FC2ブログ

ユダヤ教:ユダヤ人(人類)に対する陰謀?

Judaism: A Conspiracy Against Jews, Humanity?


ユダヤ教:ユダヤ人(人類)に対する陰謀?


By Henry Makow Ph.D.

November 11, 2006




ヘンリー・メーコウ博士によって

2006年11月11日





On his web site
"Crescent and Cross," Mark Glenn argues that Christianity and Islam are natural allies who are being lured into a "clash of civilizations" by Neo Con Jews (fronts for Illuminati bankers) plotting to "divide and conquer."


The father of eight children, Mark, 40, sees himself as a friend and "liberator" of the Jewish people. He believes mankind will never achieve peace until Jews are freed from bondage to their leaders' hidden agenda. Judaism is a conspiracy against both Jews and the human race.


Mark's 2003 article "Israel We Bless Thee" is a classic. When it was run by Al Jazeerah, the ADL forced the Saudi ambassador Prince Bandar to issue an apology! What an honor Mark!


Last week Glenn wrote a very provocative article entitled "Judaism is Nobody's Friend."


Why is it OK to criticize Christianity and Islam but not Judaism? he asks. After all, Judaism is at the root of Zionist excesses.


Referring to the Talmud, he argues that organized Judaism is basically antagonistic to Christianity and Islam:


"While the other two Middle Eastern faiths ...elevate the virtues of humility, charity and righteousness, Judaism … legislates haughtiness, supremacism and callous disregard for other human beings...Gentiles exist to serve the Jews. Rape of gentile children, murder, lying, theft, usury, things condemned in every other religion are given full sanction in Judaism when it benefits the tribe…"



"Does anyone in the room remember …the Crucifixion of Jesus? …Judaism’s involvement in WWI and WWII? Bolshevism? The destruction of the moral, political and economic fiber of every country in the West? Hundreds of millions of dead children through abortion? The destruction of families and the elevation of sexual deviancy as a virtue?"


"And of course, last but certainly not least, the war to end all wars that is taking place in the Middle East and which bears the fingerprints of the Pharisees all over it."


"... If indeed Christianity sprang forth from Judaism, why then does Judaism maintain …that Jesus was a sorcerer and a sexual deviant who suffers in hell by being boiled in a cauldron of semen and feces for daring to oppose the Rabbis and that His holy mother Miriam was a ‘harlot who mated with carpenters’ ?"


"...It is all another ruse to get Christians to fight Judaism’s wars on the pretext that somehow [Jews and Christians] share something in common when in truth they do not..."


"Judaism is nobody’s friend, and the sooner that the rest of us?Jew and non-Jew alike?come to realize this, the better off we will be. Get rid of it. It is a cancer. Cut it out and throw it away, as Jesus instructed that we do. It has never and will never be of any benefit to mankind. We cannot live in any kind of ‘peaceful co-existence’ with it. It is a declaration of war, and as long as it exists out there, mankind will never have peace."


彼のウェブサイト「三日月と十字」では、マーク・グレンは、キリスト教とイスラム教が「分割して、征服します」と企みながらNeo Conユダヤ人(Illuminati銀行員のための前部)によって「文明の衝突」に誘い出されている自然な同盟国であると主張します。


8人の子供の父(40歳のマーク)は自分をユダヤ人の人々の友人と「解放者」であるとみなします。 彼は、ユダヤ人が束縛から彼らのリーダーの隠された動機まで解放されるまで人類が決して平和を達成しないと信じています。 ユダヤ教はユダヤ人と人類の両方に対する共謀です。





マルク2003の記事、「イスラエル、私たちがあなたを祝福する、」 はクラシックですか? アルジャジーラがそれを走らせたとき、ADLによって、サウジアラビアの王子バンダル大使はやむを得ず謝罪を発行しました! 何という名誉のマーク!


先週、グレンは「ユダヤ教はNobodyのFriendです」と題せられた非常に挑発的な記事を書きました。

ユダヤ教ではなく、キリスト教とイスラム教を批評するのはなぜOKですか?彼は尋ねます。 結局、ユダヤ教がシオン主義者の不節制の根にあります。


タルムードを示して、彼は、組織化されたユダヤ教が基本的にキリスト教とイスラム教に対立していると主張します:


「他の2つの中東の信頼である間」…謙遜、チャリティー、および正義の美徳を上げてください、そして、ユダヤ教…は他の人間の横柄、「至高-主義」、およびたこの無視を制定します…非ユダヤ教徒は、ユダヤ人に役立つように存在します。 「非ユダヤ教徒の子供のレイプ、殺人、嘘をつく、窃盗、高利、部族…のためになるとき、ユダヤ教における完全な認可を他のあらゆる宗教で非難さ「部屋のだれかが…を覚えている、イエスのキリストのはりつけ?、」 WWIとWWIIの…ユダヤ教のかかわり合い? ボリシェヴィズム? 西洋でのあらゆる国の道徳的で、政治上の、そして、経済の性格の破壊? 妊娠中絶による何億人もの死んでいる子供? 「家族の破壊と美徳としての性的な逸脱の高度?」


「そして、最後、しかし、確かに、最少でないことで、もちろん、それが取っているすべての戦争を終わらせる戦争は中東で入賞します、そして、どれがそれ全体にわたってパリサイ人の指紋に堪えるか」?


"... 「そして、キリスト教が本当にユダヤ教から跳び出したなら、ユダヤ教はなぜ…イエスが魔術師と地獄であえてRabbisに反対するためには精液と糞の大釜の中に沸騰することによって苦しむ性的な異常であり、彼の聖なる母ミリアムが‘大工と結婚した売春婦'であったと支持しますか?」


"...「クリスチャンに実は彼らがそうしないと一般的にどうにかユダヤ人とクリスチャンが何かを共有する口実とのユダヤ教の戦争で戦わせるのは、すべて別の策略です」…


「ユダヤ教が一人もの友人であり、私たちと#8211の残り; ユダヤ人、一様な非ユダヤ人、および#8211;が、より早くこれがわかるようになればなるほど、私たちは、より暮らし向きが良くなるでしょう。」 それを取り除いてください。 それは癌です。 イエスが、私たちがそうするのを命令したので、それを遠くに寄せて、投げてください。 それは、一度もなったことがなくて、人類にとってどんな利益とも決してならないでしょう。 私たちはどんな種類の‘平和な共存'もそれで生きていることができません。 「それは宣戦布告です、そして、むこうに存在している限り、人類には、平和が決してないでしょう。」




WHAT'S AT STAKE



I applaud Mark's courage and particularly agree when he writes: "There is only one thing that is truly sacred and beautiful in this fallen world, and that is the truth and even when it is at its ugliest…"


Ultimately we are not controlled by force but by our minds. The world has become a behavior modification laboratory. "Believe what you are told not your common sense or intuition."


Gradually, we are transformed into better slaves by the education system or into slugs or demons by the mass media. A malevolent occult force controls us with lies. Elite Jews play too great a role in this process and in manipulating and suppressing the truth.


"Truth" is the heart of the argument between Jesus Christ and the Pharisee Jews. Who will define it? Who will say what is right or wrong? Man or God?


Christ said that God is Reality; i.e. Truth, Love, Goodness, Perfection self evident. There is a moral and natural order. We must eschew the call of the world (which enslaves us to our lusts) and remake ourselves as better human beings in God's image.


The Pharisees want to sever our connection to God and make us worship their "experts" instead. They say man is God. Puny monkey, man is all there is. We have no relation to God, to nation, ancestors or posterity. They distract us while secretly plotting a talmudic tyranny based on their terror


Ultimately, this argument is about who will be God and who will own the world. Will it be God (represented by Christ or Mohammed or Moses) Or will it be the Pharisees who took control of Judaism in about 70 AD and based it on the Talmud and Kabbalah.


They use the "Chosen People" (among others) as pawns and scapegoats to advance the agenda of Illuminati central bankers. Rather than become complicit by denying it, Jews need to disassociate and oppose this agenda.


危機にひんしていること


私は、マークの勇気を拍手喝采して、彼がいつ書くかに特に同意します: 「この堕落している世界で本当に、神聖であって、美しく、真実といつ、それが最も醜い…にありさえするかということである1つのものしかありません」


結局、私たちは無理矢理制御されるのではなく、私たちの心でいます。 世界は行動修正実験室になりました。 「あなたの常識か直観ではなく、あなたが言われることを信じてください。」


徐々に、私たちは教育システムによる、より良い奴隷の中、または、マスメディアによるスラグか悪霊の中に変えられます。 意地の悪いオカルトの力は偽りで私たちを監督します。 エリートユダヤ人は真実をこの過程と操って、抑圧することにおけるすばらし過ぎる役割を果たします。


「真実」はイエスとパリサイ人ユダヤ人との議論の心です。 だれがそれを定義するでしょうか? だれが正しいか、または問題のことを言うでしょうか? 男性ですかそれとも神ですか?


キリストは、神がRealityであると言いました; すなわち、愛をこめて、Goodnessの、そして、Perfection自明なTruth。 教訓と自然界の秩序があります。 私たちは、世界(私たちを私たちの欲に奴隷にする)の呼び出しを避けて、より良い人間として神のイメージで自分達を作り変えなければなりません。


パリサイ人は、神に私たちの接続を断ち切って、私たちが代わりに彼らの「専門家」を崇拝しているのをしたがっています。 彼らは、男性が神であると言います。 ちっぽけな猿、男性はすべてあるということです。 私たちは神、国か、先祖か子孫に関係がありません。 彼らは秘かに彼らのテロに基づくtalmudic圧制を企んでいる間、私たちをそらします。


結局、この議論はだれが神になるだろうか、そして、だれが世界を所有するかに関するものです。 それはそれが神(キリスト、モハメッドまたはモーセによって表される)であるだろうかパリサイ人になるでしょうか?西暦およそ70年にユダヤ教を制御して、タルムードとKabbalahにそれを基づかせた


彼らは、Illuminati主要な銀行員の議題を進めるのに、歩と身代わりとして「神の選民」(特に)を使用します。 むしろ、ユダヤ人は、それを否定することによって共謀するようになるよりこの議題を分離して、反対する必要があります。





THE UGLY (BUT LIBERATING) TRUTH?


The above picture will strike many Jews as unpleasant and unjust. To understand the problem, we must turn to those branded "anti-Semites" by Jewish leaders because they don't want Jews to know the truth.


According to Edith Starr Miller, (Lady Queenborough) Pharisee Judaism is not a religion at all, but a secret society posing as a religion, a "sect with Judaism as a rite." She cites Moses Mendelssohn who wrote "Judaism is not a religion but a Law religionized."


I have also heard rabbis say the Judaism is not a religion but "a way of life." True religions oppose worldly desire and demand that we obey God. Judaism regards the accumulation of wealth and power as a sign of Divine favor. "Success" is the religion.


The God of Judaism is the Jewish people. Jehovah is the Jewish alter ego. He loves only his own tribe. Polls show most Jews don’t believe in God and define themselves as "secular humanists." Man is God and will create his own heaven on earth in defiance of the Creator's bluebrint.


In a secret society, only the adepts know the real purpose. The rank and file is manipulated with warm platitudes and lies. The "innocent" who is unfit to know the "ugly truth" becomes an valiant defender of the faith and ideal recruiter. This also applies to Freemasonry which seems to be modeled on Judaism. Both secret societies advocate killing any member who reveals its secrets.


The real purpose of Judaism and all secret societies, Miller says, is to advance the agenda of the super rich.


"Regardless of their exoteric objects, the esoteric aims of most societies are all directed toward the same end, namely: the concentration of political, economic and intellectual power into the hands of a small group of individuals, each of whom controls a branch of the International life, material and spiritual, of the world today." (Occult Theocracy, p.661)


Western society, perhaps the whole world, is based on the secret society model. You cannot rise unless you are favored (or deemed useful) by the Illuminati, the highest rung of Freemasonry. We are in the position of the rank and file, lied to and manipulated.


Miller cites an expert on Judaism Flavien Brenier who compares the goals of Judaism with Freemasonry: Securing political power and gradually modifying "the conceptions of the people in the direction of their secret doctrine." (80)


Jews are correct to deny that they consider non-Jews cattle. This esoteric knowledge contained in the Talmud and Schulhan Aruch is known only to adepts. Miller has six pages of citations from these texts but I doubt if 5% of Jews are aware of them (81-87.) (See also Michael Hoffmann, "The Truth about the Talmud
")


The Jewish author of a new book on the Yiddish language confirms Miller's finding: "The Jews are not merely out of step with Christian civilization, they hold it in utter contempt." (Michael Wex, Born to Kvetch, 2006, p.24)


What fault could they have with a gospel that preaches human brotherhood and putting others before yourself? Doing unto others as you would have them do unto you?


It denies their special claim.


Then what better people to use to destroy Christian civilization? Think of a child that doesn’t want to grow up. One who thinks he can do anything he wants. Who doesn't have to consider others. Who is never wrong or in the wrong. Who wants the State to nurse him. Think Illuminism, Communism, Modernism. Think modern man.


(しかし、解放)醜い真実?


上の絵は不快で不当であるとして多くのユダヤ人の心を打つでしょう。 問題を理解するために、私たちは自分達が、ユダヤ人に真実を知って欲しくないのでユダヤ人のリーダーによって「反ユダヤ主義」と商標を付けられたものに変わらなければなりません。


イーディス・スター・ミラーによると、(Queenborough夫人)パリサイ人ユダヤ教は全く宗教ではなく、宗教のふりをする秘密結社、「儀礼としてのユダヤ教があるセクト」です。 彼女は書いたモーセメンデルスゾーンを引用します。「ユダヤ教は宗教ではなく、religionizedされた法です」。


また、私は、ラビが、ユダヤ教が宗教ではなく、「生き方」であると言うのを聞きました。 本当の宗教は、現世の願望に反対して、私たちが神に従うのを要求します。 ユダヤ教は、蓄財とパワーをディヴァイン好意のサインと見なします。 「成功」は宗教です。


ユダヤ教の神はユダヤ人の人々です。 エホバはユダヤ人の分身です。 彼は彼自身の部族だけを愛しています。 投票は、ユダヤ人が「世俗的なヒューマニスト」として神を信じて、定義しないのを大部分に示します。 男性は、神であり、創造者のbluebrintの挑戦における彼自身の楽園を創設するでしょう。


秘密結社では、adeptsだけが本当の目的を知っています。 一般は、暖かい平凡で操られて、横たわっています。 「具合の悪い真理」を知るためには不適任な「純潔な人」は信頼と理想的なリクルーターの勇敢な保護者になります。 また、これはユダヤ教が似せられるように思えるFreemasonryに適用されます。 両方の秘密結社は、秘密を打ち明けるどんなメンバーも殺すと提唱します。


ミラーは、ユダヤ教とすべての秘密結社の本当の目的が最高の金持ちの議題を進めることであると言います。


「それらの開放的な物にかかわらずほとんどの社会の難解な目的が同じ終わりにすべて向けられる、すなわち:、」 「そのそれぞれが今日国際人生、材料、および霊歌、世界のブランチを制御する個人の小さいグループの手への政治上の、そして、経済的、そして、知的なパワーの集中。」 (オカルトのTheocracy、p.661)


西側社会(恐らく全世界)は秘密結社モデルに基づいています。 Illuminati、Freemasonryの最上段によって支持されない場合(または、役に立つと考えられます)、あなたは上昇することができません。 私たちは、一般の地位にいて、嘘をつかれていて、操られます。


ミラーはFreemasonryとユダヤ教の目標を比べるユダヤ教Flavien Brenierの専門家を引用します: 政権を保証して、徐々に「彼らの秘密の主義の向きに人々の概念」を変更します。 (80)


彼らが非ユダヤ人牛を考えるのを否定するとはユダヤ人は正しいです。 タルムードとSchulhan Aruchに含まれたこの難解な知識はadeptsだけにおいて知られています。 ミラーには、これらのテキストからの6ページの引用がありますが、私は、5%のユダヤ人が彼ら(81-87)を意識しているかどうかと疑います。 (また、マイケル・ホフマン、「タルムードに関する真実」を見ます)


イディッシュ言語の新しい本のユダヤ人の作者はミラーの調査結果を確認します: 「ユダヤ人が単にクリスチャンの文明と調子外れでない、彼らは全くの軽蔑でそれを保持します。」 (マイケルWex、KvetchへのBorn、2006、p.24)


彼らは人間の兄弟愛について説教する福音と他のものを自分の前に置くのにどんな欠点を持つことができますか? 他のものにあなたが彼らにあなたにさせるだろうのでしますか?


それは彼らの特別なクレームを否定します。


クリスチャンの文明を破壊するのに次にどんなより良い人々を使用しますか? 成長したがっていない子供を思ってください。 彼が自分が欲しいことができると思う人。 人の感情を察する必要はありません。 決して間違っていないか、または悪くはありません。 だれが、州に彼を看病して欲しいですか? 天啓状態、共産主義、モダニズムを考えてください。 新人を考えてください。



CONCLUSION


The cry of "anti Semitism" is often a dishonest and disingenuous way to disarm opposition to the Illuminati bankers' very real stealth plan for global dictatorship masked by sham democracy. This New World Order plan clearly states its intention to snuff out freedom, democracy, private property, family, nationhood, religion, and ultimately the human spirit.


The ideology of a chosen people suits the super rich and imperialists, who view the mass of humanity as cattle or "useless eaters". If history is any gauge
, Jews and Freemasons who fall under the spell of organized Jewry will be sacrificed. You can see this is the support the Illuminati gives to both Zionist and anti-Zionists forces.


A Jewish soul-searching is long overdue; I welcome Mark Glenn's challenge.

結論


しばしば「反セミティズム」の叫びはまがいの民主主義で隠されるグローバルな独裁のためのIlluminati銀行員の非常に本当のこっそりプランへの反対の武装を解除する不正直で陰険な方法です。 この新世界秩序プランは明確に、自由、民主主義、私財、家族、独立国家、宗教、および結局人間の精神を消すという意志を述べます。


選ばれた民族のイデオロギーは最高の金持ちと帝国主義者に合います。(帝国主義者は人類の集団を牛か「役に立たない食べる人」であるとみなします)。 歴史があらゆるゲージであるなら、組織化されたJewryの期間の下で転ぶユダヤ人とフリーメーソンが犠牲にされるでしょう。 あなたは、これがIlluminatiがシオニストと反シオニスト力の両方に与えるサポートであると考えることができます。


ユダヤ人の自己分析は長いときに期限が過ぎています; 私はマーク・グレンの挑戦を歓迎します。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR