FC2ブログ

1984年 ジョージ・オーウェル 1949年

1984

George Orwell

1949





Chapter 1

It was a bright cold day in April, and the clocks were striking thirteen. Winston

Smith, his chin nuzzled into his breast in an effort to escape the vile wind, slipped

quickly through the glass doors of Victory Mansions, though not quickly enough

to prevent a swirl of gritty dust from entering along with him.

The hallway smelt of boiled cabbage and old rag mats. At one end of it a

coloured poster, too large for indoor display, had been tacked to the wall. It

depicted simply an enormous face, more than a metre wide: the face of a man of

about forty-five, with a heavy black moustache and ruggedly handsome features.

Winston made for the stairs. It was no use trying the lift. Even at the best

of times it was seldom working, and at present the electric current was cut off

during daylight hours. It was part of the economy drive in preparation for Hate

Week. The flat was seven flights up, and Winston, who was thirty-nine and had

a varicose ulcer above his right ankle, went slowly, resting several times on the

way. On each landing, opposite the lift-shaft, the poster with the enormous face

gazed from the wall. It was one of those pictures which are so contrived that

the eyes follow you about when you move. BIG BROTHER IS WATCHING

YOU, the caption beneath it ran.

Inside the flat a fruity voice was reading out a list of figures which had

something to do with the production of pig-iron. The voice came from an

oblong metal plaque like a dulled mirror which formed part of the surface of the

right-hand wall. Winston turned a switch and the voice sank somewhat, though

the words were still distinguishable. The instrument (the telescreen, it was

called) could be dimmed, but there was no way of shutting it off completely. He

moved over to the window: a smallish, frail figure, the meagreness of his body

merely emphasized by the blue overalls which were the uniform of the party.

His hair was very fair, his face naturally sanguine, his skin roughened by coarse

soap and blunt razor blades and the cold of the winter that had just ended.

Outside, even through the shut window-pane, the world looked cold. Down

in the street little eddies of wind were whirling dust and torn paper into spirals,

and though the sun was shining and the sky a harsh blue, there seemed to be

no colour in anything, except the posters that were plastered everywhere. The

black-moustachio’d face gazed down from every commanding corner. There was

one on the house-front immediately opposite. BIG BROTHER IS WATCHING

YOU, the caption said, while the dark eyes looked deep into Winston’s own.

Down at streetlevel another poster, torn at one corner, flapped fitfully in the

wind, alternately covering and uncovering the single word INGSOC. In the far

distance a helicopter skimmed down between the roofs, hovered for an instant

~省略~


1章

4月に明るい寒い日であり、時計は13時を告げていた。

砂の塵の渦巻きが彼とともに入ることを防止するのに十分に迅速でないけれども、ウィンストンスミス(下劣な風を免れるために彼の胸の中に鼻を突っ込まれた彼のあご)は迅速に勝利大邸宅のガラスドアを滑走した。

廊下は茹でられたキャベツと古いラグ・マットを匂わしていた。

それの一端に、屋内のディスプレイのために大きすぎる着色されたポスターは壁に鋲で留められた。

それは1メートルの幅のよりもっと単に巨大な面を描き出した:

重い黒い口ひげと荒削りで立派な機能の約45の人の顔。

ウィンストンは階段に向かった。

持ち上げを試すことは無駄であった。

最良の時にあっても、それはほとんどうまく働いていなく、現在、電流は昼の時間の間に切り離された。

それは憎悪週の準備で経済ドライブの一部であった。

フラットは7階段上であり、39歳であり、彼の右の足首の上の静脈瘤性潰瘍があったウィンストンは、途中で数回休んで、ゆっくり行った。

エレベーターシャフトの向こう側の各着陸において、巨大な面を持つポスターは壁から見つめた。

それは、あなたが動く時に、目があなたに付きまとうように考案されるそれらの写真の1つであった。

ビッグ・ブラザーIS WATCHING YOU、それの下の表題は動いた。

フラットの中で、果物のような声は、銑鉄の生産と関係があった数値のリストを読み出していた。

声は、右手の壁の表面の一部となった鈍くされた鏡のような長方形金属飾り額から聞こえた。

ウィンストンはスイッチを回し、言葉はまだ区別できたけれども、声は多少沈んだ。

機器(テレビスクリーン、それは呼ばれた)は減光されることができたけれども、完全にそれを止める方法が全然なかった。

彼はウィンドウに動いた:

やや小さく、弱い数値(単に、パーティーのユニフォームであった青色のオーバーオールによって強調された彼のこくのわずかさ)。

彼の髪は、まさしくそのフェア、自然に快活な彼の顔、粗い石けんと鈍感なかみそりの刃によって荒くされた彼の皮膚、およびちょうど終わった冬の寒さであった。

閉まった窓ガラスの外で、を通してさえ、世界は冷たいように見えた。

ら旋への塵および引き裂かれた紙、および太陽が輝き、空荒い青けれども下に風の通り小渦において回転していた どこでもしっくいを塗られたポスターを除いて全然何の色でもないようにそこで思われる。

‘黒い口髭はするであろう’面はすべての命じるコーナーから下を見つめた。

すぐ向こう側で家の正面の上にものがあった。

ビッグ・ブラザーIS WATCHING YOU、表題は言った一方、暗い色の目はウィンストンの所有物を深く調査した。

streetlevelで、1つのコーナーで引き裂かれて、風の中で発作的にはためき、単一の言葉INGSOCを交互にカバーし、むきだしにして、別のポスターを下に置きなさい。

遠い距離において、ヘリコプターは屋根の間で下にすくい取り、少し1の間ただよった。

ヤグルマギクのように、そして向こうに投げられて、再び、カーブによって、飛びなさい。

それは、人々のウィンドウを詮索している警察巡視人であった。

しかしパトロールは重要でなかった。

思想警察だけが重要であった。

ウィンストンの背中の後ろで、テレビスクリーンからの声はまだ銑鉄と9番目の3年の計画の過剰な実現についてぶつぶつ言っていた。

テレビスクリーンは同時に受け取り、電波で通信した。

聞こえただけでなく、ウィンストンが非常に低いささやきのレベルの上でたてたどのような音でもそれによって拾われるであろうし、さらに、金属飾り額が命じた視界の中に、彼が残っていた限り、彼は見られることができた。

いつ何時でもあなたが見られていたかどうかを知る方法がもちろん全然なかった。

何回または、あて推量は、システム、思想警察がどのような個々のワイヤの上ででもプラグを差し込んだものの上にあった。

彼らがずっと誰でも見たことは考えられさえした。

しかし、とにかく、彼らがそうしたかった時はいつでも、それらはあなたのワイヤに差し込むことができた。

あなたがたてたすべての音が耳にされたという仮定と暗闇におけるを除いた、吟味されているすべてのムーブメントにおいて、本能.になった習慣から、.暮らすために催されたYouはライブでした。

ウィンストンは彼の背中をテレビスクリーンに向けられるようにしておいた。

彼がよく知っていて、後ろが明らかにしているかもしれなくさえあるので、しかしそれはより安全であった。

真実の省、彼の職場は汚い景色の上で広大で、白く1キロメートルの向こうにそびえていた。

これ、彼は、一種の漠然とした嫌悪.によってこれを考えた オセアニアの地方の中で3番目に人口が多くロンドン、滑走路1の主たる都市、自身であった 。

彼は、ロンドンがいつもこれにまったく似ていたかどうかを彼に示すべきであるいくらかの幼年期メモリーを絞り出そうとした。

19世紀の家、材木の障害によって支えられたそれらの側、ボール紙によってつぎ当てされたそれらのウィンドウ、および波形鉄板(すべての方向で沈下しているそれらのクレージーな庭の壁)を持つそれらの屋根を腐敗させるこれらの展望はそこでいつもそうであったか?

そして、しっくい塵が空気とアカバナの中で渦巻いた爆撃されたサイトは瓦礫の山の上で落後した;

そして、爆弾がより大きな継ぎをきれいにした場所とは養鶏場のような木製の住居の汚い植民地の上に跳ねた?

しかし、それは無駄であり、彼は思い出すことができなかった:

無背景に対して起こっていて、たいていわかりにくい一連の快活点火された絵を除いて彼の幼年期の何も残っていなかった。

視界においてどのような他のオブジェクトとでも驚くほど違うNewspeak*.wasにおけるTruth.[Minitrue]の省。

それは、輝く白いコンクリートの巨大なピラミッド構造が、上に高騰して、テラス(空気の中への300メートル)後で整備することであった。

どこから、ウィンストンがそれを我慢したかは、まさに、エレガントなレタリングにおけるその白い顔の上で選び出されて、パーティーの3つのスローガンを読むために可能であった:

戦争は平和である。

自由は奴隷制度である。

無知は力である。

真実の省は含んでいて、それは言われて、上の3000の部屋が下で水平で、対応する小区分を接地する。

同様な外観とサイズのちょうど3棟の他の建物がそこでロンドンのまわりで散乱した。

とても完全に、彼らは周囲の建物を小型化したので、勝利大邸宅の屋根から、あなたは同時に彼らのすべての4人に会うことができた。

それらは、政府機構全体が分配された4つの省の家であった。

真実の省(それはニュース、エンターテインメント、教育、および美術に関係した)。

平和の省(それは戦争に関係した)。

愛情の省(それは法と秩序を維持していた)。

そして十分の省(それは経済の仕事に責任があった)。

新言語におけるそれらの名前:

小型真実で、小型接吻板、Miniluv、および小型十分。

愛情の省は本当に恐ろしいものであった。

ウィンドウ2が全然なかった。

ウィンストンは一度も愛情の省の中、0.5キロメートルのそれの中にいたことがなかった。

それは、公用の上、それから鉄条網、スチールドア、および隠れた機関銃ネストの迷路に侵入することによるだけを除いて入ることが不可能な場所であった。

その外の障壁に通じる通りさえ、継がれた職杖によって武装して、黒い制服を着ているゴリラ顔の護衛者によって歩き回られた。

ウィンストンは突然回転した。

彼は、彼の顔を、テレビスクリーンに直面している時に身につけることが賢明であった静かな楽天主義の表現の中に設定した。

彼は小さなキッチンの中に部屋を横切った。

この時刻に省を去ることによって、彼は水筒の中で彼の昼食を犠牲にし、彼は、明日の朝食のために蓄えられることになった暗い色のパンの厚切れを除いて、キッチンに食物が全然なかったことに気づいていた。

彼はVICTORY GINとマークを付けられた普通の白いラベルを持つ無色の液体のボトルを棚から落とした。

それは中国の米心現在病弱で、油性のにおいを発した。

ウィンストンはティーカップほとんど1杯を注ぎ、ショックに奮起し、薬の一服のようにそれを飲み込んだ。

直ちに、彼の顔は緋色になり、水は彼の目を使い果たした。

物は硝酸に似ていて、さらに、それを飲み込むことにおいて、人はゴム製のクラブと頭の後ろに当たる感覚を持っていた。

しかし、次の瞬間に、彼の腹の中の燃焼は消失し、世界は、より快活であるように見えはじめた。

彼はタバコをVICTORY CIGARETTESとマークを付けられて、真っすぐにそれと不注意に考えられているもみくちゃにされたパケットから取り去り、とたんに、たばこはフロアの上に落下した。

次によって、彼はより成功していた。

彼は居間に帰り、テレビスクリーンの左で立っていた小さなテーブルについた。

テーブル引き出しから、彼はペン軸、インク・ビン、および赤い後ろと大理石のカバーを持つ厚く、四つ折り判サイズのブランクの本を取り出した。

何らかの理由で、居間のテレビスクリーンは異常なポジションにあった。

それが部屋全体を命じることができた所で、端壁で正常であったので置かれる代わりに、それはウィンドウの向こう側でより長い壁にあった。

それの片側に、ウィンストンが現在座っていて、フラットが建てられた時に、たぶん、本棚を持つことを意図していた浅いアルコーブがあった。

アルコーブに座り、よく引き返している状態を保つことによって、視界に関する限り、ウィンストンは、テレビスクリーンの範囲の外に残ることができた。

彼はもちろん聞かれることができたけれども、彼が彼の現在のポジションにいた限り、彼は見られることができなかった。

彼が現在、まさにしようとしていた事を彼に示唆したのは部分的に部屋の異常な地理であった。

しかし、彼が引き出しからちょうど取ったことはまたその本によって示唆された。

それは特に美しい本であった。

年によって少し黄色にされたそのすべすべしたクリーム状の紙は、過去少なくとも40年の間製造されなかった種類をもっていた。

彼は、しかし、その本がそれよりずっと古かったことを推察することができた。

彼は、町(彼は今やまさにどんな4分の1を覚えていなかった)のスラム街の4分の1においてそれが汚らしい小さなジャンク・ショップのウィンドウにあるのを見て、すぐ、それを所有したいという圧倒的な願望によって打たれた。

党員は、普通の店(‘自由市場の上の取引’,その、そうであったかの、電話)に入らないと思われていたけれども、どのような他の方法ででもつかまえることが不可能であったくつひもとかみそりの刃などの様々な物があったので、規則は厳密に守られなかった。

彼は通り上下で迅速な一見を与えたし、それから、中で滑り、2ドル50でその本を買った。

その時、彼は、どのような特定の目的のためにもそれを望むことに気づいていなかった。

彼は彼のブリーフケースの中でそれを罪を犯して家に運んだ。

それの中で何も書かない状態でさえ、それは妥協所有物であった。

3

彼が、まさにしようとしていた事は、日記を開くことであった。

これは、違法でなかった(もう、どのような法律もなかったので、何も違法でなかった)けれども、検出されるならば、それが死によってまたは少なくとも強制労働キャンプのtwentyfive年までに罰せられるであろうということは適度に確実であった。

ウィンストンは、ペン先をペン軸に納まらせて、グリースを降りるために、それを吸った。

サインのためにさえほとんど使われないで、ペンは古風な機器であり、彼は、単に、美しいクリーム状の紙が、インク鉛筆によってひっかかれる代わりに本当のペン先によって書かれることに値していた感じのため密かに、いくらかの困難によってものを獲得した。

実際、彼は、手によって書くことに慣れていなかった。

非常に短い注を除いて、もちろん彼の現在の目的に不可能であった話し書き込みにすべてを命じることが普通であった。

彼はインクの中にペンを少し浸し、それから、単に1秒の間ためらった。

震えは彼の腸を通り抜けた。

答案を採点することは決定的な行為であった。

小さな不器用な手紙の中で、彼は書いた:

1984年4月4日。

彼はゆったり座った。

完全な無力さの感覚は彼を急襲した。

まず第一に、彼は、これが1984年であったとどのような確信も持って知らなかった。

彼が、彼の年が39であったと公正に確信していて、彼が1944年または1945年に生まれたと信じたので、それはその日付について丸いにちがいない;

しかし、1、2年以内にどのような日付でも縛り付けることはこのごろでは決して可能でなかった。

誰のために、突然、疑うことが彼の頭に思い浮かび、彼はこの日記を書いていたか?

未来のため、胎内のもののため。

彼の精神はページの疑わしい日付のまわりでちょっとただよい、それから、新言語言葉二重思考に対してぶつけによって到着した。

初めて、彼が引き受けたもののマグニチュードは彼に帰宅した。

どうしてあなたは未来と通信することができたか?

それは不可能なその自然をもっていた。

未来は現在と似るであろう(その場合、それが彼の言うことを聞かないであろう):

または、それはそれと違うであろうし、彼の苦境は無意味であろう。

しばらくの間、愚かにも紙を見つめながら、彼は座った。

テレビスクリーンは耳ざわりな軍隊の音楽に切り換わった。

彼が、単に、自身を表現するパワーを失ったけれども彼が、元来言うつもりであったのが何であったかを忘れたことさえのようでなかったことは物好きであった。

過去数週間の間、彼はすでにこの瞬間に進んでいて、何でも勇気を除いて必要であろうということは一度も彼の心をよぎったことがなかった。

実際のライティングは容易であろう。

彼が、する必要があったすべては、文字どおりに何年もの間彼の頭の中で動いていた果てしない落ち着かない独白を紙に転送することであった。

しかし、この瞬間に、独白さえ干あがった。

さらに、彼の静脈瘤性潰瘍はたまらなくかゆくありはじめた。

彼がそうしたならば、それがいつも燃え上がったので彼はあえてそれをひっかかなかった。

セカンドは過ぎてカチカチいっていた。

彼は彼、彼の足首の上の皮のかゆさ、音楽の鳴り響き、およびジンによって起こされたわずかな酒びたり状態の前でページの空白状態を除いた何にも気づいていなかった。

突然、彼は、彼が降ろしていたものに不完全に気づいているだけの本当のパニックにおいて書きはじめた。

最初のその大文字と最後にその終止符さえ落として、彼の小さいけれども子供っぽい手書きはページ上下で落後した:

1984年4月4日。

映画への昨晩。

すべての戦争映画。

地中海のどこかで爆撃されている避難民でいっぱいの船の1つの非常によいもの。

彼(あなたが彼がネズミイルカのような水の中でのたうつのを見た一番目)後のヘリコプターとの向こうの水泳にトライしている偉大な巨大な太った人のショットによって、聴衆を多く楽しみ、それから、あなたはヘリコプター照準器を通して彼に会い、そして、彼はホールとピンク色に変わった彼のまわりの海でいっぱいで、ホールが、水(彼が沈んだ時に笑いのために叫んでいる聴衆)を入れたかのように、彼は同じくらい突然沈んだ。

もし何かが彼女に起こったら、誰も、何でプロレタリアが典型的なプロレタリア反応を言うかを気にしない それら 決して

一つには、彼がクランプに苦しんでいたという理由で、ウィンストンは、書くのをやめた。

彼は、何が彼に屑のこのストリームを注がせたかを知らなかった。

しかし、彼がしているのでまったく違うメモリーが、彼がほとんど、それを書き留めることと等しいと感じていたポイントに彼の精神において自身を浄化した間、奇妙な物はそれであった。

それはそうであり、彼が突然今日帰宅し、日記を開始すると決めたこの他の出来事のため、彼は今や実現した。

そんなにあいまいなものが、起こると言われることができたならば、それは省でその朝に起こった。

それは約1100であり、レコード部門(そこで、ウィンストンは働いた)で、それらは椅子を小部屋から引きずり出していて、2分の憎悪の準備で大きなテレビスクリーンの向こう側でホールのセンターでそれらをグループにしていた。

彼が顔だけ知っていたけれども一度も話したことがなかった2人の人々が不意に部屋に入った時に、ウィンストンはまさに中間列の1つにおいて彼の場所を占めていた。

彼らの1人は、彼がしばしば廊下で追い越した女の子であった。

彼は彼女の名前を知らなかったけれども、彼は、彼女がフィクション部門で働いたと知っていた。

たぶん、彼が、油性の手と彼女がある機構に小説執筆マシンの1台の上で売買させたスパナを運ぶことによって時々彼女に会って以来.。

彼女は濃い毛、そばかすだらけの顔、および迅速で、運動競技のムーブメントの約27の大胆な外見の女の子であった。

狭い緋色のサッシ(年下の反性のリーグの象徴)は、まさに、彼女のヒップの格好よさを持ち出すのに十分に堅く彼女のオーバーオールのウエストに数回巻き付けられた。

ウィンストンは、彼女に会うまさに最初の瞬間から彼女を嫌った。

彼は理由を知っていた。

それは、ホッケー競技場と冷気の風呂とコミュニティハイキングの大気と彼女と彼女が、どうにかして届いた一般的なクリーン心だてのためであった。

彼はほとんどすべての女性と特に若く、かわいいものを嫌った。

パーティーの最も偏屈な支持者、スローガンの飲み込む人、アマチュアスパイ、および強い向い風からの正統でない意見であったのはいつも女性ととりわけ若いものであった。

しかし、この特定の女の子は彼にたいていのものより危険な印象を与えた。

一度、彼らが廊下で通過した時に、彼女は彼を、まさに彼の中に貫通するようで、ちょっと、黒い恐怖で彼を満たした迅速な横の目で見た。

彼女が思想警察のエージェントであるかもしれないというアイデアは彼の心に浮かびさえした。

それは真実で、それは、非常にありそうになかった。

それでも、彼女が彼の近くのどこででもあった時はいつでも、彼は、奇妙な不安(それは敵意と同様にそれに関わった恐怖を持っていた)を感じ続けた。

他の人は、オブライエンという名の人、内側パーティーのメンバー、およびいくつかのホルダーがとても重要で、リモートに送るので、ウィンストンはその自然の漠然とした観念だけを持っていたことであった。

彼らが内側党員の黒いオーバーオールが近くなるのを見た時に、瞬間的な静寂は椅子のまわりで人々のグループを見落とした。

オブライエンは太い首と粗く、ユーモラスで、野蛮な面の大きく、体が大きい人であった。

彼の恐るべき外観にもかかわらず、彼に物腰の一定の魅力はあった。

彼は、もの珍しそうに文明化されて、いくらかの曖昧な方法で.をもの珍しそうに解除していた彼の鼻への、彼のスペクタクルを再植民させる悪さを持っていた。

それは、誰でもそのような用語でまだ考えたならば、18世紀の貴族が彼のかぎタバコ入れを提供したのを思い出したかもしれない身振りであった。

ウィンストンはほとんど同じくらい多くの年にたぶん1ダース回オブライエンに会った。

彼がオブライエンの都会風な方法と彼のプロボクサーの体格のコントラストによって好奇心をそそられたので、彼は単独ではなく彼に深く引き付けられたと感じていた。

ずっと多くそれが、ひそかに保持された信念.のためであったこと、またはたぶん not 信念 単に希望.そのオブライエンの政治的な正統性が完全ではなかった でさえ。

彼の顔の中の何かが抵抗できないほどそれを提案した。

そして、再び、たぶん、彼の顔ではなく単に知能の中で書かれたのは正統でない意見でさえあった。

しかし、とにかく、彼は、あなたが、何とかして、あなたがテレビスクリーンを騙すことができたかどうかと話し、一人で彼のために取ってくることができた人である外観を持っていた。

ウィンストンは、一度も、この推測を確認する最も小さな努力をしたことがなかった:

実に、そうする方法が全然なかった。

この瞬間に、オブライエンは彼の腕時計をちらっと見て、それが約1100であったとわかり、明らかに、2分の憎悪が終わるまで、レコード部門に滞在すると決めた。

彼はウィンストン、向こうの2、3の場所と同じ列の中で椅子を取った。

ウィンストンに次の小部屋で働いた小さく、砂色髪の女性はそれらの間にいた。

黒い髪の女の子は直ちに遅れて座っていた。

次の瞬間に、恐ろしく、砕くスピーチは、オイルなしで動いているいくらかの奇怪なマシン現在、部屋の終わりに大きなテレビスクリーンから破裂した。

ものの後ろの毛がいちゃいちゃすることは、人を不愉快にし、逆立ったノイズであった。

憎悪は始まった。

いつものように、エマニュエル ゴールドスタイン(人々の敵)の顔はスクリーンにぱっとついた。

聴衆の間にあちこちに歯擦音があった。

小さな砂色髪の女性は混合された恐怖と嫌悪のキーキー声を与えた。

ゴールドスタインは、一度、(誰も前どれくらいとまったく思い出していたわけではない)ずっと前に、ビッグ・ブラザー自身とのレベルのほとんど上のパーティーの大物のひとりであったし、それから反革命活動に従事した背教者と背教者であり、死刑を宣告されて、神秘的に脱出し、消えた。

2分の憎悪のプログラムは日ごとに変わったけれども、ゴールドスタインが主要な人物ではなかったどれもなかった。

彼は最初の反逆者(パーティーの純粋さの最も早い汚す人)であった。

幕のサボタージュ、異端〈逸脱〉は彼が教えることをはずれて パーティー〈すべての裏切り〉に対するすべてのその後の犯罪 直接跳ねた。

その辺で、彼はまだ生きていて、彼の陰謀をたくらんでいた:

たぶん、彼の外国の会計係の保護(たぶん.のでそれが時々オセアニア自身でいくらかの隠れ家で噂された.でありさえした)下の海を越えるどこか。

ウィンストンのダイヤフラムは圧縮された。

彼は決して感情の痛い混合物なしでゴールドスタインの顔を見ることができなかった。

それは、1対のスペクタクルが置かれた終わりの近くで、長い薄い先端の一種の高齢の愚かさによって、何とかしてそれなのに本来卑劣に、やせているユダヤ人顔〈白い毛の大きいファジー後光、および1つの賢い面あたり1つの小さいヤギ髯あごひげ.を持つ〉であった。

それは羊の顔と似ていて、声も羊のような品質を持っていた。

ゴールドスタインは、パーティー.の主義への彼の通常の有毒な攻撃に、子供が、それを通して見ることができるべきであったそう誇張されて、倒錯的な攻撃を配達していたのに、まさに、自身より分別がない他の人々がそれによってだまされるかもしれないという警告された感じでものを満たすのに十分にもっともらしかった。


実にどのような党員よりも多くの新言語言葉は通常実生活において使うであろう。

そしてその間中、ものが何の中にでもないように、ゴールドスタインがカバーされた見せ掛けだけの不誠実な発言である現実について、正確に同様な他によって取り替えられるために、そこのテレビスクリーンの上の彼の頭の後ろを、スクリーンの表面まで泳ぎ、消滅した無表情なアジア顔のいかにもしっかりした人の列の後のユーラシア軍隊.列の無限のカラムが行進したのを疑っていなさい。

兵士のブーツの鈍いリズミカルな放浪者はゴールドスタインのぐちる声に背景を形成していた。

憎悪が30秒の間進む前に、激怒の制御不可能な叫び声は部屋の半分の人々から突発していた。

スクリーンの上のセルフ充足している羊のような面とそれの後ろのユーラシア軍隊の恐ろしいパワーは、持ち運ばれるにはあまりにも多くであった:

さらに、視界またはゴールドスタインの考えさえ自動的に恐怖と怒りを引き起こした。

彼は、オセアニアが、それが他を持つ平和で一般にあったこれらの能力の1つとの戦争にあった時以来ユーラシアまたはEastasiaのどちらかより一定の憎悪のオブジェクトであった。

しかし何が奇妙であったかは、ゴールドスタインは新聞の中、本の中で、毎日と千は1日の時間を計るけれども、プラットフォームの上、テレビスクリーンの上のみんなによって憎悪されていて、軽べつされていたけれども、彼の理論が反駁されたことであり、粉々になり、嘲笑し、それらがすべてのこれにもかかわらずあった哀れな屑のために、一般的な注視に持ち上げて、彼の影響は決して、少なく成長するようでなかった。

いつも、彼によって魅惑されるまで待っている新鮮なお人よしがいた。

彼の指導のもとで行動しているスパイと計画的妨害者が思想警察によって暴露されなかった時に、1日は決して過ぎなかった。

彼は広大な暗い軍隊(国家の打倒に専念した共謀者の地下のネットワーク)の司令官であった。

兄弟関係、その名前は、そうであると思われていた。

また、ひどい本(すべての異端の解説)のささやかれた話があった(それのうちの、ゴールドスタインはその作者であり、あちこちで内々に流れた)。

それはタイトルなしで本であった。

人々はそれを単にあったとしてもその本と称した。

しかし、ものは漠然とした噂を通してだけそのようなことを知っていた。

それを避ける方法があったならば、兄弟関係とその本のどちらも、どのような普通の党員も言及するであろう主体ではなかった。

その2分目で、憎悪は熱狂に上がった。

人々は、彼らの代わりに上下に飛躍していて、スクリーンから聞こえた腹立たしいぐちる声をかき消すために彼らの声の限りに怒鳴っていた。

小さな砂色髪の女性は明るいピンクになり、彼女の口は陸揚げされた魚のそれのように開いていて、閉じていた。

オブライエンの重い顔さえ紅潮した。

彼が波の猛攻撃に耐えていたかのように、彼は、彼の椅子、彼の強力な胸はれもの、および振動の中で非常にまっすぐに座っていた。

ウィンストンの後ろの暗い髪の女の子は‘ブタ!’と叫びはじめた。

ブタ!

彼女が 重い新言語辞書を拾い上げて、それをスクリーンに浴びせたブタ!'と突然。

それはゴールドスタインの鼻にとどき、離れてバウンドした;

声は無情に続いていた。

明瞭な瞬間に、ウィンストンは、彼がその他のために叫んでいて、彼の椅子のはしご段に対して激しく彼のかかとを蹴っていると気付いた。

2分の憎悪の恐ろしいところは、人が、役を演じることを義務づけられていたけれども一方では、参加するのを避けることが不可能であったことではなかった。

30秒以内に、どのような見せかけでもいつも不要であった。

恐怖と報復(殺したいという、拷問したいという、大ハンマーによって面を打ち壊したいという願望)の恐ろしい有頂天は、しかめつらをしていて、絶叫している精神異常者の中に人の意志に反してさえものになって、電流のように人々のグループ全体を通して流れるようであった。

それなのに、人が感じた激怒は、1つのオブジェクトからブローランプの炎のような別のものに切り替えられることができた抽象的で、指示がない感情であった。

従って、ちょっとの間に、ウィンストンの憎悪は全くゴールドスタインに対して回されなかったけれども、一方ではビッグ・ブラザー、パーティー、および思想警察に対してであった;

そして、そのような瞬間に、彼がスクリーン、真実の唯一の保護者、および嘘の世界の正気の上の寂しく、あざ笑われた異端者に同情した。

それなのに、非常に次の瞬間に、彼は彼についての人々と同意見で、ゴールドスタインについて言われたすべては彼に、真実であるようであった。

それらの瞬間に、ビッグ・ブラザーの憎んでいる彼の秘密は崇拝に変わり、上がっているタワー(アジアの大群に対する岩石のように立っている無敵で、大胆な保護者)にビッグ・ブラザーは思われて、ゴールドスタインは、彼の隔離、彼の無力さ、および彼のまさしくその存在について掛かっていた疑いにもかかわらず、彼の文明の構造を破壊する声の単なるパワーによって有能ないくらかの不吉な魔法使いのように思われた。

それはこの方法のスイッチ1の憎悪または自発的な行為によるそれに時々可能でさえあった。

突然、人が悪夢の中で枕から離れて人の頭をねじる多少暴力的な努力によって、ウィンストンは、彼の憎悪をスクリーンの上の面から彼の後ろの暗い髪の女の子に移すことに成功した。

鮮明で、美しい幻覚は彼の心にぱっと浮かんだ。

彼はゴム製の職杖によって死ぬまで彼女をむち打つであろう。

彼は彼女を裸で賭け金に縛り、セバスチャン聖人のように彼女の矢の全部を撃つであろう。

彼は彼女をうっとりさせて、最高潮の瞬間に彼女ののどを切るであろう。

前よりよく、さらに、彼は、彼が彼女を憎悪していたのがなぜであったかを理解した。

彼女が若く、かわいく、無性であったので、彼が、彼女と就寝したく、決してそうしないであろうので、あなたに、あなたの腕によってそれを取り巻くように頼むようであった彼女の甘い素直なウエストのまわりに、不愉快な緋色のサッシ、純潔の攻撃的なシンボルだけがあったので、彼は彼女を憎悪していた。

憎悪はその最高潮に上がった。

ゴールドスタインの声は実際の羊のメーメーになり、少しの間、面は羊のそれに変わった。

そして、進んでいて、巨大で、ひどいようであったユーラシア兵士の数値の中に溶かされた羊面、吠えていて、スクリーンの表面から跳ねるので最前列の中の人々の何人かが実際彼らの座席の中で後方に身を引いていたような彼のサブ機関銃。

しかし、同じ瞬間に、リリーフの深いため息を誰からも引くことによって、ビッグ・ブラザー、黒髪、黒口髭の面に溶かす敵対的な数値はした それがほとんど満たした スクリーン パワーおよび神秘的な静けさと広大であることの全部 。

誰も、ビッグ・ブラザーが言っていたことを聞かなかった。

それは、激励(個々に区別できるのでなく話される事実によって自信を復元している戦いの騒音において発せられる種類、の言葉)の単に少しの言葉であった。

それから、ビッグ・ブラザーの顔は再び薄れて、代わりに、パーティーの3つのスローガンは大胆な首都で目立った:

戦争は平和である。

自由は奴隷制度である。

無知は力である。

それがみんなの眼球の上で作ったインパクトが、直ちにすり減らすには鮮明すぎたかのようにスクリーニングしなさい。

小さな砂色髪の女性は彼女の前で椅子の背の上で自身を前に投げた。

‘私の救助者!’のように聞こえていた震えたつぶやきによって、彼女はスクリーンに彼女の腕を拡張した。

それから、彼女は彼女の両手で彼女の顔をおおった。

彼女が祈りを発していたことは明白であった。

この瞬間に、民のグループ全体が'B-Bの深く、ゆっくりリズミカルな歌の中に壊れた!



何度も何度ものB-B!'. 非常にゆっくり 長い休止 間、1が裸の足の切手と鼓動を太鼓で聞くようであった背景で妙に野蛮で何とかして 。

たぶん30秒もの間、それらはそれを維持した。

圧倒的な感情の瞬間にしばしば聞かれたのはリフレインであった。

部分的に、それは知恵への一種の賛美歌とビッグ・ブラザーの威厳であったけれども、より一層それは自己催眠(リズミカルなノイズによる意識の故意の溺死)の行為であった。

ウィンストンの内臓は、冷たくなるようであった。

2分の憎悪において、彼は、一般的な精神錯乱ではなく'B-Bのこのサブ人の唱和のため分担しないではいられなかった!



いつも恐怖によって彼を満たすB-B!'。

もちろん、彼は残りによって唱和した:

それ以外のことをすることは不可能であった。

他のみんながしていたことをするためにあなたの顔をコントロールするためにあなたの感情を隠すことは本能的な反応であった。

しかし、彼の目の表現が多分彼を裏切ったかもしれない2、3秒のスペースがあった。

そして、もし本当とそれが起こったならば、それは、重要な事が起こったこの瞬間に正確にあった。

瞬間的に、彼はオブライエンの注意をひいた。

オブライエンは立ち上がった。

彼は彼のスペクタクルを取り去り、彼の独特な身振りによって彼の鼻の上でそれらを再植民させることの最中にいた。

しかし、彼らの目が合った時に、そしてウィンストンが偶然はい.を知っていて、彼が知っていたことに必要であった限り、1秒の小数部があった!

.

そのオブライエンは自身と同じ物を考えていた。

まぎれもないメッセージは通過した。

それらの2つの精神が開いたかのようで、考えは彼らの目を通して他の中への一方から流出していた。

‘私はあなたと一緒にいる’、オブライエンは、彼に言っているようであった。

‘私は、あなたが何を感じているかを正確に知っている’。

私はすべてあなたの軽蔑、あなたの憎悪、あなたの嫌悪を知っている。

しかし、心配しないでください、私は、知能のフラッシュがなくなったあなたの側の!'And thenの上にいて、オブライエンの顔は他のみんなのと同じくらい不可解であった。

それはすべてそうであり、彼は、それが起こったかどうかについてすでに確信がなかった。

そのような出来事は決してどのような続編も持っていなかった。

彼らがしたすべては、生きたまま彼の中に信念を保持するか、望むことであり、自身のほかにその他はパーティーの敵であった。

たぶん、広大な地下の共謀の噂は結局真実であった。

たぶん、兄弟関係は本当に存在していた!

兄弟関係が単に神話ではなかったことを確認することは無限の逮捕と告白と処刑にもかかわらず不可能であった。

それ、notの数日において彼が信じた数日。

証拠(何も意味するかもしれないか、何も意味しないかもしれない飛び過ぎて行く一見)だけが全然なかった:

耳にされた会話のはしばし、気絶は、それが承認の合図であるかもしれないように見えた手の、2人のよそ者が会った時の小さなムーブメントさえ洗面所壁.上で1回走り書きする。

それはすべてあて推量であった:

おそらく、彼はすべてを想像していた。

彼は、再びオブライエンを見ずに彼の小部屋に帰った。

それらの瞬時接触を追跡するアイデアはほとんど彼の心に浮かばなかった。

彼がどのようにかを知っていても、それをすることに着手することは思いもよらないほど危険であったであろう。

1秒、2秒の間、彼らは不確かな一見を交換し、それは話の終わりであった。

しかし、人が、住む必要があったロックされた孤独において、それさえ忘れられない出来事であった。

ウィンストンは奮起し、よりまっすぐ座っていた。

彼はげっぷを出した。

ジンは彼の胃から上がっていた。

彼の目はページに再び焦点が合った。

彼は、沈思しながら、彼が力なく座る間、自動的な行動によるかのように、彼がまた書いていたと気づいた。

そして、それはもう前と同じ読みにくい、無器用な手書きではなかった。

彼のペンは、大きなきちんとした首都DOWN WITHビッグ・ブラザーの中でプリントしてすべすべした紙の上で官能的に滑った。

ビッグ・ブラザーを倒しなさい。

ビッグ・ブラザーを倒しなさい。

ビッグ・ブラザーを倒しなさい。

ビッグ・ブラザーを倒しなさい。

何度も何度も0.5ページを満たす。

彼は、パニックの激痛を感じないではいられなかった。

それらの特定の言葉のライティングが、日記を開く初期の行為より危険でなかったので、それは不合理であったけれども、ちょっと、彼は、台無しにされたページを引きちぎり、完全に企業を捨てたいとういう誘惑にかられた。

彼が、それが無駄であったと知っていたので、彼はしかしそうしなかった。

彼がWITHビッグ・ブラザーの下に書いたかどうかまたは彼が、それを書くことを控えたかどうかは、違いを全然生じさせなかった。

彼が日記を続けたかどうかまたは彼がそれを続けなかったかどうかは、違いを全然生じさせなかった。

思想警察はそれでも彼をつかまえるであろう。

たとえ他をそれ自体はすべて含んでいた必須の犯罪に紙を張るために、彼がペンを一度もセットしたことがなくても、彼は委任し、まだ委任していたであろう。

Thoughtcrime、彼らはそれを呼んだ。

Thoughtcrimeは、永遠に隠されることができた物ではなかった。

あなたは何年もの間さえしばらく首尾よく身をかわすかもしれないけれども、遅かれ早かれ、彼らは、あなたをつかまえる義務があった。

逮捕が常に夜起こったことはいつも夜.であった。

睡眠からの突然の筋肉のけいれん、あなたの肩を振っている荒れた手、あなたの目の中でぎらついているライト、ベッドのまわりのかたい面のリング。

事件の大部分の中に、トライアル、逮捕のリポートが全然なかった。

人々は単にいつも夜の間に消えた。

あなたの名前はレジスターから削除されて、あなたがそれまでにしたことがあったすべてのすべてのレコードは拭き取られて、あなたの1回の存在は否定されたし、それから忘れられる。

全滅して、あなたは廃止された:

通常の言葉は蒸発した。

ちょっと、彼は一種のヒステリーによってつかまれた。

彼は急いだだらしない走り書きを書き込みはじめた:

兄と、それらは、首i dont世話の後ろで、 下の首i dont世話の後ろのtheyll射撃私i好まないtheyll射撃私 いつも兄とあなたを撃ち落とす

彼は自身を少し恥じている彼の椅子の中でゆったり座り、ペンを置いた。

次の瞬間に、彼は激しく出発した。

戸口にノッキングがあった。

すでに!

それがあった誰でも1回の試みの後に消え去るかもしれないという無益な希望においてマウスと同じくらい静かに、彼は座った。

しかし、どのノッキングも繰り返されなかった。

最も悪い物は、遅延することであるであろう。

彼の心臓はドラムのようにどきどきしていたけれども、彼の顔は、長い習慣から、たぶん無表情であった。

彼は起床し、重く、ドアに接近した。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR