FC2ブログ

1984年 ジョージ・オーウェル 1949 4,5章

1984

George Orwell

1949










Chapter 5


5章

低ceilinged水筒の中で、深く、地下に、昼食列は前にゆっくりぴくぴくした。

部屋はすでに非常にいっぱいで、耳をつんざくように騒々しかった。

カウンターの格子から、勝利ジンの煤煙に打ち勝たなかった酸っぱい金属のにおいによってあふれ出て、シチューの蒸気は来た。

部屋の向こう側の上に、小さなバー(壁の単なる穴)があった(そこで、ジンは10セントで大きなつねりを買われることができた)。

‘まさに、私が捜していたその人’と声はウィンストンの背中で言った。

彼は回転した。

研究部門で働いたのは彼の友人サイムであった。

たぶん、‘友人’は正確には正しい言葉ではなかった。

あなたはこのごろでは友人を持っていなく、あなたは同僚を持っていた:

しかし、社会が他のもののそれより楽しかった何人かの同僚がいた。

サイムは言語学者、新言語における専門家であった。

実に、彼は、現在、新言語辞書の第11版を編集することに従事している巨大な専門家チームのひとりであった。

彼があなたと話している間、彼は、密接にあなたの顔を捜すようであった悲しげであると同時に嘲笑的な黒い髪と大きく、隆起した目のウィンストンより小さい小さな生き物であった。

‘私は、あなたに、あなたがかみそりの刃を得たかどうかを尋ねたかった’と彼は言った。

一種の有罪の急ぎによって‘ものでない!’とウィンストンは言った。

‘私は至る所にトライした’。

‘彼らはもう存在していない’。

誰もがあなたにかみそりの刃を要求し続けた。

実際、彼は、彼が上に貯蔵していた2つの未使用のものを持っていた。

過去月の間のそれらの飢饉があった。

いつ何時でも、パーティー店が、供給することができなかったある必要な品物があった。

時々、それはボタンであり、時々、それは羊毛を繕っていて、時々、それはくつひもであった;

現在、それはかみそりの刃であった。

あなたは、あったとしても、‘自由な’市場で密かに多少捜しまわることによってそれらをつかまえることができただけであった。

‘私は6週間同じブレードを使っている’と彼は偽りを言って付け加えた。

列は別の筋肉のけいれんを前に与えた。

彼らが停止した時に、彼は再びサイムを回し、向かっていた。

彼らのそれぞれはカウンターの終わりに油で汚れた金属トレイをパイルから取り去った。

‘あなたは昨日囚人が絞首刑に処されるのを見に行ったか?’とサイムは言った。

‘私は働いていた’とウィンストンは無関心に言った。

‘私は映画においてそれを見ると私は思う’。

‘非常に不十分な代用品’とサイムは言った。

彼のあざけり目はウィンストンの顔を徘徊した。

‘私はあなたを知っている’、目は、‘私はあなたを見抜く’と言うようであった。

私は、なぜあなたが、知的な方法で、それらの囚人が.'Inを絞首刑に処したとわかるために行かなかったかを非常によく知っていて、サイムは悪意に満ちて正統であった。

彼27

敵村へのヘリコプター急襲と考え犯罪者(愛情の省の地下室での処刑)のトライアルと告白の不愉快な満悦満足によって話すであろう。

彼と話すことは、主として彼をそのような主題から遠ざけて、彼を、可能ならば、新言語の専門的事項にからませる問題であった(それの上で、彼は権威的で、興味深かった)。

大きな暗い色の目の精査を避けるために、ウィンストンは少しわきへ彼の頭を向けた。

‘それはよい吊るしであった’とサイムは懐古的に言った。

‘私は、彼らがそれらの足を束ねる時に、それがそれを台無しにすると思う’。

私は、彼らが蹴るのを見ることが好きである。

とりわけそして終わり(舌(すぐさま、青色の、まったく明るい青))に。

‘それは、私にアピールする詳細である’。

どうぞの『Nex』 どなる ひしゃくを持つ白エプロンを付けたプロレタリア 。

ウィンストンとサイムは格子の下にそれらのトレイを押した。

それぞれにオンが迅速にダンプされたこと 薄桃色灰色シチューの調節昼食.金属小ざら パンの厚切れ、チーズの立方体、1杯のミルクがない勝利コーヒー 、および1つの糖分のタブレット。

‘そのテレビスクリーンの下にあそこにテーブルがある’とサイムは言った。

‘途中で綿繰機を拾い上げよう’。

ジンはハンドルなしの磁器マグの中でそれらに分配された。

彼らは込んでいる部屋を横切って進み、1つのコーナーの上でmetaltoppedされたテーブルの上にそれらのトレイを開けた(それのうちの、誰かが、シチュー(嘔吐の外観を持っていた不潔な液状のめちゃくちゃ)のプールを去った)。

ウィンストンは彼のジンのマグを取り上げて、彼の神経を収集するために、少しの間休止し、油性味わい物を飲み込んだ。

彼が彼の目から涙を点滅して合図した時に、彼は突然、彼が空腹であったと気づいた。

彼はシチューのスプーン一杯をうのみにしはじめた(それは、その一般的なだらしなさの間において、たぶん、肉の準備であった海綿状の薄桃色の物の立方体を持っていた)。

彼らが彼らの小ざらを空にするまで、彼らのどちらも再び話さなかった。

少し彼の背後でのウィンストンの左のテーブルから、誰かが急速に話していて、継続的に、荒い早口のおしゃべりはほとんどアヒルのガーガー鳴きが好きである(それは部屋の一般的な騒動に貫通した)。

ノイズに打ち勝つために彼の声を上げて、‘辞書はどうしているか?’とウィンストンは言った。

‘ゆっくり’とサイムは言った。

‘私は形容詞の上にいる’。

それは、すぐ新言語に関する言及で、彼が明るくした’上で.を魅了する。

彼はわきへ彼の小ざらを押し、他における一方の繊細な手と彼のチーズで彼のひとちぎりのパンを取り上げて、叫ばずに話すことができるように、テーブルに身を乗り出した。

‘第11版は決定版である’と彼は言った。

‘私達は、それが、誰も他の何も話さない時に持とうとしている形をその最終的である形.中への言語のために取ってくる’。

私達がそれを止めた時に、あなたのような人々は、もう一度それを学ぶ必要があるであろう。

あなたは考えて、私が、あえて言い、私達の主要な仕事が新しい言葉を発明している。

少ししかしそれでない!

私達は毎日それらの言葉.スコア、数百のそれらを破壊している。

私達は骨まで言語を下げている。

第11版は、年の2050年の.'Heががつがつと彼のパンに噛みつき、2、3の一口分をうのみにし、そして、一種の衒学者の情熱によって話し続ける前に、時代遅れになるであろう1語の言葉も含まないであろう。

彼のやせた暗い顔は生き生きし、彼の目はそれらのあざけり表現を失い、ほとんど夢見るようになった。

‘それは美しい物、言葉の破壊である’。

もちろん、大きな損耗額は動詞と形容詞の中にあるけれども、その上取り除かれることができる数百の名詞がある。

それはただの同義語ではない;

また、反意語がある。

すべて、他の言葉の単に反対物である言葉のために、どんな位置合せがあるか?

言葉はそれ自体はその反対物を含んでいる。

例えば「よい」を取りなさい。

あなたが「よい」のような言葉を持っているならば、「悪い」のような言葉のためにどんな必要があるか?

それがまったくの反対であるので、「よくない」はちょうどその上.をよりよくするであろう(他はそれではない)。

または、再び、あなたが「よい」のより強いバージョンを望んでいるならば、「素晴らしい」と「豪華」のような漠然とした無駄な言葉のストリングとそれらのすべてのその他全体を持つことに、どんな感覚があるか?

あなたが何かより強く静かなものを望んでいるならば、「Plusgood」は意味または「doubleplusgood」をカバーする。

もちろん、私達はそれらのフォームalready.を使うけれども、新言語の最終的なバージョンには、他に何もない。

最後に、良さと悪い状態の観念全体は現実、ほんの1語においてほんの6つ言葉.によってカバーされているであろう。

あなたはそれの美を見ないか、ウィンストン?

それはB.B.‘もちろん独創的なsアイデア’であったと彼はあとの思いつきで付け加えた。

一種の無味な熱意はビッグ・ブラザーに関する言及でウィンストンの顔をよぎった。

それにもかかわらず、サイムは直ちに一定の熱意の乏しさを検出した。

‘あなたは新言語に対して本当の理解がない、ウィンストン’と彼は悲しげにほとんど言った。

‘あなたがそれを書く時にさえ、あなたはまだ旧語法の中で考えている’。

私は、あなたが時々タイムスにおいて書くそれらの断片のいくつかを読んだ。

それらは十分によいけれども、それらは翻訳である。

あなたの心臓の中で、あなたは、意味のすべてのそのあいまいさとその無駄なシェードによって旧語法に執着したい。

あなたは言葉の破壊の美を把握していない。

‘あなたは、語彙が毎年より少なくなる世界で、新言語が唯一の言語であると知っているか?’

ウィンストンはもちろんそれを知っていた。

同情的に、自身が話すことを確信しないで、彼は、彼は微笑んだのを望んだ。

サイムは暗い色のパンの別の破片を食いちぎり、簡単にそれをかみ、進んだ:

‘あなたは、新言語の目的全体が、考えの範囲を狭めることであるとわからないか?’

最後に、言葉(それにおいてそれを表現する)が全然ないであろうので、私達はthoughtcrimeを文字どおりに不可能にする。

必要であることができるすべての概念は堅く定義されたその意味とこすり落とされて、忘れられたすべてのその補助的な意味によってちょうど1語によって表現されるであろう。

すでに、第11版において、私達はそのポイントから遠くない。

しかし、過程はまだあなたのずっと後に進行しているであろうし、私は死んでいる。

ますます毎年より少ない言葉といつももう少しより小さい意識の範囲。

今でも、もちろん、委任thoughtcrimeのために理由または弁解が全然ない。

それは自己訓練、現実管理の単に問題である。

しかし、最後に、それのさえどのような必要もないであろう。

言語が完全な時に、革命は完全になるであろう。

新言語はIngsocであり、Ingsocは、新言語(彼が一種の神秘主義的な満足によって追加した’)である。

‘これまでに、最新のものの2050年までに、1人の人間も、生きたまま、誰が、私達が現在持っているような会話を理解することができたかではないであろうということをあなた、ウィンストンの心に浮かばせたことがあるか?’

‘を除いて-’は疑わしくウィンストンを開始し、彼は停止した。

それは、口先まで出かかって、‘プロレタリアを例外として省きなさい’と言うことであったけれども、この意見が正統でないいくらかの方法の中になかったと完全に確信すると、彼は自身をチェックしなかった。

しかし、サイムは、彼が、まさに何を言おうとしていたかを占った。

‘プロレタリアは人間ではない’と彼は不注意に言った。

より早い2050によって'、たぶん旧語法に関する.すべて本当の知識は消えているであろう。

過去の文学全体は破壊されているであろう。

チョーサー、シェイクスピア、ミルトン、バイロン. それらは 新言語バージョン〈単に、違う何かに変わらない〉にだけ存在するけれども、実際、そうであるようにそれらが使用したもので矛盾した何かに変更される。

パーティーの文学さえ変わるであろう。

スローガンさえ変わるであろう。

どのように、「自由は奴隷制度である」 時 概念29 のようなスローガンを持っていることにおいてすることができたか あなた

自由で廃止されたか?

考えの気候全体は違うであろう。

実のところ、私達が現在それを理解している時に、考えが全然ないであろう。

正統性は、考える必要がない.を考えないのを意味している。

正統性は無意識.'One of these daysであり、突然の深い信念によってウィンストンを考察されて、サイムは蒸発するであろう。

彼は聡明すぎる。

彼はあまりにもはっきりと見ていて、あまりにも明白に話す。

パーティーはそのような人々が好きでない。

いつか、彼は消えるであろう。

それは彼の顔の中で書かれる。

ウィンストンは彼のパンとチーズを食べ終えた。

彼のコーヒーのマグを飲むために、彼は少し彼の椅子の中で横に向きを変えた。

左にテーブルで、耳ざわりな声を持つ人はまだ向こうで無慈悲に話していた。

たぶん、彼の秘書であり、ウィンストンに背を向けて座っていた若い女性は彼の言うことを聞いていて、彼が言ったすべてに熱心に合意しているようであった。

時々、若々しく、少し無分別な女性の声で発せられて、ウィンストンは、‘私は、あなたがそんなに正しく、私がそうあなたに合意すると思う’のようないくらかの意見をつかんだ。

しかし、女の子が話していた時にさえ、他の声は決して少しの間やまなかった。

彼は、彼がフィクション部門でいくらかの重要なポストに就いていたとそれよりもう彼について知らなかったけれども、ウィンストンは人を顔だけ知っていた。

彼はたくましいのどと大きく、モバイルの口の約30の人であった。

彼の頭は少し投げ返されて、彼が座っていた角度のため、彼のスペクタクルはライトをつかみ、ウィンストンに、目の代わりに2つのブランクディスクを示した。

少し恐ろしく、彼の口から流れ出た音のストリームから、1語の言葉を区別することがほとんど不可能であったことであったもの。

‘完全である'を表す’をつかまえられたまさにかつてのウィンストンと非常に急速に外で'-ぐいと動かされたGoldsteinismとそれが思われたことによる、1つの断片の中のすべての最終的な除去はタイプキャストのラインが固体であるのを好んでいる。

残りにとって、それは単にノイズ、アヒルの鳴き声であった。

それなのに、あなたは、実際、人が言っていたことを聞くことができなかったけれども、あなたはその一般的な自然についてのどのような疑いにもいるはずがない。

彼はゴールドスタインを弾劾していて、考え犯罪者と計画的妨害者に対してより厳格な手段を要求しているかもしれず、彼はユーラシア軍隊の残虐行為を非難しているかもしれず、彼は、正面のそれが違いを全然しなかったマラバル痒疹についてビッグ・ブラザーまたはヒーローを賞賛しているかもしれない。

たとえ、それが何であっても、あなたは、それのすべての言葉が純粋な正統性、純粋なIngsocであったと確信しているかもしれない。

急速に上下に動いているあごによって彼が盲目の面を見た時に、ウィンストンは、これが本当の人間ではなくある種類のダミーであったという奇妙な感じがした。

話していたのは人の脳ではなく、それは彼の喉頭であった。

彼から出ていた物は言葉から成ったけれども、それは真実の感覚においてスピーチではなかった:

それはアヒルのガーガー鳴きのような無意識において発せられたノイズであった。

サイムはちょっと静かになり、彼のスプーンのハンドルによって、シチューの水たまりにおいてパターンを追跡していた。

他のテーブルからの声は周辺の騒音にもかかわらず容易に可聴にonにおいて急速にガーガー鳴った。

‘新言語において言葉がある’と、サイム(‘私は、あなたがそれを知っているかどうかを知らない:’)は言った。

アヒルのようにガーガー鳴くダックスピーク。

2つの矛盾した意味を持っているのはそれらの興味深い言葉の1語である。

‘相手に適用されて、それは乱用であり、あなたが合意する誰かに適用されて、それは賞賛である’。

疑いなく、サイムは、再びウィンストンを考えて蒸発するであろう。

サイムが彼を軽べつしていて、わずかに、彼を嫌い、彼が、そうすることの理由をわかったならば、彼をthoughtcriminalとして告発することが十分に可能であったとよく知るけれども、彼は一種の悲しさによってそれを考えた。

サイムにおいて何か微妙に具合が悪いことがあった。

彼が欠いたことがあった:

裁量、よそよそしさ、一種の節約愚かさ。

あなたは、彼が正統でなかったと言うことができなかった。

彼は信じていた。


30

Ingsocの原則、彼はビッグ・ブラザーを敬慕していて、彼は勝利に喜んでいて、単に誠意をもたないことであるが一種の落ち着かない熱心(普通の党員が近づかなかった情報の最新性)をもつことでなく、彼は異端者を憎悪していた。

それでも、悪評のかすかな空気はいつも彼に固執した。

彼は、よりよく撤回されたであろう事を言い、彼はあまりにも多くの本を読み、彼はチェスナット木Caf´e(画家とミュージシャンのたまり場)に頻出した。

チェスナット木Caf´eに頻出することに対して、不文律さえではなく法律が全然なかったけれども場所は何とかして不吉であった。

彼らが最終的に清められる前に、党の高齢で、評判を悪くされたリーダーは、そこに集まるために使われた。

ゴールドスタイン自身で、それは言われて、時々年と数十年前そこで見られた。

サイムの運命は、予感しづらくなかった。

それなのに、サイムが3秒の間さえ彼、ウィンストン、秘密であることの意見の性質を把握したならば、彼が彼を直ちに思想警察に密告するであろうということは事実であった。

その問題のための他の誰かもするであろう:

しかしたいていのものよりもっとサイム。

熱心は十分でなかった。

正統性は無意識であった。

サイムは見上げた。

‘パーソンズが来た’と彼は言った。

彼の声のトーンにおける何かが、‘その大馬鹿’を追加するようであった。

パーソンズ(勝利大邸宅のウィンストンの仲間のテナント)は実のところ彼の方法で部屋.を横切ってブロンドの髪とカエルのような面のおけのようで、普通の大きさの人をスレッド化していた。

35で、彼は首とウエストラインですでに脂肪のロールを着ていたけれども、彼のムーブメントは活発で、少年らしかった。

非常にそうなので、彼は統制オーバーオールを身につけていて、彼を青色のショーツ、スパイの灰色のシャツ、および赤いネッカチーフを着ているとみなさないことがほとんど不可能であったけれども、彼の姿全体は大きく成長した小さな少年のそれであった。

彼を視覚化することにおいて、人はいつもずんぐりした前腕からくぼんだ膝と袖の写真が巻き戻されるのを見た。

そうするために、コミュニティハイキングまたはすべての他の身体活動が彼に弁解を与えた時に、パーソンズは実に常にショーツに戻った。

彼は彼らを両方とも陽気な‘こんにちは、こんにちは!’で迎えて、汗の強烈なにおいを発して、テーブルについた。

湿気のビーズは彼のピンク色の顔の至る所で目立った。

彼の汗ばむ能力は並みはずれていた。

コミュニティセンターで、あなたは、いつも、いつ彼がバットハンドルの湿気によって卓球をしていたかを話すことができた。

サイムは、言葉の長柱があった紙のストリップを作り出し、彼の指の間でインク鉛筆によってそれを勉強していた。

ウィンストンをひじでつついて、‘昼食時間に向こうに働いて、彼を見なさい’とパーソンズは言った。

‘やっぱり鋭さ?’

何が、あなたがそこに到着したことであるか?卒業生?

何かが私のために少しあまりにも知性的に、私は予期している。

スミス、卒業生、私は、なぜ私があなたを追っているかをあなたに言う。

‘それは、あなたが、私に与えることを忘れたそのサブである’。

‘どのサブが、お金を自動的に探して、?がウィンストンを言ったことであるか’。

1の給料の約4分の1は、自発的な登録に充てられる必要があった(それはとても多かったので、それらに絶えず注意することは難しかった)。

‘憎悪週の間’。

あなたは家によって家資金を知っている。

私は私達のブロックのための会計係である。

私達は、あらゆる努力を、すさまじいショーを上演する.行きにしている。

私はあなたに話し、古い勝利大邸宅が通り全体においてフラグの最も大きな装備を持っていないならば、それは私の過ちにならないであろう。

あなたが私、.'ウィンストンに約束した2ドルは、パーソンズが小さなノートブックに入力した2つの折り目を付けられて、不潔な紙幣を文盲のきちんとした筆跡で発見し、わたした。

‘方法によって、卒業生’と彼は言った。

‘私は、私の小さな物乞いが昨日彼のカタパルトによってあなたにくってかかったと耳にする’。

私はそれのために彼をひどく叱りつけた。

実のところ、私は彼に、彼が再びそれをするならば、私がカタパルトを取り除くであろうと言った。

‘私は、彼が、実行に行かない時に少し混乱していたと思う’とウィンストンは言った。

’  ああ、よさ 私が言うつもりの.もの 、右の心を示すね?

Mis-31

彼らが彼らの両方ともあるけれども鋭さについて語るchievousな小さな物乞い!

彼らが考えるすべてはもちろんスパイと戦争である。

彼女の軍がバーカムステッド方法の外でハイキングにあった時に、あなたは、私のその小さな女の子がこの間の土曜日に何をしたかを知っているか?

彼女は2人の他の女の子を、彼女と一緒に行かせて、ハイキングから滑り落ちて、妙な人について行くことに午後中ずっとを費やした。

‘彼らはまさに森を通って2時間の間彼の末部の上でもち、それから、彼らがアマシャムの中に入った時に、パトロールに彼を引き渡した’。

‘彼らは何のためにそれをしたか?’と多少面食らったウィンストンは言った。

パーソンズは意気揚々と進んだ:

‘私の子供は、彼が、ある種類の敵のスパイ.が例えばパラシュートによって落とされたかもしれないことであったのを確かめた’。

しかし、ここにポイントがある、卒業生。

あなたは、何がまず第一に彼に彼女をからかったと思うか?

彼女がしみになった 彼は、おかしい種類の靴. 彼女が、前に誰でもそれのような靴をはいていたのを一度も見たことがないといわれている をはいていた。

従って、チャンスは、彼が外国人であったことであった。

7のニッパーのためにかなりスマートに、やっぱり、?Whatは人の?'言われたウィンストンに起こった。

‘私がもちろん言うことができなかったああ、’。

しかし、私は、もしも'パーソンズが、ライフルを向ける動作をし、爆発のために彼の舌をクリックしたことにまったく驚くわけではないであろう。

彼の紙のストリップから見上げずに、うっかりして‘善’とサイムは言った。

‘もちろん、私達は、チャンスを取る余裕がない’とウィンストンは忠実に合意した。

‘私が、言うために、戦争があるのを意味しているもの’とパーソンズは言った。

これの確認におけるかのように、トランペットによる合図はまさにそれらの頭の上のテレビスクリーンから浮かんだ。

しかし、それはこの時軍隊の勝利の宣言ではなかったけれども、単に十分の省からの発表。

‘同僚!’と熱望した若々しい声は叫んだ。

‘注意、同僚!’

私達はあなたのために華々しいニュースを持っている。

私達は生産のために戦いに勝った!

消費財のすべてのクラスのアウトプットの現在完遂されたリターンは、生活水準が過去1年の間に20パーセント上がったことを示す。

オセアニアの至る所に、今朝、労働者が工場とオフィスから行進し、彼の賢明なリーダーシップが私達に傾けた新しく、幸福な暮らしのためにビッグ・ブラザーに彼らの感謝を表明しているバナーによって、通りを通って行進した時に、抑えきれない自発的なデモンストレーションがあった。

ここに完成した数値のいくつかがある。

‘食料品-’

フレーズ‘私達の新しく、幸福な暮らし’は数回再発した。

それは十分の省と最近お気に入りであった。

一種の大きく開く厳粛さ、一種の教化された退屈によって聞きながら、パーソンズ(トランペットによる合図によってつかまれた彼の注意)は座った。

彼は数値に続くことができなかったけれども、彼は、それらが1つの原因あたりいくらかの方法で満足に申し込んでいたことに気づいていた。

彼は、すでに炭にされたたばこで半分いっぱいであった巨大で、不潔なパイプの外で引いた。

1週間あたり100グラムのたばこ定量によって、トップにパイプを満たすことはほとんど可能でなかった。

ウィンストンは、彼が慎重に水平に保った勝利タバコを吸っていた。

新しい定量は明日まで始まらなく、彼にほんの4つのタバコが残っていた。

さしあたり、彼はよりリモートのノイズに彼の耳を閉じて、テレビスクリーンから流れた物を聞いていた。

1週間に20グラムまで配給のチョコレートを持ち上げることに対してビッグ・ブラザーに感謝するためにデモンストレーションがありさえしたようであった。

そして、つい昨日、彼は反射し、定量が、1週間に20グラムに減らされることになっていたことは発表された。

彼らがわずか24時間の後にそれを飲み込むことができたことは可能であったか?

はい、彼らはそれを飲み込んだ。

パーソンズは動物の愚かさによって容易にそれを飲み込んだ。

他のテーブルの盲目の生き物は激しい欲望によって情熱的に狂信的にそれを飲み込んだ。

32




先週、定量が30グラムであったことを示唆するべきである誰でも突きとめて、弾劾し、蒸発させるには。

サイム、あまりにも中のいくつかがより複雑に、方法、関係二重思考、サイムはそれを飲み込んだ。

そして、彼はメモリーの所有において一人であったか?

すばらしい統計は、テレビスクリーンから流れ出続けた。

昨年に比べて、より多くの食物、より多くの衣服があり、より多くは住み、より多くの家具、より多くの調理鍋はもっと燃料を補給し、より多くの船、より多くのヘリコプターはもっと予約し、すべてのもっとより多くの赤ん坊.は病気、犯罪、および精神異常を例外として省く。

毎年毎年、記録によって緻密に、誰もが、そしてすべてが上方で急速に疾走していた。

サイムがより早くした時に、ウィンストンは彼のスプーンを取り上げて、外のそれの長いすじをパターンに引き入れて、テーブルを横切って滴った杭で着色されたグレービーに手を出していた。

彼はライフの物質的なテクスチャーについて憤慨して暝想した。

それはいつもこれに似ていたか?

食物はいつもこの味がしたか?

彼は水筒を見回った。

低いceilinged、込んでいる部屋、無数のボディの接触から汚いその壁;

一緒にとても近く置かれたあなたは肘接触によって座った乱打された金属テーブルと椅子;

曲がったスプーン、へこんだトレイ、粗い白いマグ;

脂っこいすべての表面、すべてのクラックにおけるあか;

そして悪いジンと悪いコーヒーと金属のシチューと汚い衣服の少し酸っぱく、合成のにおい。

いつも、あなたの胃の中とあなたの皮膚の中で、一種の抗議(あなたが権利を持っていたことをだましとられたという感じ)があった。

彼が何も大いに違うもののメモリーを全然持っていなかったことは真実であった。



合成のジンを除いて安くなく、豊富なもの。



物が一度持っていたある種類の祖先のメモリーが違ったならば、ものがなければ、なぜ人は、それを、耐えられないと思うべきであるか?

彼は再び水筒を見回った。

ほとんど誰もが醜く、均一な青色のオーバーオールの中と違った形で着こなしても、まだ醜かったであろう。

部屋の向こう側の上で、一人でテーブルに座って、小さく、もの珍しそうにかぶと虫のような人は1杯のコーヒー(左右に疑いの目を投げている彼の小さな目)を飲んでいた。

あなたが、物質的なタイプが、たくましい若者と深く胸に秘めた少女(心配無く日焼けした活発なブロンドの髪)を理想身長としてのパーティーによって設定したと信じるためにあなたについて見なかったならば、それはどれほど容易であったか、考えられたウィンストン。

存在していて、支配してさえいた。

実際、彼が判断することができた限り、滑走路1の人々の大多数は少なく、暗く、不快であった。

それは、どのようにそのかぶと虫のようなタイプが省で増殖したかについて物好きであった:

非常に小さな目を持つ短い足、迅速な急いで行くムーブメント、および太った不可解な面によって非常に若いときに勇敢になっている小さなずんぐりした人。

パーティーの支配権の下で最もよく茂るようであったのはそのタイプであった。

十分の省からの発表は別のトランペットによる合図において終わり、スズ音楽に取って代わられた。

漠然とした熱狂に数値の砲撃によって扇動されたパーソンズは彼のパイプを彼の口から取り去った。

『十分の省は確かに、今年よい仕事をした』と、彼は、彼の頭の知っている震えによって言った。

‘方法、スミス卒業生による私で、てはならないかのあなたで、しなかったかの33’

‘あなたが私に持たせることができるどのようなかみそりの刃でも取ってこられる?’

‘ものでない’とウィンストンは言った。

‘私は自身で6週間同じブレードを使っている’。

‘残念である’、‘ああ、健康である.はただ、私があなたに尋ねるであろうと思った、卒業生’とウィンストンは言った。

省の発表の間に一時的に黙った次のテーブルからのガーガー鳴る声はこれまでと同じくらい騒々しく再び起動した。

何らかの理由で、ウィンストンは突然自身が彼女の小さく束ねた髪と彼女の顔の折り目における塵によってパーソンズさんについて考えていることに気付いた。

2年以内に、それらの子供は思想警察に彼女を密告しているであろう。

パーソンズさんは蒸発するであろう。

サイムは蒸発するであろう。

ウィンストンは蒸発するであろう。

オブライエンは蒸発するであろう。

パーソンズは一方では決して蒸発しないであろう。

ガーガー鳴る声を持つ盲目の生き物は決して蒸発しないであろう。

省の迷宮のような廊下を通ってとてもすばやく急いで行くので、彼らも決して蒸発しないであろう小さなかぶと虫のような人。

そして、彼女も、決して、 暗い毛を持つ女の子、フィクション部門.からの女の子 蒸発しない。

彼に、彼が、誰が生き残るであろうか、そして誰が滅びるであろうかを本能的に知っていたように思われた:

まさに、それがあったものであるけれども、生き残りのためにそれを作って、言うことは容易でなかった。

この瞬間に、彼は激しい筋肉のけいれんによって彼の幻想から引きずり出された。

次のテーブルの女の子は部分的にまわりで回り、彼を見ていた。

それは黒い髪の女の子であった。

彼女は横の方法で彼を見ていたけれども、奇妙な強度でであった。

彼女が彼の目に留まった瞬間に、彼女は再び目をそらした。

汗はウィンストンのバックボーンの上で出発した。

恐怖の恐ろしい激痛は彼を通り抜けた。

それはすぐにほとんどなくなったけれども、それは、不安に口うるさい一種を置いていった。

なぜ彼女は彼を見ていたか?

なぜ彼女は彼に付きまとい続けたか?

あいにく、彼は、彼が到着した時に、彼女がすでにテーブルにいたかその後そこに来たしたかを思い出すことができなかった。

しかし、昨日、とにかく、2分憎悪の間に、そうする明白な必要が全然なかった時に、彼女は彼のすぐ後ろで座った。

まったくたぶん彼女の本当のオブジェクトは、彼の言うことを聞き、彼が十分に騒々しく叫んでいたかどうかを確かめることであった。

彼のより早い考えは彼に戻った:

たぶん、彼女は実際思想警察のメンバーではなかったけれども、最も大変な危険であったのは正確にアマチュアスパイであった。

彼は、どれくらい彼女が彼をではなくたぶん5分もの間見ていたかを知り、彼の顔がコントロール下で完全でなかったのは可能であった。

あなたがどのような公的な場所にまたはテレビスクリーンの範囲の中ででもいた時に、あなたの考えを迷わせることはひどく危険であった。

最も小さな物はあなたを授与することができた。

神経質なチック、心配の無意識な注視、自身.に、隠れるための何かを持っている間にそれによって異常の気味を伝えた何でもぶつぶつ言うことの習慣。

ともかく、あなたの不適切な表情を身につけること(勝利が例えば発表された時に疑い深いように見えるため)は自身罰すべき罪であった。

新言語においてそれのための言葉さえあった:

facecrime、それは呼ばれた。

女の子は再び彼を見捨てた。

たぶん、結局、彼女は彼に本当は付きまとっていなく、たぶん、彼女が連続で2日彼とそんなに親しく座ったことは偶然の一致であった。

彼のタバコの火は消えて、彼はそれをテーブルの縁に慎重に置いた。

彼がそれの中にたばこを保持することができたならば、彼は、仕事の後にそれを喫煙し終わるであろう。

まったくたぶん、次のテーブルの人は思想警察のスパイであり、まったくたぶん、彼は3日以内に愛情の省の地下室にいるであろうけれども、タバコの吸い殻は浪費されてはならない。

サイムは彼の紙のストリップをたたみ、彼のポケットの中でそれを詰め込んだ。

パーソンズは論じはじめた。


34


再び。

彼のパイプ(‘彼らが彼女がB.B.のポスターによってソーセージを包むのを見たので、私のそれらの2つのニッパーが古いmarketwomanのスカートに火をつけた約時間?’)の柄のまわりでくすくす笑って、‘私はあなたに話した、卒業生’と彼は言った。

彼女に忍び寄り、マッチのボックスによってそれに火をつけた。

彼女はまったくひどく火傷したと私は信じる。

ほとんどはやっぱり貧乏にしない?

しかしマスタードとして鋭敏である!

それは、彼らが私の日よりよくスパイ現代.において彼らに与えさえするfirstrateトレーニングである。

それらがそれをそれらに供給した最新の物は、どんなd’you考えであるか?

かぎ穴を通して聞くために、耳はトランペットを吹く!

1つ家庭先日の夜.を持って来られた私の小さな女の子は私達の居間ドアにそれを試験し、彼女に穴に彼女の耳によっての倍多く聞こえると考えた。

もちろん、それは、おもちゃだけがあなたに注意を払うことである。

‘それでも、やっぱりそれらに正しいアイデアを与える?’

この瞬間に、テレビスクリーンは耳をつんざくようなホイッスルの音を吹いた。

仕事に戻ることはそのシグナルであった。

エレベーターのまわりで苦闘に参加するために、3人の人はみな彼らの足に跳ねて、残っているたばこはウィンストンのタバコから落下した。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR