FC2ブログ

NWOサービスのためのハーパーのフィッティング賞

Harper's Fitting Award For NWO Service

By Henry Makow Ph.D.

October 07, 2006




by Henry Makow, Ph.D.



On Thursday, Canadian Prime Minister Steven Harper received an award aptly named for Woodrow Wilson, the American President who confessed, "I have unwittingly ruined my country."


The "Woodrow Wilson Award for Public Service" is in the tradition of the "Jeffrey Dahmer Medal for Better Human Relations." It reminds me of the 1973 Nobel Peace Prize won by Henry Kissinger.


Previous recipients include James Baker, Dick Cheney and the much hated former Prime Minister Brian Mulroney. At the dinner, George W. Bush lauded Mr. Harper (via video) for his "leadership" in the war on terror and ended by saying "God bless Steve."


Harper is following in the footsteps of Woodrow Wilson who betrayed his country in 1913 by setting up the Federal Reserve Bank, and again in 1917 by entering World War One, which was about to end in a draw. In both cases Wilson was blackmailed and manipulated. In a famous statement for posterity, Wilson confessed:




"I am a most unhappy man. I have unwittingly ruined my country. A great industrial nation is controlled by its system of credit. Our system of credit is concentrated. The growth of the nation, therefore, and all our activities are in the hands of a few men. We have come to be one of the worst ruled, one of the most completely controlled and dominated Governments in the civilized world no longer a Government by free opinion, no longer a Government by conviction and the vote of the majority, but a Government by the opinion and duress of a small group of dominant men." ("Repeal the Federal Reserve Banks" by Casimir Frank Gierut, p.31)


Similarly Harper, obedient to the bankers, flouts Canadian public opinion on three fronts.


1. Canadians are at least 3-2 against participation in the Afghanistan War. Yet on Thursday, Harper called it the "price of Canada's leadership." Evidently it is the price of good relations with the occupational government of Canada's largest trading partner. And like Americans, Canadians don’t have a choice. The Liberal opposition party is also for this immoral no-win war.


2. After Israel leveled Lebanon, killing 1100 civilians in retaliation for the capture of two soldiers, Harper described Israel's reaction as "measured." His poll numbers immediately plummeted, especially in Quebec where Zionist control is least pronounced. Seventy per cent of Canadians wanted to stay neutral. Ignoring the public reaction, Harper's Conservative party had the chutzpah to launch a fund-raising drive predicated on his "principled stand." Surely the bankers are paying them enough already.


3. Harper's government is taking steps to integrate Canada into a North American Union, without publicity or democratic process, clearly an act of treason. Like concentration camps in America, this subject is so painful that I postpone examining it. I feel like a Jew in Nazi Germany except this time anybody who believes in real democracy, freedom and God, is a Jew.


On the domestic side, Harper's government appears to be competent, decreasing promotion of homosexuality and feminism, and government waste and corruption in general.


But in terms of foreign policy, Harper's award is well suited. "Public Service" consists in following the central banker scheme for world degradation and dictatorship. Perhaps some day when Canada has disappeared altogether, there will be an award for "patriotic service" called "The Steve."


NWOサービスのためのハーパーのフィッティング賞

ヘンリーMakow博士号によって

2006年10月7日

ヘンリーMakow、博士号によって

木曜日に、カナダ総理大臣スティーブン・ハーパーは、ウッドロー・ウィルソン(「私は知らず知らず私の国を滅ぼしました」と白状したアメリカンプレジデント)のために適切に名付けられた賞を受け取りました。

「公務のためのウッドロー・ウィルソン賞」は「よりよい人間関係のためのジェフリー・ダーマー・メダル」の伝統にあります。

それは、私にヘンリー・キッシンジャーによって勝ち取られた1973年のノーベル平和賞を思い出させます。

前の受領者はジェームズ・ベーカー、ディック・チェイニー、および多くの憎悪されている以前の総理大臣ブライアン・マルルーニを含みます。

ディナーで、ジョージ・W・ブッシュはテロに対する戦争における彼の「リーダーシップ」のためにハーパーさん(ビデオ経由の)を賛美し、結局、「神はスティーブを祝福します」と言うことになりました。

ハーパーは、世界大戦1に入ることによって、連邦準備銀行を設立することによって、1913年に彼の国を裏切ったウッドロー・ウィルソンの歩みにおいて、そして再び1917年について行きます(それは、引き分けに終わりかかっていました)。

両方の場合に、ウィルソンは恐喝されて、処理されました。

後世のための有名なステートメントの中で、ウィルソンは白状しました:

「私はとても不幸な人です」。

私は知らず知らず私の国を滅ぼしました。

大きな産業国はクレジットのそのシステムによってコントロールされます。

私達のクレジットのシステムは集中的です。

従って国家の成長とすべての私達の活動は数人の人の手の中にあります。

「私達は、判決された最悪事態(もう文明世界の中の最も完全にコントロールされて、支配された政府のそれ(自由な意見(信念と大多数の票によるもう政府であるが支配的な人の小集団の意見と強制による政府)による政府))のひとりであるようになりました」。

(カジミエシュ・フランクGierut、ページ31によって、「連邦準備銀行を廃止します」)

同様に、銀行家に従順なハーパーは3つの正面の上のカナダ世論を軽蔑します。

1. カナダ人はアフガニスタン戦争への参加に対して少なくとも3-2です。

それでも、木曜日に、ハーパーはそれを「カナダのリーダーシップの価格」と呼びました。

明らかに、それはカナダの最も大きな貿易相手国の占領の政府とのよい関係の価格です。

そして、アメリカ人のように、カナダ人は選択権を持っていません。

寛大な野党はまたこの不道徳な勝ち目のない戦争のためです。

2. 2人の兵士のキャプチャに対する報復として1100人の民間人を殺して、イスラエルがレバノンを平らにした後に、「測定される」ように、ハーパーはイスラエルの反応を説明しました。

特に、シオニズムコントロールが最もわずかに発音されるケベック州で、彼の投票番号は直ちに落ちました。

カナダ人の70パーセントが、ニュートラルなままいたかった。

公的な反応を無視して、彼の「主義のスタンド」に基づいている資金カンパを発進させるために、ハーパーの保守党は厚かましさを持っていました。

きっと、銀行家はすでに十分に彼らに支払っています。

3. ハーパーの政府は、パブリシティまたは民主主義のプロセス(はっきりと反逆罪の行為)なしでカナダを北アメリカ組合に組み込むために対策を講じています。

アメリカの強制収容所のように、この主題はとても痛いので、私は、それを試験するのを延期します。

現実の民主主義、自由、および神を信じている誰でもユダヤ人であるこの時間を除いて、私はナチスドイツでユダヤ人みたいに感じます。

国内の側で、ハーパーの政府は、一般に同性愛とフェミニズムのプロモーションと政府浪費と堕落を減少させて有能であるようです。

しかし、外交方針で、ハーパーの賞はよく適します。

「公務」は、世界デグレードと独裁権についての中心的な銀行家計画に続くことに存在しています。

たぶん、いつか、カナダがまったく消えた時に、「スティーブ」と呼ばれる「愛国的なサービス」のための賞があるでしょう。

スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW PRIME 単品IRON I#4

色んな情報集めてます。また読ませていただきますね。

【期間限定セール】Wilson 05700 ミニ・テニスボール・キーチェーン(USオープン)

ブログ見ました。参考にします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR