FC2ブログ

エドワード・ベルナイス - 「自身の世紀」からどのように1つの抜粋文あたり1つの国家を洗脳するか

Edward Bernays - How to Brainwash a Nation

An excerpt from "The Century of the Self"

2006 09 16


In 2002, Adam Curtis and the BBC released a four-part series called "The Century of the Self."


The series tracks how American elites have aggressively used the modern behavioral sciences to persuade, coerce and manipulate the American public into accepting the corporate-government world's version of events as their own.


This seven-minute video which I call "The Assassin of Democracy" focuses on one of the most skillful and amoral expert of all the experts in mass manipulation, Edward Bernays. Bernays got his first taste of the power of propaganda during World War I. He advised US presidents from Woodrow Wilson to Einsehower and served numerous corporations and business associations. One of his biggest fans was Hitler's propaganda chief, Joseph Goebbels, a fact about which Bernays bragged proudly.


In this clip, we see a pattern that Bernays used over and over again: turn a harmless entity into a fearsome enemy through lies and manufactured news items. Then use the "threat" to justify attack. The subject of this video is Bernays campaign against the democratically elected government of Guatemala in 1953, but you'll have no trouble seeing that this very same method is being used today.


Watch the Entire Documentary at Google Video:


The Century Of The Self - Part 1 of 4


The Century Of The Self - Part 2 of 4


The Century Of The Self - Part 3 of 4


The Century Of The Self - Part 4 of 4




"This series is about how those in power have used Freud's theories to try and control the dangerous crowd in an age of mass democracy." - Adam Curtis




Article from http://www.brasscheck.com/videos/spin/bernays1.html




2002年に、アダム・カーティスとBBCは「自身の世紀」と呼ばれる四部のシリーズをリリースした。

シリーズは、どのようにアメリカエリートが、彼ら自身としてイベントの企業の政府の世界のバージョンを認めることをアメリカの一般大衆を説得して行わせて、強いて、処理するために積極的に現代の行動科学を使ったかを追跡する。

私が「民主主義の暗殺者」と呼ぶこの7分のビデオは大衆操作におけるすべてのエキスパート、エドワード・ベルナイスの最も熟練し、道徳と無関係なエキスパートのそれに集中する。

ベルナイスはウッドロー・ウィルソンからアインス・ホゥワーまでのWorld War I.彼が勧められた米国大統領の期間に彼が宣伝のパワーに手を染めて、たくさんの企業と商業組合に奉仕した。

彼の最大のファンの1人は、ヒトラーの宣伝チーフ(ヨーゼフ・ゲッベルス(ベルナイスが誇らしげに自慢した事実))であった。

このクリップの中で、私達は、ベルナイスが何度も何度も使ったパターンを見る:

嘘と製造された記事を通して無害なエンティティを恐ろしい敵に変えなさい。

そして、攻撃を正当化するために、「脅威」を使いなさい。

このビデオの主題は1953年のグアテマラの民主的に選挙で選ばれた政府に対するベルナイスキャンペーンであるけれども、あなたは、このまさに同じ方法が今日使われているとわかることにおける苦労なく理解できるであろう。

Googleビデオでドキュメンタリー全体を見なさい:

自身の世紀 - 4の1。

自身の世紀 - 4の2。

自身の世紀 - 4の3。

自身の世紀 - 4の4。

「このシリーズはまわりで、どのようにパワーにおけるそれらが、大衆民主主義の時代において危険な群衆を試し、コントロールするためにフロイト説を使ったかである」。

- アダム・カーティス

http://www.brasscheck.com/videos/spin/bernays1.html
からの記事

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR