FC2ブログ

アメリカへのイルミナティ普及最終警告:HISTORY OF THE NEW WORLD ORDE

ILLUMINATI SPREADS TO AMERICA?

FINAL WARNING: A HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER


In 1785, the Columbia Lodge of the Order of the Illuminati was established in New York City. Among its members were Governor DeWitt Clinton, Horace Greeley (politician and editor of the New York Daily Tribune), Charles Dana, and Clinton Roosevelt (the ancestor of Franklin D. Roosevelt). Roosevelt wrote a book called Science of Government Founded on Natural Law, in which he wrote: “There is no God of justice to order things aright on earth, if there be a God, he is a malicious and revengeful being, who created us for misery.” He referred to himself and other members as the “enlightened ones,” and said that the U.S. Constitution was a “leaky vessel” which was “hastily put together when we left the British flag,” and therefore needed revision.?


In 1786, a lodge was started in Portsmouth, Virginia, where allegedly, Thomas Jefferson was a member; followed by fourteen others in different cities of the thirteen colonies.


On July 19, 1789, David Pappin, President of Harvard University, issued a warning to the graduating class, concerning the Illuminati’s influence on American politics and religion. In April, 1793, France sent new ambassador Edmond Genet to America, so he could collect payment for the American debt incurred during the American Revolution. The money was to be used to finance France’s war with England. However, his real reason for being here, was to gain political favor for France, and spread Illuminism, which he did, through the establishment of ‘Democratic Clubs.’


Washington said “they would shake the government to its foundations,” while John Quincy Adams, oldest son of the 2nd? President John Adams, who became our 6th? President in 1825, said that these clubs were “so perfectly affiliated with the Parisian Jacobins that their origin from a common parent cannot possibly be mistaken.” Because of the Illuminati threat, Washington and Adams lobbied Congress to pass the Alien and Sedition Act, which was “designed to protect the United States from the extensive French Jacobin conspiracy, paid agents of which were even in high places in the government.”


In a letter from Adams to Jefferson, dated June 30, 1813, he wrote: “You certainly never felt the terrorism excited by Genet, in 1793 ... when ten thousand people in the streets of Philadelphia, day after day threatened to drag Washington out of his house, and effect a revolution ... nothing but (a miracle) ... could have saved the United States from a fatal revolution of government.”


Thomas Paine, author and political theorist, helped the Illuminati infiltrate several Masonic lodges. He revealed his loyalty to them when his book The Age of Reason was published in 1794, which dealt with the role of religion in society. Although he believed in God, he could not accept the entire Bible as being fact.


A second volume was published in 1796. An unofficial third volume (subtitled: Examination of the Prophecies) also appeared, which seriously questioned the deity and existence of Jesus. In 1937, The Times of London referred to him as “the English Voltaire.”


On May 9, 1798, Rev. Jedediah Morse, pastor of the Congregational Church in Charleston, South Carolina preached a sermon at the New North Church in Boston, about the Illuminati: “Practically all of the civil and ecclesiastical establishments of Europe have already been shaken to their foundations by this terrible organization; the French Revolution itself is doubtless to be traced to its machinations; the successes of the French armies are to be explained on the same ground. The Jacobins are nothing more nor less than the open manifestation of the hidden system of the Illuminati. The Order has its branches established and its emissaries at work in America. The affiliated Jacobin Societies in America have doubtless had as the object of their establishment the propagation of the principles of the illuminated mother club in France ... I hold it a duty, my brethren, which I owe to God, to the cause of religion, to my country and to you, at this time, to declare to you, thus honestly and faithfully, these truths. My only aim is to awaken you and myself a due attention, at this alarming period, to our dearest interests. As a faithful watchman I would give you warning of your present danger.”


Later in July, Timothy Dwight, President of Yale University, told the people of New Haven: “Shall our sons become the disciples of Voltaire (a French writer) and the dragoons of Murat, or our daughters, the concubines of the Illuminati.”


To infiltrate the Masonic lodges in Europe, Weishaupt had enlisted the aid of John Robison, who was a long time, high degree Mason in the Scottish Rite, a professor of Natural Philosophy at Edinburgh University in Scotland, a British historian, and Secretary-General to the Royal Society of Edinburgh. When he went to Germany, he was given Weishaupt’s revised conspiracy plans to study, in order to expand the Illuminati’s influence in the British Isles. However, Robison didn’t agree with their principles, and after warning American Masons in 1789, published a book to expose the organization in 1798 called Proofs of a Conspiracy Against All Religions and Governments of Europe, Carried On In the Secret Meetings of Freemasons, Illuminati, and Reading Societies (which presented the Protestant view). He wrote: “I have observed these doctrines gradually diffusing and mixing with all the different systems of Freemasonry till, at last, an association has been formed for the express purpose of rooting out all the religious establishments, and overturning all the existing governments of Europe.”


Also, that same year, Abbé Augustin Barruel (French patriot, Jesuit, and 3rd degree Mason) published his Memoires pour servir a l´Histoire du Jacobinisme or Memoirs Illustrating the History of Jacobinism (which presented the Roman Catholic view). Both books sought to warn America about the Illuminati conspiracy, but the warnings were not taken seriously. The January, 1798 edition of the Monthly Magazine contained a letter by Augustus Bottiger, Provost of the College of Weimar, who accused Robison of making inaccurate statements, and said that since 1790, “every concern of the Illuminati has ceased.”


Thomas Jefferson, believed to be a member of the Virginia lodge of the Illuminati, and a Mason (who helped the Illuminati to infiltrate the New England Masonic lodges), denied all the allegations, and described Weishaupt as “an enthusiastic philanthropist” and called Barruel’s revelations “the ravings of a Bedlamite (Bedlam was the name of a hospital in London for the mentally insane).”


During the summer of 1798, Rev. G. W. Snyder, a Lutheran minister, wrote a letter to President Washington and included a copy of Robison’s book, expressing his concern about the Illuminati infiltrating the American Masonic lodges. In Washington’s response, dated September 25, 1798, he wrote: “I have heard much about the nefarious and dangerous plan and doctrines of the Illuminati,” but went on to say that he didn’t believe that they had become involved in the lodges. A subsequent letter by Snyder, requesting a more reassuring answer, resulted in a letter from Washington, dated October 24, 1798, which can be found in The Writings of George Washington (volume 20, page 518, which was prepared under the direction of the U.S. George Washington Bicentennial Commission and published by the U.S. Government Printing Office in 1941). He wrote:


“It was not my intention to doubt that the doctrines of the Illuminati and the principles of Jacobinism had not spread in the United States. On the contrary, no one is more satisfied of this fact than I am. The idea I meant to convey, was, that I did not believe that the lodges of Freemasons in this country had, as societies, endeavored to propagate the diabolical tenets of the first, or pernicious principles of the latter. That individuals of them may have done it, or that the founder or instruments employed to have found the democratic societies in the United States may have had this object, and actually had a separation of the people from their government in view, is too evident to be questioned.”


Shortly before his death, Washington issued two more warnings about the Illuminati.


Around 1807, John Quincy Adams (said to have organized the New England Masonic lodges), who later became President in 1825, wrote three letters to Colonel William C. Stone, a top Mason, telling him that Thomas Jefferson, our 3rd? President, and founder of the Democratic Party, was using the Masonic lodges for subversive Illuminati purposes. These letters were allegedly kept at the Rittenburg Square Library in Philadelphia, but have mysteriously vanished. Adams also wrote to Washington, saying that Jefferson and Alexander Hamilton were misusing Masonic lodges for Illuminati purposes and the worship of Lucifer (which is recorded in the Adams Chronicles).


Benjamin Franklin was also accused of being a member of the Illuminati, but there is no concrete proof of this. Jefferson seemed to be the main focus of everyone’s ire. He was accused by the Federalists of being a Jacobin, and an atheist. There is some evidence to indicate that he did use the Democratic Societies and Jacobin Clubs in his 1796 battle with John Adams for the Presidency. The Rev. Jedediah Morse identified Jefferson as “an Illuminatus.”


On July 4, 1812, Rev. Joseph Willard, the president of Harvard University, said in a speech in Lancaster, New Hampshire: “There is sufficient evidence that a number of societies, of the Illuminati, have been established in this land of Gospel light and civil liberty, which were first organized from the grand society, in France. They are doubtless secretly striving to undermine all our ancient institutions, civil and sacred. These societies are closely leagued with those of the same Order, in Europe; they have all the same object in view. The enemies of all order are seeking our ruin. Should infidelity generally prevail, our independence would fall of course. Our republican government would be annihilated...”


It has been suggested, that one of the reasons that the British looted and burned Washington in 1812, was to destroy secret documents that would have exposed the treason against the United States, by various people highly placed within the government.


When those advocating a strong central government organized the Federalist Party in 1791, the Anti-Federalists, who favored states’ rights, and were against Alexander Hamilton’s (Secretary of Treasury under Washington, 1789-1795) fiscal policies, which they felt benefited the wealthy, rallied under Thomas Jefferson, Washington’s first Secretary of State (1789-93). They became an organized political party after the Constitutional Convention in 1787, led by New York Governor George Clinton (who was later Vice-President under Jefferson and Madison), Patrick Henry of Virginia, and Elbridge Gerry of Massachusetts (a signer of the Declaration of Independence). The Anti-Federalists were made up of the low class, farmers, and paper money advocates, who strongly opposed a strong central government as set forth in the U.S. Constitution of 1789, and succeeded in getting the Bill of Rights added. They were against a single, national government, upper class rule, and a weak program for the separation of powers.


The Jeffersonian Republicans, so named because of the anti-monarchy views of the Anti-Federalists, had power from 1801-1825. In 1796, the party split into the Democratic-Republicans, organized by New York State Senator Martin Van Buren (who became our 8th President, 1837-41), who concerned themselves with states’ rights, farmers’ interests and democratic procedures; and the National Republicans, led by John Quincy Adams, Henry Clay, and Daniel Webster, who merged with the Federalists in 1820. In 1826, the Democratic-Republicans became known as just plain Democrats, while the National Republicans became identified as only Republicans in 1854. That is how the two-party system was created in this country.


1785年において、啓蒙主義者のオーダーのコロンビアロッジはニューヨーク市で設立された。

デ・ウィット・クリントン知事、ホラス・グリーリー(ニューヨーク・デイリー・トリビューンの政治家とエディタ)、チャールズ・デーナ、およびクリントン・ルーズベルト(フランクリン・ルーズヴェルトの祖先)はそのメンバーの間にいた。

ルーズベルトは自然法に基づいている政治学と呼ばれる本を書いた(それにおいて、彼は書いた):

「神がいて、彼が、みじめさのために私達を作成した悪意に満ちて、執念深い存在であるならば、地球の上に正しく物を命じる公正の神が全然いない」.彼は自身と他のメンバーを「啓発されたもの」と称し、「私達が英国の旗を置いていった」、従って改訂が必要であった「時に」、米国憲法が、「急いで組み立てられる」「秘密を守れない人」であると言った。

1786年において、申し立てによると、トーマス・ジェファーソンがメンバーであった所で、ロッジはポーツマス、バージニアで始められた;

13の植民地の違う都市の14の他が続いている。

7月19日1789年、デイビッドPappin、ハーバード大学の学長がアメリカ政治と宗教への啓蒙主義者の影響について警告を卒業クラスに配付した。

4月、1793に、フランスは新しい大使エドモンド・ジュネをアメリカに派遣したので、彼はアメリカ革命の間に負われていたアメリカ負債への報酬を収集することができた。

お金は、イギリスとのフランスの戦争に資金提供するために使われることになっていた。

しかし、彼のリアルはここにあるために論じて、フランスのために政治的便宜を得ることになっていて、彼がしたイルミニズムを‘民主主義のクラブ’の設立を通して広めた。

ワシントンは、「彼らはその土台から政府を揺るがすであろう」と言った一方、1825における私達の第6代大統領になった第2代大統領ジョン・アダムズのジョン・クインシー・アダムズの、最も年上の息子は、これらのクラブが「パリ人のジャコバン派ととても完全に提携する」ので、「共通の親からの彼らの起源」は啓蒙主義者脅威、ワシントンのため「どうしても誤った」.で「あるはずがなく」、エイリアンと治安法を通過するために、アダムズは議会に圧力をかけたと言った(それは、「広いものから米国を保護するようにデザインされる」であった)

「フランスジャコバン派共謀(それの支払われたエージェントは政府の中の高い場所にさえいた)」。

アダムズからのジェファーソンへの手紙の中で、6月30日、1813に日付を付けられて、彼は書いた:

「ワシントンを彼の家から引きずり出すために毎日脅迫されたフィラデルフィアの通りで、1万が植民し、革命、…何ももたらさない時に、あなたは確かに決して、ジュネによってテロに興奮していたと…1793において思わなかったけれども、…(奇跡)は米国を政府の致命的な革命から救ったかもしれない」。

トマス・ペイン、作者、および政治的な理論家は啓蒙主義者がいくつかのフリーメーソンの支部を浸透させるのを手助けした。

彼の本「The理性の時代」が1794年において出版された時に、彼はそれらに彼の忠実を明らかにした(それは社会の中の宗教の役割を扱った)。

彼が神の存在を信じていたけれども、彼は事実であることとしてバイブル全体を認めることができなかった。

第二巻は1796年において出版された。

非公式な3番目の巻(サブタイトルをつけられる:予言の調査)はまた出版された(重大に、それがイエスの神位と存在を疑った)。

1937年に、ロンドンのタイムスは彼を「イギリス人ボルテール」と称した。

チャールストンの5月9日、1798年、Jedediahモース師、会衆派教会の牧師に、サウスカロライナは啓蒙主義者についてボストンの新しい北教会で説教を説いた:

「事実上、ヨーロッパの文民と教会の施設のすべてはすでにそれらの土台からこのひどい組織によって揺るがされている;」

フランス革命自身はたぶん、その陰謀に追跡されることになっている;

フランス軍隊の成功者は、同じグラウンドの上で説明されることになっている。

ジャコバン派は啓蒙主義者の隠れたシステムのオープンな明示よりもっと少なく何でもない。

注文は設立されたその支店と職場でのその使者をアメリカに持っている。

アメリカの提携したジャコバン派社会はたぶんそれらの設立のオブジェクトとしてフランスの照明された母クラブの原則の伝播を持っていた…

私はそれを義務と考えている、あなたにこれだけ正直で、忠実にこれらの真理を宣言するために、私が今回神に、宗教の原因に、私の国に、そしてあなたに借金している私の同業者。

私の唯一の目的は、あなたと自身を起こすことである 適当な親切 私達の最も親愛なる興味へのこの驚くほどの期間 。

「忠実な警備員として、私はあなたにあなたの現在の危険の警告を与えるであろう」。

7月により遅く、ティモシー・ドワイト、エール大学の学長はニューヘーブンを人々に話した:

「私達の息子はボルテール(フランス作家)の弟子とミュラの竜騎兵または私達の娘(啓蒙主義者の内縁の妻)になることとする」。

フリーメーソンの支部をヨーロッパに浸透させるために、ワイスハウプトは、長い時間(スコットランド儀礼(スコットランド、エジンバラ王立学院への英国の歴史家、および事務総長のエジンバラ大学の自然哲学の教授)における高い程度メーソン)であったジョン・ロビソンの援助を求めた。

彼がドイツに行った時に、彼は、イギリス諸島で啓蒙主義者の影響を拡張するために、勉強するワイスハウプトの改訂された共謀計画を与えられた。

しかしロビソンは1789におけるそれらの原則と後の警告アメリカ人石工に合意しなく、フリーメーソン会員、啓蒙主義者、および読書社会(プロテスタントの眺めを提出した)の秘密の会合において続けられたヨーロッパのすべての宗派と政府に対する共謀の1798個の呼ばれた証拠の中の組織を暴露する本を出版した。

彼は書いた:

「私は、ついに、協会が、すべての宗教の施設を根絶し、ヨーロッパのすべての既存の政府を倒すはっきりとした目的のために結成されるまでこれらの主義が放散し、フリーメーソンのすべての違うシステムと混ざることに徐々に気づいた」。

〈その同じ年〉また、アビーオーギュスタンBarruel(フランスの愛国者、イエズス会士、3番目の程度メーソン)は、彼のMemoires注ぐservir l´Histoire du Jacobinismeまたは回想録説明を出版した ジャコバン主義の歴史 (どれがローマ・カトリックの眺めを提出したか)。

両方の本は、啓蒙主義者共謀についてアメリカに警告することに努めたけれども、警告はまじめに取られなかった。

月刊雑誌の1月、1798年版は、アウグストゥスBottiger(ワイマール(不正確な声明を出したことでそれでロビソンを告発した)の大学の長官、および、それは、「啓蒙主義者のすべての懸念は止まった」と1790年以来言った)による手紙を含んでいた。

啓蒙主義者と石工(啓蒙主義者がニューイングランドフリーメーソンの支部を浸透させることを手助けした)のバージニアロッジのメンバーであると信じられたトーマス・ジェファーソンはすべての主張を否定し、ワイスハウプトを「熱狂的な博愛主義者」と評し、Barruelの新事実を、「狂人(大混乱は精神的に非常識なもののためにロンドンで病院の名前であった)の戯言」と呼んだ。

1798の夏の間に、G. W.スナイダー師、ルター大臣はワシントン大統領に手紙を書き、アメリカフリーメーソンの支部を浸透させている啓蒙主義者についての彼の懸念を表現して、ロビソンの本のコピーを含んだ。

ワシントンの反応において、9月25日、1798に日付を付けられて、彼は書いた:

「私は啓蒙主義者の極悪で、危険な計画と主義を多く耳にした」けれども続けて、彼が、それらがロッジに関係したと信じなかったと言った。

10月24日、1798年に日付を付けられて、スナイダーによるその後の手紙は、もっと安心させる答えを要求して、ワシントンからの手紙を結果として生じていた(それは、ジョージワシントン(米国ジョージワシントン200周年委員会の指導のもとで準備されて、1941年に米国政府印刷局によって出版されたボリューム20、518ページ)の文書の中で発見されることができる)。

彼は書いた:

「それは、啓蒙主義者の主義とジャコバン主義の原則が米国に広がらなかったことを疑う私の意図ではなかった」。

それどころか、誰も、私がそうであるよりこの事実を納得しない。

私が、運搬するつもりで、そうであったという、私が、この国のフリーメーソン会員のロッジが社会として、一番目の邪悪な主義または後者の有害な原則を伝達することに努力したと信じなかったというアイデア。

「彼らの個人がそれをしたかもしれないか、米国で民主的社会を発見したために雇用された創立者または機器がこのオブジェクトを持っていて、実際眺めにおいて彼らの政府からの人々の別居をしていたかもしれないことは、質問されるには明らかすぎる」。

彼の死の少し前で、ワシントンは啓蒙主義者についてあと2つの警告を配付した。

約1807、ジョン・クインシー・アダムズ(theをニューイングランドフリーメーソンであること ロッジ で組織したそうである)〈1825年に後で大統領になった〉が3通の手紙を大佐ウィリアムC.石に書いたこと、および一番上の石工 彼 that 民主党のトーマス・ジェファーソン、私達の3番目の大統領、創立者 に、, 破壊されている啓蒙主義者目的のためのフリーメーソンのロッジを使っていた で話す 。

これらの手紙は申し立てによるとフィラデルフィアのRittenburgスクェアライブラリに保持されたけれども、神秘的に消滅した。

ジェファーソンとアレグザンダー・ハミルトンが、啓蒙主義者目的と明けの明星(アダムズ年代記の中で記録される)の礼拝のためにフリーメーソンの支部を悪用していたと言って、アダムズはまたワシントンに手紙を書いた。

ベンジャミンフランクリンはまた啓蒙主義者のメンバーであったことで告発されたけれども、これの具体的な証拠が全然ない。

ジェファーソンは、みんなの怒りの主な焦点であるようであった。

彼はジャコバン派と無神論者である連邦主義者によって告発された。

彼が大統領任期のためのジョン・アダムズとの彼の1796戦いにおいて民主的社会とジャコバン派クラブを使ったことを示すある証拠がある。

Jedediahモース師はジェファーソンを「Illuminatus」と認定した。

7月4日に、1812年のジョセフ・ウィラード師、ハーバード大学の社長がランカスター、ニューハンプシャーのスピーチにおいて言った:

「啓蒙主義者の多くの社会が福音ライトと市民的自由のこの土地で設立されているという十分な証拠がある(それはフランスで雄大な社会から最初に組織された)」。

文民の、そして神聖なすべての私達の古代の組織を徐々に蝕むために努力して、彼らはひそかに疑いのない。

これらの社会はヨーロッパで同じ注文のそれらと密接に同盟する;

それらはみんな同じな目標を念頭に置いている。

すべての注文の敵は私達の荒廃を捜している。

不倫が万一一般に普及するならば、私達の独立はもちろん低下するであろう。

「私達の共和政体は全滅するであろう…」

英国人が1812年においてワシントンを略奪し、焼き付けた理由の1つが、政府の中で高く置かれた様々な人々によって米国に対して反逆罪を暴露したであろう秘密書類を破壊することになっていたことは提案されている。

州の権利に賛成していて、彼らが、裕福なものに役立っていたと思ったアレグザンダー・ハミルトンの財政政策に対してであった、強い中央政府が1791年において連邦党を設立したと主張しているそれら、反連邦主義者がトーマス・ジェファーソンの下に結集した時に、ワシントンは最初の国務長官(1789-93)である。

ニューヨーク知事ジョージ・クリントン(ジェファーソンとマディソンの下で後の方の副大統領であった)、バージニアのパトリック・ヘンリー、およびマサチューセッツ(独立宣言の署名者)のエルブリッジ・ゲリーによって導かれて、それらは1787における憲法制定会議の後で編成された政党になった。

反連邦主義者は、強く、1789年の米国憲法に記述されて、権利章典を追加させることにおいて続くように、強い中央政府に反対した低いクラス、農夫、および紙幣支持者からなった。

それらは三権分立のためにシングル、政府、上流階級規則、および弱いプログラムに反していた。

反連邦主義者の反君主政治眺めのためそう名付けられたジェファーソン流共和党員は1801-1825年からパワーを持っていた。

1796年において、党は、州の権利、農夫の興味、および民主的な手続に関係した、ニューヨーク州上院議員マーティン・ヴァン・ビューレン(私達の第8代大統領、1837-41になった)によって組織化された民主党共和党員に割れた;

そして、1820年における連邦主義者と結婚したジョン・クインシー・アダムズ、ヘンリー・クレイ、およびダニエル・ウェブスターによって導かれた国民共和党員。

1826年において、民主党共和党員はまさに平易な民主党員として知られた一方、国民共和党員は1854年における共和党員だけと認定された。

それは、どう二大政党制がこの国で作成されたかである。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR