FC2ブログ

スキンコード

THE SKINCODE

http://www.neptune.on.ca/~jyonge/skincode.htm



If you haven't heard the latest about the 666 system, let me touch a bit upon it now in order to satisfy you that the time is at hand. I got hold of a cassette tape in May, 1995, upon which the speaker was a Christian engineer. Along with some scientists, he had been involved extensively in the creation of a high-tech microchip so minute that it could pass through a hypodermic needle. The chip was being developed for transplantation into the skin of animals, but has an ultimate application in the skin of humans. The main problem, he said, was in supplying it with electrical power because of the difficulty of including a battery in an item so small. After much research and experimentation, a team discovered how the microchip could be powered without a battery, by using the electricity formed as a bi-product of a process called temperature exchange, so long as the chip was placed in a medium that continually lost and/or drew sufficient heat. The production of an electric current through temperature exchange is nothing novel; the Russians applied the process in World War II to run radios by heating the ends of a metal wire with a basic flame. What was novel about the ultra-modern achievement, and very relevant to our discussion, was that the medium which was the focus of the experiments, the skin, produced its own electrical current which could be applied successfully to the microchip.


According to this Christian engineer, the investigators he worked with sought for the best temperature-exchange location on the body, and they found that the two most efficient places were on the forehead and on the back of the hand! Need I say more? (For anyone new to this topic, these are the very two places on the body which the Bible says the mark of the beast will be applied.) The reason that the forehead and the back of the hand are the best choices is obvious. These locations are thin-skinned, permitting the blood vessels to come nearest to the outer atmosphere, where heat from the blood is lost most efficiently. Furthermore, they are two places where clothing does not usually interfere with heat transfer out of the body. So you see, not only is the ability to install commercial numbers in our hands and foreheads current technology, but the desire to do just that has been the scheme of our superiors for some time now. Why else have they extended themselves seeking a way to power microchips in human skin if the purpose is not to implant them in it some day soon? That these sorts of chips are already implanted in animals is already common knowledge. And while stores are already using a purchasing system which engages electronic deduction, we should accept the fact that we are now at the dark threshold of the anti-Christ's skincode system. Although the electronic transfer of money is currently based on numbers in plastic cards, you can see that the next logical step is to place the numbers in hands, or, if some have no hands, on their foreheads. It is a well-known fact that the wiring systems which connect the computers of all large corporations to the banks are already in place. Any small business can connect immediately by purchasing the proper, inexpensive computer hardware. There is no other major step needed in the hardware department to incorporate the skincode system. Consider what Ralph Nader, a man who attempted to be President not long ago, said:"Is there a number or mark planned for the hand or forehead in a new cashless society? Yes, and I have seen the machines that are now ready to put it into operation.” The next big step will be in the marketing department. That will be initiated by the anti-Christ kingdom through the olitical drive of the False Prophet.


SKINCODE

http://www.neptune.on.ca/~jyonge/skincode.htm


あなたが最も遅く666システムを耳にしなかったならば、私を、あなたが、時間が手近にであることを納得するために現在少しそれに触れさせます。私は1995年5月にカセットテープをつかまえました(スピーカーがキリスト教エンジニアでした)。何人かの科学者とともに、彼はとても緻密なハイテクなマイクロチップの作成に広く関係していたので、それは皮下注射針を通過することができました。チップは動物の皮の中への移植のために開発されていたけれども、人の皮の中に究極のアプリケーションを持っています。彼は、主要な問題は、バッテリーをそんなに小さいアイテムに含める困難のため電力をそれに供給することにあったと言いました。多くの研究と実験の後に、チームは、チップが、継続的に失うメディアに置かれて、および/または、十分な熱を引く限り、どのように、バッテリーなしで、マイクロチップが、温度交換と呼ばれるプロセスのバイ製品として成形された電気を使って動力を供給されうるかを発見しました。温度交換を通しての電流の生産は斬新なものではありません;基本的な炎によって金属ワイヤの終わりを熱することによってラジオを動かすために、ロシア人はプロセスを第二次世界大戦に応用しました。超近代達成について斬新で、私達の議論に非常に関連していたものは、実験で、皮のフォーカスであったメディアが、首尾よくマイクロチップに適用されることができたそれ自身の電流を作り出したことでした。このキリスト教エンジニアによると、彼がとともに働いた調査者はボディの上の最もよい温度交換立地条件を捜し求めて、彼らは、2つの最も効率的な場所が額の上と手の甲の上にあったと気付きました!私はもっと言う必要がありますか?(このトピックに新しい誰にとってでも、これらは、バイブルが、動物のマークが、適用されることを望んでいると伝えているボディの上のまさしくその2場所です。)手の額と後ろが最良の選択である理由は明らかです。血からの熱がとても効率的に失われる所で、血管が外圏大気に最も近くに来ることを許して、これらの位置は皮が薄い。さらに、それらは、衣類がボディの外で通常熱伝達を妨げない2つの場所です。従って、あなたは見ていて、商業用の数を私達の手にインストールする能力と額電流テクノロジーであるだけでなく、まさにそれをしたいという願望は今やしばらくの間私達の上司の計画でした。他になぜ彼らは、目的が、すぐいつか彼らをそれに植えつけないことであるならば人の皮の中でマイクロチップに動力を供給する方法を捜して全力を出しましたか?これらの種類のチップがすでに動物に植えつけられていることはすでに常識です。そして、店が、すでに、電子推論を引きつける購買システムを使っているが、私達は、私達が現在反キリストのskincodeシステムの暗い入り口にいるという事実を受け入れるべきです。お金の電子転送が現在プラスチックカードの中の数に基づくけれども、あなたは、次の論理的なステップが、数を、手にまたはいくつかが手を全然持っていないならば、それらの額の上で置くことであるとわかることができます。すべての大企業のコンピュータを銀行と接続する配線システムがすでに適所にあることは有名な事実です。どのような中小企業でも、すぐ、適切で、安価なコンピュータハードウェアを購入することによって接続することができます。skincodeシステムを含むためにハードウェア部門で必要であった他の主要なステップが全然ありません。ラルフ・ネイダー(つい先ごろ大統領であることを試みた人)が何を言ったかを考慮します:「新しいキャッシュレス社会の中の手または額のために計画された数またはマークがありますか?」.「はいおよび、私は、現在、それを操作に入れる用意ができているマシンを見ました」、次の大きなステップは営業部の中にあるでしょう。それはにせ予言者の政治的なドライブを通して反キリスト王国によって開始されるでしょう





"No one will enter the New World Order unless he or she will make a pledge to worship Lucifer. No one will enter the New Age unless he will take a LUCIFERIAN Initiation." (David Spangler, Director of Planetary Initiative, United Nations)


Every person in the world has been assigned an 18 digit tracking number, which consists of 3 groups of 6 numbers. The first 3 numbers assigned in the BEAST computer to everyone are 666. The next is one’s national code. The U.S. national code is 110. Then the next 3 numbers are your telephone area code, and then finally your 9 digit Social Security number. The code then is 666 + Nation code + Tel. area code + social security no. = BEAST I.D. no. for an individual. Chapter 11 Internal Controls


"Is there a number or mark planned for the hand or forehead in a new cashless society? Yes, and I have seen the machines that are now ready to put it into operation.” Ralph Nader


WASHINGTON -- A number of immigration bills (including S.269 and H.R. 2202), and the Commission on Immigration Reform have proposed that the United States adopt a computer data base of every person in the United States to verify whether the person is eligible to work or is eligible for certain benefits ACLU Opposes National ID System and Computer Registry


「その人が、明けの明星を拝む誓約をしない限り、誰も新世界秩序に入らないでしょう」。

「彼がLUCIFERIANイニシエーションを取らない限り、誰もニューエイジに入らないでしょう」。

(デイビッドSpangler(惑星イニシアチブのディレクター、国連))

世界のすべての人は18桁の追跡番号を割り当てられています(それは6つの数の3グループから成ります)。

みんなにBEASTコンピュータの中で割り当てられた最初の3つの数は666です。

次は人の全国的なコードです。

米国全国コードは110です。

そして、次の3つの数はあなたの電話市外局番、それから最後にあなたの9桁の社会保障番号です。

コードはその時666+国家コード+ Tel.市外局番+社会保障のNo.です。

= 個人のためのBEAST I.D.No.。

11章の内部統制

「新しいキャッシュレス社会の中の手または額のために計画された数またはマークがありますか?」

「はい、私は、現在、それを操作に入れる用意ができているマシンを見ました」、ラルフ・ネイダー

ワシントン--多くの移住請求書(S.269とH.R. 2202を含めます)と移住改革における委員会は、人が、働くことに適格であるかまたは一定の利点ACLU Opposes全国IDシステムとコンピュータレジストリーとして適格であるかを確認するために、米国が米国ですべての人のコンピュータデータベースを採用することを提案しました。





Mark of the Beast!!



Mondex







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR