FC2ブログ

惑星X(シュメール語Nibiru)??

The Planet X and the "JESUIT FOOTAGE" Classified "SECRETUM OMEGA". First Indirect Confirmations


by Luca Scantamburlo

Posted November 9, 2006


惑星Xと「イエズス会士の場面」は「SECRETUMオメガ」を分類しました。 最初に、間接的な確認

ルーカScantamburloによって

2006年11月9日に掲示されます


A Secretumオメガについて話しているクリストフォロBarbato。

彼の親切な許可によって使われた写真 -
www.secretum-omega.com


fter the release of the controversial 'MJ-12' files and of the 'Guardian' files, by an anonymous individual, and perhaps for the first time in history, one member of the ufological community, an Italian freelance writer and investigator, was able to check the credentials of the alleged anonymous insider, an individual that was still working for the intelligence community and had not been fired or retired. This mystery man was responsible for the release of the above classified material. He was an insider of a presumed Vatican intelligence structure and his actions were supported by his colleagues. But first of all, let me tell you something about that freelancer: Cristoforo Barbato.


Born in Naples in 1972, is an Italian independent UFO researcher; in the last 7 years he worked and written for several UFO magazines and frontier studies published in Italy: Notiziario UFO and Dossier Alieni for example. For many years Barbato was also a member of the C.U.N. (Centro Ufologico Nazionale), the main Italian ufological association. Moreover he has collaborated to the realization of two Italian encyclopedias on the UFOs subject, entitled UFO Dossier X, published by the Fabbri Edizioni and Stargate - Enigmi dal Cosmo, by Curcio Editore. Barbato has also participated as speaker at some national conventions on the UFOs, where he has had the possibility to meet different important UFOs researchers, both Italians and international: among them Col. Philip Corso, U.S. Army retired officer.


For some years Barbato was editor in charge in Rome for some Italian magazines, as Stargate, Extra Terrestrial and Stargate Magazine. During that period he wrote on the magazine "Stargate" many reports about Fatima Apparitions and the famous "Third Secret". After the publication of those reports, precisely in the year 2000, he received several e-mails from a person who qualified himself as a Vatican insider. From those e-mails rose up the story of a presumed Vatican Intelligence Agency, whose code would be S.I.V.: "Servizio Informazioni del Vaticano", which in Italian means "Vatican Information Services". In short the Vatican Secret Services. Barbato, at the beginning, was very skeptical and did not rely on him. After one year of such an epistolary contacts (in the meantime the insider revealed himself as a S.I.V. membership, belonging to the Jesuit Order and working by the Holy See), the Italian freelance demanded a meeting with him, as a necessary condition to carry on the contacts. In spite of the risks the Vatican insider accepted, and I suppose he was aware it was necessary considering his baffling revelations. Two meetings took place in a public space in Rome in 2001. After that at least his identity was clear: he was not a mythomaniac; he was really a Jesuit working by the Holy See. Of course the Italian freelance has been protecting his source, avoiding to spread his name; and very soon Barbato realized that he knew much more than what he had told him by e-mail.


物議をかもす‘MJ-12’ファイルの、そして‘ガーディアン’ファイルのリリースの後に、匿名の個人によって、そして初めてたぶん歴史において、UFO研究のコミュニティ、イタリアフリーランスライター、および調査者の1人のメンバーが、疑わしい匿名のインサイダー(まだ、情報機関関係者らのために働いていて、解雇されるか、辞めなかった個人)の証明書をチェックすることができた。

この謎の男は上記の機密事項のリリースに責任があった。

彼はバチカン知能構造と思われるもののインサイダーであり、彼の行動は彼の同僚によってサポートされた。

しかし、まず第一に、私にそのフリーランサーについて何かをあなたに話させなさい:

クリストフォロBarbato。

1972年にナポリで誕生して、イタリア人は独立なUFO研究者である;

彼が働き、イタリアで出版されたいくつかのUFO雑誌とフロンティア研究に原稿を書かれた最近の7年で:

例えばNotiziario UFOと関係書類Alieni。

何年もの間、BarbatoはまたC.U.N.(中心Ufologico Nazionale)(主要なイタリアのUFO研究の協会)のメンバーであった。

さらに、彼はファッブリEdizioniとスターゲートによって出版されたUFO主題、資格を与えられたUFO関係書類Xの上の2つのイタリア百科辞典の実現に協力した - Curcio EditoreによるEnigmiダール コズモ。

彼が、違う重要なUFO研究者、両方イタリア人、および国際と会うために可能性を持っていた所で、BarbatoはUFOの上のいくつかの全国党大会でスピーカーとしてまた参加した:

それらの間で、大佐フィリップコーソ、米国の陸軍は、役員を辞めさせた。

数年間、Barbatoはスターゲート、特別な地球人、およびスターゲート雑誌としていくつかのイタリア雑誌のためにローマで担当しているエディタであった。

その期間の間に、彼は雑誌「スターゲート」上でファティマ幽霊と有名な「3番目の秘密」について多くのリポートを書いた。

正確に2000年のそれらのリポートの出版の後に、彼は、バチカンインサイダーとして自身に資格を与えた人からいくつかの電子メールを受け取った。

それらから、電子メールはバチカン諜報機関と思われるものの話の上に上がった(そのコードはS.I.V.であるであろう):

イタリア語で、「バチカン情報サービス」を意味している「Servizio Informazioni del Vaticano」。

要するにバチカンシークレットサービス。

Barbatoは、最初に、非常に懐疑的で、彼を信頼していなかった。

1年のそのような書簡のコンタクト(その間、イエズス会士注文に所属し、教皇庁によって働いて、インサイダーはS.I.V.メンバーシップとして自身を明らかにした)後で、コンタクトを続ける必要条件として、イタリアフリーランスは彼とのミーティングを要求した。

リスクにもかかわらず、バチカンインサイダーは受け入れて、私は、彼が、彼の惑わす新事実を考慮することが必要であったことに気づいていたと思う。

2つのミーティングが2001年にローマの公的なスペースの中で行われた。

それの後で、少なくとも彼のアイデンティティはクリアであった:

彼は虚言症の人ではなかった;

彼は本当に教皇庁によって働いているイエズス会士であった。

もちろん、イタリアフリーランスは、彼の名前を広めるために避けて、彼のソースを保護していた;

そして、非常にすぐ、Barbatoは、彼が、電子メールによる、彼が彼に話したことよりずっと多くを知っていたことに気がついた。



惑星X.Objectの右へのオブジェクトのクローズアップは、ノイズを追加する状態で拡大している。

クリストフォロBarbatoの親切な許可によって使われた写真 - www.secretum-omega.com


Moreover in 2001 the Vatican insider sent to Cristoforo Barbato by post a videotape (shown for the first time during a meeting that took place in Pescara, in Italy, on 30 April 2005), containing a footage of 2 minutes regarding observations of a planetoid in the deep space (the presumed Tenth Planet, "the Planet X"), while it was approaching to the Solar System. The video, which shows an introduction of writings of classification on it, had been carried out by a secret space probe named "Siloe". The Vatican deep throat told Barbato the space probe was equipped with a sophisticated infrared camera and an electromagnetic impulses propulsion, and was assembled in Area 51(Nevada), and then orbited by an aircraft of the type "Aurora", a secret hypersonic aircraft; the space probe Siloe, always according the Barbato's contact, sent the images of the planetoid in October 1995 (after it came back to the border of Solar System to have more power of signal), to a secret radio telescope hidden in an unused oil-refining plant in Alaska, totally managed by some Jesuits belonging to the S.I.V. The radio telescope, he added, was built in 1990 to observe anomalous celestial bodies on approaching the Solar System.

さらに、2001年に、それが太陽系に近くなっている間、深宇宙(10番目の惑星「、惑星X」と思われるもの)の小惑星の観察について2分の映画フィルムを含んで、バチカンインサイダーは、ビデオテープ(2005年4月30日にペスカラの中で、イタリアで行われたミーティングの間に初めて示される)を郵便でのクリストフォロBarbatoに送った。

それの上の分類の文書の入門を示すビデオは「シロエ」と名付けられた秘密の宇宙探索用ロケットによって実行された。

バチカンの密告者はBarbatoに、宇宙探索用ロケットが洗練された赤外線カメラと電磁気のインパルス推進力を装備されて、エリア51(ネバダ)で組み立てられたし、それからタイプ「オーロラ」の航空機、秘密の極超音速機によって軌道に乗せられると言った;

彼が、電波望遠鏡が、太陽系に接近することにおける異例の天体を観察するために1990年に建てられたと付け加えたS.I.V.に所属している何人かのイエズス会士によってすっかり管理されたアラスカの未使用のオイル精製プラントに隠された秘密の電波望遠鏡に、1995年10月(シグナルのより多くのパワーを持つために、それが太陽系の境界に戻った後)に、宇宙探索用ロケット シロエは、いつもBarbatoの接触を与えて、小惑星のイメージを送った。



未知の惑星の上で移動している三角形オブジェクトのクローズアップ。

クリストフォロBarbatoの親切な許可によって使われた写真 - www.secretum-omega.com




After his conference in Pescara (Italy), Barbato spread a press release which, according to the Jesuit's information, would confirm also the story of a secret meeting of First Contact happened during the strange absence of President Eisenhower in a February evening of 1954, while the President was on holiday in Palm Springs, in California, absence officially motivated with a sudden visit by a dentist for an emergency dental treatment. As a matter of fact on Saturday night of February 20, 1954, Eisenhower's Press Secretary announced that Eisenhower had lost a tooth cap while eating fried chicken and had to be rushed to a local dentist (source: Michael Salla, PhD, http://www.exopolitics.org/Study-Paper-8.htm). Here is a passage from Barbato's press release: "[…] the meeting with an Alien delegation at Muroc Air Field Base in February 1954 in the presence of president Dwight Eisenhower and James Francis McIntyre, bishop of Los Angeles. After that incredible event McIntyre flew to Rome to refer everything to Pope Pius XII who decided to found the S.I.V with the aim to gather every possible bit of information about Aliens and how they interacted with the American Government. From then bishop McIntyre and Detroit Archbishop Edward Mooney became the main information co-coordinators between the USA and the Vatican State. Incredibly, later on there should have been some direct personal meetings between S.I.V. members and a Nordic-looking race of Aliens coming from the Pleiades. These Aliens presumably warned humans against another alien race met by the Americans in the California Desert . These meetings between S.I.V and Aliens took place mainly in the USA territory but also - twice - in the Vatican State , precisely in Vatican Gardens at the Papal Academy of Sciences in presence of Pope Pius XII. My Jesuit contact also confirmed to me the reality of the George Adamsky-John XXIII meeting and talked about some very interesting details about it. He also called "Secretum Omega" the highest secrecy level in S.I.V, equivalent to the NATO Cosmic Top Secret."


I interviewed Barbato for the Italian bimonthly magazine UFO Notiziario (UFO news), nr.62, April-May 2006, in which the magazine published some frames of the video and a very interesting presumed image (provided almost for sure by the Jesuit to Barbato), regarding the phantom "Aurora" (so far denied by U.S. officials) an American large secret hypersonic aircraft capable of a Mach 6 performance. In the presumed picture, taken by a classified STS mission in 2002, you can see a full-body shape aircraft (a black triangle) coming out from the earthly atmosphere to go into the Space. Other detailed information have been revealed on Barbato's website (www.secretum-omega.com), where last September the Italian freelance published on-line the interview to his contact, the Jesuit, taken place in 2001 in Rome. The Jesuit member of the S.I.V. told Barbato that on occasion of the secret meeting at Muroc Air Field Base, in 1954, military cameramen filmed the outstanding event "with three movie cameras (16 millimeters), detached in different places, loaded with colour film and working by spring engines; this last rather unconformable resolution, because it compelled every cameraman to change reel every 3 minutes, it was necessary since in the presence of the Aliens and of their spacecrafts, the electrical engines of the biggest movie cameras did not work. They filmed 7 rollers of 30 meters, a total of 20 minutes shot." Among the Jesuit's revelations, two of them are astonishing: about the planetoid visible in the videotape, the Vatican insider told the Italian freelance that it is the Planet X (the Sumerian Nibiru); about the "Guardian Files", he confessed him are a "dramatic truth", apart from the frames of the presumed E.B.E.


The Barbato' s researches shocked me and roused me to investigate as journalist the "Secretum Omega" enigma. Since 2005 up to now, on some magazines, websites and essays, I found out several circumstantial evidences that seem to prove the existence of the S.I.V. and the "Secretum Omega", their highest clearance. Barbato, before than me, found the most important and explicit of them on an historical essay, a book written by Mark Aarons and John Loftus, entitled "Ratlines" (see chapter 1). Anyway, above all because of the mass-media silence, I decided to baptize the Barbato's video with the name of "Jesuit Footage", to draw upon it the public attention. And finally I found an indirect remarkable confirmation of Barbato's testimony: Dr. Steven M. Greer (M.D.), in his recent book "Hidden Truth - Forbidden Knowledge", revealed in the chapter nr. 16 (passages of it have been published by Nexus New Times magazine, on the survey "Twilight Zone", nr 64, October-November 2006) that, during a meeting with some rebel insiders taken place in December 1994 in Phoenix by Wrigley Mansion, one of them confessed him that determinate Jesuits control technology on UFOs information and contacts with Aliens. So I am convinced that the disturbing inquiries carried out by Barbato deserve our maxim attention, especially to understand how much truth there is about the next Planet X's arrival.




ペスカラ(イタリア)中の彼の会議の後で、パームスプリングスで、カリフォルニア(緊急歯科治療のために歯科医による突然の訪問によって公式に動機づけられた不在)で大統領が休暇中である間、Barbatoは、イエズス会士の情報によると、また、最初のコンタクトの秘密の会合の話が1954年の2月の夕方アイゼンハワー大統領の奇妙な不在の間に起こったのを立証するであろうプレス・リリースを広めた。

実際は、1954年2月20日の土曜日の夜、アイゼンハワーの報道官は、フライドチキンを食べる間に、アイゼンハワーが歯キャップをなくし、地元の歯科医(ソース:マイケルSalla、PhD、http://www.exopolitics.org/Study-Paper-8.htm
)に急送される必要があったことを発表した。

ここにBarbatoのプレス・リリースからの通路がある:

"[..."

] ドワイト・アイゼンハワー大統領とジェイムズ・フランシス・マッキンタイヤー、ロサンゼルスの司教の面前での1954年2月のMuroc空気フィールドベースの異質な代表団とのミーティング。

その信じられないイベントの後で、すべてを、エイリアンについての情報のすべての可能なビットを集める目的を持つS.I.Vとどのように彼らがアメリカ政府と対話したかを設立すると決めたピウス12世法王に委託するために、マッキンタイヤーはローマに飛行機で行った。

その時から、マッキンタイヤー司教とデトロイト大司教エドワード・ムーニーは米国とバチカン国家の間で主要な情報共同コーディネーターになった。

信じられないほど後 時 S.I.V.メンバーとプレイアデスから来るエイリアンのノルディック注視レースの間にいくつかの直接的な個人的なミーティングがあったはずである 。

これらのエイリアンはたぶんカリフォルニア砂漠のアメリカ人によって出迎えられた別の外国の民族に対する人に警告した。

S.I.Vとエイリアンの間のこれらのミーティングは正確にピウス12世法王の存在における科学の教皇制度アカデミーのバチカン庭で主に米国領域でであるがまた--倍--バチカン国家で行われた。

私のイエズス会士接触はまた私にジョージAdamskyジョンXXIIIミーティングの現実を確認し、それについていくつかの非常に興味深い詳細について話した。

彼はまたNATO宇宙極秘事項インチと等しいS.I.Vにおいて「Secretumオメガ」を最も高い秘密レベルと呼んだ。

私は、イタリア隔月の雑誌UFO Notiziario(UFOニュース)のためのBarbato(雑誌がビデオのいくつかのフレームを出版した2006年4月-5月のnr.62)にインタビューし、まさしくその興味をもちはイメージを、(Barbatoへのほとんど確かなイエズス会士による提供)と推定し、幻影「オーロラ」(これまで米国高官によって否定される)について、アメリカ人をマッハ6パフォーマンスが可能な大きな秘密の極超音速機と推定した。

写真と思われるものにおいて、2002年に分類されたSTS任務によって取られて、あなたは、スペースに入るために完全ボディ形航空機(黒い三角形)が地球の大気から出るのを見ることができる。

他の詳細情報は、去年の9月に、イタリアフリーランスがオンラインで彼の接触(イエズス会士(ローマの2001年の取られた場所))にインタビューを出版したBarbatoのウェブサイト(www.secretum-omega.com
)上で明らかにされている。

S.I.V.のイエズス会士メンバーはBarbatoに、1954年にMuroc空気フィールドベースで合っている秘密の機会に、軍隊のカメラマンが傑出したイベント「違う場所ではずされて、カラーフィルムを積み込まれて、春エンジンによって作動している3つの映画撮影機(16ミリメートル)によって;」を薄膜でおおったと言った。

それが、3分ごとにリールを交換することをすべてのカメラマンに強制し、それがエイリアンの面前で以来必要で、彼らのspacecraftsのうちの、最も大きな映画撮影機の電気のエンジンが作動しなかったことによるこの最後のむしろ不適合の解像度。

「彼らは30メートル(20分のショットの合計)の7つのローラーを薄膜でおおった」。

イエズス会士の新事実の間で、それらの2つは驚異的である:

ビデオテープの中で見える小惑星について、バチカンインサイダーはイタリアフリーランスに、それが惑星X(シュメール語Nibiru)であると言った;

「ガーディアンファイル」について、彼は、推定されたE.B.Eのフレームを除いて彼を白状した 「ドラマチックな真実」である 。

Barbato's研究は私にショックを与えて、ジャーナリストとして"Secretumオメガ"なぞを調査することに、私を奮起させた。

2005年以来、今までのところ、いくつかの雑誌、ウェブサイト、およびエッセイの上で、私は、S.I.V.と「Secretumオメガ」、それらの最も高いクリアランスの存在を証明するようないくつかの状況証拠を見つけ出した。

前 私 歴史のエッセイ、マークAaronsにより書かれた本とジョンロフタス、「ラットライン」に与えたことでそれらで最も重要に、明示的に見つけられるというBarbato( 1章を見なさい)。

とにかく、とりわけマスメディア沈黙のため、私は、それの上で世間の注目を引き付けるために「イエズス会士映画フィルム」の名前によってBarbatoのビデオに洗礼を施すと決めた。

そして、最終的に、私はBarbatoの証拠の間接的な顕著な確認を見つけた:

スティーブンM.グリーア(医学博士)博士は、彼の最近の本「隠れた真実 - 禁じられた知識」中で、章nrの中で明らかにした。

従って、私は、Barbatoによって実行された気がかりな問い合わせが、特に、次の惑星Xの到着についてどれくらい真実があるかを理解するために私達の格言注目に値していることを確信する。

スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BLACK Q10シャンプー

髪でお悩みの方へ・・・髪のコシとツヤを取り戻す!センブリ他栄養成分がぎっしり!「BLACK Q10シャンプー」

電子ピアノ SP-250SW[SP250SW]【J:4959112048867-2-2817】

電子ピアノ

CONTROL2250(コントロール2250)*今、メディアで話題の白インゲンです! 強力なのに安心な白インゲン豆から抽出された天然成分。デンプ

わずか1gと摂取するだけで、500g(15杯分のご飯=2250kcal)の炭水化物の消化・吸収を妨げることが、「ファセオラミン2250」と成分名の由来になっています。

ココロの目

そろそろ忘年会の企画もしなくてはいけないし、 今年こそ、年賀状の準備も・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR