FC2ブログ

北朝鮮の核兵器テストは失敗しました。


France: Claimed N.Korea Nuke Test Failed


JAMEY KEATEN / AP | October 11 2006


France said outright for the first time Wednesday that North Korea's proclaimed nuclear test produced such a small blast that it must have failed, and analysts warned such challenging talk could lead Pyongyang to try again.


World powers stepped up a hunt for clues about the insular communist regime's test, with Britain sending refueling jets to join Japanese aircraft trawling the skies for any traces of radiation.


The blast from North Korea's first nuclear weapons test was believed to have been the equivalent of hundreds or even thousands of tons of TNT, and was strong enough to send seismic waves as far as Japan's main island.


But verifying exactly what happened _ or even determining conclusively whether it was a nuclear device _ could take several more days, if not weeks, officials said Wednesday.


If some Western powers are to be believed, the alleged test announced Monday by Pyongyang had a force of one kiloton or less _ equivalent to the explosive force of 1,000 tons of TNT but far less than 15 kiloton force of the atomic bomb dropped on Hiroshima in 1945.


France's Defense Minister Michele Alliot-Marie said French, American and other scientists had detected a blast of "relatively limited size."


フランス: 要求された北朝鮮の核兵器テストは失敗しました。


JAMEY KEATEN / AP| 2006年10月11日


フランスは、再試行するために完全な北朝鮮が、核実験が失敗したに違いないほど小さい爆破、およびアナリストを起こしたと宣言した水曜日に初めてそのような挑戦的な話が導くことができたと警告された平壌を言いました。


世界的強国は島の共産主義政権のテストに関する手がかりのための狩りを促進しました、イギリスの発信が日本の航空機を接合するために放射のどんな跡にも空を引きながらジェットに給油していて。


北朝鮮の最初の核兵器テストからの爆破は、数百の同等物かたくさんの何千TNTであると信じられて、地震波を日本の主な島と同じくらい遠くに送ることができるくらい強かったです。


しかし、まさに何が起こったかをそれが核装置であったか否かに関係なく、より多くの数日かかることができたのを最終的に決定するか、または何週間もの、職員さえ水曜日に言った確かめること。


いくつかの西洋の強国が信じられるつもりであるなら、月曜日に平壌によって発表された申し立てられたテストは1945年に広島で1,000トンのTNTの爆発力にもかかわらず、原子爆弾の15キロトン未満の遠い力に同等な1キロトンか、より少ない力を落とされました。


フランスの国防相ミシェル・Alliot-マリーは、フランスの、そして、アメリカの、そして、他の科学者が「比較的限られたサイズ」の爆破を検出したと言いました。


"In any case, if this was a nuclear explosion, it would be a case of a failed explosion," she said on Europe-1 radio.


Such speculation about a dud test could be read as a challenge by Kim Jong Il, the North's reclusive leader, to consider carrying out a second test to prove naysayers wrong, analysts said.


"The reaction could be exactly to carry out another explosion, to make sure it succeeds," said Georges Le Guelte, a nuclear expert at France's Institute for International and Strategic Research.


"The question still to answer is: What happened exactly?" he added. "We are facing total fog."


Russian Defense Minister Sergei Ivanov held to his country's estimate of five to 15 tons of TNT in the blast. Norway's seismic array group, Norsar, estimated Monday a force of 1 to 10 kilotons.


Xavier Clement of France's Atomic Energy Commission said he could not explain how the Russians came up with their figure, saying "it's a hypothesis, not shared by us and other countries."


"(The information) we are giving right now is credible," he said. France has estimated a blast of 500 tons to a kiloton.


Western leaders played down media reports in Japan of tremors detected in that country overnight suggesting the North had carried out a second test.


Though it would seem easy to confirm a nuclear explosion, the technical challenges can be daunting. Western powers kept relatively quiet about their efforts.


French atomic experts were going over records from seismographs, which pick up shock waves, trying to find out if the blast was nuclear or involved traditional explosives.


U.S. military officials have deployed WC-135 reconnaissance planes on the southern Japan island of Okinawa, but have said only that they are monitoring the situation.


Japan has dispatched six T-4 subsonic trainer aircraft to the waters between it and the Korean peninsula and other ranges within Japanese airspace to collect dust samples.


Britain sent a Royal Air Force VC-10 refueling plane to Japan to help the verification effort under the auspices of the United Nations _ though British officials gave no details.


Radiation level confirmation can take up to three days for a relatively small blast like one that occurred Monday. More detailed analysis of the actual power of the device, or whether test was a success or a failure, can take much longer.


Some experts say it's possible that the world never may never fully determine whether North Korea succeeded in conducting the test.


"It is possible with a relatively small underground blast that there would be no significant release of radiation," said Hideshi Takesada, of the National Institute for Defense Studies, a branch of Japan's Defense Agency.


He said that when India and Pakistan conducted their first nuclear tests, they broadcast footage as proof to the world that they had entered the nuclear club.


"With North Korea, there is nothing like that, no video at all," he said. "This has made things more complicated."




「どのような場合でも、これが核爆発であるなら、それは失敗した爆発に関するケースでしょう。」と、彼女はヨーロッパ-1個のラジオで言いました。


キムジョンイル、北部の隱遁したリーダーは、反対者が間違っていると立証するために2番目のテストを実行すると考えるために失敗テストに関するそのような思惑を挑戦と読むことができました、とアナリストは言いました。


「反応はそれが成功するのを確実にするためにちょうど別の爆発を実行することであることができました」と、ジョージLe Guelteは言いました、フランスのInstituteの核専門家、国際、そして、Strategic Research。


「まだ答えている質問は以下の通りです」 「何がまさに起こりましたか?」と、彼は言い足しました。 「私

たちは総霧に面しています。」


ロシア人の国防相セルゲイ・イワノフは爆破における、彼の国の15トンのTNTの見積りに成立しました。 ノルウェーの地震のアレイグループ(Norsar)は月曜日に10キロトンの力を見積もりました。


フランスのAtomic Energy委員会のザビエル・クレメントは、彼がロシア人がどう彼らの図を思いついたかを説明することができないと言いました、「私たちと他国によって共有されるのではなく、それは仮説です」と言って。


「私たちがたった今与えている(情報)は確かです。」と、彼は言いました。 フランスはトンから1キロトンあたり500の爆破を見積もりました。


西洋のリーダーは北部が2番目のテストを実行したと示唆しながら夜通しその国に検出された震えの日本でメディア報道を見くびりました。


核爆発を確認するのが簡単に思えるでしょうが、技術的な挑戦は威圧であることができます。 西側の主要国は彼らの努力に関して比較的静かな状態で保たれました。


フランス人の原子専門家は衝撃波を拾う地震計からの記録を調べていました、爆破が核であった、または伝統的な爆薬にかかわったかを見つけようとして。


米国の軍高官は、沖縄南島でT-135偵察機を配備しましたが、状況をモニターしているだけであると言いました。


日本は、ほこりのサンプルを集めるために日本の領空の中で6機のT-4の音速以下トレーナー航空機をそれと、朝鮮半島と他の範囲の間の水域に急送しました。


イギリスは、_イギリスの当局がどんな詳細も明らかにしなかったか、しかし、国連の前兆で検証の努力を助けるために英国空軍VC-10給油飛行機を日本に送りました。


放射能濃度確認は月曜日に起こったもののような比較的小さい爆破に最大3日かかるかもしれません。 装置かそれともテストが成功であったかどうかに関する実際のパワーの、より詳細な分析か失敗がはるかに長い間、かかるかもしれません。


世界が、北朝鮮が、テストを行うのに成功したかどうか完全に決定するというわけではないのが、可能であると言う専門家もいます。


「比較的小さい地下爆破では、放射のどんな重要なリリースもないのは、可能です」と、防衛研究所のHideshi Takesadaは言いました、日本防衛庁のブランチ。


彼は、インドとパキスタンがそれらの最初の核実験を行ったとき、彼らが核クラブに入ったという世界への証拠として場面を放送すると言いました。


「北朝鮮と共に、そのような無、ビデオが全くありません。」と、彼は言いました。 「これで、より多いものを複雑にしました。」


スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<北朝鮮核実験>学生ら抗議デモ…露ウラジオストク

まあ、そうでしょうね。今回核実験が行われたと思われる地点からウラジオストックまで...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR