FC2ブログ

エイリアン、あなたが決して本当に、知りたくなかったもの!

PART II


?


Mars


This group probably colonized Mars millions of years earlier. Then when Mars became too dry for normal habitation they proceeded to earth, which by now had become inhabitable. I’m convinced something along these lines occurred. Modern science and our Government call these records "myths". So much data has been returned from our Martian probes that it is ludicrous to think otherwise. The Russian probe, before it went silent, sent back some of the most convincing photos of what appeared to be a city on the planet’s surface. I saw these pictures with my own eyes while in Canada, but they have never seen the light of day in the United States! August 21st 2001, the two moons of Mars, Phobos and Deimos, have disappeared! These two moons are very small, five miles and ten miles in diameter, so they are hard to see, but they have been visible for hundreds of years and on primitive equipment. So what has happened to them? I have always believed that due to the fact that these moons have unusual orbits and are very reflective, that they are artificial! Now they are gone, could they be spaceships? Only time will bring us the truth. If we look up in the sky in the not so distant future, and see a couple of extra moons, the cat, (Aliens) will definitely be out of the bag.


?


The Moon


This is one of the most interesting bodies in our solar system, let me explain. When the astronauts landed on the Moon they tried to do core drillings. They were only able to drill down about twelve inches and they hit solid titanium! This is impossible for a naturally formed planet/moon. The Moon is an artificial satellite, built by intelligent beings. I know this sounds bazaar but what is the alternative? We have further proof, when the astronauts blasted off the Moon, they separated the first stage and let it fall back to the Moon surface. The seismographic instruments that they had put in place while on the Moon surface recorded a loud gong and the Moon reverberated for five hours after the expended rocket had hit the surface! The Moon is obviously hollow, a titanium sphere, built by someone or something and for what? I have a dozen theories, but you think about it for a while. What is inside?


To further complicate the matter, why haven’t we built the Moon colony up there like we planned? I will answer that question. Neil Armstrong attended a scientific conference in London England a few years ago and the press knew what hotel he was to stay in and the precise room. They set up listening devises in the room next door to spy on Armstrong’s private conversations. Neil had a professor visit him one evening. The first question out of the professor’s mouth was "What happened to all the Moon projects, colonies, telescopes, low gravity factories. Neil said, "They warned us off, their ships were so much larger and much higher tech, we didn't have a chance". They told us, "scoop up a few rocks and go home, the Moon is off limits!" We are quarantined to the Earth. Have you paid attention? All the Mars probes have failed, plus Mars has two artificial satellites (which are now gone!). They, the Aliens don’t want us snooping around the solar system. There is too much information out there that establishes the truth about the human race and it’s origins. We are an engineered species, bred to do a specific job for somebody. Some say we never went to the Moon, but I don’t buy it. It would have been a little much to cover up.


?


The Sirius Mystery


How could the ancient and secret traditions of the Dogon African tribe, contain highly precise astrophysical information about invisible stars in the Sirius star system? Modern scientists using the latest scientific equipment have just recently discovered some of this information! The Dogon have always said that there was a third star in the Sirius system. The French astronomers, Daniel Benest and J.L. Duvent confirmed this in 1995. This star is a small red dwarf and has been named Sirius C. The Dogon claim that they were visited by beings from Sirius thousands of years age and gave them much information about civilization. There is a lot of evidence, both in Egyptian and Greek history to indicate that this true. The earth must have had visitors from the Sirius system thousands of years ago and by all indications, they are amphibious beings! This why so much of the ancient art shows tail fins on the "god" creatures, and this would explain the mermaids. Who is to say that all intelligent life has to be land based?


Apes/Hominids


Sitchin states, that when this small party of Anunnaki explores arrived, they were looking for gold. There were no Homo Sapiens on the planet at this time, only an upright Ape/Hominid. A Hominid is a very large Ape like creature that mates for life and raise their offspring, perhaps these apes are more civilized than some of our so-called humans, you know what I’m talking about? They also make crude tools and there are about 200 thousand on the planet at the present time, hidden in the big forests and jungles. It is a Federal crime to hunt them, capture them or in any way molest them. Why has Congress passed this Federal law? They are referred to as "Big Foot" or Abominable Snow Man.


?


The Gold


The Anunnaki use gold to manufacture a very fine gold dust, which they somehow put into their planet’s upper atmosphere. This retains the heat of the planet while it is in deep space. The gold then shields it from the burning rays of the sun while in our solar system. Nibiru may not have an Ozone layer either, and this gold dust would help to deflect the Sun’s radiation. At first gold was plentiful, the Anunnaki just placer mined it from the rivers and streams. Over the course of time, several hundred thousand years, above ground gold became scarce. They then proceeded to South Africa for underground mining operations. Believe it or not some of these abandoned mines still exist in South Africa with the mining equipment carbon dating back over 100 thousand years! You won’t read that in your local newspaper or "Scientific American". The powers to be don’t think the ignorant masses are smart enough to "handle it".


?


Copper Mines


Ancient copper mines were discovered in Michigan when the miners of modern copper mines broke through into the old mines. The owners were surprised to find these mines, for there were no records of such mines. The equipment in the abandoned mines was carbon dated and found to be at least 25 thousand years old! Who did this mining? Read "The Twelfth Planet" by Zechari Sitchin, it will open your eyes.


?


More Proof, The really Big Structures


During the last one half million years or so, the Anunnaki/Aliens have had a tremendous impact on planet Earth. They built many structures that remain to this day, the Pyramids, the Sphinx and the huge temple in Peru that is 10,000 feet above the quarry below where the big stones were obtained. However my favorite is the platform at Baalbek. This huge structure, made from stone, was no doubt a rocket launch pad. It is constructed from stone quarried from a pit 2000 feet below the platform and miles away! The huge rectangular stones that form the pad weigh over two million pounds each. They were somehow cut so precision that you can not insert a razor blade between them, then incredibly lifted, transported and put in place to fit the other stones of the platform! We high tech humans are unable to move one of these stones today with any of our mammoth earth moving equipment. Baalbek is located in Lebanon, just outside of Beirut. The government of Lebanon realizes that it is impossible for humans to build this structure, so they have made it a religious shrine. The Lebanese people think the gods built it and so they did. (What do you think a primitive race would think we were, if we arrived on a young planet with the high-tech equipment that we have today and began to build structures?) One stone lies in the quarry below, partially removed, beckoning to the Human race to finish the job and put it in place. When we do we can ring the Anunnaki up on the phone, because we will have arrived. This ancient Alien race used rockets back then to power their freighters carrying the gold up to the enormous orbiting space ship, which in turn carried it to the home planet Nibiru. There are many more such structure around the world and you can read about them in the book "The Atlantis Blueprint".


?


Creating the Slave/Human


Now this is the part that you will definitely not like! After about 100 thousand years of under ground mining the Anunnaki worker revolted, they didn’t like the dirty job of mining, they wanted a slave to do the work, can you dig it, no pun intended. These workers were here for thousands of years, at least one "Shar" which is 3600 years. The leadership needed an intelligent slave to the work, and that is where we humans come into the picture. Their scientists mixed the male Anunnaki sperm with the eggs of a Hominid, native to South Africa at the time. The scientists placed these eggs into the wombs of some female Anunnaki and Homo Sapiens were born. The Anunnaki scientists worked with these hybrids for over 35 thousand years before they were perfected to what you see today. The early men were Cro-Magnon and many of the Anunnaki bred with these hybrids for lack of a better mate and even more Anunnaki blood was injected into the human race. This all started over 200 thousand years ago, they called us the "Black Headed People", probably black skin too. No other animal has so much brains that they do not use. How did this happen? This completely blows the Darwin evolution theory. We were designed to have only about 10% use of our brain so we would never be able to challenge our masters. Is it all starting to make sense? An interesting side note is that the Hebrew word in the Bible that was translated to worship, should have been translated to "WORK"! We are supposed to be "working" for God, not worshiping Him! Think how smart you would be if you only lived 500 years, much less 500 thousand years, and on top of that you were youthful most of the time! The same theory works for humans. During the second half of the 1980s the study of "mitochondrial" DNA’ (DNA inherited only from females) science traced modern humans to a female Ape, Eve, in South Africa. I think we are starting to figure it out. Maybe in another thousand years the human race will be brave enough to accept the facts and realize that we are just a very small cog in a very large wheel. When I say this I think of how small our sun is in comparison to our Milky Way Galaxy.


When you and your spouse realize we have to work till around July 11th before any of our hard earnings are for our own use, then maybe you will understand we are still slaves and just aren’t smart enough to comprehend it.


?


Our Slaves


The dogs, cats, cows, pigs, and horses, our slaves, can never challenge us, they are not smart enough, in fact we eat the "fat ones", don’t we? The smarter, high tech species with the longevity always wins in the long run, where are the American Indians today. This species of human being lived in the Americas for over 10,000 years and never did any environmental damage, but they were not advanced technologically. High-tech always causes environmental damage that is why Algore wanted our society to revert back to the 15th century life style because he understood the high-tech problem. Read Al’s book, "Earth in the Balance" The human race uses this principle to get all the dirty work done, who do you think cleans the sewers, picks up the garbage, mines the coal, builds the towers and on and on. We call them the uneducated (we should call them slaves), probably these poor people can’t be educated any further, they have reached their limit. This is what the Aliens did to the human race in general. Interbreeding by Aliens and humans have given us a little more brainpower over the years. Edison, Ford, Einstein and Bill Gates come to mind right off the top of my head. Why were these men so different from us normal humans?


The Other Races


It is very likely that other races of Aliens colonized other parts of the planet during its early days this would account for all the different varieties of the human species, especially the Yellow races. Sometime around the time of Christ, the pure Anunnaki packed up, left earth and the human race to our own devises with the Anunnaki Hybrid Humans running things. We were then and are now a very aggressive species and love war!


?


Atomic Bombs


Now that you are certain that I should be institutionalized, lets fast forward to 1945, we humans detonated three nuclear devices, one was a test in New Mexico and two against simple human beings living in fishing villages in Japan. We did not explode the bombs over Tokyo where the war machine existed, why? I’ll answer that question, we wanted the war machine and could have cared less about the people in the villages. War is hell and the human race loves it, enough said. These explosions sent Gamma rays and Electro-magnetic pulses throughout the universe at the speed of light. The Aliens came running, but it wasn’t the Anunnaki, it was the Grey’s. Of the many different species of Alien visiting our planet at the present time, the Grey’s are the ones in charge of earth and its operations. They work for the Reptilians.


The human race had, with the explosion of the "bomb" become part of the galactic community whether the Aliens liked it or not. We had bombs and rockets now and could do all kinds of damage if we weren’t careful. It was as though you found your children playing with dynamite in the back yard.


?


?


Roswell


Several small craft, probably from a large "mother ship" in orbit, came to investigate the Atomic bomb problem. A couple crashed in Roswell New Mexico July 2, 1947. Over 300 people have testified to this fact. Some of those testifying are high-ranking military personal, government officials, who have actually seen the Aliens, the Alien Craft and the Alien hardware. The government covered up this incident, "big time", for fear of panic among the ignorant masses. But there have been leaks, so they just pass it off, as the ravings of kooks and maniacs, like this paper you are reading. The evidence that has accumulated over the years would stand up in any court in the world, if there was an honest court, which of course there isn’t.


?


High-Tech Space-Craft


What the US Government found in these crashed interplanetary vehicles was truly mind-boggling. There were no wires, only horse tail hair (fiber optics), no vacuum tubes, but transistors, night vision optical equipment, composite materials that would conduct electricity. Our top scientists did not understand how the equipment even functioned, much less how it was manufactured. Many more crashes and sightings followed the Roswell incident. The United States Government became the repository for these crashed interplanetary vehicles for the entire free world!


パートII

火星

このグループはたぶん数百万年前火星を植民地化した。

それから、火星が正常な居住のためにあまりにも乾燥した時に、彼らは地球に進んだ(それは今ごろ住居に適した)。

私は、これらのラインに沿った何かが起こったのを確信する。

現代の科学と私達の政府はこれらのレコードを「神話」と呼ぶ。

そんなに多くのデータは、違った形で考えることがこっけいな私達の火星の調査から戻っている。

ロシア調査は、それが静かになる前に、惑星の表面の上の都市であるようであったものの最も説得力のある写真のいくつかを送り返した。

カナダにいる間、私はこれらの写真を私自身の目で見たけれども、彼らは米国で一度も日の光を見たことがない!

2001年8月21日、火星、フォボスとデイモスの2つの月は消えた!

これらの2つの月は5マイルと10マイルの直径で非常に小さいので彼らが、会いづらいけれども、彼らは数百年の間と原始的な機器の上で見えた。

それで、何がそれらに起こったか?

私は、いつもそれを、これらの月が異常な軌道を持っていて、非常に反射しているという、それらが人工的であるという事実によると信じた!

彼らがいなくなったので、彼らは宇宙船であるかもしれないか?

時間だけが真実を私達に持って来るであろう。

私達がそんなに遠くない未来に空に見上げて、2、3の特別な月、猫を見るならば、(エイリアン)は間違いなくバッグの外にいるであろう。



これは私達の太陽系で最も興味深いボディの1つであり、私に説明させた。

宇宙飛行士が月に着陸した時に、彼らは、コア掘削をしようとした。

彼らは、約12インチ下がってドリルで穴を開けることができるだけで、彼らは固体のチタンを打った!

これは自然に成形された惑星/月に不可能である。

知的な生き物によって築かれて、月は人工衛星である。

私はこの音市場を知っているけれども、選択肢は何であるか?

宇宙飛行士が月を発射し、彼らが第1ステージを隔てていて、それを月表面に後退させた時に、私達はさらに証拠を持っている。

月表面の上の間に、それらが実施した地震学の機器は、騒々しいゴングと浪費されたロケットが表面を打った後に5時間の間轟き渡った月を記録した!

月は明らかに誰かか何かによって、そして何のために築かれたへこみ、チタン球である?

私は1ダースの理論を持っているけれども、あなたはしばらくそれについて考える。

何が中にあるか?

さらに問題を複雑にすることに、私達が計画を立てたように、なぜ私達はそこで月植民地を増強しなかったか?

私はその質問に答える。

ニール・アームストロングは数年前ロンドンイギリスで科学会議に出席し、プレスは、彼が、どんなホテルに泊まることになっていたか、そして精密な部屋を知っていた。

アームストロングの密談を探り出すために、彼らは隣の部屋で聞く贈与条項を設定した。

ニールは教授にある夕方彼を訪問させた。

教授の口からの最初の問題は、「すべての月プロジェクト、植民地、望遠鏡、低い重力工場に起こったこと」であった。

ニールは、「彼らは、オフの、それらの船がそんなにずっと大きく、ずっと高いテクであったのを私達に警告し、私達にはチャンスがなかった」と言った。

彼らは、「少しの岩石をすくい上げて、家に帰りなさい、月は立ち入り禁止である!」と私達に話した。

私達は地球に隔離される。

あなたは注意を払ったか?

すべての火星プローブは故障したし、加えて、火星は、2つの人工衛星(現在、なくなった!)を持っている。

彼ら、エイリアンは私達に太陽系のまわりで詮索してほしくない。

世の中にあまりにも多くの情報があり(人類について、それが真実を立証する)、それは起源である。

誰かのために具体的な仕事をするために育成されて、私達は設計された種である。

いくつかが、私達が決して月に行かなかったと言うけれども、私はそれを買わない。

それは、覆い隠すために多く少量であったであろう。

シリウスミステリー

どうしてドゴンアフリカ人種族の古代の、そして秘密の伝統はシリウス・スター・システムの中に見えない星についての非常に精密な天体物理学の情報を含むことができるか?

最新の科学の機器を使っている現代の科学者はまさに最近この情報のいくらかを発見した!

ドゴンは、いつも、シリウスシステムの中に3番目の星があったと言った。

フランス天文学者、ダニエルBenest、およびJ.L. Duventは1995年にこれを確認した。

この星は小さな赤色矮星であり、彼らが年の時代のシリウス1000から生き物によって訪問されて、それらに文明についての多くの情報を与えたというシリウスC.Theドゴン主張と名付けられている。

それ この正常 を示すために、たくさんの証拠、エジプト人およびギリシャの歴史にある。

地球は数千年前シリウスシステムからの訪問者を持っていたにちがいなく、すべてのしるしによって、彼らは二重性格の生き物である!

これなぜによる古代芸術の多くが「神」生き物の上のテール・フィンを示し、これが人魚を説明するであろう。

誰が、すべての知的生命体が、基づいた土地である必要があると言うことになっているか?

猿/原人

シッチン州〈アヌンナキのこの小さいパーティーが探検する時が到着した〉 それらは 金を捜していた。

今回惑星の上にヒトが全然なく、直立した猿/原人だけであった。

原人は、ライフと上昇のために、それらの子孫を結婚させる生き物のような非常に大きな猿であり、たぶん、これらの猿は私達のいわゆる人の何人かより文明化し、あなたは、私が何について話しているかを知っている?

彼らはまた天然のツールを作り、大きな森林とジャングルで隠されて、現時点で惑星の上に約20万がある。

それらを探し回り、それらを捕らえることは連邦犯罪であるか、何の中ででも、方法はそれらにいたずらする。

なぜ議会はこの連邦法を承認したか?

それらは「ビッグ・フット」またはひどい雪人と称される。



非常に素晴らしい砂金を製造するアヌンナキ使用金(彼らはそれを何とかしてそれらの惑星の上層大気に入れた)。

それが深宇宙にある間、これは惑星の熱を保持している。

私達の太陽系にいる間、金はその時太陽の燃えている光線からそれを保護する。

Nibiruはまたオゾン層を持たないかもしれず、この砂金は、Sunの放出をそらすことに役立つであろう。

最初は、金は豊富で、アヌンナキの正しい砂鉱は川と小川からそれを採掘した。

時間のコースの上で、上記のグラウンド金は数10万年不十分になった。

それから、彼らは地下の採掘操作のために南アフリカに進んだ。

信じられないかもしれないが、10万年の間に遡る採掘機器炭素によってこれらの廃坑のいくつかがまだ南アフリカで存在している!

あなたはそれをあなたの地方紙または「サイエンティフィックアメリカン」で読まないであろう。

そうである能力は、無知な庶民が、「それを処理する」のに十分にスマートであると思わない。

銅山

現代の銅山の坑夫が古い鉱山の中に突破した時に、古代の銅山はミシガンで発見された。

そのような鉱山のレコードが全然なかったので、オーナーは、これらの鉱山を見つけて驚いた。

廃坑の機器は、日付を書かれて、少なくとも2万5000歳であることを発見された炭素であった!

誰がこの採掘をしたか?

Zechariシッチンによって「12番目の惑星」を読んで聞かせられて、それはあなたの目を開くであろう。

より多くの証拠、本当に大きな構造

最近のひとつの50万年かそこらの間に、アヌンナキ/エイリアンは地球へのすさまじい影響を持っていた。

大きな石が得られた所に、彼らは、今日まで残っている多くの構造、下で採石場の10,000フィート上にあるペルーのピラミッド、スフィンクス、および巨大な寺院を建てた。

しかし、私のお気に入りはバールベックでそのプラットフォームである。

石から作られたこの莫大な構造は確かにロケット発射台であった。

それはプラットフォームの2000フィート下のピットから採石されて、数マイル離れている石から構成される!

パッドを成形する巨大な矩形の石に200万ポンド以上の重さがそれぞれある。

それらは何とかして、あなたが挿入することができない精度をそう切られて、そして信じられないほど持ち上がったそれらの間のかみそりの刃が、プラットフォームの他の石に適合するために輸送し、実施したことであった!

私達、ハイテク人は、装置を動かしている私達の巨大な地球のいくらとでも今日これらの石の1つを動かすことができない。

バールベックはまさにベイルートの外でレバノンに置かれる。

レバノンの政府は、人がこの構造を建てることが不可能であることに気がつくので、彼らはそれを宗教の聖地にした。

レバノンの人々は、神がそれを築き、従って、彼らがしたと思う。

(あなたは、原始的なレースが、私達が今日持っているハイテク機器によって、私達が若い惑星に到着し、構造を建てはじめたならば、私達が何であったと思うであろうと思うか?)

仕事を終えて、適所にそれを入れるために人類に合図して部分的に除去されて、1つの石が下に採石場にある。

私達がする時に、私達が到着しているであろうので、私達は電話でアヌンナキに電話することができる。

金を運んでいるそれらの貨物船を巨大な周回宇宙船にパワーアップするために、この古代の外国の民族は当時ロケットを使った(それは次々それを家庭の惑星Nibiruに運んだ)。

そのようなものが世界中で構造化し、あなたが本「アトランティス青写真」中でそれらについて読むことができる多くのより多くがある。

奴隷/人を作成する

さて、これは、あなたが明確であることでなくするであろう部分である!

約10万年、アヌンナキ労働者が不快であった下のグラウンド採掘のうちの、彼らが採掘の汚い仕事が好きでなかった後に、彼らを探していて、仕事をし、あなたを缶詰めにするスレーブは、だじゃれを全然意図していないで、それを掘る。

数千年(3600年である少なくとも1つの「Shar」)の間、これらの労働者はここにいた。

リーダーシップは仕事に聡明な奴隷を必要としていて、それは、私達、人が登場する所である。

それらの科学者は雄のアヌンナキ精子をその時南アフリカ固有の原人の卵と混ぜた。

アヌンナキとヒトが誕生したある女性の子宮の中に、科学者はこれらの卵を置いた。

彼らが、あなたが今日見るものに完成する前に、アヌンナキ科学者は3万5000年以上これらのハイブリッドによって働いた。

昔の人はクロマニヨン人とよりよい片方の不足のためにこれらのハイブリッドによって育ったアヌンナキの多くであり、いっそうより多くのアヌンナキ血は人類に注入された。

これはすべて20万年前に最初からやり直し、彼らは私達を「ブラックの率いられた人々」と呼び、たぶん、また皮を黒くする。

どの他の動物も脳をとても多く持っていないので、それらは使わない。

どのようにこれは起こったか?

これは完全にダーウィン進化論を吹き飛ばす。

私達は、私達が、決して、私達のマスタに挑むことができないであろうように私達の脳のわずか約10%の使用を持つようにデザインされた。

それは、すべて意味をなし始めているか?

興味深い側の注は、拝むために翻訳されたバイブルの中で、ヘブライ人が言葉で表現することであり、「WORK」に翻訳されるべきであった!

私達は、彼を拝んでいるのではなく神のために「働いている」と思われている!

なんと厳しく、あなたがただずっと少ない50万年500年住んでいて、それに加えて、あなたがほとんど若々しかったかどうかであるであろうと思いなさい!

同じ理論は人にとってうまくいく。

1980年代の後半の間に、女性)から、科学が現代の人を南アフリカの女性Ape、イブに追跡してない限り、「ミトコンドリアの」DNA'(DNAの研究は引き継いだ。

私は、私達が、それを理解し始めていると思う。

たぶん、あと千年で、人類は、事実を受け入れて、私達が非常に大きなホイールの中で単に非常に小さな歯車であることに気がつくのに十分に勇敢になるであろう。

私がこれを言う時に、私達の太陽が私達の銀河系星雲に比べてどれほど小さいかについて、私は考える。

いつあなたとあなたの配偶者が、私達が、私達の難しい収益のいくつかの前で7月11日ごろに現金保管用引き出しを作動させる必要があることに気がつくかは私達自身の使用のためであり、そして、たぶん、あなたは、私達がまだスレーブであると理解するであろうし、全く、それを理解するのに十分にスマートでない。

私達の奴隷

犬、猫、雌牛、ブタ、および馬、私達のスレーブは決して私達と競合することができなく、それらは十分にスマートでなく、実のところ、私達は「太ったもの」を食べるね?

スマートな方、長寿を持つハイテク種は、長い目で見ればいつも勝ち、アメリカインディアンは今日どこであるか。

人間のこの種は10,000年以上にわたってアメリカ大陸に住んでいて、決して、どのような環境被害もしなかったけれども、それらは技術的に高度でなかった。

ハイテクはいつも、なぜAlgoreが私達の社会に、彼がハイテクな問題を理解していたので15世紀のライフスタイルに戻ってほしかったかである環境被害を起こす。

私達は、教育がない(私達はそれらをスレーブと呼ぶべきである)ものをそれらに呼び、たぶんこれらの貧しい人々はさらに教育されることができなく、彼らは彼らの限界に到着した。

これは、エイリアンが一般の人類にしたことである。

エイリアンによる異種交配と人は数年の間に私達にもう少し知力を与えた。

エジソン、フォード、アインシュタイン、およびビル・ゲイツはまさにあまり考えずに思い浮かぶ。

なぜこれらの人は私達、正常な人とそんなに違ったか?

他のレース

これが人類、特に黄色人種のありとあらゆるさまざまな種類を説明するであろうその早い日の間に、エイリアンの他のレースが惑星の他の部分を植民地化したことは非常にありそうである。

物事を行っているアヌンナキハイブリッド人と私達自身の贈与条項にキリスト、まとめられた純粋なアヌンナキ、左の地球、および人類の時間ごろにそのうち。

私達はその時非常に攻撃的な種であり、今あり、戦争を愛している!

原子爆弾

あなたが、私が制度化されるべきであると確信しているので、賃貸は速く1945年に転送し、私達、人は3つの核爆弾を爆発させて、日本の漁村に住む簡単な人間に対してものはニューメキシコと2でテストであった。

私達は、軍事機構が存在していた東京の上で爆弾を爆発させなく、なぜ?

私はその質問に答えて、私達は軍事機構を望んでいて、より少なく村の人々を気にしたかもしれない。

戦争は地獄であり、人類はそれを愛していると十分は言った。

これらの爆発は光の速度で全世界中でガンマ線の、そして電磁気のパルスを送った。

エイリアンは走って来たけれども、それはアヌンナキではなく、それは灰色のであった。

現時点で私達の惑星を訪問するエイリアンのさまざまな種で、グレーのは地球とその操作を担当しているものである。

彼らは爬虫類のために働く。

人類を催して、「爆弾」の爆発によって、エイリアンがそれが好きであったかどうかにかかわらず、銀河のコミュニティの一部になりなさい。

私達は今や爆弾とロケットを持っていて、私達が慎重でなかったならば、すべての種類のダメージを与えることができた。

あなたがダイナマイトによって遊んでいるあなたの子供を裏庭で発見したかのようであった。

ロズウェル

原子爆弾問題を調査するために、いくつかの小型の船は、たぶん軌道の大きな「母艦」から来た。

カップルは1947年7月2日ロズウェルニューメキシコで壊れた。

300人を超える人々がこの事実を証言した。

証言しているそれらのいくつかが地位が高い軍隊のパーソナルである、実際エイリアン、異質な技能、およびエイリアンハードウェアに会った政府高官。

政府はこの出来事の上に無知な庶民の間のパニックに対する恐怖のために「非常に楽しい時」をカバーした。

しかし、リークがあったので、あなたが読んでいるこの新聞のような変人と狂人の戯言として、彼らはただそれを見のがす。

正直な法廷、そこのもちろんどれがないかがあったならば、数年の間に蓄積した証拠は世界のどのような法廷ででも立ち上がるであろう。

ハイテクな宇宙船

米国政府がこれらの破損した惑星間の乗り物の中で発見したものは本当に驚くべきであった。

ワイヤが全然なく、馬の末部毛(ファイバー・オプティクス)だけであり、どの真空管であるが電気を伝導するであろうトランジスタ、暗視光学機器、複合材料でもなかった。

私達の一流の科学者は、どのように装置が作動したかさえ理解していなく、まして、どうそれが製造されたかなどとんでもなかった。

さらに多くの衝突と目撃例はロズウェル出来事に続いていた。

米国政府は自由世界全体のためにこれらの破損した惑星間の乗り物のための貯蔵所になった!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR