FC2ブログ

ブッシュが探している理由 北朝鮮との対立

Why Bush Is Seeking

Confrontation With N Korea

By Gregory Elich

GlobalResearch.ca

10-30-6




"The furor over the partial failure of North Korea's single, rather puny nuclear test made for an interesting contrast with the indifference that has greeted other nations' nuclear arsenals. The U.S., of course, has a massive arsenal of nuclear arms at its disposal. There is no suggestion that the established nuclear states should disarm, nor have there been calls for sanctions against the newer nuclear states, India, Pakistan and Israel. The U.S. has even recently signed a nuclear deal with India. In all of these cases, the nuclear programs dwarfed that of North Korea's. Yet only North Korea has been singled out for punishment and outrage. The basis for such a glaringly obvious double standard is that none of the other nuclear powers are potential targets for U.S. military forces. The operative principle is that no nation the U.S. seeks to crush can be allowed the means of thwarting an attack.

?

North Korea's nuclear test was driven by the perceived need to reduce the risk of attack by the U.S., a real enough consideration given the fate of conventionally armed Iraq, Afghanistan and Yugoslavia. At the same time, the test played into the Bush Administration's hands. The U.S. military is tied up to a large extent in the occupations of Iraq and Afghanistan, but UN sanctions are a cost-effective alternative for bringing ruin to North Korea and its people."

?

?

North Korea's nuclear test and UN sanctions have brought relations between the U.S. and North Korea to their lowest point since President Bush took office. Yet it was only little more than a year ago that for one brief moment hopes were kindled for a diplomatic settlement of the nuclear dispute. At the six-party talks on September 19, 2005, a statement of principles on nuclear disarmament was signed between the U.S. and the Democratic People's Republic of Korea (DPRK - the formal name for North Korea). The Bush Administration, however, viewed its signature on the agreement as only a tactical delay. During negotiations it had firmly rejected the statement, and was brought around only when the Chinese delegation warned that it would announce that the U.S. was to blame were the six-party talks to collapse.

?

The ink was barely dry on the document when the U.S. immediately violated one of its main points. Although the U.S. was required under the agreement to begin normalizing relations with North Korea, on literally the very next day it announced the imposition of sanctions on North Korean accounts held in the Macao-based Banco Delta Asia, allegedly because they were being used to circulate counterfeit currency.

?

Whether there was any substance to the accusation or not has yet to be shown, but there are at least some grounds for skepticism. German counterfeit expert Klaus Bender believes that since U.S. currency is printed on specially made paper in Massachusetts, using ink based on a secret chemical formula, "it is unimaginable" that anyone other than Americans "could come by these materials." The printing machines that North Korea obtained three decades ago, Bender says, are "outdated and not able to produce the USD supernote, a high tech product." He strongly implied that the CIA could be the source of the counterfeit currency as it "runs a secret printing facility equipped with the sophisticated technology which is required for the production of the notes." That the CIA has the capacity to print money does not prove that it has done so. It would, however, have a motive, and the source has not been traced. Wherever the counterfeit supernotes came from, the Bush Administration was ardently using the issue as a pretext to take action against North Korea. Despite that, Bender reports, "the opinion of experts" is that the U.S. allegation against North Korea "is not tenable." (1)

?

Banco Delta Asia was quick to deny the charge, saying that its business relations with North Korea were entirely legitimate and commercial. Over a year later, the U.S. has yet to complete its investigation. As long as the investigation remains unresolved, the U.S. can continue to freeze the DPRK's funds. Russian Ambassador to South Korea Gleb Ivashentsov called for the U.S. to present evidence to back its accusation. Yet all the Russians received was "rumor-level talk." U.S. Treasury officials met with a North Korean delegation in New York in March 2006, but provided nothing to back the charge. DPRK delegation head Ri Gun remarked afterwards, "There were neither comments nor discussion" about evidence. At that meeting, he proposed creating a joint U.S.-DPRK consultative body to "exchange information on financial crimes and prepare countermeasures." The North Koreans said they would respond to evidence of counterfeiting by arresting those who were involved and seizing their equipment. "Both sides can have a dialogue at the consultative body through which they can build trust. It would have a very positive impact on addressing the nuclear issue on the Korean peninsula," Ri said. The delegation also suggested that a North Korean settlement account be opened at a U.S. financial institution and placed under U.S. supervision, so as to allay suspicions. (2)

?

Not surprisingly, the North Korean offers were rejected. By raising the issue of alleged counterfeiting, the Bush Administration sought to use this as a means to justify economic warfare against the DPRK. It was not an agreement with North Korea that the Bush Administration wanted, but regime change, and further action was soon to come. The U.S. went on to impose sanctions on several North Korean import-export firms, on the unsubstantiated charge that they were involved in the arms trade. Then more sanctions were announced, this time against several Indian and Russian firms doing business with the DPRK, along with yet more North Korean companies. (3)

?

The measures taken against Banco Delta Asia deprived North Korea of a major access point to foreign exchange, and served also as a mechanism for magnifying the effect of sanctions. By blacklisting Banco Delta Asia, the U.S. caused other financial institutions to curtail dealings with the bank, until it was forced to sever relations with North Korea. The campaign soon took on global significance. The U.S. Treasury Department sent warning letters to banks around the world, resulting in a worldwide wave of banks shutting down North Korean accounts. Fearing U.S. retaliation, banks felt it prudent to close North Korean accounts rather than risk being blacklisted and driven out of business. U.S. Treasury Under Secretary Stuart Levey observed that sanctions and U.S. threats had put "huge pressure" on the DPRK, leading to a "snowballingavalanche effect." U.S. actions were meant to undermine any prospect of a peaceful settlement. From now on, a senior Bush Administration official revealed, the strategy would be: "Squeeze them, but keep the negotiations going." But talks, the official continued, would serve as nothing more than a means for accepting North Korea's capitulation. A second U.S. official described the goal of talks as a "surrender mechanism." Indeed, even before the signing of the September 19 agreement, the U.S. had already decided "to move toward more confrontational measures," claims a former Bush Administration official. (4)

?

As general manager of Daedong Credit Bank, a majority foreign-owned joint venture bank operating in Pyongyang and primarily serving importers, Nigel Cowie was in a position to witness the effect of the Treasury Department's letters. "We have heard from foreign customers conducting legitimate business here, who have been told by their bankers overseas to stop receiving remittances from the DPRK, otherwise their accounts will be closed." To illustrate the lengths to which U.S. officials were prepared to go, Cowie described an operation that involved his own firm, from which, he said, "you can draw your own conclusions." An account was opened with a Mongolian bank. Arrangements were made for legal cash transactions. But when the Daedong Credit Bank's couriers arrived in Mongolia, they were detained by Mongolian intelligence officials, and their money confiscated. Accusations were made that the couriers were transporting counterfeit currency from North Korea. A leak to the news media from an unidentified source led to reports charging that "North Korean diplomats" had been arrested for smuggling counterfeit currency. After two weeks, the Mongolian "intelligence officials in a meeting with us finally conceded that all the notes were genuine; the cash was released." In the final meeting, Mongolian intelligence officials "appeared rather embarrassed that they had been given incorrect information." It requires little imagination to guess the source of that incorrect information. (5)

?

U.S. actions were meeting with resounding success. "For our part," Cowie explains, "we are only conducting legitimate business, but have nonetheless been seriously affected by these measures. A large amount of our and our customers' money - not just in USD, but in all currencies - has effectively been seized, with no indication of when they'll give it back to us." The fate of Banco Delta Asia served as an object lesson. "Banks with any kind of U.S. ties are just terrified to have anything to do with any North Korean bank," Cowie said. After the majority interest in Daedong Credit Bank was purchased by British-owned Koryo Bank, the new owner, Colin McAskill, asked U.S. officials to examine the bank's records in order to prove that its funds are legitimate and should be unfrozen. "We will take on the U.S. over the sanctions standoff," he said. "They've had it much too much their own way without anyone questioning what they are putting out." (6)

?

Warning letters to banks were often followed by personal visits from U.S. officials. Bankers and American officials say that the messages contained a mix of implicit threats and explicit actions. Consequently, it was not long before nearly all of North Korea's accounts held in foreign banks were closed, with a deleterious effect on the DPRK's international trade. U.S. officials were inflicting serious economic harm on North Korea, but planned to do much more. "We're just starting," said Treasury Under Secretary Stuart Levey several months ago. In many cases, no pretense was made that the actions were related to illegal financial transactions. U.S. officials were now openly pressing financial institutions to sever all economic relations with the DPRK. "The U.S. government is urging financial institutions around the world to think carefully about the risks of doing any North Korea-related business," Levey said. By September 2006, the U.S. had sent official dispatches to each UN member state, detailing plans for harsher economic sanctions. The planned measures were so strong that several European nations expressed concern, and it was said that the plans aimed at nothing less than a total blockade on all North Korean trade and financial transactions. (7)

?

Concerned over the direction events were heading, Selig Harrison, director of the Asia Program at the Center for International Policy, visited the DPRK and reported on what he saw. "I found instances in North Korea authenticated by foreign businessmen and foreign embassies in which legitimate imports of industrial equipment for light industries making consumer goods have been blocked. The North Koreans understandably see this as a regime change policy designed to bring about the collapse of their regime through economic pressure." Harrison said the message he heard from North Korean officials was essentially, "We want the U.S. to show us it is ready to move toward normal relations in accordance with the September 19 agreement. If the U.S. won't lift all of the financial sanctions, all at once, then it should show us in other ways that it has got its act together and is giving up the regime change policy."?
?

なぜ、ブッシュは捜している。

北朝鮮との対決

グレゴリーElichによって

GlobalResearch.ca

10-30-6

「北朝鮮の単一で、少し弱々しい核実験の部分故障の上の熱狂は、他の国家の核兵器保有量を迎えた無関心との興味深いコントラストに進んだ」。

米国はもちろんその意のままに使えて核兵器の大規模な兵器庫を持っている。

設立された核状態が解除するべきであるという提案が全然なく、より新しい核状態、インド、パキスタン、およびイスラエルに対する制裁のための呼び出しがなかった。

米国は最近さえインドとの核の契約にサインした。

これらのケースのすべてにおいて、原子力計画は北朝鮮のそれを小型化した。

それでも、北朝鮮だけが処罰と乱暴のために選出されている。

そのような際立って明らかな二重標準のための基礎は、他の核保有国のどれも米国軍事力のための潜在的な目標ではないことである。

働いた原則は、米国が、押しつぶすことに努めるどの国民も、攻撃を妨げる方法を与えられることができないことである。

北朝鮮の核実験は、米国(慣例的に武装したイラク、アフガニスタン、およびユーゴスラビアの運命を与えられた十分に本当の考慮)による攻撃のリスクを減らす気づかれている必要によって動かされた。

同時に、テストはブッシュ政権の利益を図った。

「米国軍隊はイラクとアフガニスタンの占領においてかなりの程度まで縛られるけれども、UN制裁は、荒廃を北朝鮮とその人々にもたらすための費用効果が高い選択肢である」。

ブッシュ大統領が就任して以来ずっと、北朝鮮の核実験とUN制裁は米国と北朝鮮の間の関係をそれらの最も低いポイントにもたらしている。

それでも、もののために、短い瞬間希望が核の論争の外交の決着のために燃え上がったことは1年以上前小さいだけであった。

2005年9月19日の6者会談で、核軍縮の上の原則のステートメントは米国と朝鮮民主主義人民共和国(DPRK - 北朝鮮のためのフォーマルな名前)の間でサインされた。

しかし、ブッシュ政権は、協定のそのサインを戦術的な遅延だけとみなした。

交渉の間に、それは堅くステートメントを拒絶し、それが、米国が責任があったことを発表するであろうということを警告された中国の代表団が、崩壊させる6者会談であった時だけに、持って来られた。

米国が直ちにその主要な得点の1つに違反した時に、インクは文書の上でかろうじて乾燥していた。

米国は、北朝鮮との関係を正常化しはじめることを協定の下で要求されたけれども、文字どおりのまさしくその次の日、申し立てによると、それらが、模造の通貨を循環させるために使われていたのでマカオを本拠とする裁判官席デルタ・アジアで保持された北朝鮮のアカウントの上で、それは制裁の賦課を発表した。

告発への物質があったかどうかは、まだこれから示される必要があるけれども、懐疑のための少なくともいくつかのグラウンドがある。

ドイツ模造専門家クラウスベンダーは、秘密の化学式に基づき、インクを使うこと 「それは想像できない」 that アメリカ人を除いた誰 「これらの素材によって来ることができた。」 でもによって信じている that マサチューセッツの特別に作られた紙において米国通貨がプリントされる 。

ベンダーは、北朝鮮が30年前得た印刷機は、「USD100ドル札、ハイテク製品を生み出すことができるのではなく旧式」であると言う。

彼は、それが、「注の生産のために必要とされている洗練されたテクノロジーを装備された秘密の印刷施設を運営する」時に、CIAが模造の通貨のソースであるかもしれないことを強くほのめかした。

CIAが、お金が、それがそうしたことを証明しないと印刷する能力を持っている。

それはしかし動機を持つであろうし、ソースは追跡されていない。

たとえ模造の100ドル札がどこから来ても、ブッシュ政権は、北朝鮮を取り締まるために、口実として問題を熱烈に使用していた。

ベンダーリポート、「エキスパートの意見」がそれである 「防御できない。」という北朝鮮に対する米国主張 それにもかかわらず。

(1)

裁判官席デルタ・アジアは、北朝鮮とのその取引関係が完全に合法で、商業用であったと伝えて、容疑を否定することが迅速であった。

1年以上後、米国は、まだこれからその調査を完遂する必要がある。

調査が未解決であり続ける限り、米国は、DPRKの資金を凍結し続けることができる。

韓国Gleb Ivashentsov駐在のロシア大使は、米国が、その告発を支える証拠を示すことを要求した。

それでも、ロシア人が受け取ったすべては「噂レベル話」であった。

米財務省役員は2006年3月にニューヨークの北朝鮮の代表団と出会ったけれども、チャージを支えるために、何も提供しなかった。

DPRK代表団頭Ri Gunは、「コメントと議論のどちらもなかった」とその後証拠について気づいた。

そのミーティングで、彼は、「金融犯罪についての情報を交換し、対策を準備する」ために共同のU.S.-DPRK諮問機関を作成するのを提案した。

北朝鮮人は、彼らが、関係していた人々を逮捕することによって偽造し、彼らの機器をつかむ証拠に反応するであろうと言った。

「両者は、それらが信頼を築くことができる諮問機関にダイアログを持つことができる」。

「それは、朝鮮半島の上の核の問題に対処することへの非常にポジティブなインパクトを持つであろう」とRiは言った。

代表団はまた、北朝鮮の解決アカウントが、米国金融機関に開かれて、疑惑を静めるように米国監督下に置かれることを提案した。

(2)

驚くことではないが、北朝鮮の申し出は拒絶された。

疑わしい偽造の問題を提起することによって、ブッシュ政権は、DPRKに対して経済戦争を正当化する方法としてこれを使うことに努めた。

ブッシュ政権が望んでいたのは北朝鮮との協定ではなかったけれども、政権交代とこれ以上の行動はすぐ、来ることであった。

米国は、続けて、いくつかの北朝鮮の輸入輸出会社に、それらが武器貿易に関係していたという確証がない非難に制裁を課した。

そして、より多くの制裁はいっそうより多くの北朝鮮の会社とともに今回DPRKと取り引きしているいくつかのインドとロシアの会社に対して発表された。

(3)

裁判官席デルタ・アジアに対して取られた対策は外国為替に主要なアクセス・ポイントを北朝鮮から奪い、制裁の効果を拡大するためのメカニズムとしても役立った。

裁判官席デルタ・アジアをブラックリストに載せることによって、それが、北朝鮮と関係を断ち切ることを強制されるまで、米国は他の金融機関に、銀行と取引を短縮させた。

すぐキャンペーンはグローバルな意義をまとった。

北朝鮮のアカウントを閉鎖している銀行の世界的な波を結果として生じて、米財務省部門は世界中で警告状を銀行に送った。

米国報復を恐れて、銀行は、廃業状態でブラックリストに載せられて、動かされることを思い切ってやってみるというよりも北朝鮮の口座を解約することを慎重であると思った。

米財務省次官スチュアート・リービーは、制裁と米国脅威が、「snowballingavalanche効果」をもたらして「莫大なプレッシャー」をDPRKに置いたことに気づいた。

米国の行動は、平和な決着のどのような見込みでも徐々に蝕むことを意図されていた。

シニアのブッシュ政権役員は、今後、戦略はそうであるであろうと明らかにした:

「それらを押し付けなさい、けれども、交渉を続けさせなさい」。

役員は、しかし、話は、ただの北朝鮮の降伏を受け入れるための方法として役立つであろうと続けた。

2番目の米国高官は話のゴールを「引き渡しメカニズム」と評した。

実に、9月19日の協定のサインの前にさえ、米国は、「より対決的な手段に動くため」すでに決めていたと前のブッシュ政権役員は主張する。

(4)

Daedong信用銀行、ピョンヤンで動作していて、第一に輸入業者を提供している大多数の外資系のジョイント・ベンチャー銀行の事業部長として、ナイジェルCowieは、財務省の手紙の効果に立ち会う立場にあった。

「私達は、彼らの銀行家によって、DPRKから送金を受け取るのをやめるように海外で命じられているここで合法ビジネスを実施している外国の顧客から連絡を受けて、さもなければ、彼らの口座は解約されるであろう」。

米国高官が、何でもする心構えをしたことを説明するために、Cowieは、彼自身の会社に関係していた操作を説明し、どれから、彼は、「あなたはあなた自身の結論を引き出すことができる」と言った。

アカウントはモンゴルの銀行と開かれた。

手配は法律の現金取引のためにされた。

しかし、Daedong信用銀行の急使がモンゴルに到着した時に、彼らはモンゴルの情報部当局によって足止めされて、彼らのお金は没収した。

急使が北朝鮮から模造の通貨を輸送していたという告発はされた。

未確認のソースからの報道機関への漏れ口は、「北朝鮮の外交官」が密輸する模造の通貨のために逮捕されたことを告発しているリポートに通じていた。

2週間(モンゴルの、「すべての注が本物であったと、私達とのミーティングにおける情報部当局は最終的に認めた;」)後

「現金はリリースされた」。

最終的なミーティングにおいて、「彼らが不正確な情報を与えられたという」、当局が「むしろ思われた」モンゴルの知能に「当惑した」。

その不正確な情報のソースを推察することは乏しい想像力を必要としている。

(5)

米国の行動は大成功を経験した。

「私達としては、私達は合法ビジネスを実施しているだけであるけれども、それにもかかわらず、これらの手段によって重大な影響を受けた」とCowieは説明する。

「私達と私達の顧客のお金--USDにおけるだけでなくすべての通貨の中--の多額は、効果的に、いつ彼らがそれを私達に返すであろうかのしるしなしでつかまれている」。

裁判官席デルタ・アジアの運命は実例として役立った。

「どのような種類の米国つながりでも持つ銀行は、まさに、どのような北朝鮮の銀行とでもする何でも持つために恐れる」とCowieは言った。

Daedong信用銀行への支配株が英国人が所有する高麗銀行によって購入された後に、新しいオーナー、コリンMcAskillは米国高官に、その資金が合法で、溶かされるべきであることを証明するために銀行のレコードを調査するように頼んだ。

「私達は制裁引き分けの上で米国に挑む」と彼は言った。

「彼らは、誰も、彼らが何を外に出しているかを疑わずにずっとあまりにも多くの彼ら自身の方法でそれを持っていた」。

(6)

銀行への警告状の後に、米国高官からしばしば個人的な訪問が続いた。

銀行家とアメリカ役員は、メッセージが無言の脅迫と明示的な行動の混合を含んでいたと言う。

その結果、ほとんど、外国銀行で保持された北朝鮮のアカウントのすべてがDPRKの国際貿易への有害な効果によって閉まるまでに、長くはかからなかった。

米国高官は重大な経済の害を北朝鮮に与えていたけれども、ずっともっとすることを計画した。

「私達はまさに出発している」と宝庫次官スチュアート・リービーは数ヶ月前言った。

多くの場合に、どの見せかけもされなかった(行動が、違法な金融取引と関連していたことであった)。

米国高官は現在、金融機関がDPRKとすべての経済関係を断ち切ることを公然と迫っていた。

「米国政府は、どのような北朝鮮関連のビジネスでもするリスクについて慎重に考えることを金融機関に世界中で勧めている」とリービーは言った。

2006年9月までに、米国は、より荒い経済制裁についての計画を詳説して公式な特報を各UN加盟国に送った。

計画された手段はとても強かったので、いくつかのヨーロッパ諸国は懸念を表現し、計画がまさしくすべての北朝鮮の貿易と金融取引における全体の封鎖をめざしていたそうであった。

(7)

表題は方向のイベントを心配し、セリグ・ハリソン(国際的な方針のためのセンターのアジアプログラムのディレクター)はDPRKを訪問し、彼が見たものを報告した。

「消費財を作っている軽工業のための産業機器の合法なインポートが塞がっている外国人ビジネスマンと外国の大使館によって認証されている北朝鮮で、私は例を発見した」。

「北朝鮮人は当然ながら、政権としてのこれが、経済的圧力を通して彼らの政権の崩壊を引き起こすようにデザインされた方針を変更するのを見る」。

ハリソンは、彼が北朝鮮の役員から聞いたメッセージが本質的に、「私達は米国に、それが、9月19日の協定に従って正常な関係に動く用意ができていることを私達に知らせてほしい」であると言った。

「米国が一度に金融制裁のすべてを解除するわけではないならば、それは、それが一緒にその行為を集めて、政権変化深慮をやめているという他の方法で私達を示すべきである」。

スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

化学式ノートPCクーラー ハイグレード(A4ノート用 グレー) NCLA4H-GY[NCLA4HGY]【J:4950190180098-1-2197】

 化学式ノートPCクーラー ハイグレード(A4ノート用 グレー)

化学式ノートPCクーラー ハイグレード(A4LノートPC用 グレー) NCLA4LH-GY[NCLA4LHGY]【J:4950190180135-1-2197】

 化学式ノートPCクーラー ハイグレード(A4LノートPC用 グレー)

化学式ノートPCクーラー 折りたたみ式(A4ノートPC用  ブルー) NCLA4F-BL[NCLA4FBL]【J:4950190180074-1-2197】

 化学式ノートPCクーラー 折りたたみ式(A4ノートPC用  ブルー)

外国為替とは

外国為替とはについて解説します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR