FC2ブログ

ビック・ブラザー

- EVERYONE IS SUSPECT DEPARTMENT -


Checking Big Brother







The Pentagon has been keeping close tabs on law-abiding citizens. It’s about time we go after the real terrorists instead.


How many terrorists do you suppose we have in the United States today? Real terrorists, like Mohammed Atta, who led the attacks of September 11, as opposed to anti-war Quakers?


Seriously. What’s your best guess? Fifty? One hundred? More?


Before 9-11, the FBI’s watch list consisted of only 16 names. Today it contains 80,000. As of June 2005, the National Counterintelligence Center had amassed files on 190,000 individuals. Do these numbers strike you as reasonable, or are suspicions getting out of hand?


The Pentagon is especially suspicious of Americans. Its Counterintelligence Field Activity (CIFA) employs a thousand people to monitor “threats” to the military within the United States. Between July 2004 and May 2005, CIFA’s “Operation TALON” recorded 1,519 “suspicious incidents,” many of them involving lawful political activity by domestic peace groups. In one instance, a Quaker meeting appears to have been infiltrated.


The military’s Northern Command, which is supposed to help civilian agencies clean up after a terrorist attack, employs more than 150 intelligence analysts charged with developing “actionable intelligence” to “prevent” terrorist attacks. “Prevent” presumably means compiling round up lists of civilians in case the military needs to “secure” the site of an attack. But the military does not need to know anyone’s name in order to secure a site. It just needs to impose a curfew and turn the violators over to the police. Military enforcement of civilian law is illegal. Indeed, it is a crime.


In 2002, President George W. Bush secretly ordered the military’s National Security Agency to eavesdrop on the telephone communications of hundreds, if not thousands, of American citizens without prior judicial authority as required by the Fourth Amendment. That, too, is a crime.


This is not the first time military agents have wandered off the reservation. During the 1960s and 1970s, Army intelligence secretly employed 1,500 plainclothes agents, working out of 300 offices coast-to-coast, to spy on all civil rights and anti-war demonstrations of 20 people or more. They collected a warehouse full of files on lawful civilian political activity. That operation was shut down by Congressional protests, but has returned, larger than ever.


Today’s military spies do not work alone. They are closely linked to a dozen federal agencies, 65 FBI field offices, 2,000 police departments, and scores of foreign police and intelligence agencies, all of which collect information on suspected “terrorists.” If you think “terrorists” refers to al-Qaeda and its associates, you would be mistaken. The FBI has labeled environmental activists “eco-terrorists” simply for protesting a lumbermen’s convention by hanging a banner. The Pentagon considers nonviolent Quakers a “threat” because they oppose military recruitment at high schools. The California National Guard monitored the “Raging Grannies,” an anti-war singing group, because, as a spokesman explained, no one can tell when terrorists might infiltrate the grannies.


Flush with federal funds, states are creating “intelligence fusion centers” to process, index, and store reports of suspicious people that flood in through interagency pipelines. Like the FBI and the military, states are hiring private companies like Choice Point to flesh out dossiers on thousands of law-abiding protesters, which are then shared with more than 100 “joint terrorism task forces.”


Why has a legitimate effort to identify suicide bombers metastasized into the massive surveillance of protest politics? One answer is that the people who run this system can’t tell a terrorist from a Quaker. Another is that it is easier to investigate Americans, because they speak the only language our intelligence agents understand.


Whatever their excuse, one thing is clear: These domestic spies are eager to add to, not subtract from, their files and lists. If a suspect shares your name, you are likely to be stopped at the airport, rejected for employment, or denied a security clearance, over and over again. Unfortunately, there is no way to correct such an erroneous file, because the files are secret. And, even if the files of one agency could be corrected, the files the hundreds, perhaps thousands, of other agencies on the network would still be infected. Years later, when the network is queried, the original error will come back as a hundredfold “truth,” simply because so many agencies believe it.


The time has come to scale back this bloated system, before intelligence analysts drown in trivia, before the reputations of decent citizens are destroyed, and before the sheer scale of the spying intimidates Americans from ever questioning their government. Thankfully, Sen. Arlen Specter of Pennsylvania has announced that the Senate Judiciary Committee will hold hearings next month to look into the legal justifications of the NSA wiretapping program. Whether or not these hearings will succeed in limiting the scope of the wiretapping is something we can only speculate on at this time. But in either case, Congress must act soon to restore a sense of proportion to a surveillance system that has gotten way out of hand.

- 誰もが疑わしい部門である-

チェック・ビッグ・ブラザー

国防総省は近く法律を守る市民を監視していた。

私達が代わりに本当のテロリストを追いかけるころである。

あなたは、私達が今日米国に何人のテロリストを持っていると思うか?

本当のテロリスト、モハメッド・アタのように、反戦の震える人とは対照的に、誰が9月11日の攻撃を導いたか?

ひどく。

あなたの最も見事な推測は何であるか?

50?

100?

より多く?

9-11前に、FBIのウォッチリストはほんの16の名前から成った。

今日、それは80,000を含んでいる。

2005年6月現在、全米対諜報活動センターは190,000人の個人へのファイルを貯蔵した。

これらの数は、あなたを、妥当であると思うか?または、疑惑は手におえなくなっているか?

国防総省はアメリカ人を特に怪しんでいる。

米国の中で軍隊への「脅威」を監視するために、そのスパイ防止活動フィールド活動(CIFA)は千人の人々を雇用する。

2004年7月と2005年5月の間で、それらの多くが国内の平和グループによる合法な政治的な活動を巻き込んでいて、CIFAの「操作タロン」は1,519の「怪しい出来事」を記録した。

1つの例において、クエーカー教徒の集会は、浸入されているようである。

民間機関がテロリストの攻撃の後に掃除するのを手助けすると思われている軍隊の北コマンドは、テロリストの攻撃を「防止する」ために、「起訴可能な知能」を開発した罪で告発された150人を超える諜報分析者を雇用する。

軍隊が、攻撃のサイトを「確保する」必要がある場合に、「防止しなさい」はたぶん、民間人のリストの上でまわりで編集するのを意味している。

しかし、軍隊は、サイトを確保するために誰の名前も知る必要がない。

それはただ、夜間外出禁止令を課し、違反者を警察に引き渡す必要がある。

民間の法律の軍隊の施行は違法である。

実に、それは犯罪である。

2002年に、ジョージ・W・ブッシュ大統領はひそかに軍隊の国家安全保障局が、数千でないにしても数百の、4番目の改正によって必要とされているような事前の司法の権限のないアメリカ市民の電話通信を盗み聞きするように命令した。

それも犯罪である。

軍隊のエージェントが予約を逸れるのは、これがはじめてではない。

1960年代と1970年代の間に、軍隊知能は、20人以上の人々のすべての公民権および反戦のデモンストレーションを探り出すために、300オフィス全米津々浦々の外で働いて1,500人の私服のエージェントをひそかに雇用した。

彼らは合法な民間の政治的な活動においてファイルでいっぱいの倉庫を収集した。

その操作は議会の抗議によって停止されたけれども、これまでより大きく戻って来た。

今日の軍事スパイは一人で働かない。

それらは、1ダースの連邦機関、65のFBI仮設事務所、2,000の警察、および多数の外国の警察と諜報機関(あなたが、「テロリスト」がアルカイダとその仲間を参照すると思うならば疑われていた「テロリスト」について、それのすべては情報を収集する)と密接に結び付き、あなたは誤っているであろう。

FBIは、単に、バナーを掛けることによって製材業者の会議に抗議するために環境の活動家に「エコテロリスト」というラベルを貼った。

彼らが高校で軍隊の募集に反対するので、国防総省は非暴力的な震える人を「脅威」と考える。

スポークスマンが説明した時に、誰も、いつテロリストがおばあさんに侵入するかもしれないかを話すことができないので、カリフォルニア州兵は「荒れ狂ったおばあさん」、反戦の歌うグループを監視した。

フェデラル・ファンドと同じ高さに、州は、直通の省庁間パイプラインに殺到する怪しい人々のリポートを処理し、索引を付けて、蓄えるために「知能フュージョンセンター」を作成している。

FBIと軍隊のように、州は、数千人の法律を守る抗議者への関係書類を肉付けするために選択ポイントのような民間会社を雇用している(それはその時100人を超える「共同のテロ・タスク・フォース」と共有される)。

なぜ、自爆攻撃者を識別する合法な努力は抗議政治の大規模な監視の中に転移したか?

1つの答えは、このシステムを実行する人々がテロリストをクエーカー教徒と識別することができないことである。

別のものは、彼らが、私達のスパイが理解している唯一の言語を話すので、アメリカ人を調査することがより容易であることである。

それらの弁解に関わらず、ひとつ確かなことがある:

これらの国内のスパイは、それ、それらのファイル、およびリストから取り去るために追加したがっている。

容疑者があなたの名前を共有するならば、あなたは、空港で停止し、雇用のために拒絶されるか、何度も何度もセキュリティ・クリアランスを許されなそうである。

あいにく、ファイルが秘密なので、そのような誤ったファイルを訂正する方法が全然ない。

たとえそして、1つのエージェンシーのファイルが訂正できても たぶんネットワークの他のエージェンシーでまだ感染させている数千というファイル数百 。

数年後、ネットワークが質問される時に、単に、そんなに多くのエージェンシーがそれを信じるので、オリジナルのエラーは100倍の「真実」として戻るであろう。

諜報分析者がトリビアの中で溺れる前、きちんとした市民の名望が破壊される前、および彼らの政府に質問することから、スパイ活動の絶大なスケールがアメリカ人を威嚇する前にこの膨らんだシステムを縮小する時間は来た。

有り難いことに、ペンシルベニアの上院議員アーレン・スペクターは、上院司法委員会が、プログラムを盗聴しているNSAの法律の位置合せを調査するために来月ヒアリングを実施するであろうということを発表した。

これらのヒアリングが、盗聴の範囲を制限することに成功するであろうかどうかは、私達が今回思索することができるだけのことである。

しかし、どちらの場合にも、議会は、方法で手に負えなくなった監視システムへの平衡感覚を復元するためにすぐ行動しなければならない。





Big Brother may refer to:


Big Brother (1984), a character from George Orwell's novel Nineteen Eighty-Four

Authoritarianism, referred to as "Big Brother" ? any omnipresent, seemingly benevolent figure representing oppressive control over individual lives exerted by an authoritarian power (a concept from Orwell's novel above).

Surveillance, video surveillance

Big Brother Award, an award for acts against personal privacy

Big Brothers Big Sisters of America, a voluntary organization that mentors youth

Big Brother (magazine), a now-defunct skateboarding culture magazine

A larger or older brother

ビッグ・ブラザーは次を参照することができる:

ビッグ・ブラザー(1984年)(ジョージ・オーウェルの小説1984からの登場人物)

いくらか遍在する「ビッグ・ブラザー」?(独裁的な能力(オーウェルの斬新な上記からの概念)によって及ぼされた個々のライフに関しての制圧的なコントロールを表している一見したところ情け深い数値)と称された権威主義。

監視、ビデオ監視

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR