FC2ブログ

株式市場の暴落と不況

THE STOCK MARKET CRASH AND DEPRESSION



どの中央銀行も造られないであろうウィルソンの誓約の後で、フーバーは永久的な繁栄を約束します:

「私達は、まだゴールに到着しているのでなく最近の8年の方針によって前に行くチャンスを与えて、私達はすぐ神の助けによって、貧乏が国家から追放されるであろう日の見えるところにいます」。

従って、大統領として共和党の指名を認めている彼のスピーチにおいて1928年8月12日にハーバート・フーバーを言いました。

フーバーは最も中流の人々のために話しました。

彼らは、無限の十分のアメリカン・ドリームが実現に近かったと思いました。

南北戦争の間に増進しはじめた巨大な産業機械は大量生産のすばらしい高所に到着しました。

組み立てラインは百万によって製品を注いだ一方、それらを買うために、広告は消費者を刺激しました。

当事者、アイスボックス、およびうば車から、国は浴室、電気冷蔵庫、および自動車の新しい時代の中にほとんど一夜で動きました。

洗濯機、電気掃除機、および電話機は、ライフをより容易で、より便利にすると約束しました。

手製の娯楽はラジオと映画に譲歩しました。

アメリカビジネスとアメリカ販売術は永久的な繁栄に急いで行っている急行列車に乗って国家を置きました。

1


不況を計画するために、連邦準備制度理事会は1920年5月18日に秘密の会合を催しました。

大きな銀行は、株を、1919年の138.12の最高水準から1921年の66.24の最低水準に落ちさせて、貸付金を呼びはじめました。

国債の価値が落ちた時に、彼らは、いっそうより多くの貸付金を呼ぶことを強制されました。

数千人の銀行の顧客が彼らのメモを支払うことができなかった時に、銀行は彼らの財産をつかみました。

1922年の後に、利益は上がり、それらの準備より10倍多く貸す連邦準備銀行の能力によって、クレジットは容易に得られました。

1923年から1929年まで、80億ドルは赤字からスライスされました。

準備はマネーサプライを62%拡張し、この余分なお金は、株式市場をすばらしい高さまで言うために使われました。

メディアは、株式市場から作られる莫大な利益があったと公表しはじめました。

この押しは、ブームを可能にし、後で財政危機を招こうとしていた1926年の国際銀行家のミーティングで計画されました。

1928年に、ドルの購買力の安定の上の家ヒアリングは、連邦準備制度理事会が、彼らが、主要な衝突であるかもしれないと信じたものを計画するために1927年の秘密の昼食で様々なヨーロッパ中央銀行の頭と出会ったと明らかにしました。

1929年2月6日に、その後、モンタギュー・ノーマン、イングランド銀行の会長は、アンドリュー・メロン、財務長官と合流する米国に来て、ポール・ワールブルクが、1929年3月の秘訣(何で、それを金と銀に再投資して、未来が株式市場の外で彼らのお金を保持したか、取ってきたかを知っていた啓蒙主義者メンバー)を出した後に、準備は、割引率を引き起こすことによる、そして次の数ヶ月の間のその金融政策をリバースしました。

衝突の前の年に、500の銀行が倒産しました。

1929年10月24日に、ニューヨーク金融機関は、貸付金を清算するためにこっけいな低価格で株を売却することをそれらの顧客に強制して、それらの貸付金を呼びはじめました。

株価は90%低下し、米国証券は260億ドルを失いました。

数千のより小さな銀行と保険会社は破産し、百万長者であった人々は現在一文無しでした。

1929年から1933年までの衝突の後に不況を長引かせるために、準備は、3分の1によってマネーフローを減らしはじめました。

大恐慌は、それが知られたので、お金を人々から取り去るためと彼らをルーズベルトのその後のニューディールプログラムを通して政府に依存させるために啓蒙主義者によって設計されました。

ルイスT.マクファデン下院議員、家バンキングの会長、および通貨委員会は言いました:

「それは全然事故ではありませんでした」。

それは慎重に考案された出来事でした…

「国際銀行家は、ここで絶望の条件を引き起こすことに努めたので彼らが私達すべてのルーラーとして出現するかもしれません」。

制限された範囲まで、この同じ方法は、1937年,1948年,1953年,1956年,1960年,1966年,1970年と1979年に小さな‘不況’を作成するために使われました。

彼の本の中で、カーティス・ドール(フランクリン・ルーズヴェルトの女婿)による私の利用された義父は書きました:

「不況はニューヨーク金融市場の中のコール・マネーの供給の計画された突然の不足によって引き起こされた世界お金能力による一般大衆の計算された‘切断’でした...一方の世界政府指導者と彼らのこれまで近い銀行家は今やお金のフル・コントロールと私的に所有されている連邦準備銀行の作成経由の米国のクレジット機械を取得しました」。








働いている人出身のホームレス

作家ルイス・アダミックは、彼が「悲劇の町」と呼んだものを蛇行していて、彼がローレンス、マサチューセッツ中で会った働いていない人を話しました:

私は、歩道に立っている人が、明らかに何かをしているためだけに手を風変わりな方法に放り込むのを見ました。

私は人がひとり言を言い、歩き回り、停止し、店のウィンドウを調査し、再び歩くのを見ました。

数分の間、私は、ドットを付けなかった疑問符の姿勢における巨大で、アイドルなエベレット・ミルズの近くの捨てられたコーナーに基づいた年配の人を見ました。

彼は私に会いませんでした。

時々、冷たかったのでではなく確かに、歩き回る以外、彼が活動を望んでいたので、彼は彼の腕を揺り動かしました(彼がたぶん、仕事を得る徒労において何年もの間していました)。

彼はぶつぶつ独り言を言いました。

それから、突然、彼は縁石から下りて、屑の山からストリングの長い作品を持ち上げて、彼の大きく、仕事が熱望した針は、熱狂して拘束的で、拘束的でないで、それによって作動しはじめました。

彼は数分の間ストリングによって働きました。

それから、彼は見回り、私に会って、罪または強烈な当惑の意識からのかのように、ストリング(少量を着色している彼の野生で、中空の顔)を落としました。

ゴミの山でうつむいて、数秒の間そこで振られて、と我慢されて、彼は混乱していて、それから、私で立ち上がりました。

彼の手は最終的に彼の側に落ちました。

そして、彼の腕は一種のアイドルな反射的な動作において揺れて、彼は回り、まるで彼が、どこに行くかを知らないかのように躊躇し 間 、最終的に、彼の腕をはためかせてオフにまぜられます。

私は、彼のオーバーが後ろに分割されて、彼のかかとが完全にすり減っていたことに気づきました。


In the wake of Wilson's vow no central bank would be created, Hoover promises permanent prosperity:


"We have not yet reached the goal, but given a chance to go forward with the policies of the last eight years, and we shall soon, with the help of God, be within sight of the day when poverty will be banished from the nation." So said Herbert Hoover on August 12, 1928, in his speech accepting the Republican nomination for President.


Hoover spoke for most middle-class people. They thought the American dream of unlimited plenty was close to fulfillment. The huge industrial machine that had begun building up during the Civil War had reached fantastic heights of mass production. Assembly lines poured out products by the millions, while advertising stimulated the consumer to buy them. From privy, ice-box, and buggy the country moved almost overnight into the New Era of bathrooms, electric refrigerators, and automobiles. Washing machines, vacuum cleaners, and telephones promised to make life easier and more convenient. Homemade amusements gave way to radio and the movies. American business and American salesmanship had put the nation aboard an express train rushing toward permanent prosperity. 1


The Federal Reserve Board held a secret meeting on May 18, 1920, to plan a depression. Large banks began calling in loans, causing stocks to drop from a high of 138.12 in 1919, to a low of 66.24 in 1921. When the value of government bonds plummeted, they were forced to call in even more loans. When thousands of the banks’ customers could not pay their notes, the banks seized their assets.


After 1922, profits rose, and with the Federal Reserve’s ability to lend ten times more than their reserves, credit was easily obtained. From 1923 to 1929, $8 billion was sliced off of the deficit. The Reserve expanded the money supply by 62%, and this excess money was used to bid the stock market up to fantastic heights. The media began publicizing that there was an enormous profit to be made from the stock market. This push was planned at a meeting of the International Bankers in 1926, who made the boom possible, and who were going to bring about financial disaster later.


In 1928, the House hearings on the Stabilization of the Purchasing Power of the Dollar, revealed that the Federal Reserve Board had met with the heads of various European central banks at a secret luncheon in 1927 to plan what they believed may be a major crash. On February 6, 1929, after Montagu Norman, Chairman of the Bank of England, came to the United States to meet with Andrew Mellon, the Secretary of Treasury, the Reserve reversed its monetary policy by raising the discount rate, and during the next few months, after Paul Warburg had issued a tip in March, 1929, Illuminati members, who knew what the future held, got their money out of the stock market, reinvesting it in gold and silver. In the year before the crash, 500 banks failed.


On October 24, 1929, the New York banking establishment began calling in their loans, forcing their customers to sell stock at ridiculously low prices in order to pay off the loans. Stock prices fell by 90%, and U.S. Securities lost $26 billion. Thousands of smaller banks and insurance companies went bankrupt, and people who had been millionaires, were now broke. To prolong the depression after the crash, from 1929 to 1933, the Reserve began to reduce the money flow by one-third.


The Great Depression, as it became known, was engineered by the Illuminati to take money from the people, and to make them dependent on the Government through the subsequent New Deal programs of Roosevelt. Congressman Louis T. McFadden, Chairman of the House Banking and Currency Committee said: “It was no accident. It was a carefully contrived occurrence ... The International Bankers sought to bring about a condition of despair here so they might emerge as the rulers of us all.”


To a limited extent, this same method was used to create minor ‘depressions’ in 1937, 1948, 1953, 1956, 1960, 1966, 1970, and 1979.


In his book, My Exploited Father-in-Law by Curtis Dall (son-in-law of Franklin D. Roosevelt) wrote: “The depression was the calculated ‘shearing’ of the public by the World Money powers, triggered by the planned sudden shortage of supply of call money in the New York money market … The One World Government leaders and their ever close bankers have now acquired full control of the money and credit machinery of the U.S. via the creation of the privately owned Federal Reserve Bank.”








スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR