FC2ブログ

メーソンはイルミナティからそれら自身を分けます最終警告:HISTORY OF THE NEW W


In 1826, Captain William Morgan, a journalist and stonemason from Batavia, New York, who was a high degree mason in a local Masonic lodge, wrote an exposé of the Masonic Order in a book called Illustrations of Masonry, which revealed many of their secrets concerning the first three degrees. Shortly afterward, he was arrested and charged with stealing and indebtedness, and put in jail. The Illuminati tried him in absentia, convicted him of treason, and ordered five men, led by Richard Howard, an English Illuminist, to execute him. When he was released from jail, he was warned about the plot, and he attempted to flee to Canada. Howard caught him at the border, and took him to Fort Niagara, where he was held for a couple of days. The Freemasons that accompanied Howard, carried him off in a boat, and drowned him in the Niagara River. [See the sworn affidavit of Thurlow Weed, On the Abduction of Captain Morgan
and Kidnapping and Murder of Morgan


This event was verified by the sworn statement of Avery Allen (said to be on file at the New York City Archives), who heard Howard give a report of the incident at a meeting of the Knights Templar at St. John’s Hall in New York City. One of the three men who carried out the assassination, confessed on his deathbed in 1848.


Masonic leaders refused to cooperate with the lengthy investigation, which didn’t get anywhere, since many of the police officers were Masons. [This collusion still afflicts America today.] The general consensus was that Morgan accidentally drowned himself in Lake Ontario. However, the press, religious leaders, temperance and anti-slavery groups, united to condemn the apparent murder. The murder caused over half of the Masons in the northeastern United States to break off their alignment with the Illuminati. The incident led to the creation of the country’s first third party movement, the Anti-Masonic Party (1826-33) in New York. They wanted to stop the aristocratic conspiracy, and prevent all members of Masonic organizations from public service. Anti-Masonic candidates were elected to the New York Assembly in 1827.


A State Convention in Massachusetts in 1828 saw the establishment of a committee “to inquire how far Freemasonry and French Illuminism are connected.” The Committee reported at a meeting at Faneuil Hall in Boston (December 30, 31, and January 1, 1829), and passed the following resolution: “Resolved, on the report of the Committee appointed to inquire how far Freemasonry and French Illuminism are connected, that there is evidence of an intimate connection between the high orders of Masonry and French Illuminism.”


A National Convention was held in 1830 in Philadelphia, and another in Baltimore in 1831, where they nominated William Wirt, former U.S. Attorney General (under Monroe and John Quincy Adams, 1817-1829), as a Presidential candidate. They were represented by 116 Anti-Masonic delegates from 13 states. The movement caught on mainly in New England and the Mid-Atlantic states. Even though they won quite a few Congressional seats in 1832, Wirt only carried the State of Vermont, while Andrew Jackson, a Mason, won big.


The Party was phased out in 1836, because the anti-slavery movement began to overshadow their activities. They merged with the Whig Party (1834-60) in 1838. The Whig Party later assimilated themselves into the Democratic Party, the Liberty Party (1840-48), the Free Soil Party (1848-54), and the Republican Party.


Fifty years after Morgan’s disappearance, Thurlow Weed (1797-1882), owner of the Rochester Telegraph, and Editor of the influential Albany Evening Journal (from 1830-1863), who helped found the Anti-Masonic Party, published information about Morgan’s death. His grave was discovered in 1881 at Pembroke, in Batavia County, in New York. In the grave was a piece of paper that had the name John Brown written on it. Brown was said to be one of the people involved in the killing. A statue was erected in memory of Morgan in Batavia in 1882.


1826年において、石造建築の説明と呼ばれる本の中で、ウィリアム・モーガン指導者(ローカルなフリーメーソンの支部で高い程度石工であったバタビア、ニューヨークからのジャーナリスト、および石工)はフリーメーソンオーダーの暴露を書いた(それは最初の3度についてそれらの秘密の多くを明らかにした)。

まもなく、その後、彼は逮捕されて、盗みと恩義で告発されて、刑務所に入れられた。

啓蒙主義者は不在中に彼を試し、反逆罪について彼に有罪宣告し、リチャード・ハワード、イギリス光明会主義者によって導かれた5人の人が、彼を処刑するように命令した。

彼が刑務所から解放された時に、彼はプロットについて警告されて、彼は、カナダに逃げることを試みた。

ハワードは境界で彼をつかまえて、彼をナイアガラ要塞に連れて行った(そこで、彼は2、3日の間押さえられた)。

ハワードに同伴したフリーメーソン会員はボートの中で彼をさらい、ナイアガラ川で彼を溺れさせた。

キャプテンモーガンと誘拐の誘拐とモーガンの殺人におけるサーロウWeedの[見、誓われた宣誓口供書

このイベントは、ハワードがニューヨーク市のセント・ジョンズ・ホールのナイト法学院法律家のミーティングで出来事のリポートをするのを聞いたアベリー・アレン(ニューヨーク市アーカイブでファイルの上にあるそうである)の誓われたステートメントによって確認された。

暗殺を実行した3人の人のうちの1人は1848において彼の臨終に臨んで白状した。

警察官の多くが石工であったので、フリーメーソンリーダーは、長い調査(それはどこにも到着しなかった)と協力することを断った。

[この共謀は、まだ、今日アメリカを苦しませる。]

一般的な合意はオンタリオ湖で自身で偶然かき消されたそのモーガンであった。

しかし、明白な殺人を非難するために、プレス(宗教のリーダー、節制、および反奴隷制度のグループ)は団結した。

北東の米国の石工の半分の上で、啓蒙主義者と彼らのアラインメントを打ち切らせられた殺人。

出来事は国の最初のサード・パーティー・ムーブメント(ニューヨークの反メーソン党(1826-33))の作成を引き起こしていた。

彼らは、貴族の共謀を止めて、公務からフリーメーソン組織のすべてのメンバーを防止したかった。

反フリーメーソン的な候補者は1827年におけるニューヨーク議会に選ばれた。

「どのくらいフリーメーソンとフランスイルミニズム」がボストン(12月30日,31日と1月1日1829)でファニエル会館でミーティングで報告されて、以下の決議案を手渡された「接続された」.The委員会で「あるかを問い合わせるために」、1828年におけるマサチューセッツの国会議は委員会の設立を見た:

「どのくらいフリーメーソンとフランスイルミニズムが接続されるかを問い合わせるために任命された委員会の委員のリポートの上で、石造建築の上位とフランス人Illuminismの間の親密な接続の証拠があることにした」。

彼らがウィリアムWirt(前の米国の司法長官(モンローとジョン・クインシー・アダムズ、1817-1829下))を大統領候補に任命した所で、全国党大会はフィラデルフィアの1830と1831におけるボルチモアの別のものにおいて催された。

それらは13の状態から116人の反フリーメーソン的な代表によって表されていた。

動きは主にニューイングランドと中部大西洋岸諸州で流行した。

彼らが1832年において相当数の議会の座席を勝ち取っても、ワートはただバーモント州を運んだ一方、アンドリュー・ジャクソン、石工は大勝した。

反奴隷制度動きが、それらの活動に影を投げかけはじめたので、パーティーは1836において段階的に廃止された。

彼らは1838年においてホイッグ党(1834-60)と合併した。

ホイッグ党は後で民主党、自由党(1840-48)、自由土地党(1848-54)、および共和党に自身を同化した。

モーガンの消失の50年後で、反メーソン党を設立するのを手伝ったサーロウWeed(1797-1882)、ロチェスター電信のオーナー、および有力なオールバニー夕方ジャーナル(1830-1863からの)のエディタはモーガンの死についての情報を出版した。

彼の墓はペンブルクの1881年において、バタビア郡で、ニューヨークで発見された。

墓の中に、それに書かれた名前ジョン・ブラウンを持っていた紙があった。

ブラウンは、殺害に関係している人々のひとりであるそうであった。

彫像は1882年においてバタビアのモーガンの記念として立てられた。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR