FC2ブログ

ブッシュが探している理由 北朝鮮との対立

(8)??

North Korean officials were understandably miffed at the Bush Administration's immediate violation of the September 19 agreement on principles. As the U.S. continued to tighten the screws, North Korea announced that it would not return to the six-party talks until the U.S. honored the agreement it had signed. Sanctions would have to be lifted. At a minimum, dialogue should take place on resolving any questions surrounding the accusation of counterfeiting. U.S. officials said the sanctions were not up for discussion, and demanded North Korea's return to the six-party talks. The image presented to the American public was of North Korean obdurate behavior and refusal to negotiate. Unmentioned was how the Bush Administration had deliberately torpedoed the talks.

?

South Korean President Roh Moo-Hyun visited Washington in September 2006, asking for the U.S. investigation into Banco Delta Asia to be brought to a speedy conclusion. Roh said it was also important that the U.S. refrain from imposing further sanctions since such actions made the resumption of six-party talks impossible. (9) Predictably, his requests were rebuffed. Instead, the U.S. State Department allocated $1 million to three radio stations to broadcast hostile programs into the DPRK. (10) "I think our sanctions have had real impact," Stuart Levey claimed in a speech before the American Enterprise Institute just one month before the DPRK's nuclear test, "but the real goal, I think, is to see a real change in North Korea. So we are not satisfied with what has happened so far." (11)

?

Any hope for a resumption of the six-party talks had vanished. The Bush Administration wanted regime change in North Korea and could be expected to increase tensions. The North Koreans had earned a reputation for their proclivity for responding in kind: by negotiating when approached diplomatically, and with toughness when threatened. North Korea decided to proceed with a nuclear test so as to discourage any thoughts in Washington of military action. A statement was issued by the DPRK Foreign Ministry, in which it was said that the U.S. was trying to "internationalize the sanctions and blockade against the DPRK." A nuclear test would be a countermeasure "to defend the sovereignty of the country" against the Bush Administration's "hostile actions." (12)

?

The nuclear test took place on October 9. There is still some mystery about the nature of the test. The yield was surprisingly small, estimated to be in the half kiloton to 0.9-kiloton range. The North Koreans had notified Chinese officials beforehand of an impending 4-kiloton test, far below the yields of other nations when they conducted their first tests. It could be that the DPRK was trying to conserve its limited supply of plutonium and to reduce the extent of radioactive emissions. The test is widely thought to have been a partial failure, due to an incomplete detonation of the nuclear charge. U.S. intelligence officials and weapons analysts believe that either a nuclear device (not a bomb) was tested and malfunctioned, or that a test was done only on a nuclear component. The DPRK still has far to go before it is capable of developing a functioning nuclear weapon. If the DPRK wanted to signal the U.S. that it had a nuclear deterrent, then it had accomplished the opposite, with the test revealing that its nuclear program was still in the early stages. (13)

?

It was always the goal of the Bush Administration to win international backing for UN sanctions against North Korea. There were those in the Bush Administrations who admitted that they were hoping that the North Koreans would conduct a nuclear test. Having maneuvered the DPRK into carrying out the only option it had, the U.S. swiftly seized its opportunity. (14)

?

The U.S. won approval in the UN Security Council for international sanctions against the DPRK. China and Russia did succeed in eliminating any phraseology that could lead to military action, but there are still inherent dangers in the UN resolution. For example, UN member states are called upon to take "cooperative action including through inspections of cargo to and from the DPRK." Both the Security Council and the sanctions committee were given the right to expand the list of goods and technology that can be blocked, and the committee is to meet every 90 days to recommend "ways to strengthen the effectiveness of the measures." (15) It can be expected that the U.S. will press for more draconian measures. U.S. officials were quick to point out that UN sanctions allowed the inspection of North Korean ships, and gave the go-ahead for a more aggressive campaign to force financial institutions to cut ties with the DPRK. The Bush Administration regards the Proliferation Security Initiative (PSI), a program said to be aimed at limiting the flow of nuclear, biological and chemical weapons, as the centerpiece of enforcement. (16)

?

Soon after the passage of the UN resolution, U.S. Ambassador Alexander Vershbow and Assistant Secretary of State Christopher Hill asked South Korea to review its economic relations with the North, with an eye to limiting contact. This was followed by a visit from Secretary of State Condoleezza Rice, who was there to reinforce the message. In particular, the U.S. wanted South Korea to halt cooperative projects in the North at the Kaesong industrial park and the Mount Kumgang tourist resort. (17) To its credit, South Korea refused to abandon the projects, as both are essential to long-range plans for the reunification of the Korean peninsula. "The decision is South Korea's to make," stressed South Korean security aide Song Min-soon. (18)

?

Condoleezza Rice's trip also took her to Tokyo, Beijing and Moscow, where she urged officials to implement measures that would sharpen the effect of sanctions. Russian Foreign Minister Sergei Lavrov felt that Rice went too far in her demands, and afterwards commented, "Everyone should demonstrate realism and avoid extreme, uncompromising positions." (19) Predictably, U.S. officials met with more success in Japan, which had recently imposed a total ban on trade with the DPRK. Japanese officials talked of submitting a new resolution to the UN if North Korea were to conduct a second test. The new resolution as envisaged by Japan would require UN member nations to block nearly all trade with the DPRK. More alarmingly, Article 42 would be invoked so as to permit military action. (20)

?

The furor over the partial failure of North Korea's single, rather puny nuclear test made for an interesting contrast with the indifference that has greeted other nations' nuclear arsenals. The U.S., of course, has a massive arsenal of nuclear arms at its disposal. There is no suggestion that the established nuclear states should disarm, nor have there been calls for sanctions against the newer nuclear states, India, Pakistan and Israel. The U.S. has even recently signed a nuclear deal with India. In all of these cases, the nuclear programs dwarfed that of North Korea's. Yet only North Korea has been singled out for punishment and outrage. The basis for such a glaringly obvious double standard is that none of the other nuclear powers are potential targets for U.S. military forces. The operative principle is that no nation the U.S. seeks to crush can be allowed the means of thwarting an attack.

?

North Korea's nuclear test was driven by the perceived need to reduce the risk of attack by the U.S., a real enough consideration given the fate of conventionally armed Iraq, Afghanistan and Yugoslavia. At the same time, the test played into the Bush Administration's hands. The U.S. military is tied up to a large extent in the occupations of Iraq and Afghanistan, but UN sanctions are a cost-effective alternative for bringing ruin to North Korea and its people. How the Bush Administration interprets what the sanctions allow it to do is a question with potentially profound consequences. There have already been indications that the U.S. may go well beyond the letter of the resolution and implement measures that represent a real menace to peace. The UN resolution gives nations the legal backing to stop North Korean ships in foreign ports and waters. But U.S. Ambassador to the UN John Bolton has hinted at the possibility of stopping and searching North Korean ships in international waters, an act lacking in any legal basis. If the U.S. decides to pursue that course of action, it risks inviting a military clash at sea. Japan is considering contributing destroyers and patrol aircraft to the U.S. plan to harass North Korean shipping. (21) This would be seen as an especially provocative act, given the bitter memories associated with the many years Korea spent under harsh Japanese colonial rule.

?

But then, confrontation is surely what the Bush Administration wants, viewing it as an opportunity for further punishment of the DPRK. Since demolishing the 1994 Agreed Framework, the Bush Administration has gone on to do everything in its power to worsen tensions. "The U.S. never intended to honor the Agreed Framework and did not fully fulfill any of its provisions," points out Alexander Zhebin of Russia's Institute of the Far East. "The U.S. would love to place a bursting boiler at Russia's doorstep. Americans would sit back and watch it explode on TV, and let Russians, Chinese and Koreans sort out the consequences." (22)

?

Gregory Elich is the author of Strange Liberators: Militarism, Mayhem, and the Pursuit of Profit

?

http://www.amazon.com/Strange-Liberators-Militarism-Mayhem-Pursuit/dp/1595265708


?

NOTES

1 "Sharply Increased US Sanctions are Based on the USD Supernote Accusation against North Korea. But Counterfeit Experts Say the Accusation is Baseless," European Business Association (European Chamber of Commerce in Pyongyang), April 2006. "An der 'Supernote' Stimmt Fast Alles," Associated Press, April 19, 2006.

2 "NKorea Nuke Talks Uncertain," UPI, December 6, 2005. "No US Evidence on Counterfeiting: NKorean Diplomat," Agence France-Presse, March 9, 2006. "N.K. Proposes Separate Negotiations to Discuss U.S. Sanctions," Yonhap (Seoul), March 8, 2006. Lee Chi-dong, "Russia Urges U.S. to Present Evidence of N. Korean Counterfeiting," Yonhap (Seoul), March 7, 2006.

3 Jeannine Aversa, "White House Targets N. Korean Companies," Associated Press, October 21, 2005. "US Slaps Sanctions on N.Korea, Russian Firms," Reuters, August 4, 2006. "U.S. Slaps Sanctions on Two N.Korean Firms," Chosun Ilbo (Seoul), August 7, 2006.

4 Christian Caryl, "Pocketbook Policing," Newsweek, April 10-17, 2006. Joel Brinkley, "U.S. Squeezes North Korea's Money Flow," New York Times, March 10, 2006.

5 Nigel Cowie, "US Financial Allegations - What They Mean," Nautilus Institute, May 4, 2006.

6 Nigel Cowie, "US Financial Allegations - What They Mean," Nautilus Institute, May 4, 2006. "North Korea's Nuclear Push May be Stymied by U.S. Banking Rules," Bloomberg, March 7, 2006. Anna Fifield, "Bankers Challenge US Sanctions on North Korea," Financial Times (London), September 5, 2006.

7 Steven R. Weisman, "U.S. Pursues Tactic of Financial Isolation," New York Times, October 16, 2006. "N.Korean Regime Feeling Pinch from Sanctions: U.S.," Chosun Ilbo (Seoul), April 3, 2006. "North Funds Lose Havens in Sanctions," JoongAng Ilbo (Seoul), August 24, 2006. "US Targets Business with North Korea," Associated Press, September 9, 2006. "US Reportedly Asks for Cooperation with Sanctions on DPRK from UN Member States," Chosun Ilbo (Seoul), September 13, 2006.

?

8 Selig S. Harrison, "N.K. Nuclear Test Depends on U.S.," Hankyoreh (Seoul), October 2, 2006.

9 "South Korea Asked U.S. to Suspend Further North Korea Sanctions: Source," Yonhap (Seoul), September 18, 2006.

10 "US Funds Radiocasts Aimed at North," Dong-A Ilbo (Seoul), September 28, 2006.

11 "U.S. Not Yet Satisfied with Impact of N.K. Sanctions: Levey," Yonhap (Seoul), September 9, 2006.

12 "DPRK Foreign Ministry Clarifies Stand on New Measure to Bolster War Deterrent," KCNA (Pyongyang), October 3, 2006.

13 Jungmin Kang and Peter Hayes, "Technical Analysis of the DPRK Nuclear Test," Nautilus Institute, October 20, 2006. Ivan Oelrich, "North Korea's Bomb: A Technical Assessment," Strategic Security Blog (a Project of the Federation of American Scientists," October 13, 2006. Ludwig De Braeckeleer, "N. K. Nuclear Test: Evidence and Unknowns," Ohmy News (Seoul), October 12, 2006. "Alleged Radioactive Debris from N.K. Nuclear Test Detected," Yonhap (Seoul), October 14, 2006. Greg Miller and Karen Kaplan, "Even if Device was Flawed, Test Crossed a Threshold," Los Angeles Times, October 10, 2006.

14 Interview with Selig S. Harrison, "Harrison Faults Bush Administration for Rejecting Step-by-Step Accords to Halt North Korea's Nuclear Program," Council on Foreign Relations, May 10, 2004. Glenn Kessler, "Rice Sees Bright Spot in China's New Role Since N. Korean Test," Washington Post, October 22, 2006.

15 "Text of U.N. Resolution on N. Korea Sanctions," CNN, October 14, 2006.

16 Warren Hoge, "Security Council Backs Sanctions on North Korea," New York Times, October 15, 2006. "U.S. Achieves Key Objectives in U.N. Resolution, with PSI as Centerpiece," Yonhap (Seoul), October 15, 2006.

17 Park Song-wu, "Vershbow Wants Seoul to Cut Economic Ties with N.Korea," Korea Times (Seoul), October 18, 2006. Richard Lloyd Parry, "US Demands the Closure of 'Cash Cow' Projects for Kim," The Times (London), October 19, 2006. Lee Joo-hee, "Seoul Urged to Get Tough on N. Korea," Korea Herald (Seoul), October 19, 2006.

18 Chun Su-jin, "Testy Official Snaps Back at U.S. Sanctions Pressure," JoongAng Ilbo (Seoul), October 19, 2006. Kim Ji-hyun, "Seoul Digs in Over Projects with N. Korea," Korea Herald (Seoul), October 20, 2006.

19 Adrian Blomfield, "Russian Rebuke for Rice over N Korea," Daily Telegraph (London), October 21, 2006.

20 Ewen MacAskill and Jonathan Watts, "Japan Bans All Trade with North Korea," The Guardian (London), October 12, 2006. "Japan Eyes Tougher N. Korea Resolution," Kyodo News Service (Tokyo), October 22, 2006.

21 "MSDF Set to Monitor 2 Sea-Lanes to Check Ships Near Okinawa, Tsushima Strait," Yomiuri Shimbun, October 22, 2006.

22 Vladimir Radyuhin, "U.S. Provoked N. Korea: Russia," The Hindu, Chennai, October 22, 2006.

Disclaimer: The views expressed in this article are the sole responsibility of the author and do not necessarily reflect those of the Centre for Research on Globalization.?

?

(8)

北朝鮮の役員は主義として9月19日の協定のブッシュ政権の即時の違反に当然ながらむっとした。

米国が、ねじを締め続けた時に、北朝鮮は、米国が、それがサインした協定を守るまで、それが6者会談に戻らないであろうということを発表した。

制裁は、解除される必要があるであろう。

最小で、ダイアログは、偽造の告発を取り囲んでいるどのような問題でも解決することにおいて起こるべきである。

米国高官は、制裁が議題に上がっていないと言い、6者会談への北朝鮮のリターンを要求した。

アメリカの一般大衆に示されたイメージは、協議する北朝鮮の強情な行動と拒絶をもっていた。

どのようにブッシュ政権が意図的に話を雷撃したかは言及されなかった。

速い結論にもたらされるために裁判官席デルタ・アジアの米国の調査を要求して、韓国大統領ローモーHyunは2006年9月にワシントンを訪問した。

ローは、そのような行動が6者会談の再開を不可能にして以来、米国が、さらに制裁を課すことを控えることがまた重要であると言った。

(9) 予想通りに、彼の要求は拒絶された。

代わりに、DPRKの中に敵対的な番組を放送するために、米国の州部門は100万ドルを3つの無線局に割り当てた。

(10) DPRKの核実験の「しかし本当のゴールはおそらく、北朝鮮の本当の変化を見ることである」ほんの1ヶ月前のアメリカ企業研究所の前で、「私は、私達の制裁が本当のインパクトを持っていたと思う」とスチュアート・リービーはスピーチにおいて主張した。

「従って、私達は、これまでに起こったことに満足していない」。

(11)

6者会談の再開のためのどのような希望でも消滅した。

ブッシュ政権は北朝鮮の政権交代を望んでいて、緊張を高まらせると見られることができた。

北朝鮮人は、同じやり方で反応するための彼らの傾向に関する評判を得た:

外交上近づかれる時に交渉することによって、そして脅かされている時のタフさによって。

北朝鮮は、軍事行動のワシントンでどのような考えでも妨害するように核実験を続行すると決めた。

ステートメントはDPRK外務省によって出された(それにおいて、米国が、「DPRKに対する制裁と封鎖を国際化し」ようとしていたそうであった)。

核実験は、ブッシュ政権の「敵対的な行動」に対して、「国の主権を防御するため」対策であるであろう。

(12)

核実験は10月9日に起こった。

まだ、テストの性質についてのいくらかのミステリーがある。

0.5キロトンから0.9キロトンの範囲にあることを概算されて、生産高は驚くほど少なかった。

北朝鮮人は、彼らが彼らの最初のテストを実施した時に他の国家の生産高の下で遠く前もって差し迫った4キロトンのテストを中国の役員に通知した。

それは、DPRKが、プルトニウムのその制限された供給を保存し、放射性排出物の範囲を減らそうとしていたことであるかもしれない。

テストは、核電荷の不完全な爆発のため部分故障であったと広く考えられる。

米国情報部当局と武器アナリストは、どちらの核爆弾(1つの爆弾でもない)もテストされて、誤動作したか、テストが核のコンポーネントの上だけでされたと信じる。

DPRKはまだ、遠く、それが、作動する核兵器を開発することが可能な前に行く必要がある。

DPRKが、それが核抑止力を持っていたことを米国に知らせたかったならば、それは、その原子力計画がまだ初期の段階にあったと明らかにしているテストによって反対物を遂行し

(13)

それはいつも、北朝鮮に対するUN制裁に対する国際的な支援を勝ち取るブッシュ政権のゴールであった。

彼らが、北朝鮮人が核実験を実施するであろうということを望んでいたと認めていたブッシュ行政機関に、それらがあった。

それが持っていた唯一のオプションを運び出す中にDPRKを動かせて、米国は迅速にその機会をつかんだ。

(14)

米国はDPRKに対する国際的制裁のためにUN安全保障理事会で承認を得た。

中国とロシアは、軍事行動を引き起こすことができたどのような語法でも取り除くことに成功したけれども、UN決議案においてまだ、固有の危険がある。

例えば、UN加盟国は、「DPRKに(から)積荷検査を通して含む協力的な行動」を取ることを求められる。

安全保障理事会と制裁委員会の両方は、商品のリストと塞がることができるテクノロジーを拡張する権利を与えられて、委員会は、「手段の有効性を強化する方法」を推奨するために90日ごとに開催されることになっている。

(15) 米国がより過酷な手段を迫るであろうということは予期されることができる。

米国高官は、UN制裁が北朝鮮の船の検査を許し、進取的な人に、より攻撃的なキャンペーンが、DPRKとのつながりを切ることを金融機関に強制させたことを指摘することが迅速であった。

ブッシュ政権は、増殖セキュリティイニシアチブ(PSI)(核、生物、および化学兵器の流れを制限することに向けられるといわれているプログラム)を強制の中心とみなしている。

(16)

UN決議案の通路のすぐ後で、米国の大使アレキサンダーVershbowと国務次官補クリストファー・ヒルは韓国に、制限接触に目を向けて北によってその経済関係をレビューするように頼んだ。

これの後に、メッセージを補強するために、そこにいた国務長官コンドリーザ・ライスから訪問が続いた。

特に、米国は韓国に、ケソン工業団地とマウントKumgang観光地で北で協力的なプロジェクトを停止させてほしかった。

(17) そのクレジットに、両方が朝鮮半島の再統合についての長期計画に必須なので、韓国は、プロジェクトを放棄することを断った。

「するために、決定は韓国のである」と韓国のセキュリティ補佐官SongすぐMinは強調した。

(18)

コンドリーザ・ライスの旅行はまた彼女を東京、北京、およびモスクワに連れて行った(そこで、彼女は、制裁の効果を尖らすであろう手段を実施することを役員に勧めた)。

ロシア外務大臣セルゲイ・ラブロフは、ライスが彼女の要求においてあまりにも遠くまで行ったと思い、その後、「誰もが現実主義を示し、一番端で、妥協しないポジションを避けるべきである」を批評した。

(19) 予想通りに、米国高官は日本におけるより多くの成功を経験した(それは最近DPRKとの貿易の全面的禁止を課した)。

北朝鮮が、2番目のテストを実施することになっていたならば、新しい決議を国連に提出することについて、日本の役員は話した。

日本によって考察されるような新しい解像度は、DPRKとのほとんどすべての貿易を妨げるためにUN加盟国を必要とするであろう。

もっと警急に、第42条は、軍事行動を許すようにもたらされるであろう。

(20)

北朝鮮の単一で、少し弱々しい核実験の部分故障の上の熱狂は、他の国家の核兵器保有量を迎えた無関心との興味深いコントラストに進んだ。

米国はもちろんその意のままに使えて核兵器の大規模な兵器庫を持っている。

設立された核状態が解除するべきであるという提案が全然なく、より新しい核状態、インド、パキスタン、およびイスラエルに対する制裁のための呼び出しがなかった。

米国は最近さえインドとの核の契約にサインした。

これらのケースのすべてにおいて、原子力計画は北朝鮮のそれを小型化した。

それでも、北朝鮮だけが処罰と乱暴のために選出されている。

そのような際立って明らかな二重標準のための基礎は、他の核保有国のどれも米国軍事力のための潜在的な目標ではないことである。

働いた原則は、米国が、押しつぶすことに努めるどの国民も、攻撃を妨げる方法を与えられることができないことである。

北朝鮮の核実験は、米国(慣例的に武装したイラク、アフガニスタン、およびユーゴスラビアの運命を与えられた十分に本当の考慮)による攻撃のリスクを減らす気づかれている必要によって動かされた。

同時に、テストはブッシュ政権の利益を図った。

米国軍隊はイラクとアフガニスタンの占領においてかなりの程度まで縛られるけれども、UN制裁は、荒廃を北朝鮮とその人々にもたらすための費用効果が高い選択肢である。

どのようにブッシュ政権が、制裁が、それがすることを可能にすることを解釈するかは潜在的に深い結果を持つ問題である。

すでに、米国が、はるかに決議の手紙を越えて、本当の脅威を平和に説明する手段を実施するかもしれないという徴候があった。

外国の港と水域で北朝鮮の船を止めるために、UN決議案は国家に発行準備を与える。

しかし、米国の国連大使、ジョン・ボルトンは、公海(どのような法的根拠でも欠いている行為)で北朝鮮の船を止めて、捜す可能性を暗示した。

米国が、その行動方針をたどると決めるならば、それは、海で軍隊の衝突を引き起こすのを思い切ってやってみる。

日本は、破壊者と哨戒機を、北朝鮮の出荷を悩ます米国計画に寄与することを考慮している。

(21) 苦い思い出が、韓国が荒い日本の植民地支配の下で過ごした多くの年と結合したので、これは特に挑発的な行為と考えられるであろう。

しかし、対決はきっと、それをDPRKのさらなる処罰のための機会とみなして、ブッシュ政権が望んでいるものである。

1994年の合致枠組を取り払って以来、ブッシュ政権は、緊張を悪化させるためにできる限りのことを続けてした。

「米国は決して、合意された枠組を尊重するつもりでなく、完全にその供給のどれも果たしたわけではない」は極東のロシアの研究所のアレキサンダーZhebinを指差す。

「米国は、ロシアの戸口で爆発ボイラーを置きたい」。

「アメリカ人はゆったり座り、テレビでそれが爆発するのを見て、ロシア人、中国語、および韓国人に結果を仕分けさせるであろう」。

(22)

グレゴリーElichは奇妙な解放者の作者である:

軍国主義、騒乱、および利潤追求

http://www.amazon.com/Strange-Liberators-Militarism-Mayhem-Pursuit/dp/1595265708




1つの、「鋭く増大した米国の制裁は北朝鮮に対するUSD100ドル札告発に基づく」。

「しかし、模造のエキスパートSay、告発はいいかげんである」、ヨーロッパ商業組合(ピョンヤンのヨーロッパ商工会議所)、2006年4月。

「der‘100ドル札’Stimmt絶食Alles」、AP通信、2006年4月19日。

2つの「不確かなNKorea核兵器話」、UPI、2005年12月6日。

「偽造することにおける米国証拠がない:」

「NKorean外交官」、AFP通信、2006年3月9日。

「米国の制裁を議論するために、N.K.は別個の交渉を提案する」、Yonhap(ソウル)、2006年3月8日。

リーChiドン、「ロシアは北朝鮮偽造の現在形跡を米国に勧める」、Yonhap(ソウル)、2006年3月7日。

3 ジャニーヌ・アベルサ、「ホワイトハウスは北朝鮮会社をターゲットとする」、AP通信、2005年10月21日。

「米国は北朝鮮、ロシア会社上で制裁をたたく」、ロイター、2006年8月4日。

「米国は2N.韓国会社の上で制裁をたたく」、朝鮮日報(ソウル)、2006年8月7日。

4 キリスト教キャリル、「紙入れ取り締まり」、ニューズウィーク、2006年4月10日-17日。

ジョエル・ブリンクリー、「米国は北朝鮮のマネーフローを押し付ける」、ニューヨーク・タイムズ、2006年3月10日。

5 ナイジェルCowie、「米国金融主張 - 彼らが言おうとしていること」、オウムガイ研究所、2006年5月4日。

6 ナイジェルCowie、「米国金融主張 - 彼らが言おうとしていること」、オウムガイ研究所、2006年5月4日。

「北朝鮮の核の押しは米国バンキング規則によって困った状態にならせられるかもしれない」、Bloomberg、2006年3月7日。

アンナ・ファイフィールド、「銀行家は北朝鮮の上の米国の制裁に挑む」、フィナンシャル・タイムズ(ロンドン)、2006年9月5日。

7 スティーブンR.ワイズマン、「米国は金融隔離の戦術を追跡する」、ニューヨーク・タイムズ、2006年10月16日。

「制裁からのN.Korean政権感覚少量:」

「米国」、朝鮮日報(ソウル)、2006年4月3日。

「北資金は制裁の中でヘイバンズを失う」、JoongAng Ilbo(ソウル)、2006年8月24日。

「米国は北朝鮮とビジネスをターゲットとする」、AP通信、2006年9月9日。

「伝えられるところでは、米国はUN加盟国からDPRKの上の制裁との協力を要求する」、朝鮮日報(ソウル)、2006年9月13日。

8 セリグS.ハリソン、「N.K.核実験は米国に依存する」、Hankyoreh(ソウル)、2006年10月2日。

9つの、「韓国は米国に、さらに北朝鮮の制裁を中断するように頼んだ:」

「ソース」、Yonhap(ソウル)、2006年9月18日。

10の、「米国は北に向けられたラジオ放送に出資する」、ドンのA Ilbo(ソウル)、2006年9月28日。

11の、「米国によって、まだでなく、N.K.制裁のインパクトによって満足した:」

「リービー」、Yonhap(ソウル)、2006年9月9日。

12の、「DPRK外務省は、戦争妨害物を支える新施策におけるスタンドを浄化する」、KCNA(ピョンヤン)、2006年10月3日。

13人のJungminカンとピーター・ヘーズ、「DPRK核実験のテクニカル分析」、オウムガイ研究所、2006年10月20日。

イワンOelrich(「北朝鮮の爆弾:」)

「技術アセスメント」、戦略的なセキュリティはブログする(アメリカ科学者インチ、2006年10月13日の同盟のプロジェクト。

ルートウィヒDe Braeckeleer(「N. K.核実験:」)

「証拠と未知」、Ohmyニュース(ソウル)、2006年10月12日。

「検出されたN.K.核実験からの疑わしい放射性破砕物」、Yonhap(ソウル)、2006年10月14日。

グレッグ・ミラーとカレン・カプラン、「機器がひびが入っても、テストは入り口を横切った」、ロサンジェルス・タイムズ、2006年10月10日。

14は、「ハリソンは、北朝鮮の原子力計画を停止させるためにステップ・バイ・ステップの協定を拒絶したことでブッシュ政権を批判する」、外交問題評議会、2004年5月10日にセリグS.ハリソンとインタビューする。

グレン・ケスラー、「米は北朝鮮テスト以来中国の新しい役割において明るい場所を見る」、ワシントン・ポスト、2006年10月22日。

15の「北朝鮮の制裁の上の国連決議のテキスト」、CNN、2006年10月14日。

16 ウォレンHoge、「安全保障理事会は北朝鮮への制裁を支える」、ニューヨーク・タイムズ、2006年10月15日。

「米国は中心としてのPSIによって国連決議において重要な目的を達成する」、Yonhap(ソウル)、2006年10月15日。

17 公園歌wu、「Vershbowはソウルに、北朝鮮との経済の結びつきを切ってほしい」、コリア・タイムズ(ソウル)、2006年10月18日。

リチャード・ロイド・パリー、「米国は、‘ドル箱’の閉鎖がキムのために突き出ているのを要求する」、タイムス(ロンドン)、2006年10月19日。

リージョウオウhee、「北朝鮮に厳しくなることを勧められたソウル」、コリア・ヘラルド(ソウル)、2006年10月19日。

18 クーンSu-jin、「短気な役員は米国制裁プレッシャーで言い返す」、JoongAng Ilbo(ソウル)、2006年10月19日。

キムJi-hyun、「ソウルは北朝鮮とプロジェクトの上で塹壕を掘って身を隠す」、コリア・ヘラルド(ソウル)、2006年10月20日。

19 エイドリアン・ブルームフィールド、「北朝鮮の上の米のためのロシア非難」、デイリー・テレグラフ(ロンドン)、2006年10月21日。

イーウェンMacAskillとジョナサンの20ワット、「日本は北朝鮮とのすべての貿易を禁止する」、ガーディアン(ロンドン)、2006年10月12日。

「日本はより難しい北朝鮮決議を見る」、共同通信(東京)、2006年10月22日。

21の、「沖縄、対馬海峡近くで船をチェックするために2つの航路を監視するようにセットされたMSDF」、読売新聞、2006年10月22日。

22ウラジーミルRadyuhin(「米国は北朝鮮を怒らした:」)

「ロシア」、ヒンズー教徒、Chennai、2006年10月22日。
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カラダが男を欲してる…

まだまだ性欲旺盛な30代です。肌もまだ艶があって男性の身体を

もう少しこのままでいたい・・・

ヌレちゃんから誘ってくれるなんてめずらしいね

NEWYORK PRESS

EAST HORSEで人気のNEWYORK PRESS

これが好評の理由ですね…ホテルミラノ・サンフランシスコ

ブログ管理人の勝手なホテル批評です。良いところも悪いところもできるだけ正直に書いております。というわけで、今回はサンフランシスコのホテルミラノ・サンフランシスコ です。 ホテルクラブ激安予約情報付き案内です。一度お立ち寄りください。

北の殿様、脱北中。

ミサイル発射に核実験と10月は金正日の一人舞台に、各国が振り回される形で終わった。核実験が成功か失敗なのかそれを確認するのにも一週間も時間がかかり、とりあえず成功?と疑問符付きのままである。あの国は失敗しても成功と言い切ってしまう図々しさを持っているので

トレードステーションについて

トレードステーションについて解説します。

複数のシステムと組み合わせる

運用プログラムの構築について解説します。

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

トラックバック失礼致します。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR