FC2ブログ

ローマクラブ

CLUB OF ROME


This group of Anglo-American financiers and industrialists from ten different countries, met in April, 1968 at Rockefeller's private estate in Bellagio, Italy, at the request of Aurelio Peccei, the Italian industrialist who had close ties to Fiat and the Olivetti Corporation. He claimed to have solutions for world peace and prosperity, which could be accomplished through world government. The Club of Rome was established with a membership of 75 prominent scientists, industrialists , and economists from 25 countries, which along with the Bilderbergers, have become one of the most important foreign policy arms of the Roundtable group.


Many of the Club of Rome executives were drawn from NATO, and they have been able to formulate alot of what NATO claims are its policies. Through Lord Carrington, they were able to split NATO into two factions, a left-wing political group, and its former military alliance.


The first Club of Rome conference in the U.S. was in 1969, where the American branch is organized as "The American Association of the Club of Rome". Among its members were: Norman Cousins (honorary Chairman of Planetary Citizens), John Naisbitt (author of Megatrends), Amory Lovins (a speaker at Windstar, John Denver's New Age center in Snowmass, Colorado), Betty Friedan (founding President of NOW, the National Organization of Women), Jean Houston and Hazel Henderson (New Age authors and speakers), Robert O. Anderson and Harlan B. Cleveland (CFR members and part of the Aspen Institute for Humanistic Studies), Sen. Claiborne Pell, and Rep. Frank M. Potter (staff director of the House Subcommittee on Energy).


For the most part, the Club functions as a research institute on economic, political, and social problems, and claim that "there is no other viable alternative to the future survival of civilization than a new global community under a common leadership." On September 17, 1973, they released a Report called the "Regionalized and Adaptive Model of the Global World System", which was prepared by Mihajlo Mesarovic and Eduard Pestel, which revealed the Club's goal of dividing the world into ten political/economic regions, called "Kingdoms", which would unite the entire world under a single form of government. These regions are: North America, Europe, Japan, South Africa and Australia, Asia, South America, North Africa and the Middle East, Central Africa, India and Indo-China, and China. The term "Kingdoms" was omitted, when the plan was published in a book called Mankind at the Turning Point, which said that the solutions to the problems of the world could only "be developed in a global context."


Howard Odum, a marine biologist at the University of Florida, who is a member of the Club of Rome, was quoted in the August, 1980 edition of Fusion magazine, as saying: "It is necessary that the United States cut its population by two-thirds within the next 50 years." He didn't say how this would be accomplished. However, one of their reports, "Limits to Growth", in 1973, dealt with the problem of overpopulation. During the Carter Administration, a task force was appointed to expand upon this report, and on July 24, 1980, a two-volume document called "Global 2000 Report", which had been written by former Secretary of State Cyrus R. Vance, was presented to President Carter, and then Secretary of State Edward S. Muskie. It attempted to project global economic trends for the next twenty years, and indicated that the resources of the planet were not sufficient enough to support the expect dramatic increase in the world population. The report called for the population of the U.S. to be reduced by 100 million people by the year 2050.


About six months later, the Council on Environmental Quality made recommendations based on the Report, called "Global Future: A Time to Act." They suggested an aggressive program of population control which included sterilization, contraception and abortion. In August, 1982, the Executive Intelligence Review published a report called "Global 2000: Blueprint for Genocide" which said that the two aforementioned Presidential reports "are correctly understood as political statements of intent - the intent on the part of such policy centers as the Council on Foreign Relations, the Trilateral Commission, and the International Monetary Fund, to pursue policies that will result not only in the death of the 120 million cited in the reports, but in the death of upwards of two billion people by the year 2000." Throughout the world, the Club of Rome has indicated that genocide should be used to eliminate people who they refer to as "useless eaters."


This would be accomplished by using limited wars in advanced countries, and even a limited nuclear strike at a strategic location; starvation through created famines and diseases in Third World countries. This echoed an earlier plan. In 1961, Robert McNamara, McGeorge Bundy, and Dean Rusk, all CFR members, were concerned that there were no studies concerning long-term plans for peace, and they wanted to study the direct and indirect ramifications of war. They wanted a study which would explore ways to control the economy during peace-time. A group of of fifteen individuals, including a psychiatrist, anthropologist, a specialist on international law, biochemist, physicist, astronomer, mathematician, literary critic, historian, military expert, economist, sociologist, and an industrialist, began meeting in an underground nuclear shelter in Hudson, New York to design a long-range plan to control the population. Since then, some have speculated that the think-tank known as the Hudson Institute, actually conducted the Study. Started by Herman Kahn in 1961 "to help determine the entire future of the U.S.- and time permitting, much of the world beyond," many of there members and fellows belong to the CFR.


This secret report (which wasn't released until September, 1966), known as the Report from Iron Mountain on the Possibility and Desirability of Peace, appeared to be a blueprint for the future of this country, and contained recommendations that included plans for governmental control and manipulation, depopulation, gun control and disarmament, an international police force, and concentration camps. The Report stated some of the invisible functions of war: "...provides anti-social elements with an acceptable role in the social structure...the younger, and more dangerous, of these hostile social groupings have been kept under control by the Selective Service System...man destroys surplus members of his own species by organized warfare...enables the physically deteriorating older generation to maintain control of the younger, destroying it if necessary." The Report also made this observation: "War has provided both ancient and modern society with a debatable system for stabilizing and controlling national economies. No alternate method of control has yet been tested in a complex modern economy that has shown it is remotely comparable in scope or effectiveness. War fills certain functions essential to the stability of our society; until other ways of filling them are developed, the war system must be maintained, and improved in effectiveness."


In the 1976 novel Ceremony of the Innocent by Taylor Caldwell, she effectively explains the rationale behind their actions: "...there will be no peace in the tormented world, only a programmed and systematic series of wars and calamities- until the plotters have gained their objective: an exhausted world willing to submit to a planned Marxist economy and total and meek enslavement- in the name of peace."


Have their plans for genocide already started? I am referring to the disease known as AIDS (Acquired Immunodeficiency Syndrome), which has become a plague in our society, spreading to 91 nations. The U.S. News and World Report stated a few years ago: "If there is not a cure for AIDS within the next thirteen years, tens of millions will die." Even though there has been alot of talk about AIDS awareness and prevention, the full danger of it has been covered-up by the Center for Disease Control, and the media, which has increasingly shown its pro-homosexual bias.


In the 1972 Bulletin of the UN's World Health Organization (WHO), volume 47, page 251, it says: "An attempt should be made to see if viruses can in fact exert selective effects on immune function. The possibility should be looked into that the immune response to the virus itself may be impaired if the inflicting virus damages, more or less selectively, the cell responding to the virus." This sounds like the AIDS virus, so why is it being discussed by a health organization?


Derivatives from sheep and cattle have been commonly used to manufacture vaccines, however, certain viruses common to these animals can interact indefinitely, forming a new strain of deadly viruses called retro-viruses. In 1974, the National Academy of Sciences recommended that "Scientists throughout the world join with members of this committee in voluntarily deferring experiments (linking) animal viruses." Dr. Robert Strecker, a practicing gastroenterologist, with a Ph.D. in pharmacology, who was hired as a consultant to work on a health-care proposal for Security Pacific Bank, said: "I don't think there is any doubt that AIDS is a man-made problem. The question is whether it was created either accidentally or intentionally. I believe the AIDS virus was requested, predicted, produced, and deployed."


The most common theory about the origin of AIDS, was that it came from green monkeys in Africa. Yet several virologists have said that the AIDS virus does not occur naturally in any animal. Besides, it would have been statistically impossible to reach the point we are at now, just from a single episode. If the AIDS virus had originated with the monkeys, then the disease would have surfaced with the Pygmies, who are closer to them, and use them as a food source, yet, it appeared first in the cities. Further damaging evidence comes from the fact that AIDS practically occurred simultaneously in the United States, Haiti, Brazil, and Central Africa.


Strecker's research indicated that the AIDS virus was developed by the National Cancer Institute, in cooperation with the World Health Organization, in their laboratories at Fort Detrick, Maryland, in the U.S. Army's germ warfare unit, known as the Army Infectious Disease Unit, by combining bovine (cow) leukemia virus and visna( sheep) virus, and injecting them into human tissue cultures. The bovine leukemia virus is lethal to cows, but not to humans; and the visna virus is deadly to sheep, but not to man. However, when combined, they produce a retro-virus that can change the genetic composition of the cells that they enter. He said: "If one analyzes the genes of the human AIDS virus and the genes of the bovine leukemia virus of cattle and the visna virus of sheep, and compares them, the genes appear related. How is it possible that the bovine visna virus- which looks like AIDS and produces an AIDS-like disease, and which produced pneumocystis carinii pneumonia in chimpanzees in 1972- has not been analyzed and compared with AIDS... until 1987 when 'Characterization and Molecular Cloning of Bovine Lente (Latin for "slow") Virus Related to Human Immunodeficiency Virus' was published in Nature magazine. Matthew Gonda, the author, described a virus that looks like AIDS, named bovine Visna virus, and suggested that it was most closely related to AIDS and may well be its precursor."


Some researchers believe that the smallpox vaccination program in 1972 was used to introduce the virus into the population. On May 11, 1987, the London Times ran an article called "Smallpox Vaccine 'Triggered AIDS Virus' ", written by Science Editor Pearce Wright, who linked the mass vaccination program of the World Health Organization in the 1970's to the outbreak of AIDS, because Central Africa was the focus of the program, and they have become the most affected area in the world.


In Africa, AIDS is generally a heterosexual disease, yet in the United States, it has the stigma of being a 'gay' disease. Prior to 1978, there was no sign of the AIDS virus, yet in 1978, the killer disease struck with a vengeance within the homosexual community. The evidence points to the introduction of an experimental hepatitis B vaccine. In 1969, Dr. W. Schmugner, a Polish physician, who was educated in Russia, came to the United States, where he became head of the New York City Blood Bank. He set up guidelines for a hepatitis vaccine study, and only promiscuous males between the ages of 20 and 40 were included in the study, which has led some to believe that this was how the virus was introduced into the gay population. In the case of the hepatitis vaccine, which is not produced from a human tissue culture, it is impossible to have an accidental contamination, which seems to indicate that the AIDS virus was intentionally put in the vaccine, In 1981, the Center for Disease Control reported that b% of those receiving the hepatitis vaccine were infected with AIDS, but in 1984, they admitted that it was actually 60%. These hepatitis vaccine studies are now in the possession of the Justice Department in Washington, DC.


To allow the disease to become entrenched within the population, various facts were covered-up and glossed-over. A great deal of emphasis has been put on the prime cause of AIDS infection, being the exchange of body fluid, through sexual activity and intravenous drug use, which has brought a campaign for the importance of using clean, unused needles, and condoms. The use of a condom does not guarantee protection against the transmission of the AIDS virus. All it takes is one AIDS virion (a complete virus particle with its outer coat intact), and the smallest sperm is 500 times larger that one such virion. In addition, the quality of condoms have become highly suspect, since failure rates of 30-50% have been reported.


The risk of casual contact has been played down, when in fact, AIDS is a highly contagious disease which demands that a quarantine be placed on those who suffer from the disease. Rather than treat the disease as the epidemic it is, the government has concerned itself with giving AIDS carriers more rights and more exposure to the general population. There is concrete medical evidence that indicates that the virus can survive up to 7 days on a dry petri dish, and in an aqueous (wet) environment, up to 15 days. This raises the question, what would happen if an AIDS carrier would sneeze into a punch bowl or a salad bowl. It can incubate 10-15 years before causing any noticeable signs of illness, which means that sexual relations exposes you to every sexual contact your partner has had in that period of time.


A February 18, 1985 report in the British medical journal Lancet, said: "There is little evidence for homosexual activity among African AIDS patients (and it) appears to be transmitted through heterosexual contact or exposure to blood through insect bites..." On September 9, 1985, a research team of researchers from the National Cancer Institute, the Laboratory of Tumor Cell Biology and the Institute of Tropical Medicine, said that "human retroviruses could be transmitted by mosquitoes or within the parasite itself." In a report published in the October, 1981, issue of Science, Boston hematologist Dr. Jerome Groopman, and researchers with the National Institute of Health said that recovery of the AIDS virus "from saliva suggests that direct contact with this body fluid should be avoided..." On January 11, 1985, the Center for Disease Control reported: "There is a risk of infecting others by...exposure of others through oral-genital contact or intimate kissing ("french" kissing)." Dr. Richard Restak, a Washington neurologist, made this statement: "At this point live AIDS virus has been isolated from blood, semen, serum, saliva, urine and now tears. If the virus exists in these fluids, the better part of wisdom dictates that we assume the possibility that it can also be transmitted by these routes. It seems reasonable, therefore, that AIDS victims should not donate blood or blood products, should not contribute to semen banks, should not donate tissues or organs to organ banks, should not work as dental or medical technicians , and should probably not be employed as food handlers." Professor William Haseltine of the Harvard Medical School, in a presentation to a university audience, said that anyone "who tells you categorically that AIDS is not contracted by saliva is not telling you the truth. AIDS may in fact be transmissible by tears, saliva, bodily fluids, and mosquito bites."


AIDS is an epidemic that will not be stopped. The scientists that created this deadly virus, have created a virus that multiplies 100 times faster than influenza. There are 180 different AIDS viruses, and 300 strains, which makes blood testing meaningless. The virus is constantly mutating, which makes it impossible to develop a general vaccine that would be effective with everyone. Quite simply, AIDS is a twentieth century plague, and every year, the number of those affected is doubled. In the March, 1987 issue of Vanity Fair, Dr. William Grace, chief of Oncology at St. Vincent's Hospital in New York, is quoted as saying: "I think AIDS is going to devastate the American medical system." Besides not being able to combat it medically, the disease will progress to being an economic drain, especially if national health care is instituted.


If its purpose was to glean out the population, it certainly will be successful. It must be assumed that the progenitors of this disease must have a measure of protection to prevent themselves from being exposed. The elite have already segregated themselves from the general population by virtue of their position, so from that aspect, there is little risk from being contaminated. In the event of medical treatment, they have access to the best medical treatment money can buy, and most likely possess a private, untainted blood supply. Somehow, I just can't help thinking, that when their goal of limits to the population have been reached, how will they end the scourge which they have placed upon the earth. Just as the saying goes, that a lawyer in court doesn't ask the witness a question that he doesn't already have the answer for; the same reasoning would seem to apply here, that the Illuminati would not unleash a disease, that they didn't already have a cure for.


After the initial publication of this book, Bro. R. G. Stair, a well-known evangelist, received an anonymous letter which seemed to confirm my theory. The writer claimed to be a molecular biologist who works in the same laboratory with Dr. Robert Gallo, the co-discoverer of the AIDS virus. The writer claims that there is an AIDS vaccine that is now available, and that 500,000,000 doses have been produced and is now available. Now the bombshell. The writer accidentally discovered that Gallo had actually created the AIDS virus, and found a couple letters in his office, from high government officials which mentioned the New World Order. It is believed that Gallo and eight other scientists have been working to modify the genetic structure of the virus so that it can be more easily transmitted.


Whether AIDS is the vehicle of elimination, that the Club of Rome has referred to, is undoubtedly open to speculation, even in light of all the questions raised. However, you can't deny how neatly this little piece of the puzzle fits into the entire picture of preparing the world for a one-world government.


ローマのクラブ

アウレリオ・ペッチェイ(フィアットとオリヴェッティ社への近いつながりを持っていたイタリア産業経営者)の要求で、10の違う国からの英米の財政家と産業経営者のこのグループはBellagio、イタリアにおけるロックフェラーの私的な地所で1968年4月に会いました。彼は、世界平和と繁栄のソリューションを持つと主張しました(それは世界政府を通して遂行されることができました)。

ローマクラブは、Bilderbergersとともに、ラウンドテーブルグループの最も重要な外交方針アームの1つになった75人の突出した科学者(25か国からの産業経営者、およびエコノミスト)のメンバーシップによって設立されました。

ローマ・クラブ・エグゼクティブの多くはNATOから引かれて、彼らは、NATOが、その方針であると主張するもののalotを公式化することができました。キャリントン卿を通して、彼らは、NATOを2つの派閥、左翼の政治団体、およびその前の軍事同盟に分割することができました。アメリカ枝が「ローマ・クラブのアメリカンアソシエーション」として組織される所で、米国の最初のローマ・クラブ会議は1969年にでした。そのメンバーの間にありました:(エネルギーの上の家小委員会)。

大部分は、経済の、政治的で、社会問題の上の研究所と「共通のリーダーシップの下の新しいグローバルなコミュニティ以外の文明の未来の生き残りへの他の実行可能な代案が全然ない」という主張として、クラブは作動します。

1973年9月17日に、彼らは、「グローバルな世界システムの地域化されて、順応的なモデル」(それはMihajloメサロビッチとエドゥアルト・ペステルによって準備されました(それは、世界を、政府の1つの形態の下で全世界を結合するであろう「王国」と呼ばれる10の政治的な/経済の地域に分割するクラブのゴールを明らかにしました))と呼ばれるリポートを発表しました。

これらの地域は以下の通りです:北アメリカ、ヨーロッパ、日本、南アフリカ、およびオーストラリア、アジア、南アメリカ、北アフリカ、および中東(中央アフリカ、インドとインドシナと中国)。

計画が分岐点で人類と呼ばれる本の中で出版された時に、用語「王国」は忘れられました(それは、世界の問題の解決策が「グローバルな文脈の中で開発される」ことができただけであると伝えていました)。

ハワード・オダム(ローマ・クラブのメンバーであるフロリダ大学の海洋生物学者)は、言うこととしてフュージョン雑誌の1980年8月の版において引用されました:「米国が次の50年以内に3分の2によってその集団を切ったことは必要です」。

彼は、どのようにこれが遂行されるであろうかを言いませんでした。しかし、1973年のそれらのリポート、「成長への限界」の1つは人口過剰の問題に対処しました。カーター政権の間に、タスク・フォースは、このリポートと1980年7月24日について詳しく述べるように命じられて、前の国務長官サイラスR.バンスによって書かれた「グローバルな2000リポート」と呼ばれる2巻の文書はカーター大統領、それから国務長官エドワードS.マスキーに提出されました。それは、次の20年の間グローバルな経済動向を計画することを試みて、世界人口の予期ドラマチックな増加をサポートするために惑星の資源が十分ではないことを示しました。

リポートは、米国の集団が2050年までに1億人の人々によって減らされることを要求しました。

約6ヶ月後、環境問題委員会は「グローバルな未来:」と呼ばれるリポートに基づいた推薦をしました。「行動すべき時」。

彼らは、殺菌、避妊、および中絶を含んだ人口抑制の攻撃的なプログラムを提案しました。1982年8月に、実行する知能レビューは「グローバルな2000:」と呼ばれるリポートを出版しました。支配的な2前記が、「意思の政治声明として正しく理解されています - リポートの中で引用された1億2000万の死をだけでなく2000年までの20億以上の人々の死を招くことになるであろう方針を実行する外交問題評議会、三極委員会、および国際通貨基金のような方針センターのほうの意思」と報告すると伝えていた「大量虐殺のための青写真」。世界中で、ローマ・クラブは、大量虐殺が、彼らが「無駄な食う人」と称する人々を取り除くために使われるべきであることを示しました。これは、戦略的な位置で先進国と制限された核攻撃のさえ中で局地戦争を使って遂行されるでしょう;終わっている飢餓は第三世界国で飢饉と病気を作成しました。

これは先の計画を反復しました。1961年に、ロバート・マクナマラ、マクジョージ・バンディ、およびディーン・ラスク、すべてのCFRメンバーは、平和についての長期計画について研究が全然なかったことを心配し、彼らは、戦争の直接・間接の支流を調べたかった。彼らは、平和時の間経済をコントロールする方法を探究するであろう研究を望んでいました。

グループ of 15人の個人〈精神医、人類学者、専門家を国際法、生化学者、物理学者、天文学者、数学者、文学的な批評家、歴史家、軍隊のエキスパート、エコノミスト、社会学者、および産業経営者に含む〉で、人口をコントロールする長期の計画をデザインするために、ハドソン、ニューヨークで地下核シェルターにおいて会いはじめた 。

それ以来、いくつかが、ハドソン研究所として、実際知られているシンクタンクが研究を行ったことを思索しています。

1961年にハーマン・カーンにより始められて「米国-および時間許可向こうの世界の多くの全体の未来を決定するのに役立つように」、メンバーと仲間は、 そこの多く CFRに所属しています。

平和の可能性と望ましさについてのアイアン・マウンテンからのリポートとして知られているこの秘密の報告(1966年9月まで発表されませんでした)は、この国の未来のための青写真であるようで、政治のコントロールとマニピュレーション、人口減少、銃砲規制、および武装解除、国際的な警察、および強制収容所についての計画を含んだ推薦を含んでいました。

リポートは戦争の見えない機能のいくつかを述べました:「... 必要なら、それを破壊して、反社会的な要素に、より若、より危険な社会的な構造...theの容認できる役割を提供し、選抜徴兵制...manによってコントロールの下にこれらの敵対的な社会的なgroupingsで保持されました 計画された戦闘...enablesによって彼自身の種の過剰なメンバーを破壊する 若い方のコントロールを維持する物理的な悪化より年上の世代 。」

リポートはまたこの観察をしました:「戦争は、古代と現代の両方の社会に、国家経済を安定させて、コントロールするための論争可能なシステムを提供しました」。コントロールのどの代わりの方法も、まだ、それが範囲または有効性で離れて同等であることを示した複雑な現代の経済においてテストされていません。戦争は私達の社会の安定性に必須の一定の機能を満たします;

「それらを満たす他の方法が開発されるまで、戦争システムは維持されていなければならず、有効性を向上させました」。

テーラー・コールドウェルによる無邪気な子供の1976年の斬新な式典において、彼女は効果的にそれらの行動の後ろの原理を説明します:「平和が苦しめられた世界に全然ないであろうし、計画されて、体系的であることの一連の戦争だけ、そしてプロッターがそれらの目的が得て大災害まで:」快く、平和の名における計画されたマルクス主義者の経済および総およびおとなしい奴隷化-に服従する疲れている世界。」


大量虐殺についてのそれらの計画はすでに始まりましたか?

私はエイズ(後天性免疫不全症候群)として知られている病気を参照しています(それは、91の国家に広がって私達の社会の中で疫病になりました)。数年前述べられた米国ニュースと世界リポート:「次の13年以内にエイズの治療法がないならば、千万は死ぬでしょう」。エイズ自覚と防止についての話のalotがあっても、それの完全な危険は、ますますその同性愛に賛成の偏向を示した疾病予防センターとメディアによるすっぽり覆いでした。

国連の世界保健機構(WHO)、ボリューム47、251ページの1972年の公報の中で、それは言います:「試みは、ウイルスが実のところ選択効果を免疫機能に及ぼすことができるかどうかを確かめるためにされるべきです」。「可能性は調査されるべきです(自身があるかもしれないウイルスへの免疫反応が、与えるウイルスがウイルスに反応している細胞を多少選択的に損うならばそれを害しました)」。これはエイズウイルスのように聞こえているのに、なぜそれは健康組織によって議論されていますか?

羊と牛からのデリバティブは、一般的に、ワクチンを製造するために使われていて、しかし、これらの動物に共通の一定のウイルスは、レトロウイルスと呼ばれる致死性ウイルスの新品種を成形して、無制限に対話することができます。

1974年に、全米科学アカデミーは、「実験(リンク)動物ウイルスを自発的に延期することにおけるこの委員会のメンバーと、世界じゅうの科学者は協力します」ように勧めました。ロバート・シュトレッカー博士、練習胃腸病学者は、セキュリティー・パシフィック銀行についてのヘルスケア提案に取り組むためにコンサルタントに雇われた薬学における博士号とともに、言いました:「私は、エイズが人造の問題であるというどのような疑念もあると思いません」。問題は、それが偶然または意図的に作成されたかどうかです。「私は、エイズウイルスが要求されて、予測されて、生み出されて、展開されたと信じます」。エイズの起源についての最も一般的な理論は、それがアフリカのミドリザルから来たことでした。それでも、何人かのウイルス学者は、エイズウイルスが自然にどのような動物にも存在していないと言いました。さらに、私達が現在いるポイントにまさに1つのエピソードから到着することは統計的に不可能であったでしょう。エイズウイルスが猿と起こったならば、病気は、彼らとより親しく、食料源として彼らを使うピグミーと浮上したであろうし、まだ、それは最初に都市に出ました。エイズが事実上同時に米国、ハイチ、ブラジル、および中央アフリカに存在していたという事実から、さらなる不利な証拠は来ます。シュトレッカーの研究は、牛属(雌牛)白血病ウイルスとビスナ(羊)ウイルスを結合し、それらを人の組織培養に注入することによって軍隊伝染病ユニットとして知られている米国陸軍の細菌戦ユニットにおいて、エイズウイルスがフォートディートリック、メリーランドで世界保健機構との協力における、それらの研究所で国立がん研究所によって開発されたことを示しました。ウシ白血病ウイルスは雌牛に致命的であるけれども、人に致命的でありません;そして、ビスナウイルスは羊に致命的であるけれども、人員を配置することになっていません。

しかし、結合される時に、彼らは、彼らが入るセルの遺伝の混合物を交換することができるレトロウイルスを作り出します。

彼は言いました:「人が人のエイズウイルスの遺伝子と牛のウシ白血病ウイルスと羊のビスナウイルスの遺伝子を分析し、それらを比較するならば、遺伝子は関連するようです」。それは、可能に that エイズのように見えて、エイズ似の病気を生み出す牛属のビスナウイルス- どうであり、1972年-のチンパンジーの生み出されたマリニ肺炎は分析されず、自然雑誌において、『牛属の動物Lente(「遅れます」のためのラテン語)ウイルスの説明および分子のクローンは、ヒト免疫不全ウィルスと関連しました』が出版された1987年まで、エイズ…と比較されませんでしたか。「マシュー・ゴンダ、作者は、エイズのように見えるウイルスを説明し、牛属のビスナウイルスを名付けて、それがエイズと最も密接に関連していて、その先駆者であるのももっともであることを示唆しました」。何人かの研究者は、1972年の天然痘予防接種プログラムが、ウイルスを人口に導入するために使われたと信じます。

アフリカで、エイズは一般に異性の病気であるけれども米国に、それは‘ゲイの’病気である恥辱を持っています。

1978年に先がけて、エイズウイルスの合図が全然なかったけれども1978年に、致死の病気は同性愛のコミュニティの中でいやというほど打ちました。証拠は実験的なB型肝炎ワクチンの導入を示します。

1969年に、ロシアで教育を受けたW.Schmugner博士、ポーランド医師は米国に来ました(そこで、彼はニューヨーク市血液銀行の頭になりました)。彼は肝炎ワクチン研究のためにガイドラインを設定し、20と40歳の間の乱雑な男だけが研究に含められていました(それは、いくつかを、これが、どうウイルスがゲイ人口に導入されたかであったと信じる気にさせました)。

肝炎ワクチンの(それは人の組織培養から示されません)場合に、エイズウイルスがワクチンに意図的に入れられたことを示すような偶然の汚染を1981において持つことは不可能で、疾病予防センターは、肝炎ワクチンを受け取っているそれらのb%がエイズに感染したことを報告したけれども、1984年に、彼らは、それが実際60%であったと認めていました。これらの肝炎ワクチン研究は現在ワシントン、DCの司法省の所有にあります。病気が人口の中で確立されることを可能にするために、様々な事実はすっぽり覆いと上の磨きでした。たくさんのは性的行為と静脈内の薬使用を通して体液の交換であって、エイズ伝染の主要な原因を強調されています(それは、クリーンで、未使用の針とコンドームを使う重要性のためにキャンペーンをもたらしました)。コンドームの使用はエイズウイルスのトランスミッションからの保護を保証していません。それにかかるすべては、1つのエイズビリオン(そのままのその外のコートを持つ完全なウイルス粒子)であり、最も小さい精子は500倍大きい その1つのそのようなビリオン 。

さらに、30-50%の故障率が報告されて以来ずっと、コンドームの品質は非常に疑わしくなっています。実のところ、エイズが、隔離が、病気に苦しむ人々に置かれることを要求する高い伝染病である時に、日常的接触のリスクは軽視されています。

それがある流行として病気を扱うというよりも、政府は、エイズキャリアに一般の住民へのより多くの権利とより多くの露出を与えることに関係しました。ウイルスが最高乾燥したペトリざらの上の、そして水(雨天)環境における7日まで、最高15日までに耐えることができることを示す具体的な医学の証拠があります。これは問題を提起し、エイズキャリアがパンチボウルまたはサラダの中にくしゃみするならば、起こるであろうことはボウリングをします。それは、病気の目立った合図を起こす10-15年前に生み出すことができます(それは、性的関係があなたを、あなたのパートナーがその期間に持っていたすべての性的なコンタクトにさらすことを意味しています)。言われた英国医学のジャーナルランセットの中の1985年2月18日のリポート:

「虫刺されを通して異性の接触または血への露出を通して送られるために、(そしてそれ)が思われるアフリカエイズ患者の間に、ほとんど、同性愛の活動の証拠がありません…」1985年9月9日に、国立がん研究所、腫瘍細胞生物学の研究所、および熱帯医学の研究所からの研究者の研究チームは、「ヒト・レトロウイルスは蚊によってまたは寄生虫自身中で送られることができました」と言いました。1981年10月に出版されたリポートの中で、国立予防衛生研究所との科学、ボストンの血液学者ジェロームGroopman博士、および研究者の問題は、「唾液からの」エイズウイルスの回復が、「この体液との直接的な接触が避けられました…であるべきであることを示唆する」と伝えていました。1985年1月11日に、疾病予防センターは報告しました:

「(にキスしているオーラルセックスの接触または親友を通して他のものの露出によって他を感染させるリスクがあります」french(「キス)」。リチャード・レスタック博士、ワシントンの神経科医はこの声明を出しました:

「この時点で、ライブエイズウイルスは血、精液、血清、唾液、尿、および今涙から分離されています」。

ウイルスがこれらの流体の中に存在しているならば、知恵のよりよい部分は、私達が、それがまたこれらのルートによって送られることができるという可能性を仮定すると命じます。「従って、エイズ犠牲者が献血または血液製剤をするべきでなく、精液銀行に寄付するべきでなく、組織または器官を臓器バンクに寄贈するべきでなく、歯または医学の専門家として働くべきでなく、たぶん糧食勤務員として雇われないべきであることは手頃であるようです」。ハーバード・メディカル・スクールのウィリアム・ハセルタイン教授は、大学聴衆へのプレゼンテーションにおいて、「あなたに、エイズが唾液によって感染されないと断定的に言うかの」誰も「真実をあなたに話していない」と言いました。「エイズは実のところ涙、唾液、体液、および蚊に刺されたあとによって伝染しているかもしれません」。エイズは、停止しないであろう伝染病です。

この致死性ウイルスを作成した科学者は、インフルエンザより100倍速く増加するウイルスを作成しました。

180個の違うエイズウイルスと300の緊張があります(それは血液検査を無意味にします)。

ウイルスは常に変異しています(それが、みんなと効果的であろう一般的なワクチンを開発することが不可能にします)。

まったく単に、エイズは20世紀の疫病であり、毎年、影響されたそれらの数は二倍になります。

バニティ・フェアの1987年3月号の中で、ウィリアム・グレース博士(ニューヨークのセント・ヴィンセント病院の腫瘍学のチーフ)は、言うことを引用されます:「私は、エイズが、アメリカ医療制度を荒廃させようとしていると思います」。

医学的にそれと戦うことができないことのほかに、特に、全国的な医療が設立されるならば、病気は経済的消耗であることに進行するでしょう。その目的が、人口の外で拾うことであったならば、それは確かに成功するでしょう。

この病気の祖先が、自身が露光されることを防止するために保護の手段を持たなければならないことは仮定されなければなりません。エリートは、その面からそうに、汚染されることからのリスクがほとんどないという彼らの見解のため一般の住民からすでに自身を分離しました。医学の治療の場合には、それらは最もよい医学治療お金にアクセスできます 私的で、汚点がない血供給品を買い、おそらく所有できる 。何とかして、私は、全く、それらが、それらが地球に置いたむちを終えると思い that 人口への限界のそれらのゴールに到着した時 どのように 意志 ないではいられない。

法廷の弁護士が、証人に、彼がすでに答えを持っていない質問をしないまさにことわざにもあるように;

すでにそれらがそれのための治療を持っていなかったことにおいて同じ推論はここにあてはまるようで、啓蒙主義者は病気を解放しません。この本、Broの初期の出版の後。R.G.階段、有名な福音伝道者は、私の理論を確認するようであった匿名の手紙を受け取りました。作家は、ロバート・ガロ博士(エイズウイルスの共同発見者)とともに同じ研究所で働く分子生物学者であると主張しました。作家は、今、入手可能なエイズワクチンがあり、500,000,000の一服が生み出されていて、今、入手可能であると主張します。


現在砲弾。

作家は偶然、ギャロが、実際エイズウイルスを作成し、新世界秩序に言及した政府高官から彼のオフィスで2、3通の手紙を発見したと気づきました。ギャロと8人の他の科学者が、それがより容易に送られることができるようにウイルスの遺伝的構造を修正するために働いていたことは信じられます。Whetherエイズは除去の車であり、ローマ・クラブが参照し、疑いなく憶測に開いていて、すべてを考慮して、問題が上げさえしました。しかし、きちんと、1世界政府のために世界を準備する写真全体の中に、パズルのこの小さな断片が適合している方法で、あなたは否定することができません。

スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

many many make セルクル 21cm

検索エンジンからたどり着きました。

ドットでホット つぶつぶ2000

☆オカモト製☆2000個ものつぶつぶ(凸凹)が凄い!

HIFANA

Q1.MICOさんをいつ、どういったきっかけで知りましたか? 若かりしころ音楽好きの兄の部屋でDUBの次に聴かせてもらいました。ショック!コモエスタさんのコンピレーションでしたね。

車のセキュリティー情報

車のセキュリティーって?車のセキュリティーの方法など

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR