FC2ブログ

共産党は、彼ら自身の間で戦います/その1


COMMUNISTS FIGHT AMONG THEMSELVES


At the meeting of the 22nd Party Congress in the fall of 1961, the rivalry between Russia and China came out in the open. It centered around two issues: the place of Stalin in communist history, and relations with the country of Albania. Khrushchev (1894-1971), the Soviet premier from 1958-64, made verbal attacks on Stalin constantly, and even had his body removed from the mausoleum on Red Square. Mao Tse-tung, and the Chinese Communists went out of their way to proclaim their loyalty to the dead leader. When Enver Hoxha, the Communist ruler of Albania refused to follow Khrushchev’s lead in condemning Stalin, Russia canceled all economic and technical aid, and recalled all Soviet personnel. China then sent in their own advisors, praising Albania for their stand.


China was upset because Russia failed to support them during a recent military action, and was suspicious of Khrushchev’s policy of ‘peaceful coexistence’ with the United States. Since 1961, world communists have split into either pro-Soviet or pro-China factions. China began advocating Maoism, rather than Marxist-Leninism.


Stalin had said: “The object of Soviet Communism is victory of Communism throughout the world ... by peace or war.” Russia boasted that within a generation, the whole world would be communist. Meanwhile, China also insisted that war was inevitable. Chou En-lai, the Chinese premier from 1949-76, said publicly: “The white race constitutes about one-tenth of the world’s population. Let us completely annihilate the White man. Then we shall be free of him once and for all.”


共産党は、彼ら自身の間で戦います


1961年の秋の22回目の党大会の会議で、ロシアと中国の間の競争は、外で出ました。それは、およそ2つの問題を中心におきました:共産主義の歴史のスターリンの場所とアルバニアの国との関係。フルシチョフ(1894~1971)(1958-64からのソビエト首相)は、絶えずスターリンへのことばの攻撃をして、彼の体を赤の広場の霊廟から取り除いてもらいさえしました。毛沢東と中国の共産党は、死んだリーダーに対する彼らの忠義を宣言する努力をしました。いつのエンベルホッジャ(スターリン(経済ロシアキャンセルされたすべてと技術的な援助)を有罪と判決することのフルシチョフの前文に続くために拒否されるアルバニアと呼び戻された全くソビエト人員の共産統治者)。中国はそれから彼ら自身のアドバイザーを入れました。そして、アルバニアの彼らの姿勢を称賛しました。


ロシアが最近の軍事行動の間、彼らを支えることができなかったので、中国は動揺していて、アメリカ合衆国で『平和な共存』のフルシチョフの方針を疑っていました。1961年以降、世界共産主義者は、プロソビエトであるか中国びいきの派閥に分かれました。中国は、毛沢東主義(マルクス主義のレーニン主義よりむしろ)を主唱し始めました。


スターリンは言いました:「ソビエト共産主義の対象は、世界を通した共産主義の勝利です...平和または戦争によって。」と、ロシアが1世代以内にとても誇りとしました、全世界は共産主義者です。一方、中国も戦争が必然的であると主張しました。周恩来(1949-76からの中国の首相)は、公的に言いました:「白色人種は、世界の人口のおよそ10分の1を構成します。完全にホワイト男を絶滅させよう。それから、我々は今度限り彼から自由です。」


Because China had their own thoughts of world domination, a major rift developed between the two communist giants. China became angry over Russia’s refusal to give them nuclear weapons, so after 14 years, Russia ceased all aid to China.


THE SPREAD OF COMMUNISM


George Washington, during the winter of 1777 at Valley Forge, had a vision that showed a red light moving towards America, The account was given in 1859 by an old soldier, to writer Wesley Bradshaw, who had it published in the American War Veteran’s paper, the National Tribune, in December, 1880 (reprinted in Stars and Stripes, on December 21, 1950):


I do not know whether it is owing to the anxiety of my mind, or what, but this afternoon, as I was sitting at this table engaged in preparing a dispatch, something in the apartment seemed to disturb me. Looking up, I beheld standing opposite me a singularly beautiful being. So astonished was I, for I had given strict orders not to be disturbed, that it was some moments before I had found language to inquire the cause of the visit. A second, a third, and even a fourth time did I repeat my question, but received no answer from my mysterious visitor except a slight raising of the eyes.



By this time I felt strange sensations spreading through me. I would have risen but the riveted gaze of the being before me rendered volition impossible. I assayed once more to speak, but my tongue had become useless, as if paralyzed. A new influence, mysterious, potent, irresistible, took possession of me. All I could do was to gaze steadily, vacantly at my unknown visitor.



Gradually the surrounding atmosphere seemed to fill with sensations, and grew luminous. Everything about me seemed to rarefy, the mysterious visitor also becoming more airy and yet more distinct to my sight than before. I began to feel as one dying, or rather to experience the sensations which I have sometimes imagined accompany death. I did not think, I did not reason, I did not move. All were alike impossible. I was only conscious of gazing fixedly, vacantly at my companion.


中国には世界支配の彼ら自身の考えがあったので、主要な亀裂は2人の共産主義の巨人の間で発達しました。中国は彼らに核兵器を与えることに対するロシアの拒絶に怒っているようになりましたので、14年後に、ロシアは中国への全ての援助をやめました。


共産主義の広がり


ジョージワシントンには、フォージ渓谷の1777で冬のものの間、アメリカの方へ進んでいる赤ランプを示した展望がありました、作家ウエズレーブラッドショーに、口座は年をとった兵士によって1859年にされました。そして、その人はそれを1880年12月(1950年12月21日に、星条旗で再版される)にアメリカの戦争Veteranの紙(全国トリビューン)で出版しておきました:


私はそれが私の心の不安のためにあるかどうか、わかりません、あるいは、どうですか、しかし、今日の午後、私が急送を準備することに従事しているこのテーブルについていたので、アパートの何か私の邪魔をするようでした。見上げて、私は私の反対側に著しく美しい存在に耐えることを見ました。そして、私も驚きました、なぜならば、私は妨げられてはいけないという厳しい命令を与えました、私が言語が訪問の原因を尋ねるとわかる前に、若干の瞬間であった。ちょっと、第3で、均一な4分の1時間はしました。そして、私は私の質問を繰り返すが、目のわずかな飼育以外は私の不可解な訪問客から返事を受け取りませんでした。



この時までに、私は変な感覚が私に広がっていると感じました。私は起きました、しかし、私の前の存在の鋲着された凝視は意志力を不可能にしました。私は話す以上の一度を分析しました、しかし、まるで麻痺しているように、私の舌は役に立たなくなりました。強力で、抵抗できなくて、新しい影響(不可解な)は、私を手に入れました。ぼんやりと私の無名の訪問客で、私がすることができた全ては、着実に凝視にありました。



徐々に、周囲の空気は感覚でいっぱいになるようで、明るくなりました。私についてのすべては希薄になるようでした。そして、不可解な訪問客も私の視力により軽くて前によりこれまでに明瞭になりました。私は一体となって死にかかっていると感じ始めました、あるいは、私が時々想像した感覚をむしろ経験することは死を伴います。私は考えませんでした ? 私が結論しなかった ? 私は動きませんでした。全ては、同様に不可能でした。ぼんやりと私の仲間で、私は固定して見つめることを意識しているだけでした


Presently I heard a voice saying, ‘Son of the Republic, look and learn,’ while at the same time my visitor extended an arm eastward. I now beheld a heavy white vapor at some distance rising fold upon fold. This gradually dissipated, and I looked upon a strange scene. Before me lay, spread out in one vast plain, all the countries of the world? Europe, Asia, Africa, and America. I saw rolling and tossing between Europe and America the billows of the Atlantic and between Asia and America lay the Pacific. ‘Son of the Republic,’ said the same mysterious voice as before, ‘look and learn.’



At that moment I beheld a dark, shadowy being, like an angel, standing, or rather floating in mid-air, between Europe and America. Dipping water out of the ocean in the hollow of each hand, he sprinkled some upon America with his right hand, while with his left he cast some over Europe. Immediately a cloud arose from these countries, and joined in mid-ocean. For awhile it seemed stationary, and then it moved slowly westward, until it enveloped America in its murky folds. Sharp flashes of lightning gleamed through it at intervals, and I heard the smothered groans and cries of the American people (the American Revolution, which was in progress).



A second time the angel dipped water from the ocean and sprinkled it out as before. The dark cloud was then drawn back to the ocean, in whose heaving billows it sank from view.



A third time I heard the mysterious voice saying, ‘Son of the Republic, look and learn.’ I cast my eyes upon America, and beheld villages and towns and cities springing up one after another until the whole land from the Atlantic to the Pacific was dotted with them. Again, I heard the mysterious voice say, ‘Son of the Republic, the end of the century cometh, look and learn.’



And this time the dark shadowy angel turned his face southward. From Africa I saw an ill-omened specter approach our land. It flitted slowly and heavily over every town and city of the latter. The inhabitants presently set themselves in battle array against each other. As I continued looking I saw a bright angel on whose brow rested a crown of light, on which was traced the word ‘Union.’ He was bearing the American flag. He placed the flag between the divided nation and said, ‘Remember, ye are brethren (referred to the Civil War).


まもなく、私は声を聞きました。そして、言う、同時に、私の訪問客が東に腕を伸ばす間、『共和国の息子、見て、学んでください』。私は、その時折り目に若干の距離上る折り目でひどい白い霧を見ました。これは徐々に消えました、そして、私は変な場面を見ました。私の前に、1つの広大な平野に広げられて、世界ヨーロッパ、アジア、アフリカとアメリカの全ての国を置いてください。私は転がって、ヨーロッパとアメリカの間で大西洋のうねりを投げることを見て、アジアとアメリカの間で太平洋を置きます。『共和国の息子』、と、同じ不可解な声が前の通り言いました。『見て、学んでください。』



その瞬間に、私は暗闇を見ました。そして、天使のように、立つか、ヨーロッパとアメリカの間で、空中でむしろ浮いて暗かったです。水を各々の手のくぼみの海からすくい上げて、彼の左で彼がヨーロッパの上に何人かをキャストする間、彼はアメリカの上にいくつかに彼の右手を振りかけました。すぐに、雲はこれらの国に起因して、中央海嶺に参加しました。しばらくのために、それは動かないようでした、それから、それがその暗い折り目でアメリカを包むまで、それは西へゆっくり動きました。稲妻の鮮明な閃光は間をおいてそれを通して輝きました、そして、私はおおわれたうめき声と米国民(進行中だったアメリカ革命)の叫び声を聞きました。



二度目に、天使は水を海からすくい上げて、前の通りそれを外に撒きました。暗雲は、それから、海(それが表示から沈んだ上下している海の)に引き戻されました。



私には不可解な声が言っているのが聞こえた3分の1時、『共和国の息子、見て、学んでください。』、私はアメリカの上に私の目を投げて、大西洋から太平洋への全国には彼らが点在するまで、次々と出現している村と町と都市を見ました。また、『共和国の息子、comethな世紀の終わり、見て、学んでください。』と、私が不可解な声に言うのを聞きました。



そして、今度は、暗い暗い天使は、南方へ彼の顔を回しました。アフリカから、私は不吉な亡霊が我々の土地に接近するのを見ました。それは、ゆっくり、そして、重く、後者のあらゆる町と都市をよぎりました。住民は、まもなく彼ら自身を互いに対して戦闘隊形をとっているように設定しました。私が私に見えることが誰の額が光の頂部を休ませるかについて明るい天使に会うと続けたように、どちらがたどられたかの上で語『合併。』、Heはアメリカの旗を運んでいました。彼は分かれた国の間で旗を置いて、言いました ? 『覚えている、汝ら同胞(南北戦争にゆだねられる)。


Instantly, the inhabitants, casting down their weapons, became friends once more and united around the National Standard.



Again I heard the mysterious voice saying, ‘Son of the Republic, look and learn.’ At this the dark, shadowy angel placed a trumpet to his mouth, and blew three distinct blasts; and taking water from the ocean, he sprinkled it upon Europe, Asia, and Africa.



Then my eyes beheld a fearful scene. From each of these continents arose thick black clouds that were soon joined into one. And throughout this mass there gleamed a dark red light by which I saw hordes of armed men. These men, moving with the cloud, marched by land and sailed by sea to America, which country was enveloped in the volume of the cloud. And I dimly saw these vast armies devastate the whole country and burn the villages, towns and cities which I had seen spring up.



As my ears listened to the thundering of the cannon, clashing of swords, and the shouts and cries of millions in mortal combat, I again heard the mysterious voice saying, ‘Son of the Republic, look and learn.’ When this voice had ceased, the dark shadowy angel placed his trumpet once more to his mouth, and blew a long and fearful blast.



Instantly a light as of a thousand suns shone down from above me, and pierced and broke into fragments the dark cloud which enveloped America. At the same moment the angel upon whose head still shown the word ‘Union,’ and who bore our national flag in one hand and a sword in the other, descended from the heavens attended by legions of white spirits. These immediately joined the inhabitants of America, who I perceived were well-nigh overcome, but who immediately taking courage again, closed up their broken ranks and renewed the battle.


すぐに、住民は、彼らの武器を投げ倒して、もう一度友人になって、ナショナルスタンダードの回りに団結しました。



また、私には不可解な声が言っているのが聞こえました、『共和国の息子、見て、学んでください。』Atこの、暗い、暗い天使は、トランペットを彼の口に軽く当てて、3つの異なった銃撃をやりました;そして、海から水をとって、彼はヨーロッパ、アジアとアフリカの上にそれを撒きました。



それから、私の目は、恐ろしい場面を見ました。これらの大陸の各々から、1にすぐに加わられた濃い黒い雲は、起こりました。そして、この大量を通して、私が武装した男性の群れを見た暗い赤ランプは、輝きました。これらの男性は、雲とともに動いて、陸路で行進して、アメリカに船で航海しました、そしてそれは、地方は雲量に包まれました。そして、私はぼんやりとこれらの巨大な軍が全国を荒廃させて、私が出現するのを見た村、町と都市を燃やすのを見ました。



私の耳が死闘において、剣の衝突して、大砲と叫びでとどろき渡るものと数100万の叫び声を聞いたので、私には再び不可解な声が言っているのが聞こえました、『共和国の息子、見て、学んでください。』、この声が持ったWhenは止みました、暗い暗い天使はもう一度彼のトランペットを彼の口に軽く当てて、長くて恐ろしい銃撃をやりました。



すぐに、1000の恒星現在の光は、私の頭上にから下って輝いて、入って、アメリカを包んだ暗雲を断片になるまで壊しました。同じ瞬間に、誰の頭が語『組合』を示されて静まるか、そして、誰が他で1本の手と剣で我々の国旗を運んだか天使は、白い気分の多数によって出席される天の出でした。これらはすぐに、私がほとんど克服されると認めたアメリカの住民に加わりました。そして、その人以外の、すぐに心を引きつける勇気は再び彼らの壊れた集団を閉めて、戦いを再開しました。


Again amid the fearful noise of the conflict, I heard the mysterious voice saying, ‘Son of the Republic, look and learn.’ As the voice ceased, the shadowy angel for the last time dipped water from the ocean and sprinkled it upon America. Instantly the dark cloud rolled back, together with the armies it had brought, leaving the inhabitants of the land victorious.



Then once more, I beheld villages, towns, and cities springing up where I had seen them before, while the bright angel, planting the azure standard he had brought in the midst of them, cried with a loud voice: ‘While the stars remain, and the heavens send down dew upon the earth, so long shall the Union last.’ And taking from his brow the crown on which blazened the word ‘Union,’ he placed it upon the standard while the people, kneeling down said, ‘Amen.’



The scene instantly began to fade and dissolve, and I, at last saw nothing but the rising, curling vapor I at first beheld. This also disappeared, and I found myself once more gazing upon the mysterious visitor, who, in the same voice I had heard before, said, ‘Son of the Republic, what you have seen is thus interpreted. Three great perils will come upon the Republic. The most fearful for her is the third. But the whole world united shall not prevail against her. Let every child of the Republic learn to live for his God, his land and Union.’ With these words the vision vanished, and I started from my seat and felt that I had seen a vision wherein had been shown me the birth, the progress, and the destiny of the United States.”


再び対立の恐ろしい雑音の中で、私には不可解な声が言っているのが聞こえました、『共和国の息子、見て、学んでください。』声がやめたAs、暗い天使は、それを最後に水を海からすくい上げて、アメリカの上にそれを撒きました。すぐに、それが持ってきた軍と共に、暗雲は後退しました。そして、土地の住民を勝ったままにしました。



それからもう一度、明るい天使が、彼が彼らの中に持ってきた空色の標準を植えて、大声をあげて泣く間、私は村、町と私がどこの前に彼らに会ったかについてはねている都市を見ました:『星(そして、地球の露の下の天送信)が残る、それでは連盟この。』彼の額から語『組合』をblazenedした冠を積み込んでいるAnd、彼はそれを標準に置きました、言われてひざまずいて、人々、『アーメン。』



場面はすぐに、うつろって、溶解し始めました、そして、私はついに上昇だけを見ました。そして、私が最初は見た蒸気を渦巻き状にしました。これも消えました、そして、私はもう一度私自身が不可解な訪問客を見つめているのに気づきました、そしてその人は、言われて、私が聞いた同じ声において、『共和国の息子、あなたが見たものは、このように解釈されます。3つの大きな危険が、共和国にやって来ます。彼女のために最も恐ろしいものは、第3です。しかし、連合する全世界は、彼女に勝ちません。彼の神のために生きることを学ぶ共和国のあらゆる子供をる、彼の土地、そして、連盟。』展望が消えたというこれらの知らせで、そして、私は私の席とフェルトから始まりました∥私が、展望がそこで私を示されたのを見た出生、進歩、そして、アメリカ合衆国の運命。」


A red light was indeed moving towards America, and it was communism, which at its peak, controlled 14,000,000 square miles of territory, or about 1/4 of the inhabited land in the world; and close to 1,500,000,000 people, or about a third of the world’s population. The communist menace swept through Russia (1917), Mongolia (1924), Estonia (1940), Latvia (1940), Lithuania (1940), Bessarabia (1940), Bukovina (1940), Albania (1944), Tannu-Tuva (1945), Ukraine (1945), Yugoslavia (1945), Outer Mongolia (1945), Manchuria (1945), Karafuto (1945), Kurile Islands (1945), Bulgaria (1946), Poland (1947), Romania (1947), East Germany (1948), Hungary (1948), North Korea (1948), Czechoslovakia (1948), China (1949), Sinkiang (1950), Tibet (1951), North Vietnam (1954), Guinea (1958), Cuba (1960), Libya (1969), South Yemen (1969), Guyana (1970), Benin (1974), Burma (1974), Laos (1975), South Vietnam (1975), Madagascar (1975), Angola (1976), Somolia (1976), Seychelles (1977), Mozambique (1977), Ethiopia (1977), Cambodia (1979), Grenada (1979), Congo (1979), and Afghanistan (1980).


On January 10, 1963, the Congressional Record published a list of 45 goals of the Communists, which included: 1) for the U.S. to co-exist with communism; 2) further disarmament; 3) to establish the United Nations as a one-world government, with an independent military force; 4) to infiltrate the media; 5) to overthrow all colonial governments before self-rule can be instituted. There were 90 Communist Parties worldwide, recognized by the Comintern, who were working toward those goals.


The communist conquest has claimed well over 145,300,000 lives: Soviet Union (1917-59), 66,700,000; Soviet Union (1959-78), 5,000,000; Red China, 64,000,000; Katyn Massacre, 14,242; expelled Germans (1945-46), 2,923,700; Cambodia (1975-78), 2,500,000; repression in eastern Europe, 500,000; Malaya, Burma, Philippines, Cuba, Black Africa, Latin and Central America, 3,600,000.


Retired Air Force General G. J. Keegan, Jr. said that our government had been covering up the evidence of an imminent Soviet attack on the United States. Keegan, a former Assistant Chief of Staff for the Air Force Intelligence Unit, said that Russia had been going through extensive preparations to mobilize their forces against the free world. He said: “After sixty years of aggression by the Soviets, only 17% of the remaining world population, lives in what could be termed a free society.”


赤ランプは本当にアメリカの方へ進んでいました、そして、それは共産主義でした。そして、領域のそのピークの、制御された14,000,000平方マイルの、または、居住するものの1/4についてのそれは世界に着陸します;そして、1,500,000,000人まで、または、世界の人口の3分の1について取り囲んでください。The communist menace swept through Russia (1917), Mongolia (1924), Estonia (1940), Latvia (1940), Lithuania (1940), Bessarabia (1940), Bukovina (1940), Albania (1944), Tannu-Tuva (1945), Ukraine (1945), Yugoslavia (1945), Outer Mongolia (1945), Manchuria (1945), Karafuto (1945), Kurile Islands (1945), Bulgaria (1946), Poland (1947), Romania (1947), East Germany (1948), Hungary (1948), North Korea (1948), Czechoslovakia (1948), China (1949), Sinkiang (1950), Tibet (1951), North Vietnam (1954), Guinea (1958), Cuba (1960), Libya (1969), South Yemen (1969), Guyana (1970), Benin (1974), Burma (1974), Laos (1975), South Vietnam (1975), Madagascar (1975), Angola (1976), Somolia (1976), Seychelles (1977), Mozambique (1977), Ethiopia (1977), Cambodia (1979), Grenada (1979), Congo (1979), and Afghanistan (1980).


1963年1月10日に、連邦議会議事録は含んだ共産党の45ゴールのリストを発表しました:1)共産主義と共存するアメリカのために;2)更なる軍備縮小;3)国連を1-世界政府として確立すること;(独立軍隊による)4)メディアを浸透させること;5)自治の前に全ての植民地の政府を倒すことは、設けられることができます。90の共産双方が世界中にありました。そして、コミンテルンによって認められました。そして、その人はそれらのゴールを目指して努力していました。


共産主義の征服は、かなり145,300,000以上の命を奪いました:ソビエト連邦(1917~59)、66,700,000;ソビエト連邦(1959~78)、5,000,000;赤い中国、64,000,000;カティン大虐殺、14,242;追い出されたドイツ人(1945~46)、2,923,700;カンボジア(1975~78)、2,500,000;東部ヨーロッパ(500,000)での抑制;マレー半島、ビルマ、フィリピン、キューバ、ブラックアフリカ、ラテン語と中央アメリカ(3,600,000)。


引退した空軍G. J.キーガン, Jr.将軍は、我々の政府がアメリカ合衆国への差し迫ったソビエト攻撃の証拠をすっかり覆っていたと言いました。キーガン(空軍Intelligence Unitのための前副参謀長)は、ロシアが自由世界に対して彼らの軍隊を動員するための広範囲な準備を通り抜けていたと言いました。彼は以下のように述べました:「ソビエトによる60年の攻撃の後、残りの世界人口のわずか17%は、空いている社会と呼ばれることができたことで生きます。」


Dimitri Manvilski, a professor at the Lenin School of Political Warfare in Moscow, said in 1930: “War to the hilt between communism and capitalism is inevitable. Today, of course, we are not strong enough to attack. Our time will come in thirty or forty years. To win, we shall need the element of surprise. The western world will have to be put to sleep. So we shall begin by launching the most spectacular peace movement on record. There shall be electrifying overtures and unheard of concessions. The capitalist countries, stupid and decadent, will rejoice to cooperate with their own destruction. They will leap at another chance to be friends. As soon as their guard is down, we shall smash them with our clenched fist.”


Lenin said: “First, we will take eastern Europe, then the masses of Asia, then we will encircle the United States which will be the last bastion of capitalism. We will not have to attack. It will fall into our hands like an overripe fruit.” William C. Bullitt, our first Ambassador to Russia, wrote: “...it must be recognized the communists are agents of a foreign power whose aim is not only to destroy the institutions and liberties of our country, but also to kill millions of Americans.”


In 1955, Khrushchev made this statement to the Warsaw Pact countries: “We must realize that we cannot coexist eternally, for a long time. One of us must go to his grave. We do not want to go to the grave. They (America) do not want to go to their grave, either. So what must be done? We must push them to the grave.” In July, 1957, he said: “...I can prophecy that your grandchildren in America will live under socialism. And please do not be afraid of that. Your grandchildren will ... not understand how their grandparents did not understand the progressive nature of a socialist society.” Khrushchev said, while banging his shoe on a table at the United Nations: “Our firm conviction is that sooner or later Capitalism will give way to Socialism. Whether you like it or not, history is on our side. We will bury you.” On July 19, 1962, Khrushchev said: “The United States will eventually fly the Communist red flag ... The American people will hoist it themselves.”


ディミトリManvilski(モスクワのPolitical Warfareのレーニン学校の教師)は、1930年に言いました:「共産主義と資本主義の間の柄への戦争は、必然的です。今日、もちろん、我々は攻撃するのに十分、強くはありません。我々の時間は、30または40年入ります。勝つために、我々は驚きの要素を必要とします。西の世界は、睡眠に置かれなければならないです。それで、我々は公式に最も素晴らしい平和運動を発射することから始めます。序曲と聞いたことがない譲歩にショックを与えています。資本主義国(ばかで頽廃的な)は、彼ら自身の破壊と協力するために喜びます。彼らは、友人であるもう一つの機会に飛びつきます。彼らの護衛が下にいるとすぐに、我々は我々の握りしめられた拳で彼らを壊します。」


レーニンは以下のように述べました:「最初に、我々は東部ヨーロッパ(そしてアジアの多数)をとります、そして、我々は資本主義の最後の防衛拠点であるアメリカ合衆国を包囲します。我々は、攻撃する必要がありませんありません。それは、熟しすぎた果物のような我々の手に落ちます。」と、ウィリアムC.ブリット(我々の初のロシア大使)が書きました:...共産主義者が狙いが我々の国の制度と出入りの自由を破壊することになっているだけでなくて、何百万ものアメリカ人を殺すことになっていもする外国の力のエージェントであると認められなければなりません。」


1955年に、フルシチョフはワルシャワ条約国にこの声明をしました:「我々は、我々が永遠に、長い間共存することができないと理解しなければなりません。我々のうちの1人は、彼の墓に行かなければなりません。我々は、墓に行きたくはありません。彼ら(アメリカ)は、彼らの墓(どちらも)に行きたくはありません。それで、何がされなければなりませんか?我々は、彼らを墓の方に押さなければなりません。」、1957年7月に、彼は言いました:...私は、アメリカのあなたの孫が社会主義の下で生きる予言を缶詰にします。そして、それを恐れないでください。あなたの孫はそうします...彼らの祖父がどのように社会主義の社会の進歩的な自然を理解しなかったかについて理解する。」と、フルシチョフが言いました、その一方で、国連で彼の靴をテーブルにたたきつけました:「我々の堅固な信念は、遅かれ早かれ、CapitalismがSocialismに変わるということです。あなたがそれが好きであるかどうかに関係なく、歴史は我々の側であります。我々は、あなたを葬ります。」1962年7月19日On、フルシチョフは以下のように述べました:「アメリカ合衆国は、結局共産党員赤旗を翻します...米国民は、彼ら自身それを上げます。」

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR