FC2ブログ

爬虫類型

Lovecraft's Rediscovered Land




(Conspiracy Nation, 7/20/03) -- What are these "stories", these "conspiracy tales", which hatched full-grown in the 1990s via Internet? Instantly ubiquitous, were they some powerful folklore providentially sent from H. P. Lovecraft's (image, left) rediscovered land? Had Wonder dared to revisit the Totalitarian Expert State?




All had been cut-and-dried, until the avalanche of conspiracy tales poured moisture upon the dust mites of expertism. Mystery had returned!




But always the bought-and-paid-for pigeon-cluckers are ready and willing to sell out for birdseed. The forces of Mystery & Wonder are arrayed against the forces of Mundane Mendacity & Expertism. Send forth the conspiracy tales!



On the fringes of The Fringe, there is the persistent notion of an ancient interbreeding between humans and lizard aliens. Or is it cover for a more recent series of ultra-secret genetic experiments? Wild stories of escaped "Bat Boys" and human-alligator hybrids keep appearing in the highly-suspect Weekly World News tabloid. The silly photos as accompaniment are too literal: bottom-half alligator; top-half human. A true human-lizard hybrid would not be so neatly divided.





ラブクラフトの再発見された土地

(共謀国家、7/20/03)--これらの「話」、これらの「共謀物語」(それはインターネット経由で1990年代に十分に成長していて孵化した)は何であるか?

直ちに遍在して、それらはH・P・ラブクラフト(イメージ、左)の再発見された土地から幸運にも送られたいくらかの強力なフォークロアであったか?

不思議は、全体主義エキスパートStateを再び訪れる勇気があったか?

共謀物語のなだれが専門技術のチリダニの上で湿気を注ぐまで、すべては月並みであった。

ミステリーは戻って来た!

しかし、いつも、買われて、代金を払われるハトcluckersは、粒餌のために売り切れる用意ができていて、快くである。

ミステリー&不思議の力は現世不正直&専門技術の力に対して配列される。

前で、物語を共謀に送りなさい!

周辺の周辺の上に、人とトカゲエイリアンの間で異種交配している古代人の持続的な観念がある。

または、それはより最近の一連の超秘密の遺伝の実験のためのカバーであるか?

免れられた「バットボーイ」のとてつもない話と人のワニハイブリッドは非常に疑わしいウィークリー・ワールド・ニュース・タブロイド紙の中で出現し続ける。

付属物としての無分別な写真は文字どおりすぎる:

下半分ワニ;

上半分人。

真実の人のトカゲハイブリッドはそんなにきちんと分割されないであろう。




"That the sons of God saw the daughters of men that they were fair; and they took them wives of all which they chose."


Lizard-like aliens descended upon ancient Mayans and interbred with them, producing "a form of life they could inhabit, they fluctuated between a human and iguana appearance through chameleon-like abilities." [1]






Edgar Allen Poe, according to an article in New Federalist, was a counter-intelligence operative serving the U.S. government in the first half of the 1800s. Thus, Poe's stories possibly hint at an insider's knowledge of events. From what vision-world did H.P. Lovecraft perceive and write about "the Great Old Ones who lived ages before there were any men... They had shape but that shape was not made of matter... the Great Old Ones spoke to (the first men) by molding their dreams; for only thus could Their language reach the fleshy minds of mammals... (One day, the Great Old Ones would appear openly.) The time would be easy to know, for then mankind would have become as the Great Old Ones, free and wild and beyond good and evil, with laws and morals thrown aside and all men shouting and killing and reveling in joy. Then the liberated Old Ones would teach them new ways to shout and kill and revel and enjoy themselves..." [2]


They had shape but that shape was not made of matter...



The fringes of The Fringe, and polite laughter used against the extravagance and artificiality of dreams. But Wonder is not dead; it only sleeps. "That is not dead which can eternal lie, and with strange aeons even death may die." [3]


Quetzalcoatl: the Mayan god whose name means "feathered snake." Suggestive. What sort of reptile has feathers? A flying reptile?


In Ohio, a strange ancient mound in the shape of a serpent. What creature tempted Eve in the Garden of Eden? Perhaps it was a feathered snake.


A feathered snake. A flying reptile. A dragon. Draco, the Athenian "lawgiver" ("law", from the Old English word "licgan" meaning "to lie.") He, the aforesaid Draco, meaning "dragon", gives lies (laws) to the Athenians. They say his laws are draconian.


"Spider" is from the Old English word "spinnan": "to spin." "Subtle" is from the Latin word "subtilis" meaning "finely woven" but with further depth of "sub" + "tela" indicating a spider's web. In the Garden, the serpent is most subtle of all. The subtle serpent tells Eve she can be "like God"; Eve to be "like God" by bearing the children of "God."


We have, to varying degrees, an area in our brains called "the reptile brain." "This ancient area of the brain is driven by another prehistoric segment which some neuroanatomists call the R-complex." [4] "Blue bloods" are the progeny of the Draco/Eve copulations: they, the "blue bloods," have a more pronounced R-complex than we do. These lizard-like beings are peculiar; they are cold-blooded. From the fish to the lizard... And even the venerated H.P. Lovecraft had a strange atavism: "He (Lovecraft) seems to have developed a rare, little-understood affliction called poikilothermism. The victim loses the normal mammalian ability to keep his body's temperature constant, regardless of changes in the ambient temperature. His (Lovecraft's) body assumes the temperature of its surroundings, as if he were a reptile or a fish." [5]


Understand that H.P. Lovecraft need neither have been necessarily evil nor good: that struggle was his. But Lovecraft, through traces of atavistic throwback, had an ability to tune in on a more subtle vibration. His dreams and visions were assisted by his poikilothermism and evidently heightened R-complex.


The dinosaur evolution was supposedly completely halted by some astounding circumstance of long ago. All dinosaurs supposedly disappeared. But the dinosaurs, suggests John Rhodes, might have had significant survivors post-"cataclysm" of 65 million years ago. Rhodes raises the question, "What if most 'extraterrestrials' are really evolved reptilian terrestrial beings that live underground?" [6] 65 million years is a long time in which to have further evolved. (How much could you learn in 65 million years?) Paleontologist Dr. Dale Russell says that if dinosaurs had survived the "cataclysm" of 65 million years ago, they would have eventually become humanoid in their physical appearance. [6]


In his stories, H.P. Lovecraft refers to a strange book called The Necronomicon, written by Abdul Alhazred circa 750 A.D., in Damascus. According to Robert Anton Wilson's research, Abdul Alhazred's book was originally entitled Al Azif. It was supposedly translated into Latin by Olaus Wormius under the title Necronomicon. Dr. John Dee, a favorite of Queen Elizabeth, apparently translated the Necronomicon into English. H.P. Lovecraft's father (who incidentally went insane and was committed to an asylum circa 1893, where he died a few years later) is said to have borrowed a copy of Dee's translation from the Grand Orient Lodge of Egyptian Freemasonry in Providence, Rhode Island, H.P. Lovecraft's home town. In this way, Lovecraft may have come to read the book.

「天使が、彼らがまともにあった人の娘に会った;」

「そして、彼らが選んだすべての妻、それらにそれらにかかった」。

トカゲのようなエイリアンは古代のマヤ人を急襲し、「彼らが住むことができたライフのフォーム、彼らはカメレオンのような才能を通して人とイグアナ外観の間で変動した」を生産して、彼らと相互育った。

[1]

エドガー・アレン・ポーは、新しい連邦主義者の中の記事によると、1800年代の前半に米国政府に奉仕している保全スパイであった。

従って、ポーの話はことによるとインサイダーのイベントに関する知識を暗示する。

どんなビジョン世界から、H.P.ラブクラフトは、「人がいる前に、年を生きていた偉大な高齢の人…」にまわりで気づいていて、書いた。

彼らは体型をしていたけれども、その形は、彼らの夢を作りあげることによって、大きな古いものが(最初の人)と話した問題…で作られなかった;

のために 従ってだけすることができた 哺乳動物のそれらの言語届く範囲多肉質の精神 …

(ある日、大きな古いものは公然と出現するであろう。)

法律とモラルを放棄し、叫んでいて、殺していて、喜びを楽しんでいるすべての人の状態で、時間は、自由に、その時、人類が大きな古いものとして適していたであろうので知りやすく、野生で、善と悪を越えてであるであろう。

「そして、解放された古いものは、叫び、自殺し、明らかにし、楽しむ新しい方法をそれらに教えるであろう…」

[2] 彼らは体型をしていたけれども、その形は問題で作られなかった…

夢の浪費と人工性に対して使われた周辺と丁寧な笑いの周辺。

しかし、不思議は死んでいない;

それは眠るだけである。

「それは死んでいなく(それが永遠の嘘を缶詰めにする)、奇妙な長い期間によって、死さえ死ぬかもしれない」。

[3]

ケツァルコアトル:

名前が「フェザリングされたヘビ」を意味しているマヤ族神。

示唆的である。

どんな種類の爬虫類が羽を持っているか?

飛んでいる爬虫類?

オハイオ(ヘビの形における奇妙な古代の塚)で。

どんな生き物がエデンの園でイブを誘惑したか?

たぶん、それはフェザリングされたヘビであった。

フェザリングされたヘビ。

飛んでいる爬虫類。

ドラゴン。

竜座(アテネ、「立法者」(「嘘を言うため」古期英語言葉「licgan」意味からの「法律」。)He、前述した竜座)は、「ドラゴン」を意味していて、嘘(法律)をアテネ人に与える。

彼らは、彼の法律が過酷であると言う。

「クモ」は古期英語言葉「spinnan」からである:

「回転するため」。

「微妙である」は、「よく織られる」を意味しているラテン言葉「subtilis」からけれどもクモの巣を示している「サブ」+「組織」のさらなる深さとともにある。

庭で、ヘビはすべての中でとても微妙である。

微妙なヘビはイブに、彼女が「同様な神」であるかもしれないと言う;

「神」の子供を産むことによる「同様な神」であるイブ。

私達は「爬虫類の脳」と呼ばれる私達の脳の中のエリアを様々な程度に持っている。

「脳のこの古代のエリアは、何人かの神経解剖学者がRコンプレックスと呼ぶ別の先史時代のセグメントによって動かされる」。

[4]「貴族」は竜座/イブの交接の子孫である:

彼ら、「貴族」は私達より顕著なRコンプレックスを持っている。

これらのトカゲのような生き物は特有である;

それらは冷血である。

魚からトカゲまで…

そして、敬慕されているH.P.ラブクラフトさえ奇妙な隔世遺伝を持っていた:

「彼(ラブクラフト)は、変温性と呼ばれるまれで、ほとんど理解されていない苦悩を発展させたようである」。

犠牲者は、周囲温度の変化を問わず彼のボディの温度を一定にしておく正常な哺乳動物能力を失う。

「彼が爬虫類または魚であるかのように、彼(ラブクラフトの)体はその環境の温度を仮定する」。

[5]

H.P.ラブクラフトがまた必ず悪く、よかった必要があると理解しなさい:

その苦闘は彼のものであった。

しかし、ラブクラフトは、隔世遺伝のあと戻りの跡を通して、より微妙な振動を聴く能力を持っていた。

彼の夢とビジョンは彼の変温性と明らかに高まったRコンプレックスによって補助された。

恐竜発展はたぶん、ずっと前のある驚くほどの状況によって完全に停止した。

すべての恐竜はたぶん消えた。

ジョンRhodesは、しかし、恐竜は6500万年前の重要な生存者ポスト「大変動」を持っていたかもしれないことを示唆する。

ロードス島は、問題(「ほとんど‘地球外生物’が本当に、地下に生きている進化した爬虫類の地球上の生き物であったら?」)を提起する。

[6] 6500万年は長い時間(それにおいてさらに発展した)である。

(あなたは6500万年でいくらを学んでくれるか?)

デール・ラッセルの博士古生物学者は、恐竜が6500万年前の「大変動」に耐えたならば、それらが結局それらの外見の中の人間形になったであろうと言う。

[6]

彼の話の中で、H.P.ラブクラフトは西暦750年アブドルAlhazredおよそによって書かれたNecronomiconとダマスカスで呼ばれる奇妙な本を参照する。

ロバート・アントン・ウィルソンの研究によると、アブドルAlhazred's本は元来アルAzifという表題を付けられた。

それはたぶんタイトルNecronomiconの下でOlaus Wormiusによってラテン語に翻訳された。

ジョン・ディー博士、エリザベス女王のお気に入りは見たところNecronomiconを英語に翻訳した。

H.P.ラブクラフトの父(付随的に、頭がおかしくなり、保護施設およそ1893を約束した(そこで、彼は数年後死んだ))は、ディーの翻訳のコピーをプロビデンス、ロードアイランド、H.P.のラブクラフトの故郷のエジプトフリーメーソンの雄大な東洋ロッジから借りたそうである。

このように、ラブクラフトは、その本を読むために来たかもしれない。





...that entities far greater than mankind once roamed this earth and still remain present and potent "not in the spaces we know but between them."

The Necronomicon, reportedly, "holds that entities far greater than mankind once roamed this earth and still remain present and potent 'not in the spaces we know but between them.'" [7]




But biographer L. Sprague de Camp is persuaded that The Necronomicon is an elaborate hoax. De Camp's tale is that Lovecraft's 1936 essay, "A History of the Necronomicon," is an elaborate hoax; that Wilson H. Shepherd published a pamphlet in 1938 based on Lovecraft's essay, which Shepherd entitled, "The History and Chronology of the Necronomicon"; and that librarians have since then been plagued by requests for The Necronomicon.


A Robert Morning Sky, half Apache and half Hopi "Indian," has authored two books: Guardians of the Grail and The Terra Papers. Mr. Morning Sky says that his grandfather found one of the creatures which survived the crash of an unusual aircraft near Roswell, New Mexico, in 1947. The creature, it is said, told Morning Sky's grandfather some secrets. In his book, The Terra Papers, Mr. Morning Sky reportedly claims a reptilian race from Orion, a constellation seen in the night sky, conquered Earth long ago and made us their property. Intermediaries between the reptilians and the humans were what is called the plutocracy. These "human servitors of the snake-people founded the Bank of England... to control the world by financial hocus-pocus." [7]


So did the reptilians come from the sky? Or did they hide underground and continue to evolve 65-or-so million years ago? Or do these various tales mask more modern, ultra-secret genetic experiments? It is said that a secret, enormous underground military-industrial-medical base is located near Dulce, New Mexico. "Dulce, from the information that we posess, seems to be primarily a genetic experimentation center which extends 2.5 miles (about 12,000 feet) deep into the earth." [8] Part of the super-secret genetic process, it is suggested, involves the abductee phenomena. Many women report being abducted by "aliens." False memories of "alien" abductions may mask real abductions where women are artificially inseminated and "hybrid fetuses" are "removed after three months and their growth accelerated in the lab." [8]


"In the end we find ourselves stuck in a bizarre hall of mirrors full of constantly shifting, bizarre images, each one more improbable than the next. Are the images alien? Human? Are the perpetrators hiding behind disinformation or propaganda masks? Hypnotic masks? Electronically or chemically induced masks?" [9]


Lovecraft sums it up:


Wonder had gone away, and he had forgotten that all life is only a set of pictures in the brain, among which there is no difference betwixt those born of real things and those born of inward dreamings, and no cause to value the one above the other. Custom had dinned into his ears a superstitious reverence for that which tangibly and physically exists, and had made him secretly ashamed to dwell in visions... They had chained him down to things that are, and had then explained the workings of those things till mystery had gone out of the world... Then he would have recourse to the polite laughter they had taught him to use against the extravagance and artificiality of dreams; for he saw that the daily life of our world is every inch as extravagant and artificial, and far less worthy of respect because of its poverty in beauty and its silly reluctance to admit its own lack of reason and purpose. [10]


人類よりずっと大きいエンティティが一度この地球を歩き回り、それでも、現在の、そして強力な、「私達が知っているスペースの中ではなく彼らの間」であり続ける。Necronomicon(伝えられるところでは、「人類よりずっと大きいエンティティが一度この地球を歩き回ったと考えていて、それでも、現在と強力である、‘私達が知っているスペースの中ではなく彼らの間’であり続けなさい。」)[7]しかし、L.スプレーグ・ドキャンプ伝記作家は、Necronomiconが手の込んだでっち上げであることを確信している。ディ・キャンプの物語は、ラブクラフトの1936年のエッセイ(「Necronomiconの履歴」)が手の込んだでっち上げであることである;そのウィルソンH.シェファードはラブクラフトのエッセイに基づいた1938年のパンフレットを出した(シェファードは「Necronomiconの歴史と年代記」にそれという表題を付けた);そして、ライブラリアンがそれ以来Necronomiconのための要求によって悩まされている。ロバート朝の空、半分のアパッチ族の言語、および半分のホピ語、「インド人」は2冊の本を制作した:聖杯と地書類の保護者。MorningのSkyさんは、彼の祖父が、ロズウェルの近くに異常な航空機の墜落に耐えた生き物の1匹、ニューメキシコを1947年に見つけたと言う。生き物、それは言われて、いくつかの秘密をMorning空の祖父に話した。伝えられるところでは、彼の本、地書類中で、MorningのSkyさんは、オリオン(夜空に見られた星座)からの爬虫類のレースがずっと前に地球を征服し、私達のために、彼らの財産を作ったと主張する。爬虫類と人の間の仲介者はいわゆる金権政治であった。これらの、「金融の呪文によって世界をコントロールする…ために、ヘビの人々の人の従者はイングランド銀行を設立した」。[7]


従って、爬虫類は空から来たか?または、彼らは、地下に隠れて、百万年前65かそこらを発展させ続けたか?または、これらの様々な物語はより現代の、超秘密の遺伝の実験をマスキングするか?秘密で、巨大な地下の軍隊の産業健康診断ベースがダルシー、ニューメキシコ近くに位置しているそうである。「ダルシーは、情報 that 私達 posess から、第一に、地球への深さ2.5マイルで拡張する(約12,000フィート)遺伝の実験センターであるようである。」[8]


スーパー秘密の遺伝のプロセスの一部、それは提案されて、被誘拐者現象に関係している。多くの女性は「エイリアン」によって誘拐されていることを報告する。女性が人工的に植えつけられて、「3ヶ月と彼らの成長が試験室の中で加速した後に」、「ハイブリッド胎児」が「取り除かれる」所で、「異質な」誘拐の間違いのメモリーは本当の誘拐をマスキングするかもしれない。[8]「最後に、私達は自身が常に変わり、奇妙なイメージ(次よりありそうにない各もの)でいっぱいの鏡の奇妙なホールに貼り付けられていることに気付く」。イメージは異質であるか?人?犯人は意図的誤報または宣伝のマスクの後ろで隠れているか?催眠のマスク?「電子的にまたは化学的に引き起こされたマスク?」[9]


ラブクラフトはそれを合計する:不思議は消え去り、彼は、すべてのライフが脳の中でただの写真のセットであることを忘れた(それの間に、本物から誕生したそれらと中の夢想から誕生したそれらの違いと他の上の一方を評価する理由が全然ない)。カスタムは、彼の耳に、明白に、物理的に、存在しているそれのために迷信的な尊敬にやかましく言い、彼を、ビジョンに住むことをひそかに恥じさせた…彼らは、である物に彼を鎖でつなぎ、ミステリーが世界から出て行くまで、その時それらの物の働きを説明した…そして、彼は、彼らが、夢の浪費と人工性に対して使うことを彼に教えた丁寧な笑いに依頼を持つであろう;というのは、彼は、贅沢で、人工的で、美のその欠乏と理由と目的のそれ自身の不足を認めるその無分別な気乗り薄のため敬意にずっと値していないように、私達の世界の日常生活が完全な詳細であるとわかった。[10]

スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

結婚のためにコンプレックスをなくす

 ?結婚式アドバイス結婚できない悩みなし記念日? 男性にとって極めて屈辱的なことだということもわかりますが、大切にすることです。女性は、堂とさらけ出す、自分の強さを感じずに自信のある人こそ自信のある人に受け止められるはずです。真の魅力的な男性なのですから。

 LODGE(ロッジ) スキレット12インチ 10SK2

他のサイトのリンクから着ました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR