FC2ブログ

ドナ・ゲラーからの「私達の唯一の希望は本当に、整列し、同盟することである」すばらしいコメント

"Our only hope really is to align and ally"

A wonderful comment from Donna Geller

2006 09 14

By Donna Geller




Greetings Henrik,

I send this not with the intent to proselytize my personal politics or agenda but rather as an effort to further awareness, attention and action to something terribly awry in my country, America, that concerns not only us here, but all of us on this planet - regardless of our individual world views. I am 60 years old and find the activists of my generation are decreasing in number daily, and few in the following generation are ready to take up the gauntlet. You, Henrik, are a blessing and an inspiration for your generation. You show the foresight and wisdom to see that everything on this planet is connected. What happens in any one country will eventually affect us all. Your courage and conviction to 'Resist the Flood of Ignorance' when you are more likely today facing a tsunami than a flood, is not only commendable - it is remarkable. I send this to you with the hope that you will forward or use it at your discretion as a plea to all intelligent, aware, objective, dedicated, honest and fair-minded people that they must be called to act, and act soon.


We all believe in the pursuit of life, liberty, and justice. And though not a perfect system, we still have in America, by our laws and Constitution, the opportunity to achieve and maintain those goals. However, I am not sure that opportunity is going to remain much longer and I cannot believe we will knowingly stand by and watch the Constitution of this country go down in flames - literally - without taking some action to prevent it. We must all be aware that, at times, a government will lie to their people - and not always with nefarious intent. Sometimes it may be for our safety and to preserve our way of life. We would like to think that such deception was and always will be so intended and only done when absolutely necessary; that our elected leaders hold dear the public trust, and would never abuse it for self-gain or agendas contrary to our liberty or the public good. We would like to think it, but it just isn't so.


I do not pretend to know what exactly happened in the 9/11 tragedy, the subsequent actions or events it appears to have spawned. Nor do I subscribe to the many 'conspiracy theories' that abound. I do not know what is true, but I do know what it is not true. A significant portion of what is being propagated as the actual facts, the truth, and has become the unyielding, official position of the government just frankly insults one's intelligence and rivals the most extreme conspiracy theories for first prize. I was not even sure where to begin to search for truth, but I have employed an old wisdom that seems to to be working better than anything else. I call it the “whole elephant” concept. Rather than throwing out any fact/theory/data, etc., I just keep stepping back, further and further, and widening the lens, until, hopefully, I can get a picture big enough to include and incorporate all the seemingly incomplete, inconsequential, illogical, and/or incongruous pieces. I also find that it works best if I stay with the premise that evil is just a perspective, and avoid assessing or evaluating in terms of good and evil, but rather just think in terms of agendas and competing interests without assigning value judgments - and that is hard.


I forward an interesting site below about the work of a group of scholars in pursuit of the truth about 9/11. Their efforts are not exclusive to just scholars, but rather any area of expertise or degree of commitment that furthers or aids in their quest for truth appears to be welcomed. Also they present an extensive compilation of current evidence that has been uncovered and investigations that have been done within several disciplines. I was moved to write by today's headline article by Nafeez Mosaddeq Ahmed
. His perspective is right. Our only hope really is to align and ally; to work in a cooperative spirit rather than a competitive one; and to combine skills, expertise and critical thinking abilities to analyze extant data and demand acceptable answers before it is too late and we are under martial law and on the way to a total, and eventually global, dictatorship. We all have something to contribute to the effort and we can either find a existing niche to do so, or create one.


There was an incredibly profound and prophetic line in Star Wars III. The Evil Emperor, Darth Sidious, still working under the guise of the noble Senator Palpatine, is given, by almost unanimous vote, total control in the galaxy due to the serious Sith threat - a threat that he has been surreptitiously instigating for just such an effect. Alone and seated, among an entire senate standing in ovation to their yea vote empowering this dictator, Princess Amidala remarks, "So this is how liberty dies, with thunderous applause".


Sobering isn't it. We are not in a science fiction movie, but our nation is experiencing the same thing and it will not stop in America. How many millions saw that movie, over and over, while the very same thing is happening in their time, in their reality and they still don't make the connection. Our populace is buying into this 'terrible threat' from the 'axis of evil' that is 'dedicated to our destruction because they hate us and our freedoms' without question. The pieces of it don't fit at all if you examine them carefully, but few seem able to sustain any level of critical thinking or analysis any more. And especially few under the age of 45 in this country - products of a public education system that have been deliberately 'dumbed down'. But those of us that can think and can see when the pieces of a puzzle not only don't fit, they don't even go to the same puzzle, must feel duty bound to try and save what is left of our hard fought and earned freedoms. At the least let us come together within academic and professional disciplines to question and call attention. If our liberty must die, certainly let it not be given away with accolades and thunderous applause, but wrestled away amid public outcries and dissent. If not our freedom, at the least we'd retain our dignity and our pride and our conscience.


Thank you for your attention and for your valiant effort to stem the tide of apathy and ignorance engulfing our world, Henrik. You freely give and sacrifice much to do this, I know. But do know that your site is a beacon in the dark that draws far more into a place of light that you probably will ever know.

Many blessings to you and all at your hearth,

Donna Geller


http://www.st911.org





Article from Donna Geller





こんにちは、ヘンリック

私の個人的な政治または課題を改宗させる意思によってではなくむしろ、自覚、何か、この惑星の上でここに、けれども私達のすべて、私達に関係しない私の国、アメリカで「ひどく曲がっているもの」への注意、および行動を促進する努力として、私はこれを送る - 私達の個々の世界観を問わず。

私は60歳であり、私の世代の活動家が毎日、数において減少していて、次の一世代にほとんどが、こてを取り上げる用意ができていないと気付く。

ヘンリックはあなたの世代のために恩恵とインスピレーションである。

あなたは、この惑星の上のすべてが接続されるとわかる先見と知恵を示す。

どのような1か国ででも起こることは結局私達すべてに影響するであろう。

津波に直面して、あなたが今日洪水がありそうな時の、‘無知の洪水に抵抗しなさい’へのあなたの勇気と信念は立派であるだけでない - それは顕著である。

あなたが転送するであろう希望によって、私はこれをあなたに送るか、それらが、すぐ演じて、演じるために呼ばれなければならないすべての聡明で、気づき、目的の、専門で、正直で、公正な人々に、嘆願としてあなたの判断でそれを使う。

私達すべてはライフ、自由、および公正の追跡を信じている。

そして、完全なシステムではないけれども、私達の法律と憲法(それらの目標を達成し、維持する機会)によって、私達はまだアメリカに希望を持っている。

しかし、私は、機会が、ずっと長くあり続けるためになくなっていると確信していない、私は、それを防止するためにいくらかの行動をとらずに、私達が故意に待機すると信じて、この国の憲法が炎--文字どおりである--において降りるのを見ることができない。

私達は、すべて、時々、政府がそれらの人々に嘘を言うであろうということに気づいているにちがいない - いつも、および極悪な意思によってでない。

時々、それは、私達の安全のためであり、私達の生活様式を保存することであるかもしれない。

私達は、そのような詐欺がそうであったと思いたく、いつも、絶対に必要な時にそう意図されて、されるだけである;

私達の選ばれたリーダーが公益信託を大切に保ち、私達の自由または公益に反してセルフ利益または課題のために決してそれを乱用しないであろう。

私達は、それを考えたいけれども、それは全くそうでない。

私は、それが、産んだような9/11の悲劇、その後の行動、またはイベントにおいて、正確には何が起こったかを知るふりをしない。

また、私は、いっぱいの多くの‘陰謀説’に申し込まない。

私は何が真実であるかを知らないけれども、私はそれが何で真実ではないかを知っている。

実際の事実、真実として伝達されていて、まさに率直に政府の堅く、公式なポジションになったものの重要な一部は人の知能を侮辱し、一等賞について最も極端な陰謀説と競争する。

私は、どこで、真理を探求しはじめるかを確信していなかったけれども、私は、何よりもよく働いているために、思われる古い知恵を使用した。

私はそれを「ゾウ全体」概念と呼ぶ。

どのような事実/理論/データなどでも捨てるというよりも、希望的に、私が、写真を、すべての一見したところ不完全で、重要でなく、非論理的で、および/または不適当な断片を含み、含むのに十分に大きくすることができるまで、私はただ、ますますさらに後退し、レンズを広げ続ける。

私はまた、私が、悪が単にパースペクティブであるという前提に耐えるならば、それがもっともよく働くと気付き、善と悪で評価または評価を避けるけれども、むしろ、ただ、価値判断を割り当てずに、課題と競合利権で考える - および、それは難しい。

私は9/11についての真理を追求して学者のグループの仕事について興味深いサイトを下に転送する。

それらの努力はまさに学者に限られていないけれども、むしろ、専門知識のどのようなエリアまたは真実の彼らの探求において促進するか、援助する関与の程度でも、歓迎されるようである。

また、彼らは、発見されている現在の証拠といくつかの学科の中でされている調査の広いコンパイルを提出する。

私は、ナフィズ・モサデク・アーメドによって今日のヘッドライン記事によって書くために感動した。

彼のパースペクティブは正しい。

私達の唯一の希望は本当に、整列し、同盟することである;

競合したものというよりも団結心の中で働くには;

そして、現存のデータを分析し、それの前で容認できる答えを要求するためにスキル、専門知識、および重大な考察才能を結合することは遅すぎて、私達は戒厳令の下と全体の、そして結局グローバルな独裁権に行く途中にいる。

私達すべては、寄与するものを努力の中に持っていて、私達は、既存のニッチを、そうすると気付くか、ものを作成することができる。

スター・ウォーズIIIの中に信じられないほど深く、予言的なラインがあった。

悪い皇帝、Darth Sidiousは、高潔な上院議員Palpatineを装ってまだ働いて、重大なSith脅威のためほとんど満場一致の票によって銀河系での全体のコントロールを与えられる - 彼がまさにそのような効果のために秘密に扇動していた脅威。

一人で、この独裁者をエンパワーメントしているそれらのはい票に熱烈な歓迎において立っている1つの上院全体の間で座っていて、Amidalaプリンセスは、「従って、これは、どのように自由が嵐のような拍手によって死ぬかである」と気づく。

落ち着くことはそれではない。

私達はSF映画にいないけれども、私達の国家は同じ物を経験していて、それはアメリカで停止しないであろう。

数百万は、まさに同じ事がそれらの時代に起こっている間、それらの現実における何度も何度も、その映画を見て、彼らはまだ接続をいくつかしていない。

私達の大衆は、問題なしで‘彼らが私達と私達の自由を憎悪しているので私達の破壊に専念する’である‘悪の軸’からこの‘ひどい脅威’を受け入れている。

あなたがそれらを慎重に試験するならば、それの断片は全く適合していないけれども、ほとんどは、これ以上批判的思考法または分析のどのようなレベルも支えることができるようではない。

そしてこの国の45歳未満で特にほとんど - 意図的に‘dumbedされた下り’であった公教育システムの製品。

しかし、考えることができて、パズルの断片がただ適合していない時に、それらが同じパズルに行きさえしないとわかることができる私達のそれらは、義務を、私達のかたく争われて、得られた自由の残りのものを試し、保存する義務があると思わなければならない。

極少なもので、私達を、注意に質問し、促すために学問の、そしてプロフェッショナルな分野の中で一緒に来させなさい。

私達の自由が死ななければならないならば、確かに、それを賞賛と嵐のような拍手によって授与されないけれども大衆の抗議と意見の相違の中央で向こうで相撲されないようにしなさい。

私達の自由でなければ、極少なもので、私達は私達の威厳と私達のプライドと私達の良心を保つであろう。

あなたの注意を、そして私達の世界、ヘンリックを飲み込んでいる無関心と無知の流れに抗うあなたの勇敢な努力をあなたに感謝する。

これをするために、あなたは惜しみなく多く与えて、犠牲になり、私は知っている。

しかし、ずっとより多くを、あなたがたぶんこれまで知るであろうライトの場所に引き入れる闇において、あなたのサイトが指針であると知っていなさい。

あなたへの多くの恩恵とあなたの囲炉裏のすべて、ドナ・ゲラーのすべて

http://www.st911.org


ドナ・ゲラーからの記事



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR