FC2ブログ

1984年 ジョージ・オーウェル




Nineteen Eighty-Four


This article is about the Orwell novel. For the year, see 1984. For other uses, see 1984 (disambiguation).

Nineteen Eighty-Four

Plume (Centennial Edition)

Author George Orwell

Cover Artist C.R.W. Nevinson[1]

Country United Kingdom

Language English

Genre(s) Dystopian, Political Novel

Publisher Secker and Warburg (London)

Released 8 June 1949

Media Type Print (Hardback & Paperback) & e-book, audio-CD

Pages 368 pp (Paperback edition)

ISBN ISBN 0-452-28423-6 (Paperback edition)

Nineteen Eighty-Four (commonly abbreviated to 1984) is a dystopian novel by the English writer George Orwell, first published by Secker and Warburg in 1949. The book tells the story of Winston Smith and his attempt to rebel against the totalitarian state in which he lives.


Along with Aldous Huxley's Brave New World, Nineteen Eighty-Four is among the most famous and cited works of dystopian fiction in literature.[2] The book has been translated into 15 languages and has left a profound impression upon the English language itself. Nineteen Eighty-Four, its terminology and its author have become bywords when discussing privacy and state-security issues. The term "Orwellian" has come to describe actions or organizations reminiscent of the totalitarian society depicted in the novel


この記事はオーウェル小説についてである。

その年の間、1984年を見なさい。

他の用途については、1984年(明確化)を見なさい。

1984

ジョージ・オーウェル作者

C.R.W.Nevinson[1]アーティストをカバーしなさい。

国イギリス

言語英語

ディストピアのジャンル(s)、政治的な小説

Secker出版社とワールブルク(ロンドン)

1949年6月8日をリリースした。

1984(一般的に1984年と略される)はイギリス作家ジョージ・オーウェル(1949年にSeckerとワールブルクによって出版された一番目)によるディストピアの小説である。

その本は、ウィンストンスミスと彼が住んでいる全体主義国家に反逆する彼の試みの話を話す。

オルダス・ハクスリーのすばらしい新世界とともに、1984は最も有名なものの間にあり、文学.[2]The本の中のディストピアのフィクションの引用された工場は15の言語に翻訳されていて、深い感銘を英語自身に残した。

1984、その専門用語、およびその作者はプライバシーと国のセキュリティ問題を議論する時に諺になった。

用語「オーウェル的である」は、小説の中で描き出された全体主義の社会を思い出させる行動または組織を説明するために来た。





小説の1954年のBBCテレビのサイムとしてのドナルドプレゼンスと一緒にウィンストンスミスとしてのピーターカッシング(左)。


The world of Nineteen Eighty-Four




The novel focuses on Winston Smith, who stands, seemingly alone, against the corrupted reality of his world: hence the work's original working name of The Last Man in Europe.[4] Although the storyline is unified, it could be described as having three parts (it has been published in three parts by some publishers). The first part deals with the world of Nineteen Eighty-Four as seen through the eyes of Winston; the second part deals with Winston's forbidden sexual relationship with Julia and his eagerness to rebel against the Party; and the third part deals with Winston's capture and torture by the Party.


The world described in Nineteen Eighty-Four parallels the Stalinist Soviet Union and Hitler's Nazi Germany. There are thematic similarities: the betrayed revolution, with which Orwell famously dealt in Animal Farm; the subordination of individuals to "the Party"; and the rigorous distinction between inner party, outer party and everyone else. There are also direct parallels of the activities within the society: leader worship, such as that towards Big Brother, who can be compared to dictators like Stalin and Hitler; Joycamps, which are a reference to concentration camps or gulags; Thought Police, a reference to the Gestapo or NKVD; daily exercise reminiscent of Nazi propaganda movies; and the Youth League, reminiscent of Hitler Youth or Octobrists/Pioneers.


There is also an extensive and institutional use of propaganda; again, this was found in the totalitarian regimes of Hitler and Stalin. Orwell may have drawn inspiration from the Nazi Party; compare the following quotes to how propaganda is used in Nineteen Eighty-Four:


Nazi Party

“The broad mass of the nation … will more easily fall victim to a big lie than to a small one.” ? Adolf Hitler, in his 1925 book Mein Kampf.

“If you tell a lie big enough and keep repeating it, people will eventually come to believe it.” ? Nazi Propaganda Minister Joseph Goebbels.[5]

“Voice or no voice, the people can always be brought to the bidding of the leaders. That is easy. All you have to do is tell them they are being attacked and denounce the pacifists for lack of patriotism and exposing the country to danger. It works the same in any country.” ? Nazi Reich Marshal Hermann Göring during the Nuremberg Trials.

Nineteen Eighty-Four

“Remember our boys on the Malabar front! And the sailors in the Floating Fortresses! Just think what they have to put up with.” (Page 39)

“The rocket bombs which fell daily on London were probably fired by the government of Oceania itself, 'just to keep the people frightened'.” (Page 160)

“The key-word here is blackwhite. Like so many Newspeak words, this word has two mutually contradictory meanings. Applied to an opponent, it means the habit of impudently claiming that black is white, in contradiction of the plain facts.” (Page 221)

“To tell deliberate lies while genuinely believing in them, to forget any fact that has become inconvenient, and then when it becomes necessary again, to draw it back from oblivion for just so long as it is needed…” (Page 223)

"The past was erased, the erasure was forgotten, the lie became truth." (Page 78)

"And if all others accepted the lie which the party imposed-if all records told the same tale-then the lie passed into history and became the truth." (Page 37)

小説は、一見したところ一人で、彼の世界の堕落した現実に反対するウィンストンスミスに集中する:

それゆえ、ストーリー展開は統合されるけれどもEurope.[4]において最後の人の名前を作動させている仕事のオリジナル、それは、3つの部分(それは3つの部分で何人かの出版社によって出版されている)を持つと言うことができた。

ウィンストンの目を通して見られるように、最初の部分は1984の世界を扱う;

2番目の部分は、ジュリアとパーティーに反逆したいという彼の熱意とのウィンストンの禁じられた性的関係を扱う;

そして、第3はパーティーによるウィンストンのキャプチャと拷問を扱う。

世界は1984の平行線の中でスターリン主義者ソビエト連邦とヒトラーのナチスドイツを説明した。

主題の類似点がある:

オーウェルが動物農場ですばらしく取り扱っていた裏切られた革命;

「パーティー」への個人の従属;

そして内側のパーティー、外のパーティー、および他のみんなの過酷な区別。

社会の中にまた、活動の直接的な平行線がある:

スターリンとヒトラーのような独裁者と比較されることができるビッグ・ブラザーへのそれなどのリーダー礼拝;

強制収容所または収容所への参照であるJoycamps;

思想警察、ゲシュタポへの参照、またはNKVD;

ナチス宣伝映画を思い出させる毎日の運動;

そしてヒットラーユーゲントまたはOctobrists/パイオニアを思い出させる若者リーグ。

また、宣伝の広く、制度上の使用がある;

再び、これはヒトラーとスターリンの全体主義の政権において発見された。

オーウェルはナチスパーティーからインスピレーションを得たかもしれない;

以下の引用文を、どう宣伝が1984年に使われるかと比較しなさい:

ナチスパーティー

「国家の広いマス…」

「小さなものにより容易に大嘘の犠牲となるであろう」。?

彼の1925年の本Meinカンプの中のアドルフ・ヒトラー。

「あなたが十分に大きい嘘を言い、それを繰り返し続けるならば、人々は、結局、それを信じるようになるであろう」。?

ナチス宣伝大臣Joseph Goebbels.[5]

「声、人々はいつもリーダーの入札に連れて来られることができるか、どの声、人々もことができない」。

それは容易である。

あなたたちが、する必要があるすべては、それらに、それらが攻撃されていると言い、愛国心と国を危険にさらすことの不足のために平和主義者を弾劾することである。

「それは同じをどのような国にでも差し込む」。?

ニュルンベルク裁判の間のナチスライヒMarshalヘルマン・ゴーリング。

1984

「マラバル痒疹正面の上の私達の少年を覚えていなさい!」

そして浮かぶ要塞の船員!

「彼らが、何を我慢する必要があるかを考えなさい」.(39ページ)

「毎日、ロンドンに落ちたロケット爆弾は、たぶん、‘人々を怖がるようにしておくため’だけオセアニア自身の政府によって点火された」.(160ページ)

「ここのキーワードはblackwhiteである」。

そんなに多くの新言語言葉のように、この言葉は2つの相互に矛盾した意味を持っている。

「(223ページ)」The過去は消去されて、消去は忘れられて、嘘は真実インチになった。

(78ページ)

「そしてならば 他が、嘘 which もし課しすべてのレコードの話しパーティー 嘘が歴史に通過し、真実に適していたのと同じの物語のそして を受け入れたすべて 。」

(37ページ)





Winston Smith, a member of the
Outer Party
, lives in the ruins
of London
, the chief city of Airstrip One
? a front-line province of the totalitarian superstate Oceania
. He grew up in post-Second World War
Britain
, during the revolution
and civil war
. When his parents disappeared during the civil war, he was picked up by the growing Ingsoc
(newspeak for "English Socialism") movement, placed into an orphanage and eventually given a job in the Outer Party
.


Winston lives a squalid existence in a one-room apartment in "Victory Mansions", and eats black bread, synthetic meals served at his workplace, and drinks industrial-grade "Victory Gin
." He is discontent with his lifestyle, and keeps an ill-advised journal of his negative thoughts and opinions about the Party
. This journal, along with any other eccentric behaviour, if found, would result in his torture and death through the dealings of the Thought Police
. The Thought Police
have telescreens
in every household and public area, as well as hidden microphones and spies in order to catch potential thought criminals who could endanger the sanctity of the Party. Children are carefully brainwashed from birth to report any suspected thought criminal, even their parents.


The Ministry of Truth
, which exercises complete control over all media in Oceania, employs Winston at the Ministry's Records Department, where he doctors historical records in order to comply with the Party's version of the past. Since the events of the present constantly shape the perception of the past, the task is a never-ending one.


While Winston likes his work, especially the intellectual challenge involved in fabricating a complete historical anecdote from scratch, he is also fascinated by the real past, and eagerly tries to find out more about the forbidden truth. At the Ministry of Truth, he encounters Julia
, a mechanic on the novel-writing machines, and the two begin a necessarily clandestine relationship, regularly meeting up in the countryside (away from surveillance) or in a room above an antique shop in the Proles
' area of the city. The owner of the shop exchanges various facts on the mysterious pre-revolutionary past with Winston and sells him artifacts from this period, as well as renting the room to them. Julia and Winston find their new hiding place a paradise, as there is no telescreen
and so they believe themselves completely alone and safe.


As their relationship progresses, Winston's views begin to change, and he finds himself relentlessly questioning Ingsoc
. Unknown to the two (or to the reader), he and Julia are under surveillance by the Thought Police
. When he is approached by Inner Party
member O'Brien
, Winston believes that he has made contact with the Resistance or Brotherhood which is opposed to the ideals of the Party. O'Brien gives Winston a copy of "the book", a searing criticism of Ingsoc
believed by Smith to have been written by the dissident Emmanuel Goldstein
, leader of the Brotherhood.


Winston and Julia are eventually, and unavoidably apprehended by the Thought Police in their supposed sanctuary, which actually contains a hidden telescreen
, and are then interrogated separately in the Ministry of Love, where opponents of the regime are tortured and executed. O'Brien appears at the Ministry of Love, and reveals that he will help Winston "be cured" of his hatred for the Party, by subjecting Winston to numerous torture sessions. During one of these sessions, he explains to Winston the nature of the endless world war, and that the purpose of the torture is not to extract a fake confession, but to alter the way that Winston thinks.


The party intends to achieve this with a combination of torture and electroshock therapy
, continuing until O'Brien decides that Winston is "cured". Eventually, Winston is sent into Room 101
, the most feared room in the Ministry of Love, where a person's greatest fear is forced upon them as the final step in their "re-education." Since Winston is morbidly afraid of rats, a cage of the hungry vermin is placed over his eyes, so that when the door is opened, they will eat their way through his skull. In terror, as the cage is placed onto his head, he screams, "Do it to Julia!", breaking his vow to never betray her, in order to stop the torture.


Near the end, Winston and Julia again meet, but their feelings for each other have been destroyed. Winston has become an alcoholic and he knows that eventually he will be killed. The one thing Winston had held on to was his hatred of Big Brother, which he felt would be his victory over the party's otherwise absolute power. However, by the end of the novel, we see that the torture and 'reprogramming' have been successful, because Winston realizes that "He loved Big Brother."


At the end of the novel there is an appendix on Newspeak
(the artificial language invented and, by degrees, imposed by the Party to limit the capacity to express or even think "unorthodox" thoughts
), in the style of an academic essay.





ウィンストンスミス、Outer party(外パーティー)のメンバー、ロンドンの廃墟のライフ、1前線州あたり全体主義の超大国のうちの滑走路1つ?の主たる都市 オセアニア 。

彼は革命と内戦の間にポスト二番目の世界大戦英国において成長した。

彼の両親が内戦の間に消えた時に、彼は成長するIngsoc(「イギリス社会主義」のための新言語)動きによって拾われて、孤児院の中に置かれて、結局外パーティーにおいて仕事を与えられた。

ウィンストンは「勝利大邸宅」において1部屋アパートのむさ苦しい生活を生きていて、彼の職場で出された黒パンの、合成の食事をとり、産業用「勝利ジン」を飲む。

彼は彼のライフスタイルに不満で、パーティーについての彼のネガティブな考えと意見の愚かなジャーナルを保持する。

このジャーナルはどのような他の風変わりな行動とともにでも、見つけられるならば、思想警察の取引を通して彼の拷問と死を結果として生じるであろう。

パーティーの神聖を危険にさらすことができた潜在的な考え犯罪者をつかまえるための隠しマイクとスパイと同様にすべての家族の、そして公的なエリアに、思想警察はテレビスクリーンを持っている。

子供は、どのような考え容疑者、彼らの両親でも報告するために誕生から慎重に意識改革する。

オセアニアですべてのメディアに関しての完全なコントロールを行う真実の省は省のレコード部門でウィンストンを雇用する(そこで、過去のパーティーのバージョンに従うために、彼は歴史的な記録に手を加える)。

現在のイベントが常に過去の知覚を形成するので、仕事は果てしなく続くものである。

ウィンストンが、彼の仕事(特に、最初から完全な歴史の逸話を偽造することに関係している知的な挑戦)が好きな間、彼は本当の過去までにまた魅了されて、熱心に、禁じられた真実についてより多くを見つけ出そうとする。

真実の省で、彼はジュリア(小説執筆マシンの上の機械工)と出会い、地方(監視からの向こう)でまたは都市のプロレタリア'エリアの古美術店の上の部屋で規則的に出会って、2は必ず内々の関係を開始する。

店のオーナーは神秘的な革命前の過去の様々な事実をウィンストンと交換し、彼らに部屋を貸すことと同様に、この期間から人工物を彼に売る。

テレビスクリーンが全然なく、従って、彼らが自身を完全に一人で、安全であると信じるので、ジュリアとウィンストンはそれらの新しい隠れ家を天国と気付く。

それらの関係が進歩する時に、ウィンストンの見解は、変わりはじめて、彼は自身が情け容赦せずIngsocに質問していることに気付く。

2(またはリーダへの)に知られていず、彼とジュリアは思想警察による監視の下にいる。

彼が内側党員オブライエンによって接近される時に、ウィンストンは、彼が、パーティーの理想と対立する抵抗または兄弟関係との接触をしたと信じる。

オブライエンはウィンストンに、「その本」(スミスによって、意見を異にしたエマニュエル ゴールドスタイン、兄弟関係のリーダーによって書かれていると信じられたIngsocの焼く批判)のコピーを与える。

ウィンストンとジュリアは、結局、やむをえず、それらのそうと思われた聖域(それは実際隠れたテレビスクリーンを含んでいる)の思想警察によって逮捕されて、愛情の省でその時別々に質問される(そこで、政権の相手は拷問されて、処刑される)。

オブライエンは愛情の省に現れて、彼が、ウィンストンが、ウィンストンをたくさんの拷問セッションに服従させることによってパーティーへの彼の憎悪について「治療されること」を手助けするであろうと明らかにする。

これらのセッションの1つの間、彼は無限の世界大戦の性質をウィンストンに説明し、拷問の目的が、偽造の告白を引き出すことではなくウィンストンが考える方法で変更することである。

パーティーは、オブライエンが、ウィンストンが「治療される」と決めるまで続いて、拷問と電撃療法の組み合わせによってこれを達成するつもりである。

結局、ウィンストンは部屋101、愛情の省で最も恐れられている部屋の中に入れられる(そこで、人の最も大きな恐怖はそれらの「再教育」における最終ステップとしてそれらに押し付けられる)。

ウィンストンがねずみを病的に恐れているので、ドアがあく時に、彼らが彼の頭蓋骨を通してそれらの方法を食べるように、空腹の害虫のかごは彼の目の上で置かれる。

恐怖で、かごが彼の頭の上に置かれる時に、拷問を止めるために決して彼女を裏切らない彼の誓約を破って、彼は、「ジュリアにそれをしなさい!」と金切り声で言う。

終わりの近くで、ウィンストンとジュリアは再び会うけれども、互いのためのそれらの感情は破壊されている。

ウィンストンはアルコール中毒患者になり、彼は、結局、彼が殺されるであろうと知っている。

ウィンストンが保持した1つの物は、彼の、彼が、パーティーの他の点では絶対のパワーに対する彼の勝利であるであろうと思った独裁主義国家に対する憎悪であった。

しかし、小説の終わりまでに、私達は、ウィンストンが、「彼はビッグ・ブラザーを愛していた」に気がつくので、拷問と‘再プログラム’が成功していたとわかる。

小説の終わりに、学究的なエッセイのスタイルにおける新言語(人造語は発明し、徐々に、表現する能力を制限するか、「正統でない」考えを考えさえするために、パーティーによって課した)上に、付録がある。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR