FC2ブログ

外交評議会

THE COUNCIL ON FOREIGN RELATIONS


CHAPTER FIVE


In the spring of 1918, a group of people met at the Metropolitan Club in New York City to form the Council on Foreign Relations. The group was made up of “high-ranking officers of banking, manufacturing, trading, and finance companies, together with many lawyers ... concerned primarily with the effect that the war and the treaty of peace might have on post-war business.” The honorary Chairman was Elihu Root, a Wall Street lawyer, former New York Senator, former Secretary of War under McKinley, former Secretary of State under Theodore Roosevelt, member of the Carnegie Endowment for International Peace (who won the Nobel Peace Prize in 1912), and the most recognized Republican of his time. From June, 1918 to April, 1919, they held a series of dinner meetings on a variety of international matters, but soon disbanded.?


In the fall of 1917, a group called ‘The Inquiry’ was assembled by Col. Edward M. House to negotiate solutions for the Paris Peace Conference in Versailles. They worked out of the American Geographical Society doing historical research, and writing position papers. The Inquiry was formed around the inner circle of the Intercollegiate Socialist Society, which was a group of American socialist-oriented intellectuals.?


House, President Wilson’s most trusted advisor, who was an admirer of Marx, in 1912, anonymously wrote the book Philip Dru: Administrator (published by Fabian B. W. Huebsch), which was a novel that detailed the plans for the takeover of America, by establishing “socialism as dreamed by Karl Marx,” and the creation of a one-world totalitarian government. This was to be done by electing an American President through “deception regarding his real opinions and intentions.” The book also discussed the graduated income tax, and tax-free foundations. The novel became fact, and Philip Dru was actually House himself.?


第5章


1918年春に、人々のグループは、外交評議会を形成するためにニューヨーク市のMetropolitan Clubで会いました。 グループは「主として戦争と平和の条約が戦後のビジネスに持っているかもしれない効果に関する…多くの弁護士に伴う銀行業、製造、取り引き、および金融会社の高官」で構成されていました。 名誉委員長はElihu Rootでした、ウォール街弁護士、元ニューヨークの上院議員、マッキンリーの下の戦争の元長官、セオドア・ルーズベルトの下の元国務長官、国際Peace(1912年にノーベル平和賞を勝ち取った)のためのカーネギーEndowmentのメンバー、そして、大部分が彼の時間の共和党員を見分けました。 彼らは、1918年6月から1919年4月まで、さまざまな国際的な件で一連の食事をしながらの会議を開催しましたが、すぐ、解散しました。


1917年秋に、‘Inquiry'と呼ばれるグループは、ベルサイユのパリ講和会議の解決策を交渉するためにエドワードM.下院大佐によって組み立てられました。 彼らは歴史的な研究をして、方針書を書く地理学会から働いていました。 InquiryはIntercollegiate社会党員Societyの権力中枢部の側近グループの周りで形成されました。権力中枢部の側近グループはアメリカの社会主義者指向のインテリのグループでした。


下院(1912年のマルクスの賛美者であったウィルソン大統領の最も信じられたアドバイザー)は匿名で本にフィリップ・ドルーを書きました: 管理者(フェビアンのB.W.Huebschによって発行されます。), 「カール・マルクスによって夢見られる社会主義」を設立するのによるアメリカの接収、および1世界の全体主義政体の創設のためのプランを詳しく述べた小説でした。 「彼の本当の意見と意志に関する詐欺」を通してアメリカ人の大統領を選出することによって、これをすることになっていました。 また、本は累進所得税、および非課税の地盤について議論しました。 小説は事実になりました、そして、フィリップ・ドルーは実際に下院自体でした。


On May 30, 1919, Baron Edmond de Rothschild of France hosted a meeting at the Majestic Hotel in Paris, between The Inquiry, which was dominated by J. P. Morgan’s people, and included members such as? historian George Louis Beers (who later became the U.S. representative for the Round Table), Walter Lippman, Frank Aydelotte, Whitney H. Shepardson, Thomas W. Lamont, Jerome D. Greene, Col. Edward House, Dr. James T. Shotwell, Professor Archibald Coolidge, Gen. Tasker H. Bliss (the U.S. Army Chief of Staff), Erwin D. Canham (of the Christian Science Monitor), and Herbert Hoover (who, when he was elected to the Presidency in 1928, chose CFR member Henry L. Stimson to be his Secretary of State); and the Round Table, including members? Lord Alfred Milner, Lord Robert Cecil, Lord Eustace Percy, Lionel Curtis, and Harold Temperley;? to discuss a merger. They met again on June 5, 1919, and decided to have separate organizations, each cooperating with the other.?


On July 17, 1919, House formed the Institute of International Affairs in New York City, and The Inquiry became the American branch of the Round Table. Their secret aims were “to coordinate the international activities and outlooks of all the English-speaking world into one ... to work to maintain peace; to help backward, colonial, and underdeveloped areas to advance towards stability, law and order, and prosperity, along the lines somehow similar to those taught at Oxford and the University of London...”?


The Council on Foreign Relations, and the Institute of International Affairs, both supporters of Wilson, strongly supported the League of Nations. However, the Round Table wanted to weaken the League by eliminating the possibility of collective security in order to strengthen Germany, and isolate England from Europe so an Atlantic power could be established, consisting of England, the British Dominions, and the United States. In 1921, when it became apparent that the United States wasn’t going to join the League, the Council on Foreign Relations was incorporated on July 21st, consisting of members from both groups, and others who had participated in the 1919 Paris Peace Talks. The name change was made so that the American branch of the Round Table would appear to be a separate entity, and not connected to the organization in England.?


The Council on Foreign Relations (CFR) became the American headquarters for the Illuminati. Led by House, who wrote the Charter, they were financed by Paul Warburg, Jacob Schiff, William Averell Harriman, Frank Vanderlip, Bernard Baruch, Nelson Aldrich, J. P. Morgan, Otto Kahn, Albert H. Wiggin, Herbert H. Lehman, and John Rockefeller.?


1919年5月30日、フランスのロスチャイルドがJPモルガンの人々によって支配されたInquiryの間のパリのMajesticホテルでミーティングを主催して、メンバーを含んだBaronエドモンドde、および#8211というのに関して; 歴史家のジョージ・ルイス・ビアース(後でRound Tableの米国代表になった)、ウォルターLippman、フランク・エイデロット、ホイットニーH.Shepardson、トーマス・W.ラモント、ジェローム・D.グリーン、エドワード下院大佐、ジェームスT.ショットウェル博士、Archibaldクーリッジ教授、タスカーH.Bliss司令官(米国陸軍幕僚長)、アーウィンD.Canham(クリスチャンサイエンスMonitorの)、およびハーバート・フーバー(彼が1928年にPresidencyに選出されたとき、だれが、彼の国務長官になるようにCFRメンバーヘンリー・L.スティムソンを選びましたか。); メンバーと#8211というのを含むRound Table; 主のアルフレッド・ミルナー、主のロバート・セシル、主のユースタス・パーシー、ライオネル・カーティス、およびハロルド・テンパリ; 合併について議論するために。 それぞれもう片方に協力して、彼らは、1919年6月5日に再会して、独立した組織団体を持っていると決めました。


1919年7月17日に、下院はニューヨーク市でイタリア国際問題研究所を形成しました、そして、InquiryはRound Tableのアメリカのブランチになりました。 それらの秘密の目的は「治安を維持するために扱う1つに…すべての英語を母語とする地域の国際的な活動と見通しを調整する」ことでした; 「どうにかオックスフォードで教えられたものと同様の線とロンドン大学に沿って安定性に向かって進める後方の、そして、植民地の、そして、発育不十分の領域、法と秩序、および繁栄を助けるために」…


外交評議会、およびイタリア国際問題研究所、ウィルソンの支持者の両方は強く国際連盟を支持しました。 しかしながら、Round Tableはドイツを強化して、大西洋パワーを確立することができたようにヨーロッパからイギリスを隔離するために集団安全保障の可能性を排除することによって、Leagueを弱めたがっていました、イギリス、イギリスのDominions、および合衆国から成って。 1921年に、外交評議会は7月21日に法人組織でした、グループと他のものの両方からの1919パリPeace Talksに参加したメンバーから成って。(その時、合衆国がLeagueに合流しないつもりであったのは明らかになりました)。 改名は、Round Tableのアメリカのブランチが、別々の実体であるように見えるように作られて、イギリスでの組織に接続されませんでした。


外交評議会(CFR)はIlluminatiのためのアメリカの本部になりました。 下院(憲章を書いた)によって導かれて、それらはポール・ヴァールブルク、ヤコブ・シフ、ウィリアム・アヴレル・ハリマン、フランク・バンダリップ、バーナード・バルーク、ネルソン・オルドリッチ、JPモルガン、オットー・カーン、アルバート・H.ウィギン、ハーバート・H.リーマン、およびジョン・ダビッドソン・ロックフェラーによって融資されました。


The membership of the CFR was mainly made up from the 150 members of House’s task force which worked on the Peace Treaty. Many were associates of the J. P. Morgan Bank. The first Board consisted of the seven who were on the Merger Committee: Whitney H. Shepardson (Executive Secretary), George W. Wickersham (Chairman, Wall Street lawyer, Attorney General for President Taft), Frank L. Polk (Wall Street banker, Under Secretary of State), Paul Warburg, William R. Shepherd (president of Columbia University), Edwin F. Gay (Secretary-Treasurer, who later became the editor of the New York Evening Post which was owned by CFR member Thomas Lamont, who was a senior partner of J. P. Morgan and a financial advisor to President Wilson), and Stephen P. Duggan (director of the International Education Board); plus nine others: John W. Davis (President, former Ambassador to Great Britain, former Democratic Congressman from West Virginia, who later became chief counsel for J. P. Morgan & Co., Rockefeller Foundation trustee, and also a Democratic candidate for the Presidency in 1924), Elihu Root (Honorary President), Paul D. Cravath (Vice President, NY lawyer), Archibald Cary Coolidge (Harvard historian), Isaiah Bowman (director of the American Geographical Society), Norman H. Davis (NY banker, former Under Secretary of State), John H. Finley (associate editor at the New York Times), David F. Houston (former Secretary of Treasury), and Otto Kahn (NY banker). Other members included: J. P. Morgan, John D. Rockefeller, Edward M. House, Christian Herter, Jacob Schiff, Averell Harriman, Nelson Aldrich, Bernard Baruch, Owen D. Young, Russell C. Leffingwell, John Dulles, Allen Dulles, James T. Shotwell, Professor Charles Seymour, Joseph Chamberlain, Philip Jessup, Philip Moseley, Grayson Kirk, Henry M. Wriston, Arthur H. Dean, Philip D. Reed, John J. McCloy, and Walter Lippman (founder of the Intercollegiate Socialist Society).


Where All Souls College at Oxford University was the base for Round Table operations in England; the Institute for Advanced Study at Princeton University, established by Abraham Flexner of the Carnegie Foundation and Rockefeller’s General Education Board, was the center of activities for the American branch.


CFRの会員資格はPeace Treatyに働いていた下院の特別委員会の150人のメンバーから主に作られました。 多くがJPモルガンBankの仲間でした。 最初のBoardはMerger Committeeにいた7から成りました: ホイットニーH.Shepardson(事務秘書官)、ジョージ・W.ウィッカーシャム(議長、ウォール街弁護士、タフト大統領のための検事総長)、フランク・L.ポーク(ウォール街の銀行員、州次官)、ポール・ヴァールブルク、ウィリアムR.Shepherd(コロンビア大学の学長)、エドウィンF.Gay(長官兼会計係。(その会計係は後でJPモルガンの代表社員とウィルソン大統領の財務顧問であったCFRメンバートーマス・ラモントによって所有されていたニューヨークEveningポストのエディタになりました)。), スティーブン・P.ダガン(国際教育委員会の指導官); 9人の他のもの: ジョン・W.デイヴィス(ウェストヴァージニアからの1924年に後でJPモルガン社、ロックフェラー財団の受託者、および民主党の大統領候補のために主任顧問にもなったCongressman元民主党の社長(英国への元Ambassador)), Elihu Root(名誉社長)、ポールD.Cravath(副社長、ニューヨーク弁護士)、Archibaldケーリー・クーリッジ(ハーバードの歴史家)、イザヤBowman(地理学会の指導官)、ノーマン・H.デイヴィス(ニューヨークの銀行員、州の前の次官)、ジョン・H.フィンリー(ニューヨーク・タイムズでエディタを関連づける)、デヴィッド・F.ヒューストン(国家財政委員会の元長官)、およびオットー・カーン(ニューヨークの銀行員)。 他のメンバーは:だった J。 P。 モーガン、ジョン・ダビッドソン・ロックフェラー、エドワードM.下院、クリスチャンのハーター、ヤコブ・シフ、アヴレル・ハリマン、ネルソン・オルドリッチ、バーナード・バルーク、オーエン・D.ヤング、ラッセルC.Leffingwell、ジョン・フォスター・ダレス、アレン・ダレス、ジェームス・T.ショットウェル、チャールズ・シーモア教授、ジョゼフ・チェンバレン、フィリップ・ジェサップ、フィリップ・モーズリー、グレーソン・カーク、ヘンリー・M.リストン、アーサー・H.ディーン(フィリップ・D.リード)・ジョン・J.マクロイ、およびウォルターLippman(大学間の社会主義社会の創設者)。


オックスフォード大学のオールソウルズカレッジがイギリスでのRound Table操作のためのベースであったところ; カーネギー財団とロックフェラーの教養Boardのアブラハム・フレクスナーによって設立されたプリンストン大学のAdvanced StudyのためのInstituteはアメリカのブランチのための活動の中心でした。


Their membership grew from 97 in 1921, to 210 in 1922. In 1927, they began to receive funding from the Rockefeller Foundation, and later the Carnegie Endowment and Ford Foundation; in addition to the financial support they got from J. P. Morgan and the Wall Street banking interests. By 1936, their membership reached 250, and they already had a lot of influence on five American newspapers: The New York Times, New York Herald Tribune, Christian Science Monitor, The Washington Post, and the Boston Evening Transcript. This gave them the ability to slant the news in a way which would reflect their views, and thus begin the process of molding America to suit their needs.?


In 1937, the CFR came up with the idea for ‘Committees on Foreign Relations,’ which would be established in various major cities around the country, for the “serious discussion of international affairs by leading citizens in widely separated communities.” Between 1938 and 1940, Francis P. Miller organized these mini-Councils with funding from the Carnegie Corporation, to better influence thinking across the country. John W. Davis said after World War II that these committees had “provided an avenue for extending the Council to every part of the country.” These CFR subsidiaries were established in 38 cities: Albuquerque, Atlanta, Billings, Birmingham, Boise, Boston, Casper, Charlottesville, Chicago (the most prominent), Cleveland, Denver, Des Moines, Detroit, Houston, Indianapolis, Little Rock, Los Angeles, Louisville, Miami, Nashville, Omaha, Philadelphia, Phoenix, Portland (ME), Portland (OR), Providence, Rochester, St. Louis, St. Paul-Minneapolis, Salt Lake City, San Francisco, Santa Barbara, Seattle, Tampa Bay, Tucson, Tulsa, Wichita, and Worcester.


?それらの会員資格は1921年に97から1922年の210まで成長しました。 1927年に、彼らはロックフェラー財団以降からカーネギーEndowmentとフォード財団に資金を供給しながら、受信し始めました; 資金援助に加えて、彼らはJPモルガンとウォール街銀行業から関心を得ました。 1936年までには、それらの会員資格は250に達しました、そして、彼らは既に5個のアメリカの新聞に多くの影響を与えました: ニューヨークタイムズ、ニューヨーク告知トリビューン、クリスチャンサイエンスモニター、ワシントンポスト、およびボストンの晩の転写。 これはそれらの視点を反映する方法でニュースを歪曲して、その結果彼らの必要性に合うようにモールドアメリカのプロセスを開始する能力をそれらに与えました。


1937年に、CFRは‘Foreign Relationsの委員会'のための考えを思いつきました、「遠くに切り離された共同体の主な市民による国際情勢の重大な議論」のために。(考えは国中の様々な大都市に確立されるでしょう)。 1938年から1940、フランシス・P.ミラーは国中で考えによりよく影響を及ぼすためにカーネギー財団からの基金でこれらのミニCouncilsを組織化しました。 ジョン・W.デイヴィスは、第二次世界大戦の後にこれらの委員会が「大通りをCouncilを国のあらゆる部分まで広げるのに提供した」と言いました。 これらのCFR子会社は38の都市に設立されました: アルバカーキ、アトランタビリングス、バーミンガム、ボイシ、ボストン、カスパーシャーロッツビル、シカゴ(最も際立った)、クリーブランド、デンバー、Des Moines、デトロイト、ヒューストン、インディアナポリス、リトルロック、ロサンゼルスルイビル、マイアミ、ナッシュビル、オマハ、フィラデルフィア、フェニックス、ポートランド(ME)、ポートランド(OR)、プロビデンス、ロチェスター、セントルイス、聖ポール-ミネアポリス、ソルトレイクシティー、サンフランシスコ、サンタバーバラ、シアトル、タンパベイ、ツーソン、タルサ、ウィッチタ、およびウスター。


The CFR has always claimed to be a private organization that doesn’t formulate any government policy, in fact, the following disclaimer appears on their books: “The Council on Foreign Relations is a non-profit institution devoted to the study of the international aspects of American political, economic, and strategic problems. It takes no stand, expressed or implied, on American policy.” From the beginning, their goal was to infiltrate the government, and that was done. Actually, they were so successful, that today, the CFR practically controls, and dictates, both domestic and foreign policy.?


President Franklin D. Roosevelt had Henry Wallace (Secretary of Agriculture) and Louis Douglas (Director of the Budget Bureau) work with a CFR study group on national self-sufficiency, out of which came the Export-Import Bank and the Trade Agreements Act of 1934.?


On September 12, 1939, after the start of World War II, CFR members Hamilton Fish Armstrong (editor of the CFR magazine Foreign Affairs) and Walter H. Mallory (Executive Director), went to the State Department and met with Assistant Secretary of State George S. Messersmith (CFR member), to offer the services of the Council by establishing a CFR study group concerning the war and a plan for peace, which would make recommendations to the State Department. They proposed to do research, and make informal recommendations in areas regarding national security and economics. Secretary of State Cordell Hull, and Under Secretary of State Sumner Welles (CFR member) liked the idea, and the War and Peace Studies Project was initiated with funding from the Rockefeller Foundation, who gave grants totaling $300,000 over a 6 year period.?


CFRは、いつも少しの政府の政策も定式化しない民間であると主張しました、事実上、以下の注意書きはそれらの本の上に載っています: 「外交評議会はアメリカの政治上の、そして、経済の、そして、戦略の問題の国際面の研究にささげられた非営利の団体です。」 「アメリカの方針で急送されるか、または含意されなかった態度を全く取ります。」 それらの目標が政府に浸透する始めからの、ことであり、それをしました。 実際に、それらがとてもうまくいって、CFRはその今日、実際にドメスティックで外国の両方の方針を制御して、書き取ります。


フランクリン D. ルーズベルト大統領はヘンリー・ウォレス(農務長官)とルイス・ダグラス(主計局の指導官)を国家の自給自足に関するCFR研究グループと共に働かせました。(自給自足から、輸出入銀行と1934年のTrade Agreements条例は来ました)。


第二次世界大戦の始まり(CFRメンバーのハミルトン・Fishアームストロング(CFR雑誌Foreign Affairsのエディタ)とウォルターH.Mallory(事務局長))が国務省に行って、推薦状を国務省にするだろう平和のために戦争とプランに関してCFR研究グループを設立することによってCouncilのサービスを提供するために、国務次官補ジョージS.Messersmith(CFRメンバー)に会った後に1939年9月12日に。 彼らは、領域で国家安全保障と経済学に関して非公式の推薦状を研究して、すると提案しました。 国務長官のコーデル・ハル、州次官のサムナー・ウェルズ(CFRメンバー)は考えが好きであり、戦争とPeace研究Projectはロックフェラー財団からの基金で起こされました。(ロックフェラー財団は、6年の期間にわたって合計で30万ドルになる交付金を与えました)。


Under that umbrella, there were 5 study groups, each with 10-15 men and a full-time paid secretary. All together, between 1940 and 1945, there were 100 people involved, with 362 meetings, producing 682 documents, and meets regularly with State Department officials.?


War and Peace Studies Project


?


Norman H. Davis (Chairman)?


Walter H. Mallory (Secretary)?


Peace Aims: Hamilton Fish Armstrong?


Territorial: Isaiah Bowman (President of Johns Hopkins University, geography expert)?


Armaments: Allen W. Dulles (international corporate lawyer), Hanson W. Baldwin (military correspondent for New York Times)?


Political: Whitney H. Shepardson (corporate executive who was House’s secretary at the 1919 Versailles Peace Conference)?


Economic & Financial: Alvin H. Hansen (professor of political economy at Harvard), Jacob Viner (professor of economics at University of Chicago)?


In December, 1941, at the urging of the CFR, the State Department created the 14-member?Advisory Committee on Post-War Foreign Policy, in which the CFR was represented by eight of its members (2 more became members later). The core of the group was Cordell Hull, Sumner Welles, Norman H. Davis, Myron C. Taylor (corporate executive), Isaiah Bowman and Leo Pasvolsky (economist), all of whom were CFR members, with the exception of Hull, and were known as the ‘Informal Political Agenda Group’ which Roosevelt called his “post-war advisers.” They controlled the Committee, and were assisted by a research staff financed and controlled by the CFR. In order to formulate a closer liaison between the CFR and the Advisory Committee, the Research Secretaries from the War and Peace Studies were brought into the State Department as consultants to the corresponding subcommittee of the Advisory Committee. The Committee had their last general meeting in May, 1942, and all work from then on occurred at the subcommittee level.?


そのかさの下に、それぞれ10-15人の男性とフルタイムの支払われた秘書がいる5つの研究グループがありました。 一斉に、1940年と1945年の間に、民族が682通のドキュメントを製作する362のミーティングに伴って、国務省の職員と共に定期的に会う100があります。


戦争と平和研究は突出しています。





ノーマン・H.デイヴィス(議長)


ウォルターH.マロリー・ワイス症候群(長官)


平和は目的とされます: ハミルトン・Fishアームストロング


領土: イザヤBowman(ジョーンズ・ホプキンス大学、地理学の専門家の社長)


兵器: アレン・W.ダレス(国際的な顧問弁護士)、ハンソン・W.ボールドウィン(ニューヨーク・タイムズの軍事の通信員)


政治上: ホイットニーH.Shepardson(1919年のベルサイユPeaceコンファレンスで下院の秘書であった会社重役)


経済的で財政的: アルビン・H.ハンセン(ハーバードの政治経済学の教授)、ヤコブ・バイナー(シカゴ大学における経済学の教授)


CFRの衝動における1941年12月に、国務省は14メンバーのためにAdvisory Committeeをポスト-戦争Foreign Policyに作成しました(後でもう2はメンバーになりました)。そこでは、CFRが8人のメンバーによって表されました。 グループのコアは、そのすべてがCFRメンバーであったコーデル・ハルと、サムナー・ウェルズと、ノーマン・H.デイヴィスと、マイロン・C.テイラー(会社重役)と、イザヤBowmanとハル以外のレオPasvolsky(エコノミスト)であり、ルーズベルトが彼の「戦後のアドバイザー」と呼んだ‘非公式のPolitical Agenda Group'として知られていました。 それらは、Committeeを制御して、CFRによって融資されて、監督された研究グループによって補助されました。 CFRとAdvisory Committeeとの、より厳密な連絡係を定式化するために、戦争とPeace研究からのResearch長官はAdvisory Committeeの対応する小委員会へのコンサルタントとして国務省に連れて来られました。 Committeeには、1942年5月に、彼らの最後の総会がありました、そして、すべての仕事が小委員会レベルでそれ以来起こりました。





FINAL WARNING: A HISTORY OF THE NEW WORLD ORDER


スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HAMILTON/ハミルトン カーキフィールド メンズ

タイトルが気になってついつい開いてしまいました。よかったです。

Karl Park Lane カールパークレーンニット[リサイクル]

おもしろい内容ですね。また見にこようと思います。

HAMILTON(ハミルトン) カーキ フィールド ネイビー文字盤 H68411943

とても参考になりました。また見にきます。

26%OFF!【HAMILTON】ハミルトン Khaki アビエイション オート シルバー/D-ブラウンストラップ...

色々と参考にさせていただきます!

HAMILTON ハミルトン カーキ・アビエイション クォーツ H76412133

ネットサーフィンしていたらたどり着きました。

EDWIN BLUE TRIPブーツカットBT500-166

ブログの検索からきました。

Seymour Duncan SH-2 「JAZZ」

楽しいblogですね!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR