FC2ブログ

警察国家フィンランド2006

Police State Finland 2006


2006 09 14


9th September was the date for the big demonstration called Helsinki 2006. However this article is about the smaller demonstration called Smash ASEM (ASEM = Asia-Europe Meeting at Helsinki, Finland). This was held after the main demonstration in front of the Museum of Contemporary Art called KIASMA. The organisers of the demonstration informed the police about their route. They called themselves anarchists. However, there were a lot of outsiders, curious people, news-reporters, photographers in the area. Roughly about 150-200 people. The demonstration was supposed to have (according to the flyer) music and solidarity to the people of China. The flyer we got did not show any violent intentions. Some flyers promised "trouble to the streets", but we had no idea of that.


Before the demonstration had started we noticed that we have just been surrounded by hundreds of riot-polices and a helicopter! The Police outnumbered the demonstrators and other people by at least 2 to 1 if not more. It was surreal, but we thought we could walk out of there. But the "orders from the top" did not let us go through. So we were held as hostages, totally no way out. Authorities were bullhorning occasionally, but the strong wind made it impossible to hear. Some news reports said they were saying that there's a little corridor between the polices to go out, but we saw none and the police were silent when we asked how to go out. No communication whatsoever.


9月9日はヘルシンキ2006と呼ばれる大きいデモンストレーションのための日付でした。 しかしながら、この記事はSmash ASEM(ヘルシンキ(フィンランド)のASEM=アジア欧州会議)と呼ばれるより小さいデモンストレーションに関するものです。 Contemporary Artの博物館の主なデモンストレーションが、KIASMAと呼んだ後にこれは保持されました。 デモンストレーションの組織者はそれらのルートに関して警察に知らせました。 彼らは、自分たちをアナキストと呼びました。 しかしながら、多くの部外者、好奇心の強い人々、取材記者、写真家が領域にいました。 およそおよそ150-200人の人々。 デモンストレーションは中国の人々に音楽と連帯感を持つべきでした(フライヤーに従って)。 私たちが手に入れたフライヤーは少しの乱暴な意志も示しませんでした。 何人かのフライヤーが「通りへの問題」を約束しましたが、私たちはその考えを全く持っていませんでした。


デモンストレーションが始まる前に、私たちは、何百もの暴動鎮圧部隊とヘリコプターによってちょうど囲まれたところであるのに気付きました! 警察は少なくとも2時までに1以上にデモンストレーターと他の人々に数でまさりました。 それは超現実的でしたが、私たちは、そこから歩くことができると思いました。 しかし、「先端からの命令」は私たちに通らせることができませんでした。 したがって、私たちは人質、完全にどんな出口としても保持されませんでした。 当局は時折bullhorningしていましたが、強風で、聞くのは不可能になりました。 いくつかの報道には小さい廊下が間にあると言っていたと書かれていた、取り締まり、出かけるために、私たちだけが、私たちが出かける方法を尋ねたとき、なにもと警察が静かであったのを見ました。 全くいいえコミュニケーション。


There were many reporters and photographers inside taking pictures and outside the Mannerheim street was full of polices, policecars, police busses etc. The street was closed and many people outside felt compassion towards our captivity. We were yelling "HELP!", "LET US OUT OF HERE!" in finnish, but obviously without luck. Some anarchists and/or frustrated people threw some bottles towards the police. The Police did use quite harsh means to carry some of the protesters (those who provocated) to police busses and cars from the captivity-circle. One bottle almost hit us. There were obviously some very stupid people inside and we did not have any sort of protection as the police did not let us out. Many were arrested to the busses for provocating the police, attacking the police or simply yelling. Also totally innocent people were arrested.


There was one little boy with his dad inside and what I heard the father of the boy will face charges of bringing the child to the demonstration. I also heard and read that the whole police force came from all around the Finland + additional forces from Sweden and even some help from the japanese police(!). Do we really need that? 20 cops could have handled the anarchists and let the rest of the people out.


After over 2,5 hours later they let us out one by one. Some stayed and they were arrested. They took pictures and our names to the database. First the news reported that police will keep the records, but afterwards they promised to keep them only during the investigations or if foreign officials asks them. Everything was surreal: we have not used to this kind of police state mentality before.


This was certainly planned years ahead. On a positive note, I had my demonstration sign with me as I did attend to the mass-demonstration held previously and the biggest nightly news cameraman filmed the sign. It said: "The war on terrorism is based on LIES!! WAKE UP!!! WWW.INFOWARS.COM". And it was clearly shown to at least a million people. So I did get the message out. I was also wearing a TYRANNY RESPONSE TEAM shirt and it fit perfectly to the situation as we were clearly facing tyrannical attitude. It's sad to see this all happening, but gladly the truth about 9/11 is coming out all over the world and the tide has already turned.


多くのレポーターとマンネルハイム通りが完全であった絵と外部で取るのが取り締まる写真家内部、警察のバスpolicecarsなどがありました。 通りは閉じられました、そして、外部の多くの人々が私たちの監禁状態に向かって同情しました。 私たちは、「ヘルプ!」と大声で言うfinnishで「ここから米国で、貸されました!」が、明らかな運がなければ貸したこと。 何人かのアナキスト、そして/または、だめにされた人々は数本のボトルを警察に向かって投げました。 警察は監禁状態円から警察のバスと車まで何人かのデモ参加者(provocatedした人々)を運ぶ全く厳しい手段を使用しました。 1瓶はもう少しで私たちに当るところでした。 明らかに何人かの非常に愚かな人々が中にいました、そして、警察が私たちを外に出さなかったとき、私たちには、どんな種類の保護もありませんでした。 警察を攻撃するか、または単に叫んで、多くが、警察をprovocatingするので、バスとして捕らえられました。 完全にも罪もない人々は逮捕されました。


彼のおとうさんの内部と私が、何で少年の父が料金に直面すると聞いたかをもっているほとんどデモンストレーションに子供を連れて来ない1人の少年がいました。 また、私は、力がスウェーデンといくつかからのさえフィンランド+追加軍全体で来た全体の警察がjapanese警察の(!)から助けると聞いて、読みました。 私たちは本当にそれを必要としますか? 20人の巡査が、アナキストを扱って、人々の残りを外に出したかもしれません。


5時間後に、彼らは、より2時以降、私たちをひとつずつ外に出します。 或るものは滞在しました、そして、それらは捕らえられました。 彼らは写真と私たちの名前をデータベースに連れて行きました。 まず最初に、ニュースは、警察が記録をつけると報告しましたが、その後、それらは、調査かそれとも外国人の職員が彼らを尋ねているだけであるかどうか間、それらを保つと約束しました。 すべてが超現実的でした: 私たちは以前、この種類の警察国家に精神状態を使用したことがありません。


確かに、これは何年も先に計画されていました。 肯定的な面としては、以前に保持された民衆デモに気を配ったとき、私は私のデモンストレーションに私と契約させました、そして、最も大きい連夜の写真部員はサインを撮影しました。 それは言いました: 「テロに対する戦争はLIESに基づいています!」 目覚めてください! "WWW.INFOWARS.COM
"。 そして、それは明確に少なくとも100万人の人に示されました。 したがって、私はメッセージを発しました。 また、私はTYRANNY RESPONSE TEAMシャツを着ていました、そして、私たちが明確に専制的な態度に直面していたとき、それは状況に完全に合いました。 喜んですべて起こって、これを見るために、9/11テロに関する真実が世界中に出て来ているのが、悲しく、形勢は既に一変しました。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR