FC2ブログ

エイリアン、あなたが決して本当に、知りたくなかったもの!

PART III


?


The Mantell Incident


My favorite UFO incident is the Mantell crash over northern Kentucky, event occurred a short time after Roswell. This sighting and loss of one of our World War II heroes and military aircraft took place near the Godman AFB, which is very close to Wright Field, now renamed Wright-Patterson AFB. A blip was detected on the Godman Field radar screen that was unidentified by the radar operators. Captain Thomas F. Mantell, a pilot with the Kentucky Air National Guard, had been a combat veteran and World War II Ace. On January 7th 1948 he was on a training mission from Marietta Air Force Base (AFB) in Georgia, to Standiford AFB in Kentucky. Mantell and his F-51, which is a modernized P-51, was accompanied by three other pilots in F-51’s. They were, 1st Lieutenant R.K Hendricks, 1st Lieutenant A.W. Clements and 2nd Lieutenant B.A. Mammond. The aircraft were not equipped with oxygen as the three pilots were not going to exceed 15,000 feet. Captain Mantell had been in the Normandy invasion, and had won the Distinguished Flying Cross among other decorations. He was an experienced airman unlikely to be deceived by natural phenomena. Earlier that day the Kentucky Highway Patrol called the Godman AFB tower to find out if they had anything strange flying in the area. The residents of Mansville Kentucky had been reporting unidentified flying objects 250 to 300 feet in diameter in the sky. The tower said no, then a few minutes later sighted an object on the radar screen that was not a familiar aircraft! At the same time the tower sighted Mantell and the three other F-51s. The operations officer, Captain Carter, who observed the object visually said it resembled a parachute, surrounded by a red glow! The object was so bright that it could be observed through the clouds! The F-51s were sent to investigate. Mantell broke through the clouds at 15,000 feet and there it was, a huge craft, unlike anything Captain Mantell had ever seen before. Mantell, no doubt, went to "hot guns" and radioed back to Godman Field, "I’ve sighted the thing, it looks metallic, and it’s tremendous in size, now it’s starting to climb, I’m going to 20,000 feet and if I’m no closer then I’ll abandon chase". These were Mantell’s last words. Hendricks had flown on to Standiford while Hammond and Clements had joined Mantell. But at 22,000 feet Hammond and Clements broke off the chase due to lack of oxygen. Witnesses said they saw Mantell’s F-51 explode in midair, no one could figure out why the F-51 would explode, unless the UFO had caused it. If Mantell lost consciousness, then when the F-51 went into a dive it would have reached a speed that would have torn off the wings. At any rate, his F-51 was scattered over the countryside about 90 miles from the Godman AFB. Some say Mantell’s body was never found. It was a closed casket funeral, normal in an air crash like this one. One thing for sure, Captain Mantell was not chasing the planet Venus, as reported by the Air Force, he was a better pilot than that, he had seen something very strange. The Government or the Air Force doesn’t care who they discredit, so long as they keep the "gullible ignorant masses" in the dark. This was no doubt an Alien craft looking for the Roswell spacecraft and its Alien occupants/astronauts. No doubt the Aliens had every piece of hardware and the beings themselves tagged with some kind of a homing devise.


?


?


The Grey’s


These Aliens were not the Anunnaki, they were the "care takers" referred to earlier as the little "Greys". They have small bodies, large black wrap around eyes, no skeleton, just a semi-hard outer layer of skin, similar to an insect, The black eyes are only a lens covering the eye ball that allow them to see at night. This lens also shields their eyes from the bright rays of our sun during daytime. The Greys claim that they work for the owners of this planet, a Reptilian species from the Draco star system, who are over 100 light years from earth. The little Greys do the work and a large, tall species of Grey supervises, who really knows? I personally don’t think it’s the Anunnaki, perhaps they sold earth to someone else, why not, they owned it, and most of the gold was gone anyway. The Reptiles eat humans, the way we eat chickens, cows, sheep and pigs, so it would have been a good deal for both species. Can you dig it? We Humans in general have gotten a lot fatter in the last 50 years, maybe the Reptilians have bred us the same way we have bred the Black Angus cows. The Greys are very mercenary and completely devoid of compassion, like the people who work in "our" slaughterhouses. The "Bible" says we are in charge of the earth, and can do what we want with all of the less intelligent species, maybe the Aliens have a similar bible written by their god, you know what I’m talking about? You probably have heard the old saying, "sorry, nothing personal, it’s just my job". The Greys come from the constellation Reticuli, you can see it from the Southern Hemisphere. The Greys star Zeta I & Zeta II, orbit each other and the Greys occupy the 4th planet in orbit around this binary star system. Zeta I & II are 32 light years from earth and the trip in one of their spacecraft takes about 60 earth hours, according to John Lear, whose Father designed the Lear Jet and former pilot for the CIA. John is very well informed about the Alien situation. Obviously these Aliens don’t travel in a linear mode! The Greys control time, space and matter. Some of our scientists think the Greys are biological robots. The US Government refers to the Greys as EBE’s, short for Extraterrestrial Biological Entities. Sees how far behind we humans are in technology?


?


?


Betty and Barney Hill


An interesting side note about this star system is, it was not confirmed by astronomers till 1969. However, on September 19, 1961, Betty and Barney Hill claimed to have been abducted by small Grey Aliens. While on board the Alien spacecraft, they displayed a star map showing Betty Hill their home star system. Later under hypnosis, Betty Hill drew the star map, of course no such star system existed at the time. This confirmed that Betty and Barney had just imagined the entire affair. Everyone’s head in the scientific community was spun around in 1969 when the star system was confirmed!


?


?


Harry S. Truman


In the early fifties, President Truman was preparing to inform the American people, and for that matter the entire world, just what was going on. Harry was a very, "down to earth person", no pun intended. He was from Missouri and that is the "Show Me" state. Harry intended to send a tractor-trailer around the United States with Alien bodies and hardware, so the American people could see the Aliens for themselves. This was disclosed on "The Learning Channel" a couple of years ago. This was no doubt "leaked" information by the Federal Government. Before the project was finished however, Dwight Eisenhower was elected President of the United States. Harry had been dragging his feet, so to speak. I guess he was a little nervous about the disclosure. Ike, being a military man, wasted no time putting the lid on the project, because he said, "we needed a military advantage over the Russians". Plus Ike didn’t think the American people/ignorant masses could "handle" the truth, he was probably right. Ike also thought that our scientists would soon bridge the gap in technology between the human race and the Aliens. After all we had a couple of their spacecraft in our possession at the time with our top scientists going over each and every part, it wouldn’t be long till we had our own space craft, was Ike ever wrong! Ike had been aware of the Aliens for quite some time because of his military position during World War II.


?


World War II


There were many sightings during World War II by our pilots, we thought that it was German technology and the Germans thought it was ours. All the time it was "Them", the Aliens were watching our war and the human race up close. The military called the phenomena, "Foo Fighters", how silly can you get?


?


?


Eisenhower Meets the Aliens


Sometime during Eisenhower’s first term, the Aliens got a message to the White House, that they wanted a meeting with the President. This was arranged to take place at Muroc Dry Lakes, now called Edwards Air Force Base in Southern California. William Cooper in his book "Behold a Pale Horse" comments on the meeting. Ike feigned a toothache to the press, his security whisked Ike to Edwards for the meeting and Ike was out of touch with the press for 24 hours! The press speculated that the President had died! Now think about that for a minute, would the White House allow the press to run stories like that over a little toothache? As Cooper’s story goes, a deal was cut and we would get Alien technological assistance and the Aliens would get what they wanted, which would be, violation of our air space and take human beings, for experimental purposes, zoos, slaves, food, or whatever. A lot of very important people were at that meeting, the head of the Hearst newspapers, the leader of the Catholic Church and several top scientists. When the Aliens demonstrated their ability to become invisible along with mental telepathy, everyone there was terrified. To these experts, their world had just disintegrated before their eyes, everything that they had ever been taught or believed, had suddenly evaporated. It was a mind-boggling experience to these gentlemen. The Aliens need slave labor, big time, still, now before you laugh, think about it, humans are the best biological machines going. We are easily controlled, reproduce rapidly, learn quickly and are self-repairing, perfect! On February 20th 1954 Eisenhower signed a treaty with the Aliens agreeing to most of the above. Pat Bieger and I had been married exactly one year!


?


?


Missing Children


Are you aware that in the United States alone, each year, hundreds of thousands of children disappear, without a trace! Sometimes the number is as high as 800 thousand. 1984 was the last year the FBI released the figures and in that year 400 thousand children disappeared! Why won’t the FBI continue to release the missing children figures? Who do you think does all the dirty work for these intelligent being? We don’t like to do dirty work ourselves and we use the "uneducated". Do you know why lawyers are paid so much and don’t do any dirty work? I’ll tell you, they are a lot smarter than most people. The Aliens are not any different, only they are thousands of years ahead of us. In defense of Eisenhower, he thought our scientists would soon bridge the technology gap, but the Aliens are very smart. They have not given us star travel and they haven’t made us immortal, and they’re not going to, anytime soon, it would be too dangerous.


?


Colonel Corso


Colonel Corso in his book "The Day after Roswell", says we’re a lot better off now than we were in 1947, I hope so. He was in charge of the Foreign Technology Department for the US Army for many years and had hands on experience with some of the retrieved artifacts from the flying saucers. The Colonel says that the Aliens don’t have the free hand they had fifty years ago, but I wonder. His book is a must reading and it currently in print. This brings us to the present.


Robert "Bob" Lazar


My friend Bob Lazar, a Nuclear Physicist, who used to work at the infamous Los Alamos Labs in New Mexico, was a friend of Dr. Edward Teller. Dr. Teller was the Father of the Hydrogen Bomb, what a nice boy! Dr. Teller only liked things that exploded. Lazar was transferred to Area 51 in 1988 along with 22 other scientists to "back engineer" a flying saucer, or UFO. The craft was 52 feet in diameter and was capable of interstellar travel in excess of the speed of light! The craft came from the Reticuli star system, 32 light years from earth, home of the "little and the Big Greys". The craft breaks all laws of physics as we understand them, but remember just 500 years ago the Catholic church burned you at the stake for stating the earth was round and orbited the sun and was not the center of the Universe. We’ve come a long way baby! What could the Romans do with a late model Honda two thousand years ago? The 22 scientists working on the project for a year did determine how the craft operated and what made it travel through space. They were unable to duplicate the craft, the drive system or the navigational equipment, so much for our technology. But then what could the ancient Greeks have done with an F-16 fighter plane? The Federal Government has in its possession many UFO’s, the United States is the earth’s repository for Alien spacecraft. The one Lazar worked on was intact, not a crashed vehicle and Bob has no idea how the government came into it’s possession. Lazar did attend government briefing and that is my source for much of the information on the Greys. Several scientists lost their lives trying to disassemble the power plant from one of the spacecraft. This occurred in one of the Nevada Atomic underground test sites. It was reported as a low yield nuclear test. They have us covered! For his disclosure, Bob Lazar has been totally discredited, both academically and as a person.


?


?


More on the Slaves


In my opinion, in our not so distant past, say 10,000 years ago we were all slaves, bred to do a job, just like the "Blacks" were 200 years ago. We still do this with our animals. The human race has advanced tremendously in the last couple hundred years. However humans are still sold as slaves in certain parts of the world not as civilized as us, such as China, Africa and the Middle East! You see no high tech society wants to do the dirty work, such as mining operations on a cold dark planet. Humans would be perfect for this job, especially trained from childhood, and when they couldn’t do the job anymore, just put them to sleep! The same way we Humans do with the Greyhounds and Thoroughbred racehorses. There are some very intelligent "Humans" right here on earth, more Anunnaki than Ape, have you seen any lately? Most of these people are running things, while others are reaching for the stars. The Aliens know this and it’s just a matter of time till we unlock the secret of star travel. Lazar is convinced this will happen in the not too distant future. The Aliens are trying to civilize us before we get into space with the Bomb!


?


The Secret


I can read your mind, you are thinking, how in the hell has the government kept this big a secret for the last fifty years. This requires a two-part answer. First and foremost, they have not kept the secret. You are reading about it right here. Hundreds of credible people have told their story and thousands of books have been written about the subject, but the mass media has not printed it or shown it on TV, nor will they. This is because our media is totally controlled by the same powers that know all about the Alien agenda. The biggest reason the Alien secret has been so easily kept is the human race is in "denial", humans/ignorant masses don’t want to know the truth, plus the Aliens don’t want us to know the truth. We want to think we are the last word in the universe, top of the list, next to God, in His image, you know the drill! The fact of the matter is we are way down at the bottom, "Barely out of the trees" so to speak. The Aliens are near the top, very close to the Supreme Being, not God but as close as you can get and still be a physical being. Remember they have star travel and we have puny little rockets. We can hardly get off the earth and back safely. Then to top it off anyone who comes forward and tries to disclose information is branded a kook or a crazy. This is exactly what everyone wants to hear. Remember the old rule, never confess your infidelity to your spouse, and always deny, that is what they want to hear. It has worked for thousands of years and it is still working today.


?


?


PART IV


?


~~省略~


パートIII

マンテル出来事

私の好きなUFO出来事は北ケンタッキーの上でマンテル衝突であり、イベントはロズウェルの少し後で起こった。

この光景と私達の第二次世界大戦ヒーローと軍用機の1人を失ったことは、ライト・パターソンのAFBに改名された現在の、ライトFieldに非常に近い神人AFBの近くの場所を取った。

影像は、レーダーオペレータによって未確認であった神人フィールドレーダー網の上で検出された。

トーマスF.マンテルキャプテン(ケンタッキー空軍州兵を持つパイロット)は戦闘ベテランと第二次世界大戦エースであった。

1948年1月7日に、彼はジョージアのマリエッタ空軍基地(AFB)からのケンタッキーのStandiford AFBへのトレーニング任務にいた。

マンテルと現代化されたP-51である彼のF-51はF-51のにおける3人の他のパイロットを同伴していた。

それらがであったこと1番目の副官R.Kヘンドリックス、1番目の副官A.W.クレメンツ、および2番目の副官B.A. Mammond。

3人のパイロットが、15,000フィートを越えようとしていなかった時に、航空機は酸素を装備されなかった。

マンテルキャプテンはノルマンディー侵略にいて、他の装飾物の間で空軍殊勲十字章を勝ち取った。

彼は、自然現象によって欺かれていることがありそうにない経験豊かな飛行士であった。

より早く、その日に、彼らがエリアに飛行機で到着している何か奇妙なものを持っていたかどうかを見つけ出すために、ケンタッキー・ハイウェイ・パトロールは神人をAFBタワーと呼んだ。

Mansvilleケンタッキーの居住者は未確認飛行物体を空の250~300フィートの直径と報告していた。

タワーはノーと言い、それから、数分は後で、おなじみの航空機ではなかったレーダー網にオブジェクトの照準を合わせた!

同時に、タワーはマンテルと3つの他のF-51を見つけた。

オブジェクトが視覚的に、赤い光によって取り囲まれて、それがパラシュートと似ていると伝えていたことに気づいた財産運用係、カーターキャプテン!

オブジェクトはとても明るかったので、それは雲を通して観察されることができた!

F-51は、調査するために送られた。

15,000フィートでマンテルが雲を突破したこととそこでそれがであったこと、何と違って前にこれまでキャプテンマンテルが見たことがあった莫大な船。

マンテルは確かに「熱い銃」に行き、神人フィールド「私は物を見つけて、それは金属ように見えて、それはサイズにおいてすさまじく、今、それは、登り始めていて、私は20,000フィートに行き、私が全くより近くないならば、私は追跡を断念するであろう」に、戻るように無線連絡した。

これらはマンテルの最後の言葉であった。

ハモンドとクレメンツがマンテルに参加したのに対して、ヘンドリックスはStandifordにオンに飛んだ。

しかし、22,000フィートで、ハモンドとクレメンツは酸欠のため追跡を折った。

証人は、彼らがマンテルのF-51が空中で爆発するのを見ると言い、UFOがそれを起こさない限り、誰も、なぜF-51が爆発するであろうかを理解することができなかった。

マンテルが意識を失ったならば、F-51がダイビングに入った時に、それは、翼を引きはがしたであろうスピードに達したであろう。

とにかく、彼のF-51は神人AFBから約90マイルの所の地方に散乱した。

いくつかが、マンテルの体が決して見つからなかったと言う。

それはこれのように航空機墜落事故において正常な閉まった小箱葬式であった。

それよりよいパイロットが空軍、彼によって報告されて、彼が何か非常に奇妙なものを見たように、確かな1つの物、マンテルキャプテンは惑星金星を追わないことであった。

政府または空軍は、彼らが「騙されやすい無知なマス」を秘密にしておく限り、彼らが誰の評判を悪くするかを気にしていない。

これは確かにロズウェル宇宙船とその異質な占有者/宇宙飛行士を捜している異質な船であった。

確かに、エイリアンはハードウェアとある種類の帰巣能力贈与条項をつけられた生き物自身のすべての断片を持っていた。

灰色の

これらのエイリアンはアヌンナキではなく、彼らは小さな「灰色」としてより早く関連されていた「世話受取人」であった。

彼らは小さなボディを持っていて、大きな黒はまわりで目を包み、骨格(単に皮膚の半難しい外皮)を全然包まなく、昆虫に類似していて、黒い目は、ただの、彼らが夜見ることを可能にする眼球をカバーしているレンズである。

このレンズはまた昼間私達の太陽の明るい光線からそれらの目を保護する。

灰色は、地球から100光年の所で終わっているこの惑星(竜座スター・システムからの爬虫類の種)のオーナーのために、彼らが働くと主張する。

小さな灰色は仕事をし、グレーの大きく、高い種は監督する(本当に、それが知っている)?

私は個人的に、それがアヌンナキであると思わなく、たぶん、彼らは地球を他の誰かに売り、なぜ彼らはそれを所有していなく、金のほとんどはとにかくなくなった。

それがたくさん両方の種のためであったであろうように、私達がチキン、雌牛、羊、およびブタを食べる方法で、爬虫類は人を食べる。

あなたはそれを掘ることができるか?

私達、一般の人は最近の50年でたいそうより太り、たぶん、爬虫類は、私達がブラック・アンガス雌牛を繁殖させたのと同じ方法で私達を育てた。

灰色は、非常に金銭ずくで、「私達の」屠場で働く人々のように同情が完全にない。

「バイブル」は、私達が地球を担当していて、私達がより知的でない種のすべてによって望んでいることをすることができると伝えていて、たぶん、エイリアンは彼らの神によって書かれた同様なバイブルを持っていて、あなたは、私が何について話しているかを知っている?

あなたはたぶん、古いことわざ(「何も個人的でなく、それがまさに私の仕事であることは残念である」)を聞いた。

灰色は星座Reticuliから来て、あなたは南半球からそれを見ることができる。

灰色はジータI&ジータIIをスターにし、互いを軌道に乗せて、灰色はこの連星システムのまわりの軌道で4番目の惑星を占める。

ジョン・リアによるとジータI&IIは地球から32光年の所であり、それらの宇宙船の1機における旅行は地球約60時間かかる(その父はCIA行きのリアジェット機と前のパイロットをデザインした)。

ジョンは異質な状況について非常に情報に通じている。

明らかに、これらのエイリアンはリニアのモードの中で旅行しない!

灰色は時間をコントロールし、間隔をおいて配置し、重要である。

私達の科学者の何人かが、灰色が生物学のロボットであると思う。

米国政府は灰色をEBEの(地球外生物学的存在のための要点)と称する。

どのくらい後ろで私達、人がテクノロジーの中にいるかをわかる?

ベティとバーニーヒル

このスター・システムについての興味深い側の注はそうであり、それは1969年まで天文学者によって確認されなかった。

しかし、1961年9月19日に、ベティとバーニーヒルは、小さなグレーエイリアンによって誘拐されていると主張した。

異質な宇宙船に乗る間に、それらはベティ・ヒルにそれらの家庭のスター・システムを示している星図を表示した。

後で催眠の下で、ベティ・ヒルは星図を描き、もちろん、どのそのようなスター・システムもその時存在していなかった。

これは、ベティとバーニーがちょうど事柄全体を想像していたことを確認した。

科学社会のみんなの頭は、スター・システムが確認された1969年にまわりで回転した!

ハリー・S.トルーマン

50年代初めに、トルーマン大統領は、アメリカ人とその問題のための、全世界、まさに起こっていたものに知らせることを準備していた。

ハリーがであったことと非常に、意図されている無だじゃれという「地球人への下」。

彼はミズーリ出身であり、それは、「私を示しなさい」状態である。

ハリーは、異質なボディとハードウェアによってトレーラトラックを米国のまわりに送るつもりであったので、アメリカ人は自分でエイリアンに会うことができた。

これは2、3年前「学ぶチャンネル」上で明らかにされた。

これは確かに連邦政府による「漏洩した」情報であった。

プロジェクトがしかし仕上げられる前に、ドワイト・アイゼンハワーは米国の大統領に選ばれた。

ハリーはいわば彼の足を引きずっていた。

私は、彼がディスクロージャーのために少し神経質であったことを推察する。

彼が、「私達はロシア人より軍事的な利点が必要であった」と言ったので、軍人であるIkeは、ふたをプロジェクトに置いて、時間を全然浪費しなかった。

プラスIkeは、アメリカ人/無知なマスが真実を「処理する」ことができて、彼がたぶん正しかったと思わなかった。

Ikeはまた、私達の科学者が人類とエイリアンの間でテクノロジーにおいてすぐギャップを埋めるであろうと思った。

すべて、私達で、すべての部分を調べている私達の一流の科学者との時間に私達の所持品に2、3機のそれらの宇宙船があった後に、私達が私達自身の宇宙船を持つまで、それは長くないであろうし、間違ってずっとIkeであった!

Ikeは第二次世界大戦中の彼の軍事の拠点のためかなり長い間エイリアンに気づいていた。

第二次世界大戦

私達のパイロットによる第二次世界大戦中に多くの目撃例があり、私達は、それがドイツテクノロジーであったと思い、ドイツ人は、それが私達のものであったと思った。

それが「それら」であった間に、エイリアンは近くに私達の戦争と人類を見ていた。

軍隊は現象、「Foo戦闘機」を呼び、あなたはどれほど無分別になることができるか?

アイゼンハワーはエイリアンと会う。

アイゼンハワーの最初の期間の間のある時、エイリアンはホワイトハウスにメッセージを受け取り、彼らが大統領とのミーティングを望んでいた。

これは、Muroc乾湖で起こるために手配されて、今や、南カリフォルニアでエドワーズ空軍基地に電話した。

彼の本「薄い馬を注視しなさい」中のウィリアム・クーパーはミーティングについてコメントする。

Ikeはプレスに歯痛を装い、彼のセキュリティはミーティングのためにエドワーズにIkeをさっと動かし、Ikeは24時間の間プレスから遠ざかっていた!

プレスは、大統領が死んだことを思索した!

さあ、少しの間それについて考えなさい、ホワイトハウスは、プレスが少量の歯痛の上でそのような話を実行することを可能にするであろうか?

クーパーの話が進む時に、取引は結ばれて、私達は異質な技術援助を得るであろうし、エイリアンは、彼らが望んでいた(そうであるであろう)もののために私達の空隙の違反を取ってきて、人間を実験的な目的、動物園、スレーブ、食物等々と思うであろう。

たくさんの非常に重要な人々はそのミーティング、ハースト系新聞のトップ、カトリック教会のリーダー、および何人かの一流の科学者にいた。

エイリアンが、テレパシーとともに見えないようになる彼らの能力を示した時に、そこの誰もが恐れた。

これらのエキスパートに、彼らの目(彼らがそれまでに教えられるか、信じられたことがあったすべて)が突然蒸発する前に、彼らの世界はちょうど分解した。

それはこれらの紳士への驚くべき経験であった。

あなたが笑う前に、エイリアンはまだ現在奴隷労働、非常に楽しい時が必要で、それについて考えて、人は行く最もよい生物学のマシンである。

私達は容易にコントロールされて、急速に繁殖し、迅速に学び、完全にセルフ行っている!

1954年2月20日に、上記のほとんどに同意しているエイリアンとアイゼンハワーは条約にサインした。

パットBiegerと私は結婚してちょうど1年になった!

行方不明の子供

あなたは、米国だけで、毎年、数十万人の子供が消えることに跡なしで気づいている!

時々、数は80万と同じくらい高い。

1984は、FBIがデータをリリースした昨年、および40万人の子供が消えたその年でであった!

なぜFBIは、行方不明の子供データをリリースし続けないであろうか?

あなたは、誰がこれらの知的な存在のためにすべての汚い仕事をすると思うか?

私達は、自身で汚い仕事をすることが好きでなく、私達は「教育がない」を使う。

あなたは、なぜ弁護士がそんなに多く支払われるか、そして汚い仕事をしないかを知っているか?

私はあなたに話し、それらはほとんどの人々よりたいそうスマートである。

エイリアンは違わなく、彼らだけが私達より数千年進んでいる。

アイゼンハワーの弁護をして、彼は、私達の科学者がすぐ技術格差に橋を架けるであろうと思ったけれども、エイリアンは非常にスマートである。

彼らは私達に星の旅行を与えなく、彼らは私達を不滅にしなく、すぐ、それが危険すぎるであろういつででも、彼らはそうしようとしていない。

コーソ大佐

彼の本(「ロズウェルを求めている日」)中のコーソ大佐は、私達が現在、私達が1947年にそうであったよりたいそう裕福であると言うのを私はそう望む。

彼は何年もの間米国軍隊のために外国テクノロジー部門を担当していて、空飛ぶ円盤からの取り戻された人工物のいくつかの経験の上に手を持っていた。

大佐は、エイリアンが、彼らが50年前持っていた自由裁量を持っていないと言うけれども、私は疑う。

彼の本は、現在、入手可能に、必須を読むこととそれである。

これは私達をプレゼントに連れて来る。

ロバート「ボブ」ラーザール

ニューメキシコの不名誉なロスアラモスラボでかつて働いた私の友人ボブ・ラーザール、核物理学者はエドワード・テラー博士の友人であった。

出納係博士は水素爆弾の父であり、なんと良い少年!

出納係博士は、爆発した物が好きであっただけであった。

ラーザールは、「かえして」空飛ぶ円盤またはUFOを「設計し」て22人の他の科学者とともに1988年にエリア51に移された。

技能は直径52フィートであり、光の速度以上の恒星間旅行が可能であった!

技能はReticuliスター・システムから、32光年地球(「ほとんど、大きな灰色」の家)からの所で来た。

私達がそれらを理解している時に、技能は物理学のすべての法律を犯すけれども、地球が丸く、太陽を周回し、宇宙の中心ではなかったのを述べるために、カトリック教会があなたを火あぶりの刑にしたのをちょうど500年前覚えていなさい。

私達は長い道のりを来た、ベイビー!

ローマ人は2000年前新型ホンダをどうすることができたか?

1年の間プロジェクトに取り組んでいる22人の科学者は、どのように船が動作したか、そして何がそれにスペースを通らせたかを決定した。

彼らは、そんなに多く私達のテクノロジーのために技能、ドライブシステム、またはナビゲーションの機器を複写することができなかった。

しかし、古代のギリシャ人はF-16戦闘機によって何をしたかもしれないか?

多くのUFOがあるその所有において、連邦政府は持っていて、米国は異質な宇宙船のための地球の貯蔵所である。

破損された乗り物とボブは、どのように政府がそれに来たかというアイデアを全然持っていなく 所有である のでなく、オンにおいて働かせられた唯一のラーザールはそのままであった。

ラーザールは政府ブリーフィングに出席し、それは灰色についての情報の多くのための私のソースである。

宇宙船の1機から発電所を分解しようとして、何人かの科学者は命を失った。

これはネバダ原子アンダーグラウンドテストサイトの1つに存在していた。

それは低い生産高核実験として報告された。

彼らは私達をカバーさせる!

彼のディスクロージャーのために、ボブ・ラーザールはアカデミックに、人として評判をすっかり悪くされている。

奴隷へのより多く

私の意見において、私達のそんなに遠くない過去に、ちょうど、「黒人」が200年前であったように、私達がすべて、仕事をするために育成された奴隷であったと10,000年前言いなさい。

私達はまだ私達の動物とこれをする。

人類は最後のカップルですさまじく百年進んだ。

しかし、人はまだ中国、アフリカ、および中東など私達と同じくらい文明化しなかった世界の一定の部分のスレーブとして売られる!

あなたは、どのハイテク社会も、冷たい暗い惑星の上の採掘操作などの汚い仕事をしたくないとわかる。

人はこの仕事に適任であろうし、特に、幼年期からトレーニングし、彼らがもうその仕事をすることができなかった時に、ただ、彼らを眠らせた!

同じ方法で、私達、人はグレイハウンドと純血種の競走馬でする。

地球、猿よりアヌンナキ上に今この場でいくつかの非常に知的な「人」があり、あなたは最近いくらかに会ったか?

他が星に手を伸ばしている間、これらの人々のほとんどは物事を行っている。

エイリアンはこれを知っていて、私達が星の旅行の秘密の錠を開けるまで、それは単に時間の問題である。

ラーザールは、これがそんなに遠くない未来に起こるであろうということを確信する。

エイリアンは、私達が爆弾によってスペースの中に入る前に私達を文明化しようとしている!

秘密

私はあなたの精神を読むことができて、あなたは考えて、どのように地獄において政府を保持させるか 大きいこれ 最近の50年のための秘密 。

これは2部の答えを必要としている。

何よりもまず、彼らは秘密を守らなかった。

あなたは今この場でそれについて読んでいる。

数百人の信用できる人々は彼らの話を話し、数千冊の本は主題について書かれているけれども、マスメディアはそれをプリントしないか、テレビでそれを示さなく、彼らもしないであろう。

これは、私達のメディアが、すべて、異質な路線を知っているのと同じ能力によってすっかりコントロールされるためである。

異質な秘密がそんなに容易に守られている最も大きな理由は、人類が「否定」にいることであり、人/無知なマスは、真実を知りたくなく、加えて、エイリアンは、私達に、真実を知ってほしくない。

私達は、私達が神の隣で宇宙、リストのトップで最後の言葉であると彼のイメージにおいて思いたく、あなたはドリルを知っている!

事実は、私達が底(いわば「木のかろうじて外」)でずっとダウンしていることである。

神ではなく絶対者の非常に近くでけれどもあなたが得て、まだ物質的な存在であることができる限り近く、エイリアンはトップの近くにいる。

彼らが星の旅行を持っていて、私達が弱々しい小さなロケットを持っているのを覚えていなさい。

私達はほとんど地球を降りて、安全にバックすることができない。

そして、志願し、情報を明らかにしようとする誰からでもそれを上回ることは変人または変な人として烙印を押される。

これは正確に、誰もが、聞きたいものである。

古い規則を覚えていて、決して、あなたの配偶者にあなたの不倫を白状しなく、いつも、否定しなさい、それは、彼らが、聞きたいものである。

それは数千年の間作動し、それはまだ今日作動している。

パートIV

共謀

これは、みんなの注目を得る言葉であり、私はちょうど今意味している!

1994年に、私は米国の議会に立候補し、私は連邦準備金についてスピーチにおいて共謀に言及した。

非常に次の日曜日に、議会で議席を勝ち取ろうとしているフロリダで、ニューヨーク・タイムズは気違いじみた狂人について話している社説をだめにし、私達が、土地の法律を作っている「レフトの外」であった人々が必要でなかった。

私があなたに尋ねるので、何が後ろの森についてのニューヨーク・タイムズ世話のためにフロリダで減っている5番目の区をしたか?

担当している人々は彼らの目と耳を開き、彼らは毎晩テレビを見ていたりスポーツ・イベントに行ったりしない。

ハーヴェイ・オズワルド、孤独なガンマンはジャック・ケネディーを殺さなかった。

私は、オズワルドが大統領に弾丸を発射しさえしたことを本気で疑っている。

これへのとても多くの証拠があるので、それはあなたを不快にする。

音、例えばショットを持つテープは一緒にとても近いので、誰も、そんなに速く殺人ライフルをリロードすることさえできなく、まして正確にねらい、点火するなどとんでもない。

そして、コナリー知事の話があり、彼は大統領と空港からパレード車に乗っていた。

知事はケネディに、彼が何について話に行ったかを尋ねて、大統領は彼の3x5メモカードを引き出し、知事に、彼が、エイリアンについて世界に話そうとしていて、どんなに、政府が20年の間彼らとの関与を隠したと言った!

数分後、ケネディは死んでいたけれども、メモカードを死ぬ大統領のコートのポケットから取り除くために、知事に先見の明はあった。

彼はそれらを封をした封筒の中の彼の援助に与えて、彼、知事が死んでいた時に、彼に、それらをプレスに与えるように命じた。

援助はニューヨーク・タイムズを呼び、情報をそれらに提供し、彼らは彼に、その種類の屑が全国的な問い合わせに属していたと言った。

従って、援助は約50Kのためにカードを全国的な問い合わせに売った。

CIAはケネディ暗殺を取り囲んでいる事実をすべて知っている。

それから、それをしめくくるために、私は私達の地方新聞を読み取り、ケネディがなかったオカラ星印バナーはアーリントン墓地で埋葬し、彼はファミリーの要求で海で埋葬された!

貧困者は永久の炎の下のケネディ墓にある。

なぜ、決して、できなかったそう海で埋葬されたケネディのボディは、ボディが現代のテクノロジーによって再検討されることであったか。

ジェイムズ・アール・レイはマーチン・ルーサー・キング、別の共謀を撃たなかった。

CIAは良くなく、彼らは、殺すライセンスを持っている。

連邦準備銀行は連邦政府の一部ではなく、それは秘密である。

1913年に、それは、アメリカで銀行制度を引き継ぎたい銀行家のグループによってひそかに下にジョージアでまとめられて、彼らはした。

私達は、流通にあるすべてのプリントされたお金の上の利息を支払う。

彼が就任した時に、ケネディは5における議会印刷アメリカ財務省中期債券と10ドルの名称を持っていた。

この行為は、毎年300億ドル以上でアメリカ納税者を救うことになっていた。

私は米国注のいくつかを持っているけれども、ケネディが殺されると同時に、ジョンソンは大統領として彼の初期の行為の1つとして記録を回収した。

マスメディアは完全にコントロールされて、これは共謀のフォームである。

米国はすべての異質な宇宙船、協力しているすべての他の政府のための貯蔵所であり、ひそかに、共謀であるであろう。

リストはずっと続き、どのような重要性でももつ誰もが協力するか、「変人」になるか、完全に破滅する。

次のパラグラフの中のディスクロージャープロジェクトに与えられた取り扱いは、私が話しているものの別の例である。

ディスクロージャープロジェクト

2001年5月10日、ワシントンD.C.、ナショナル・プレス・クラブ、午前9時。

スティーブン・グリーアMD博士は全国的な記者会見を振っているこの世界を率いた。

彼らが異質な生き物、異質な車、または異質なハードウェアとの接触を持っていたと証言して、よい医師は20人の立派な政府側の証人を示した。

彼らはまた、私達の政府が最近の50年の間これらの生き物との進行中の関係を持っていると言った!

生き物は、それらのテクノロジーと交換に私達の領空に違反する権利を持っていた。

エイリアンが私達から望んでいるものはまったく別の質問とこの当惑質問に対するどのような答えでも贈られた証人などである。

私は記者会見に出席し、一語一語それにテープを貼り、それはなかなかの印象的なテープであり、3時間の間続く。(私はより早くあなたのためにその質問に答えた)

私は魅了されて完全に議事録全体を通して座った。

私が、これらの勇敢な人々、破壊国家安全保障、および到来を聞いてアメリカの人々にきれいにすると、それは涙を私の目 何 愛国者 に持って来た!

これらの証人の誰でもあなたを行かせたかもしれないか、私は、私達が有罪であった証言によるガス室に殺すけれども、彼らがエイリアンについて話していたので、彼らの証言はマスメディアによって間違いであると考えられた!

私は現在、これまでより、エイリアンがこの惑星の完全なコントロールにいて、それが組織であることを確信する。

私達、人は、どう物事が動くかについて言うものを全くと言っていいほど持っていない。

すべての主要なネットワークが出席にあっても、本流メディアが完全にこの世界を揺るがすイベントを暗くしたという事実を考慮する!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR