FC2ブログ

金融背景 - 通貨管理の最初

FINANCIAL BACKGROUND - THE BEGINNING OF MONETARY CONTROL

FINAL WARNING: A HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER

金融背景 - 通貨管理の最初

最終的な警告:

新世界秩序の履歴


ナポレオンは言いました:「政府が銀行家へのお金を頼っている時に、政府のリーダーではなく彼らが状況をコントロールし、…、与える手が、取る手の上にあるので、財政家は愛国心なしで、そして体裁なしでです…」


カール・マルクスは共産党宣言の中で言いました:「歴史の流れを決定することについて、お金は最も大きな役割を果たします」.


The Rothschildsは、あなたがお金をコントロールする時に、あなたが基本的に他にすべてをコントロールすることを早く見つけ出しました。従って、それらの政治的な計画が挫折したが、彼らは、世界の財務体質のそれらの把握を厳格にすることに専念しはじめました。1700年の半ばにおいて、それらが、厳密に調節されて、どのような興味の支払いも必要としていなかった植民地受取証と呼ばれる彼ら自身のお金を出していたので、植民地は繁栄していました。

英国の銀行家がこれを聞いた時に、イギリス議会は、彼らによって出された借金のお金を受け取ることを彼らに強制して、通貨を禁止している法律を承認しました。

歴史が教えるものに反して、アメリカ革命は茶についての税金によって点火されませんでした。

ベンジャミンフランクリンによると、それは、「条件はとてもリバースされたので、繁栄の時代は終わりました」ためであったと彼は言いました:

「それが議会へのイギリス銀行家の悪い影響によって起こされた貧乏ではなかったならば、植民地は喜んで茶と他の問題についての小さな税金を負ったでしょう(それは植民地でイギリスと革命戦争の憎悪を起こしました)」。

1787年において、私達の新しい憲法は議会に、「お金を鋳造し、」英国が、破壊しようとした後に「価値それの(第1条、セクション8)」.を「調節する(、そして)」、および私達の新しい国の通貨をコントロールするパワーを与えて、議会は命令の危険を理解したか、紙幣は法律によって作成しました。

1775年において、紙幣は、戦争に資金提供するために出されて、独立国立法機関は、法定貨幣としてそれを認めることを市民に義務づけている法律を承認しました。

それが何からも作成されなく、どのような貴金属によっても支えられなかったので、インフレは発展しました。

終戦までに、11ドル硬貨を得ることは500紙幣ドルかかりました。

私達の祖先は記事I(米国憲法のセクション10)を書き込みました:

「どの状態も、どのような条約、同盟、または連合にも立ち入らないこととします;」

モデルと報復の手紙を与えます;

コインのお金;

信用状を放射します;

金と銀貨によるどのような物でも借金の支払いにおける付属船にします;

「私権喪失、遡及適用の法律、または契約の義務を害している法律のどのような法案でも可決するか、高貴さのどのようなタイトルでも与えます」。


アレグザンダー・ハミルトン、ヨーロッパ銀行家の光明会主義者、およびエージェントは英領西インド諸島のリーワード諸島上のネヴィスの英国の植民地から1772年における植民地に移住しました。

彼は将軍フィリップ・スカイラー(ニューヨークの最も有力なファミリーの人)の娘と結婚しました。

1789年において、彼は財務長官に任命されました。

ハミルトンとロバート・モリスは首尾よく、北アメリカの銀行が1781年において設立されることを可能にして、文字どおりにこのパワーを取らないことを新しい議会に納得させました(それはイングランド銀行に類似していました)。

その時、アメリカは12,000(スペイン、フランス、オランダ、およびドイツへの私益から借りられたお金の中)ドルの対外債務と42,000ドルの国内の借金をかかえていました。

1790年において、中心的なバンキングに賛成していたハミルトンは、国の金融情勢を処理するために出る通貨の唯一の責任を持つために私的に所有されている会社を借り切ることを議会に勧めました。

彼の計画は、議会がフィラデルフィアの本社によって中心的な銀行制度を作成することを要求し、より小さな枝は国じゅうに重要な都市に居住しました。

それは、国の成長に資金提供するために必要であったマネーサプライを増大させるために預金財政資金と徴税に、そして発券銀行注に慣れているでしょう。

この合衆国銀行は1000万ドルの資本金計画を持つであろうし、4/5のによって、そうであることは米国政府によって個人投資家と1/5によって所有しました。

株主によって選ばれることは20の社長と25の取締役会によって管理されるであろうし、5は政府によって任命しました。

彼がイングランド銀行のためにチャーターを得た時に、中心的なバンキングは1691年における国際銀行家ウィリアム・パターソンによって開始されました(それはイギリスのお金のコントロールを、冠に銀行融資のセキュリティに対して要求に応じて支払手形を出す権利を持っていた私的に所有されている会社に入れました)。

それらの最初のトランザクションの1回は、王がフランスのルイ14世との彼の戦争のコストを支払うのを手助けするために8%の利率の120万ポンドをオレンジのウィリアムに貸すことになっていました。

パターソンは言いました:

「それが何もないところから作成するすべてのお金の上の興味の銀行の利点」とレジナルド・マッケンナ、英国大蔵大臣(または宝庫)は230年後言いました:

「銀行はお金を作成することができます、…」

「そして、国家のクレジットをコントロールする彼らは政府の方針を指示し、掌中で、人々の運命を保持します」。

彼が書いた時に、中心的なバンキングを望むためのハミルトンのエリート見解と現実の目的は明るみに出ました:

「すべてのコミュニティは自身を少数と多くに分割します」。

1番目が豊かであることとよく戦うこと、他大部分の人々。

人々は荒天で、変わっています;

「彼らはほとんど右を判断しないか、決定します」。


1791年において、ジェファーソンは言いました:

「私達の独立を維持するために、私達は私達のルーラーに永久の借金によって私達をロードさせてはなりません」。

私達が、そのような借金、私達(その時、するでしょう)をするならば、私達の必需品の中と私達の慰めの中で、私達の労働において、そして私達の娯楽において私達の肉と私達の飲み物の中で課税されます。

.、「私達が、彼らにとって、彼ら(意志)が幸福であることを気にする見せかけの下で政府が人々の労働を荒廃させることを妨げることができるならば」、トーマス・ジェファーソンとジェイムズ・マディソンで(後で私達の第4代大統領、1809-17です)が法案に反対しても、ワシントンは2月25日の法律、1791年中にそれにサインしました。

アレグザンダー・ハミルトンは非常に金持ちになりました。

彼とエアロン・バーはニューヨーク市でマンハッタン社を設立するのを手伝いました(それは非常に繁栄した銀行に発展しました)。

それは後でワールブルク・クーン・ローブの利益によってコントロールされるであろうし、1955年に、Chase Manhattan Bankを作成するために、それはロックフェラーの追跡銀行と合併しました。

ジェファーソン(1801-09)が大統領になった時に、彼は憲法違反であることとして銀行に反対し、20年のチャーターが1811年における更新のために現れた時に、それは否定されました。

ネイサン ロスチャイルド(イギリスのファミリー銀行の頭)はアメリカの可能性を認めていて、少しの州に貸付金を作り、実のところ、米国政府のために公式なヨーロッパ銀行家になりました。

彼が合衆国銀行をサポートしたので、彼の恐れがありました:

それから、「チャーターの更新のためのアプリケーションは与えられるか、米国はとても悲惨な戦争に居るでしょう」.彼は英国の軍が、「レッスンをこれらの生意気なアメリカ人に教える」ように命令しました。

「植民地のステータスにそれらを返します」(1812年の戦争、イギリスとの私達の2番目の戦争の上に至ったこれ(それは合衆国銀行の再チャーターを容易にしました))。

戦争は4500万ドルから1億2700万ドルまで私達の国債を上げました。

ジェファーソンは、ジェイムズ・モンロー(後で、私達の第5代大統領、1817-25としてつとめていました)に1月、1815年に手紙を書きました:

ジョン・タイラー(私達の第10代大統領、1841-45になりました)に、1816年において、「…、銀行が私達の市民の精神の上で得た支配権は壊れていなければならないか、それは私達を壊すでしょう」とジェファーソンは書きました:

「アメリカ人がいつか、プライベートバンクが最初にインフレによって、それからデフレーションによってそれらの通貨の分配をコントロールすることを可能にするならば、彼らの子供が、彼らの父が征服した大陸上のホームレスを起こすまで、それらのまわりで成長するであろう銀行と企業はすべての特性を人々から奪うでしょう…」

私は、銀行が私達の特権に常備軍より危険であると信じます…

「出るパワーは銀行から取り去られて、政府に回復するべきです(それはそれに適切に付属しています)」。

5月10日、1816年にジェイムズ・マディソン大統領が請求書にサインしました(それは2番目の合衆国銀行を作成しました)。

インフレ、重い借金、および税金を徴集するエンティティの不稼働率はその再チャーターのために与えられた理由のいくつかでした。

新しいチャーターは、それがあと20年動作することを可能にし、3500万ドルまでその資本金を上げて、5.00ドルより全然小さくない名称によって銀行支店の作成と紙幣の発行を認可しました。

新しい銀行は今や、.The銀行が、ジョン・ジェイコブ・アスター、ステファン・ジラール、およびデイビッドParish(ファミリーのウィーン分家のためのロスチャイルドエージェント)のような国際銀行家‘看板役’を通して啓蒙主義者によって動くことであった「国の財政構造全体をコントロールする」パワーを持っていました。

1819年において、銀行は、議会が、銀行を作成する暗示されている権限を持っていると言った最高裁判所裁判官ジョン・マーシャル(石工)によって憲法と宣言されました。


人々は、銀行がどれくらいパワーを本当に持っていたかをわかりはじめて、有権者の反発は1828年における大統領としてアンドリュー・ジャクソンの選挙を引き起こしていました。

彼のスローガンは以下の通りでした:

「人々に支配させます」とジャクソンは主張しました:

「議会が、紙幣を出す憲法の下の権利を持っているならば、それは、個人にまたは企業に委任されるためではなくひとりで使われるために彼らに与えられました。」ジャクソンは、支配的な1828年間の、中央銀行「最初に人々の大きな体の労働と収益に関してのそのコントロールを取得することによって多くの政治的な指導の上で少しによって行使されるでしょう。」のコントロールがキャンペーンをすると言ったとジャクソンは銀行家のグループの前でアドレスの中で言いました:

「あなたは毒蛇のほら穴です」。

「私は、あなたを掘り出すつもりで、永遠の神によって、私はあなたを掘り出します」.彼は続けて言いました:

そのような銀行が、「私達の公的なお金を受け取っていて、依存において数千人の私達の市民を押さえている私達の通貨、それは敵の海軍の、そして軍事力より威嚇的で、危険でしょう…」をコントロールし続けるならば、「人々がただ私達の金融システムの繁茂した不正を理解していたならば、革命が朝の前にあるでしょう」.ジャクソンはそれを言いました。

その最初の大統領、前の海軍長官、ウィリアム・ジョーンズ指導者による会計の管理誤りの後で、銀行は、貸付金を呼ぶことを強制されて、抵当を抵当流れ処分にしました(それは破産、価格崩壊、失業、および不況を起こしました)。

しかし、銀行は、その現在のチャーターが期限切れになる4年前に、1832年における銀行のチャーターの更新を議会に請願したその新しい大統領、ニコラス・ビドル(1786-1844)財政家の下で茂りはじめました。

新しいチャーターのためのビルは上院、28-20、および議会107-85の前を通り、誰もが、どのようにジャクソンが感じたかを知っていました。

脅迫されたビドル:

「ジャクソンが万一それを拒否するならば、私は彼を拒否します!」ジャクソンはチャーターを拒否し、1832年において銀行を廃止しました。

彼は財務長官が、米国銀行からすべての政府預金を取り除き、それらを国営銀行に預けるように命令しました。

1月8日、1835年のジャクソンが私達の国債の上の最終的な分割払いを清算し、もう私達の国債が0に減らされたという歴史における唯一のころであり、私達は、過剰(どれがアメリカに分配されたかの3500万ドル)を蓄積することができました。

ニコラスP.トリスト、大統領の秘書は言いました:

「これは、A.J.’sライフおよびこれまで彼が彼の国に与えたことがある最も重要なサービスの冠している栄光です。」 ボストンポストは、お金チェンジャーを寺院から追い出すことをキリストと比較しました。

ジェームズK.ポーク、下院議長(後で、1845年において第11代大統領になりました)は言いました:

「合衆国銀行は自身を政府の大きな無責任なライバルの能力と称しました」。

銀行は、1836年まで動作し続けて、それは、貸付金を減らし、お金の量を増大させることによって経済をめちゃくちゃにするためにビドルによって使われました。

ジャクソンは、3月、1834年にされた、非難される米国の最初の大統領になり、.「連邦議会の明確な認可なしで合衆国銀行から政府の預金を取り除くため」、彼が銀行の「乱用と堕落」のためそれをしたことはまったく明らかで、非難は後で1837年における上院によってリバースされました。

銀行家は、銀行を復活させる彼らの試みを続けていました。

ジョン・タイラー大統領は、合衆国銀行を再チャーターしたであろう1841年における2つの法案を拒否しました。

1837年において、Rothschildsはそれらのエージェントの別の1人をアメリカに送りました。

彼の名前は8月ベルモント(実名、8月のショーンバーグ、フランクフルト、ドイツのセリグマン家のいとこ)でした。

15歳の子供としての1829年において、彼はフランクフルトの銀行のために働き始めて、自身を、金融の天才であると証明しました。

1832年において、彼はナポリの銀行に昇進したので、彼は国際バンキングに完全に組み込まれることができました。

彼は英語、フランス語、およびイタリア語に堪能になりました。

彼の任務は、南の銀行の中で財政難をかきたてることでした。

彼はニューヨーク市で銀行を経営し、国債を買うことによって、金融界の中で自身に大物というレッテルを貼り、後で、社長に財務顧問になりました。

1857年において、アメリカの運命を決めるために、啓蒙主義者はロンドンで会いました。

彼らは、中央銀行の設立を許すであろう出来事を作成する必要があり、戦争が高価で、政府が、彼らの分を払うために借りる必要があるので、それは、戦争である必要がありました。

前の年にテキサスでのサンタ・アナの敗北によって証明されているように、カナダとメキシコは十分に強くありませんでした;

イギリスとフランスはずっと遠くすぎて、ロシアはそれらのコントロール下にありませんでした;

従って、彼らは、北と南の間で衝突を興奮させることによって「分かれて、征服する」と決めました。

北は、カナダに付加されて、ライオネル・ロスチャイルドによってコントロールされて、英国植民地になることになっていました;

南が、フランスのナポレオンIIIに与えられて、ジェームズ・ロスチャイルドによってコントロールされることになっている間。 組合から南の脱退を引き起こすであろうムーブメントを開始するために、問題として奴隷制度を使って、人種間の緊張状態から広げるために、啓蒙主義者は、1854年においてジョージW. L. Bickleyによって結成されたナイツ・オブ・ザ・ゴールデン・サークルを使いました。

戦争時間メンバーは、ジェファソン・デイヴィス、ジョン・ウィルクス・ブース、およびジェシー・ジェイムズ(1847-1882、銀行と採掘会社から金を盗んだ後に、2番目の内戦に出資する希望における西の州の至る所で、それのほぼ70億ドルを埋めた石工)を含みました。

1867年において結成されたクー・クラックス・クランはナイトの軍隊のアームでした。

離脱した州はアメリカ連邦の中に結束しました(それは、彼らがそれらの独立を維持していて、南が勝つならば、各状態が独立国に似ているであろうということを意味していました)。

エイブラハム・リンカンは、「平時政府の普通の機械によって抑制されるには強力すぎる組み合わせは様々な南の州のコントロールを請負いました」.彼が出荷されることからの供給品をヨーロッパから保持するために封鎖された海岸のポートを持っていたことを人々に知らせました。

ベルモント使者August、ジェイ・クック(ヨーロッパで組合債券を売るためにベルモントと打ち合せして、債券発行を売ることを委任されました)、J.、およびW.セリグマンと会社とスパイヤー&Co.を通して、Rothschildsは北に資金提供しました。

ルイジアナのスライデル、ベンジャミン、およびコンラッドの法律事務所のユダP.ベンジャミン(1811-84)は、1862年において同盟のための国務長官になったロスチャイルドエージェントでした。

彼の法律パートナー、ジョン・スライデル(8月ベルモントの妻のおじ)はフランスへの南軍の使節でした。

Rothschildsと関連していて、彼らの代行をしたフランクフルトで、スライデルの娘はフレデリックD´Erlanger男爵と結婚していました。

スライデルは、同盟に資金提供するために、お金をD´Erlangersから借りた南の担当者でした。


1861年の終わりごろに、イギリスは8,000人の軍をカナダに派遣し、1862年において、メキシコがそれらを借りている借金に積もるために、イギリス、フランス、およびスペインの軍はたぶんベラ・クルス、メキシコで上陸しました。

4月、1861年に、ロシアアメリカ大使は彼の政府を勧めました:

30,000人の追加のフランス軍の助けを持つ6月10日に、「イギリスは、離脱されたものが述べて、フランスが彼女について行くであろうと認める最初の機会を利用するでしょう」.、1863年(フランスの一般的なエリ・フレデリックフォレー)はメキシコシティを引き継ぎ、国のほとんどをコントロールしました。

パリとロンドンの彼の担当者を通して、ロシアの旧ロシア皇帝アレクサンドル二世は、彼が北を背景として彼の軍を派遣するならば、同盟者がルイジアナとテキサスの州をナポレオンIIIに提供したと気づきました。

ロシアは、すでにリンカーンへのそれらの支持を示すけれども何かにもっと、国を防御するためにそれらの大きな海軍を行かせてほしかった。

1月1日に、ちょうど、親善(スレーブを解放するために彼の奴隷解放宣言を出されたリンカーン)の身振りとしての、皇帝としての1863年は1861年における農奴でしました。

9月8日、リンカーン大統領の要求の1863年、および国務長官ウィリアムH.スーアードに、アレキサンダーはロシア群団をサンフランシスコとニューヨークに送り、「どのようなパワーとでも戦い、エイブラハム・リンカンからだけそれらのオーダーを受ける用意ができています」をそれらに命じました。

リンカーンは言いました:

「お金を作成し、出す特権は政府の最高の特権であるだけでなく、政府の最も大きな創造的な機会です」。

2月と3月、1862年と3月1863年に、「これらの原則の採用によって、納税者は興味の保存された巨大な合計になるでしょう」.、リンカーンは、南北戦争の代金を払うために債券または‘ドル紙幣’を彼らに売ることによって4億5000万ドルを人々から借りるために議会の承認を受け取りました。

3が銀の中のものと交換されることができた時に、それらは1865年まで買い戻しできませんでした。

彼らは1879年において完全な法定貨幣にされました。

従って、リンカーンは国際銀行家の助けなしでアメリカの通貨危機を解決しました。

ロンドンは時後でリンカーンのドル紙幣に関して言いました:

「その国の遅い戦争中に北アメリカ共和国にその起源を持っていたそのいたずらな財政政策が据え付け品まで硬化するならば、その政府はコストなしでそれ自身のお金を提供するでしょう」。

それはその借金を清算し、借金なしでであるでしょう。

それは世界の文明化した政府の歴史における先例を越えて繁栄するでしょう。

脳と諸国の富は北アメリカに行くでしょう。

「その政府は破壊されなければならないか、それは地球の上のすべての君主国を破壊するでしょう」。

ビスマーク、ドイツ首相はリンカーンのまわりで1876年において言いました:

「彼は、米国の‘債券’をそれに売ることによって人々から借りる権利を議会から得ました…と、政府と国家は外国の財政家のプロットを免れました」。

彼らは、米国がそれらのグリップを免れるであろうとすぐに理解していました。

「リンカーンの死は決められました」。

リンカーン管理の前に、私的な商業銀行は、国の紙幣と呼ばれる紙幣を出すことができたけれども、それは1863年の全国的な銀行法によって終わりました(それは、州がお金を作成することを禁止しました)。

買い戻しできる通貨を廃止するために、連邦準備法の前兆、それは動きを開始しました。

プライベートバンクのシステムは、それらに、国立銀行券を出す認可を与えるであろう連邦政府からチャーターを受け取ることになっていました。

これは銀行に、財源と国のクレジットをコントロールするパワーを与えて、戦争の時に連邦のコントロール下で集中化したバンキングを提供しました。

国際銀行家、破壊された172の国営銀行、177のプライベートバンク、47の貯蓄機関、13の信託銀行、および16の抵当金融会社によって作成された金融恐慌。

リンカーンの下の財務長官(1861-64)は、「全国的な銀行法の通路を促進することにおける」彼の役割が「私の人生の最も大きな金融の誤りである」と公然と言いました。

それは、国へのすべての興味に影響する独占を増強しました。

「それは廃止されるべきであるけれども、それが遂行されることができる前に、人々は、私達がこの国で前に一度も見たことがないようなコンテストにおいて一面と他の銀行家の上で配列されるでしょう」。

リンカーンは言いました:

「お金のパワーは平和の時に国家を苦しめていて、逆境の時にそれに共謀します」。

それは君主政治より専制的で、専制政治より横柄で、官僚制より利己的です。

私は近い将来危機が近くなるのを見ます(それで私の気力をなくさせて、私に、私の国の安全に気をもませます)。

企業はあがめられていて、高い場所の堕落の時代は続くであろうし、国のお金パワーは、富が少しの手で集められて、共和国が破壊されるまで人々の先入観で働くことによってその治世を延長することに努力するでしょう…

「私はちょうど戦争の中央の前、中のさえ私の国の安全についてのこれまでより多くの不安を感じます」。

4月14日に、1865年のリンカーンがジョン・ウィルクス・ブースによって撃たれて、その同じ夕方、彼の仲間の共謀者による成功しなかった試みはスーアードのライフの上でされました。

1866年において、試みは、旧ロシア皇帝アレクサンドル二世を暗殺するためにされて、1881年において、皇帝は爆発爆弾によって殺されました。


ブースの幹の中で、コード化されたメッセージは見つかり、そのコードへのキーはユダ・ベンジャミンの所有物の間で見つかりました。

ベンジャミンはイギリスに逃げました(そこで、彼は死にました)。

リンカーンの死が大規模な共謀の結果であったことはいつも知られていました。

しかし、誰も、それがどれほど深く、遠く達していたかを理解しませんでした。

1974年に、研究者は、手紙が、スタントンに書かれるか、彼によって傍受された共謀隠蔽を説明するのをエドウィンM.スタントン、リンカーンの陸軍長官の書類の間で発見しました。

彼らはまた、ブースの日記から削除された18ページを見つけました(それは、リンカーンを誘拐するブースの原案に直接または間接的に関係していた70人の人々(コードの中のいくつか)の名前を明らかにしました)。

共謀(チャールズA.デーナ(戦争(そして啓蒙主義者のメンバー)の次官補))におけるスタントンの関与のほかに;

そして、トーマス・エッカート少佐(戦争省の電信局のチーフ)はまた関係していました。

ラフィエットC.ベーカー大佐(全国的な探偵の警察、詳細なリンカーンの誘拐と暗殺の共謀、およびその後の隠蔽のチーフ)によるジャーナルとコード化された書類。

プロットはメリーランドの農夫のグループを含みました;

ジェファソン・デイヴィス(同盟の社長)とユダ・ベンジャミン(南軍の陸軍長官と国務長官)を含む同盟者のグループ;

ジェイ・クック(フィラデルフィア財政家)(ヘンリー・クック(ワシントンD.C.銀行家)(サーロウWeed(ニューヨーク新聞出版社)))を含む北バンキングと産業の興味のグループ;

そして、南を望んでいなかった根本的な共和党員のグループは州として北によって再結合したけれども、軍隊領として彼らをコントロールしたく、オハイオの上院議員ベンジャミン・ウェード、ミシガンの上院議員ゼカリヤ・チャンドラー、およびカリフォルニアの上院議員ジョンConnessを含みました。

これらのグループのすべてはそれらの力を合わせていて、ジョン・ウィルクス・ブース俳優、南軍の愛国者を使いました。

原案はリンカーン、副大統領アンドリュー・ジョンソン、および国務長官スーアードの誘拐を要求していました。

全国的な探偵の警察はそれらの計画を発見し、スタントンに知らせました。

1月18日の間計画されて、1865年、誘拐試みは失敗しました。

ジェームズ・ウィリアム・ボイド指導者、同盟のための諜報部員、および古い米国国会議事堂刑務所の捕虜は、囚人の活動を報告するためと悪徳護衛者を告発するために全国的な探偵の警察によって使われました。

彼はブースと似ているように見えて、皮肉にも、同じイニシャルを持っていました。

スタントンは彼をリリースさせて、ボイドは共謀の北の終わりを引き継ぎました(それは警察と戦争省が参加しました)。

北は、リンカーンを殺したかった一方、ブースは、彼を誘拐し、南軍の捕虜をリリースさせるためにてことして彼を使いたかった。

ブースは2回3月に失敗し、それから、フォード劇場でリンカーンを放射するのを最終的にしました。

ボイドは、彼が巻き込まれることができたことを警告されて、メリーランドに逃げることを計画しました。

彼は、彼がしなかったスーアードを攻撃することで非難されました。

ボイドは、ギャレットの農場で撃たれて、ブースと認定された人でした。

警察とスタントンは、それがブースであったことが国家に発表された後に、それが本当にボイドであったと気づきました。

ボイドの死体のとられた唯一の写真はスタントンのコレクションにおいて発見されました。

ボディは古いアーセナル刑務所にCol.ラフィエット・ベーカーによって取られました(そこで、それはコンクリートフロア未満で未知の場所で埋蔵されました)。

パン焼き職人と探偵ルーサーとアンドリューはぶらぶらし、事件が閉まらなかったと知っていて、ブースを、彼が話すことを妨げると気付く必要がありました。

彼らはニューヨークに、そして後でカナダ、イギリス、およびインドに彼の跡をたどりました。

彼は申し立てによると彼の死を偽造し、米国に戻りました(そこで、アニド、オクラホマ中で、彼は彼の臨終に臨んで彼の真実のアイデンティティを明らかにしました)。

死体を埋める代わりに、呼び出された葬儀屋はそれを保存させて、それは今日まだ存在しています。

ベーカーは、軍隊から、そして1866年におけるシークレットサービスのトップとして除隊されたスタントンとの関係を打ち切りました。

彼は、ブースの日記をスタントンに、そして別の機会に配達して、1867年において、彼の本の中で、米国シークレットサービスの歴史は、それが彼の所有であった時に、日記がそのままであったと証言したと認めていました。

これは、ページが彼のコレクションにおいて発見されたので、スタントンが、隠蔽を容易にするためにページを削除したことを意味しています。

大統領になったアンドリュー・ジョンソンは、国と再合同するために5月29日のアムネスティ宣言、1865年を出しました。

それは、南が負われていた負債に責任がないであろうし、すべての脱退法が、終わることになっていて、奴隷制度が、廃止されることであったことを規定しました。

言うまでもなく、重く、南に出資したRothschildsはたくさんのお金を失いました。

さらに、ロシア群団のサポートのコストは国に約720万ドルかかりました。

ジョンソンは、お金を外国の政府に与えるために憲法の権限を持っていなかったので、手配は、4月のロシア人からのアラスカ、1867年を購入するためにされました。

実のところ、それがロシア海軍に対する補償であった時に、スーアードが、その時、無価値の土地であったものを購入したようであったので、それは‘スーアードの愚行’としてラベルを付けて分類されました。

8月、1867年、スタントンをオフィスから追放する試みにおいて失敗したジョンソン、および弾劾手続きは彼に対して2月、1868年にスタントンと根本的な共和党員によって開始されました。

ジョンソンは、議会に対する反逆罪と国家のリーダーとしての公的な言語「無作法と不穏当」のために上院承認なしでスタントンを解雇してみた罪で告発されました。

上院議員ベンジャミンF.ウェード(上院の一時的な社長)は、大統領の連続のラインの中で次に、ジョンソンが告発されるであろうし、彼がすでに彼のキャビネットを選ばせたとそう確信していました。

スタントンは、彼の財務長官であることになっていました。

5月26日の票は、ジョンソンを告発するために必要であった必要3分の2からの35-19、1の不足でした。

Col. 彼が1868年において死ぬまで、共謀を明らかにすると脅したラフィエット・ベーカーはゆっくり食中毒にかかりました。


ジェームズA.ガーフィールド大統領(私達の第20代大統領)はまた銀行家によって提出された危険を理解し、言いました:

「国家のお金をコントロールし、その国家をコントロールする誰か」彼は、でも彼の大統領任期の最初の年の1881年間において暗殺されました。

1877年において、Lampasas郡、テキサスで、農夫のグループは、後で農夫同盟に改名された「数の手の中に集中的な」財力について心配していた信頼のナイトを呼ばれたグループを結成し、それはテキサス中で120章に広がり、1887年によって、動きはDakotasと南北カロライナと同じくらい遠く東まで伸びました。

1890年がまわりに転がった時には、この人民党員哲学は、自身を設立することに成功し、彼らは知事と下院議員を選びました。

彼らは累進所得税を主張しました;

連邦政府によって調節される鉄道、通信、および企業のために;

労働組合を設立する権利;

そして、物価低下を安定させる政府調停とクレジットプログラムの開始。

彼らは金本位制と国の私的な銀行制度に反対でした(それはウォール街に集中しました)。

彼らは、経済のクレジットニーズを満たすために適応するその能力のためリンカーンの‘ドル紙幣’によって感銘を与えられました。

彼らはマネーサプライに、ウォール街の貨幣利子ではなくそれらの選ばれた代表によってコントロールされてほしかった。

彼らは国民党を作成し、1892年において彼ら自身の独立な大統領候補を走らせました。

そして、1896年において、人民党員の動きを効果的に終えて、マッキンレーに負けた民主主義者ウィリアム・ジェニングズ・ブライアンのキャンペーンに、彼らはそれらのワゴンを急に引っ張りました。

結局、連邦準備法になったもののために、この政治的な動きは初期のstirringsを作成しました。

Napoleon said: “When a government is dependent for money upon the bankers, they and not the leaders of the government control the situation, since the hand that gives is above the hand that takes ... financiers are without patriotism and without decency...” Karl Marx said in the Communist Manifesto: “Money plays the largest part in determining the course of history.” The Rothschilds found out early, that when you control the money, you basically control everything else. So, while their political plans were being thwarted, they began to concentrate on tightening their grip on the financial structure of the world.


In the mid 1700’s the Colonies were prospering because they were issuing their own money, called Colonial Scrip, which was strictly regulated, and didn’t require the payment of any interest. When the bankers in Great Britain heard this, the British Parliament passed a law prohibiting the currency, forcing them to accept the debt money issued by them. Contrary to what history teaches, the American Revolution was not ignited by a tax on tea. According to Benjamin Franklin, it was because “the conditions were so reversed that the era of prosperity ended.” He said: “The Colonies would gladly have borne the little tax on tea and other matters had it not been the poverty caused by the bad influence of the English bankers on the Parliament, which has caused in the Colonies hatred of England and the Revolutionary War.”


In 1787, our new Constitution gave Congress the power to “coin money, (and) regulate the value thereof (Article 1, Section 8).” After Great Britain tried to destroy and control the currency of our new country, Congress realized the danger of fiat, or paper money created by law. In 1775, paper money had been issued to finance the war, and independent state legislatures passed laws requiring citizens to accept it as legal tender. Since it was created from nothing, and not backed by any precious metal, inflation developed. By the end of the war, it took 500 paper dollars to get one silver dollar. Our forefathers wrote in Article I, Section 10, of the U.S. Constitution: “No State shall enter into any treaty, alliance or confederation; grant letters of marque and reprisal; coin money; emit bills of credit; make any thing by gold and silver coin a tender in payment of debts; pass any bill of attainder, ex post facto law, or law impairing the obligation of contracts, or grant any title of nobility.”


Alexander Hamilton, an Illuminist, and agent of European bankers, had immigrated to the colonies in 1772 from the British colony of Nevis, on the Leeward Islands in the British West Indies. He married the daughter of Gen. Philip Schuyler, one of the most influential families of New York. In 1789 he was appointed Secretary of the Treasury. Hamilton and Robert Morris successfully convinced the new Congress not to take this power literally, enabling the Bank of North America to be established in 1781, which was similar to the Bank of England. At the time, America had a foreign debt of $12,000 (in money borrowed from Spain, France, Holland, and private interests in Germany), and a domestic debt of $42,000.


In 1790, Hamilton, who favored Central Banking, urged the Congress to charter a privately owned company to have the sole responsibility of issuing currency, in order to handle the country’s financial situation. His Plan called for Congress to create a Central Banking system, with a main office in Philadelphia, and smaller branches located in important cities throughout the country. It would be used to deposit government funds and tax collections, and to issue bank notes to increase the money supply needed to finance the country’s growth. This Bank of the United States would have a capital stock plan of $10 million, with 4/5’s to be owned by private investors, and 1/5 by the U.S. Government. It would be administered by a President, and 25 Board of Directors, with 20 to be elected by the stockholders, and 5 appointed by the government.


Central Banking was initiated by international banker William Paterson in 1691, when he obtained the Charter for the Bank of England, which put the control of England’s money in a privately owned company which had the right to issue notes payable on demand against the security of bank loans to the crown. One of their first transactions was to loan 1.2 million pounds at 8% interest to William of Orange to help the king pay the cost of his war with Louis XIV of France. Paterson said: “The bank hath benefit of interest on all monies which it creates out of nothing.” Reginald McKenna, British Chancellor of the Exchequer (or Treasury), said 230 years later: “The banks can and do create money ... And they who control the credit of the nation direct the policy of governments and hold in the hollow of their hands the destiny of the people.”


Hamilton’s elitist views and real purpose for wanting Central Banking came to light, when he wrote: “All communities divide themselves into the few and the many. The first are rich and well-born, the other the mass of the people. The people are turbulent and changing; they seldom judge or determine right.”


In 1791, Jefferson said: “To preserve our independence, we must not let our rulers load us with perpetual debt. If we run into such debts, we (will then) be taxed in our meat and our drink, in our necessities and in our comforts, in our labor and in our amusements. If we can prevent the government from wasting the labor of the people under the pretense of caring for them, they (will) be happy.” Even though Thomas Jefferson and James Madison (later to be our 4th President, 1809-17) opposed the Bill, Washington signed it into law on February 25, 1791. Alexander Hamilton became a very rich man. He and Aaron Burr helped establish the Manhattan Co. in New York City, which developed into a very prosperous banking institution. It would later be controlled by the Warburg-Kuhn-Loeb interests, and in 1955 it merged with Rockefeller’s Chase Bank to create the Chase Manhattan Bank.


When Jefferson (1801-09) became President, he opposed the bank as being unconstitutional, and when the 20 year charter came up for renewal in 1811, it was denied. Nathan Rothschild, head of the family bank in England, had recognized America’s potential, and made loans to a few states, and in fact became the official European banker for the U.S. Government. Because he supported the Bank of the United States, he threatened: “Either the application for renewal of the Charter is granted, or the United States will find itself in a most disastrous war.” He then ordered British troops to “teach these impudent Americans a lesson. Bring them back to Colonial status.” This brought on the War of 1812, our second war with England, which facilitated the rechartering of the Bank of the United States. The war raised our national debt from $45 million to $127 million.


Jefferson wrote to James Monroe (who later served as our 5th President, 1817-25) in January, 1815: “The dominion which the banking institutions have obtained over the minds of our citizens ... must be broken, or it will break us.” In 1816, Jefferson wrote to John Tyler (who became our 10th President, 1841-45): “If the American people ever allow private banks to control the issuance of their currency, first by inflation, and then by deflation, the banks and the corporations that will grow up around them will deprive the people of all property until their children wake up homeless on the continent their father’s conquered ... I believe that banking institutions are more dangerous to our liberties than standing armies ... The issuing power should be taken from the banks and restored to the Government, to whom it properly belongs.”


On May 10, 1816, President James Madison signed the Bill, which created the second Bank of the United States. Inflation, heavy debt, and the unavailability of an entity to collect taxes, were some of the reasons given for its rechartering. The new charter allowed it to operate another 20 years, raised its capital stock to $35 million, authorized the creation of bank branches, and the issuing of notes with denominations no smaller than $5.00. The new bank now had the power “to control the entire fiscal structure of the country.” The bank was run by the Illuminati, through such international banker ‘front men’ as John Jacob Astor, Stephen Girard, and David Parish (a Rothschild agent for the Vienna branch of the family).


In 1819, the Bank was declared constitutional by Supreme Court Justice John Marshall (a Mason), who said that Congress had the implied power to create the Bank.


People began to see how much power the Bank really had, and the voter backlash led to the election of Andrew Jackson as President in 1828. His slogan was: “Let the people rule.” Jackson maintained: “If Congress has the right under the Constitution to issue paper money, it was given them to be used by themselves, not to be delegated to individuals or to corporations.” Jackson said that the control of a central bank “would be exercised by a few over the political conduct of the many by first acquiring that control over the labor and earnings of the great body of people.” During the 1828 presidential campaign, Jackson said in an address before a group of bankers: “You are a den of vipers. I intend to rout you out and by the Eternal God I will rout you out.” He went on to say: “If the people only understood the rank injustice of our Money and Banking system, there would be a revolution before morning.” Jackson said that if such a Bank would continue to control “our currency, receiving our public monies, and holding thousands of our citizens in dependence, it would be more formidable and dangerous than the naval and military power of the enemy...”


~省略~

スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メキシコ 観光

ブログ読みました。参考にします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR