FC2ブログ

啓蒙主義者リーダーシップ変化

THE ILLUMINATI LEADERSHIP CHANGES


After Weishaupt died on November 18, 1830, at the age of 82, Giuseppe Mazzini (1805-72), an Italian patriot, and revolutionary leader, was appointed head of the Illuminati in 1834. It was believed that Weishaupt rejoined the Catholic Church with a deathbed repentance.





While attending Genoa University, Mazzini became a 33rd degree Mason, and joined a secret organization known as the Carbonari (their stated goal in 1818: “Our final aim is that of Voltaire and of the French Revolution? the complete annihilation of Catholicism, and ultimately all Christianity.”), where he became committed to the cause of Italian unity. In 1831, he was exiled to France, where he founded the ‘Young Societies’ movement, which included Giovane Italia (Young Italy), Young England, etc. This group united those who wanted to achieve unification through force. Mazzini moved to England in 1837, then returned to Italy in 1848 to lead the revolution against the Austrians. Again he was exiled. In the 1850’s, he led more revolutionary activities, and through his actions, Italy became united in 1861, as a single kingdom, rather than the republic envisioned by Mazzini.


Mazzini, who became known as the ‘Evil Genius of Italy,’ tried to carry on the activities of the Illuminati through the Alta Vendita Lodge, the highest lodge of the Carbonari.


From 1814-48, the group known as the Haute Vente Romaine led the activities of most of Europe’s secret societies. In April, 1836, the head of the Haute Vente, whose pseudonym was ‘Nubius,’ wrote to ‘Beppo’: “Mazzini behaves too much like a conspirator of melodrama to suit the obscure role we resign ourselves to play until our triumph. Mazzini likes to talk about a great many things, about himself above all. He never ceases writing that he is overthrowing thrones and altars, that he fertilizes the peoples, that he is the prophet of humanitarianism...”


In 1860, Mazzini had formed an organization called the ‘Oblonica,’ a name derived from the Latin ‘obelus,’ which means: “I beckon with a spit (dagger).” Within this group, he established an inner circle called the Mafia.


About 1,000 AD, after the Normans had driven the Arabs out of Sicily, they established a feudal system. Overseers to guard each feudi were chosen from known criminals. Skirmishes between the Barons were fought by these criminals. Although feudal privileges were abolished in 1812, these overseers retained control of the land through leasing arrangements. It was this band of criminals that Mazzini gave the name ‘Mafia’, which was an acronym for Mazzini, Autorizza, Furti, Incendi, and Avvelengmenti. Known as the Mafiosi, they were authorized by Mazzini to commit thefts, arson and murder. It was this organization that came to America during the 1890’s with the beginning of Italian immigration.



In 1859, Albert Pike (1809-1891), a lawyer, and leader of the U.S. Scottish Rite Masonry (who was called the ‘Sovereign Pontiff of Universal Freemasonry,’ the ‘Prophet of Freemasonry’ and the ‘greatest Freemason of the nineteenth century’), who was fascinated with the idea of a one-world government, was chosen to coordinate Illuminati activities in the United States. He said they needed to create a political party that would keep the world fighting, until they could bring peace. Pike said it would be done “with tongue and pen, with all our open and secret influences, with the purse, and if need be, with the sword...”


Pike was born on December 29, 1809, in Boston, went to Harvard, then later served as a Brigadier-General in the Confederate Army. He was appointed by the Confederacy to be the Indian Commissioner in order to create an army of Indian warriors. He became Governor of the Indian territory, and succeeded in creating an army consisting of Chickasaws, Comanches, Creeks, Cherokees, Miamis, Osages, Kansas, and Choctaws. He became known to them as the “faithful pale-face friend and protector.” The savagery of their attacks caused Jefferson Davis, the President of the Confederacy, to disband the Indian army. After the Civil War, Pike was found guilty of treason and jailed, only to be pardoned by President Andrew Johnson on April 22, 1866, who met with him the next day at the White House. On June 20, 1867, Scottish Rite officials conferred upon Johnson, the 4th - 32nd degrees, and he later went to Boston to dedicate a Masonic Temple. The only monument to a Confederate general in Washington, D.C. was erected in Pike’s honor, and can be found between the Department of Labor building and the Municipal Building, between 3rd and 4th Streets, on D Street, NW.


Pike was a genius, able to read and write in 16 different languages. A 33rd degree Mason, he was one of the founding fathers, and head of the Ancient Accepted Scottish Rite of Freemasonry. In 1869, he was a top leader in the Knights of the Ku Klux Klan. In 1871, he wrote the 861 page Masonic handbook known as the Morals and Dogma of the Ancient and Accepted Rite of Freemasonry.


Pike was said to be a Satanist, who indulged in the occult, and possessed a bracelet he used to summon Lucifer, with whom he had constant communication. He was the Grand Master of a Luciferian group known as the Order of the Palladium (or Sovereign Council of Wisdom), which had been founded in Paris in 1737. Palladism had been brought to Greece from Egypt by Pythagoras in the fifth century, and it was this cult of Satan that was introduced to the inner circle of the Masonic lodges. It was aligned with the Palladium of the Templars. In 1801, Issac Long, a Jew, brought a statue of Baphomet (Satan) to Charleston, South Carolina, where he helped established the Ancient and Accepted Scottish Rite. Pike, his successor, changed the name to the New and Reformed Palladian Rite (or Reformed Palladium). The Order contained two degrees: 1) Adelph (or Brother), and 2) Companion of Ulysses (or Companion of Penelope). Pike’s right-hand man was Phileas Walder, from Switzerland, who was a former Lutheran minister, a Masonic leader, occultist, and spiritualist. His other closest aids were Gallatin Mackey (a Masonic leader), Longfellow, and Holbrook. Pike, along with Mazzini, Lord Henry Palmerston of England (1784-1865, 33rd degree Mason), and Otto von Bismarck from Germany (33rd Mason, 1815-1898), intended to use the Palladian Rite to create a Satanic umbrella group that would tie all Masonic groups together.


Because of Mazzini’s revolutionary activities in Europe, the Illuminati had to again go underground. Pike established Supreme Councils in Charleston, South Carolina; Rome, Italy (led by Mazzini); London, England (led by Palmerston); and Berlin, Germany (led by Bismarck). He set up 23 subordinate councils in strategic places throughout the world, including five Grand Central Directories in Washington, DC (North America), Montevideo (South America), Naples (Europe), Calcutta (Asia), and Mauritius (Africa), which were used to gather information. All of these branches have been the secret headquarters for the Illuminati’s activities ever since.


In a letter dated January 22, 1870, Mazzini wrote to Pike:


“We must allow all of the federations to continue just as they are, with their systems, their central authorities and diverse modes of correspondence between high grades of the same rite, organized as they are at present, but we must create a super rite, which will remain unknown, to which we will call those Masons of high degree whom we shall select (obviously referring to the New and Reformed Palladian Rite). With regard to our brothers in Masonry, these men must be pledged to the strictest secrecy. Through this supreme rite, we will govern all Freemasonry which will become the one International Center, the more powerful because its direction will be unknown.”


In another letter, dated August 15, 1871, Pike wrote to Mazzini:


“We shall unleash the Nihilists and the atheists, and we shall provoke a formidable social cataclysm which in all its horror will show clearly to the nations the effect of absolute atheism, the origin of savagery, and of the most bloody turmoil. Then everywhere, the citizens, obliged to defend themselves against the world minority of revolutionaries, will exterminate those destroyers of civilization, and the multitude, disillusioned with Christianity, whose deistic spirits will from that moment be without compass, anxious for an ideal, but without knowing where to render its adoration, will receive the pure light through the universal manifestation which will result from the general reactionary movement which will follow the destruction of Christianity and atheism, both conquered and exterminated at the same time.”


Another part of this letter was discovered in 1949, which graphically outlined plans for three world wars and at least two revolutions. The first world war was to enable communistic atheism to destroy the czarist government in Russia. This was accomplished. The second world war was to begin by pitting Great Britain against Germany, in order to destroy Nazism, and advance the cause of Zionism, so that Israel could become a nation. This was accomplished. After this war, Communism was to be made strong enough to begin taking over weaker governments. In 1945, at the Potsdam Conference between Truman, Churchill, and Stalin, Russia was given a chunk of Europe, and that helped to sweep the tide of Communism into China. The plan also called for a third world war, which is to be ignited by firing up the aggression between the Zionists (Israel) and the Arab world, who will destroy each other, bringing the rest of the world into a final conflict. This conflict will be engineered to produce complete social, political, and economic chaos; out of which will emerge an Illuminati-controlled world government.


According to William Guy Carr, a retired Canadian Naval Commander, in his book Pawns in the Game (he also wrote Red Fog Over America), he said that for a short time this letter had been on display in the British Museum Library in London, where he wrote a copy of it. The British Museum has said that they never had such a letter in their collection. It was later discovered that Carr got the information from a book called The Mystery of Freemasonry Unveiled by Jose Maria Caro y Rodriguez, the Archbishop of Santiago, and the Cardinal of Chile. Some researchers believe the second letter to be fraudulent, and had been written much later than the first part, since the word ‘Fascism’ was not used until 1921, and the Arab/Jewish problem did not exist until after the 1917 Balfour Declaration. But then again, if they indeed planned and initiated these events, the document could very well be authentic.


After Mazzini’s death on March 11, 1872, Pike appointed Adriano Lemmi (1822-1896, 33rd degree Mason), a banker from Florence, Italy, to run their subversive activities in Europe. Lemmi was a supporter of patriot and revolutionary Giuseppe Garibaldi, and may have been active in the Luciferian Society founded by Pike.


On July 14, 1889, Pike issued this statement to the 24 Supreme Councils of the world who were meeting in Paris:


“That which we must say to the crowd is: ‘We worship a God, but it is the God one adores without superstition.’



To you, Sovereign Grand Inspectors General (33rd Degree Masons), we say this, that you may repeat it to the Brethren of the 32nd, 31st, and 30th degrees: ‘The Masonic religion should be, by all of us initiates of the high degrees, maintained in the purity of the Luciferian doctrine.’



If Lucifer were not God, would Adonay (or ‘Adonai,’ Hebrew for the word ‘Lord’ which refers to Jehovah, the God of Israel, which they avoided using) whose deeds prove his cruelty, perfidy, and hatred of man, barbarism and repulsion for science, would Adonay and his priests calumniate him? Yes, Lucifer is God, and unfortunately Adonay is also God. For the eternal law is that there is no light without shade, no beauty without ugliness, no white without black, for the absolute can only exist as two Gods: darkness being necessary to light to serve as its foil as the pedestal is necessary to the statue, and the brake to the locomotive...



...Thus, the doctrine of Satanism is a heresy; and the true and pure philosophic religion is the belief in Lucifer, the equal of Adonay; but Lucifer, God of Light and God of Good, is struggling for humanity against Adonay, the God of darkness and evil.”


ワイスハウプトが11月18日に死んだ後に、1830年は、82歳、ジュゼッペ・マッツィーニ(1805-72)、イタリア愛国者、および革命のリーダーで、1834年において啓蒙主義者のトップに任命されました。

ワイスハウプトが臨終後悔によってカトリック教会に復帰したことは信じられました。

ジェノバ大学に出席する間に、マッツィーニは33階級メーソンになり、カルボナリ(1818年におけるそれらの述べられたゴール:「私達の最終的な目的はボルテールとカトリック教と最終的な、すべてのキリスト教の、フランス革命?のうちの、完全な全滅のそれである」。)として知られている秘密組織に参加しました(そこで、彼はイタリア単一性の原因を約束しました)。

1831年において、彼は、フランス(そこで、彼は、‘ヤング社会’動き(それはGiovaneイタリア(ヤングイタリア)を含みました)を設立しました)に追放されました、ヤング・イギリスなど。

このグループは、力を通して統一を達成したかった人々を団結させました。

マッツィーニは1837年においてイギリスに引っ越し、それから、オーストリア人に対して革命を導くために、1848年におけるイタリアに戻りました。

再び、彼は追放されました。

1850年代に、彼はより革命の活動を導き、彼の行動を通して、イタリアはマッツィーニによって想像されている共和国というよりも1つの王国として1861年において結合しました。

‘イタリアの悪い天才’として知られたマッツィーニは、アルタVenditaロッジ、カルボナリの最も高いロッジを通して啓蒙主義者の活動を続けようとしました。

1814-48年から、高級なVenteタチチシャとして知られているグループはヨーロッパの秘密結社のほとんどの活動を導きました。

4月、1836年に、偽名が‘Nubius’であった高級なVenteのトップは‘Beppo’に手紙を書きました:

「私達の勝利まで活動するために、私達が自身で辞任する不明瞭な役割に適するには、マッツィーニはメロドラマの共謀者のようにあまりにも多くふるまいます」。

マッツィーニは、とりわけ非常に多くの物について、自身について話すことが好きです。

「彼は決して、彼が王位と祭壇を倒して、彼が民族を肥やし、彼が人道主義の予言者であると書くのを止めません…」

1860年において、マッツィーニは、‘Oblonica’(ラテン‘疑句標’(それは意味しています)に由来している名前)と呼ばれる組織を結成しました:

このグループの中、「私はつば吐き(短剣)によって合図します」.、彼はマフィアと呼ばれる側近グループを設立しました。

AD1,000について、ノルマン人がアラブ人をシチリア島から追放した後に、彼らは封建制度を設立しました。

各feudiをガードする監督者は知られている犯罪者から選ばれました。

男爵の間のこぜりあいはこれらの犯罪者によって戦われました。

封建制度の特権が1812年において廃止されたけれども、手配をリースすることを通して、これらの監督者は土地のコントロールを保持していました。

マッツィーニが、名前の‘マフィア’(それはマッツィーニ、Autorizza、Furti、Incendi、およびAvvelengmentiのための頭字語でした)を与えたのは犯罪者のこの集団でした。

マフィアとして知られていて、彼らは、マッツィーニによって、窃盗、放火、および殺人を犯すことを認められていました。

イタリア移住の最初と一緒に1890年の間にアメリカに来たのはこの組織でした。

1859年において、アルバート・パイク(1809-1891)(1世界政府のアイデアに魅了された、米国スコットランド語儀礼石造建築(‘ユニバーサルフリーメーソンのローマ教皇’、‘フリーメーソンの予言者’、および‘19世紀の最も偉大なフリーメーソン会員’と呼ばれました)の弁護士、およびリーダー)は、米国で啓蒙主義者の活動を調整するために選ばれました。

彼は、彼らが平和をもたらすことができるまで、彼らが、世界を戦わせ続けるであろう政党を作成する必要があると言いました。

パイクは、それがされた「舌とペンによって、すべての私達のオープンで、秘密の影響によって、財布によって、そして必要があれば剣によって…」であるであろうと言いました。

パイクは12月29日に誕生し、ボストンで1809年に、ハーバードに行き、それから、後で、南軍の軍隊の代将一般として役立ちました。

彼は、インド戦士の軍隊を作成するために同盟によって、インド委員であるように命じられました。

彼はインド領域の知事になり、チカソー族、コマンチ族、クリーク、チェロキー、Miamis、オーセージ族、カンザス、およびChoctawsから成る軍隊を作成することに成功しました。

彼は、「忠実な青白い顔の友人とプロテクター」(インド軍隊を解散するためにジェファソン・デイヴィス(同盟の大統領で)起こったそれらの攻撃の野蛮さ)としてそれらに知られました。

南北戦争の後で、パイクは、ホワイトハウスで次の日、彼と出会った4月22日のアンドリュー・ジョンソン大統領、1866年によって許されるためだけに反逆罪に対して有罪と判決されて、拘留されました。

6月20日に、1867年のスコットランド儀礼役員がジョンソン、4番目を協議しました - マソニックテンプルの除幕式をするために、32番目の度と彼は後でボストンに行きました。

ワシントンD.C.の南軍の一般への唯一の記念碑はパイクの名誉において建設されて、D通り、NWで3番目と4番目の通りの間で労働省建物と地方自治体ビルディングの間で見つかることができます。

パイクは、16の異なる言語を読み取り、書くことができる天才でした。

33階級メーソンの、彼は創始者のひとりとフリーメーソンの古代の受け入れられたスコットランド儀礼のトップでした。

1869年において、彼はクー・クラックス・クランのナイトの中で一番上のリーダーでした。

1871年において、彼はモラルとフリーメーソンの古代の、そして受け入れられた儀礼の教義として知られている861ページのフリーメーソンハンドブックを書きました。

パイクは、オカルトに耽っていて、明けの明星を呼び出すために、彼が使った腕輪を所有していた悪魔主義者であるそうでした(それとともに、彼は一定の通信を持っていました)。

彼はパラジウム(または知恵の主権を有する協議会)のオーダーとして知られているルシファーのグループのグランドマスタでした(それは1737年においてパリで設立されました)。

Palladismはエジプトから5世紀にピタゴラスによってギリシャにもたらされて、フリーメーソンの支部の側近グループに導入されたのはサタンのこのカルトでした。

それは法学院法律家のパラジウムと位置合わせされました。

1801年において、彼が助けたチャールストン、サウスカロライナにバフォメット(サタン)の彫像を持って来られたアイザックLong、ユダヤ人は古代の、そして受け入れられたスコットランド儀礼を設立しました。

パイク、彼の後継者は名前を新しく、改良したパラディオ風の儀礼(または更生された守護神)に変更しました。

オーダーは2度を含んでいました:

1) Adelph(または兄弟)とユリシーズ(またはペネロピーの友人)の2人の)友人。

パイクの腹心は、前のルター大臣、フリーメーソンリーダー、オカルト主義者、および唯心論者であったスイスからのPhileas Walderでした。

彼の他の最も近い援助はガラティン・マッケイ(フリーメーソンリーダー)、ロングフェロー、およびホルブルックでした。

パイクは、マッツィーニ、イギリス(1784-1865、33級メーソン)のヘンリー・パーマストン卿、およびドイツ(33番目の石工、1815-1898)からのオットー・フォン・ビスマルクとともに、すべてのフリーメーソングループを束ねるであろう悪魔の傘グループを作成するためにパラディオ風の儀礼を使うつもりでした。

ヨーロッパでのマッツィーニの革命の活動のため、啓蒙主義者は、地下に再び行く必要がありました。

パイクはチャールストン、サウスカロライナで最高評議会を設立しました;

ローマ、イタリア(マッツィーニによって導かれます);

ロンドン、イギリス(パーマストンによって導かれます);

そしてベルリン、ドイツ(ビスマークによって導かれます)。

ワシントン、DC(北アメリカ)、モンテビデオ(南アメリカ)、ナポリ(ヨーロッパ)、カルカッタ(アジア)、およびモーリシャス(アフリカ)の5つの雄大な中心的なディレクトリを含む世界中で彼は戦略的な場所で23の下位の協議会を設立しました(それは、情報を集めるために使われました)。

これらの枝のすべてはそれ以来啓蒙主義者の活動のための秘密の本部です。

1月22日付けの手紙、1870中で、マッツィーニはパイクに手紙を書きました:

「私達は、それらが現在である時に、同じ儀礼の高級品の間の一致のそれらのシステム、それらの中央権力、および多様なモードを持つ、ちょうど、それらがそうであるように続ける同盟のすべてが団結したと認めなければならないけれども、私達はスーパー儀礼を作成しなければなりません(それは未知であり続けるでしょう(それに、私達は、私達が選ぶ(、明らかに新しく、改良したパラディオ風の儀礼に関します)こととする高度のそれらの石工を呼ぶでしょう))」。

石造建築の中の私達の兄弟について、これらの人は最も厳密な秘密を誓約しなければなりません。

「この最高の儀礼を通して、私達は、その方向が未知になるであろうのでより強力に1つの国際的なセンターになるであろうすべてのフリーメーソンを制御します」。

別の手紙の中で、8月15日に日付を付けられて、1871年のカワカマスがマッツィーニに手紙を書きました:

「私達はニヒリストと無神論者を解放し、私達は、すべてのその恐怖において、はっきりと国家に絶対の無神論(野蛮さの、そして最も血まみれの騒動の起源)の効果を示すであろう恐るべき社会的な大変動を引き起こします」。

「同時に征服されて、根絶されたキリスト教と無神論」。

この手紙の別の部分は1949年に発見されて、3回の世界大戦についてのどのグラフィックで概説された計画、および、少なくとも2つの革命。

最初の世界大戦は、共産主義の無神論がロシアで独裁の政府を破壊することを可能にすることになっていました。

これは遂行されました。

イスラエルが国家になるかもしれないように、2番目の世界大戦は、ナチズムを破壊し、シオニズムの運動を推し進めるためにドイツに対して英国を戦わすことから始めることになっていました。

これは遂行されました。

この戦争の後で、共産主義は、より弱い政府を引き継ぎはじめるのに十分に強くされることになっていました。

1945年に、トルーマン、チャーチル、およびスターリンの間のポツダム会談で、ロシアはヨーロッパのかなりの量を与えられて、それは、中国の中に共産主義を潮から掃き去ることに役立っていました。

計画はまた3番目の世界大戦を要求していました(それは、世界の残りを最終的な衝突に至らせて、互いを破壊するであろうシオニスト(イスラエル)とアラブ世界の間で侵略の上に点火することになっています)。

この衝突は、完全な社会の、政治的で、経済の混乱を生み出すためにたくらまれるでしょう;

出現します 啓蒙主義者コントロールされた世界政府 。

ウィリアムGuyカー(ゲーム(彼はまたアメリカの上の赤い霧を書きました)における彼の本質入れの中の辞めたカナダ海軍司令官)によると、彼は、短い時間の間、この手紙がロンドンの大英博物館ライブラリのディスプレイの上にあったと言いました(そこで、彼はそれのコピーを書きました)。

大英博物館は、彼らが決してそれらのコレクションにおいてそのような手紙を持っていなかったと伝えていました。

ホセ・マリア・カロルロドリゲス、サンチアゴの大司教、およびチリの緋色によって初公開されたフリーメーソンのミステリーと呼ばれる本からカーが情報を得たことは後で発見されました。

何人かの研究者は2番目の手紙を、不正であると信じて、言葉‘ファシズム’が1921年まで使われなく、アラブ民族/ユダヤ人の問題が1917年のバルフォア宣言の後まで存在していなかったので、ずっと最初の部分よりずっと後で書かれていました。

しかし、彼らが実にこれらのイベントを計画し、開始したならば、文書は非常にうまく本物であるかもしれません。

3月11日のマッツィーニの死の後で、1872年のカワカマスがアドリアーノLemmi(1822-1896、33級メーソン)(フィレンツェ、イタリアからの銀行家)に、ヨーロッパでそれらの破壊活動を動かすように命じました。

Lemmiは愛国者と革命家ジュゼッペ・ガリバルディのサポーターであり、パイクによって設立されたルシファーの社会でアクティブであったかもしれません。

7月14日に、1889年のカワカマスがこのステートメントを、パリで開催された世界の24の最高評議会に配付しました:

「私達が、あると群衆に言わなければならないそれ:」

‘私達は神を拝むけれども、それは、人が迷信なしで崇拝する神です’。

あなた(主権を有する雄大な検査官General(33番目の度の石工))に、私達はこれを言い、あなたが32番目、31番目、および30番目の度の同業者にそれを繰り返してさしつかえありません:

‘フリーメーソン宗教はそうであるべきであり、過ぎて、すべて、私達(高度の新入会者)について、ルシファーの主義の純粋さにおいて維持していました’。

明けの明星が神ではなかったならば、行為が科学のために彼の人、野蛮さ、および嫌悪の残酷さ、不誠実、および憎悪を証明するAdonay(または、エホバ(彼らが、使うのを避けたイスラエルの神)と関連している言葉‘神’のためのヘブライ人の‘主’)は彼を中傷するであろうか、Adonayと彼の聖職者はでしょうか?

はい、明けの明星は神であり、あいにく、Adonayはまた神です。

永遠の法律がそれであるので、絶対物が2人の神として存在することができるだけなので、シェードのないライトが全然なく、醜さのないどの美もなく、黒のないどの白もありません:

台座としてその箔として勤務することにライトに必要な暗闇は機関車に彫像とブレーキに必要です…

... 従って、悪魔主義の主義は異端です;

そして、真実で、純粋な哲学の宗教は明けの明星、Adonayの同等の人でその信念です;

「しかし、明けの明星(ライトの神、および善の神)はAdonay、暗闇の神、および悪に対して人間性に苦闘しています」。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR