FC2ブログ

カールマルクス・。

THE RISE OF KARL MARX


Heinrich Karl Marx (Moses Mordecai Marx Levy, 1818-83) was born of wealthy parents (his father was a lawyer), and much of his personal life has never been revealed. Professor M. Mtchedlov, Vice-Director of the Marx Institute, said that there were 100 volumes in his collection, but only thirteen have ever been reprinted for the public. When he was six, his family converted to Christianity, and although he was once a believer in God, after attending the Universities of Bonn and Berlin, Marx wrote that he wanted to avenge himself “against the One who rules above.” He joined the Satanist Church run by Joana Southcott, who was said to be in contact with the demon Shiloh. His early writings mentioned the name “Oulanem,” which was a ritualistic name for Satan. A friend of Marx wrote in 1841, that “Marx calls the Christian religion one of the most immoral of religions.” His published attacks against the German government caused him to be ejected from the country.


He received a Doctorate in Philosophy in 1841, but was turned down for a teaching position, because of his revolutionary activities. In 1843, he studied Economics in Paris, where he learned about French communism. Again he was expelled for revolutionary activities. In 1844, he wrote the book A World Without Jews even though he was Jewish. In 1845, he moved to Brussels, where, with German philosopher, Friedrich Engels (the son of a wealthy textile manufacturer, 1820-95), who he met in Paris in 1844, they reorganized the Communist League.


カール・マルクスの上昇


ハインリヒ・カール・マルクス(1818-83のモーセモルデカイマルクスLevy)は裕福な親に生まれました、そして、(彼の父は弁護士でした)彼の私生活の多くが一度も明らかにされたことがありません。 M.Mtchedlov教授、マルクスInstituteの副長官は、彼の収集には100本のボリュームがあったと言いましたが、13だけが今までに、公衆のために増刷されたことがあります。 彼が6歳であったときに、彼の家族はキリスト教に変えました、そして、かつて彼は神という信者でしたが、ボンとベルリンの大学に通った後に、マルクスは彼が「上で統治するOne」に自分のかたきを討ちたがっていると書きました。 彼はJoanaサウスコットによる悪魔主義者の教会走行に参加しました。(サウスコットは、悪霊Shilohに接触していると言われました)。 彼の早めの文章は名前"Oulanem"について言及しました。(それは、魔王のための儀式主義の名前でした)。 マルクスの友人は1841年に書いて、それは「マルクスは最も不道徳な宗教のキリスト教1を呼びます」です。 ドイツの政府に対する彼の発行された攻撃で、国から彼を追放しました。


彼は、1841年にPhilosophyでDoctorateを受けましたが、教職に拒絶されました、彼の革命を目指す活動のために。 1843年に、彼はパリでEconomicsを研究しました。そこでは、彼がフランスの共産主義に関して学びました。 一方、彼は革命を目指す活動によって追放されました。 1844年に、ユダヤ人でしたが、彼は本AにWorld Withoutユダヤ人を書きました。 1845年に、彼はブリュッセルに移りました。(彼は1844年にパリでエンゲルスに会いました)。そこでは、ドイツ人の哲学者、フリードリヒ・エンゲルス(1820-95の裕福な織り元の息子)と共に、彼らが共産党員Leagueを再編成しました。


Engels had joined the ‘Young Germany’ group (which had been established by Giuseppe Mazzini) in Switzerland in 1835. He later became a 32nd degree Mason (as did Marx). In 1842 he was sent to England to manage the family’s mill in Manchester. A journalism student, in 1843 he published a treatise on economics called Outlines of a Critique of Political Economy; and in 1844, wrote a review of Thomas Carlyle’s Past and Present, and also a booklet called The Condition of the Working Class in England in 1844. It was Engel’s philosophy that established the basis for the ideas which were developed by Marx.


エンゲルスは1835年のスイスの‘若いドイツ'というグループ(ジュゼッペ・マッツィーニによって設立された)に加わりました。 彼は後で第32度メイスン(マルクスのような)になりました。 1842年に、マンチェスターの家族の工場を経営するために彼をイギリスに送りました。 ジャーナリズムの学生であり、1843年に、彼はPolitical EconomyのCritiqueのOutlinesと呼ばれる経済学に関する論文を発表しました; コネ、1844 1844年にイギリスでトーマス・カーライルのPastとPresentのレビューを書いて、また、Working ClassのConditionと呼ばれる小冊子を書きました。 それはマルクスによって開発された考えの基礎を確立したエンゲルの哲学でした。


In 1848, Marx published his Communist Manifesto (which he was working on from 1830-47), from an Engel’s draft (which was an extension of Engel’s Confessions of a Communist), which also borrowed heavily from Clinton Roosevelt’s book, The Science of Government Founded on Natural Law which echoed the philosophies of Weishaupt. It had been commissioned by the Communist League in London. The League, formerly known as the League of the Just (or the League of Just Men), which was an off-shoot of the Parisian Outlaws League (which evolved from the Jacobin movement), was founded by Illuminati members who fled from Germany. The League was made up of rich and powerful men from different countries that were behind much of the turmoil that engulfed Europe in 1848. Many researchers consider them either a finger organization of the Illuminati, or an inner circle. Originally introduced as the Manifesto of the Communist Party in London, on February 1, 1848, the name was changed to the Communist Manifesto, and the name of Karl Marx was added as its author twenty years later, after a series of small revolutions failed.


Marx wrote in 1848: “The coming world war will cause not only reactionary classes and dynasties, but entire reactionary peoples, to disappear from the face of the earth.” Friedrich Engels, that same year, wrote: “The next world war will make whole reactionary peoples disappear from the face of the earth.”


1848年に、マルクスは彼の共産党員Manifesto(彼が1830-47から働いていた)を発行しました、エンゲルの草稿(エンゲルの共産党員のConfessionsの拡大であった)から、ワイスハウプトの哲学を反映したNatural法の政府FoundedのScience。(また、草稿はクリントン・ルーズベルトの本から大いに借りました)。 それはロンドンで共産党員Leagueによって任命されました。 パリジャンのOutlaws League(ジャコバン党員運動から発展した)の分枝であったJust(または、Just MenのLeague)が以前Leagueとして知られているLeagueはドイツから逃げたIlluminatiメンバーによって設立されました。 Leagueは1848年にヨーロッパを巻き込んだ騒ぎの多くの後ろにあった異なった国からの豊かで強力な男性を上がった状態で作られました。 多くの研究者が、彼らがIlluminatiの指の組織か権力中枢部の側近グループのどちらかであると考えます。 元々、1848年2月1日に共産党のManifestoとしてロンドンで導入しています、名前は共産党員Manifestoに変わりました、そして、カール・マルクスという名前は20年後に作者として加えられました、一連の小さい革命が失敗した後に。


マルクスは1848年に書きました: 「次の世界大戦は球全体から見えなくなるように反動的なクラスと王朝だけではなく、全体の反動的な民族も引き起こすでしょう。」 フリードリヒ・エンゲルス(その同じ年)は書きました: 「来世戦争で、全体の反動的な民族は球全体から姿を消すでしょう。」





The Manifesto was described by Marxians as “The Charter of Freedom of the Workers of the World,” and it was the platform of the Communist League. It advocated the abolition of property in land, and the application of all land rent to public purposes; a heavy progressive or graduated income tax; abolition of all rights of inheritance; the confiscation of all the property of immigrants and rebels; centralization of credit in the hands of the State with a national bank; centralization and State control of all communication and transportation; expansion of factories to cultivate waste lands, and create industrial armies, especially for agriculture; gradual abolition of the distinction between town and country to have a more equitable distribution of the population over the country; the elimination of child factory labor and free education for all children in public schools.


This revolutionary plan for socialism, which included the abolition of all religion, was reminiscent of the doctrines of Weishaupt. It was basicaIly a program for establishing a ‘perfect’ state, and it called for the workers (proletariat) to revolt and overthrow capitalism (the private ownership of industry), and for the government to own all property. Marx, felt, that by controlling all production, the ruling power could politically control a country. After the communist regime would take over, the dictatorship would gradually “wither away” and the result would be a non-government. The final stage of communism is when the goods are distributed on the basis of need. Leonid Brezhnev, when celebrating the 50th anniversary of the U.S.S.R., said: “Now the Soviet Union is marching onward. The Soviet Union is moving towards communism.”


ManifestoはMarxiansによって「世界の労働者の自由の憲章」と説明されました、そして、それは共産党員Leagueのプラットホームでした。 それは公共の目的に土地の所有権の撤廃、およびすべての小作料の適用を支持しました; 重い進歩的であるか目盛りの付いた所得税; すべての遺産相続権の撤廃; 移民と反逆者のすべての特性の押収; 国家の銀行がある州の手のクレジットの中央集権; すべてのコミュニケーションと輸送の中央集権と州コントロール; 特に農業のために荒地を耕作して、産業軍隊を創設する工場の拡大; 国の上に人口の、より公正な分配を持つ町と国での区別の段階的廃止; すべての子供のための子供工場の労働と無償教育の除去は公然と群がります。


社会主義のためのこの革命のプランはワイスハウプトの主義のなごりでした。(社会主義はすべての宗教の撤廃を含んでいました)。 それは、反乱を起こす‘完全な'状態を設置するためのプログラム、およびそれが労働者(プロレタリアート)を求めたbasicaIlyであり、資本主義(産業の私有)を打倒して、すべての土地を所有する政府のためにそうします。 生産、すべての統治権を制御することによって政治的に国を制御することができるだろう感じられたマルクス。 共産主義政権が引き継いだ後に、独裁は徐々に「遠くで萎むでしょう」、そして、結果はa非政府でしょう。 最終的なステージの共産主義は商品が必要性に基づいて分配される時です。 U.S.S.R.の50回目の記念日にお祝いするとき、レオニード・ブレジネフは言いました: 「今、ソ連は前方へ行進する予定です。」 「ソ連は共産主義に近づいています。」


Meanwhile, Professor Carl Ritter (1779-1859), of the University of Berlin, a co-founder of modern geographical science, was writing a contrasting view, under the direction of another group of Illuminists. The purpose of this was to divide the people of the world into opposing camps with differing ideologies. The work started by Ritter, was finished after he died, by German philosopher Friedrich Wilhelm Nietzsche (1844-1900), who founded Nietzscheism, which later developed into Fascism, and then into Nazism, which was later used to ferment World War II. Although the Nazis, in quoting from Nietzsche, considered themselves to be the Master Race, Nietzsche did not. Nietzsche tried to stir things up at the top of the social order, while Marx hammered away at the bottom, concentrating on the lower class and working people. Nietzsche wanted to keep the uneducated in a state of slavery, while Marx wanted to neutralize the elite, and pushed for the rights of the people.


Marx worked as a correspondent for the New York Tribune (whose Editor was Horace Greeley, 1852-61), covering the 1848 European revolutions. One source has reported that even these articles were written by Engels. In 1857 and 1858, Marx wrote a few articles for the New American Cyclopedia.


その間、ベルリン大学のカールリッター(1779-1859)教授(現代の地理的な科学の共同設立者)は対照視点を書いていました、Illuministsの別のグループの指示に基づき。 この目的は異なったイデオロギーで世界の人々を反対しているキャンプに分割することでした。 ニーチェは、「ニーチェ-主義」を設立しました。(「ニーチェ-主義」は後でファシズムの上に伸びました)。(それは、より遅れていました)。仕事は、リッターで始まって、彼がドイツ人の哲学者のフリードリヒ・ウィルヘルム・ニーチェ(1844-1900)で死んだ後に終わって、第二次世界大戦をかき立てるのにそして、ナチズムに使用されました。 ニーチェから引用する際に、ナチスは、自分たちがMaster Raceであると考えましたが、ニーチェは考えたというわけではありません。 ニーチェは社会の階層の先端で揺さぶりをかけようとしました、マルクスが下部をこつこつやりましたが、労働者階級と勤労者に集中して。 ニーチェは奴隷制度の事情の無教育を保ちたがっていました、マルクスが、エリートを中和したくて、人々の権利を要求しましたが。


マルクスはニューヨークトリビューン(Editorはホラティウス・グリーリー、1852-61であった)の通信員として働いていました、1848年のヨーロッパの革命をカバーしていて。 1つの情報筋が、これらの記事さえエンゲルスによって書かれたと報告しました。 1857年と1858年に、マルクスはNewのアメリカのCyclopediaのためのいくつかの記事を書きました。


On September 28, 1864, Marx and Engels founded the International Workingmen’s Association at St. Martin’s Hall in London, which consisted of English, French, German, Italian, Swiss, and Polish Socialists, who were dedicated to destroying the “prevailing economic system.” It later became known as the First Socialist International, which eight years later spread to New York and merged with the Socialist Party. The statutes they adopted were similar to Mazzini’s, and in fact, a man named Wolff, the personal secretary of Mazzini, was a member, and pushed Mazzini’s views. Marx wrote to Engels: “I was present, only as a dumb personage on the platform.” James Guillaume, a Swiss member, wrote: “It is not true that the Internationale was the creation of Karl Marx. He remained completely outside the preparatory work that took place from 1862 to 1864...” Again, we find evidence that the Illuminati did in fact control the growing communist movement, but not to deal with the problems of workers and industry, rather it was to instigate riot and revolution. The Marxist doctrine produced by the Association was accepted and advocated by the emerging labor movement, and soon the organization grew to 800,000 dues-paying members.


Even though Marx publicly urged the working class to overthrow the capitalists (the wealthy who profited from the Stock Exchange), in June, 1864, “in a letter to his uncle, Leon Phillips, Marx announced that he had made 400 pounds on the Stock Exchange.” It is obvious that Marx didn’t practice what he preached, and therefore didn’t really believe in the movement he was giving birth to. He was an employee, doing a job for his Illuminati bosses.


1864年9月28日に、マルクスとエンゲルスはロンドンに聖マーチンのHallに国際WorkingmenのAssociationを設立しました。(それは、イギリスの、そして、フランスの、そして、ドイツの、そして、イタリアの、そして、スイスの、そして、ポーランドの社会党員から成りました)。(その社会党員は、「行き渡っている経済システム」を破壊するのに捧げられました)。 それは、後でFirst社会主義インターナショナルとして知られるようになって、どの8年後にニューヨークに広まったか、そして、社会党と合併しました。 彼らが採用した法令がマッツィーニのものと同様であり、事実上、ヴォルフという男性(マッツィーニの秘書)は、メンバーであり、マッツィーニの視点を押しました。 マルクスはエンゲルスに書きました: 「私は単に馬鹿な著名人としてプラットホームに出席していました。」 ジェームス・ギヨーム(スイス人のメンバー)は書きました: 「インターナショナルがカール・マルクスの創造であったのは本当ではありません。」 「彼は1862年から1864年まで行われた準備工事の完全外に残っていました」… 一方、私たちはIlluminatiが事実上増加している共産主義運動を制御しましたが、労働者と産業の問題に対処しないように、暴動と革命を扇動することになっていたという証拠を見つけます。 現れている労働運動でAssociationによって生産されたマルキシストの主義を、受け入れて、支持しました、そして、すぐ、組織は80万人の会費を支払うメンバーまで成長しました。


マルクスは、資本家(証券取引所から利益を得たこと裕福)を打倒するように公的に賃金労働者階級に促しましたが、1864年6月に、「彼のおじ、レオンフィリップスへの手紙では、マルクスは、彼が証券取引所の400ポンドを稼いだと発表しました」。 マルクスが彼が説いたことを練習しないで、またしたがって、本当に彼が生んでいた動きを信じなかったのは、明白です。 彼のIlluminatiボスのために仕事して、彼は従業員でした。


Nathan Rothschild had given Marx two checks for several thousand pounds to finance the cause of Socialism. The checks were put on display in the British Museum, after Lord Lionel Walter Rothschild, a trustee, had willed his museum and library to them.


In 1867, Marx wrote the first volume of Das Kapital, which became known as the “Bible of the Working Class.” Marx felt, that as the workers achieved various reforms, there would be a possibility for the peaceful evolution towards socialism. A little known fact, is that Marx’ beliefs were gleaned from the writings of Weishaupt, Babeuf, Blanc, Cabet, Owen, Ogilvie, Hodgkin, Gray, Robert Thompson, William Carpenter, and Clinton Roosevelt; which he discovered from his hours of research in the Reading Room of the British Museum. The second volume appeared after Marx’ death, edited by Engels from Marx’ notes, in 1885; and volume three appeared in 1894.


When Marx died in March 14, 1883, only six people attended his funeral. He never supported his family, which had produced six children. Three of them died of starvation in infancy and two others committed suicide. Actually, Engels supported Marx with income from his father’s cotton mills in England. Marx was buried in London, at Highgate Cemetery.


数1,000ポンドがSocialismの原因を融資するように、ネイザン・ロスチャイルドは2つのチェックをマルクスに与えました。 チェックは大英博物館でディスプレーされていた状態で置かれました、主のライオネル・ウォルター・ロスチャイルド(受託者)がそれらに彼の博物館とライブラリを望んだ後に。


1867年に、マルクスはDas Kapitalの最初のボリュームを書きました。(Das Kapitalは「賃金労働者階級の聖書」として知られるようになりました)。 マルクスが感じられて、労働者としてのそれは様々な改革を達成して、平和な発展のための可能性は社会主義に向かっているでしょう。 '事実を少し知って、マルクス'信念がワイスハウプト、Babeuf、ブラン、カベー、オーエン、オギルビー、ホジキン、グレー、ロバートトンプソン、ウィリアムCarpenter、およびクリントン・ルーズベルトの文章から収集されたということです; 彼は大英博物館のReading Roomにおける彼の数時間の研究から発見しました。 '1885年にエンゲルスによってマルクスの'注意から編集されて、2番目の量はマルクス'死の後に現れました; そして、第3巻は1894年に現れました。


マルクスが1883年3月14日に死んだとき、6人の人だけが彼の葬儀に出席しました。 彼は家族を決して養いませんでした。(その家族は、6人の子供を生産しました)。 彼ら3人は幼年時代における飢餓で死にました、そして、2人の他のものが自殺しました。 実際に、エンゲルスはイギリスで収入で彼の父の紡績工場からマルクスを支持しました。 マルクスはハイゲート共同墓地にロンドンに埋葬されました。


The Social Democratic Party in Germany, in 1869, was the first Marxist aligned political Party. They favored an independent working class. It grew rapidly, despite the effort of Chancellor Otto von Bismarck to break it up through the enactment of anti-socialist legislation. In 1877, they elected a dozen members to the Reichstag. In 1881, they had 312,000 members; and by 1891, 1,427,000. In 1891, they eliminated their earlier leanings toward State-aid for co-ops, and aligned themselves with the Marxist goal of “the abolition of class rule and of classes themselves.”


Some of the early Socialist Parties were: Danish Social Democratic Party (1870’s), Swedish Socialist Party (1889), Norwegian Labor Party (1887), Austrian Social Democratic Party (1888), Belgian Labor Party (1885), Dutch Socialist-Democratic Workers Party (1894), Spanish Social Labor Party (1879), Italian Socialist Party (1892), and the Social Democratic Federation of Great Britain (1880’s).


In 1889, the Second International was formed, with their headquarters in Brussels, Belgium. Their main responsibility was to create some sort of unity within its ranks. It was totally organized along Marxist philosophies.


ドイツ、1869年の社会民主党全国連合は最初のマルキシストの並べられた政治上のPartyでした。 彼らは独立している賃金労働者階級を支持しました。 それはどんどん伸びていました、外務書記オットーフォンBismarckが反社会主義者法律の制定でそれを壊れさせるための努力にもかかわらず。 1877年に、彼らは1ダースのメンバーを帝国議会に選出しました。 1881年に、彼らには、31万2000人のメンバーがいました; 1891年までに142万7000。 1891年に、彼らは、消費者組合のためにそれらの以前の傾きを州-援助に向かって排除して、自分たちを「クラス規則とクラス自体の撤廃」のマルキシストの目標に合わせました。


いくつかの前の社会党員Partiesは以下の通りでした。 デンマークの社会民主党全国連合(1870年代)、スウェーデンの社会党(1889)、ノルウェーの労働党(1887)、オーストリアの社会民主党全国連合(1888)、ベルギーの労働党(1885)、オランダの社会主義的に民主党の労働党(1894)、スペインの社会的な労働党(1879)、イタリアの社会党(1892)、および英国の社会民主党連邦(1880年代)。


1889年に、それらの本部がブリュッセル(ベルギー)にある状態で、国際Secondは形成されました。 それらの主な責任はランクの中である種の統一を作成することでした。 それはマルキシストの哲学に沿って完全に組織化されました。





スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アントレ 2003 10月号―「雇われない生き方」が探せる独立情報誌」

アントレ 2003 10月号―「雇われない生き方」が探せる独立情報誌」....

many many make(貝印) チョコレート型

とても参考になりました。トラックバックさせていただきました。

BOSSアコースティックギタープロセッサーAD-8

読者になります。

税金 所得譲与税とは

所得譲与税とは、国税である所得税の収入のうち一部を地方に譲る税金のことです。この所得譲与税は....

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR