FC2ブログ

チャベスは、世界的な独裁の計画を狂わせます






Chavez Derails Plan For Global Dictatorship

Venezuelan President trounces "genocidal, immoral, sick, and corrupt elite" running United States











Paul Joseph Watson

Propaganda Matrix


Monday, November 27, 2006


Hugo Chavez' vow to "defeat the most powerful empire on earth" and "beat the devil" on December 3rd by achieving re-election in Venezuela is a bold and stark reminder that the fiery President has achieved what many dismiss as impossible - Chavez has derailed the plan for global dictatorship.


The Free Trade Area of the Americas, craved for so long by internationalists whose goal is to centralize global power into a pervasive world government structure with the U.S. as the token figurehead, was derailed last year when Chavez signed the Bolivarian Alternative for the Americas
, which effectively killed the FTAA.


Chavez insistence that, "The FTAA can go to hell," is a rallying cry that has spread like wildfire across Latin America over the past year and has completely isolated U.S. and Mexican aspirations to have had the power bloc in place by 2005. It falls further behind schedule by the day and this is one reason why the Bush junta and the CIA are chomping at the bit to overthrow Chavez as they first attempted to do
in April 2002.


But it's a forlorn desire supported by an arrogance that buries the memory of the riots that resulted in Chavez re-taking control less than 48 hours later.


Framing Venezuela as a safe-haven for Al-Qaeda terrorists, as some have tried to do
, is a discredited old method and simply won't pass the smell test with the Venezuelans or U.S. citizens. The only umbrella under which Venezuela can conceivably be overthrown would be an inside coup de 'tat smoke screened as a natural political transition, but Chavez himself would have to be kept in the dark over a long period of time for anything of this nature to take place. Any overtly violent putsch would immediately be recognized for what it was by the Venezuelans and riots would ensue again.


While cutting slack for unforeseen circumstances, the Globalists are stuck between a rock and a hard place and it is patently clear that Hugo Chavez has derailed the plan for global government.


As Wayne Madsen points out
, recent election results across the region show a noticeable decline of successful candidates with close ties to the Bush administration and the Neo-Con junta. Venezuela, Nicaragua, Ecuador, Bolivia, Uruguay and Cuba have all elected leaders with populist, nationalist and anti-globalist sympathies.


Madsen notes that during his campaign Bush backed banana tycoon Alvaro Noboa, opponent of newly elected President of Ecuador Rafael Correa, "bragged about his close ties to the international bankers' class, including the Rockefeller family."


Such vapid associations are now routinely perceived as admissions of a candidate serving the dark side and the individuals who declare such alliances are being kicked out of power across the world.


チャベスは、世界的な独裁の計画を狂わせます

ベネズエラの大統領は、アメリカ合衆国を運営している「大量虐殺で、不道徳で、病気で、堕落したエリート」を打ち破ります




ポールジョセフワトソン

宣伝マトリックス

2006年11月27日月曜日


「地球上で最も強大な帝国を破っ」て、再選をベネズエラにおいて成し遂げることによって12月3日に「悪魔を叩く」というウゴチャベス』誓いは、情熱的な大統領が不可能であるように、多くの人々が退けるものを成し遂げたという大胆で厳しい注意です - チャベスは、世界的な独裁の計画を狂わせました。


チャベスが米州のためにBolivarian Alternativeに署名したとき、米州(ゴールが形だけの表看板としてアメリカで全面的な世界政府構造に世界的大国を中央集権制にすることになっている国際主義者によって長い間切望される)のFree Trade Areaは昨年狂いました。そして、それは効果的にFTAAを殺しました。


それ(「FTAAは地獄に落ちることができます」)が昨年の上にラテンアメリカの全域で野火のように広がって、アメリカを完全に孤立させたスローガンと力のブロックを2005年までに適当にしておいてたいというメキシコの抱負であるというチャベス主張。それは日決めで予定より遅れて一段安となります、そして、これは彼らが最初に2002年4月を殺そうとしたので、ブッシュ軍事政権とCIAがチャベスを倒すためにいらいらしている1つの理由です。


しかし、それは48時間未満後に支配を再び取っているチャベスに終わった暴動の記憶を埋める傲慢で支えられる絶望的な欲求です。


何人かがしようとして、アルカイダテロリストのための安全避難所としてのフレーミングベネズエラは信用されなかった古い方法であって、単にベネズエラ人またはアメリカ市民と嗅覚テストにパスしません。ベネズエラがおそらく倒されることができる唯一の傘は内部のクーデターデです。そして、『安物煙は自然な政治的な移行として映りました、しかし、チャベス自身は起こるためにこの自然の何のためにでも長い期間にわたって秘密にしておかれなければならないです。どんな明らかに激しい反乱でもそれがベネズエラ人によってあったことのためにすぐに認められます、そして、暴動は再び起こります。


思いがけない状況のためにゆるく切れている間、Globalistsは進退きわまって動けないです、そして、ウゴチャベスが世界的な政府の計画を狂わせたことは明らかに明らかです。


ウェインマドセンが指摘して、地域を渡った最近の選挙結果はブッシュ政権とNeo-Con軍事政権との緊密な関係で当選者の目立つ低下を示します。ベネズエラ、ニカラグア、エクアドル、ボリビア、ウルグアイとキューバのすべては、人民主義者、国家主義者と反グローバル派同情でリーダーを選びました。


マドセンは、ブッシュが支持した彼のキャンペーンの間に、バナナ王アルヴァーロノボア(新しく選択されたエクアドルラファエルコレア長の反対者)が「ロックフェラー家を含む国際的な銀行家のクラスとの彼の緊密な関係を自慢しました点に注意します。」


そのような退屈な協会は、現在、そのような同盟が世界中で力の外へ追い出されていると断言する暗い側と個人に仕えている候補の入場として、通常認められます。







Chavez does not mince words when he characterizes the enemy in stating, "We are facing the threat of global challenges stemming from the genocidal, immoral, sick, and corrupt elite currently governing the United States, which appear to have no limits."


In taking on this elite, Chavez has built his attack on the legitimacy of the uni-polar world and U.S. imperial domination on two pillars.


1) By following a populist course of serving the interests of his own country rather than an elitist fad-driven ideologue of submission to the role of a slave cell in a global dictatorship. This has afforded him the overwhelming support of his countrymen domestically.


2) By consistently and vociferously denouncing the U.S. led imperial agenda as being mired in a toxic soup of lies, deliberate carnage and false justifications. Chavez' repeated attacks on the official story behind 9/11
, other state sponsored acts of false flag terror
and their exploitation to advance geopolitical agendas has resonated internationally.


Chavez's socialist leanings do not sit well with many, this author included, but no one can deny that his actions have contributed substantially to reversing the stampede of world fascism, neo-mercantilism and economic meltdown presided over by unelected, unchecked, faceless powers in pursuit of global totalitarianism and a new world order.


No surprise it is therefore to witness the juggernaut of the U.S. media engage in ceaseless attempts to drag the name of Chavez through the mud - mindful, desperate and terrified that another "rogue state" has excelled itself in neutralizing the goals of an elite hell-bent on turning the earth into a prison planet.


彼が、「我々は現在アメリカ合衆国を統治している大量虐殺で、不道徳で、病気で、堕落したエリートから生じている世界的な難問の脅威に直面しています。そして、それは制限がなく見えます。」述べる際に敵を特徴づけるとき、チャベスはひき肉ことばをしません


このエリートを雇う際に、チャベスは2本の柱の上で単極世界とアメリカの帝国の支配の合法性に基づいて、彼の襲撃を打ち立てました。


1)サーブする人民主義コースをたどることによって、彼のものの利益は、世界的な独裁において従属電池の役割への服従のエリート主義の流行によるイデオローグよりむしろ地方を所有します。これは、国内で彼に彼の同国人の圧倒的支持を与えました。


2)一貫して、そして、騒々しく非難することによって、アメリカはうそ、慎重な虐殺と間違った正当化の中毒スープで泥でよごされながら、帝国の課題を導きました。チャベス』は9/11の後で公式物語への攻撃を繰り返しました、他の州は間違った旗恐怖の行為を後援しました、そして、地政学的な課題を進める彼らの搾取は国際的に共鳴しました。


チャベスの社会主義leaningsは多くの人々(含まれるこの著者)に似合いません、しかし、誰も彼の行動がかなり、世界的な全体主義と新しい世界秩序の追求において選ばれない、野放しの、個性のない大国によって統轄される世界ファシズム、新重商主義と経済崩壊の殺到を逆にすることに貢献したことを否定することができません。


それがアメリカメディアのジャガノートが泥を通してチャベスの名前を引く絶え間ない試みに係わるのを目撃するためにしたがって、そうである思いもかけないことでない - 注意して、必死で、もう一つの「ならず者国家」が地球を刑務所惑星に変えるつもりでいるエリートのゴールの効力を消すことで優れていたことを恐れる。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR