FC2ブログ

議論もできないとはいったい自由主義国か??

核論議 中川政調会長、改めて必要性提起 自民に不協和音



 
自民党の中川昭一政調会長は6日、二階俊博国対委員長の「自粛要請」を無視する形で、あらためて核論議の必要性を提起した。安倍晋三首相は「非核三原則を守る方針で閣僚も党幹部も一致している」と重ねて強調したが、不協和音は党内に影を落としている。



 「今は沖縄県知事選の最中だ。県民は平和を切に願っていることにご留意願いたい」



 夕方の役員会で、二階氏は唐突に切り出した。核論議をめぐる発言の自粛を間接的に求めたもので、中川氏は苦虫をかみつぶしたように押し黙った。



 これに先立ち、二階氏は国会内で下村博文官房副長官らと会談し「国会審議に支障を来すような発言を繰り返すのは控えてもらいたい」と、中川氏に同調した麻生太郎外相を念頭に閣僚の慎重な発言を求めた。



 一方、中川氏は名古屋市で講演し「批判に傾聴すべきところもあるが、そこから議論が始まる。『発言はけしからん』だけでは議論は全然深まらない。何ができて、何ができないか、今まさに真剣に考えなければならない」と述べ、発言を自粛する考えはないことを強調した。



 党執行部内の不協和音に他の幹部は頭を痛めている。中川秀直幹事長は6日夕の記者会見で「政調会長が提起するのは非核三原則を前提にした議論であり、そういう前提の議論は必要なことでもある。ただ、国会対策の責任者である二階氏の憂いも共有する部分がある」と吐露した。



 党内でも意見は分かれる。町村派は、2日の総会で核論議への批判が出されたことを、中山成彬事務総長が近く中川政調会長に伝える。谷垣、高村両派などからも自粛を求める声が相次いでいる。ただ、若手・中堅には「議論さえ認めないのであれば、日本の安全保障論議そのものが成り立たない」との声が強い。



 首相は「政府や自民党の機関で議論する考えはないが、それ以外の議論を封殺することはできない」と繰り返してきた。6日夜、都内のホテルで日本経団連の御手洗冨士夫会長ら財界人と会食した席では「だれも非核三原則に反対しているわけではないので、もうすぐ落ち着くだろう」と楽観的な見方を示したが、党内が二分される事態は避けたいところで、指導力が試されてもいる


麻生外相の罷免要求=民主・鳩山氏



 民主党の鳩山由紀夫幹事長は3日夕、都内で開かれた同党都議の集会であいさつし、核保有論議を容認する発言を行った麻生太郎外相について「世界中から核をなくす運動のトップリーダーとして動かなければいけない日本の外相が、こういう発言をしたことに心から怒りを持って、罷免の要求をしていこう」と述べ、安倍晋三首相に対し外相を罷免するよう求める考えを示した。 


(時事通信) - 11月3日21時0分更新







蛇足

民主党や社民党、共産党は北朝鮮にこそ、日本国憲法9条や非核3原則について、

説明して回れ、日本国はすでに堅持してるのだから・・。核の論議は当り前だ・・相手が核を使うぞと脅しているのだから・対抗手段を考えるのは当然だ・。


朝鮮に何を遠慮するのか・・エエ加減に過去の遺物で嘘まみれな国とは、交渉などしない事だ・。敵なのだから対抗手段を持つ事こそ・・まともな議論ができる。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR