FC2ブログ

あなたが運転するかどうか決める独裁者(ビック・ブラザー)




Big Brother To Decide If You Drive

245 million Americans to be forced to undergo "guilty until proven innocent" breathalyzer tests just to start their cars if plan proceeds






Paul Joseph Watson & Alex Jones

Propaganda Matrix


Monday, November 20, 2006


Just when we thought the Orwellian Big Brother society couldn't possibly accelerate further, it gets even worse. A move is afoot to force 245 million drivers in America to have alcohol breathalyzers fitted in their vehicles, ignition interlocks that prevent the vehicle from being started by an inebriant.


"The threat of arrest and punishment, for decades the primary tactic against drunken drivers, is no longer working in the struggle to reduce the death toll, officials say, and they are proposing turning to technology ? alcohol detection devices in every vehicle ? to address the problem," reports the New York Times
.


In addition, Mothers Against Drunk Drivers today began a campaign to make all states pass legislation that mandates these devices be placed in all cars of drunk drivers, even if they are just a first time offender.


Mandatory breathalyzers in all vehicles is just one item in a veritable surveillance package that all drivers will be forced to accept if they wish to use America's roads and highways.


- GPS tracking and taxation black boxes are being pushed to coincide with the construction of the NAFTA Superhighway, where all vehicles will be forced to use toll roads and will have their every movement catalogued by spy satellites in alliance with a massive centralized database.


- US citizens will be forced to adopt a de-facto national identification card and have their freedom of mobility defined by behavioral fealty to the government under proposals set to derive from NAFTA superhighway toll road systems
and the implementation of the American Union.


- Biometric eye scanners that can detect tiredness and deny mobility if the system judges the driver to be fatigued are being proposed for individual vehicle use after being utilized by police
in Australia.


- Proposals are in play to install surveillance cameras in all cars, especially in areas where legislation has been passed that bans the individual from smoking in their own car
if a child is also present.


- In March 2004, Toyota launched its concept car of the future
- a literal behavior modification surveillance center on wheels - festooned with Big Brother technology - that will record every nuance and error the driver exhibits, and will limit its performance based on those factors, including refusing to turn itself on. Industry publications and other motor industry giants have also touted surveillance infested vehicles as the model for all future development.


The installation of mandatory breathalyzers in all vehicles by law is a death knell for freedom of mobility and directly violates the 4th amendment, "The right of the people to be secure in their persons, houses, papers, and effects, against unreasonable searches and seizures, shall not be violated, and no Warrants shall issue, but upon probable cause, supported by Oath or affirmation, and particularly describing the place to be searched, and the persons or things to be seized."


あなたが運転するかどうかを決めるビッグ・ブラザー

計画が進むならば、「無実であると証明されるまで有罪の」酒気検知器を受けることを強制される2億4500万人のアメリカ人が、彼らの車を始動させるためだけにテストする。

ポール・ジョセフ・ワトソン&アレックス ジョーンズ

2006年11月20日月曜日

まさに、私達が、オーウェル的なビッグ・ブラザー社会がどうしてもさらに加速することができないと思った時に、それはいっそうより悪くなる。

彼らの車(車が酩酊薬によって起動させられることを防止する着火防止機構)にはめ込まれたアルコール酒気検知器を持つことをアメリカの2億4500万人のドライバーに強制するために、動きは進行中である。

「逮捕と処罰の脅威は、数十年 飲んだくれのドライバーに対する主要な戦術 の間、死亡者数、役員発言を減らす苦闘において、もう働かず、彼らは、テクノロジー?に変ることを提案している 問題に対処するすべての車?のアルコール探知装置 」リポートニューヨーク・タイムズ。

さらに、酔っ払い運転者に対する母は今日、すべての州に、彼らが単にはじめて犯罪者であっても、これらの機器が酔っ払い運転者のすべての車に置かれるように命じる立法を通過させるキャンペーンを開始した。

すべてのドライバーが、彼らが、アメリカの道路とハイウェーを使うことを望むならば受け入れることを強制されるであろう真の監視パッケージの中で、すべての車の中の義務的な酒気検知器はほんの1つのアイテムである。

- GPS追跡と課税のブラックボックスは、NAFTAスーパーハイウェーのコンストラクションと一致するために押されている(そこで、すべての車は、有料道路を使うことを強制されるであろうし、大規模な集中化したデータベースによって同盟の中の偵察衛星によってカタログに載せられたそれらのすべてのムーブメントを持つであろう)。

- アメリカ市民は、de-facto全国身分証明書を採用し、彼らの可動性の自由を、NAFTAスーパーハイウェー有料道路システムとアメリカ組合のインプリメンテーションから派生するようにセットされた提案の下で政府に行動の忠誠によって定義させることを強制されるであろう。

- 疲労を検出し、システムが、疲れているドライバーを判断するならば可動性を否定することができるバイオメトリックの目スキャナはオーストラリアの警察によって利用された後に個々の車使用のために提案されている。

- 子供がまた出席しているならば、提案は、偵察カメラを、すべての車に、特に、法律が通過されたエリアに取り付けるために作用している(それが、個人が彼ら自身の車の中で喫煙することを禁止する)。

- 2004年3月に、トヨタは、ビッグ・ブラザー・テクノロジーによって飾られた未来--ホイールの上の文字どおりの行動修正監視センター--のそのコンセプトカーを発進させた - それは、ドライバーが表しているすべてのニュアンスとエラーを記録するであろうし、自身に興味をもたせることを断るのを含めて、それらのファクターに基づいたその性能を制限するであろう。

産業出版物と他の自動車産業巨人はすべての未来の発展のためにモデルとしてまた監視の横行した乗り物を宣伝した。

法律によるすべての乗り物の中の義務的な酒気検知器のインストールは可動性の自由のための死の前兆であり、直接、4番目の改正(「不当な捜査押収に対して彼らの人、家、書類、および効果の中で安全な人々の権利は侵害されないこととし、どの許可書も出ないこととするけれども、ありそうな原因の上で、誓いまたは断言と特に、捜されて、人またはつかまれる物である場所を説明することによってサポートした。」)に違反する。







The following points also illustrate why the move is a dangerous and harebrained idea.


- Though billed as a "non-profit organization," Mothers Against Drunk Driving is a front group for the auto industry and has been caught in the past stealing money it raises through telemarketing
. The American Institute of Philanthropy has given MADD poor grades for its high bureaucratic and fundraising costs.


- MADD advocates warrantless random roadblocks and checkpoints to supposedly find drunk drivers, violating the U.S. constitution and instilling fear into people for simply having a glass of wine with their meal.


- Apologists for the program cite seatbelts as an example of a security measure that was beneficial, yet don't understand the slippery slide to fascism that inevitably comes as a result of restricting mobility.


- Drunks kill around 40,000 people a year and yet prescription drugs kill over 200,000. Medical malpractice kills over 300,000 - but the media hasn't brainwashed Americans to be fearful or upset about the bigger dangers and so they don't care. The hyped specter of drunk driving deaths manipulates whining do-gooders to call for their own enslavement, anything to save a few lives.


- In the majority of areas in the south-west, around half of DWI's involve illegal aliens, but nobody is prepared to face up to that problem. A study by the Highway Safety Research Center at the University of North Carolina at Chapel Hill found Hispanic drivers involved in crashes were three times more likely
to be drunk than white or black drivers.


As Paul McNamara of Network World
points out, the potential ramifications for fitting every car with such a device are ominous.


"There is, of course, the straightforward civil libertarian question: Why should those who have never been convicted of drunken driving be compelled to prove they are innocent before being allowed to operate their own cars? This baby seems to have been tossed with the bathwater long ago in a country where drug testing has become routine, but you can expect the die-hards to be heard anew."


"How far down the technology slope are we sliding? Certainly, any such standard automobile equipment could include a record-keeping component. Will attempted drunken driving become a crime? There could be no denying the deterrent effect of such a new law. Three rejected start attempts and you lose your license? Five and the ignition is permanently disabled? Certainly the advocates will make the case than an ounce of prevention beats even one more highway fatality."


"What about networking? Will the data be wirelessly transmitted to your local police department? Why not? It would clearly help law enforcement target and keep tabs on the recidivists. And the cops will need to know when to pull your license for that third strike."


以下の点はまた、なぜこの動きが危険で、軽率なアイデアであるかを説明する。

-「非営利組織」と広告されるけれども、酒酔い運転に反対する母親の会は自動車業界のための前のグループであり、それがTVショッピングを通して集めるお金を盗んで、過去につかまえられている。

博愛のアメリカ研究所はその高い官僚的で、募金のコストのためにMADDひどい成績を与えた。

- たぶん、米国憲法に違反し、彼らの食事によってグラス1杯のワインを単に飲むために恐怖を人々に教え込んで、酔っ払い運転者を見つけるために、MADDは無令状のランダムな防塞とチェックポイントを主張する。

- 有益であったセキュリティ対策の例として、プログラムのための弁護者はシートベルトを挙げて、まだ、必然的に、可動性を限定する結果として来るファシズムにつるつるしたスライドを理解していない。

- 酔っぱらいは1年に約40,000人の人々を殺すのに、処方薬は200,000以上殺す。

医療ミスは300,000以上殺す - けれども、メディアは、心配していて、より大きな危険について狼狽しているためにアメリカ人を洗脳しなく、従って、彼らは気にしない。

彼ら自身の奴隷化、何でもが少しの命を救うことを要求するために、飲酒運転死の騙された幽霊は泣き言を言い考えの甘い慈善家をあやつる。

- 南西のエリアの大多数において、DWIの半分は不法入国者をまわりに巻き込むけれども、誰も、その問題に直面する心構えをしない。

チャペルヒルのノース・カロライナ大学のハイウェー安全調査センターによる研究は、衝突に関係しているヒスパニックドライバーが、白いか、黒いドライバーより3倍酔っぱらっていそうであったと気付いた。

ネットワーク世界のポール・マクナマラが示すように、そのような機器をすべての車に取り付けるための潜在的な小区分は不吉である。

「もちろん、直接的な礼儀正しい急進的自由主義の問題がある:」

なぜ、一度も飲酒運転について有罪宣告されたことがない人々は、彼らが、彼ら自身の車を運転することを許される前に無実であることを証明することを強制されるべきであるか?

「この赤ん坊は、薬テストがルーチンになった国でずっと前に浴槽の湯によって投げ上げられているようであるけれども、あなたは、抵抗者が改めて聞かれることを期待することができる」。

「テクノロジー斜面の下でどのくらい私達は滑っているか?」

確かに、そのような標準の自動車装備は記録コンポーネントを含むことができた。

試みられた飲酒運転は犯罪になるであろうか?

そのような新しい法律の抑止効果を否定することが不可能であるかもしれない。

3回の拒絶された開始が試みて、あなたはあなたのライセンスを失う?

5と発火は恒久的に使用不可にされる?

確かに、支持者は、1オンスの防止によりいっそう1多い高速道路での交通事故死亡件数が打たれるよりケースを作る。」

「ネットワーキングはどうであるか?」

データはあなたの近くの警察に無線で送信されるであろうか?

いいじゃない。

それははっきりと法の執行目標を助けて、再犯者を監視するであろう。

「そして、警官は、その3番目のストのためにいつあなたのライセンスを取り出すかを知る必要があるであろう」。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR