FC2ブログ

民間人 田中均さん。

溶解する日本 http://blog.satohs.jp/
より


なにより、この所感中で僕が一番気に入らないのは「外交の柔軟性喪失に危機感」とのサブタイトルに書かれている行で、ここに明白な大衆蔑視と官僚至上主義が込められているんですね。



 たとえば「能動的外交は自国の判断や選択に基づくものであるだけに、以前にも増して世論の強い支持が不可欠である。ところが近年、むしろ、外交と世論のギャップが広がってきているのではないだろうか。外交に強い自己主張を求める世論は根深い。これまでの日本の外交において、歴史的背景から自己主張を控えざるを得ない面はあったし、交渉途中の議論を外には開示できなかったために、あるいは外交当局の説明不足が原因で、日本自身が行っている主張が国民の目に届かなかったこともあったのだろう。」との記述があるわけですが、これは本末転倒で、「お前らわけわかっとらんのだから外務相に任せときゃいいんだよ」ってことを言っているわけですね。

 そして続く段落では「しかしながら、外交の本質は自己主張だけではなく、緻密(ちみつ)な戦略と柔軟な戦術を駆使して、日本の国益につながるような結果を創ることである。とりわけ価値体系が異なる統治体制を持つ国との関係においては、緻密な戦略がなければ、結果を出すのは容易ではない。国内の強硬な議論の故に、本来必要な外交の柔軟性が失われつつあるのではないのか。そこに私は強い危機感を持つのである。」とも書いています。



 さらっと読んでしまえば「ごもっとも!!」っと膝を打つ人がいるのかもしれませんが、とんでもない話ですよ。

要するに、田中が書いていることは 1)外交方針は外務省が立案し、世論はそれを支持すりゃいいんだけれども、外務省の外交に批判的な最近の世論の動向は由々しい。 2)外交とは、世論のいうような自己主張だけではなく、緻密な戦略と柔軟な戦術を駆使し国益の増進を図ること。 ってなことになるかと思うんですが、まず、世論と現実の外交の乖離の責任は世論にはないですね。

こりゃもう目を覆いたくなるような官僚至上主義であり大衆蔑視であり民主制の否定なのですが、世論に近づこうとするのが正しい姿であり、世論の求めにムリがあると思われる場合には、きちんと議論をするのが正しい姿ですよ。

然るに、たとえば拉致だけに限ってみても、家族会もそれを支持する民意も欺罔あるいは無視し続けたのが今日までの経過ですね。



 たとえば「国交省はわざとらしい>PI保険
」に書きましたが、北鮮に対する圧力を掛けるためと公称し船舶油濁損害賠償保障法を改正しておきながら、運用段階でザルにしたわけですが、後日、PI保健の保険会社の調査は国交省はなにもやっておらず、外務省からまわってきた報告をもとに許可をした、そして報告書を出した外務省は調査はこれまたなにもやっておらず、当該保険会社の存在報告の域を出るものではなかったっということが明らかになってます

田中の言う「緻密な戦略と柔軟な戦術」は実は北鮮に対してではなく、国民を欺すために駆使されている実体をうかがわせます。



 また、随分前から度重なった中共艦船の領域侵犯についても、見て見ぬふりの放置を続けた結果、今や抜き差しならないところにまで来てしまっている。

一体どこが緻密なんでしょうね?

 田中の言う「バランスの取れた国内世論」とは、こうした政府・外務省の不作為に異を唱えない世論のあり方を言うわけで、田中は、退官後もそうした「健全な世論形成」のために奮闘したいっと、こう言っているわけです。



 これまでの外交を見る限り、田中の言う柔軟とは「無定見に相手に対し譲歩を繰り返す」こととしか思えないのですが、彼は「本当の意味で外交を支えるバランスのとれた国内世論を形成することが大変重要なのではないかと思う。このためには、日本外交がよって立つ基本的な座標軸を改めて確認し、定見ある外交の指針について総意を形成する必要があるのではないだろうか。」とも言ってます。

これまた一見ごもっともな言説ではありますが、この後に続く段落(※1)を読むとゲンナリするわけで、結局彼の言う「日本外交がよって立つ基本的な座標軸」ってものが、「日本は戦争放棄をしているんだから、争点のあるところでは相手の言いなりになり、争点のないところで協調するしかない」ってことになるのでしょうし、「定見」ってのは「アメリカ頼み」ってことになるのでしょう。



※1「日本の外交の基本的な座標軸は、民主主義体制を守り、その価値を増進していくことであり続けると思う。もちろん、民主主義の多様性は認めなければいけないし、外から強圧的に民主主義を押しつけることを意味するものではない。同時に、このような外交目的を達成していく上で、外交には知恵とともに「力」がいる。日本は平和国家であり、武力を背景とした外交を行うことはないが、政治・経済・文化全般にわたる複合的な力を活用しなければならない。 強い日米同盟関係もそのような複合的な力の重要な部分である。



 この文章中田中は対北鮮外交に関し特に、「朝鮮半島においても、安全に対する脅威を減らし、平和と安定を構築するという大局的視点を持ち、拉致問題を解決し、平壌宣言に基づく正常化を達成していかねばならない。」と書いていますが、彼の言う大局的視点ってのは一体なんでしょうね?

この言葉はクライン孝子もしばしば使うのですが、こうしてみると、この言葉は説明に困ったとき、あるいは反論に窮した時に詭弁家が常用する言葉であるようです。

しかし、穿った見方をすれば、ここで田中の言う大局的視点とは「曾我家と蓮池家と地村家が返ってきたんだからもういいぢゃん!! あとは死んだって金正日は言っているんだしぃィ!! 早く国交樹立しようよ!!」ってことともとれます。

っとすれば、田中が主導した時期の対北鮮外交の説明は殆どつぃいちゃいます。



 この所感は「本来、外交は怜悧(れいり)で合理的な計算に基づくが、近年どの国においても、感情的なナショナリズムが外交の行方を左右しだしている気配がある。9・11後の米国、憲法条約を巡る欧州、さらには中国、韓国、そして日本も例外ではない。いまこそ成熟した国家として、冷静で骨太な外交論議を活発化する必要があるのではないかと思うし、このために自分の経験を役立てていきたいと思う。」と締めくくっていますが、冗談ではありません。

 対中外交にしろ対北鮮外交にしろ対韓外交にしろ、ちっとも怜悧でも合理的でもないから我々は怒っているわけだし、仮にナショナリズムのない国があるとすれば、それは国家として溶解し尽くした国であるわけで、外交とはそうしたナショナリズムにお互いが折り合いをつけ合いながら国際協調を紡ぎ出してゆくものなのであり、このように、あたかもインターナショナリズムがナショナリズムに優先するとか高次であるとかって言われ方をすると、僕はやはり田中は無政府主義者の手先であると思わざるを得ないし、そんな彼には「自分の経験を役立てて」などもらいたくないですね。




 磐南総合研究会 ( http://wadachi.s7.xrea.com/ ) http://www.wadachi.jp/mm/bn/data/105507625710.html


『拉致と核と餓死の国北朝鮮ト』萩原遼 文春新書

「売国奴という言葉は田中均のような人間のためにある。外務省の高級官僚の中に、日本国民の利益よりも金正日の利益を至上とする人間がいて、さまざまの策を弄しているという事実を国民が知ったことは、不幸中の幸いというべきか」 元共産党の人間に言われている。

とまで述べる。 北朝鮮問題に対するわかりやすく説得力のある入門書である。


log 若さは言い訳にはならない。目を開けていれば気づいた筈だ。http://adoruk626.seesaa.net/


第一回小泉訪朝は、田中均主導の下に核問題をなおざりにしたまま「日朝国交正常化」を進めようとしたのが「真の動機」であり、その結果として「拉致」が明るみに出ただけのことである(前のめりの対北朝鮮外交は、日米間にも緊張が走ったほどだった)。二度目の訪朝は、自らの年金問題隠しと支持率低迷打開の策として行われたのは既に周知の事実。朝鮮総連や金正日に無用な貸しを作る結果に終わった最悪の外交戦術であった。

 また、曽我ひとみさん一家再会の日程すら、参院選を有利に運ぶ為に前倒しにさせたことが毎日新聞(7/2夕刊)の記事によって明らかになっている。

 さらには破防法の対象団体として公安にマークされている朝鮮総連への祝賀メッセージ、日朝実務者協議が暗礁に乗り上げたままでの食糧支援など、その後の行動も不可解なことだらけである。特定失踪者問題への消極的な取り組み姿勢、家族会との面会拒絶なども、首相への不信感を募らせる一因となっているのは言うまでもない。


売国奴列伝http://www.tamanegiya.com/baikokudoretudenn.html


田中均

平成15年12月25日木曜日くもり ○

あの害務省の中でも極め付けの売国奴である田中均(正式名デンチュウキン)は、23日に支那の李外交部長と会見した時に、台湾・朝鮮問題で李部長から「日本側が慎重な行動を取り、中国への内政干渉により中国人の感情を傷つけることがないよう望む」と言われた事に対して、「支那こそ日本に対し内政干渉するな。反日対策はやめろ。それにより日本の支那への感情は悪化している。日本国民にの感情を傷つけるな」と言うべき所を何も言わないばかりか、このバカはよりによって、

「日本は『一つの中国』の立場を堅持し、『二つの中国』や『一中一台』、『台湾独立』への動きに反対する」と表明したそうです。

http://j.people.com.cn/2003/12/24/jp20031224_35238.html


このひとは、12月12日、有楽町の東京国際フォーラムで開かれた日本とASEANとの交流を記念したレセプションで、拉致議連の顧問を勤めている中川経産相に対して「大臣、北朝鮮のようなちいさな問題ではなく、もっと大きな事に関心をもってくださいよ」と暴言をはき「北朝鮮による拉致で、子どもや家族が26年間も帰ってこない人たちがいる。それでも小さい問題なのか!」と中川大臣を激怒させ「あなたみたいに北朝鮮のスパイみたいなようなことをしていては駄目なのだ」とまでいわれています。


 田中均は北朝鮮のスパイだけではなく、支那の走狗も兼ねているようであります

このような売国奴が出世する害務省の異常さなのでしょう。



売国奴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


北朝鮮
による拉致事件
自衛官
による外国のスパイ
との接触、左翼政党や団体による裏での中国
朝鮮半島
との癒着の問題以降、保守派
が売国行為を意識する様になり彼らによって再び使用される様になった。




蛇足


国際、国内状況が掴めない、国益を考えない、場当たりのご都合出世主義。よく、まあ、日本国害無省の外交官(役人)が務まっていたものですね。もう、辞めたので民間人などと言ってますが、ある意味、ズーッと国益に対しての責任がついて回ります。軽はずみに、民間人などと責任転嫁は国民(納税者)の権利に反する行為です。そんな者の為に税金で雇っているわけではない。外務省の仕事をしていたのだけども、自分勝手に動いた結果責任を回避できませんので、大きな枠組みで国益に反する行為は売国奴に値する。嫌なら国家公務員にならなけれ良い選択はあったはずだ。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR