(シュワーベン、フランコニアベストファーレン、上部、および下のザクセン)に広がった;

そしてオーストリアとスイスの中へ、外のドイツへと。

すぐに、学生、マーチャント、医師、弁護士、裁判官、教授、公務員、銀行家、および大臣を含むすべての職業から彼らは300人を超えるメンバーを持っていた。

それらのより著しいメンバーの何人かが以下の通りであった:


1783年に、600人を超えるメンバーがいた;

そして、1784年に、それらのメンバーシップは約3,000に達した。

1786年に、彼らは様々なドイツ地方、オーストリア、ハンガリー、イギリス、スコットランド、ポーランド、フランス、ベルギー、スイス、イタリア、オランダ、スペイン、スウェーデン、ロシア、アイルランド、アフリカ、およびアメリカを横切ってたくさんのロッジを持っていた。

1786年におけるフランクフルトの3番目のフリーメーソン議会の時間までに、啓蒙主義者は事実上すべてのフリーメーソンの支部をコントロールし、このミーティングで、それらのゴールは次として述べられた:

「より高い程度のための1つ)汎神論、下の程度のための無神論、および大衆;」

2) 商品、女性、および一般的な懸念の共産主義;

「キリスト教と既存の社会的で、道徳的で、宗教の抑制、絶対の平等、および社会的な団体からの完全な自由のユートピア思想が君臨するべきである一般的な共和国に道をあけるすべての既存の人の政府の除去の教会とすべてのフォームの3回の破壊」。

国際的な傾向を持つ裕福な家庭のメンバーであった学生は国際主義における特別なトレーニングを推薦された。

啓蒙主義者によって選ばれたそれらは、特別な学校に出席するために奨学金を与えられた。

ワイスハウプトは書いた:

「私はオーダーの指導のもとでアカデミーを提案する」。

これは私達に文学者の固執を確保するであろう。

「科学はここでその魅力になることとする」。

彼はまた書いた:

「私達は教育の、教会(教授の椅子の、そして説教壇の管理)の方向を取得しなければならない」。

今日、多くのそのような学校がある。

フィリップ殿下、エリザベス女王の夫は、ルイス・マウントバッテン(おじはロスチャイルド親族であり、第二次世界大戦の終わりの後に提督になった)卿の主張でGordonstown、スコットランドにおける啓蒙主義者学校で教育を受けた。

そのような学校で訓練されたそれらは、啓蒙主義者のゴールを永続させるためにエキスパートとアドバイザーとして舞台裏で置かれた。

ワイスハウプトは、彼のオーダーのコントロールが減少していたことについて心配して、繰り返しクニッゲと議論した。

彼が、秘密において働くことを好む間に、クニッゲは、よりかなりの物に前進したかった。

1月、1783年に、クニッゲはZwackに手紙を書き込んだ:

「すべての私達の部門を起こすのはワイスハウプトのずる賢さであり、彼がたぶん想像力における、策略における、狡猾さにおける自身より金持ちに及ぼさないのはその専制である...私は、何も、私を、それとスパルタクスとの、私が一番目であったのと同じ足場に置くことができないことを言明する」。

彼はまた書いた:

「私は裏切りと不道徳さが大嫌いで、私は、空気の中に自身と彼のオーダーを吹き飛ばすことを彼に任せる」。

4月20日に、Bassus(「ハンニバル」)男爵、計算Torring、プリンスKreitmaier、およびその他が続いて、1784人のクニッゲがやめた。

7月に、クニッゲは、彼がそれらの計画と活動について知っていたものに関する、彼の所有においてすべての文書を戻し、静かな状態を保つと約束している協定にサインした。

何人かの研究者は、クニッゲが、また、ワイスハウプトが悪魔主義者であったと気づいたと信じる。

後で、ブレーメン(そこで、彼は5月6日に死んだ)の学校、1796年の検査官になって、彼は作家として彼の仕事を再開した。

オーダーの活動が秘密であり続けるであろうと保証するために、オーダーを裏切る結果についての警告は開始の式典に含められていた。

彼らは剣を新入会者に向けて、言うであろう:

「あなたが反逆者と偽証者であるならば、すべての私達の兄弟が、あなたに対して自身を武装させることを求められることを知りなさい」。

安全な場所を免れて、見つけることを望まないでください。

「たとえ、あなたがどこにいても、恥辱、自責、および私達の兄弟の激怒はあなたを追跡し、あなたの内臓の最も奥の休憩時間にあなたを苦しめるであろう」。

10月、1783、ジョセフUtzschneiderに、公爵夫人マリア・アンナ(啓蒙主義者の活動を詳説した文書)に、8月に調子が狂って落伍した弁護士は提出した。

彼があまりにもゆっくり昇進したので、彼は混乱していて、彼の忠実を証明するために常に突かれた。

公爵夫人は情報を公爵に与えた。

6月22日に、1784年はカール・セオドア・ダールベルク(ババリアの選挙人選帝侯領)を殴り倒し、啓蒙主義者のゴールが「時間内であること」にであったと情報から気づいた後に、「世界」が、すべての民政を倒すことによって、政府の制裁なしで設立されたすべての秘密結社とグループを批判したと「判決する」。

3月2日、1785に、彼は啓蒙主義者を石工の枝と認定している声明を出し、彼らのロッジが閉鎖されるように命じた。

インゴルシュタットで司法調査を開始することによって、政府は注文に対する戦争を開始した。

それらの動機の秘密を保存する試みにおいて、アレオパゴス会議員はそれらの文書の多くを燃やし、しかし、それらがロッジを急襲した時に、政府は、それらの書類の多くをつかむことができた。

2月に大学で取り替えられた後に、ゴータに最終的に落ち着いて、ワイスハウプトはレーゲンスブルクの中に境界を横切って逃げた(そこで、彼は別の啓蒙主義者メンバー(サックスゴータの公爵)と逃げ場を見いだした)。

4月、1785年に、Utzschneiderは、志願することを3人の他のメンバーに納得させることができた。

彼らが、彼らが神秘主義的な能力を全然受け取らないであろうと気づいた時に、彼らは、組織の原則の妥当性についての疑いを持っていたMarienburg(Marianen)アカデミーの仲間の教授であった。

それらはワイスハウプトの専制政治の上でまた不満であった。

彼らが会員名簿などの貴重な情報を供給し、それらの目的とゴールを明らかにした所で、Cossandey、グランベルジェ、およびレンナーは9月9日の査問会議、1785前に行った(彼らは6ポイント以下の中にそれを統合した):

1) 君主政治とすべての注文された政府の廃止。

2) 私有財産の廃止。

3) 継承の廃止。

4) 愛国心の廃止。

5) 結婚、すべての道徳、および子供のための共同社会の教育の組織の廃止を通してのファミリーの廃止。

6) すべての宗教の廃止。

これらの6ポイントの目的は、社会的で、経済的に政治的に人々を分割することであった;

国を弱めて、1世界政府を作成するには。

彼らは、「すべての宗教、国へのすべての愛、および君主への忠実は、全滅することであった…」と証言した。

政府は、公然と、メンバーシップを認めたすべての公務員と軍隊のリーダーを許した。

Those whoはしなく、メンバーであるとわかられて、彼らのランクを失い、立って、オフィスから取り除かれて、公然と汚されて、辱められた。

ワイスハウプトは、フランス革命のために彼の計画を動作の中に設定することを準備していた(それは、1789から始めるために予定された)。

7月、1785に、彼はZwackに、それらの計画を本の形に入れることを指示した。

この本は拡張と未来の努力のために啓蒙主義者の履歴とそれらのアイデアの多くを含んでいた。

コピーは、急使(ジェイコブLanzeと認定される)によってパリとシレジアの啓蒙主義者メンバーに送られた。

しかし、馬の背の上で、レーゲンスブルク(別のソースは、それがラティスボンであったと伝えている)を通って、急使が乗馬した時にフランクフルトを残した後に、彼は雷に打たれて、殺された。

当局は文書を見つけて、政府にそれを譲った。

別のソースは、彼が殺されたかもしれないという可能性と彼に設置された文書を示す。

10月に警察によって違法に捜されたランツフート、1785に、ザヴィエルZwack(「カトー」)、政府弁護士、および名前がレンナーのリストの上にあった注文の最も突出したリーダーの1人は彼の家を持っていて、彼の書類は焼き付いた。

彼は彼のポジションから解雇された。

多くの本、文書、書類、および一致は、ワイスハウプトとアレオパゴス会議員のメンバーの間で書かれた200通を超える手紙を含めて、発見された(それは最も高い秘密の問題を扱った)。

より多くの情報は次の年にBassus男爵と計算Massenhausen(「半開き」)の家から取り去られた。

没収された文書の間で、それらの秘密のコードとシンボル、秘密のカレンダーを含んでいたテーブルは地理の位置、記章、開始の式典、新メンバーを募集する手順、法令、メンバーの部分的な名簿、および政府からの約130個の公印であった(それは模造の国の文書に慣れていた)。

言うまでもなく、最初に政府によって実現されたオーダーと危険により軽く放たれたこの情報のすべては今や国家的緊急事態になった。

1786において、政府は没収された文書のすべてを集めて、注文のオリジナルの文書と啓蒙主義者のセクトと呼ばれる本の中でそれらを出版した(それは、すべての政府に循環し、それらに差し迫った危険を警告するためにフランスを含むヨーロッパで頭として冠された)。

政府の査問会議の前に現れた命令のリーダーは、組織が教会と状態の打倒が専門であったと証言した。

しかし、彼らの信じられない主張のため一般大衆に警報を出すために、これらの新事実とそれらの文書の出版はほとんど何もしなかった。

新施策は政府高官によって取られた。

オーダーのリーダーは、逮捕されて、フォーマルに質問されて、そして、啓蒙主義者を放棄することを強制された。

ダールベルクが啓蒙主義者に対して彼の最終的な宣言を出した時に、最後の一撃は8月16日、1787に来た。

メンバーが、募集された人々一方処刑されることになっていた新人募集に対して有罪と判決された誰でも彼らの特性を没収させて、それから追放されるであろう。

追放されたZwackはツワイブリュッケンの法廷で聖域を捜した(そこで、彼は後でサルムKyburgの公国の公式なポジションに任命された)。

彼はオランダでの啓蒙主義者の動きに寄与していた。

政府が、オーダーを再編成することを試みるかもしれない逃亡者の問題に対処しようとした時に、彼は後でダールベルクによって呼び出された。

Zwackはイギリスに逃げた。

11月15日に、1790の別の布告が組織のメンバーに対して発表された。

アクティブなメンバーであるために、誰でも発見し、殺されることになっていた。

メンバーとされている人の91の名前のリストは次の年に編集された。

それらは追い詰められて、追放された。

ダールベルクが死んだ時に、この悩みは1799まで終わらなかった。

オーダーの明白な崩御は、地下に働き続けたその最も高いメンバーによって大またで歩きに持って行かれた。

ワイスハウプトは書いた:

「それらの秘密の文書の出版の後の啓蒙主義者の大きな世話は、それらのオーダーがもう存在していなく、それらの名人がすべて彼らのミステリーを放棄したことをドイツの全体に確信させることでだけでなく秘密結社のメンバーとしてあった」。

ワイスハウプトは危機対策を用意していて、書いた:

「この計画によって、私達は全人類を指導する」。

この方法の中で、そして最も簡単な方法によって、私達は動作において、そして炎において設定する。

「職業は配当されて、考案されなければならず、私達が秘密で、影響のすべて政治的なトランザクションにおいてするかもしれない...私はすべてを考慮し、それをとても準備したので、注文が、破滅するためにこの日に行くべきであるならば、私は1年でこれまでより見事にそれを再建するであろう」。

それらの破壊活動を隠すために、オーダーの最も高いメンバーは、人道主義者と博愛主義者に仮装しはじめた。

サックスゴータの公爵が彼に聖域を与えたドイツに戻ることがより遅いスイスに、ワイスハウプトは逃げた。

オーダーはそれらの本部をロンドンに移動させた(そこで、それは、再び成長しはじめた)。

ワイスハウプトは彼の追従者に、青色の石造建築のロッジを浸透させて、彼らの中で秘密の仲間を結成するように命じた。

国際主義者として自身を証明し、無神論者であった石工だけが啓蒙主義者に加入した。

スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「F.Herder」ゾーリンゲン・ローズ柄三徳

ネットサーフィンしていたらたどり着きました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR