FC2ブログ

反逆罪:新世界秩序

TREASON: THE NEW WORLD ORDER


By Author Gurudas


Interviewed By Kenneth and Dee Burke


Gurudas says, in the preface to his book, Treason: the New World Order, "I originally was drawn to write this book because of my years of involvement in alternative health. In the 1980's I founded and later sold Pegasus Products, Inc., a firm that produces and describes flower essences, gem elixirs, and homeopathic remedies. I was also a health practitioner for some years and have written four books on alternative health. FDA abuses have become the norm, and gradually I came to understand how dangerous the federal government has become to our freedoms.


"My purpose in writing this book is to awaken more people to the fact that these are very dangerous times for America. More and more of the rights we take for granted are being lost. Too many politicians have sold out to the special interests, and most people are too busy watching TV to notice or take responsibility for what is happening. In the name of stopping illegal drugs and crime, our rights are gradually being forfeited, as the federal government tightens control over the people.


"I have also written this book so that people can more easily look at the whole picture. I have focused my research on extracting information from hundreds of books, newspapers, and magazines so that people can more easily understand what is taking place in America. Some might say that several stories of government abuse that are heard in one part of the country don't appear too threatening. Yet when you look at many different incidents all across the country and grasp the full picture it is clear that something is wrong."


Gurudas' book has thirty-one pages containing 833 footnotes and an eleven page bibliography. He maintains that his book is totally documented from public records, with no theory. When asked why he wrote the book he said, "It's simple. I don't want our country to become a dictatorship. So, I did my research, and wrote my book." (Gurudas' 320 page documented book, Treason: the New World Order may be ordered by calling 1-800-255-2665 or by writing to Cassandra Press, Inc., P.O. Box 150868, San Rafael, CA 94915. Cost is $14.95 + $4.00 shipping)


LE: How did you come to write your new book?


Gurudas: This is the fifth book I have written. The first four deal with natural healing and metaphysical concepts. I wrote this book, Treason: The New World Order, because it became very clear to me that we are moving toward a police state, one which will be far more vicious than Nazi Germany or the Soviet Union, mainly because the technology is so advanced.


History shows us that there are individuals who want to control everyone and everything. My main focus was to combine lots of different information from many sources, supported by footnotes. There are 833 footnotes in all in my book. This makes it easy for people with busy schedules to investigate this subject. Our country is very much like Germany in the 1930's. At that time, in Germany, people were very busy with their personal and professional lives and did not want to get involved in politics, so a person like Hitler could take control of their country. There were some who gave warnings but they were considered negative and radical. Today, as then, gun control was brought in. Our gun control bill was taken almost word for word from the 1938 gun control law in Germany. There are a number of similarities between the two countries.


There is a plan to create confusion and fear in our country. Then bring in leaders who guide us toward a police state. One of the main focuses of my book is describing the threat to our country as a free society. This threat is created by corporations and banks. Many solutions have been suggested about how to handle this problem of centralized economic power. One suggestion is to return to our political heritage, to restore our constitutional government with its checks and balances. At one time corporations had to exist for the good of the community. In what way are these large corporations that are closing down in the U.S. and moving hundreds of thousands of jobs overseas serving the welfare of our communities? The system of checks and balances and our heritage has been gradually lost. The states have lowered their standards (for monitoring the corporations) and less and less has been required in each state now.


In hundreds of books, articles, and speeches in the 20th century, many influential and powerful people, including many in Congress, have called for a New World Order, and the surrender of U.S. sovereignty and individual freedoms to a one world government, usually involving the U.N. military and the transfer of it to a one world U.N. army.


LE: This is talked about openly in these many sources?


Gurudas: Very much so.


LE: If this information is public knowledge, why is it not filtering down more to the average person?


Gurudas: It is because the national media attacks people who discuss these issues and the media never refers to this body of literature. This is a classic example of how propaganda is used in modern times.


Throughout the 20th century this movement toward a one world government has been marching on. This is not new or recent. In his book Critical Path Buckminster Fuller gives a very impressive sweep of the 20th century, about the large corporations and their agents and the lawyers who basically control the country far more than the people understand. He talked about how all the gold was removed from Fort Knox by the 1960's.


LE: Where did it go?


Gurudas: It went to the banks. They own the country. Fuller called the CIA, "capitalism's invisible army."


Born into an English aristocratic family, the philosopher Bertrand Russell played a role in the British branch of the secret government. In his The Impact of Science On Society he discussed the planned terror: "I do not pretend that birth control is the only way in which population can be kept from increasing," he said. "War has hitherto been disappointing in this respect, but perhaps bacteriological war may prove more effective. If a Black Death could be spread throughout the world once in every generation, survivors could procreate freely without making the world too full (of people). The state of affairs might be somewhat unpleasant, but what of that? Really high-minded people are indifferent to happiness, especially other people's. There are three ways of securing a society that shall be stable as regards population. The first is that of birth control. The second is that of infanticide or really destructive wars. And the third is that of general misery, except for a powerful minority." His point is population control.


LE: That's a pretty incredible quote!


Gurudas: Yes. Various investigators, like John Coleman, report that the Club of Rome developed a plan called "Global 2000" to kill several billion people by 2050. The mass killings in Cambodia and Africa are early stages of this operation. That is their plan. They want to drastically cut back the population.


Jacques Cousteau said, "It's terrible to say this, (but) world population must be stabilized and to do that we must eliminate 350,000 people per day! In one year that would equal 128,000,000 people." Cousteau urged "drastic, unconventional decisions."


LE: By what means do these people plan to do this?


Gurudas: By radiation, and biological and chemical experiments on our unknowing population. I mention other methods in my book. Another way to end overpopulation is by controlling the family. Warren Bennis and Philip Slater said, in The Temporary Society, "One cannot permit submission to parental authority if one wished to bring about profound social change...In order to effect rapid changes, any such centralized regime must mount a vigorous attack on the family lest the traditions of present generations be preserved." The state must, the book continues, "create an experiential chasm between parents and children, to insulate the latter in order that they can more easily be indoctrinated with new ideas. The desire may be to cause an even more total submission to the state."


LE: Your documentation is certainly worthwhile.


Gurudas: There was an article in Clinical Psychiatric Psychiatry News in October, 1994 which describes a new disease that is called "government phobia." The article says, "This appears to be becoming epidemic in the U.S." This parallels the Soviet Union; if you disagree with the government, you are said to be crazy. People are beginning to be locked up in a Federal hospital in Missouri, where they are using extreme drugs on them which affect their minds, which, again, is very much like the Soviet KGB (would do).


However, there are powerful elements in the military determined to uphold the Constitution and protect the people. Gary Allen, who has written several books, openly says that he has met with several prominent military officers and they are aware of the corporate international network that seeks to enslave the world. The military may intervene to arrest key political, business and media leaders, according to my research, charging them with treason.


There has been a long, quiet standoff between the military and the secret government. Each watches the other with a full range of surveillance activities used.


LE: It is certainly excellent that your information is available to people who will take the time to read it.


Gurudas: On talk radio every day the deep anger toward the Federal government is obvious, and people are admitting that they do not want their rights taken from them. When the American people are aroused, great change can result, in my opinion.


History teaches that the secret government will not back down. In 1857 Frederick Douglas warned, "Power concedes nothing without a demand. It never did and it never will. Find out just what people will submit to and you have found out the exact amount of injustice and wrong which will be imposed upon them. The limits of tyrants are prescribed by the endurance of those whom they oppress."


LE: You have certainly given our readers a lot of "food for thought." Do you have a closing comment you would care to make?


Gurudas: I believe that enough people will awaken in time to prevent the New World Order police state, and that we as a people can continue moving closer to God's love and grace. The human race has today reached a critical turning point. We, as a people, will soon undergo great advancement in our spiritual evolution, or there will be a sharp collapse in consciousness. I pray that God's grace will continue to shine on our country and that the vision of freedom and morality the Founding Fathers so sacrificed for, will once again be restored in America. What is ultimately at stake here is whether America, and indeed the planet, will continue under a hierarchical society, where few rule the many, or we can exist under Divine law in a truly democratic republic where we are all equal before God.







反逆罪:新世界秩序

Gurudas作者によって

ケネスとディー・バークによってインタビューされる

Gurudasは彼の本の序文、反逆罪において言う:

新世界秩序(「私は独創的に、私の代わりの健康状態における関与の年のためこの本を書くために引き付けられていた」)。

1980年代に、私は設立し、後で、ペガサス製品社(花エッセンス、宝石エリキシル、およびホメオパシー療法を産し、説明する会社)を売った。

私はまた数年の間の健康開業医であり、代わりの健康の上で4冊の本を書いた。

食品医薬品局乱用はそのノルマになり、徐々に、私は、連邦政府が私達の自由にどれほど危険になったかを理解するようになった。

「この本を書くことにおける私の目的は、これらがアメリカのための非常に危険な時であるという事実により多くの人々で目覚めることである」。

私達が当然と見なす権利のより多くは失われている。

あまりにも多くの政治家は特別な興味を売却し、ほとんどの人々は、起こっていることについての責任に気づくか、取るにはテレビを見ることに忙しすぎる。

違法薬物と犯罪を止める名前において、連邦政府が人々に関してのコントロールを厳格にするにつれて、私達の権利は徐々に喪失されている。

「人々がより容易に写真全体を見ることができるように、私はまたこの本を書いた」。

人々が、何がアメリカで起こっているかをより容易に理解することができるように、私は、数百冊の本、新聞、および雑誌から情報を聞き出すことに私の研究の焦点を合わせた。

いくつかが、国の1つの部分で聞かれる政府乱用のいくつかの話があまりにも威嚇的であるようでないと言うかもしれない。

「それでも、あなたが国中いたるところですべてさまざまな出来事を見て、完全な写真を握る時に、何かが悪いことは明白である」。

Gurudasの本は833の脚注と11ページの参考文献一覧を含んでいる31ページを持っている。

彼は、彼の本が理論なしで公式の記録からすっかり文書化されると主張する。

なぜ彼がその本を書いたかを尋ねられる時に、彼は、「それは簡単である」と言った。

私は、私達の国に、独裁権になってほしくない。

「従って、私は私の研究をし、私の本を書いた」。

(Gurudasの320ページは本、反逆罪を文書化した:新世界秩序は、1-800-255-2665に電話することによってまたはカサンドラプレス,Inc.私書箱150868、サン・ラファエル、CA 94915に書くことによって注文されるかもしれない。)

(コストは14.95ドル+4.00ドルの出荷である)

LE:

どのようにあなたは、あなたの新しい本を書くために来たか?

Gurudas:

これは、私が書いた5番目の本である。

最初の4は自然治癒と形而上の概念を扱う。

私はこの本、反逆罪を書いた:

主に、テクノロジーがそんなに高度なので、私達が、警察国家(ナチスドイツまたはソビエト連邦よりずっと危険になるであろうもの)に動いていることが私には非常にはっきりしたことによる新世界秩序。

歴史は、誰でも、そしてすべてをコントロールしたい個人がいることを私達に知らせる。

私の主な焦点は、脚注によってサポートされて、たくさんの多くのソースと違う情報を結合することであった。

私の考えでは全部で833の脚注がある。

これは、忙しいスケジュールを持つ人々がこの主題を調査することを容易にする。

私達の国は1930年代にドイツに大変似ている。

ドイツで、人々が彼らの個人的で、プロフェッショナルな人生に非常に忙しく、政治に関係したくなかったその時間に、そう、ヒトラーのような人は彼らの国を掌握することができた。

警告を与えたいくつかがあったけれども、それらはネガティブで、根本的であると考えられた。

今日、その時のように、銃砲規制は採り入れられた。

私達の銃規制法案はほとんど一語一語ドイツの1938年の銃規制法から取り去られた。

2か国の間に多くの類似点がある。

私達の国に混乱と恐怖を引き起こす計画がある。

そして、警察国家に私達を誘導するリーダーを採り入れなさい。

私の本の主な焦点の1つは私達の国への脅威を自由な社会と評することである。

この脅威は企業と銀行によって作成される。

多くの解決策はどのように集中化した経済大国のこの問題を処理するかについて提案されている。

1つの提案は、そのチェック・アンド・バランスによって私達の立憲政体を復元するために私達の政治的な遺産に戻ることになっている。

昔、企業は、コミュニティのために存在する必要があった。

どんな方法の中で、米国で閉まっていて、数十万人の雇用を海外に移動させているこれらの大企業は私達の地域社会の福祉を提供しているか?

チェック・アンド・バランスと私達の遺産のシステムは徐々になくされている。

国家は、それらの標準(企業を監視するため)とより少しを下げて、より少しは今や各状態において必要とされている。

20世紀の数百冊の本、記事、およびスピーチの中で、議会の多くを含む多くの有力で、強力な人々は、1つの世界国連軍隊に通常国連軍隊とそれの転送に関係して1つの世界政府に新世界秩序と米国主権と個人の自由の引き渡しを要求していた。

LE:

これはこれらの多くのソースの中で公然と話される?

Gurudas:

大変そう。

LE:

この情報が公になるならば、なぜそれは平均的な人へのより多くの下で浸透していないか?

Gurudas:

それは、全国的なメディアが、これらの問題を議論する人々を攻撃し、メディアが決して文学のこのボディを参照しないためである。

これは、どう宣伝が現代に使われるかの典型例である。

20世紀にわたって、1つの世界政府へのこの動きは行進していた。

これは新しくないか、最近ではない。

彼の本の中で、大企業とそれらのエージェントと基本的に、人々が理解しているよりずっともっと、国をコントロールする弁護士について、最長経路バックミンスター・フラーは20世紀の非常に印象的な掃除を与える。

どうすべての金が1960年代までにフォート・ノックスから取り除かれたかについて、彼は話した。

LE:

それはどこに行ったか?

Gurudas:

それは銀行に行った。

彼らは国を所有している。

フラーは「資本主義の見えない軍隊」をCIAに呼んだ。

イギリス人の貴族のファミリーの中に誕生して、哲学者バートランド・ラッセルは秘密の政府の英国の枝で役割を果たした。

社会への彼の科学のThe影響において、彼は計画された恐怖を議論した:

「私は、産児制限が、人口が、増加することを妨げられることができる唯一の方法であるふりをしない」と彼は言った。

「戦争はここまでこの点で期待外れであったけれども、たぶん、細菌学の戦争はより効果的であると判明するかもしれない」。

黒死病がすべての世代の中で一度世界じゅうでまん延することができたならば、生存者は、世界を(人々で)あまりにもいっぱいにせずに自由に出産することができた。

事態は多少不愉快であるかもしれないけれども、それの何か?

本当に高潔な人々は幸福、特に他の人々のに無関心である。

人口について安定していることとする社会を確保する3つの方法がある。

一番目は産児制限のそれである。

2番目は、幼児殺しまたは本当に破壊的な戦争のそれである。

「そして、3番目は、強力な少数を除いて一般的なみじめさのそれである」。

彼のポイントは人口抑制である。

LE:

それはかなり信じられない引用文である!

Gurudas:

はい。

様々な調査者は、ジョン・コールマンのように、ローマ・クラブが、2050年までに数十億人の人々を殺すために「グローバルな2000」と呼ばれる計画を展開したことを報告する。

カンボジアとアフリカでの大量殺人はこの操作の初期の段階である。

それはそれらの計画である。

彼らは、大幅に人口を削減したいと思っている。

ジャック・クストーは、「これを言うことはひどく、世界(しかし)の総人口は安定しなければならず、それをするために、私達は1日あたり350,000人の人々を取り除かなければならない!」と言った。

「128,000,000人の人々と等しいであろう1年で」。

クストーは「大幅で、慣例に従わない決定」を駆り立てた。

LE:

どんな方法によって、これらの人々は、これをすることを計画するか?

Gurudas:

私達の知らない人口の上の放出と生物学と化学の実験によって。

私は私の本の中で他の方法に言及する。

人口過剰を終える別の方法は、ファミリーをコントロールすることによってにある。

ウォレンBennisとフィリップ・スレーターは、「人が、深い社会的変化を引き起こすことを望んだならば、人は親権への提出を許すことができない...急速な変化をもたらすために、現在の世代の伝統が守られないように、そのような集中化した政権は家族への強力な攻撃を仕掛けなければならない」と一時的な社会で言った。

国家はしなければならず、その本は、「彼らがより容易に新しいアイデアを教え込まれることができるために後者を絶縁するために、両親と子供の間で経験的な裂け目を作成しなさい」を続ける。

「欲望は、国家によりいっそう全体の提出を起こすことであるかもしれない」。

LE:

あなたのドキュメンテーションは確かにやりがいがある。

Gurudas:

「政府病的恐怖」と呼ばれる新しい病気を説明する1994年10月の臨床精神医学精神医学ニュースにおいて、記事があった。

記事は、「これは、米国で流行性になりつつあるようである」と言う。

これはソビエト連邦と並行する;

あなたが政府と意見が異なっているならば、あなたは、クレージーであるそうである。

人々は、ミズーリの連邦の病院に閉じ込められていはじめている(そこで、彼らは、彼らの精神に影響する彼らへの極端な薬を使っていて、再び、ソビエトKGB(するであろう)に大変似ている)。

しかし、憲法を支持し、人々を保護することを決断させられた軍隊の中に、強力な要素がある。

いくつかの本を書いたゲイリー・アレンは、彼がいくつかの突出した陸軍将校を経験し、彼らが、世界を奴隷にすることに努める企業の国際的なネットワークに気づいていると公然と言う。

彼らを反逆罪で告発して、私の研究によると軍隊は、重要な政治、ビジネス、およびメディア指導者を逮捕するために介在するかもしれない。

軍隊と秘密の政府の間の長く、静かな引き分けがあった。

監視活動の完全な範囲を使う状態で、それぞれは他を見る。

LE:

あなたの情報が、それを読むために時間をかけるであろう人々に利用可能であることは確かに素晴らしい。

Gurudas:

トークラジオの上で、毎日、連邦政府への根の深い怒りは明らかで、人々は、彼らが彼らから取り去られた彼らの権利を望んでいないと認めている。

アメリカ人が引き起こされる時に、大きな変化は私の意見において結果として生じることができる。

歴史は、秘密の政府が降りないであろうということを教える。

1857年に、フレデリック・ダグラスは、「パワーは要求なしで何も容認しない」に警告した。

それは決してしなく、それは決してしないであろう。

人々がいったい何に服従するであろうかを見つけ出しなさい。そうすれば、あなたは、彼らに課されるであろう不正と間違いの正確な量を見つけ出した。

「暴君の限界は、彼らが圧迫する人々の持続によって規定される」。

LE:

あなたは確かに私たちの読者にたくさんの「考えるべき事柄」を与えた。

あなたは、あなたが、したいと思うであろう閉まるコメントを持っているか?

Gurudas:

私は、十分な人々が、新世界秩序警察国家を防止するために時間内に目覚めるであろうし、民族としての私達が神の愛情と優美のより近くに動き続けることができると信じる。

人類は今日重大な分岐点に達した。

私達は、民族として、私達のスピリチュアルな発展においてすぐ大きな高度化を受けるか、鋭い崩壊が意識においてあるであろう。

私は、神の優美が、私達の国の上で輝き続けるであろうし、創始者がそう犠牲になった自由と道徳のビジョンがもう一度アメリカについて回復するであろうということを祈る。

最終的に、ここで賭けられているものは、ほとんどが多くを支配しない所で、アメリカと本当の惑星が階級社会の下に続くであろうか私達がすべて神の前で等しい所で、私達が本当に民主主義の共和国の中の神性の法律の下に存在することができるかである。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR